フラゲ、所謂フライングゲットの言葉の略称ですが、この言葉が一般的に広く浸透したのは、国民的アイドルのAKB48の歌「フライングゲット」からではないかと言われています。

では、実際このフライングゲットに関して明確な意味を知っているかと言われましたら、実はわかって使っている人は少ないと思います。

主に情報通やオタクの中で使用されている言葉なのです。

また、フライングとゲットと言う英単語の組み合わせであって、外国語のように思えますが、実は和製英語ではないかと言われています。

実際、英語圏の国で使用されている場面は見たことがありません。

このように日本で生まれた日本独特の言葉と言っても過言ではありません。

もともと昔から流行りすたりがあった世の中で、誰よりも先に最新のものをゲットすることに価値を見いだしていた人たちがいて、一般の人からすると、自分たちよりも先にゲットしているからフライングだという感じに見られてきました。

それが、現代ではフライングしてまでゲットすることに価値を見いだしています。

中にはご自身は興味はないけど、流行を考えてフライングゲットする輩も出てきているので、時代を経過するごとにフラゲも一般層にしみついてきている感じになっています。

そこで今回こちらの記事ではこのフラゲに関していろいろと情報をまとめてみましたので、ぜひ、参考にしていただきましたらと思います。

もしかしたら既に意識していないところであなたもフラゲをしているかもしれませんよ。

フラゲをする方法もご紹介しますので、ぜひ、誰よりも先に最新のものをゲットしましょう。

フラゲとはなんのこと?

所謂フライングゲットの略称であって、誰よりも先にゲットをすることの意味に近いのですが、フライングの言葉がある通り、一般販売や世に出る前にゲットしていることを表します。

よく、昔、近所で誰よりも先に最新のゲームや本、などをゲットしている人がいたと思います。

これがフラゲです。

親や知人になんであの人はいつも早いのと聞いても、「特別だから」と言った感じに流されていたと思います。

つまり、フラゲできる人は特別だと言う認識が強くなってしまっている人が多いのです。

しかし、ここであえて言わせてもらいますが、フラゲできる人に特別な人はいません。

フラゲできる人はフラゲできる手段を持っているのです。

フラゲ出来ない人はその手段を知らないだけです。

手段と言っても、一般人には手の届かない手段なのではと思う方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。

どなたでもできる手段なのです。

例えば、わかりやすい例で言えば、飛行機などの搭乗の際には、マイルが溜まっている人などを先に搭乗させることがあります。

これを見るといいなと思う人は多いのですが、そもそもマイルが溜まる要因はその航空会社をいっぱい使用しているからであって、リピーターなのです。

よく、商売の世界ではリピーターが新規顧客を呼ぶと言われています。

つまり、このようにリピーターだから、大切に扱われているのです。

ただ、単にお金をいっぱい持っているから優先されているのではありません。

ほんのちょっと努力で、実はあなたもフラゲできるチャンスが世の中にはいっぱいあるのです。

それを特別だからといった感じにして流してしまうのは非常にもったいないです。

故にフラゲ出来る人を特別視することをまずは辞めましょう。

フラゲできる人は並大抵の努力を行っている人なのです。

フラゲの意味、フラゲする方法全部教えます

前文でも説明したようにフラゲはフライングゲットと言う言葉の略称であって、どなたよりも先に最新のものをゲットすることを表します。

おそらくこれまではフラゲ出来る人は、特別な人と思われている節がありますが、そんなことはありません。

実はどなたでもフラゲを出来るのです。

ただ、フラゲを出来る手段を持っていないだけです。

また、フラゲを出来る行動をしていないだけなのです。

つまり、手段や行動を分かればどなたでもフラゲができるようになるのです。

では、なぜその手段や行動を世の中に浸透をしていないのかと言いますと、それが世の中の全体に浸透していたらフラゲと言う言葉が生まれていないと思います。

要は、フラゲは誰よりも努力した人たちが手にできているのです。

フラゲをするために誰よりも行動をして、フラゲをできるように努めているのです。

そう聞くと、フラゲができるようになりたいと思う方は多いと思います。

こちらの記事ではその方法をお教えいたします。

公表していいのかと思う方はいらっしゃいますが、方法を知ってするかしないかはあなた次第です。

つまり、方法を知っていてもフラゲができない人もいるのです。

このような人のほとんどは努力することを嫌がる人、諦め体質な人が多いです。

このことからもフラゲ出来る人は努力家やアクティブな人が多いです。

フラゲの意味

フライングゲットの略称であり、誰よりも先に最新のものをゲットする意味であり、最近ではこのフラゲができるかどうかでその人の株が変わったりします。

また、フラゲができると言うことは、それなりに何かあるなと思っていろいろな人が寄ってきて、交流を広げることができます。

つまり、フラゲができると言うことは、自分が優位に立つだけでなく、より自分を高めることができるスキルでもあるのです。

そのため、オタクの人でも、今までは社会的に見て、下に見られていたのに、フラゲができることで、相手から見られる目線が変わったと言う方も多くいらっしゃいます。

何か最新のものをいち早くゲットするならそのオタクを見つけろとも言われるほどになりました。

情報社会と言われる世の中です。

つまり、フラゲができると言うことは、情報を誰よりも先にゲットしていることにもなるので、所謂、時代に乗った人である可能性が非常に高いのです。

フライングゲットの略

フラゲはフライングゲットの略称です。

フライングという、先駆けてしてしまうという意味のある言葉とゲットと言うもはや英語なのに日常的に使用されている言葉が組み合わさった和製英語なのです。

フライングと聞くと、不正スタートと言った感じのイメージが強いために、フライングという言葉を聞くと、良いイメージを持たないのです。

そのため、フラゲが出来ている人を見ると良いイメージを持たない人が実は結構いらっしゃるのです。

特に情報が行くのが遅い田舎などでは、フラゲをする人を良い目で見る傾向がありません。

あの人ばっかずるいと言った感じに見てしまい、やがて特別な人になってしまうのです。

特に村社会が激しい地域ではフラゲをする人を出しゃばった人というような感じに見て、排除しようと言うような感じになってしまいます。

しかし、これからは情報化社会です。

いずれ、田舎、都会問わず、フラゲができる人の価値は上がっていくと思われます。

そうでないと、今後くる時代を生き残れないとも言われていますよ。

和製英語なので日本特有の言い方

先駆けてしてしまうと言う意味と、入手すると言う意味の言葉が組み合わさった言葉であり、和製英語なので、実は日本独特の言葉であり、日本で特有に使用されています。

つまり、海外では使用されていない言葉でもあるのです。

日本ではとにかく我先にと言った感じになっているので、フライングゲットと言う言葉が出来てしまう環境でもあるのです。

とにかく、誰よりも先に最新のものに触れたいと言うのが日本人の心にあるのです。

特に顕著なのが、毎年正月に行われる初売りなどはそのことがよく表されています。

とにかく福袋を誰よりも先に買いたいと言った感じになっている光景をよく見ますが、まさに早くゲットしたい!その気持ちが強い国民性と言えるのかもしれません。

販売日よりも早く商品を手に入れること


物には発売日が決まっています。

よく●月●日販売!と告知されていますが、なぜか告知された販売日前に購入している方が多くいらっしゃいます。

まさにフラゲですが、なぜそんなことが出来ているのでしょうか?

よく考えられるのが、雑誌などの抽選に当たったというのが考えられますが、実はそうではなく、最近では普通になりましたが、前日販売などがあるのです。

販売日の1日前や早ければ1週間前に販売されているケースなどがあるのです。

では、それを知るにはどうしたらいいのかと言うと、まさに情報戦なのです。

気になる物があったらその物の情報を根ほり葉ほり探ることが大切です。

販売日だけを把握しても当日にゲットできない可能性も多いのです。

そのため、気になる最新のものはしっかり情報を把握しましょう。

もしかしたら、前日販売などがあり得るかもしれないのです。

フライングスタートから派生

おそらく小さい時など、学生の時に経験したことがある人もいらっしゃると思います。

フライングスタートです。

運動会などで、してしまって失格と言う無様な思いをされた方もいらっしゃるかもしれませんが、フライングスタートは合図の前にスタートしてしまうことを言います。

要は反則なので、良いような感じに見られていません。

そのため、フライングしてゲットすると言ったことに関してあまり良いような感じがしないのですが、それはただ言葉からそう思ってしまっているだけです。

実際、フラゲ出来る人は誰よりも情報を読み取っているからフラゲができるわけでありまして、決して悪いことではありません。

また、社会的に見ても反則と言った行為でもないのです。

しかし、なぜかやっかみ見たいな形で見てしまう人が多いのです。

しかし、何度も言いますようにこれからは情報戦線なので、そのことにいちいち文句を言っても意味がありませんよ。

フラゲの例

フラゲの意味がおおよそわかったところで、ここからはフラゲに関する例えをご紹介していきます。

最近のことのように思える方もいらっしゃいますが、実は昔からあったことであって、もしかしたらフラゲを経験していたと言うこともあるかもしれませんよ。

フラゲは反則でもなんでもありません。

ただ、フライングというマイナス的な言葉と一緒になっているので、良いイメージで見る人がいないのも正直な話です。

しかし、これからは情報社会の世の中です。

正しい情報を勝ち取ってこそ、世の中を生き残れるのです。

悲しいことに、良い情報もあれば、悪い情報もあふれているので、正しい情報を掴むことが大切です。

正しい情報を掴めてこそ、フラゲもできるのです。

故にフラゲを出来るには情報を正しく掴むことが大切です。

CD・DVD


昔はミリオンセラーなど一時期流行った音楽ですが、CDやDVDなどは今でも売られていますが、昔ほど勢いがなくなりました。

それでも、購入したいと思った曲があると、CDやDVDを買いに行く人たちがいます。

今では一般的ですが、CDやDVDは告知された販売日前に発売されることがあります。

今では当然ですが、昔は販売日がバラバラだったこともあって、前日販売などはそんなに注目されていませんでした。

1990年代後半から2000年代前半にかけての音楽ブームの時に前日販売は普通にされていて、購入している人もいっぱいいました。

ただ、この時にはフライングゲットという言葉はなくて、あたかも当然のように購入していました。

では、なぜ、フラゲと言うようになったのかと言いますと、単にCDやDVDを購入する人が減ったことで、CDをフラゲする人がレアになったからです。

CDの場合1日前販売は一般的

もはやCDの1日前販売は当たり前のことになっています。

では、いつ頃から流行ったのかと言いますと、小室ファミリー、B‘zやミスチルなどのバンドがブームになっていた時期に前日販売がありました。

この辺りになると、毎週水曜日に新しいCDがリリースされるような感じになっていました。

そのため、来週の水曜に販売されるCDをチェックして、欲しいものは来週の火曜日に購入しようと考える方は多くいました。

つまり、この時期に音楽にハマっていた人は、実は意識してなくてもフラゲをしていたことになるのです。

今では普通のことになっていますが、CDを購入される方が少なくなってしまっているので、CDをフライングゲットされる方が珍しく見えてしまうらしいです。

ゲーム機・ゲームソフト

大体6~7年の周期でリニューアルされているのが、ゲーム機ですが、これも実は前日販売されているのです。

昔は販売日に家電屋に並んだりして購入している人がいましたが、今では24時間営業しているお店もあるので、日付が変わる瞬間にそこにいて購入すると言うやり方をする人がいます。

しかし、実はちゃっかり前日販売されていることが良くあるのです。

また、東京や名古屋、大阪などの大都市圏などでは普通に先行販売されているので、地方の方がフラゲするために大都市圏にきたりします。

たかがゲーム機と言いますが、最新のゲーム機は家電製品のような感じでもあり、ゲーム機以外の機能も入っているので、子どもだけでなく、大人も欲しがる代物なのです。

それゆえにフラゲしたいと思える人がいっぱいいるのです。

実は、たとえフラゲ出来なくても、地方に行くと余っていると言う光景が実はあるのです。

よくプレステ3やWiiの販売の時は地方では売れ残っていました。

マンガ・雑誌

マンガや雑誌は販売日は決まっていても、場所によっては販売時期がずれます。

特に地方は販売日にプラス2~3日してから販売されると言うことが良くある話です。

また、東京などでは販売日前に発売されることが普通です。

よく昔あったのが少年ジャンプが東京では地方よりも1日早く売られていたと言うことがありました。

そのため、マンガや雑誌をフラゲするには東京に行けとも言われました。

ただ、少年ジャンプに関しては、最近では地方も都市も関係なく販売日にずれがなくなりました。

しかし、未だにずれがあるのが週刊文春や週刊新潮です。

木曜発売になっていますが、地方で店頭に出るのは、ほぼ金曜日です。

つまり、木曜日に販売されてネットニュースに取り上げられた状態で、地方では週刊文春や週刊新潮が販売されているという状況なのです。

つまり、東京にいることで既に地方の人たちと比べたらフラゲ出来ているのです。

フラゲの別の呼び方

どういったことがフライングゲットなのかわかったと思いますので、ここからはフラゲのいろいろな言い方や呼び方を説明していきたいと思います。

フライングゲット以外にもいろいろな言い方があります。

もしかしたら、実はあなたがもう既に使用されている可能性もありますよ。

日本は世界の中でも言葉が多い国です。

1つの言葉に対して10個の意味がつくとも言われています。

また、日々、新しい言葉が生まれる環境でもあります。

それゆえ、フラゲに似たような言葉や同じような意味を持つ言葉が生まれてしまうのです。

フラゲを正しく理解するためにも、しっかりフラゲに似たような感じの言葉、別の呼び方などをしっかり学びましょう。

そうすることでフラゲの意味がよくわかりますよ。

フライング

一般的に使われている言葉ですが、所謂、先駆けてやること、もしくは誰よりも先にスタートすることです。

おそらく後者の意味を知っている人が多いと思います。

そのため、フライングと言う言葉には良いイメージを持つことができない人が多いのです。

そのため、フライングと着く言葉には反則的な感じがして、いいと思う人がいないのです。

しかし、これからはよりフライングが大切になってきます。

なぜなら誰よりも先に最新のものに触れて活かさないと新しいビジネスが生まれないとも言われています。

今までは流行ったら触ると言った方が多かったのですが、流行ってからではもう遅いのです。

流行る前に触れてそれを活かすことをしないと意味がないのです。

つまり、フライングは反則でもなく、生き残るために必要な行動なのです。

前売り

よく映画のチケットなどで聞く言葉ですが、実はこれもフライングゲットしているようなものなのです。

前売りを持っていない人は、当然当日券なので、前売りの人よりチケットを手に入れるのが遅くなります。

つまり、必然的に前売りはフラゲになってしまうのです。

最近では、コンビニなどで前売りチケットなどを販売していますが、あたかも普通に買っていた人も実は、当日券を購入している人からすればフライングしているようなものなのです。

意識していなかったと言う人はいっぱいいると思います。

なぜなら、前売りという言葉のあとにフライングゲットと言う言葉ができたので、後付けのような感じなのです。

実は普通だと思っていたことの中にもフラゲの要素が隠されているのです。

早売り

前売りとそんなに変わらない感じのことですが、早売りと言うものもあります。

要は、販売日の前に売ってしまうことです。

よくあるのがCDやゲーム機などですが、最近では、レストランやカフェなどがオープン前に開くプレオープンと言うことをしている所もあり、これも実はフライングゲットしているようなものなのです。

おそらく一般的にオープン日は発表していますが、プレオープン日を発表している所は少ないと思います。

つまり、プレオープン日を知っている人は、オープン日を知っている人より、フライングをしているのです。

この時に、プレオープン日を知っている人を見て、嫉妬するようではこれからは生き残れません。

これからを生き残るにはそう言った情報をゲットしている人を見て、どうしたらゲットできるようになるのかを知ることが大切です。

これからはフライング出来る人間が生き残るとも言われています。

早バレ

早くバレると言うことですが、ある意味情報流失などのような感じに見受けられることもあります。

しかし、ばれるばれないかはその会社の体質にも寄りますが、実はわざと早バレをする企業もあります。

早バレをすることで、その人から口コミなどで最新の情報が伝染するので、実はお金のかからないCMをしているようなものなのです。

最近はテレビを見る人は少なく、情報をゲットするならどこかと言いますと、ネットと言う状況になっています。

ただ、ネットの情報には注意が必要です。

ネットの情報は正しいか正しくないのか見極めるのが大変です。

なぜなら、誰が書いたかわからないからです。

つまり、信憑性がないのです。

そんな信憑性のない情報を鵜呑みしている人が最近多いのですが、故に正しい情報を見極めてゲットすることが大切になってくるのです。

早バレだと思っていた情報が、実はガセネタだったと言うことも良くあります。

最近では話題になってきているフェイクニュースがそのようなものです。

フラゲをするメリット

ここまでの説明でフラゲに関してよくわかったと思いますが、では、なぜそこまでしてフラゲをしたいのかと言いますと、フラゲをすることで得られるメリットがあるからです。

誰よりも先に最新のものをゲットしたいという思いが強いがためにフラゲをしてしまうと言う人もいますが、実はメリットが多くあるからフラゲをしたいと思う方がいるのです。

特にこの手に多いのが経営者タイプです。

なぜかと言いますと、新しいものに早く触れることで誰も考えそうにないビジネスに発展できるのではないかと考えているからです。

また、最新のものというのは、ある意味得たいのしれないのものなので、それをどう流行らせるかと言うのに注目している人もいます。

故にフラゲはチャンスでもあるのです。

何も一般人ができないというわけではありませんので、しっかりメリットを把握しましょう。

いち早く自分のものにできる

何よりも日本の国民性にあてはまるのがこのことです。

とにかく誰よりも先にゲットして自分の物にしてしまうと言うことに快感を得ている人が多いのです。

そのために、フラゲをしたいと考えている人がいっぱいいます。

主に国際情勢などを把握している人はこのことが好きです。

なぜなら、アメリカで流行ったものが日本に来る、今は流行ってなくてもいずれ流行ると思っているので、とにかく誰よりも先にゲットして、有益な情報を人に与えたいと考えている人が結構います。

早く作品を見聞きすることができる

最新の映画作品などを先に見ることで、評論家になったような感じで話すことができるのです。

つまり、評論家の人は誰よりも先に作品に触れて考察し、評価を出さないといけないのです。

だから、フラゲを使用とするのです。

先行試写会などに来る人は抽選で当たった人もいますが、実は評論家の人がいっぱいいることがあります。

とにかく早く見ることで、相手よりも先に情報をゲットできるので、その情報をもとに人に教えることができる。

つまりは、相手に情報を提供できる人間になることができるのです。

優越感に浸れる

フラゲができる人は、周囲の人よりもある意味、先を行っている人なのです。

優越感に浸ることができるのです。

なぜかと言うと、周囲の人が持っていない情報を持っているからです。

相手にない物を持っているということなので、必然と自分が優位に立っているという感覚になっています。

よく、田舎だとこの手の人は嫌われますが、でも、これからは都市と田舎は関係なく、フライングする人こそ生き残れると言われるので、例え、優越感に浸ることが目的だとしても、そのような姿勢になっていることは素晴らしいと思います。

最新のものを手にするのは、ある意味知識を増やすことでもあるので、ぜひ、やっていきましょう。

友人に自慢できる

最新のものを持っているので友達に自慢できます。

昔だと自慢しやがって言う感じで嫌われていましたが、最近ではどうすればゲット出来るのと言う感じに見てくる人もいて、ある意味、自慢が相手に良い影響を与えていることもあるのです。

出しゃばりやがって、上に立ちやがって、一部の人ぶりやがってとやっかみに見てくる人もいますが、それではもうこの先の時代を生き残ることはできません。

何度も言いますようにこれからはいかに正しい情報を早くゲットするかが大切な時代です。

つまり、周囲に自慢をしてくれる友達がいるのはありがたいことなのです。

自慢を自分のためと思う感じで聞きましょう。

フラゲする為の6個の方法

さてここからはお待ちかねのフラゲをするための方法を説明します。

ここまでの説明でフラゲをすることに関して良いイメージができたと思うので、ぜひ、実践してみたいと言う方のためにフラゲの方法をご紹介します。

大きくピックアップして、6個ありますので、しっかり理解しましょう。

そのために、まずは、あなたにとってできそうなこと、もしくは読んでいてビビット来たことなどから理解していきましょう。

いきなりすべてを理解するのは難しいです。

慌てる必要はありません。

ぜひ、ゆっくり覚えていきましょう。

予約をする

フラゲをするために販売日にお店に並ぶよりも手っとり早いのが予約をすることです。

予約をすることで、販売日に確実に購入できるのは当然ですが、もしかしたらお店の計らいで前日に販売させてくれると言う所もあります。

予約なんてしなくても手にできると思っている人はいますが、購入できても予約することで物以外の喜びもゲットできますよ。

個人経営の店を選ぶ

大手チェーン店などは、入荷数は多いのですが、オタク、一般人など分け隔てなく販売するので実はゲットするのが大変なのです。

そこで、おおすめなのが個人経営のお店です。

実はこう言ったお店ほど、隠れた名品が残っていると言うこともあるので、侮れません。

昔、アンドロイドの携帯がゲット出来なかった時に個人経営のお店にいったら普通にありました。

というようなことがあります。

ぜひ、個人経営のお店をマークしておきましょう。

深夜営業時間帯を狙う

日付の変わるタイミングに販売するといった手法をしているお店もあります。

つまり、24時を回った時にそこにいれば購入することができるのです。

ある意味、夜に強い人には絶好の場所です。

ぜひ、夜に強い方は実践してみましょう。

店員さんに聞いてみる

素直に店員さんに聞いてみると、予約にしてくれたり、もしくは前日販売のことを教えてくれるかもしれないですよ。

なぜなら、店員さんはいつ販売するか知っているし、いつ入荷されるのかも知っているのです。

つまり、一番の情報源です。

店員さんと仲良くしておくことがもしかしたら良いかもしれませんよ。

宅配営業所で受け取る

通販などで購入することもできますが、そうなると配送の関係で時差が出てしまうことがあります。

そうならないために、営業所で受け取るなどのことが有効です。

なぜなら販売日前に営業所に届いている可能性があるのです。

注文して置いて、気になったら前日に営業所にお問い合わせしてみましょう。

ダウンロード版を購入する

お店の行くのが面倒くさい。

引きこもりなので、そんな方でもできるのがダウンロード版です。

しかも、ダウンロード版は先行発売される可能性が非常に高いので、フラゲできる確率が非常に高いです。

フラゲしてみんなより早く楽しもう

いかがでしたでしょうか?

フラゲをすることで優越感に浸ることもできれば、もしかしたらチャンスに繋がるかもしれないのです。

ぜひ、フラゲをしてみましょう!

もしかしたら、あなたが生まれ変わるきっかけになるかもしれませんよ。