ビジネスシーンにおいて、目上の人だったり目下の人だったりと色々な人に出会う機会はあるものの「どのような敬称をつけて名前を呼べばいいのだろうか?」なんて悩んだことがあるのではありませんか。

”◯◯さん”と呼べばいいのですが、場合によってはその敬称のつけ方さえも無礼になってしまうことがあるものです。

そんなことを知らないで敬称を使っていると、知らない間にビジネスシーンにおけるあなたの信頼度がどんどん下がっていくばかり。

それでは、あなたのビジネスチャンスを逃すことにしかなりません。

そのようにしたくないですよね。

とはいえ、「様」だとか「殿」だとか「君」なんていう敬称もあれば、「ちゃん」なんて普段から使っているようなもの、さらには「貴信」「御地」「嬢」なんて普段の生活ではあまり見かけないし、使わないような敬称もありますよね。

そのような敬称を知っていればいいのですが、他人からそのような敬称をつけて呼ばれてしまったり、会話のなかでその言葉が出てきてしまうと困ってしまうこともあるでしょう。

そのせいでビジネスの会話が盛り上がらなくなってしまった…という方もいらっしゃるはず!

それでは、あなたの実力を出すどころかたかだか”敬称”にじゃまをされてしまいます。

しかし、たかだか”敬称”であるからこそ、あなたは敬称について詳しく知っておくべきなんです。

この世界には、あなたの知らないような敬称がたくさんあります。

若者であれば、若者言葉で毎年のように新しい敬称を作り出しているものです。

そんな新しいものも含め、古い敬称までもすべて理解するとなったらとても大変ですよね。

そのようにこの世界に出回っているすべての敬称を理解することはありませんが、比較的使われやすい、使うことの多い敬称というのはその意味や使い方を理解しておくべきです。

敬称についてこれまでに少しでも悩んだことがある方、まさしくいまこの瞬間に敬称でいる方は、ぜひこの記事でそれぞれの敬称の意味やその使い方を確認しましょう。

この記事を読めば、あなたが使い方に困っている敬称の使い方を勉強することも出来ますし、今はしらないけれどよく使われている敬称を知ることも出来ます。

また、間柄によっては敬称をつけるべきなのかそうではないのかで悩んでいる方のためにどんなときに敬称をつけるべきなのかについてもご紹介しています!ぜひ参考にしてみてください。

️「敬称」についての解説

あなたは”敬称”とは、どんなものだと思ってますか?人の名前を呼び捨てにするのはさすがに無礼ですよね。

そんなときに敬称をつけることによって、相手への敬意の気持ちだとか信頼している気持ちなどを伝えることが出来るものです。

ずばり、”敬称”とは相手に敬意をこめて相手の名前を呼ぶときにつけるものになります。

仲良くなれば苗字や下の名前を呼び捨てにする…ということも十分にありえますよね。

しかし、仲良いとはいえあなたよりも目上の人に対して苗字を呼び捨てにするようなことなんてないはずです。

なぜならば、そのように呼び捨てにしてしまえば、あなたが相手に敬意を払っていないと相手に思われてしまうからです。

それに敬意をもっていれば、どんなに目上で身近な存在の相手であっても、呼び捨てにしようなんて思えないもの。

何かしらの敬称をつけて相手の名前を呼ぶはずです。

そのように敬称をつけることによって、名前を呼ぶ側の人も安心できますし、名前を呼ばれる側も心地よく名前を呼ばれることが出来るんです。

特にビジネスシーンにおいては、敬称は良く使われます。

敬称を使わなければ、それだけで商談が破談になってしまうこともあるくらいだからです。

だって、ビジネスにおいて人と人とのつながりというのは、友達同士のつながりとはまったく違うからです。

相手を敬う気持ちがあるからこそお互いにお互いを敬うことができ、その仕事をスムーズに進めることが出来るんですよね。

もしもどちらか一方が天狗になって、相手に敬称をつけないのであれば、その相手は敬称をつけてくれなかったことに対して腹立たしく感じるでしょう。

あなたも、そのような経験をどこかでしたことがあるのではありませんか?

例えば、敬称をつけてくれている部下がいるけれどドウ考えてもその敬称は部下から上司にするものではないとき、取引先からのビジネスメースで敬称が略されているのに何も記述されていないときなどなど…いろんな場面があるはずです。

また、あなたはそのように感じたことはないかもしれませんが、あなたがこれまでに使った敬称の使い方が間違っていて、誰かにそのような不快な想いをさせていたかもしれないのです。

そんなことをいうと不安になってしまうものですが、過去は取り戻せません。

これからは、もうそのようなことがおきないように、もっと相手の立場を理解し、敬意が伝わるように敬称を使い分けていきましょう。

とはいっても、記事の冒頭でもお伝えしましたがビジネス界だけでも敬称にはいろいろなものがあります。

多くの方が使う「様」というものもあれば、「氏」なんていうものまでもあるんですよね。

そんなとき、あなたはどのようにして敬称を使い分けていますか?まさかとは思いますが、気分で使い分けている…という方もいるかもしれません。

そのような敬称を気分で使い分けることが出来るのは、友達のような平等な関係の相手だけです。

それもあなたのことをなんでも受け入れてくれるような友人でなければ、もしかしたら無礼だと感じさせてしまうかもしれません。

日常にありふれている敬称とはいっても、多くの人が「どんなときに使う言葉なのか」「どんな意味をもっているのか」というのをまったく知らないままに使っているんですよね。

それだけでとても大きな損をしているといっても過言ではありません。

あなたもそのような人の仲間かもしれないのです。

これから先にそんなことでトラブルの起きないように、また「無礼な人」「常識知らずの人」なんて思われないように、この記事では厳選したあらゆる「敬称」の使い方について解説しています。

その敬称はどんなときに使うものなのか、どんな人に対してつけるべきなのか、またどんな人にはつけてはいけないのか…などなど詳しくご紹介しています。

ビジネスシーンで使われる敬称だけではなく、日常生活でもありふれているような敬称についても解説しているので、あなたの当たり前が覆すことになるかもしれませんね。

しかし正しい意味や使い方、使い分け方をしっておけばあとあとあなたのプラスになることは間違いありません。

気になる敬称だけでもいいので、必ず確認してみましょう。

ビジネスや様々なシーンで見かける


あなたは、つい最近でいつ敬称を使いましたか?ビジネスメールを送るときでしょうか。

それとも商談で取引先の方とお話をしているとき、いや友達と遊んでいるときでしょうか。

敬称ってどんなところでも使われるために、意味を理解していなくても「なんとなくこういうときに使うんだろうな」という気持ちで使ってしまう方が多いんですよね。

特に上司のいる会社員の方であれば、その上司の方が使っている敬称の使い方をまねして使っていたり、あまりそこに意味を感じないままに使ってしまっているという方もいらっしゃるはずです。

それってかーなり危険です。

その上司の方が本当に正しい使い方で敬称を使っているかわからないからです。

それに敬称って自分が使わなくても、自分宛に使われていなくても見かけることって覆いですよね。

それは、家族宛に届いたメールだとか手紙、テレビドラマのあるシーンで使われているプリント。

そのため、とても身近に感じている人が多いんです。

しかーし!いつも見かけるし、周りの人が使っているからといってあなたが使うことの出来る相手がいるとは限らないんですよね。

人間って不思議なもので、新しく知った言葉ってどんどん使いたくなるものです。

そのため、あまり使うことのない、それにかっこいい敬称に出会ってしまうとどうしてもその敬称を使いたいがために、無礼であることもしらずにその敬称を使ってしまうなんていう方もいらっしゃるのです…。

さまざまなシーンで見かける”あたり前”の光景だからこそ、疑いの目でみてあなたのプラスになる情報に切り替えていきましょう。

️敬称の意味

あなたは、どうしてこれまでに「敬称」を使ってきたのでしょうか?多くの方は、「呼び捨てにするのはおかしいから」「なんとなく着けるものだと思っていたから」「それが当たり前だと思っているから」と答えるはずです。

たしかにどれも正解で、どれも間違っていません。

それにそのように当たり前につけることができているということは、まぁこれまでの中で相手に不快な気持ちにさせてしまった方は少ないのではないかな…と筆者は感じます。

敬称には、いろいろな種類がありますがどれもテキトーに名づけられたものではありません。

それに昔の人が思いつきで使い始めたものでもでありません。

そこには、それぞれの意味がしっかり含まれているからこそ現代にまで続いて使われつづけ、身近に存在しているのです。

それに身近に存在しているからこそ”当たり前”につけるものだと多くの方が感じるようになっているのです。

世の中には敬称をつけることすら知らない、非常識な人間もいるものです。

その点で、あなたは敬称をつけることを理解しているのですから、これから先ご紹介していく敬称の意味などを理解しやすいでしょう。

すぐにでもあらゆる敬称とその意味、使い方などをご紹介していきたいのですが、その前に大きくまとめて「敬称とはいったいどんなものなのか?」ということを学んでいきましょう。

この基本がわかっていれば、これから先おかしな敬称に出会ったとしてもその意味に納得できるはずです。

敬意を表す呼び名


記事の最初のほうでもお伝えしたのですが、敬称とは敬意を表す呼び名のことです。

呼び名といっても、その敬称だけで相手を呼ぶことはありません。

名前にプラスして呼ぶのが一般的です。

というか、敬称だけで相手を呼んでしまったらそれこそ無礼になりますし、どう考えてもおかしいということはあなたも理解できるのではないでしょうか。

敬意を表す呼び名…というと、どうしても「様」などの言葉を思い浮かべる方が多いことでしょう。

しかし、友達同士で名前を呼び合うときに使う「ちゃん」だとか「くん」なんていうのも敬称のひとつとされているんです。

あなたは、友達の名前をどのようにして呼んでいますか?

もしかしたら、とても仲良しで呼び捨てにしていたり、もっと仲良くなるためにお互いに敬称をつけないようにして呼び合っている…という方もいらっしゃるかもしれません。

それはお互いがお互いを大切にしているということをわかっているからこそ、呼び捨てにしても不快な気持ちにならないのでないでしょうか。

しかし、出会ったばかりの同級生に「◯◯さん」ではなく「◯◯」と名字を呼び捨てにされると、なんだか「大切にされていない」と感じるはずです。

そこには”赤の他人”であるということ、これから先もその関係が変わらないような冷たい関係であること、相手からはそのようなまなざしで見られていることをすぐにでもキャッチできるはずです。

少しでも相手のことを思えば(好きとかそういうことではなく、一人の人間として)、どんな相手でも「さん」とつけることができるはずです。

「さん」とはいわなくても「ちゃん」くらいはつけることができますよね。

それに「さん」「くん」「ちゃん」をつけることによって二人の間柄の距離感がいったいどれくらいなのかさえわかるはず。

要するに、敬称によってもただつけるだけではなく、そこには相手への敬意の度合いだとかその相手との感じている距離感が現れるということなんです。

同い年の友達でも敬称をつけること、そしてさらには自分の目上の人である上司や先輩であれば、もっと敬意を大きくするために友達に使っているような敬称を使わないということは理解できるでしょうか。

だって、社長に向かって「◯◯ちゃん」なんて初対面で呼ばないですよね。

ある程度仲良くなってから、または社長と友達のような関係になれてからではないとその敬称を使わないはずです。

どんな敬称にも、相手を敬う・敬意を表しているということを忘れずに覚えておいてください。

とはいっても、相手に敬意をもっていないからといってその人の目の前で(特に上司の前)名前を呼び捨てにするようなことは絶対にやめましょう。