『優』には「優しい」という意味があり、『柔』には「柔らかい」という意味があります。

『優柔』には、「気が弱い」、「ハキハキしない」という意味があります。

『不断』には「断れない」、「断てない」、「切り捨てることができない」という意味があります。

両者の言い分を汲み取ろうとする心優しい人は、一方の考えを切り捨てることが出来ないため決断が出来ずに、優柔不断な人として観られてしまいます。

二者択一ではなく、両者にとって最適な道を探る姿勢は、優柔不断が持っている1つの面と言えます。

一方、優柔不断は、良くない意味として使われることが多いです。

また、優柔不断には、自己保身のための責任逃れの手段としての面をもっています。

自分の考えや行動に自信をもてない人は、決断せずに曖昧な態度で『お茶を濁して』責任逃れをすることを繰り返します。

また、自己中心的で自分本位な人は、周りの人との人間関係の中で優位なポジションを確保するために、カメレオンのように状況に応じて言動を変えます。

優柔不断には「気が弱く決断力に乏しいこと」、「ぐずぐずして物事の決断が鈍い」の意味があります。

周りの状況に応じて意見や振る舞いをコロコロ変えるところは優柔不断な人の特徴です。

日々の生活の中で起きる物事には、選択を迫られ決断しなければならない場面が多々あります。

決断によっては、人生を大きく左右する大切な物事もあります。

大切な場面で優柔不断な態度をとる人は、決断結果の責任を負いたくないという『逃げ』の心理状態を表しています。

優柔不断な人は一見、優しそうな雰囲気を持ち合わせているように観えることがあります。

しかし、当人の内心は自分の立場を守ることで頭の中がイッパイになっていて、周りの人を利用することまで考えていますので、優柔不断な態度をとる人とは距離を置く必要があります。

優柔不断な人の判断結果で物事が好転しないときに、周りの人が責任を負わされることがあります。

優柔不断な人は自分を守るための自己保身を第一に考えます。

また、優柔不断の意味するところは、決断力の無さです。

決断力には、「自分自身の判断・責任で決める能力」、「ハッキリ決める能力」という意味があります。

決断力の『断』には、切り捨てるという意味があります。

決断力は、二者択一の考えが元になっていて、一方を切り捨てて残った一方を採り入れるという意味になります。

世間の様々な物事には、二者択一で一方を切り捨てることが難しい場面が多々あります。

優柔不断は、良い意味として使われますし、良くない意味としても使われます。

優柔不断は、二者択一や物事に白黒をつける目的のために使われることが多いと言えます。

物事を金銭感覚の損得勘定で割り切る人は、自分の得にならないものは躊躇せずに切り捨てますので、優柔不断になることはありません。

一方、物事を損得勘定では判断せずに、本質を観て判断することのできる人は、安易に一方を切り捨てることをしませんで、優柔不断な人として観られることがあります。

優柔不断ってどういうこと?

優柔不断な人は、自己保身を第一に考える人です。

優柔不断の『不断』とは、決断できないことを意味しています。

日々の仕事や私生活に於いて解決しなければならない課題に真摯に向き合わずに優柔不断な振る舞いをする人は、責任逃れをする人です。

自分の判断に誤りがあったときの責任を負いたくないと考えている自己保身な人は、優柔不断な態度で決断せずに逃げ回ります。

また、今まで歩んできた人生経験の中で自分に自信が持てない人は、決断を求められる場面でも曖昧にしながら逃げ回る行動をとります。

優柔不断の『優柔』は優しく弱いという意味があり、『不断』は、決断力に乏しいという意味があります。

優柔不断の意味が示す通り、優しい心を持ちつつ弱々しい面があるため、決断できない人を指しているのです。

あなたが女性なら、優柔不断な男性を彼氏にすると、大切な場面では決断せずに曖昧にしますので、振り回されないように距離をおく必要があります。

また、物事が思う様に進まない時には、あなたに責任を負わせる自己保身な面を持ち合わせていますので、彼氏には心を許さないことが肝心です。

一方、優柔不断ではない男性には決断力があります。

ですから、自身が決断した結果により物事が良い方に展開しないときは全責任を負う覚悟ができていて『腰が据わった』人と言えますので、信頼を寄せることができます。

優柔不断な人…などと使われる

人を評するコトバは沢山ありますが、優柔不断というコトバは、良い意味で使われることは殆んどありません。

優柔不断が意味する、決断力の乏しい人は、周りの人から信頼されることはありません。

日々直面する課題を乗り越えるためには、進む方向を決める決断力が様々な場面で求められます。

人生を歩み続けることは、決断の繰り返しと言っても過言ではありません。

目の前に立ちはだかる課題に真摯に向き合い、「善かれ」と判断したことが物事の好転に結び付かないこともあります。

このようなとき、自己責任の意思をもっている人は、責任の所在が自分にあることを率直に認めることができます。

しかし、優柔不断な人は自己保身のために責任逃れの口実を主張することが少なくありません。

優柔不断な人は、今まで歩んできた人生の中で直面した課題に真摯に向き合わずに逃げ道を探すことに奔走することを繰り返してきたため、自分に自信が持てず決断できない心理状態に陥っているのです。

あなたは将来の人生をステージアップさせたいと考えているなら、日々の課題に真摯に向き合い決断を繰り返していくことが大切です。

決断を繰り返していくことで結果の良否に関わらず、物事の本質を観抜く観察眼が備わり、あなたの周りの物事が好転し始めて、人生が拓けていくことを実感できるようになります。

優柔不断の意味

優柔不断の『優』は、優しいという意味があり、『柔』には、柔らかい、弱いという意味があります。

『不断』は、決断力の乏しさを意味します。

優柔不断は、優しい心を持ちつつ自信のない弱々しい面があり、決断できない様子を表しています。

自信の無さから決断できない人は、責任をもつことを避ける『逃げ』の人生を過ごしてきことを物語っています。

優柔不断な人が持ち合わせていない決断力は、一朝一夕で身につくものではありません。

『不断』には、断てないという意味があります。

数ある中から一つを選択するために他を切り捨てることの出来ない様子を指します。

切り捨てることのできない人は『優柔』の意味が示す通り、優しい心を持っているため、切り捨てられることで困る人の立場を考えるあまり、決断ができない状況に陥るのです。

優柔不断な人には2つのタイプがあり、優しい心のため、他の人を切り捨てることの出来ない人です。

もう1つは、自分の考えに自信を持てないため曖昧にして、責任逃れをする人です。

優柔不断な人を目の前にしたときは、その人の人柄を見極めることが大切です。

あなたが女性なら、彼氏が優しい人柄なのか、自信がなく責任逃れをするタイプかを冷静に見極めて、時には、自分を守るために距離感を保つ関係にする必要があります。

彼氏が自信欠落のタイプなら、あなたに決断を迫ってくることがありますので、責任転嫁をされないように距離感を保ちながら、あなた自身を守っていきましょう。

一見優しそうな優柔不断の男性は『根無し草』のように移り気し易いですから、男性のペースに振り回されないように付き合うことが大切です。

物事に対する決断が遅い

優柔不断な人は、自分に自信が持てないため、決断しなければならない状況にありながら躊躇することが多いです。

今まで歩んできた人生の中で、目の前の課題に直面した時に真摯に向き合わずに逃げ道を探すことを繰り返してきた人には自信が備わることはありません。

目の前の物事に真正面から向き合わない人は、物事に対する決断が遅いです。

一方、物事への決断が適時にタイミング良く出来る人は、今まで歩んできた人生の中で日々起きる課題に真摯に向き合い決断しながら乗り越えてきた人です。

決断してきた経験の積み重ねがバックボーンとなりますので、躊躇することなく早い決断ができます。

ぐずぐずしている様子


今の時代の中で、『優柔不断』というコトバは、男性の人柄を表現する代名詞と言えます。

女性よりも男性の方が圧倒的に優柔不断な人が多いと言えます。

男性の中でも、責任逃れをする人、自分に自信が持てない人、自分本位な人、自己中心的な人は、ぐずぐずした様子で周りの人を困らせます。

あなたが女性なら、物事を決めなければならない時に、彼氏がぐずぐずしている様子を見せるなら親密な関係は避けて距離をおきましょう。

優柔不断な男性は、物事が思うように進まないときは、身近な人に責任を被せようとします。

責任逃れが得意なところが優柔不断な男性の特徴です。

日々の生活の中で直面する課題に真摯に向き合わずに逃げ道を探すことを繰り返してきた男性は、物事を決断することが出来ずにぐずぐずした様子を見せて結論を先延ばしにしますので、安易に信頼することは避けましょう。

また、優柔不断な男性は一見優しそうな印象を与え、何でも許してくれる心の広さもっている印象を与えます。

しかし、冷静に観察すると、優しそうに観えるのは、自分の考えをシッカリ持っていないため、相手の考えに合わせている姿なのです。

また、何でも許してくれる印象を与えるのは、相手の身になって真剣に考えることをせずに、相手のことに無関心になっている姿ともいえます。

心が広いと思わせる姿は、周りの人の考えに任せている無責任の表れに過ぎません。

あなたが女性なら彼氏と食事に行ったときに彼氏がメニューを決められずにぐずぐずしている姿を見て食欲がなくなり食事の楽しさを台無しにされた経験があることでしょう。

決断力のない人のことを指す

優柔不断の『不断』には、『断てない』という意味があり、『断てない』とは、決断力が無いことを意味します。

『優柔』には、優しい、柔らかいという意味があり、二者択一の場面で一方を選択するために他方を切り捨てることが出来ない心の優しさ、柔らかさを意味しています。

人生を歩む中で直面する物事によっては、多くの候補から1つを選択する決断をしなければならない時があります。

1つを選択するためには、他を切り捨てなければなりません。

心の優しい人は、他を切り捨てることが出来ずに迷うため、決断力のない人として観られるのです。

また一方、決断した結果の責任を負いたくないと考える人は、敢えて決断力のない振る舞いをして責任逃れをします。

その人の性格を表している

『優柔不断』は、人の性格を表すコトバのひとつです。

コトバの持つ意味のとおり、ハッキリと決めることのできない人を指します。

あなたが女性なら、優柔不断な彼氏と旅行に行く計画を立てた時、彼氏が行き先を決められずに迷い続ける姿を見せつけられて、旅行に行く楽しさが失せてしまった経験をしたことがあるでしょう。

日常の些細なことであっても、決めることの出来ない優柔不断な男性は少なくありません。

優柔不断な性格は、本人が今まで歩んできた人生の中で創られます。

物事を決めなければならない場面でハッキリと意思表示せずに曖昧で中途半端な態度をする人は優柔不断といえます。

優柔不断な彼氏は、時には『君に任せるよ』と言ったりします。

また、優柔不断な性格は、親の過保護によって創られることも少なくありません。

優柔不断な性格の持ち主は子供時代の時期を、親の言いなりになって育てられた経験の持ち主であることも少なくありません。

子供時代を振り返ると、着る服をお店で選ぶときやファミリーレストランで食事のメニューを選ぶ時も、自分で決めずに親の決めたものに従う受け身の生活で育ってきた人は、自分で決めることの出来ない優柔不断な性格の持ち主になってしまいます。

また、高校や大学へ進学する際にも、自分では決めることができずに親が決めた学校に進学するケースもあります。

優柔不断な振る舞いをする人は、自信がもてずに決断できない性格を表しています。

彼氏が優柔不断な性格なら、決断すべき場面でも決めることが出来ずに曖昧にすることで、あなたに責任を負わせることがありますので、距離をおいた関係を保つことが大切です。

優柔不断になってしまう心理

優柔不断になってしまう主な原因として心理状態が関係しています。

今まで歩んできた人生の中で直面した物事に自分の判断で乗り越えてきた経験を持たない人は、自分の考えの良否を判断できないため、自信が欠乏する心理状態に陥ってしまいます。

責任を負いたくない


日々の生活の中で、目の前の課題に直面し決断を迫られたとき、決断の良否によっては、責任を負わされる場面が多々あります。

自分の考えで決断できる人は、直面した課題に真摯に向き合い、決断結果の責任の所在は自分自身にあることを決意できている人です。

しかし一方、決断結果の責任を負いたくないと考える人は、優柔不断な態度で決断せずに曖昧な言動をして責任逃れをします。

自己保身を第一に考える人は、責任を負いたくないために、決断しなければならない場面では逃げ道を探すことに奔走します。

欲張ってしまう

日々起きる出来事には、自分の決断結果によっては、自分のもとを去っていく人が出ることがあります。

八方美人的に振る舞う人は、誰からも好かれたいと欲張った考えをもっています。

自分から離れていく人をつくらないようにするために、自分の考えをハッキリと表現することを避けて、曖昧な言動をします。

曖昧にすることで、皆から好かれようとするのです。

しかし、周りの人に好かれたいと欲張ってしまい曖昧な言動をすることは、離れていく人をつくらない反面、誰からも信頼されない結果を招くことになります。

後悔したくない

人生を歩んでいく過程では、数ある選択肢の中から1つを選択する決断を迫られることが少なくありません。

自分の考えで決断した結果で良い方に進展することもありますし、良くない結果に至ることもあります。

良くない結果に至った時は後悔するものです。

しかし、決断することから逃げて曖昧にしたまま放置することで良くない状況を招いた時は、決断をしなかったことに大きく後悔することになります。

自分が決断した結果で良くない方へ進むことがあっても、決断せずに曖昧にしたことで良くない結果を招いた時の方が大きな後悔の念を抱くことになります。

直面する物事への決断を避ける行為は、大きな後悔を生むことになります。

人生で後悔をしないために自分の考えで決断することで、結果の良否に関わらず納得できる心境に至ることができます。

人の目を気にしすぎる

優柔不断な人は自分に自信を持てないために職場などで、周りの人から『浮かないように』することを特に気にする傾向が強いと言えます。

周りの人との考えや意見の食い違いが生じることを極端に気にするため、自分の考えや意見をハッキリと表さずに曖昧な態度を見せることがあります。

自分の意見をハッキリと表すことで周りの人との意見の食い違いが生じて自分が『浮いてしまう』ことが起きないように、いつも周りの人の目を気にし過ぎる傾向があります。

人の目を気にしすぎる余り、曖昧な言動を繰り返して、優柔不断な人として観られることになります。

完璧にしようとする

自分の立場を守ることを第一に考える自己保身の強い人は、職場などで周りの人から批判され疎外されないようにするために、物事を完璧にやり遂げようとします。

完璧な姿を見せようとすることに強い拘りを持ち、欠点を見せないように振る舞う傾向が強くなります。

周りの人に欠点を見せまいとして、自分の考えや意見をハッキリと表現することを控えるようになります。

自分の考えをハッキリと表現することで欠点が露呈することを避けるために、自分の考えを曖昧にする優柔不断な態度を見せるようになります。

完璧に拘る人は、自分の欠点を隠すための『隠れミノ』として、優柔不断な態度で自分の本心を隠そうとします。

選択に自信が持てない

人は人生を歩む過程で起きる大切な局面で選択を迫られることがあります。

数ある中から最良の1つを選択しなければならない出来事に直面した時、決断する自信が持てずに曖昧な態度を見せて、逃げ道を探すことに奔走する人は優柔不断な人です。

難しい物事の中から、最良な1つを選択する立場に立たされた時、その人が今まで歩んできた人生にどう向き合ってきたかが問われることになります。

今まで歩んできた人生の中で直面した物事に真摯に向き合い決断と選択の経験を積み重ねてきた人は、自分の選択に自信をもつことができます。

しかし、今までの人生の中で直面した物事に向き合わずに逃げることに専念してきた人は、決断した経験がないため、選択することに自信が持てずに狼狽えることになります。

失敗するのが怖い

人生は日々の経験の積み重ねで築かれていきます。

様々な経験の中には成功体験があり失敗体験もあります。

失敗体験をあまり気にしないプラス思考の人は、積極的に物事を進めていきますので自信が備わってきます。

しかし一方、失敗体験を強く気にするマイナス思考の人は、失敗を恐れて消極的になっていきます。

自分が決断した結果で失敗するのが怖いという消極的な考えを抱く人は、責任逃れのために曖昧な態度を見せて、決断することを避けようとします。

自分の決断に自信を持てない人は、失敗した時に負う責任の怖さから逃れるために、曖昧な言動を見せるのです。

心配性で不安になりがち

優柔不断な人の中には自信を喪失し、心配性で不安になりがちな人が少なくありません。

日々の生活の中で決断を迫られる場面が思い浮かぶと、自信の無さから心配になり不安に包まれた心境に陥ることがあります。

心配性で不安になりがちな面を周りの人に気付かれないようにするために、優柔不断な態度を『隠れミノ』にすることがあります。

優柔不断な人の特徴

優柔不断な人の特徴にも色々なタイプがあります。

自己中心的で自分本位なタイプや自信の無さを隠し通そうとするタイプ、責任を負わないように逃げることを繰り返すタイプなど様々です。

色々なタイプに共通するのは、ネガティブ思考の傾向があり、物事に積極的に立ち向かうことをせずに、消極的な言動が目立つところです。

優柔不断な人は自信が持てないため、物事をネガティブ思考で捉える消極的な面をもっています。

優柔不断で消極的な人は、日々の生活の中で物事が思い通りに進まないと、過ぎ去った過去の出来事を振り返り、いつまでも引きずり、自分を責め続けてウツ状態に陥ることがあります。

一方、物事への決断力が備わっている人は、プラス思考で物事に積極的に立ち向かうため、優柔不断な態度を見せることはありません。

ネガティヴ思考

ネガティブ思考の人は、直面した物事に立ち向かう前にマイナス的なことを考え過ぎて結論を出せずに、結局は行動に移ることが出来ずに足踏みすることが多々あります。

物事をネガティブに捉える人は、物事が思うように進まなかった時のことを考え過ぎて、堂々巡りに陥ってしまいます。

考えることに終始して決断することができずに行動に移ることが出来ないため、周りの人から観ると優柔不断な人として映ります。

あなたが女性で、ネガティブ思考の彼氏がいるなら、優柔不断さに振り回されないようにしましょう。

ネガティブ思考の彼氏は、決断が苦手なため、物事をスムーズに進めることが出来ません。

このため、物事を進展させる最適なタイミングを逃すことがありますので、心を許して頼ることは控えましょう。

自分に自信がない

自分を信頼できない人は、自分に自信を持てない人です。

自分に自信を持てない人は、周りの人から自信の無さを気づかれないようにするため、優柔不断な態度を『隠れミノ』にします。

自分に自信がない人は、決断しなければならない出来事に直面しても、曖昧にしたまま逃げ道を探します。

今まで歩んできた人生の中で、直面する物事から逃げずに向き合い乗り越えてきた人には自信が備わり、決断力を発揮します。

しかし、真摯に向き合わずに、人生を安易に捉えて過ごしてきた人には、自信が育っていないため、大切な物事に直面しても決断することが出来ません。

過去をよく振り返る

優柔不断なネガティブ思考の人は、積極的に物事を進めることを苦手とする傾向があります。

自分に自信が持てないため、過ぎ去った日々の自分の言動に欠点が有るのではと気になり振り返ることが多くなります。

自信の無さから足踏み状態に陥り、前に進むことができません。

過去の出来事を振り返り考えすぎて、前に進むための行動を起こすことが出来なくなります。

一方、自分に自信を持っている人は、前に進むことだけを考えているため、過去を振り返ることはしません。

失敗や後悔を引きずる

優柔不断な人は、成功経験が少なく失敗が目立つため、周りの人から信頼されることが少ないです。

失敗や後悔を引きずり、気にし過ぎるあまり、後悔の念に心が包まれて次第に自信を失っていきます。

自信を失うと過去の失敗した出来事が甦り、後悔の念が膨らんできます。

失敗をする度に後悔を引きずり、『二度と失敗しない』と自分に言い聞かせることが多くなります。

優柔不断な人は、自分の考えや判断に自信が持てないため、過去の失敗や後悔をいつまでも引きずってしまいます。

多角的に考える

優柔不断の『優』には、優しいという意味がありますので、優柔不断な人は優しい面もあります。

優しい心の持ち主は、周りの様々な人の考えに広く心配りをするため、多角的な心配りができる人として観られることがあります。

物事を多角的に観ることができるため、安易な決断をせずに、熟考した結果でなければ決断できない心理状態に陥ります。

周りの人は、決断できない姿を観て、優柔不断な人として観てしまいます。

また、『不断』は、切り捨てることが出来ない様を意味しています。

例えば、優しい心の持ち主が二者択一を迫られたとき、両者の言い分に心をめぐらせる多角的な視点に立つことで、安易に一方を切り捨てる択一ができない『不断』の心境になってしまいます。

『不断』の心境は、周りの人から観ると、決断できない優柔不断な人として映るのです。

「でも」「やっぱり」が口癖

優柔不断な人は、キッパリと割り切って決断することが苦手です。

ですから、一度決めたことであっても「でも」とか「やっぱり」というコトバが口癖になり、決めたことを覆そうとします。

ですから、周りの人には、煮え切らない人、拘りの強い人、曖昧な人という印象を与えてしまいます。

自分を取り巻く色々な人の考えが気になり、1つに絞って決める決断ができずに迷いの状況に陥ってしまいます。

迷いの心境は、「でも」とか「やっぱり」というコトバになって表われてきます。

決断できない人には、いつも『迷い』が付きまといますので、「でも」や「やっぱり」が口癖となって出てきます。

クヨクヨ落ち込みがち

仕事の場面などで、決断しなければならない状況に直面したとき、躊躇して決められない自分の姿を省みて『情けなさ』が込み上げ、クヨクヨと落ち込んでしまうことがあります。

優柔不断な人は、自分自身の決断力の無さに、もどかしさを感じて落ち込みがちになることが少なくありません。

優柔不断な人は、日頃から『優柔不断な自分』を払拭したいと常に考えています。

払拭するキッカケをつかめないまま時間が流れていくことで、クヨクヨ落ち込みがちになることがあります。

色んな人の意見を聞く

優柔不断な人は、自分の考えに自信が持てないため、決断できないことが多々あります。

優柔不断な人の中には、自分で決められないときに、周りの人から助言をもらうために色んな人の意見を聞くことを心掛ける人がいます。

色んな人の意見を聞くことで、決断するための参考にすることができます。

しかし一方、色んな人の意見を聞くことで責任逃れの手段とすることがあります。

決断した根拠を求められたとき、『あの人が言っていたから』と言い、助言をしてくれた人に責任を負わせることをする優柔不断な人がいます。

あなたが、優柔不断な人から助言を求められたときは、1つに絞るような明言は避けて、幾つかの選択肢を示して、本人に選択させましょう。

優柔不断な本人に選択させることで、自己責任の認識をもってもらうことが大切です。

あなたが女性なら、優柔不断で煮え切らない彼氏から相談を受けたときは、あなたの考えを明言することは避けましょう。

幾つかの考えを選択しとして複数提案し、彼氏に選ばせるようにしましょう。

彼氏に選ばせることで、あなたに責任転嫁されないように『防衛線』を張りましょう。

2択でも迷う

優柔不断な人は、今まで歩んできた人生の中で、数ある候補の中から択一する経験を積んでいないため、2択を迫られる場面でも決断できずに、曖昧な態度を見せてしまいます。

あなたの彼氏が、2択でも迷う人なら、深い関係にならないように距離をおきましょう。

2択でも迷う男性は、物事をハッキリと決めることができませんので、曖昧な思わせぶりな態度をとることがあります。

男性が思わせぶりな態度を見せることで、女性に期待感を抱かせることがあります。

優柔不断な男性は、ハッキリとした明言を避けて曖昧な言動を多用します。

曖昧な言動は、受け取る女性側の考え方によっては期待感を抱かせ、結果として女性の心を傷つけることがあります。

2択でも迷う人は、確たる人生観を持たずに、その場の流れに合わせる『浮き草』、『根無し草』のような頼りなさを持っています。

あなたにとって身近に『浮き草』のような人が居るなら、難しい物事に直面した時にあなたが責任を負う立場に追い込まれることがありますので、『距離を置いた』関係を保つようにしましょう。

メニューを選ぶのに時間かかる

彼氏と食事に行った際に、メニューを選ぶのに時間が掛かり、楽しいハズの食事に『水を差された』経験をした女性は少なくないことでしょう。

メニューを選ぶのに時間のかかる人は、物事を決める際に自分で決めずに、人任せにする癖が染みついている人です。

メニューに限らず、日々の生活の中で選択しなければならない立場にありながら、決断せずに曖昧にする人は優柔不断な人です。

今の時代では、『優柔不断』というコトバは、男性を表わす代名詞のようになっていて、決断できない男性が多く見られます。

あなたが女性で、優柔不断な彼氏と人生を共にすることを考えているなら、彼氏の人柄や価値観を冷静に観直しましょう。

周りの人に気をつかう

優柔不断な人には、自己中心的な人が少なくありません。

自分自身が優柔不断な人間であることに気づいている人は、周りの人に迷惑を掛けていることを気にします。

ですから、事あるごとに周りの人に気を遣うことが習慣になっています。

自分に自信を持てない人は、『決める』行為が苦手なため、物事がスムーズに進まないことがあります。

優柔不断なことは、本人だけの問題ではなく、周りの人にも大きな影響を及ぼすことが少なくありません。

優柔不断な人の中には、決断せずに曖昧な態度をとることで他の人に迷惑をかけていることに気づいて、周りの人に気をつかうことがあります。

「なんでもいい」を多用する

優柔不断な人は、数ある中から1つを選択することが苦手な傾向があります。

人生の中で起きる様々な物事に正面から向き合い決断を積み重ねてきた人は、迷わずに決めることができますので、「なんでもいい」を多用することはありません。

また、目の前の物事に真剣に向き合い、最良な選択をするために知恵を絞ることを積み重ねてきた人は、「なんでもいい」というコトバを発することはありません。

しかし、優柔不断な人は、数ある中から1つに絞り込みすることが出来ずに「なんでもいい」を多用する傾向があります。

責任を負わないようにする手段として、「なんでもいい」を多用し、意志表示を曖昧にするところは、優柔不断な人の特徴の1つと言えます。

優柔不断はちょっと気にした方がいいかも

自己保身の強い人は、自分の立場を守るために明言を避けて優柔不断な態度を見せます。

自分の立場を守るために『敵』をつくらないように、決断することを避ける傾向があります。

例えば、二者択一の場面で一方を選択するために他方を切り捨てることがあります。

このとき、切り捨てられた人からの反感を受けることになり、決断することで、嫌われる立場に追い込まれることがあります。

優柔不断な人は、自分を守るために、決断することから逃げて、曖昧な態度をとります。

日々の仕事などで起きる物事に、正面から向き合わずに逃げ道を探すことを繰り返していると物事が進まずに解決できないことが山積します。

優柔不断な態度は、本人だけの問題ではなく周りの人へも大きな影響を及ぼすことになります。

ですから、周りの人への影響を省みて、優柔不断な態度から抜け出すことを気にして心がけることが大切です。

一方、仕事などの場面で決断を迫られた際に、自己責任の決意で的確に決断できる人は、周りの人からの信頼を集める立場になっていきます。

【優柔不断を改善する方法は、こちらの記事もチェック!】