あなたはご自分のメンタル(精神面)が強いと思いますか?

人生では、嬉しいことや楽しいこともあれば悲しいこと辛いこともありますよね。

嬉しい時などは誰もが気分は上がるものですが、悲しい時などはそうもいきません。

メンタルが弱いために、一度落ち込むとなかなか機嫌を直すのが難しかったり、ずっと落ち込んだままでいることもありますよね。

小さい頃からずっとメンタルが弱いままで生きてきた方は、メンタルが弱いのは生まれつきだから仕方ない、治らないなんて思っているかもしれませんが、実はそうでもないのです。

ちょっとした方法を実践するだけで、弱いメンタルを少しずつ強くしていくことが出来るんです!

それってすごい魅力的ではありませんか?今までは、メンタルが弱いことを原因にして、新しいことにチャレンジすることを避けていたかもしれません。

しかし、そのように諦めることもなくなりますよね。

この記事では、メンタルが弱い人がメンタルを強くするためにやってほしい方法を20個ご紹介します!

そして、あなたがどうしてメンタルが弱くなってしまったのかもお伝えしますよ。

メンタルを強くするための方法20個

「メンタルが強ければな」「もっと意見をしっかり伝えることが出来たのに」「こんなとこでくじけないで前に進めたかもしれないのに」なんて思うこともあるでしょう。

でも、あなたが「メンタル弱いのを卒業して、強くなりたい!」と思えばいくらでも強いメンタルにすることができるのです。

しかし、今と同じことをしていても変化が現れるのは難しいでしょう。

ですから、あたらクメンタルを強くするためのことを20個実践してみましょう!全てできなくても、少しずつやっていきましょう。

この20個の方法は、主に「自己肯定」を養える、自分を認めることが出来ることもあるので自分に自信がつくようにもなりますよ♪

1.人と接する時間を多くする

あなたは、メンタルが弱いことを理由にして誰かと会話したり、接する機会を自らなくしてしまってはいませんか?

そうやって、誰かと距離を置けば心が傷つくことはないので安心ですよね。

しかし、長期的に見るとそうやって誰かと距離を置くのはあまり好ましくありません。

むしろ、人と接して「自分」という存在を確立することが出来れば、それは自信につながっていくのです。

しかし、接する相手は、暴言を吐いたりするような人にしないこと。

また、誰かと話すことで心はリフレッシュされ、新しい風が吹くものなのです。

気を遣わずに話せる人と話す機会を少しずつ増やしていきましょう。

2.ヨガや座禅などで瞑想し、心を整える

「メンタルが弱いから何も出来ない」などと自分を責めてばかりいると、あなたの心はいつも緊張状態にいることになります。

それって、とっても苦しくはないですか?自分が一番の自分の観方であるはずなのに、その唯一の自分があなたを責めてしまうのですから。

そんな時こそ、あなたの必要なのは、「リラックス」することです。

リラックスしましょうなんて言われても、多くの方が難しいと感じてしまうでしょう。

そんな時にオススメなのが、ヨガやストレッチをしたり、座禅などで瞑想をすることです。

これらをすると自然とリラックスをすることが出来ますし、あなたの心と向き合える時間を作ることが出来ます。

そして、緊張している心を整えてみましょう!体を動かしている時って、ネガティブなことはあまり思い浮かびませんよね?
 

3.メンタル管理もスキルのひとつと認識する

”出来る人”というのは、自己管理がしっかり出来る人でもあります。

風邪も引かないようにしていますし、色々なことを管理するスキルを持っているんですね。

また、自分が落ち込むポイントなどを分かっているので「心が落ち込み始めたな」と感じたら、すぐに気分転換をはかるようにします。

また、落ち込む前に何か先手を打つのです。

ずばり、メンタルを管理することもスキルの一つなんです。

社会人として、人として、それは身に付けておくべきなのです。

そう思うと「そうするものなのか」と納得いきませんか?また、メンタルを管理することが出来れば、あなたの生きる世界は今よりももっと生きやすくなります。

自分を”コントロールする”術を養っていきましょう。

4.自分の弱いところを紙に書き出して向き合う

自分の心をコントロールするには、自分の弱い部分を認める必要があります。

「私はこういうことが起こるときに気分が落ち込みやすいな」なんて分かれば、それに類似したことが起こればすぐに対処することが出来ますよね。

ですから、自分の弱いともう所をピックアップし、その弱い部分と向き合うことが大切なのです。

まずはそこからです。

このときに「ああ、自分ってこんなにだめなところがあるのか」なんて悲しまないこと。

ダメなところがあるということは、あなたはもっと人として成長できる見込みがあるという幸せな状態なのですから。

5.怒られるのは自分のためを思ってくれていると理解する

誰かに怒られると落ち込んでしまってなかなか立ち直ることが出来ないことってありますよね。

怒られた側としては、とっても悲しくなってしまいます。

自分が悪かったとはいえ、そんなに怒号を飛ばさなくていいのに、もっと他の言い方あったんじゃないか、ひどい!、なんてなっちゃいますよね。

でも、誰かがあなたに対して怒るというのは、あなたのことを思ってしていることなのです。

あなたは、そうやって怒られなければ「そのことが悪かった」と認識したり、そのことに対する考えを改めることができなかったはずです。

それに怒るのって疲れませんか?落ち込むよりも怒る方が心の状態は良くないのです。

それなのにわざわざそのような気持ちをしてまでも、あなたのことを怒ってくれているのです。

あなたのことを思って、ですよ。

怒られることは感謝すべきことであり、自分のためにしてくれていることなのです。

6.あまり深く考え過ぎない

メンタルが弱い方ってよく言えば、よーく物事を考えることが出来る人なんですよね。

だから注意深く物事を見ることが出来るので、失敗することが少ないはず。

でもそうやって物事を始める前に何回もシュミレーションをしていたら、手を出せるはずのものだったものを手が出せなくなってしまいませんか?それってとってももったいないです。

ですから、これからは何事もあまり深く考えないようにしてみましょう!

色々考えると、人というのは悪い方向に考えていってしまうものです。

でもそうやって悪い未来のシュミレーションがなければ、何も気にすることなく新しい物事を始めることが出来るはずですよ。

悩んでいるならば、悩みをふきとばせるくらいに趣味に打ち込んだり、体を動かしてみるとか色々な方法はあるはず。

とにかく”考える”という行為を脳にさせないように、意図的に何かやってみるといいですよ!

7.失敗を引きずらず気持ちをすぐ切り替える

あなたが今悩んだり、今までで心を悩ませてしまったのはどのようなことでしたか?

多くの場合は、色々な失敗をしてしまってソレに対して色々思い悩み、悔やみ、あんなことしなければよかったーなんて考えていることでしょう。

でもそうやっていつまでも過去に固執していたって、過去に起きた出来事について考えていても、過去は変わらないですよね。

そんなの誰もが分かっていることです。

でもこれからの未来はあなたが作り出すことが出来るんです。

それならば、悩み事でクヨクヨしているよりはこれからの楽しい未来を創るために時間を使ったほうがいいと思いませんか?

ですから、失敗をしても反省をしたらもう悩まないこと!

そしてこれからの人生で、その反省を活かしていくこと!気持ちの切り替えをスパッとしてみましょう。

もしかしたら、切り替えなんて出来ない1と思うこともあるかもしれませんね。

でも「気持ち切り替えたぜ」って脳を騙すと知らぬ間に気持ちが切り替わっているものです。

おためしあれ。

8.人生は一度切りだということをしっかりかみしめる

あなたの人生は、今の人生は一度しかないのです。

その一度しかない人生をあなたは悩むだけの人生にしたいですか?何もチャレンジせずに終わりたいですか?

「自分なんてどうせダメだから・・・」なんていう人生にしてしまっていいのでしょうか?泣いても笑っても人生は一度しかないのです。

嬉しいことに出会うことも、悲しいことに出会うこともこの1度の人生のなかしか味わえないのです。

人生が一度きりで、今の年齢の今日という日は今日しかない、今しかないということが分かれば、

「僕はメンタルが弱いから・・・」なんて言い訳している場合ではないことに気づきませんか?

あなたはもっと自分の人生や命を大切にするべきなのです。

もしも、あと1ヵ月後にしななきゃいけなくなったらどうするでしょう。

そうやっていつまでもクヨクヨしていられないはずです。

今まで「メンタル弱いからな」なんて諦めていたこと、やりたくなるのではありませんか?

9.自分が恵まれている部分を考え、感謝する

あなたはどんな境遇にいるでしょうか?あなたは自分を不幸だと思い悩んでいるかもしれません。

しかし、他の人にとってあなたの境遇はとても幸せで恵まれているものに見えるものです。

そう。

あなただって、誰かの人生をうらやんだりするでしょう?

隣の芝生は青い、なんていいますが私たちはそうやって自分にない物を他者から見出すことがとっても得意です。

既に自分は色々なことを手にしているのに・・・。

よく考えてみてください。

今こうやって記事を読むことが出来る目や視力があることだってとっても幸せなことなのです。

そうやって小さな恵まれている部分を探しだすことができると、自然と感謝することが出来るようになるはずですよ。

あなたは、自分のことをさげすみすぎじゃないですか?もっと自分を大切にしましょう。

10.明るく人生を楽しんでいる人の本やYoutubeを見る

悲しいドラマや映画を見ると共感して悲しい気持ちになってしまうものです。

しかし、明るく楽しい人生を歩んでいる人の物語をしれば、どうでしょうか?あなたの気持ちも自然と上向いてくるはずですよ。

今の時代では、インターネットを誰もが使える時代なのでちょっと検索すれば、そのような人生を送っている人にすぐに出会えるはずです。

また、そのような明るい人生を送っている人の書籍を読んだり、動画サイトYouTubeで動画を見ることも出来ます。

そうやって明るく人生を楽しんでいる人の話を見聞きすると、あなたも「そうやって明るい人生を過ごしたい」と思えるようになるでしょう。

心も上向いて、くよくよすることもなくなるはずです。

また、そのような人々が『歩んできた人生をまねしてみることもできますよね☆

11.人の体験談や苦労話を聞く機会を持つ


あなたは、自分だけが苦しくてツライ状況にいると思っていませんか?

自分だけが悲劇のヒロインになっていませんか?世の中には、あなたよりももっとひどい境遇や状況にいる人もいるんです。

あなたは、周りが見えなくなっているんですよね。

だからこそ、そんな時には誰かの人生の体験談や苦労話を聞いてみるといいでしょう。

もしかしたら、多額の借金を抱えて自殺しようと思ったけどなんとか返済することが出来た人や戦争で実の妹を目の前でころされた・・・なんて残虐な経験もしている方もいます。

そういう方々の話を聞いてると、自分の悩みだとか「メンタル弱いからなんもできねえ」なんて考えていることが恥ずかしくなってくるものです。

それにバカらしくなってきます。

人に聞くことは出来なくても、ネットで検索すればたくさんの人生の経験話を見つけることが出来ますよ。

12.物事の良い面を見るように癖をつける

あなたは、物事をみつめるときって悪い面ばかりをみていませんか?

念には念をいれたほうがいいから、最悪の事態まで想定しておかなきゃ!なんて、わざわざ悪いことを想像している方もいるでしょう。

しかし、そんなことをするのをやめちゃいましょう。

これからは、物事の良い面だけを見つめるようにしてみましょう!最初のうちは、違和感を覚えることが多々あると思います。

しかし、続けていけば自然と物事のいいところ、人のいいところが目に入ってくるようになります。

まずは、お意識的に物事の良いところを見つめるようにしてみるといいでしょう!

13.ひとりで抱えず周囲の人に話す

メンタルが弱いと一人でクヨクヨ悩みがちです。

こんなメンタルが弱い自分を誰かに見せたくないのでしょう。

また、誰かに相談するほどの気力を失ってしまっているのかもしれませんね。

でも、そんなときこそ一人で悩まずに誰かに相談してみてほしいのです。

人は、誰かにその悩みを打ち明けると猛スピードでそのことに対する悩みが消えてくるものです。