あなたはご自分の感情をコントロールでき方だと思いますか?それとも、コントロールするのが難しいと感じているでしょうか。

感情をコントロールすることができる人ってなんだか大人として自立していますし、あこがれますよね。

?でも、心から湧き出た感情を抑えることなんてできないですよね。

止めたいと思っていてもどんどん心から溢れてくるのですから。

しかし、その感情がコントロールが出来ないこと原因で友人関係や家族との関係にヒビが入ってしまったり、生きづらくなってしまったり・・・。

感情をコントロールすることができれば、生きやすいし、心の平穏が保たれて疲れないのになぁなんて考えたこともあるのでは?

たしかに感情をコントロールすることができれば、これからの人生を生きやすくなるのは間違いありません。

この記事では、感情をコントロールするための方法を8個ご紹介していきますよ~!

それに感情をコントロールすることができたら、いったいどんなメリットがあるのかもお伝えしていきます♪

人間だからこそ持っている”感情”をコントロールし、自分の気持ちと向き合いながら生きやすい人生を歩んでいきましょう☆

感情のコントロールって難しいですよね

感情のコントロールって取得できるまでは難しいものです。

誰かに対してイラつきがおさまらないとき、その感情を相手にぶつけたくないのに怒りをぶつけてしまうことってありますよね。

怒りを抱いてしまうのさえ辛くて気持ちが悪いものなのに、誰かにあたってしまうというのも更にツラく、苦しいものです。

私たちにはEQという感情指数というものがあります。

このEQが高い人ほど、自分の感情をコントロールする能力が高いんです。

でも、その感情指数が高い人ばかりではありませんよね。

だって、難しいですものね。

感情に振る舞わされる人も多い

自分の感情なのに、その感情に振りまわされる人も多いんですよね。

どうにか自分の感情に押しつぶされないようにするのってとても難しいですよね。

嬉しい気持ちでいっぱいになって、幸せな感情でいっぱいになるのはいいかもしれませんが、それがねたみ、悲しみなどの悪い気持ちだとつらいものです。

その感情を抱き続けてしまうから、新しい物事に着手するのも難しくなってしまいますし、うまくいかなくなってしまうなんてこともありますよね。

過去の言動を振り返って後悔する

そして感情に振り回されて、その感情に支配されてその言葉を発してしまうと後悔してしまうこともあるのでは?

怒りの感情に身を任せて、いつもなら言わないような汚い言葉や怒号を相手に言ってしまったりすると、あとになってとっても恥ずかしい気持ちになったりするものですよね。

そうやって過去の言動を振り返って、反省することができれば次回にもつなげることが出来るはずです。

しかし、感情のコントロールができないでいると次回も同じ失敗をしがちなんです。

「ああ、またやってしまった」「また感情に身を任せすぎてしまった」なんてことも。

そういうことを繰り返すのっていやですよね?

どうして感情をコントロールできないのかが分からない

長い人生を歩んでいると、急に感情をコントロールできなくなってしまうことがあります。

今までなら、それまでなら感情をコントロールすることなんて意識したことがなかったし、普通に出来ていたのに不思議に思いますよね。

だから、自分がどんな時に感情をコントロールできなくなってしまうのかも分からないのです。

そうすると誰かと接するのも億劫になってしまいますし、そうやって考えること自体に苦しみや辛さを感じ、その悩みに心を奪われてしまうなんてことも・・・。

そうすると負のループに陥ったも同じ。

更に自分が感情をコントロールできないのか分からないですし、もしかしたら自分は昔からこんな性格だったんじゃないかなんて錯覚を覚えてしまうこともあるんです。

そうならないためにも、感情をコントロールできなくなってしまうと思われる原因をしっておくべきです。

感情がコントロール出来ない原因

では、どうして私たちは感情をコントロールできないのでしょうか?小さな子どもが怒りに身を任せて怒るのとは訳が違いますよね。

色々なことを考える判断力、思考力を養って今の状況があるというのに、なぜだか自分の感情だけコントロールできないのです。

それって、生まれつきのものではなく改善できるんです。

ということは・・・感情がコントロールできないというのは、それなりの理由があるんですよね。

その原因をなくすことができれば、感情をコントロールすることができるようになるということなのです。

その原因を5つ見ていきましょう。

あなたにあてはまるものがあるのではありませんか?

心身ともに余裕がない

最近のあなたは、心身に余裕があるでしょうか?心や体に余裕がないと、リラックスして過ごせる時間がほぼないですよね。

そうするとそれは、感情をコントロールできないことに繋がっていきます。

いつも仕事や勉強に追われていて、やりたいことができていなかったり、睡眠時間がしっかりとれていないとなんだか生きた心地がしないものです。

そんなときに、何か嫌なことがあったりするとそこに執着してしまうんですよね。

そしてその感情に振り回されてしまうんです。

視野が狭い

あなたはご自分の視野は広い方だと思いますか?それとも狭いでしょうか。

狭い視野、狭い世界の中に住んでいると基準が低くなりがちです。

基準とは「幸せの基準」「怒りの基準」などです。

でも広い世界を知っていれば、「ここではこんな風に捉えられているけど、他の世界ではこんな風にとらえられないのになあ」なんて思うんです。

例えば、今の日本では不倫は悪いものとして捉えられていますが、江戸時代なんかは側室というものがあり容認されていましたよね。

たとえが不倫で申し訳ないのですが、視野が広ければ何か物事を判断する時の選択肢の幅が増えます。

しかし、視野が狭いと今目の前にある世界だけが全てになってしまい、なんとなく辛くなってしまうんですよね。

そうすると、アナタの思い描いている物事を達成できないなどで感情をコントロール出来にくくなってしまうのです。

日頃のストレス発散が出来ていない

あなたは日ごろのストレスをこまめに発散できていますか?

ストレスの発散する方法は、人それぞれなのであなたにあったストレス発散方法を実践できているのでしょうか?

ストレスのような心のわだかまりがあると、そのことに対していつまでもモヤモヤしていることになるので、落ち着いて物事を見れなくなります。

そして感情をコントロールできなくなってしまうんですよね。

また、忙しい毎日を送っていたり、仕事に追われていたりすると自分にストレスがあること自体に気づいてない場合もあります。

だからストレス発散なんて必要ないと思っているんですよね。

でもあなたの心の中には日ごろのストレスでいっぱいになってしまっているんです。

そのように自分のストレスがある状態に気づかないでいると、最近増えだしているうつ病などの精神疾患に陥ってしまうことがあるんです。

他人に流されやすい

あなたは自分の意見や気持ちを大切にしていますか?

本当は心からやりたいことを無視して、自分の気持ちを裏切って誰かの意見を優先していませんか?自分の心の声を聞く事が出来るのって自分自身だけなんです。

でも自分の心の声を無視して、聞こえないようにして他人の意見を採用して物事決めていると自分のやりたくないことをやってい状態が続きますよね。

そうするとあなたの心の求める状態と現実に大きなギャップがうまれます。

そのギャップが感情をコントロールできなくさせてしまうのです。

あなたは、自分で自分のやることを決めていますか?

ホルモンバランスが崩れている

私たちには自律神経というものがあります。

それは、私たちの心のバランスを整えてくれる働きをしてくれるんです。

しかし、生活習慣が乱れていたり、ストレスが発散できていない状態が続くとそのバランスが崩れます。

そして、ホルモンバランスまで崩れてしまうのです。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、感情のコントロールがしにくくなります。

それに顔にニキビが増えたり、体の不調が増えてくることもあるんですよ。

あなたの心はとっても正直に体で示してくれるんです。

精神疾患などの病気

ストレスを発散できていて、ホルモンバランス等が整っていれば当たり前のように感情をコントロールできるものなんです。

しかし、そうもいかないときがあります。

それは実はあなたが精神疾患などの病気を患っている場合があります。

何をやっても気分が晴れないだとか、感情をコントロールできないときがあると思えば、極端に感情を示すのが難しく感じてしまうなど・・・。

最近では、うつ病や統合失調症などの精神疾患をわずらっている人が増えています。

気になる方は、精神科のお医者様に相談してみましょう。

感情をコントロールする8個の方法 

感情をコントロールすることができなくなってしまう原因はわかっても、

それを改善しただけではなんだか感情をコントロールすることができないんじゃないか、って心配になりますよね。

実はある7個のことを行うようにすれば、感情をコントロールできるようになるんです。

いつまでも自分の感情に振り回されて生きていくのはイヤですよね?

できれば、感情をコントロールして生きて生きたいですよね?そのような気持ちがあればまず第一歩は踏み出せています。

このまま、7つのことを実践して感情をコントロールできるようになりましょう!生きるのが今よりもラクになることまちがいなしですよ。

1、時間をあけて心を落ち着かせる

あなたは、なにか感情が浮かんだ時ってどうしてますか?その感情に心をとらわれていませんか?

そうするとその感情をオモテに出してしまいますよね。

それに、そのことしか考えられなくなってしまいます。

そんな時こそ、一度心を落ち着かせて欲しいのです。

「心を落ち着かせることが出来れば今苦労してないよ!」って思うでしょう。

しかし、あなたには出来るんです。

まず、今のアナタのその気持ちを認めてあげてください。

もしも、悲しい思いをしているならば「私は今悲しんでいるんだ」と。

客観的に自分を見つめてみるのです。

なにかの感情にとらわれてしまうのは、主観的になっているからということも考えられます。

でも客観的に悲しんでいる自分を見つめることが出来れば、それは心を落ち着かせることができていることになります。

また、その感情に対して意識を集中させないことです。

時間は悲しみを癒す

悲しみや苦しみ・・そういうネガティブな感情を感じてしまうのは、その感情を見つめてしまっているからなんです。

それに感情というのは、時間と共に薄れていくものです。

そして色々な体験をしていくうちにその感情は癒されていくものです。

「そんなの考えられない」って今は思うでしょうね。

でも、そういうものなのです。

何も疑うことはありません。

そういうものだ、と思って次に進みましょう。

あなたがそのことを考える限り、あなたはそのことで頭がいっぱいになってしまうはずですよ。

何を当たり前のことをいっているんだと思われたかもしれないですが、そういうものなんです。

2、マインドフルネスや瞑想を取り入れる

あなたはマインドフルネスというものをご存知ですか?

マインドフルネスとは、瞑想をすることで「今」現在に視点をあてて、自分の心の動きを見つめるというものです。

このマインドフルネスを行なうと、心の乱れが解消するだけでなく、免疫力や記憶力があがるなんていう研究結果もでているんです。

やり方はとてもカンタンです。

あなたがリラックスできる体勢、場所でリラックスしてみましょう。

そして、”今”この瞬間に意識をあてるだけです。

今何が聞こえてる?今どんな気持ちを抱いてる?そんな風に今の自分自身のからだ、心に焦点をあてていくと小さな心の変化に気づきやすくなります。

「今悲しい気持ちだったけど、少し明るくなってきてるぞ」なんて分かれば、その明るさの方に焦点をうつすことになります。

マインドフルネスをしていると、負の感情も見つけることになるでしょう。

しかし、その負の感情を持ち続けるのではなく、捨ててみましょう。

感情は強く思えば捨てることが出来ます。

また、マインドフルネスや瞑想を行う時は呼吸もゆっくり行いましょう。

息をゆっくり吸い、ゆっくり吐いてみるとまずは呼吸の音に集中することになりますね。