職務という言葉をご存知でしょうか?

職務というのは会社で働く際に決められた仕事をするような事を言います。

基本的に皆さんは働いてその職務について仕事をこなすというような事をすると思います。

ですがその職務の期待に答えれるほどの仕事をしたりしていますか?

仮に与えられただけの仕事をするのであれば、それは職務をこなしているだけであり、結果などは平均的に終わるのではないかと思います。

ですが期待の120%の結果を出して職務をまっとうしたいと思いませんか?よく学生の頃などに宿題が出たとして早めに終わらせるのか後々にやるのかというような事があったと思います。

基本的に早めに終わらせる人というのは職務で結果を出す際にも早く、行動に移すのも早いです。

なのでどんな事があっても直ぐに有限実行をするような人が多いと思います。

それと違い後々にするというような人は期限がギリギリの状態で仕事を終わらせたり、少し遅れたりするというようなタイプの人になってしまい、職務をこなしていても少し欠点を抱えているというような状態になると思うのです。

基本的に職務をする上では決められたことをするというのが大前提になりますが、そのスピードや正確さには個人差というものがあると思います。

仕事を終わらすのは早くても仕事を雑に終わらせているのであればそれは意味がないと思います。

その際に評価をされる方はスピードが遅くて正確さが出ている人の方が評価はされますよね。

仕事の内容にもよりますが、何を重視されているのかを確認するためには重要なことだと思います。

どんな事でも直ぐにやってしまうという人は少ないのです。

基本的にこの様な人というのはとても行動力のある人で、有言実行をして完璧にこなす人という事になります。

ですがなれないという訳でもないという事を覚えておいてください。

基本的に人というのは先ほども言ったように個人差というものがあるので、職務で期待されるような仕事をする際には、その個人の持ち味を出す必要があるからです。

ですがそれをする際に有言実行をしたり、断言をするというような事はプラスな印象があると思いませんか?

「何かをします!やります!」というような人はとてもやる気のある人だとそう感じさせられることが多いのではないかと思います。

また時間の使い方も上手いという特徴があるでしょう。

時間の管理ができるという人は基本的に職務をまっとうしている人とも言えます。

どんな事があってもその時間には終わらせるというような人は多くいるでしょう。

ですがその時間に終わらせた時にクオリティが低ければ期待に応えることができないですよね。

クオリティも高ければ高いほど評価はされやすいです。

ではどの様なことをして結果を出せば良いのでしょうか?

職務で期待の120%の結果を出すためにやるべきことについてお話をしたいと思います。

職務で期待の120%の結果を出すためにやるべき15個のこと

職務で期待の120%の結果を出すためにやるべきことはどの様なことがあると思いますか?

例えば先ほど言った有言実行というのはとても行動をすることでプラスな印象を与え自分自身も積極的になれるようになります。

基本的にプラスな行動というのは自分自身に影響を与えてくれるので、他にも直ぐに行動を移したり、アイデアを直ぐに実践してみたりと挑戦をするような気持ちがあれば120%の結果を出すことができるようにもなります。

また、人というのは完璧ではないので、失敗というものをどこかで必ずしてしまいます。

ミスなどをしてしまった際には言い訳などをせず、そのミスと向き合って今後どのようにするのかを考える必要がありますよね。

失敗をすればするほど、次に活かせるというような言葉を聞いたことはありませんか?経験をすればするほど次に活かすことができるので、これも実はプラスな印象を与えてくれるのです。

他にも様々なことをすることで120%の結果を出すことができるよになるでしょう。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

1.有言実行


有言実行という言葉がありますよね。

基本的に職務や仕事をする際には必ずその仕事をやり遂げなくてはいけません。

どんなに時間がかかってもその仕事を完成させたり、成功をさせることで初めて職務をまっとうしたという事になります。

ですがその時に「直ぐに取り掛かります!」と言うことができたら良いのですが、仕事というのは全てが楽しくできるというものでもないですよね。

時には嫌に感じることもあると思います。

ですが有言実行をするという意識を持つことはとても大事なことなのです。

言ったことに責任を持つということもそうですが、仕事をこなすには必ず職務をまっとうしなくてはいけないですよね。

有言実行というものを皆さんは自然のうちにしているのですが、それを声に出すという事をしないと思います。

いつも声に出して言ったりする人というのは、とても元気で頼りがいのあるような人だと思いませんか?

言葉に出すことで行動をする時にも自分自身にとっては元気をつけることができるので有言実行をするというのは是非実践をしてみてください。

言ったことは必ず実行する

言ったことは必ず実行をしなくてはいけません。

ですが必ず実行というプレッシャーに負けないようにしましょう。

人というのは言ったことに関しては実行をしますが、それを成功するというような事はありません。

どこかでミスをしたり、できなかったという事もあるのです。

失敗をしてしまったというような事もあるでしょう。

言ったことは必ず実行をしても良いですが、結果はどのようになるかはしてみないと解らないことです。

有言実行をするというのは必ず成功や成果を残すというようなイコールの存在ではないという事を覚えておきましょう。

人というのはできない事もあるのです。

ですがその意識を持つという事が大事ということなので、言ったことはなるべく実行をして、失敗をしたのであればそこから学び次に生かすようにしてみてはいかがでしょうか?

2.断言する

断言をするというようなこともプラスに働くことなのです。

例えば「これをしたいと思います」と言うのと「これをしたいです」というのでは意思表示の仕方が違いますよね。

前者の方では「したいと思う」という事なので自分の気持ちの中ではこの様に思うけれど実際にはどうなるか解らないというようなことと考えてみてください。

逆に後者の方ではこれをしたいという断言をしています。

なのでこれをやりたいという意思表示がとても強い状態を言っているのです。

この違いというのは何かをしたいという気持ちの強さの違いです。

断言をしたほうであればとても意思表示が強いですよね。

断言をすることで相手にもその意思の強さが伝わるはずです。

基本的に気持ちの問題で仕事などのクオリティも上下をすることが多いです。

それほど精神的なものというのは影響を与えてしまうというものです。

仮にその意思が強ければ強いほど、より120%の成果を残しやすくなるので時には強い意志を言う必要があります。

「します。」「やります。」

「します。」「やります。」というような言葉を主に使うと良いでしょう。

これは否定をする時でも使えますよね。

曖昧に答えるのではなく「嫌です。」というような意思表示をする事で相手に本当に嫌なんだなと印象を与えることができます。

断言というのはそれほどの効果があるので「この仕事は私がやります!」と言うのであればその仕事を任せられるとも思いますし、自分自身もやる気に満ち溢れるのではないかと思うのです。

そうした中で職務をまっとうするのであれば、120%の結果を出しやすくなるのではないでしょうか。

3.すぐに行動に移す


すぐに行動に移すというような事も大事になるでしょう。

例えばすぐに行動に移すのと後々になって行動に移すのでは差が出てきてしまいます。

直ぐに行動をするというのであれば早めに終わらせようと思ったり、とりあえずやろう!というような気持ちになりますが、後々で行動をしてしまうとその気持ちがなくなり「面倒だ」と思ってしまうことになるからです。

基本的に人というのは後回しにしてしまうと苦労をしてしまうことが多く、面倒になってしまったりしてやる気を出さなくなってしまいます。

そうなると職務をこなすという事ができたとしても気力が湧かないというような形になってしまい、できたとしても適当なものばかりになってしまうでしょう。

なのですぐに行動を移すことでモチベーションも高く保つことができるようになるでしょう。

また、直ぐに行動をするという事はそれほど頭の回転も早くなっているという事になります。

利点となるようなことが多いので、すぐに行動を移すように心がけましょう。

気になったことやアイデアはすぐに実践

気になったことやアイデアはすぐに実践をすることも大切です。

無謀な考えなどではなくちゃんとしたアイデアや行動を移すことが重要になります。

よく思ってすぐに行動をしたりする人がいますが、行動をして何も得ることができないという人と、得ることができるという2つに別れるのです。

この特徴は考えて動いているのかどうかという事に繋がります。

考えて行動をしたと思っていてもそれは全く無意味になってしまうような事もあるのです。

気になったアイデアなどはすぐに実践をすることは大事ですが、考えたアイデアを実践するように心がけましょう!

そうする事により職務を120%の結果を残すことができるようになります。

4.時間を管理する

時間を管理するというような事もありますがこれも重要なことです。

時間というのは無限ではありません。

有限です。

そして仕事をする時間も有限です。

基本的に時間を管理するというのは効率よく仕事をする際に重要なことになりますよね。

職務をこなすということですが、その量というのは人により違うと思います。

例えば納期というのはその決められた日までに提出などをしなくてはいけません。

しかしながらその仕事1つだけならば良いのですが同時に4つや5つとある場合は効率よく終わらせる必要がありますよね。

同じ時期に同時に4つや5つをこなすというのはとても厳しく感じると思います。

その時こそ時間を管理する必要があるのです。

例えばこの日はこの仕事とこの仕事というように、日で決めるという方法もあれば1時間毎に区切って仕事をするというような事もあると思います。

この方法をする事で職務をこなす際にも充実して仕事をこなすことができるようになるでしょう。

時間を決めて仕事をする

時間を決めて仕事をするというのは結果を出す上では重要な過程になるのです。

時間を決めてその時間の間はその仕事だけを集中してすることができるようになるからです。

よく仕事が多いと気まぐれで様々なことに手をつけてしまいあまり進まないというように感じることも多いのではないでしょうか?

時間を決めて仕事をすることで、気持ちの切り替えであったり、効率よく進めることができるようになるでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、慣れることで120%の結果を出すことができるようになることでしょう。

5.失敗を恐れない

これは職務として仕事をこなすことより他にも生活でも役に立つことです。

失敗を恐れないことにより、新しい挑戦などを積極的にすることができるようになるでしょう。

失敗をする事で怒られたりするというような事はあるかもしれませんが、それを経験として吸収をすることができます。

結果を出すというのはそれまでの過程が大事になりますが、完璧にこなすというような事はないのです。

失敗というものは必ずどこかでしてしまいます。

その失敗を恐れて慎重になるのも良いですが、時には恐れずに挑戦をするようにする事でモチベーションなども保つことができるようになります。

失敗よりも何もしなかったことを恐れる

失敗をするよりも何もしなかったことを恐れることになってしまう可能性があるので、失敗などを恐れずに仕事をすることが大事になるでしょう。

何もしないというのが一番時間を無駄に消費してしまいます。

折角の仕事を何もせずに過ごすということが勿体無いので何もしないという方が恐いという事になります。

何をするか解らないという状態であれば上司や他の人達に聞くというような事も時には大切になるでしょう。

またアドバイスをもらいながら職務をこなすというような事もできると思います。