あなたは、なりたい自分や、夢、目標はありますか?

もし、思い浮かばないという人は、大きな夢ではなくても、小さな目標でもいいのです。

「可愛くなりたい」「モテる男になりたい」「お金持ちになりたい」

このような理想や願望なら誰にでもありますよね?

しかし、ただ思っているだけで、何もしていないという人が多いのです。

今回はそんな人のために、なりたい自分になるために必要な、「自己実現」という言葉を紹介していきます。

そして、同時に自己実現のための方法を理解して、実践していきましょう。

自己実現とは何か?意味や理論はどこから?

もともとは心理学で使う用語で、ユダヤ系の心理学者ゴルトシュタインが初めて使った言葉とされています。

そして彼の弟子の一人であったカール・ロジャースがゴルトシュタインの考えを、人間が自分の中に潜在している可能性を最大限に開発して、それを実現して生きてゆくこととして概念化しました。

この流れを受けて「健康な人間が存在する意義は、人生に究極的な高い目標を定めて、その実現のために努力すること」と定義したことで、世の中に「自己実現」という言葉が広がり始めました。

そして有名な自己実現理論のマズローによって発展しさらに広められることとなります。

しかし、「自己実現」と一言で言ってみても、現代社会を生きる私たちにとってあまり具体的なイメージがわかない人も多いと思います。

簡単に考えるなら「自分を知り、自分らしく自分の好きな道を進む」といったところでしょうか。

人は自分はなぜ生まれてきて、自分も生きる目的は何なのか?

といった疑問を、生きているうちに何度も自分に問いかける時が誰しもあるはずです。

その答えとして「自己実現」というものは存在していると考えられるのではないでしょうか。

マズローの自己実現理論

アメリカの心理学者マズローが「人は自己実現を達成するために絶え間なく成長するものだ」とし、人間の持つ欲求を5段階のピラミッド型階層で表現しました。

これをマズローの欲求段階、または自己実現理論と言います。

5つの欲求ですが、下の階層から「生理的欲求」、「安全欲求」、「社会的欲求」、「尊厳欲求」、そして1番上が「自己実現欲求」となっています。

まず生理的欲求は食欲や睡眠欲、または排便など人間の生死に直結する欲求で、人間以外の動物がこの段階の欲求を超えることはありません。

次の安全欲求は健康の維持や、経済的な安定、事故の防止や、アクシデントに備えて保険をかける等、自分の今ある安全を確保したいと願う欲求です。

3つ目の社会的欲求は自分が社会の中で必要とされたいという欲求です。

自分がどこかに所属したいと思う気持ちや、異性に愛されたい、受け入れられたいと願う欲求などです。

それが満たされない時は大きな孤独感、疎外感を感じることになります。

4つ目は尊厳欲求でこれには2種類あり、1つは他人から認められたい、地位や名声が手に入れたい、皆から注目を集めたいという欲求です。

もう1つの尊厳欲求は自分の内側に向けての評価で、自己を尊重したり自立性がでてきたりということを指します。

そして最後の自己実現欲求ですが、上記の4つの段階の欲求が全て満たされていたとしても、人間は自分に本当に合ったことをしていないと、遅かれ早かれ不満がでてきてしまうので、自分の生まれ持った能力というものを最大限に発揮できることをやらなければならないという欲求です。

自己実現予言は全くの別物

自己実現予言とは、ある未来の予言をした者が、それを信じてその予言の通りに行動していくことによって最終的に予言したことが実現してしまうといったことです。

例えば、自分の夢や目標を日記などに書き、その通りになるよう行動したら夢がかなったというよなことは自己実現予言の例であるといえます。

しかし、「自己実現」とは全く別の物になります。

なぜなら自己実現とは上記にもあるように、人の中に潜在している可能性を最大限高めることによってできることであり、予言に沿って行動することで予言に従った人生をおくることとは違うからです。

自己実現を果たした人の例

自己実現を果たした人というのは、例えば子供のころから好きなことをずっとやり続けて、最後はその分野のスペシャリストとなりそれで生計をたてるようになった人などが多いです。

もしくは大人になってからでも興味をもったものや、なぜか自分が惹かれるものに対して積極的に近づいてみる、行動を起こしてみることで、思いもかけなかった展望がひらくというケースも多々あります。

どんなことがきっかけかはわからない。

それが自分のもつコンプレックスがスタートになるかもしれません。

自分の欠点を克服したいと始めた活動が思いがけず広がり、自分を最大限活かせる得意分野にとって変わることもあるのです。

ですから普段から自分の心の声を聞くことが大切で、自分が何に対してアンテナを張っているのか、何に強く反応するのかを注意して感じていかなくてはいけません。

そしてそれに気づいたら逃げるのではなく、それに向かっていくことが自分を開く第1歩です。

そしてそこから自己実現への道が始まるのだと思います。

なんでも人が言う通りにして一生を終える人もいますがそういう人は周りに流され、環境に依存してしまっているだけの人が多いと思います。

そうではなく皆、一人一人潜在した力があって、それを知り、発揮することこそ生まれてきた意義があり、自己実現の達成者となるのだと思います。

自己実現を達成する方法14個

1、潜在的な可能性を知ること

種を植える、そして太陽の光、水、肥料などを得てやがてきれいな花が咲く。

人間も一人一人がこのように正しい行動をとることで、きれいな花を咲かせるような、生まれ持った潜在した力を発揮できる可能性を持っているのです。

しかし、それに気づかず、その可能性を知ることもなくただ周りに流されて日々を過ごし、あっという間に人生が終わる。

こういった人達がたくさんいます。

そうではなく、一度立ち止まって自分というものを見つめなおして欲しいと思います。

そして自分の内に眠る可能性というものに気づいて欲しい。

そうすれば、どこかで行き詰まりを感じていた、もう自分はこの程度でいいやと諦めていた人生が変わっていくのです。

人間は年を重ねるにつれ考え方が小さく小さくなっていきます。

無難に穏便な生き方ばかり選ぶようになる。

それは安定や安心だけが幸せなのだと勘違いしていることが原因です。

しかし、いくら安心を求めたところで100%安心などということは何もありません。

そんな生き方を続けていると、少しのアクシデントでも自分を保つことができなくなり、一気に崩壊してしまう可能性があります。

それよりも、自分の心をもっと開いて自分の可能性を感じ、それにチャレンジしながら伸びやかに生きていくことが大切なのです。

2、今の自分を知る


成長し、飛躍したいと思う人がまずやらないといけないことは、今現在の自分を知るということです。

自分が今どこにいるのか。

夢や目標があるとすればそこから今現在はどのくらいの距離が離れているのかを知る必要があります。

具体的には仕事の地位や財産、自分の関わっている人間の質、物事の見方などです。

それを知ることにより、これから何を自分に加えていかなければいけないのか、そして何を自分から取り除かなければいけないのかを確認することができます。

目的地に向かうための装備品は何が必要かということを知るようなものだと考えられます。

自己分析を図る

自分を知るための自己分析をすることは、目標に向けて日々何をして、何を改善すべきなのかを明確にしてくれます。

自分の感情が何か出来事が起こった時にネガティブになったりしていないだろうか。

自己実現をした人間は、積極的でポジティブな思考をもった人間でなるはずであると。

考え方についてもそうですが、容姿1つをとってみても、今の自分を鏡で見たとき、成功に値する顔をしているだろうか?

意欲に満ちた強い目をしているか、だらしない身だしなみをしていないだろうか等々、自分を様々な角度から分析することが非常に大切です。

3、幸せの根源を知る

幸せとはいったい何なんだろうかと考えたことがある人は多いと思います。

たくさんのお金を手に入れること、好きな人と結婚すること、大好物の食べ物を腹いっぱい食べること、大きなことから小さなことまですべて幸せと言えます。

しかし、いくら物質的に満たされたとしても、精神的に優越感に浸れたとしても、その一方だけでは真の幸せとは言えません。

たとえ仕事がバリバリできて地位や名誉を手に入れても、私生活がむちゃくちゃで家族をないがしろにして悲しませているようではいけません。

仕事のプライベートもお金も友達も全ての要素がバランスよく発展していなければ幸せではないのです。

プライベートの過ごし方を見ればその人物が出来る人かダメな人かだいたい分かります。

プライベートも大切に過ごしている人は仕事もきっちり出来る人が多いです。

お金だけでは幸せは買えない。

友達だけたくさんいてもダメ。

1つのことだけに偏りすぎてはいけないということです。

全ての要素を客観的に見て伸ばしていける人が幸せを感じることができるのだと思います。

金ばかりだと、いくら稼いでもキリがなく、もっと欲しいもっと欲しいになってしまいます。

そうではなく家族の幸せにも目をむけたり、健康に目を向けたり、または美しい自然に目を向けたりすることで心のバランスがとれ自然な生き方、自分らしい生き方を見つけることができるのです。

自分らしく生きることこそが一番の幸せ、果ては自己実現の達成につながるのだろうと思います。

4、目標を高く設定する

目標の設定は高く設定しましょう。

長期の目標というのは高くていい。

最初から低い目標を掲げていては成功などできません。

まず将来たどり着きたい大きな目標を設定します。

そして今現在まで逆算して細かく分けていくのです。

1年間、半年、1か月、1週間、そして1日という風に細かく目標を設定しましょう。

具体性のある目標を決める

目標は抽象的なものではダメです。

ただ漠然と大金持ちになりたいとか、きれいな女性を恋愛してみたいとかではダメなのです。

お金が欲しいならそれはいくらなのか。

そしてどういう仕事、ビジネスでそのお金を作るのか、そしてお金が手に入ったらどうするのか、何に使うのかなど具体的にイメージができていないといけません。

自分の理想、目標のモノを写真にして見えるところに貼っている人がいますが、これは非常にいいことです。

毎日それを見ることで自分の中にそれが刷り込まれてくる。

自分は将来こうなるんだと心も体も認識し始めるのです。

5、すべてが糧になることを知る

生きていく上で人はいろんな経験をします。

何事もうまくいく日もあれば、何をやってもうまくいかない日もある。

そういう成功や失敗といった経験の全てが自分の糧となるのです。

一つ何か失敗しただけでこの世の終わりかのように落ち込んでしまう人もいますが、失敗にこそ自分が成長していくうえで大切なヒントがたくさん学べます。

失敗から学ぶことで自分をもっと強い人間にできるのです。

一つの失敗で意欲を失い、回復に長い時間かかっているのでは、限られた人生の時間をロスしてしまうことになります。

どうせやらないといけないことなら、いつまでもクヨクヨ落ち込んでいるよりもサッと切り替えてまたチャレンジするほうが何倍も効率的です。

だから失敗も含め全てのことを前向きにとらえて生きていくことが自己実現にむけて大切なことであると言えます。

6、自分一人という考えを捨てる


人間1人ができることなどたかだか知れています。

仲間と協力して目的に向かうほうが、より早く、より大きなエネルギーとなっていきます。

ですが、人間というものは基本的に自己中心的で自分が可愛く、人に与えることをしません。

自分には与えて欲しいのに人には与えないのでは、結局何も自分に与えられずに終わるでしょう。

それよりも自分がうまくいった時は仲間に幸せを分け与えて共有していく。

そうすることで、次は相手からも与えられるし、その輪はどんどん大きくなっていきます。

情報通信が発達した現代社会ですから、たった一人でパソコンなどを使って大金を稼ぐ方法もあるでしょうが、じゃあそれで金を持ってその後どうするんですか?

仲間と共有といっても、自分一人の欲のためだけに走った人を仲間は心から祝福してくれるでしょうか。

そうではなく、自分や家族、友人、お世話になった人、自分の先祖など、自分が今生きている、生かされているのはこの人たちのおかげであるという意識を常に持ち、その人々と共にあるという意識をもって何事も行うことが大切なことです。

7、考えたらすぐに行動する

世の中にこれだけたくさんの人間がいて、皆が自分が成功して幸せになりたいと思いながら日々生きています。

幸せになりたくないと思ってる人なんていないでしょう。

しかしながら、成功者というのはほんの一握りの人間しかいません。

成功者とは結果を出した人間のことです。

結果というのは行動しなければ産まれることは絶対にないのです。

こうしよう、ああしようと頭で必死で考えて答えを出しても、その後に行動に移さなければ何の意味もありません。

本屋に行くとたくさんの自己啓発の本が並んでいます。

そういった本を読むことはいいことですが、その本を読んで納得して終わってしまっている人のいかに多いことか。

読むだけで何も行動しなければその本に何の価値もありません。

考えたらそこで立ち止まらず、それをすぐに行動に移せる人。

これが成功へファーストステップであることは間違いないのです。

8、自己実現の先に待つ世界を見る

自己実現を果たした人にはどのように世界が見えてくるのでしょうか。

それは大きな愛に満ちた世界に違いありません。

他人に対しての怒りや、恨み、嫉妬などの感情は一切なく、心がいつも落ち着いているでしょう。

自分の周りには、志の高い素晴らしい人々が集まり、全てのヒトやモノが自然な形で共存しています。

時にはアクシデントや辛い、苦しい出来事も起こるでしょうが、しっかりとした自分の信念を確立した人間はそういったことで、自分の中心を見失ったりはしません。

そうしたアクシデントにも適切に反応、対処して元の心と体のバランスを取り戻すことができる人です。

体も健康で心も平和、経済的にも物質的にも満たされた生活になるでしょう。

9、自己責任について学ぶ

「大人になるということはどういうことなのだろう」小さい子供のころに考えた人もいると思います。

酒が飲めるようになる、選挙権がもらえる、いろいろありますが、一番大切なことは責任をもつ人間になるということだと思います。

ところが、大人になっても責任感のない人間がいかに多いことか。

テレビをつけても政治家や官僚が自分の責任を誰かになすりつけてばかりいるニュースをよく目にします。

そういった人が自己実現を達成することはありません。

自分の人生について責任を背負う覚悟をするということは自己実現のために必要不可欠です。

何でも人のせいにするのではなく、自分が決めてやったことには必ず自己責任があります。

自分で自立して何事に対しても責任をもって立ち向かうことが重要です。

親に頼ったり、友人、恋人に頼ったり、酒や薬に頼ったりと、人は何かに頼って依存したい生き物です。

そうすることは自分で考えたり、自分で責任を負うことから逃げることができるから、人は何かに頼るという安易な道を選びがちなのでしょう。

しかし、何かに頼ったり依存し続けることは、いつまでも子供のままで大人になれていないことを意味するのではないでしょうか。

自己実現を達成し人生の成功者となるには、自己責任から逃げていてはできないことなのです。

10、自分の可能性を最大限に活かすこと

一生懸命努力することは成功に不可欠なことですが、無駄な努力をひたすら続けて結果が出ず、そして疲弊し力尽きて夢や目標をあきらめてしまう人は多いです。

そして自分はできない人間、ダメな人間だというふうに自分に烙印を押してしまいあきらめてしまう。

そういった残念な人間にならないためにはどうすればよいのか。

それは自分の可能性を最大限活かせる場所で活動することです。

全く自分に向かない、合ってない場所では自分の潜在している能力を100%発揮することは難しいです。

だから、自分はどういう人間で何に向いているのか、何が好きなのかなどの自己分析を徹底して行い、この分野であれば自分の力が発揮できそうだというものを見つけないといけません。

そういうジャンルをみつけることができた人は、もう半分は成功したも同然なのです。

後は、そこで精一杯自分の力を伸ばすことを考えればよいのです。

11、日々変化しよう

昨日と同じことをしていたら、昨日と同じ人生しかやってこないとはよく言ったもので、日々新しいことにチャレンジすることは自分を成長させていく上において大切なことです。

何か新しいことをやると思うとハードルが高く感じるかと思いますが、入り口はもっと小さいことでいい。

例えばいつもの帰り道ではなく別のルートで家に帰ってみることで、新しい発見があるかもしれない。

見てもないのに嫌いと決めつけていた映画を見ることで自分の心境に変化があるかもしれない。

そんな小さなことかっら始めればいいのです。

人間は堕落な生き物なので、自分の慣れた行動を常にとろうとする。

慣れた人間関係、慣れた食べ物、慣れた行動など。

そういった安心感、安定感が壊れるのが怖いのです。

不安なのです。

そうした同じ行動のマンネリに少しずつ変化を与えていくことで、自分も、自分の人生も少しずつ変化していくのです。

12、信念を持って取り組む

自分の目標に向かって進んでいくうち、どこかで遅かれ早かれ障害にぶちあたって止まってしまうことがあります。

結果がいつまでたっても出なかったり、相手から拒否されて受け入れてもらえなかったりと。

そんな時、自分の能力や自分の信念が信じれなくなるときがあります。

でも、そこでへこたれているようでは、その先に待っている成功はつかむことはできません。

そんな時に一番信じないといけないのは自分です。

自分で自分を信じれなくなったらおしまいです。

だから、自分の基盤となる信念、ポリシーは何なんだというのを常に確認しなければいけません。

自分はどこから生まれ、どういう人間で、どこへ行こうとしているのか、そして物事に対してどういう考えをもって取り組むのかなど、自分の信念というものを築き、そしてそれを信じて日々前進していくしかないのです。

そうすれば、他人のことで悩んだり、嫉妬したりする感情というのはなくなっていくものです。

自分に確固たる信念がある人は、見ていてもどこか堂々としているし、余裕があってオーラがある人が多いです。

そういう人に人は集まり、大きなエネルギーの輪となってゆくのです。

13、どのような人になりたいか考える

人から学ぶことを「まねぶ」と言うこともあるように、良きお手本となる人、目標となる人が自分の中にいるということは、自分をより目標へと高めてくれる存在です。

何事に取り組む時でも、はじめのうちはどっちへ行けばいいのか、どうすればいいのか分からないものです。

そういう時はまず、先人の行いを真似してみるということが重要です。

そうすることでやり方、形を学び、徐々に自分なりのオリジナリティのあるやり方へと変えていければよいと思います。

最初は人を真似ることから入ったとしても、最後は必ず自分に合ったやり方に変わってくるものです。

なぜなら、人それぞれ容姿も違えば考え方もちがう、生まれた環境も違うし、何も同じものはないから、同じやり方をしたとしても出てくる答えというものは一人一人違うからです。

そして、自分の目指す人間は自己実現を成功し、自分の人生を楽しんでいる人物にするべきです。

手本とすべき人が程度の悪い人だと、それを真似たところで、その程度かそれ以下の人物にしかなれません。

14、成功イメージを持っておくこと

成功をするためには、成功したときの自分のイメージをより具体的にもっていたほうがよい。

自分はどんな仕事をしていて、どんな地位にいて、どんな人間と付き合っているか、そしてどんな家に住み、どんな車に乗って、何を持っているかなども写真とかを見て常にイメージしておくことが大切です。

自分は成功もしていないし、貧乏だから成功なんて遠い遠い夢だから無理だと思っていてはそれまでの人間で終わってしまうでしょう。

まだ、成功してない段階から、あたかも成功した人間のように毎日を過ごすことが重要です。

あくまで思考であって、何もいい車に乗っていないと成功者の思考になれないということはありません。

成功者ならこう考えるだろうなとか、こんな振る舞いは成功者がするはずがないといった風に自分の中でイメージして妄想して行動していく。

するといつの間にかそれは現実のことになってゆくのです。

自己実現を高めるために読んでおきたい本7選

自己実現を高める助けとなる素晴らしい本をご紹介いたします。

これらの本は多くの自分を高めようとしている人が読んでいるベストセラーばかりです。

多くの気づきやヒントが得られることでしょう。

自分の中だけで考えていても答えが見つからないときには、先人に学ぶというのが1番です。

きっとあなたの心に響く言葉がみつかるはずです。

1、置かれた場所で咲きなさい

人生生きていればいろんなことがある。

結婚したり就職したり。

でも自分が思い描いていたの違ってこんなはずじゃなかったのにとため息がでる瞬間もあるのかもしれないが、そんな時も自分の置かれている環境で人生をいかに輝かせるかが大切であるということを教えてくれます。

上手くいかないときには根を下へとのばして耐え、いつか咲く美しい大輪の花のために努力を惜しまないことが大切だと気づかせてくれる一冊です。

2、仕事は楽しいかね

自分の好きなことを仕事をしたいと思っていてもできない、または自分の好きなことが何なのかわからない人が読むとヒントをもらえる本です。

成功というものは一生懸命計画をしてがつがつ努力してみても結局ほとんどの人はできない。

偉大な成功というものは、何か新しいことをやった人間がその過程で偶然みつけたケースが圧倒的に多い。

ならば、新しいことにいっぱいチャレンジして後は天命を待ちましょうという1冊です。

3、5年後、あなたはどこにいるのだろう?

数々の名言を毎日読むことにより自分を奮い立たせてくれる1冊。

5年間とは260週、1825日、そして262万8000分。

この時間をあらためて考えると、時間を無駄にしてはいけないと思うことができる。

人は死ぬまでに本当に自分に備わった力を100%使うことなく死を迎える人が大多数だが、この本を読むことで時間の大切さ、そして自分を日々高めていく大切さに気づかせてくれる。

4、やり抜く力

人生に成功するか否かを決めるのは学力ではない。

それは「やりぬく力」であることを説く本です。

結局、成功するにはあきらめずに継続できた人間です。

しかし、人間うまくいかないとやめてしまう人がほとんどで、最後までやり抜くとはとても難しい。

小さな子供たちへの実験で、最後までお菓子を食べるのを我慢できたグループは、その何十年後にいい大学に入って成功の道を進む者が多いという結果がでていました。

そういった胆力を身につけるにはどういった考えで物事に取り組むべきかなどが書かれた本です。

5、嫌われる勇気

心理学者アドラーは人の悩みというのは大半が対人関係の悩みであるとし、いかにしてそれを克服するかを説いた本です。

生きていくうえで学校であったり職場であったり、または家庭であったりと、たくさんの人が集まって生きていくうえで、他人にばかり振り回されず、どう考えれば幸せに生きることができるのかということが書かれています。

人と相対して何かをするたびに人疲れ、気疲れをしてしんどくなってしまう人も多くいると思いますが、そういう人に気づきを与えてくれる本です。

6、幸せになる勇気

皆、自分も幸せになりたいと思って日々を生きているのにもかかわらず幸福な人間というのは少ない。

この本は本当に人生に自立し、本当の愛に気づき、どうすれば本当の幸せになれるのかということを説いた本です。

人間はどうしても過去に起こった様々なことや、これから起こるかもしれない未来のことばかり考え、頭を悩ませてしまう生き物ですが、そうではなく今この瞬間を輝いて生きることこそが一番大切なんだということを再確認させてくれると思います。

7、結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

口だけでなく行動が伴わないと何も意味がないとわかってはいても、なぜか実際行動に移せる人というのはほんの一部しかいません。

結局、成功は行動した人が勝ち取るという非常にシンプルな公式があるのにもかかわらず人は行動できない。

そうした原因を分析するとともに、どうすれば行動できる人間に変わることができるのかが書かれた本です。

まとめ

人生は一度きりです。

その大切な一度きりの人生をどう生きるか。

それは自分を知り、自分の可能性を知り、それを追い求める旅であると思います。

生きていく上において、仕方なく人のいいなりになっていたり、自分を押さえつけて生きている人も多くいるでしょう。

しかし、どこかで一度自分を見つめなおしてみる。

そして自分の内側から出る声に気づいたら、その時は勇気をもって行動するべきです。

たとえそれが日常から逸脱してしまうことがあったとしても、自分が惹かれる、興味があることから逃げてはいけません。

そこにこそ自分の可能性を最大限に伸ばせる「自己実現の達成」のヒント、チャンスが転がっているからです。

別に大層なことをしろと言っているわけではなく、日常の中にもたくさんの気づきはあるはずで、そういうチャンスに気づけるよう常に心を開きアンテナを伸ばしておくことが大切なのだと思います。

自分を知り、自分らしく生きて一度きりの人生をまっとうし、人生を終えることができたなら、何も後悔なく自分の人生に満足して旅立っていけるのだと思います。

それは自分を変えていくことで誰にでもできることなのです。