「転職を考えているけど、不安が多くてなかなか行動に移せない・・・」

そんな悩みを抱えた人は少なくないでしょう。

転職すれば今よりスキルアップが目指せたり、自分の新しい可能性を試せたりします。

メリットの多い転職ですが、実際の行動に移すまでにはたくさんの不安や心配が付きまといます。

そんな不安や心配に悩む人のために、転職の不安を解消する方法についてご紹介します!

転職したいと思っても不安や心配でなかなか動けない


あなたは今の会社に勤めて何年目ですか?

就職してある程度の年数が経つと、転職を考え始める人は多いです。

転職すれば今よりも充実して働けるかもしれませんし、新しいことにチャレンジしていけるかもしれません。

また、今の職場よりも働きやすい環境だったら、毎日会社に通勤するのが楽しくなるかもしれません。

転職にはたくさんの夢や希望が詰まっています。

しかしその反面、不安や心配になることもたくさんあります。

転職先が今の職場よりも悪い環境かもしれませんし、自分のやりたい仕事が出来ないかもしれません。

また、仕事に就いていけるかが不安など、夢や希望と同じくらいに不安や心配を抱えている人は多いです。

そうした不安や心配な気持ちから、なかなか転職活動に踏み切ることが出来ない人もいます。

また、転職活動がしたくても、今の職場が忙しくてその時間を作ることが出来ない人もいるでしょう。

本気で転職したければ、時間はどうにでも作ることは出来ますが、不安な気持ちがその一歩を躊躇わせてしまっているという人もいるでしょう。

転職は誰もが一度は考えますが、これらの理由から、実際に行動する人はそれほど多くはないのです。

転職を考える年齢は?

転職は、30代頃から考え始める人が多いです。

例えば22歳で今の会社に就職し、それから約10年間働くとします。

10年働いていると、会社の大体の姿が見えてきます。

これ以上自分の昇進や昇給が望めるのかどうか、新しくスキルアップを目指すことが出来るかどうかなど、自分の人生を今の会社で充実させ続けていくことが出来るのかどうかが、何となく分かってくる頃合いが30代でしょう。

もちろん30代だけでなく、早ければ20代で転職を考える人はいますし、40代や50代で転職を考える人もいます。

中には今の会社を定年退職した後で、そこからさらに仕事を探すという人もいるでしょう。

転職は30代頃から考え始める人が多いですが、何歳で転職活動を開始するのかは個人差がありますので、「いくつになったら転職を考えるべき」といった概念はないでしょう。

転職の不安や心配を解消する8個の方法

転職は、これまでとはまったく違う職種や会社に移ることです。

いわば自分が未知の世界へ飛び込んでいくようなものですので、当然それを不安に感じたり、心配になったりするでしょう。

むしろ、転職をする際にまったく何の不安もないという人はいないでしょう。

不安や心配がつきものの転職ですが、その不安や心配を少しでも解消する方法をご紹介します。

転職をしたいと考えながらも、不安や心配がありなかなか行動に移せないという人は、ぜひ解消法を試してみてください。

1.周囲に相談

自分一人だけではいくら考えても答えが出ないという人は、周囲に相談してみましょう。

家族や友人、同僚や会社の上司など、自分が信頼出来る相手に話を聞いてもらい、自分がどうしたらいいのかアドバイスをもらいましょう。

自分が信頼のおける相手の話であれば素直に聴き入れることが出来ますし、自分では思いつかないような解決策やアドバイスをもらえるかもしれません。

また、例えば自分では今の会社で必要とされていないため、転職を考えていたとしても、同僚や上司からは実は期待をされていたり、頼りにされていたりすることが分かる場合もあります。

その場合には今直ぐ転職をせずに、もう少し今の会社で様子を見ようという選択肢も新たに出来るでしょう。

周囲に相談する際には、転職の経験者に話を聞くのが高確率で自分のためになります。

相手がどんな理由で転職したにせよ、一度は同じような不安や心配を抱えていたでしょうから、そうした不安な気持ちや心配をどうやって解消したのか、具体的なアドバイスをもらえるかもしれません。

いろんな人の意見を聞く

アドバイスはいろんな人の意見を聞くのがおすすめです。

信用出来るたった一人だけに相談するのも良いですが、一人だけの意見よりも、何人もの意見を聞いた方がそれだけ参考になる意見が増えます。

あまりたくさん意見が増えすぎてしまうと、どれがいいのか分からなくなってしまうという人もいるかもしれません。

その場合には、それぞれのアドバイス内容を紙にメモをして、じっくりと一つひとつの意見を見直してよく考えるようにしましょう。

人の意見に左右されやすい人ほど、受けたアドバイスをそのまま実行してしまう傾向がありますので、たくさんの意見があった方が自分で考える時間が作れるでしょう。

たくさんのアドバイスと、正直な自分の気持ちとを照らし合わせて、一番納得出来る考えを自分でまとめましょう。

2.条件の確認

転職しようとする人のほとんどが、次の会社に対してある程度の条件を考えています。

例えば今の会社が不定休だったら、次の会社は完全週休二日制のところにしようと考えたり、また今の会社が残業の多いところなら、次の会社は残業の少ないところにしようと考えたり、大抵は今の会社よりも条件の良い会社に転職しようと考えます。

人によっては「転職先にそこまで条件は求めないから、とにかく今の会社から早く離れたい」という場合もありますが、そうした場合でもない限りは、普通はじっくりと自分の条件の合う転職先を、時間をかけて探す人が多いです。

転職先の会社は、自分がどのような職種で働きたいかということも大きな要因の一つですが、その他にも休日や残業の有無、給料や昇進は可能かなど、人によってさまざまな条件が要因となります。

転職先の職種がまだはっきりとしていない場合には、まずは自分の条件を確認して、その条件に見合う会社を選択していくという方法もあります。

欲張りすぎてないか自分で振り返る

どうせ転職をするのなら、今の会社に就職した時よりも良い条件で働きたいと思うものですよね。

また、最初の就職先の場合、「どこでもいいから就職を決めたい!」と就職活動を無事に終わらせることに必死になって、適当に妥協して勤め先を決めてしまっていることもあります。

一方で転職の場合には、明確な目的や希望を持って転職活動を行いますので、その分条件にも気合いが入り、自分でいくつも条件を定めてしまうことがあります。

例えば勤務時間や残業の有無、休日や給料など、いくつも条件を挙げるほどに、自然と選択肢は狭まっていきます。

自分が「これだけは譲れない」という絶対の条件は妥協する必要はありませんが、それ以外の条件はある程度に抑えておかなければ、自分の条件に合う転職先を見つけるのにとても時間がかかってしまうでしょう。

条件ばかりが多くて探すのに時間がかかってしまっては、いつまで経っても転職先を見つけることは出来ません。

また、それだけ条件を付けた会社に、自分の能力が見合っていないと面接で判断された場合には、働きたくても落とされてしまうこともあるでしょう。

転職先で条件を考える際には、欲張り過ぎていないか自分で振り返りましょう。

3.妥協も大事

転職先を決める時には、妥協も大事だと頭に入れておきましょう。

どんな物事でも、常に自分が納得出来ないものは受け付けない、自分が良いと思うものだけを行っているという人はあまりいないでしょう。

それが個人的なことであれば自分のこだわりのままに行動することが出来ますが、集団の中で行動したり、転職先を見つけたりする時にはある程度妥協をしなければ、身動きが取れなくなってしまいます。

自分以外のものが関わっている場合、それらのものはいつでも自分の思う通りに動いてくれるわけではありませんし、自分のために存在しているわけでもありません。

自分自身が関わるものに対して気を遣ったり、合わせたりしなければならないことも多いでしょう。

転職先でも、自分の希望ばかりが通るということはありません。

譲れないところはこだわりながらも、それ以外の部分ではある程度妥協をすることで、自分に合った転職先を見つけることが出来るようになります。

4.とにかくリサーチ


転職を考えている人は、最低限転職先の候補の会社についてリサーチしていることでしょう。

しかし、表面上だけのリサーチでは会社についてしっかりと知ることは出来ませんし、いざ働き始めてから「しまった、ここの会社も自分には合わない・・!」と後悔する羽目になるかもしれません。

せっかく転職したのに新しい勤め先でも働くのが嫌になってしまわないように、予め転職希望先を徹底的にリサーチしておきましょう。

会社のホームページをすみずみまでチェックするのはもちろん、重要な部分や気になるところは自分でメモをしておきます。

そして面接の時には自分が気になる点について積極的に質問をしていき、面接官から出来るだけ会社の詳しい情報を聞き出すようにするとベストでしょう。

面接の際にこちらからあれこれと疑問をぶつけることで、面接官も「しっかりと会社のことを調べてきたんだな」と評価してくれる可能性があります。

また、転職先にいくつかの候補がある場合には、それぞれの会社の情報をまとめて比較するようにしましょう。

リサーチ作業は面倒くさいと思ってしまいがちですが、自分自身のためにも必ず行うようにしましょう。

自分で調べられることは全てやる

転職先をリサーチする際には、自分で調べられることは全てやりましょう。

インターネットや雑誌などで情報を集めたり、面接の際に面接官に質問したりすることは自分で出来ることですので、リサーチし損なったことで後悔しないためにも、しっかりと事前にリサーチをしておきましょう。

もし転職先の会社の人と話をする機会を作れれば、そこで可能な限り会社の内情(働きやすさなど)について聞き出しましょう。

さらにヘッドハンティングの場合には、ヘッドハンターの人に詳しく話を聞いて考えるようにしましょう。

5.知り合いはいないか

転職先を決める際には、転職希望先に知り合いがいるかどうかも確認しておきましょう。

親しい友人であれば元々どこに勤めているかは把握しているでしょう。

転職希望先がある人は、予めその情報を友人に流しておき、もしその会社に勤めている人がいれば自分に教えてもらえるようにしておくと良いでしょう。

そして友人や知り合い経由でその会社に勤めている人がいるなら一度会って、働いている会社について意見を聞くのがベストです。

あまり詳しい内情まで聞くことが出来なければ、会社で働く環境や、人間関係はどうか、月の残業はどの程度かなど、自分の気になる点を積極的に聞き、転職先としてはどうか意見をもらいましょう。

実際に働いている人の意見を聞くのはとても重要なポイントですが、アドバイスの内容は何であれ、最終的にどうするか判断するのは自分自身です。

アドバイスはアドバイスとしてしっかりと聞きながらも、相手の意見を鵜呑みにせずに、冷静に自分で判断するようにしましょう。

6.気分転換をしよう

転職活動を始めると、それにばかり時間を取られてしまい、自分でも気づかない内に疲れてしまっていたり、ストレスを溜め込んでしまっていたりします。

新しい世界へ飛び込もうとする時ですので、本来はワクワクドキドキと気持ちが高揚したり、逸ったりするのが普通ですが、もしもそうした高揚感もなく、ため息が出てしまっている場合には、転職活動疲れに陥ってしまっている可能性があります。

転職活動疲れが進んでしまうと、その内転職そのものが億劫になってしまうかもしれませんので、適度に気分転換をするようにしましょう。

例えば毎日転職活動をしているのなら、週に一度は転職のことを考えない日を作りましょう。

その日は一日自分の好きなことをしたり、気を抜いたりして存分にリラックスしましょう。

適度に気分転換を挟むことで、頭の整理や気持ちの入れ替えが出来て、転職活動を前向きに行えるようになります。

時々、転職することに焦って、「ゆっくりする時間なんて作っている暇はない」という人がいますが、そういう人ほど気持ちが切羽詰まっていますので、しっかりと休むことが大切です。

7.楽しく働く自分を想像

転職先を探している最中や、すでに転職先が決まっていた場合でも、実際に働き始めるまでには常に不安や心配が付きまとうでしょう。

どれだけ転職先をリサーチしたところで会社の内情を全て知れるわけではありませんし、本当に自分がその環境に適応出来るかと不安に感じることが多いでしょう。

ネガティブな思考の人ほどそうした傾向が強いですが、そんな時には自分が転職先で楽しく働く姿を想像するようにしましょう。

転職先の環境に恵まれるかもしれない、人間関係が良いかもしれない、楽しく仕事が出来るかもしれない、など自分で言い聞かせるようにして出来るだけ前向きに考えるようにしましょう。

楽しく働く自分の姿が想像出来れば、いざ転職にむけて前向きな気持ちを持つことが出来ます。

8.転職活動での成長を感じる

転職活動が上手くいかない時は、そんな自分が嫌になってしまったり、ネガティブな気持ちになってしまったりします。

落ち込む気持ちが増すほどに、「自分に向いている転職先なんてないのではないだろうか・・」と悩んでしまうこともあるでしょう。

しかし、例え転職活動がスムーズに進まなくても、それをしていることで、確実に少しずつ成長しています。

どんな転職先があるのか、会社をリサーチしたり色んな人たちに話を聞いたりすることで、今よりも視野が広がり、考えが深まっていきます。

そうした成長は、転職活動をしなければ決して得ることが出来なかったものでしょう。

そのため、転職活動で落ち込んでしまいそうな時には、自分が転職活動を通して成長したことを改めて感じましょう。

落ち着いてよく自分の行動を振り返ってみれば、転職活動をしていなかった頃と始めた頃とで、少なからず成長を感じることが出来るでしょう。

その成長を感じることで、「諦めずに転職活動を頑張ろう」という気持ちを持ち直すことが出来るかもしれません。

転職の理由

ある程度の年数を勤めたら、一度は転職を考える人が多いです。

転職を考える理由は今の職場で限界を感じていたり、新しいことにチャレンジしたかったりと、人によってさまざまです。

少なくとも、今の会社に十分に満足しているのなら、転職という言葉自体思いつくこともしないでしょう。

では、頭に転職の二文字が浮かんでしまう人は、どのような理由から転職を考えるのでしょうか?一般的にみられる転職の理由をご紹介していきます。

1.経営方針が合わない

どんな会社にも経営方針があります。

今の会社に就職を決めた時には、必ず経営方針についても知る機会があったことでしょう。

会社の経営方針を承知の上で勤め始めたものの、働いている内に段々と会社の方針が自分には合わないと感じるようになる人もいるでしょう。

とくに大手の企業でなく、中小企業の場合には、経営方針が社長のワンマンであることも珍しくはありません。

そのため、常に社長の指示や意志に沿って仕事をしなければならない場合には、経営方針が自分に合わずに苦痛に感じてしまうことがあるでしょう。

会社の経営方針は、自分の仕事に対するやり方を定めるものでもありますので、それが合わないと感じる人は、別の会社に移りたいと考えてしまうでしょう。

2.職場環境

自分が働く職場環境の良し悪しによって、転職を希望するかが大きく違ってきます。

もし職場環境が良いと感じていれば、そこで働き続けることに何の不満も疑問も抱かないでしょう。

一方で、職場環境が悪いと感じていると、「会社を辞めて転職したい」と考えるのは自然の流れだと言えるでしょう。

誰でも仕事がし辛い環境にいつまでも居たいとは思いません。

職場内の人間関係が悪ければ、常に居心地の悪さや職場内のギスギスとした空気を感じながら仕事をしなければならず、必要以上にストレスに感じてしまうことでしょう。

また、休日出勤を強要されたり、有給が消化出来なかったりと、職場環境に対する不満があればあるほど、別の会社で働くということに魅力を感じることでしょう。

残業が当たり前

残業は誰でも避けたいものです。

その日の内に仕事が終わらなければ、仕方なく残業をする人はいますが、好き好んで残業をする人はいないでしょう。

例え残業代をたくさん稼げたとしても、毎日のように残業が続くと誰でも疲れてしまいます。

もし今の職場環境で残業が当たり前の場合、他の人が残業していたら自分も付き合って残業しなければならないこともあるでしょう。

また、他人の仕事を手伝って残業することもあるでしょう。

忙し過ぎて残業が続いたり、なんとなく周りに合わせて残業しなければならないような職場環境の場合には、そんな会社にうんざりして転職を希望する人がいます。

3.人間関係

どんなに仕事内容が魅力的でも、職場の人間関係が最悪な場合には、会社に出勤することが嫌になってしまいます。

就職先を決める上で、人間関係は誰もが重視するポイントです。

出来るだけ人と関わりたくないという人は、機械を相手に仕事をする会社を選びますが、それでも最低限は人と関わらなければなりません。

人間関係が当たり障りのない程度であれば問題はありませんが、互いに親密過ぎてトラブルが発生する職場の場合、仕事以外に人間関係で気を遣うことになり、今の職場が嫌になってしまう人がいます。

4.給与

就職先を決める時、誰でも給与面を気にしますよね。

もちろん給与は高いに越したことはありませんが、高収入の仕事に就こうと思ったら、自分の価値も上げなければならないでしょう。

また、勤続年数や会社内の地位によって給与は変わってきますが、今の給与は働いている内容に見合っていないと感じている人や、何年も働いているのに一切給与が上がらないことに不満を感じている人の場合、今の職場よりももっと給与の高い会社に転職したいと考えるでしょう。

5.トップダウンすぎる

トップダウンとは、企業経営などにおいて、組織の上層部が意思決定をし、その実行を下部組織に指示する管理方式のことです。

一般的な会社はこのトップダウンの経営方針を取っていますが、それがあまりに過ぎてしまうと上司や上層部に対して不満を覚えてしまうことがあります。

先に社長のワンマン経営という例を挙げましたが、まさしくこのワンマン経営や上層部の影響力が強すぎる場合には、それに不満を感じたり、嫌になったりする人がおり、そうした人が別の会社へ移ることを希望する場合があります。

6.経営状況の悪化

今働いている職場の経営が悪化しており、倒産が予想される場合には、いざ倒産する前に会社に見切りをつけて、転職を希望する人がいます。

いざ倒産してから退職金をしっかりともらい転職活動をする人もいますが、先に会社に見切りを付けて転職をしておくと、会社の経営状況への観察眼や判断力などを転職先の会社から買われる場合があります。

また、経営状況が悪化してくると、その分休みが減ったり、仕事内容が増える割に給料が減ったりと、会社に対し不満に感じることも増えるため、そうした理由から転職を希望する人もいます。

7.キャリアアップ

今の会社ではキャリアアップに限界があり、自分はもっと上を目指したいという意欲がある人は、会社に勤めている内に自分が必要とするスキルや資格などをすべて学んで身に付けた後で、さらに上を目指して転職を希望することがあります。

このタイプの人は向上心や出世欲が強いため、どんなに会社が引き止めても転職の意志が固いことが多いです。

【キャリアアップのコツは、こちらの記事もチェック!】

転職理由からみる転職者の不安や心配

転職したいと思う気持ちには、必ず何かしらの理由があります。

そして、その理由を新たな職場では解消出来るかどうかということを、人は不安や心配に感じます。

「残業が嫌だから転職したけど、転職先でも実は残業が多かったらどうしよう・・」など、転職を決めたのはいいものの、新しい転職先で働き始めるまでは、常に不安や心配が付きまとうことでしょう。

では、人によってどのような理由から不安や心配を感じるのでしょうか?以下にご紹介していきます。

1.上司と合うかどうか

前の会社で上司と合わずに転職を決意した人の場合、何よりも気になるのは新たな転職先で上司と合うかどうかということです。

上司と特別仲良くなることまでは望んでいなくても、次の職場では上司と無難な距離を保ちたいという人は、「上司と合うかどうか」ということに不安や心配を抱きやすいです。

実際に一緒に働いてみなければ合うかどうかは判断出来ませんので、転職してからしばらくの間は、上司との距離を慎重にはかることでしょう。

2.残業が多すぎないか

どんな会社でも、繁忙期には少なからず残業があるでしょう。

まったく残業のない会社もあるかもしれませんが、そんな会社は稀ですので、大抵は残業ありきで考えている人が多いです。

ある程度の残業は許容範囲内でも、あまりに残業が多くて辛くなり今の会社を辞めてしまった人の場合、新しい会社でも残業が多過ぎないかどうかを不安に感じていることが多いです。

残業があってもその分残業代が出ればまだ我慢が出来るものの、会社によってはサービス残業を強いているところもあります。

そうした会社の場合はサービス残業が当たり前になってしまっていることもあるため、転職先の残業がどのようになっているのかを不安に感じることがあるでしょう。

3.人間関係に苦労しないか

前の会社で人間関係に苦労した人は、転職先の会社でも人間関係をとても気にします。

働き始めたばかりではその職場の人間関係など把握することは出来ませんので、探り探り不安を感じながら周りの人たちと関係を築いていくことになるでしょう。

また、例えば前の職場で異性トラブルがあった場合には、新しい職場では異性とは必要以上に関わらないようにしたり、前の職場で孤立してしまった人は、新しい職場では集団行動に積極的になったりします。

このように、前の職場で嫌な思いをしたことがあれば、新しい職場ではそれを避けるように反対の行動を取る人も多いです。

しかし、新しい職場は前の職場とは違いますので、前の職場と反対の行動を取ったからといって、上手く行くというわけではありません。

それを自覚している人は、転職先ではとくに人間関係に対して慎重になるでしょう。

4.働きに見合った給与であるか

前の会社で、給与が自分の働きに見合っていないと感じていた人は、転職先では前の職場以上の給与を望みます。

しかし、新しい職場がそれぞれの能力に見合った給与を渡している場合には、もしも給与が少なければ、自分の働きもその程度だと会社から認識されていることになります。

その場合には前の会社以上に頑張って功績を挙げなければ、望みの給与は手に入らないでしょう。

また、転職前に新しい職場の大体の給与を聞いていたとしても、実際にその金額がもらえるのかどうか不安に感じてしまう人もいます。

5.経営状態は悪くないか

せっかく転職をしても、新しい職場の経営状態が悪ければ、昇給や昇進は見込めない場合があります。

また、経営状態の悪化している会社の場合、人件費は削減する割に、社員一人ひとりの仕事量はかなり多いこともあります。

そのため、新たに希望を抱いて転職したものの、いきなり出鼻をくじかれることもあるため、それを不安に感じる人はいます。

6.きちんとした評価制度があるか

前の会社できちんと仕事振りを評価してもらえなかった人は、転職先でも同じような目に遭うのではないかという不安や心配があります。

例え昇進や昇給がなかったとしても、上司から褒められればそれだけでモチベーションのアップに繋がります。

また、きちんと社員の働きを評価して、それに見合った手当などを付けてくれる会社であれば理想的ですが、転職先の評価制度がよく分からない内は不安に感じてしまうことがあるでしょう。

前向きな気持ちで行動してみて

転職という言葉には夢や希望が詰まっています。

しかし、実際にそれを行動に移そうとすると、途端に不安や心配が付きまといます。

転職したいと思う理由も、転職に対する不安や心配も人それぞれですが、本当の意味で不安や心配が解消されるのは、いざ転職先で働き始めてからです。

それまではどうしても不安や心配が付きまといますが、少しでもそれを解消させる努力を行い、前向きな気持ちで行動するように心がけましょう。