皆さんはアウェイという言葉について聞いたことありますか?

サッカーを好きな人であればたいていの人はよく知っているのではないのでしょうか?

そして、そこまでサッカーに親しみがない方にとってもこのアウェイという言葉を非常に聞き慣れているところがあります。

例えば、いろいろな掲示板を見ていると「お嫁さんは夫の実家にとってアウェイな存在」というような書き込みをよく見ることがありますよね。

では、このアウェイというのは一体どのような意味があり、どのような使い方が正しいのでしょうか?

また、自分がそのようなアウェイな環境でやっていかないといけないようなシチュエーションは十分にあります。

その時の心得などいろいろな観点から見ていきましょう。

アウェイってなんのこと?

そもそも、このアウェイという言葉はどのような意味があるのでしょうか?

それは、基本的に「敵地」と言う言葉を意味しています。

ですので、サッカーにおいてアウェイでの試合というと、敵地での試合のことを指します。

具体例を挙げると、日本とブラジルがサッカーで試合をしたとして、日本のプレーヤーにとってブラジルでサッカー試合をすることを「アウェイでの試合」といいます。

このような敵地に試合に行くことをアウェイというのです。

このアウェイでの試合が一体何が問題なのかと言うと、サッカーなどのスポーツ全般においてはその国ごとに気候が違うところがあります。

ブラジルはそうでもありませんが、南米の国においては標高が高く酸素が薄いところがあります。

現地の人だったらそこで試合をしているので、そこで使用するのはなんて事は無いのですが、日本人にとっては非常にきついものがあります。

諸外国の人にとっては、日本の独特な湿気が体力的にすごいきついこともあり、アウェイでの試合と言うと、かなり体力的なエネルギーを消費しますし精神的に苦痛に感じるところもあるのです。

たまに耳にするアウェイ

もちろん、先ほども触れたように何もこのアウェイという言葉はサッカーの試合だけではありません。

先ほども触れたように、婚家でのその親族の中に1人でいるときはアウェイと言う言葉で表現します。

そして、このアウェイな環境は、お嫁さんである女性ばかりかと言うともちろん男性でもアウェイな立場になることもあります。

具体例を挙げると会社の飲み会でアウェイな環境でやりにくいと言うことも十分にあります。

ですので、いろいろな立場の人でもこのアウェイの立場での経験することがあります。

アウェイの意味や使い方を覚えよう

アウェイと言うと、いいやすいことからついつい気楽に使ってしまいがちですが、本来の意味は敵地を指します。

ですので、その敵地から場違いなところとか、居心地が悪いような意味で使われるようにはなっているものの、やはり「敵」と面と向かって言われると良い言葉ではありません。

全く関係のない第三者に、「今回のところはアウェイなところだからつらいよ。」と言うのはアリですが、その場にいる人に実際にアウェイという言葉を使うとかなり印象が悪くなります。

アウェイの解説

このようにアウェイと言う言葉を使うときにはかなり注意が必要です。

では、このアウェイの意味について詳しく解説していきましょう。

意味はもちろんのこと、色々とそのアウェイと言う言葉がつく言葉や、具体例などいろいろなものを見ていきましょう。

アウェイの意味

先程のも触れたように、アウェイの意味はそもそも敵地のことを指します。

ですので、相手の試合と言うと敵地での試合であることを指します。

そして、スポーツの事だけではなく、実際の生活においても居心地の悪いところについてアウェイという言葉を使うようになりました。

英語「away」から

日本語の表記においては、カタカナでアウェイと書きますが、本来は英語のawayと言うような意味で使われています。

本当の意味は、「離れて」とか「向こうに」、「不在」、「別の場所に」、「あちらへ」、「去って」、「なくなって」と言うような意味合いがあります。

「Awaywith!」というと、「〇〇を追い払え!」という意味、「awayback」というと「ずっと以前」、「doawaywith」というと「〇〇を除く、廃止する、〇〇を殺す」という意味合いになってきます。

このように見ていくと、「追い払う」とか「ずっと遠くのどこかにいって」というような意味合いがありますよね。

このように、かなりかけ離れていたり遠くにやるようなイメージがあることから、意味が転じて、居心地が悪いところとか敵地という意味合いになったことも非常によくわかりますよね。

アウェイの2つの意味

このように、アウェイとは2つの意味があります。

では、この2つの意味合いについてもっと詳しく見ていきましょう。

敵地であること

先取りも触れたように、試合において敵地であることを指します。

もちろん、国別の試合でその国での試合は日本のプレーヤーにとってはアウェイと言うことになりますね。

逆に、日本で試合をすると、その諸外国の選手にとっては日本がアウェイなのです。

先ほども触れたように、各世界ごとに数字に適応した気候があります。

例えば日本で言うと高温多湿のところがありますね。

もちろん日本といっても広いですので、北海道から沖縄まで、いろいろな気候があります。

日本は、基本的に湿気が多いところがあり、からっとした気候ところの出身の選手だと、その湿気で汗をかいても乾かないことから、かなり体の調子を崩しやすいところがあります。

そして先ほども触れたように、逆に我々日本人が南米のような標高の高い所で試合をすると心肺機能の問題で、高山病になりやすいところがあります。

また、沖縄は比較的温暖で夏は暑いところがあっても、やはり南の島の国のような暑さで言うと日本人はそんなに慣れていません。

逆に、北欧のような寒い北極圏のような国も日本人にはなじみがなく、試合と言うと少々難しいところがあるかもしれません。

このように敵地であることは、その時のコンディションが違うということで、体調や精神の調子を崩しやすいのです。

そして、地元の人の方が試合に見に来やすいところもあって、応援の数がどうしても差があるので、試合のしにくさもあるようです。

このように敵地で試合をすると言うのは結構大変なものがあります。

居心地が悪いこと

そして、このような試合のあるようなスポーツをしている人以外にも、このアウェイという環境があることがあります。

それは、居心地の悪い環境のことがそのことを指します。

著者は男性ですが、もし女性だけの中で自分が1人だけ入るとなるとかなり居心地の悪さを感じます。

実際にそれを経験したのは、妻が土曜の保育園の園庭開放に、当時まだ赤ちゃんだった長女を連れて一緒に参加した時です。

妻には、あらかじめ来るか来ないかどうするかということを聞かれたけど軽い気持ちでオーケーしたら、なんと父親が自分しかいなかったのです。

その時の居心地の悪さと言ったらなかったです。

やはり、その子育ての世界と言うと最近はイクメンと言う言葉もてはやされ男性の参加も増えては来てはいます。

ですが、まだまだそのような子育ての領域は女性の世界だなと思ったものです。

最近、専業主夫と言って、夫が主婦業をしているというケースも最近は出てきたとは言われています。

ですが、著者の住むところは地方都市と言うこともあり、まだまだそのような人には出会えていません。

やはり、そのような環境はアウェイなんだろうなと思いますね。

スポーツの試合


スポーツの試合の時の時はそれを強く感じますね。

著者は、プロ野球が好きでよく見に行きます。

しかも、住んでいる所には、地元の球団があり、その球団のファンで非常に応援しているのです。

長女も、そのような野球に興味があるのでよく試合観戦に行きますが、その地元での試合と言うと非常によく盛り上がります。

そのチームのカラーがあるのですが、全体的にそのようなカラーで統一され、応援の声援も非常に大きいのです。

ですので、その地元に試合に来た時は、その著者の地元の球団の選手がアウェイになるのですが、やはり応援席には限られた人しかおらず、応援の少なさは際立ちます。

もちろん著者が贔屓にしているようなプロ野球の球団も、他の球団にとってはアウェイになるのです。

もちろん、熱狂的なファンがそこに応援に駆けつけているようですが、それでもやはり応援できる環境は限られている事もあり中継を見ていても応援は少ないなと言う印象持ちますね。

それこそがアウェイなのかもしれませんね。

身の回りの環境


身の回りの環境においてアウェイな環境はあります。

著者のように、会社員だとこのような環境に身を置かれる事はなかなかないです。

会社員と言うのは基本的にその会社に守られているところがあります。

ですので、もし非常に大きな損害を出したとしても、その責任を会社が責任を負う形になり自分はそれを理由に会社に行きにくくなることあるのかもしれないけれど、解雇されてしまう事はありません。

ですが、最近著者は副業や投資などにも注目しており、そちらにもアンテナを張っていますがそのような環境だと、やはり皆後ろ盾がないアウェイな環境の中でやっていっていると言う印象があります。

それは何故かと言うと、基本的にそのような人はもし何かがあっても自分が責任を負わなければなりませんし、会社にも守られていません。

もちろん会社員というポジションを保ちつつ副業で成功しているすごいと思いますが、それ1本で勝負をしている人はアウェイな環境で頑張っていると思いますね。

アウェイがつく言葉

ではアウェイと言う言葉がつく言葉にはどのようなものがあると思いますか?

いろいろな具体例を見ていきましょう。

アウェイ感

よく使われるのは、この「アウェイ感」と言う言葉です。

この「アウェイ感」と言うことでしたら多くの人が感じているかもしれませんね。

もちろん誰でも友達にすぐになれるような人だとそこまででは無いのかもしれませんが、人見知りするタイプの人だと、常にアウェイ感を感じている人も少なくないでしょう。

それは何故かと言うと、基本的にフリートークが苦手な人であれば、何を話したらいいかというのがわからず悩んでしまうっていうのがよくあるのです。

このフリートークというのが人見知りの人にとっては曲者で、話す内容間違えれば失言をしてしまうこともあるかもしれません。

会話がせっかく続いていたのでそこでブチ切れてしまうこともあり、本当にこれでよかったのかと思ってしまうこともあるのかもしれません。

また、職場に言っては、「アウェイ感」を感じてしまう職場はあるようです。

よく、なかなか人間関係がうまくいかずに転職をしてしまっている人はこのアウェイ感が強いからというのがあるのです。

もちろん、その職場の人に拒絶されてしまってそうなってしまうこともあるのかもしれませんが基本的にやはり人見知りタイプでなかなか入っていけないことがそのような原因になってしまうところがあるようですね。

意外に話しかけてみると、結構気さくに返事をしてくれることもありますので、考えすぎてこともあるかもしれませんね。

アウェイ戦

先ほども何度も触れているアウェイは、サッカーの試合等についてもそのようなことがよくありますね。

何度もの繰り返しになってしまいますが、敵地の試合は肉体的にも精神的にもきついです。

ですので、このアウェイ選と言うと、勝つかどうかと言うのが非常に心配になる試合の1つです。

確かに、ネガティブな感じがするこのアウェイ戦ですが、違う環境で試合をすると言うのはその選手にとっては非常に有効なことです。

具体例を挙げると、先ほども何度もあげているように南米の標高が高い所で試合をするとなると、そこで慣れれば非常に強い心肺機能を得ることができます。

日本だけではなく、他の環境でも試合ができるという事は、ゆくゆくは世界に飛び出て活躍することができるということです。

アウェイ&ホーム

本来は、このアウェイ&ホームと言うのは、敵地か本拠地かということを指します。

こちらの意味は、サッカーなどのスポーツで、2チームがそれぞれの本拠地で、2回ずつ対戦をする方式のことを指します。

こうすると、環境に有利不利な環境での排除することができ、平等に支援することができるのです。

こちらは、サッカーばかりではなく、ラグビーやバスケットボールについても、同じような感じで使用することもあるのだとか。

このように、お互いに慣れている環境と、不慣れな環境とで試合ができると言うことである意味均一化していると言うメリットがある一方で、完全に均一化することは不可能で試合の形式によっては、2試合目だけが延長戦になる時はやはりその2試合目がホームだったチームの方が有利なのは言うまでもありません。

ですので、完全に均一化することが難しいと言うことで、一見平等に見えて良いと思われるようなこの制度も思いがけの穴があると言う事なんですね。

アウェイの具体例

では、このアウェイというこの言葉ですが、どのような答えがあるのか見ていきましょう。

自分にはそのようなシチュエーションはないと思うようなものもありますし、「あーわかる!よく自分がこのようなポジションになってしまうな。」というようなこともあるかもしれません。

では、このアウェイな事例を1つ1つ見ていきましょう。

アウェイの例1

先ほども触れたように、性別的なアウェイというのもあります。

著者は、子育て中のお母さんに混じって見たことがありますが、非常に居心地が悪かったです。

妻も同じような経験をしているようで、昔会社勤めをしていた時は、営業職の人が皆男性で、女性は著者の妻1人だったそうです。

著者の妻は、男子校にぶち込まれてしまったような感じだったと言っています。

やはり、男性同士の話で聞きたくないような話もあったようです。

ですが、やはりマイノリティーがあまり気遣いがされないようで、常にそのような、男性故の裏話で花が咲いていたようです。

著者の妻は、若い頃にその企業に入っていたら完全に男性不信になるなるだろうなと言っていました。

ですので1番わかりやすいケースとしては性別によるアウェイというのがあるのかもしれません。

ただたまに、そのような性別を感じさせないようなフレンドリーさでうまく入っていく人もいるようで、男性でもうまく女性の話に入っていく人もいますし、逆に女性が男性の中にうまく入っていくような例もあるようです。

アウェイの例2

今度は、どのような環境でもあり得るような人見知りの人が感じるアウェイ感です。

例えば複数人のグループで話している時、自分だけわからない話をされてしまったというようなことになると非常にアウェイ感がありますよね。

著者の地域には、とあるスポーツで地域でスポーツチームを作っています。

そこに属している事属していない子で、話はだんだんと合わなくなってくるようで、最近、著者の長女が高学年になりましたが、中にはそのグループを外されてしまう子もいるようですね。

以前は、その地域の子がみんな仲良く遊んでいたようですが、そのグループから外れてくるこが、最近しつこくうちの長女に遊びに誘いに行きます。

やはり、そのようなグループでアウェイ感を感じることによって仲間から外されて行き、そこで孤立を深めているところがあるようです。

ちなみに著者の長女も、その地域の事は合わないとは言っていて、そのグループに入ると非常にアウェイ感を感じるようです。

ですが、他のグループに属して、楽しそうにしています。

やはり、そのような子供であっても大食館と言うのは常に感じることがあるようです。

アウェイの例3

後は婚家の実家に行くとそのようなアウェイ感を感じることがありますね。

著者の家はそこまでではありませんが、妻の実家に行くとやはり自分がアウェイだなと思うようなことがあります。

やはり家族の中に入っていくということは、その家族の絆は昔から培われていますので、そこにいきなりポッと入っていくのは大変なものがあります。

特に、妻の義理の兄夫婦は他県に住んでいることから、そこに実家に帰るといっても数年に1回ですので義姉はアウェイ感を感じているところがあるようですね。

義兄から色々と愚痴を言われると、逃げ場がないというところが大変気の毒に感じることがあります。

アウェイの例4

また、アウェイの代表格としては、ベンチャー企業のようなところに属するのもアウェイな環境と言えるかもしれません。

最近は、特に安定志向が強いことから多くの人は会社員になることを望み、大学に入ってから就職活動に余念がない学生もいまだに多いです。

それは何故かと言うと、やはり基本的に安定する立場に身をおきたいというのがあります。

ですが、その立場を捨てて芸能界とか自衛業の世界に飛び込んでくる時は、やはりアウェイな環境に身を置くと言うことになります。

ですので、会社員も大変魅力的ですが、フリーランスとして自分の腕1本で勝負していくというのもまたアウェイな環境という感じがしますね。

アウェイの例5

そして、多くの方が今現在スマホやガラケーなどを含む携帯電話を使っていると思いますが、どのようなところ使っていますか?

ドコモ、au、ソフトバンクの3社が主なキャリアですよね。

ただ調べてみて驚いたのですが、なんとソフトバンクについては2006年までは携帯キャリアですらなくその業界にとってはアウェイな立場から参入してきて、その業界のキャリアと呼ばれるまでに急成長とげたところなのです。

ソフトバンクと言うとかなり昔からあったような錯覚がしますが、なんと携帯のキャリアとして認められたのは、2006年と割と最近なのです。

アウェイな状況で自分の力を発揮する7個のポイント

アウェイなの環境と言うと、あまりその立場でいたくないなと思いますよね。

ですが、このような環境に身をおくことで自分が急成長するということは調べた情報によってたくさん出てきますし、確かにそうだろうなと思います。

サッカーの試合などにおいても、アウェイの環境で試合をすることで、他の環境においても実力を発揮することができるようになるかもしれません。

もちろん、このようなスポーツをしないような人間でも、このようなアウェイの環境に身をおくことで自分を成長させることができます。

ですので、あえてこのような環境に飛び込むと言うのもありです。

もちろん、安定志向である人はそれはそれでいいのです。

ただ意図せずにアウェイな環境に身をおかざるを得なくなってしまうこともあります。

やはり普通に会社員をしていても、職場の人間関係によっては孤立をさせられてしまうことも十分にあります。

では、アウェイの環境に身をおくことになった時どのような心がけをしていったらいいのでしょうか?

自分に自信を持つ

アウェイな環境と言うと違う価値観に触れることになり、自分の価値観が揺らぐことがあります。

本当にこれでいいのかと思ってしまうこともありますよね。

ですが、どうか自分に自信を持ってください。

何年生きてこられたかにもよりますが、それだけその価値観で生きて来れたのです。

ですのでその価値観に自分を持つ自信を持つことも大事です。

あと悲しいことですが、自信がなさそうに見えることでいじめの対象になってしまうことがあります。

そのようないじめをしたいとついつい思ってしまう人は自信がなさげでおどおどしている人をターゲットにします。

ですので、アウェイの環境でも自分に自信を持つことで、そのような人を寄せ付けない一面があります。

ですので、自分に自信を持つということを大切にしてください。

【自分に自信を持つ方法は、こちらの記事もチェック!】

堂々とした姿勢

先程のことにもつながりますが、自分に自信を持つことができると、常に堂々とした姿勢を持つことができます。

こちらも、そのようないじめたいと言う潜在意識がある人を引きつけないと言う意味でも堂々とした態度をとるようにしましょう。

そして、この堂々として姿勢に魅力を感じて引き寄せられていく人もいます。

ですので、どんなにアウェイな環境で味方がいなくても常に堂々とした姿勢をとるようにしましょう。

人は意外にもその権力者の下についていってるように見えても、そのようにしないと過ごしにくいと思っているだけで心の中は違うことがあります。

ですので、そのアウェイな環境に押しつぶされないようにしましょう。

周りを気にしない

周りが気になり始めると、このアウェイな環境が非常に辛くなります。

基本的に、女性であればグループ化しており、1人で行動するとなると非常に目立つところがあります。

そうなると周りの目が非常に気になるところがありますよね。

男性もそこまででは無いにせよ、やはり会社の権力闘争などがあると、そのような周りが気になるところがあります。

ただ周りを気にしすぎると、このアウェイな環境が非常に気になり始めて堂々とできなくなったり、自分に自信がなくなってきたりします。

ですが、このアウェイな環境にいるというのは自分を成長させるチャンスでもあります。

ですので周りを気にせず、自分がやるべきことをに集中するということを大切にしましょう。

誰かと仲良くなる

確かに、このように自分に自信をもって堂々とするということが大切なのかもしれません。

ただやっぱり誰か仲間がいたほうが、よりやりやすくなるところは確かです。

ですので、アウェイ感はあるのかもしれませんが、誰かと仲良くなる努力も少ししてみましょう。

そこからどんどんと仲間が出来始めるかもしれません。

人は基本的にそのような集団意識を持つところがあります。

それは何かと言うと、一人一人がそこまでひどい人間ではないのに、集団となると驚くようなひどいことをすることもあります。

集団でのいじめがまさしくそうですよね。

このように、このような集団意識があると、このような悪い事でもできてしまうというところがあるのです。

でもそれを良いほうに向ければ、非常に大きな力を発揮します。

例えば著者の妻は子供会の役員をしていますが、やはりいろいろなお母さんの協力を得ることによって、つつがなく良い方向に遂行することができるということで集団の力の大きさを実感したようです。

空気を読む

確かにアウェイな環境の時は周りを気にしすぎたりすることが良くない結果になることがあります。

ただ傍若無人な態度での大変危険です。

アウェイ感もあるかもしれませんが、本当に孤立してしまう可能性もあります。

ですので、気にしすぎるのは良くないにせよ、少々空気を読む努力をしましょう。

やはり、日本においては空気が読めないと人間関係を築くことが難しいところがあります。

もちろん、諸外国は空気を全く読んでいないかというとそうではなく、ある一定の空気を読む力を求められるところがあります。

例えば、皆さんは女性が「私と仕事どっちが大切なの!?」と聞いてきたときどのように答えますか?

「どっちも大切に決まっている!」とか、「将来君を養っていくために仕事がんばっているのになんでそんなこと聞くんだ!?」というのは不正解です。

この発言をした彼女の気持ちに注目する必要があり、その質問自体に答えるのは無意味です。

この答えの正解は、「寂しい思いをさせてごめん。」が正解のようです。

とあるイケメン俳優さんが、このような質問されたらどうしますか?

と言う質問に対して、「『そんなこと言われても仕事しないと生活できないじゃん。それとも君が代わりに僕を養ってくれるの?』と答えるね。」と答え、大ブーイング起きました。

たとえどんなにイケメンであってもこのような発言をすると、やはり嫌われてしまうところがあるようです。

自分らしくいる

周りを気にするなとか空気を読めとか言われて頭が混乱するところもあるかもしれません。

あるところで空気を読まないといけないですし、基本的にオドオドとしているような様子に見られるのは良くありません。

少し気をつけるべき点はあるのかもしれないけれど、基本的には自分らしくいるということに趣を置きましょう。

基本的にその人らしいことに忠実であった人は成功している人が多いです。

例えばスティーブ・ジョブズは皆さんご存知ですよね?

彼はいろいろな伝説があり、人に「え?」と思われるようなことも結構しています。

ですが、彼はApple社の立ち上げなど非常に大きい功績を残しました。

もちろんそこまで突き抜ける必要ありません。

ですがある程度自分らしくいるということでその集団に大きな力を発揮させることもあるのかもしれませんよ。

リラックスする

アウェイな環境と言うとどうしても緊張します。

このようにしたら自分が浮いてしまうのではないかと言う不安感や、どうにかしてなじまないとと言う気持ちもあるかもしれません。

ですが、ここはリラックスして自分らしくいると言うことに趣おきましょう。

その上で、そこそこの空気を読んだり堂々とするということを大切にしてください。

アウェイでも自分に自信を持って!

様々の事情で、アウェイの環境に飛び込んでいく人、特に望んだわけではないけれどアウェイの環境に飛び込まなければいけなくなった人、いろいろな人がいるでしょう。

ただ、アウェイな環境でも大きく成長ができたりします。

ですので、どうか自分に自信を持ってください。

その環境でやって来れたというのはきっと大きな自信につながりますよ。