今回はうつになってしまう仕事についてご紹介していきますね。

うつといっても精神病のうつではなくてこのお仕事は憂鬱だよねって言う方ですね。

ちなみにうつ病の方は現在では血液検査で明確に判断することができますよ。

以前まではあいまいな判断基準でしたが血液検査だけで判断することが可能ですので、間違ってうつ病と誤診されてしまうリスクは減りましたね。

仕事が嫌になる原因とは?

お仕事をしていて、もう嫌ってなってしまう時ってありますよね。

嫌って思ってしまうのには必ず原因があります。

嫌になってしまう原因についてまずはご紹介しますね。

お金に関すること

お仕事が嫌になってしまう原因としてお金に関する悩みはとっても多いですよね。

お金が原因で仕事が嫌になってしまうその理由を項目毎にご紹介していきます。

仕事内容と給料が見合わない


今しているお仕事の内容と貰っている給料の金額が割に合わないって言う場合にはお仕事をしていても…何で私こんな安い給料で働いているんだろう?

この仕事内容なら他のところなら今よりももっと給料が貰えるはずなのになんて思ってしまうとお仕事をしていても憂鬱になってしまいますよね。

手当てが一切支給されない

お仕事をしていても特別手当が一切支給されない環境では働いていてもやりがいは無くなってしまいます。

お仕事を頑張った場合には頑張った分版張りに見合った手当てが支給されると分かればモチベーションも上がりお仕事のクオリティーも上がります。

しかし、どれだけ頑張っても手当てが貰えないと分かっている環境ではどのようなことになると思いますか?
私達人間は基本的には同じ給料で同じ環境であればいかにして楽をしようかと考えるのです。

頑張りに見合った分の対価が貰えるのであればその分頑張るのですがどれだけ頑張っても頑張らなくても同じ給料であれば自分が頑張って働いているのが損をしている気分になってしまいます。

頑張っても頑張らなくても同じ給料であれば当然頑張らないで楽をして過ごしたいですよね。

手当を絶対に支給しませんということを前提としてお仕事をしていては働いている人は頑張らなくなり仕事に対する意欲なんて無くなってしまいます。

コレは会社にとっても大きな損失となってしまいます。

必ず出すとは言わなくても頑張り次第で利益還元はしますよというだけで働いている人のモチベーションは上がりますよね。

ただ、複数人が同じ仕事をしている場合には少し注意が必要です。

同じ仕事でも頑張っている人と他人に任せてばかりで楽をしている人は当然出てしまいます。

みんながみんな一緒に頑張っている場合には良いのですが誰か一人でも楽をしようと考えているとそのお仕事に人全員に手当を支給してしまうと…

「あの人、人に任せてばかりで何にもしてなかったよネ」なんて仲間割れが生じてしまう危険性や「なんだ頑張っていなくても同じだけの手当ては貰えるんだ…だったら私ももっと楽しよ」なんてことになってしまいます。

こうなってしまうと手当を支給したとしてもいずれ仕事に対しての意欲など無くなってしまい仕事をしている事が憂鬱になってしまいます。

お仕事に対して正しい評価をしてもらえているのかどうなのかが重要ですね。

人間関係に関すること

お仕事がうつに感じてしまうケースは何もお金だけではありませんね。

私達がいきていう上で必ずある人間関係。

コレは生きているだけで必ずだれかとはつながっています。

何かを食べるってだけでも多くに人とのかかわり合いがありますよね。

と言った広い意味での人間関係では無くて働いている環境のコミュニティー内での人間関係が原因となるケースが非常に多いですよね。

パワーバランスがうまくとれていない

職場の人間関係のパワーバランスがうまく取れていない場合にはお仕事をしていてもうつになってしまうケースが多いです。

いったいどういうこと?なんて思われた人もいるかと思います。

例えば正社員や派遣社員それにアルバイトなどどの働き方の場合でも働いている人には自分の上司になる人はいますよね。

この上司に対して平気で意見をしている人…いますよね。

ここまでは意見を上司に上げて職場改善ができたり良い事の方が多いのですが、この時に上司と部下のパワーバランスが崩れているとお仕事をしていてうつになってしまう危険性があるのです。

上司よりも部下の方が上となってしまい立場が逆転してしまうとなぜうつになってしまうのでしょうか?

部下である自分たちの立場が上になるという事は職場環境は良いのでは?なんて思いましたか?

実は…部下の立場が上になったと言ってもその人一人だけが上司よりも上になっただけのことで他の部下の立場はそのままなのです。

コレによってさまざまな弊害が起きてしまうのです。

立場が上になってしまっている人に対して常に気をつかう環境でのお仕事となってしまうためとてもやり辛い職場環境になってしまいますね。

みんな頑張って仕事をしていてもその人は休憩していて仕事をしていないなんて環境でも誰も何も言えない環境となってしまうのです。

例え上司に報告をしてもその上司よりも立場が上になっているためその人には何も言えないのです。

うつになってしまう職場環境ですよね。

派閥がたくさんできている

人間関係にはパワーバランスが崩れる以外にも派閥による人間関係によってお仕事そのものよりもその人間関係に気をつかってうつになってしまうのです。

お仕事自体は好きなんだけど…今の仕事はとっても憂鬱なんだよねって言う原因の多くはこの人間関係に疲れてしまっているからですね。

お仕事の内容とは関係なく派閥間で足の引っ張り合いをしてしまうなどで出来る仕事もできなくなってしまうなどしてしまいます。

派閥が出来ること自体は悪くはないのですが足の引っ張り合いなど派閥同士でのいさかいなどが生じる場合にはデメリットとなってしまいます。

派閥同士で切磋琢磨してより良いお仕事ができるようになれば良いのですが多くの場合は足の引っ張り合いや派閥間での意味のないもめ事に付き合わされることになってしまいます。

これでは仕事どころではなくなってしまいますね。

労働時間に関すること

仕事がうつに感じてしまう原因として労働時間が関係していることも多いです。

働く環境によって労働時間が早朝や深夜になってしまうお仕事もあります。

通常であればこういった労働時間の場合は交代制で労働時間が変化します。

この変化についていけないって言う場合もあるようです。

この場合には決まった時間にお仕事ができる環境へ変わった方が良いですね。

労働時間が固定されている場合でも早朝のみや深夜のみの場合生活リズムが崩れてしまい体調不良になってしまうなんてこともあります。

労働時間によってお仕事の内容とは違い自分自身の体調や生活リズムを崩しことになり働くことが憂鬱になってしまう事があるのです。

あまりにも激務過ぎる

労働時間の変化など以外でもうつに感じてしまう場合があります。

例えば休憩時間があまりにも少ない場合などがそうですね。

他にも労働時間内に課せられたノルマが多すぎる場合にもお仕事が憂鬱になってしまいますね。

あまりにも理不尽な要求が多いとそれだけでお仕事が嫌になってしまうのです。

【激務な時に心に余裕を持つコツは、こちらの記事もチェック!】

1ヶ月の残業時間があまりにも多い


お仕事をしていると残業を経験することは多いと思います。

残業も残業代が出て手取りアップする為良いことなのですが、あまりにも残業が多い場合にはお仕事が憂鬱になってしまいますよね。

今日もまた残業か…なんて思いながらお仕事をしていては効率よくお仕事をこなすことは出来ません。

残業しなくても良いお仕事まで効率が悪くなってしまうために残業しなくてはいけないなんて負のサイクルに陥ってしまう可能性もあります。

日本では残業をしてお仕事をする事は仕事を沢山している為美徳なんてされているかもしれませんが、他の多くの国の場合は全くの逆なのです。

残業をしなければならないような人は仕事の出来ない人と思われています。

通常の与えられた時間内にお仕事を終わらせることのできない能力の低い人という事なのです。

自分で時間配分などをしっかりと行うことができれば残業なんてしないでお仕事を終えることが出来るはずです。

残業が多すぎるなんて思っている場合には案外自分自身に原因があるのかもしれませんよ。

残業の事ばかりを考えて残業することが当たり前で残業をしないで帰るのは他の人に気が引けるなんて思っていませんか?

残業をしている人は能力の低い人なんだと思って自分の担当している仕事は残業しなくても良いように効率的にお仕事をこなしてみませんか?

それだけでお仕事をうつに思わなくなりますよ。

仕事内容に関すること

仕事内容自体がうつになってしまう原因があります。

うつと感じてしまうとお仕事へ向かうこと自体がとても苦痛になってしまいますよね。

まずはうつと感じてしまう原因をつきとめましょう。

仕事が好きになれない

今の仕事そのものが好きではない場合にはお仕事する事自体憂鬱になってしまいます。

しかし世の中で自分が好きな仕事をしている人は非常に少ないです。

ただ、好きな仕事ができていない人は全てお仕事をうつに感じてしまうというわけではありません。

お仕事が嫌いで嫌だなと思いながらしている人がお仕事をうつに感じてしまうのです。

嫌いなお仕事ではお仕事をしていてもつまらないのは当然ですね。

ではどうしたらうつと思わなくなるのでしょうか?
人間嫌いな所を見つけるのはとても簡単な事ですよね。

あれは嫌コレも嫌なんて…でもその嫌なことって裏を返すと好きになれるきっかけでもあります。

嫌いと思ったことを無くすことができれば好きになれるという事ですよね。

お仕事が好きになれればもうお仕事をうつとは思わなくなります。

嫌いになるのではなく好きになる事を見つけることが出来れば尚良いですよね。

嫌いになる事がある場合には同じように好きになる場所もあるはずなのです。

嫌いな場所にばかり目を向けていては人生損をしてしまいますよ。

お仕事だけでは無くてさまざまな場合で嫌いになるところばかりに目を向けるのでは無くて好きになれる場所興味のある場所素敵だなと思うところに目を向けてみましょう。

たったそれだけで毎日が楽しく過ごせるようになりますよ。

仕事が単調すぎて面白くない

単調な仕事って毎日毎日同じ事の繰り返しで楽しくはありませんよね。

しかし、同じことをするだけなら自分で考える必要は無い為お仕事で悩むことは無いのではありませんか?

この仕事を成功させるためにはどうしたら良いのだろう?

今よりもっと良くするためには?

などとお仕事での悩みが無い分幸せだなと思ってしまえば単調で決まったお仕事をしている事がうつになるなんてことはありませんよ。

ぜいたくな悩みなんだなって思えてくるはずです。

単調でかわりばえしない仕事が嫌だなと感じる人は何か特別なスキルを身に着けることです。

単調なお仕事は何のスキルも必要としないお仕事のため誰でも出来るお仕事になります。

このお仕事以外を求める場合には特別なスキルを身に着けて自分にしかできないお仕事をすることが出来れば毎日単調なお仕事ではなくあなたしかできない特別で責任のあるお仕事を任せてもらえるようになります。

しかし、この場合にはそのお仕事の責任は全て自分自身が抱えることになる場合があります。

この責任が重荷となってうつになってしまう場合もあります。

どんな仕事でも考え方次第でうつになってしまう危険性はあるのです。

うつな仕事内容15選

うつと思えるお仕事とは一体どんなお仕事があるのでしょうか?
多くの人がうつなお仕事と思っているお仕事をいくつかご紹介していきますね。

1.書類整理

書類整理をうつなお仕事と思っている人も多いようです。

書類整理は実はとても重要なお仕事で書類が整理されていない場合には必要な書類をすぐに見つけ出すことが出来なくお仕事を効率的にこなすことができません。

大変重要な役割なのです。

しかし乍ら日本ではこの書類整理は雑務の一つとしてとらえられていて仕事の出来ない人がやるイメージですよね。

というより実際その様なお仕事になっています。

コレって日本独特なんですよ。

多くの国では書類整理を的確に上手にこなせる人はとても重宝されて仕事の出来る人が行う作業と認識されています。

重要なお仕事になればなるほど書類整理のお仕事は仕事の出来る人にしか頼まない重要なお仕事なのです。

こんな重要なお仕事を任されていると思って書類整理をしたらうつなお仕事なんて思いませんよね。

私が書類整理したからお仕事がなりたっているんだよって思って作成した資料を使っている人を見ても良いですよね。

映画などでも書類整理が上手な人を見て仕事ができる人だねなんて思いませんか?

この際書類整理のエキスパートになってこの人で無いとと思わせる書類整理の達人となってみましょう。

かなりやりがいがありますよ。

うつなお仕事なんて思わなくなりますね。