皆さんは自分が勤めている会社を辞める場合の事などを考えたことがあるでしょうか?

人それぞれ事情によってどうしても違う仕事をしなければいけない・自分の思っていた会社と違ってしまってやる気がなくなったなどの理由が色々と出てくると思いますが、その時に必要になるものが退職する際のメッセージという事になります。

どういった事が理由であっても社会人となったからにはこれまでお世話になった人たちへ対しての感謝の気持ちというものを伝えることが大切になりますよね?

その後の事でもお世話になる可能性もありますし人脈を大事にしていくことは自分を守っていく為にも必要なのです。

よく辞めてしまえばあとは関係ないという思う人もいるようですが、その考えはあまり好ましいとは言えないと考えます。

その理由となるものは人間関係を大切に出来ない人はどういった道へ進もうが成功出来る確率が低いということです。

自分が仕事が出来る人間だと思っていてもそれは独りだけではやり遂げられないものも多くあるはずですよね?

誰かしらの助けがあったりフォローしてくれる人がいるおかげで自分の仕事として出来てきた事が多いはずです。

こういった人との繋がりや関係を大切に出来ない人は職を変えても孤立してしまう恐れがあります。

今までは親切心から手伝ってくれた人がいても、常に同じように思ってくれる人はいないと考えた方が妥当となり、人との関係を浅く考えている人は苦労していくことにもなるのです。

それでは実際に自分が退職をする場合にはどういった事を伝えていけば良いのかと思いますよね?

会社は嫌いだけれど職場の人たちは良い人が多かったなどといった事も考えられますし、良い関係で辞めるということは自分の気持ち的な面でも必要となってくるはずですので、きちんとしたメッセージを伝えることが大切となってきます。

そこで今回のテーマは退職時のメッセージのポイントとなります。

どういった事を伝えていけばよいのか迷う人も多いですよね?

普段から文章を書いていない生活などの場合にはこういったメッセージを書くこともあまり得意ではない人も多くなるはずです。

出来れば会社を辞める時にはスッキリとした気持ちで辞めたいでしょうし、会社側としても気持ちよく送り出したいと考えているはずです。

ここではそういった時に必要となる7個のポイントを詳しくお伝えしていきますので、退職時のメッセージ作りに悩んでいたり近い将来に自分も書くことになる可能性がある人はしっかりとチェックするようにして下さい。

退職メッセージで伝えるべき7個のポイントと文例

退職をするということは今までお世話になった会社への感謝の気持ちを伝えることが大切となってきます。

例え辞める理由が嫌がことがあるにしても社会人としての常識から考えていけば「ありがとう」という気持ちを伝えていった方が良いと感じませんか?

入社した時には色々な人の助けを知らないうちに受けていたと思いますし、様々な期待などもあったはずです。

そうした人の気持ちを考えていくと辞める時に何も言わないままで退職をする事は自分の為にもなりません。

これから違う仕事をする場合でも良い人間関係を築いていくことは難しいと言えますし、人の気持ちを理解できない人間は仕事の上でも出世に結びついてこないのです。

仕事で成功する人の特徴の一つに人間関係の上手さというものがあります。

どのような人とも仲良くなり色々な情報や知識を得ることで自分をどんどん成長させることが出来ることとなり、結果として大きな成功を収めることになるのです。

この成功の鍵を握ってくるのが人間関係と言えます。

何かしらの成功談には人の助けなども多く聞かれることから周りからサポートされる人ほど成功への道が近づいてくることがわかります。

そのような状況を作っていくには退職などの時にもしっかりと自分を印象付けて、その後の関係も良好にしていくことが大切です。

その為に必要になるのが退職時のメッセージだということを覚えておくようにして下さい。

それでは一つ目のポイントから見ていくことにしましょう。

これまでお世話になったお礼


会社というものは自分を育ててくれた場所でもあり、今の自分がいるのも勤めさせてもらった場所があってこそとなります。

社長を始め役員の方・自分の上司や同僚に部下といった色々な人が関わってくるはずですのでまずは、お礼の言葉を伝えていくことが必要となります。

このお礼についてですが出来ればたくさんの方へ個別に伝えることがベストな方法となります。

会社へ対して一つのメッセージを選ぶ人もいますが、これからの自分の事を考えていけば個人的な付き合いにも繋がってきますので個別で渡すという事も考えるようにして下さい。

これは次の職場などへ移った場合でも何かしらの自分の助けになってくれることもありますし、色々な情報を聞ける環境作りと自分で考えることも必要になってきます。

その為にはきちんとお礼というものは伝えていかなければいけませんし、全ての人に伝えるくらいの気持ちを持つようにして下さい。

○年間非常にお世話になり、本当にありがとうございました

自分が何年間、今の会社にいたということを表す為に在籍期間を書くということも大事になってきます。

この中で自分が学んできたことなどを列挙していくことも良いですし、個別にメッセージを送るようであれば色々な思い出を書いていってもOKです。

楽しい思い出話などを書けば自分にとっても良い退職の仕方というものが出来ますし次の職場へも気分良く向かっていけますよね。

退職が気持ち良くないままに終わってしまえば自分の心の中で何かしら引っかかる部分というものが出てしまいますので、納得のいく辞め方をする事にこだわりと持って下さい。

その為にはお礼を言いたい人には全ての方へメッセージを送ることも必要ですので自分が考えてみて誰に送ればよいのかという事を決めておくようにしましょう。

それでは二つ目ですがお詫びという言葉も忘れてはいけません。

退職するお詫び

退職をする時にはお詫びの文章を書くことも大切になってきます。

これまでの仕事でミスをしたことなどもあるでしょうし、誰かに迷惑をかけたことも出てくると思います。

そういった過去に起きたことを詫びるという気持ちも自分を成長させていく上では大事なことになるのです。

過去の失敗などについて素直に謝罪が出来る人は自分の未来も変わってきます。

ましてや退職をして新しい職場へ移る時などにはスッキリとした気持ちで臨んでいくことが大事ですよね?

何かしらの気持ちを持ったままでは新しい仕事をするにも支障となる場合がありますので、しっかりと謝罪すべき点についてはお詫びをすることも大切になりますので忘れないようにしましょう。

その際ですが一般的には次のようなことを書くようになりますが、自分の気持ちなどを付け足していけば、相手にもお詫びの気持ちが伝わりやすくなりますので参考にしてみて下さい。

この度退職することになり、ご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げます

よく見かける文章でもありますが、これだけでは少し寂しい気もしますよね?

この後に続く文章としては「入社して間もない頃に自分のミスのせいで・・・」などといった過去の事を取り上げてもよいですし、思いつくことは全て書き記すようにしましょう。

こういった事は自分を振り返る上でも大切になりますし、自分がどういった事でミスをしたのかの確認にもなってきます。

お詫びの文章を書くということは自分の欠点を再確認することにも繋がってきますので、新しい職場ではそういった事のないようにとの気持ちの引き締めにもなりますので思いつくことがあれば素直な気持ちになって伝えるようにして下さい。

こういった文章は後々になって良い思い出にもなりますし個人的に付き合う人が出てくることにも結び付いてきます。

人脈を保っていくという事も人生には必要不可欠な事にもなり、多くの人脈を持っている人は何かしら助けられることが多くなり不安なき生活をすることにも関係してきますので、お詫びを兼ねた人付き合いの確保という事についても考えるようにして下さい。

また、仕事をしていけば忘れられない事などが起きる場合も考えられます。

そのような事がある場合には思い出の一つとして書き記しておくことも大切になってきます。

その人との印象に残っている逸話


自分の上司などで特に印象に残ることなどがあれば、そういった事も書き記して伝えるようにして下さい。

思い出を共有するということはとても大事なことにもなりますしいつまでもステキな関係が続くきっかけにもなります。

仕事が変わったから付き合いがなくなるのではなく、新たな関係を作ることにも繋がってきますので自分で印象となっていることなどがある場合にはしっかりと伝えていくようにしましょう。

これによって自分の気持ちも晴れ晴れとなってきますし胸を張って次の職場へ行くことも出来ます。

こういった退職をする時には気持ちの整理をつける上でも、今までの過去を振り返ってみることが大切になります。

また、自分が嬉しく思ったことがあればそれを書いていくこともおすすめします。

相手は覚えていないかもしれませんが、自分が初めて褒められた時など思い返していけば沢山でてきますよね?

あの時のアドバイスがとても参考になったなど、記憶の糸をたどっていくことによって色々な場面を思い返すことになり、改めて自分のやってきたことを確認出来ますので、自分の成長させる意味でも大事なことになります。

小さな出来事を覚えてくれていることを知ると喜ぶ

例えば初めて上司に怒られた時など、きちんとしたアドバイスを貰ったことによって次の日からの行動なども変わる時が考えられます。

上司は怒ったことなどを忘れているかもしれませんが、自分が仕事をしていく上でとてもありがたいアドバイスなどになった場合、素直に伝えてあげると相手も喜んでくれます。

どのような小さな事であっても自分のとって意味もあるものであれば何を書いても構いません。

お礼を兼ねた文章を貰えば相手も気持ち良く送り出してくれますし、それからの良い関係という事も考えることが出来ます。

○○さんと一緒に食べた○○の味が忘れられません

このようなメッセージを残せばお互いの良い思い出にもなり自分も気持ち良く退職をすることが出来ます。

退職するということはこのような思い出も作れなくなるという事ですので、記憶に残っていることを伝えていく事は自分にとっても良い影響を与えてくれます。

辛い時に励まされたことであったり、悔しくて涙が出たような時もあるでしょうし全ての事が自分の経験として積み重なることにもなり、次のステップにもなってきます。

仕事をしている時にはこのような事はあまり考える余裕もありませんが退職を決めてしまうと思いだされることが沢山出てくるはずです。

良い思い出ばかりではありませんが、こういった事を振り返っていくことで人は成長していくものですので、退職時には色々なことを思い出して楽しいものがあれば書き記しておくのもおすすめとなります。

また、退職する時には自分をさらに成長させる上でこういったことも伝えるようにしましょう。

この会社で学んだこと

会社へ入り自分が学んできた事はかなり思い浮かべることが出来るはずです。

こういった事を書いていくと自分の仕事に対する事への復習などにもなり、大きな成長が見込まれます。

普段は見えないようなことに気がつく時もありますし辞めることでわかってくる事も出てきます。

過去の事を改めて見返してみる事は自分の生き方を考えていく時にはとても大事なこととなるのです。

退職というものは自分を更に成長させることが出来ますが、欠点などをきちんと理解した上でなければ意味のない事になってしまう場合が出てきます。

今までお世話になってきた会社での出来事などを振り返ることをしないと同じミスを次の職場でもするかもしれませんし人間的にも成長は望めません。

このような事を考えていけば、学んできたことに対しての感謝のメッセージというものは必要になり伝えることが大事になってくるのです。

○○を学ばせていただき、人間としても大きく成長することができました

社会人として初めての会社であればかなりの事について学びがあったのではないでしょうか?

中には辛い経験などをした人もいるでしょうが、その時の悔しさなりがあったからこそ色々な意味で自分の成長へ繋がったはずです。

また、自分に後輩が出来ることでも学びというものは発生しますよね。

自分であればマニュアル通りでも新人などは驚くべき発想をする時がありますので、そのような事があれば伝えてみる事も大切なのかもしれません。

意外な発想というものは自分の考え方を大きく変える事にもなり、その結果色々な可能性が広がる場合もありますよね?

通常ではなし得なかった事でも視点を変えてみる事で解決できることも出てきますので後輩からの言葉で気がつくような事も出てきたのではないでしょうか?

もし、自分にこのような学ぶべきことがあったのであれば、それはきちんと感謝の気持ちと共にメッセージとして残すようにして下さい。

部下には良いところを誉める文言を

自分の立場が上司である場合や後輩がいる時には必ず良いところを褒めるような言葉を残すようにして下さい。

これはその後の関係にも響いてくる事ですし会社に対しての最後の貢献にもなってきます。

褒められた部下はさらに頑張る気持ちにもなり、会社への良い影響というものが考えられますよね?

これは自分にしか出来ないことにもなってきますので後輩などへは今後の励みとなる言葉を送るようにしましょう。

その際ですが、例えの文章としてこういったメッセージはいかがでしょう?

○○君がいつも陰で努力している姿は素晴らしかったです

上司と部下というものは目には見えない繋がりというものが存在します。

良い上司は見ていないようできちんと自分の事をわかってくれていると思えますし、こういった言葉を残すということはとても大事なことなのです。

退職の時には誰もが良い意味で送り出してあげたいと思うものです。

その状況を作り出すのも自分でしか出来ないことですし、部下から慕われるような言葉を送ってあげることによってその後の会社の雰囲気というものも変化が出てきます。

褒められた部下や後輩はこれまで以上に頑張ることにもなりますし、みんなを引っ張っていく存在へ成長することも考えられます。

自分の事だけではなく他の人も幸せに出来る言葉にもなるものですので誰かを褒めるという事は非常に意味のあるメッセージとなってきます。

自分が送る側だったとしたら上司などに最後に褒められるということは嬉しい気持ちで一杯になるはずです。

そして、自分でも気合を入れなおして仕事へ励むことが予想できることから後輩を励ます意味でもメッセージを送ることは大切なことだというものがわかります。

このような言葉を送ると人の心や気持ちというものは良い変化をもたらすことになってきます。

自分のことをきちんと見ていてくれたのだな、と良い印象を持つ

会社の中では色々な規律などがある為に中々本音で話すような機会はありませんよね?

ですが、退社をする時には自分で思っていたことを話しても許されるものです。

また、声をかけてあげたくても出来ない状況の時もありますよね。

そういった事を思い返して部下へ優しい言葉をかけるということはその人にとってもかけがえのない感謝の気持ちが生まれることになるのです。

最後がお互いに感謝出来るような関係であると気持ちもスッキリすると思いませんか?

いつもは叱るといったことが多かったとしても部下はきちんとその理由なりを理解してくれますし自分の事をしっかりと見ていてくれたのだという気持ちも生まれてきます。

このような気持ちでお互いが励まし合うことが出来ればその後の関係というものも良好であり続けることが出来ますよね?

部下が出世をした時などは仕事の面で助けとなってくれる可能性だって出てきますから、人脈というものを構築していく上でも有効な手段となることを忘れないようにして下さい。

退職する理由

この事についてはある程度は考えておいたほうが良い結果となりますので退職理由も少しは触れるようにして下さい。

その際にはあまり本心的な事は伝えないようにして一般的な理由を出していけば角も立たないので理想的だとも言えます。

無理に伝える必要はありませんが、理由を知りたがる人も何人かはいるはずですよね?

そういった時には会社へ迷惑をかけないような理由付けをするようにしてメッセージとして伝えていくようにしましょう。

この事を伝えることで他の人にも安心感が出る場合もありますし、納得してくれる要因にもなります。

何も伝えないままに退職をしてしまえば、残された人の気持ちもスッキリとはしません。

本心を言いたくない場合などは家庭の事情などを出すようにすればいいですし後から問題とならない内容の退職理由というものも用意しておくことが大切になります。

伝える義務はないが少し触れた方が角が立たない

この退社理由ですが必ず伝えなければいけないという事ではありませんが、送る側の気持ちを考えていくと何かしらの理由はきちんと考えておいて下さい。

きちんとした理由であれば相手も納得してくれるでしょうし、こちらも気持ち的にスッキリすることにも繋がりますので少しは触れるようにしていくと色々な面から考えても得策となってきます。

それでは最後のポイントとなりますが、これは必ずいれるようにしましょう。

今後の会社の発展を祈る文言

今まで自分が働いてきた会社へ発展を祈る言葉を残すことは気持ちの整理の上でも大事なことになってきます。

今までの苦労や悩みというものも思い返すことが出来ますし会社との関係というものも考えることが大切になります。

今後、自分がどういった道へ進むのかによっても変わってきますが、会社同士のやり取りという可能性も出てくる時がありますよね?そういった時には個人だけではなく会社との繋がりというものも深めておくと自分にとっても得るものが大きいのです。

また、仕事がらみではなく素直な気持ちで会社の発展を祈ることも大切ですよね?可愛い部下などがいる場合には頑張ってもらいたいと思いますし。

良い上司などがいればますます会社を引っ張っていってほしいという気持ちも生まれてきます。

そういった感謝の気持ちをもって文章を考えていけば、自然と素晴らしい発展を願い祈る言葉が思いつくはずでので、最後の言葉として送るようにして下さい。

今後も○○社が益々発展されることをお祈りいたします

よく使われる言葉でこのようなメッセージを見る場合が多くありますが、自分で退社をする場合にはこれだけでは足りないという事もわかりますよね。

会社の発展を祈る言葉は多少長めとなっても良いですから、しっかりと自分の気持ちを伝えていくようにして下さい。

それが自分の将来を助けてくれることにもなる場合がありますので感謝の気持ちが伝わるメッセージを考えていくようにして下さい。

それでは退社メッセージを作成する際に気をつけることについてもお伝えしていきます。

色々と悩むことの多いことだけにしっかりとチェックをしておくようにして下さいね。

退職メッセージを心を込めて作ろう!

これまで自分が世話になった会社を退職する場合ですが、メッセージは心のこもったものでなくてはいけません。

会社への感謝の気持ち・関わってきた人へのお礼などを書き記していくことによって自分の将来も変わってくることになります。

もし、退職のメッセージを適当に書いて終わってしまえば、その事はいつか後悔することにもなりうる可能性がありますので注意が必要です。

最後はきちんと笑顔で退職を迎えることになるように今までの有難いと思った気持ちをしっかりと書いていくようにしましょう。

退職メッセージとは?

ここで質問ですが皆さんの場合、退職メッセージはなぜ必要だと考えるでしょう?

なんとなく決まりみたいなものがあるからでしょうか?前に辞めた人がメッセージを残したから自分も真似るのでしょうか?

このように考えている人は少し考えを改めてみることも必要なのかもしれません。

退職メッセージとは自分の為に作るものであると考えるようにして下さい。

次の職場へ行く時には今までお世話になった会社とも良い縁を引き継いでいきたいとは思いませんか?

それは会社間での問題であったり個人の人間関係でもあったりと色々と出てきますが人との繋がりを大事にすることは結果的に自分の役立つものとして活かされるようになります。

辞めたから無関係という気持ちであれば自分はそれ以上の成長は見込めないと考えるのが普通ですし、次の職場でも大事とされる人物になれるかはわかりません。

退職する時に自分の職場をきちんと理解し心のこもったメッセージを送る人間はほとんどの人が次の職場でも良い人間関係などを築くことが出来て、将来的な不安もなくなっていくのです。

このような理由もあり、退職メッセージとは最終的に自分の為であるということを忘れないようにして下さい。

退職メッセージにその人の人間性が出る

このメッセージですが本当にその人の人間性が出るものでもありますので言葉選びなどはしっかりと確認をしながら書き記すようにしましょう。

普段の口調が乱暴であれば心のこもったメッセージは書くことが難しいと言えます。

そういった場合には自分でも十分に気をつけるようにして何度も見返しながらメッセージを書いていくようにしましょう。

退職メッセージはいつくらいに伝えるのがベスト?

自分が退職をする場合ですがメッセージを伝えるタイミングも大事ですよね?

あまりに早い段階でもいけませんし直前であれば尚更にNGとなってきます。

ここでは最後の言葉となる退職メッセージを伝えるタイミングを考えていくようにしましょう。

相手によって伝える時期は異なる

退職を考える場合には相手に伝える時期で悩む人も多くなってきます。

上司や部下・取引先といった人へはいつ伝えるのがベストなのかを考えていかないと、良い退職にはならないかもしれませんよね。

間違った時期に伝えてしまえば仕事に影響を及ぼす事にもなりかねませんので慎重に選んでいくようにしましょう。

それでは最初に上司へ伝える場合の時期を考えていきます。

上司へ

上司へ退職メッセージを送る場合はその前に退職の意思を伝えなければいけませんが、仕事の繁忙期などは避けるようにして引継ぎなどを考えていくと退職する3か月前には相談するようにしましょう。

そして肝心の退職のメッセージを伝える時期としては全ての仕事の引継ぎが終わった時点がベストと言えます。

これは自分に残された仕事を全て終了したことの報告にもなりますし、お互いに自由に話せることが出来るといった意味もありますので、やるべき事を終えた時点でメッセージを伝えるようにしましょう。

部下へ

部下へ退職メッセージを伝えるタイミングですがこれも難しいと言えますよね?早くに伝えることは仕事にも支障が出るかもしれませんが引継ぎなどがあれば辞める意思は伝えておかなければいけません。

自分の仕事を部下へ引き継ぐことは十分に考えられることですので退職メッセージを伝える時期もかなり難しいことになると予想されます。

ここで大切になるのは相手の仕事へのやる気をなくさないような時期を選ぶことが必要です。

早くに伝えることも良いことになる可能性がありますが自分が慕われている場合などは逆効果になる時もありますのでご注意下さい。

ここで大切な事は部下の仕事ぶりが以前よりも良いと感じられる事です。

上司がいなくなるのであれば自分がしっかりしなければという気持ちになり、仕事ぶりも変わってくることになります。

退職メッセージを伝えるのであればこのあたりの時期を選ぶようにしましょう。

同僚へ

同僚へ伝える場合には遅くとも1ヵ月前には伝えていく必要があります。

何かしらの送別会の準備なども考える時間が必要ですし、仕事でのやり取りなどもきちんとした形で終わらせたいですよね。

早すぎることも問題ですし辞める直前では相手も不快に思いますので目安としては1ヵ月前などには伝えるようにして下さい。

取引先へ

取引先へ退職メッセージを伝える場合ですが、一番良いとされるタイミングは最終の訪問日に直接伝えるようにしましょう。

その際には担当も変わることから次の連絡主となる人間と一緒に行くことがベストになります。

取引先にメールなどで済ませる人もいますが、これは印象的にも良いことにはなりませんのでやめるようにして下さい。

きちんと自分が出向いた上で退職メッセージを伝えるようにしましょう。

退職する際は参考に

退職メッセージを書く場合は色々なことに対しての配慮も考えていくことが大切です。

今回お伝えしてきたことなどを参考にして頂けば相手にも気持ちが伝わる良い退職を迎えることが出来ることと考えます。

最後をステキに終わらすことが出来る人はその後の職場でも良い環境を作り出せることが出来ます。

そうした事が自分の幸せにも繋がっていき納得できる人生へと変わっていくのです。

退職が初めてでどういったことからやっていけばよいのかわからない時や、退職メッセージではどんな内容を書くのかに困った場合には自分の気持ちと感謝の言葉を書いていくようにしましょう。

その気持ちが相手に伝わることによって様々な良い結果が得られることにもなってきます。

そして、最後となりますが退職メッセージを書くときには出来るだけ手書きで作成するようにして下さい。

メールなどを使えば楽ではありますが自分の気持ちの半分も伝わらないことが多くなります。

読んだ人に気持ちを伝えるには手紙という形が一番であり、それが自分を幸せにしてくれるメッセージにもなるのですから。