なりたい自分になりたい!

でも、そのなりたい自分にはとうてい届かないような気がする。

それに届くまでにはたくさんの経験が必要だと思って、諦めてしまっているという人もいるかもしれないですね。

でも「こんな自分になれたらいいな」とか「こんな風に振舞えたらもっと人生って楽しいんだろうな」なんて少しでも考えることが出来れば、それだけでも幸せですよね。

でもたった一度きりの人生だからこそ、その”なりたい自分”になってやろうと思いませんか?

実は、あなたのようになりたい自分像ははっきりしているのに、自分はその自分に値していないと思ってしまっていたり、自分には向いていないとどこかで諦めてしまう人ってたくさんいます。

でもそこで諦めなければ、必ずだれでも「なりたい自分になる」ことができるのです。

ぜひそのちょっとした夢を終わらせるのではなく、あなたのなりたい姿になってみましょう。

きっと、あなたはなりたい姿になっている自分でどんな生活を送っているのかまで想像できているはずです。

この記事では、そんな”なりたい自分になりたい”と思っているけれどもどうしたらそうなれるのか分からないという方にアドバイスしています♪

またそれだけではなく、なりたい自分に近づけるように背中を押してくれるような書物もご紹介しています!

どちらもチェックしてあなたの生活に取り入れ、なりたいあなたに大変身して周りをびっくりさせちゃいましょう☆

なりたい自分になれていますか?

ここで質問です。

あなたは、なりたい自分になれていますか?また、あなたのなりたい自分像ってどんな姿でしょうか。

なかには、「もっときれいになりたい!」「もっとかっこよくなりたい!」「勉強が出来るようになりたい!」「仕事をもっとこなせるようになりたい」なんて自分像もあれば、「なんでもできる自分になりたい」という自分になりたいというちょっと欲張りな自分像を夢見ている方もいらっしゃることでしょう。

そのようになりたい自分像を想像するのってとても楽しいですよね。

今の自分とはまったく違う自分で、そして違う人生を歩んでいて。

自分とはかけ離れた生活をしている、人生をしているというのを設定している人が多いんです。

そのため、夢見ることや想像して「こんな風になってみたい!」「こうなりたい!」と考えることが出来たとしても、その「なりたい自分像」を実現するまでにはいたらないんですよね。

いつも心と頭の中でなりたい自分になるだけで、まったくそれが現実化していないのではないでしょうか?

よく書物や名言などで「想像することは実現できる」とか「思考は本当に起こるようになる」なんていわれているのにまったく実感できないんですよね。

それどころか自分のなりたい自分からどんどん遠ざかって言ってしまっている・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それってね、ちょっと自分へのセルフイメージが悪いだけなんです。

それ以外にも色々とあなたの”考え方”や”行動”を変えていくだけで、今のアナタではまったく想像できないようなスピードでその”なりたい自分像”になることができるものなんです。

なりたい自分にはなれます!!


要するになにをお伝えしたいかといいますと、あなたはなりたい自分になることができるってこと!

今は太っていてコレまでに何度もダイエットに失敗しているかもしれません。

でもあなたは、確実になりたいスタイルになることができる。

なかには、もっと魅力的な人間になってモテモテになりたいと考えているかもしれません。

それも実現できます。

でも、そのように空想の中で想像したり、妄想しているだけではダメです。

それが「思考は実現する」の間違いを生んでしまうところなんです。

その言葉どおりにじっとして、想像して神様や宇宙に祈りをささげるだけでその自分になることができたらとても幸せですよね。

それにそれこそ、神秘的な力を感じられるでしょう。

世の中には、そのような形でなりたい自分になる人ももちろんいます。

しかし、それって時間がかかってしまうことが多いんですよね。

それに「なりたい自分になれた!」という実感も少なくなります。

それに、なりたい自分像を想像すると「今のままの自分ではだめだな」とか「もっとここをこうしたらいいのかな」なんて考えが浮かんだことがあるはずです。

それこそがあなたをなりたい自分にしてくれる最初のステップになります。

想像することは誰にでもできますよね。

だからこそ、その次のステップである―なりたい自分になるための最初のステップといってもいいくらいの―”行動”がとても大切になるんです。

「なりたい」「欲しい」「やってみたい」そうやって考えているだけではダメなんですよね。

まずはなりたい自分になるために何が必要なのかを考えてみる。

次にそれにそって行動してみるんです。

また、やってみたいことも欲しいこともまっていては出来ませんし、手に入れることも出来ません。

自分でつかみに行かなければなりません。

このようないい方をすると「自分は行動できないし」とか「私にはどうせ無理なのよ」なんてマイナスな考えにいたってしまう方もいるはずです。

筆者もそのような人でした。

想像することはできても、なかなか実現できない。

実現できないうちになりたい自分像はどんどん成長していて、数年たった頃にはまるでその当時の自分が追いつけないようなビッグな人間にまで進化していました。

しかし、今現在そのなりたかった自分になることができています。

まだ足りない部分はありますが、今もなりたい自分になるための努力の途中なのです。

そして、なりたい自分になることができるということを多くの方に知ってもらいたいのでこの記事を書くことにしました。

だって、なりたい自分を想像することができたのに「どうせむりだ」なんて諦めるのは嫌じゃないですか。

死ぬ直前になって「あのときチャレンジだけでもしておけばよかった」なんて思いたくないじゃないですか。

「あの時あれをやっててよかった!」「過去の自分に感謝してる」って思いたいじゃないですか。

だからこそ、やることにしたんです。

あなたもこれからご紹介していく方法を実践することが出来れば、確実に一歩一歩進んでなりたい自分に近づいていくことが出来るはずです。

途中でくじけそうなこともあるかもしれません。

でも、その壁を乗り越えたらあなたが想像している自分になって、想像している気持ちに浸ることが出来ちゃうんです♪

だったら、やってみる価値アリだと思いませんか?つべこべ言ってないでまずはやってみましょう!

少しでも前に進めている、なりたい自分になれていると実感することが出来れば、それだけでも自信につながりさらなるステップを歩みたい気持ちが湧き出てくるからです。

なりたい自分になる14個の方法

あなたは、なりたい自分を想像するまでに時間はかかりましたか?

すぐに想像することができる人もいれば、想像できない人もいますよね。

でもどちらもなりたい自分になれない理由になるわけではありません。

あなたが今現在も”なりたい自分像”を持っているというのになりたい自分になることができていないということは、行動が足りないだけ。

または、その自分像へ近づくための思考が少し追いついていないからだけなんです。

要するにそこを改善していけば必ず、なりたい自分に近づけるということになります。

そんなことをいうと「いやいや、俺のなりたい自分は絶対になれないから」なんて自信ありげに言ってしまう人がでてくることでしょう。

そのように自信ありげに「なることができない」と決め付けるのは、自分自身を否定しているのと同じことです。

あなたに子供がいたとして、「ウルトラマンになりたい!」といっていたら否定するのでしょうか?

現実的に考えたらそれはそれは難しいでしょう。

しかし、ウルトラマンのように悪者をやっつける正義の味方になることはできるかもしれないですし、、ウルトラマンのスーツを着て多くの子供たちに夢を与えるような仕事が出来るかもしれません。

これから無限の可能性のなかに飛び込んでいく子供に夢を否定するなんてことは、あまりしないですよね。

ずばり、あなたはその子供なんです。

将来的な地点からみたら、あなたはまだまだ子供。

どんなに大人な精神をもっていたとしても、これからまだまだ伸びる存在なんです。

よく「もうこんな年齢だからチャレンジしない」とか「もうしぬのをまつだけだわ」なんていっている人がいますが、それって命を無駄遣いしているのと同じなんですよね。

人はいつだってスタートできる。

それにいつだって、なりたい自分になるために行動することができるんです。

あなたは、そんな年齢やお金がないことを言い訳にしてなりたい自分になることを自ら避けているのではありませんか?

そして「この世の中は不公平だ」とか「どうせ私はなりたい自分になんてなれないのよ」なんて考えていませんか?

それって単なる言い訳。

あなたがそのような言い訳をしている間にも、あなたと同じレベルにいた人がどんどんレベルアップしているんです。

このようなことは他人と比べるものではありませんが、あなただって出来るってことなんです。

まずは気持ちを固めてください。

そして、少し覚悟ができたのであればさっそく”なりたい自分になるための14個の方法”を見ていきましょう!

1.必要のない思い込みは捨てよう

さきほどもお伝えしましたが「年齢がもう○才だから」とか「お金がないとそれはできない」とか考えていませんか?

もう一度、あなたのなりたい自分像を想像してみてください。

これまでに色々なチャンスもあったし、それに自分からチャンスを作ることも出来たかもしれないのにどうしてそれをやってこなかったのでしょうか。

それってなにかしらの思い込みがジャマしてきたのではありませんか?

ずばり「この年齢では始めるのはおかしい」とか、「今始めたら周りの人に何かを言われるかもしれない」なんて考えていませんか。

その考えを捨ててください。

あなたはこれからの人生を歩んでいくのに、その情報は必要ありません。

なりたいのであれば、何が何でも自分の意思を貫いていくことなんです。

まさに”猪突猛進”という言葉がピッタリなのではないでしょうか。

必要のない情報を捨て、そしてそのなりたい自分になるための情報をいれる”キャパ”を作り出してください。

人間って不思議なことに持ち抱えられる情報量って限られているんです。

限られている中にいれる情報であれば、できれば必要のない思い込みよりこれからに役立つような情報がいいと思いませんか?

常識を疑う

私たちの多くは、日常生活を営んでいく上で”常識”を信じて生きているものです。

例えば、挨拶するのもそうですし、なにかお礼を伝えるのも常識ですよね。

そのような常識とは別に、「この年齢になったら」「このタイプの人は」”できない””なることができない”なんていう常識が出来ていることがあります。

例えば、体育会系の大学に進学するのは明るくて人付き合いがよい人だ、なんて思っていませんか?

そのような常識といわれているような情報をきくことで、本当は体育大学で学びたかったけれどもそれを諦めたという人もいるんです。

ずばり「自分の性質はそこにあっていないから」なんですよね。

でも本当になりたいのであれば、そんなの気にしなくていいんです。

そんなことをいっているような世間一般の意見は気にしないんです。

だって、その人たちはあなたの夢が叶わなかった、そして将来になったときに「あの時チャレンジできなかったのはあの人のせいだ」なんていって、その人があなたを過去に戻してくれるのでしょうか。

戻してくれないですよね。

戻してくれるどころかあざ笑われてしまうでしょう。

自分の常識は自分で決めてください。

あなたが”当たり前”だと感じていることであってもその当たり前は、他人にとっては当たり前ではないことなんてよくあること。

だからこそ、いつでも常識を疑わなくちゃいけないんですよね。

あなたは、大多数の波にのまれていませんか?

そのほうが安心かもしれませんが、たったそれだけのことで自分を諦めるのでしょうか。

人生は一度きりです。

ゲームのように人生を巻き戻せないということを忘れないで下さい。

2.常に行動することを心がける


また、どんなときでも”行動すること”をおこなってください。

行動というのは、あなたがなりたい自分になるためにどのようにしていけばいいのか…に関することになります。

行動しなければ人生そのものを前に進めることが出来ません。

要するにステップアップできないんです。

”棚ぼた式の幸運”なんてものがありますが、それを待ち続けるよりは自分でつかみに行ってしまったほうがいいんです。

あなたは、日ごろから行動できていませんか?

明日やればいいや、とかやる気が出たらやろうなんて考えていませんか。

それってやすやすと自ら喜んでチャンスを逃しているのと同じことなんです。

それでいいのでしょうか?

できればすぐにでも”なりたい自分”になりたいのではありませんか?

だったら、まずは何をやるべきなのかをはっきりとさせ、それに向けて行動しましょう。

走り続ける

常に行動するということは、走り続けるということになります。

こんなことを伝えると少し誤解をしてしまう方もいらっしゃるかもしれないですね。

例えば、本当に外をランニングしなければいけないのか、ということです。

そういうことを言っているのではありません。

ずばり、”行動し続けなさい”ということになります。

でも、実際に走る前にこの道に進んでいいのか?

この選択肢であっているのか・・・などなど色々なことで悩んでしまいますよね。

それでもいいんです。

悩んで悩んで、そこに時間を割いた後に実際に走り出すのでは遅すぎる可能性があります。

いや、遅すぎるということはないんですが、「もっと早くスタートをきっておけばよかった」と思うのは確実なんです。

”走りながら考える”クセをつけるようにしましょう。

大丈夫、走りながら考えることは誰にでもできるもの。

行動しながら、次はなにをしたらなりたい自分に近づけるのかを考えるだけでいいの!なりたい自分像がはっきりしていればいるほどに、それは簡単のはずです。

また、走り続けることによってよりいっそう自分のなりたい自分像がはっきりしてくるというメリットもあります。

人生最大の失敗はやらないこと

あなたは「失敗してしまうならやらないほうがマシだ」なんて考えていませんか?それこそ大間違いです。

人生は、一度きりです。

なにを当たり前のことこの人はいっているんだ、と思われるかもしれません。

だからこそ、たった1度の人生だからこそ失敗をしてでもやるべきなんです。

それにのちのち「あの時やっておけばよかった」「少しだけでも手を出しておくべくだった」と思うようになるものです。

それは、今アナタがどんなに「そんな気持ちになるはずがない」と思っていても思うようになる気持ちです。

また、エジソンはいいましたよね。

「私は失敗しているんじゃなくて、成功するためのヒントを得ている」というような言葉を聞いたことがありませんか?

そう。

そもそもあなたが失敗と捉えていることは失敗ではないんですよね。

成功するために次にトライするときに気をつけること、ただそれだけなんです。

でもその物事に挑戦することがなかったら、失敗もできずに今の自分になにが足りないのかさえ分かっていなかったはず。

要するにトライするからこそ、次の課題が見えてくるというわけなんです。

3.妄想力を高めてなりたい自分になる

あなたは、なりたい自分像を持っているんですよね!

その自分がどんなことをして、どんなものを食べて、どんなところにいって、どんな人たちと付き合って…なんてそこまで考えていますか?

さきほどもお伝えしましたが、人間というのは不思議なことに細かく想像できたことほど急ピッチでそれを実現していきます。

だからこそ、妄想力を高めてなりたい自分をどんどん思い描いてしまいましょう♪

「妄想なんてはしたない」なんて思われるかもしれませんね。

しかし、そんなことありません♪

妄想すればするほどにあなたがなりたい自分になるスピードはどんどん速まると考えてください。

それもとにかく細かいところまで妄想するようにしましょう。

紙に書いてみる

妄想するだけでもいいのですが、せっかく思い描いたのに少し忘れてしまう・・・なんていうこともありますよね。

それにいちいち想像するのが嫌だなぁなんていう方もいるかもしれません。

そのような方におすすめなのが妄想した自分を「紙に書く」ということです♪

なんでもいいです。

具体的ではなくても「あのお店に通うようになる」とか「あのコスメを使っている」とかそんなんでいいんです♪

どんな小さいことでも箇条書きにするなり、イラストにするなりして書いておきましょう!そしてそのメモは必ず持ち歩いて、いつでも見れるようにしておくこと。

今ではスマホに簡単にメモすることができますが、できる限りあなたの手を使って紙に書くようにして。

そうすることでよりいっそう脳内にインプットされ、あなたはそのなりたい自分にどんどん近づけるからです。

4.いつもと違う行動をしてみる

あなたは、いつも同じような生活パターンを送っていませんか?

例えば、朝おきて着替えて朝ごはんを食べて、いつもの時刻の電車にのって会社に行く。

帰りもだいたい同じ時刻の電車にのって、いつものスーパーで買出しをして帰る。

たしかにそのようにルーティンが決まっていると時間も短縮できるのでいいですよね。

しかし、今の状況から抜け出して新しい自分になるためには”刺激”が必要になります。

かといって、すぐにでも外国にいけ、とか習い事をしろ、といっているのではありません。

どんなに小さなことでもいいのでいつもとは違う行動をしてみてほしいのです。

例えば、朝いつも同じ時刻の電車にのっているのであれば、その時刻よりも1時間前の電車にのって会社近くのカフェで朝ごはんをとる。

帰りは、自分の駅よりも少し前の駅におりてまったり歩きながら素敵なお店をさがす。

なんて、すぐにできることは必ずあるはずです。

また、休日にいつも家にいるという方は、少し遠出をしてみるのもいいかもしれませんね!

いつもとは違う景色をみるだけで、まったくこれまでとは違う新鮮な気持ちになれるもの。

今日からでも実践してください。

5.自分の好きな人、憧れの真似をしてみる

あなたには、好きな人や憧れの人っていますか?

きっとなりたい自分像を持っている人のほとんどがそのような人がいる方だと思います。

なりたい自分像を想像することができていても、なかなかそこにたどりつくことができない・・・自信がない・・という方は、そんな憧れの人をマネしてみてください!

仕草、話し方、服装、髪型、メイク・・などなど色々とマネするところはありますよね。

そうするとあたかも自分がその人になれたかのような気持ちになれちゃうんですよね。

その結果、知らないうちに自分もその人の要素をとりいれた自信のある自分になれるものです。

6.苦手なことにチャレンジしてみる

苦手なことは誰もが避けてしまいがち。

でもね、避けていれば避けるほどにその苦手なものってどんどん大きくなって、最終的にあなたに災難となって訪れるだけなんです。

だからこそ、苦手なことに立ち向かいましょう。

取り組みましょう。

そうすることであなたの脳は”刺激”を感じます。

まぁ嫌なことに取り組んでいるのですから当たり前ですが、それ以前にこれまでに自分が取り組んだことがなかったことに手を出しているので「どうするべきなのか」「何をしたら解決するのか」なんて猛スピードで脳が計算しだすんです。

苦手なことを克服できる頃には、きっとあなたの精神面も一歩成長しているはずです。

7.思考を常にポジティブに変える

いつでもネガティブに考えてしまうクセがついているという方は、そのクセを改善していきましょう!

また、少しでもネガティブな考えが浮かびやすいなぁと自覚している方も同じです。

そのように少しでもネガティブな気持が出てしまうと「自分はなりたい自分にはなれないのではないか」なんて未来への自分に対してまで自信がなくなってしまいますよね。

そんな少しの気持ちのせいでせっかく前に進んでいるのをジャマされたらたまったもんじゃありません。

それに私たちは考えている”要素”で出来ています。

幸せなことを考えている人は、幸せそうなオーラをだしているし、いつも不幸なことを考えている人というのはいつでも不幸なオーラをだしているんですよね。

不幸なオーラを出している人に誰が近づこうと思うでしょうか?

だまそうとしている人などさらに不幸を与えるような人しかいないはず。

そうならないように、自らよいものを寄せ付けるためにもポジティブシンキングでいましょう!

ポジティブでいれば、大半のことは解決します。

【ポジティブになるための思考方法は、こちらの記事もチェック!】

8.成功の鍵は習慣化すること

さきほど”行動”を心がけてほしい、とお伝えしましたね。

その行動すること、そしてなりたい自分になるためにすべきことをあなたの生活のなかに組み込んでしまってください。

それこそがあなたがなりたい自分になるということの絶対的な”鍵”となります。

1日やるだけではだめなんです。

毎日続けるんです。

それもなりたい自分になるまでずっと。

”ずっと”というとしんどく思うかもしれませんが、なりたい自分に近づくにつれてそれをやらなきゃやってらんない!

くらいの心理になるのでご心配なく。

1日10分でもいいので習慣にする

1日に何時間もそのすべきことをやれ、といっているわけでもありません。

どんなにすくなくてもいいんです。

例えば、通勤時間の電車の10分を使うとか朝起きてすぐの10分を使うなんていうのもいいんですよ!

何時間も時間をとらなきゃ、と思うと心が重いですよね。

「1日10分だけ」と考えて習慣化を目指してください。

9.目の前にあることから真剣に取り組む

なりたい自分像が今の自分とはかけ離れているという方もいるはず。

そうすると、今やっていることをほっぽりなげだしてまでもなりたい自分になるための行動を始めたくなってしまうものです。

しかし、そのように今やっていることをほっぽりなげてもあなたは中途半端な気持ちなので、なりたい自分になるための行動を心から楽しむことが出来ません。

それにいつでも「これでいいのかな」という不安がつきまとうことになります。

そうしないためにも、目の前にあることから着実に片付けていきましょう。

そうすると不思議なことになりたい自分像になるためのヒントがわかるようになります。

10.今やっていることの意味を考える

あなたは今やっていることの意味を考えて行動していますか?

何も意味ももたずに行動していると、その行動がお粗末になってしまうことが多々あります。

それは”重要度””価値”を理解していないから。

その価値を理解することからはじめてください。

どうして今これをしているのか?これは何の役に立つのか?

それをはっきりさせることができれば、行動に対する姿勢までも変わってくるはずです。

11.優先順位を変える

やるべきことがたくさん出てくるとどうしても簡単なものから終わらせたいとか、めんどうなことは後回しにしたいという気持ちがでてくるものです。

しかし、「先にやるべきこと」というのをしっかり割り出してから行動するようにしてください。

なりたい自分がもしも”会計士”などでれば、勉強することが最重要項目ですよね。

それなのに人脈つくりとかいって数々のパーティに参加するなんてしていたら時間のムダ。

あなたは今なにを1番にすべきなのか、逆算方式でしっかり考えて生きましょう。

12.やめたくなった時が自分の試練だと考える

なりたい自分に近づいているはずなのに、とても苦しく感じてしまうことがあるものです。

壁にぶちあたったときですね。

しかし、それって神様が「アナタ本気デスカ?」といっているだけ。

最終審査をされているようなものなんです。

それにそこまでたどり着くことが出来たということだけでもすばらしいことなんです!

だからこそ、そのやめたくなったときだけでも自分の試練のときだと考えるようにしてください。

試練はのりこえたら、必ずあなたのモノになります。

13.試練を作って、乗り越える

もしかしたら試練がないなぁと感じることもあるでしょう。

そんなときは、自ら試練を作ってください。

例えば、なにかの国家試験をクリアするのが目標であるならば、国家試験前の模擬試験に受けるようにするとか色々とすることができますよね!

その自分で作った試練に乗り越えるだけでもあなたの力になるのは間違いありません。

繰り返しやって、自分の経験にする

そのように試練を作って乗り越える・・・という行動を繰り返しするようにしましょう。

そうすると次第に自分の経験となり、そしてあなたの自信につながっていきます。

経験から出来た自信というものほどゆるぎないものはありません。

14.なりたい自分を諦めない

どんなときでもどんな試練が訪れても、誰かに批判されたとしてもなりたい自分を決して諦めないで下さい。

諦めずに行動し、そしてチャレンジしていれば必ずなりたい自分になることができるんです。

「なりたい自分になんてなれるわけがない」といっている人のほとんどは、それを諦めてしまったり、そもそも挑戦していない人たちなのですから。

【諦めない心を作るためのには、こちらの記事もチェック!】

まとめ

今回は、なりたい自分になるための方法をご紹介してきました。

あなたも諦めずに毎日行動し、そして失敗してもまたチャレンジし続ければ必ずあなたの思いえがいている自分像になることができるんです。

周りにそれをかなえた人がいないのであれば、あなたが”第1号”になればいいだけの話し。

ぎゃふんといわせてやりましょう!