ストレス社会といわれる現代では、誰もが何らかのストレスを感じているといわれています。

その度合いは人により様々です。

中には強いストレスにさらされ、うつ病やその他の病気を併発してしまう人もいます。

そのような状態を回避するためにも、ストレスを早めに解消することが大切です。

そのためには、ストレスの原因を知ることが必要です。

原因が分かればストレス対策も立てやすくなり、その解消も容易になります。

しかし、人によりストレスの原因は様々です。

千差万別ともいえるその原因を探るには、それぞれの人生ごとに分析する必要があります。

今回はストレスの原因を17選お伝えします。

ストレスの原因を知れば、それを避ける方法や対策が見つかりやすくなります。

また、人によっては原因を知るだけで気持ちの整理がつき、気が楽になる場合もあります。

ストレスの原因を知り、早めにストレスの悪影響から解放されましょう。

ストレスの原因はどこから?

ストレスの原因はどこから来るのでしょうか?

それはストレスの種類により変わります。

ここではストレス大きく5つに分けて、「物理的ストレス」「生物的ストレス」「科学的ストレス」「社会的ストレス」「精神的ストレス」に分類します。

これらの分類ごとに主な原因が変わります。

また、各分類の中でもさらに詳細に分けることができます。

それらの原因の中から、あなたのストレスの原因と同じものを見つけ出し、対処しましょう。

一人では難しい時は、専門のカウンセラーや信頼できる友人や恋人、医師に相談し一人で悩まないようにしましょう。

ストレスになりやすい外部的要因17選

それではこの章では、各分類ごとにストレスになりやすい外部的な要因を中心に解説してゆきます。

あなたのストレスの原因も、この中のいずれかに当てはまる可能性が高いでしょう。

まずはストレスの原因を知り、できる範囲での対策を実行しましょう。

ストレスが解消されると免疫力や肌のターンオーバーも正常化されるので、美容や健康にも効果的です。

あなたのより充実した人生や幸せのために、これを機にストレスマネジメントをしてみてはいかがでしょうか。

それでは一つ一つ詳しくお伝えしてゆきます。

物理的ストレス

物理的ストレスとは、周囲の環境が原因で発生するストレスです。

適度な環境の変化は、心身に軽いストレスを感じさせ、心身を丈夫にする効果がありますが、強い物理的ストレスは心身にダメージを与えてしまいます。

物理的ストレスには以下のようなものがあります。

1、温度

温度は常に私たちの心身に影響を与えています。

気温の急激な変化は私たちにストレスを感じさせ、心身の不調を引き起こします。

気温の変化で起きやすい症状は、熱中症や低体温症ですが、ストレスの原因にもなります。

不快感や苦しさを感じる前に、快適な温度を保つ工夫をして過度なストレスを感じないようにしましょう。

2、気圧

日常ではあまり気圧の変化を感じることはありませんが、登山や飛行機に搭乗した際などに、気圧は変化します。

急激な気圧の変化や酸素の濃度の変化はストレスの原因になります。

あまり登山の経験がない人や、飛行機が苦手な人は酸素マスクの準備や、徐々に気圧に身体を慣らすなどの対策をするようにしましょう。

3、周囲の騒音

騒音も大きなストレスの原因です。

大通りや空港近くでは、自動車や飛行機の騒音による被害が問題になっています。

中々騒音の原因を取り除くことが難しい場合は、静かな環境に移るなどの対策が必要です。

深刻な場合は無理をせず、早めに引っ越しをしましょう。

生物的ストレス

ストレスの原因には生物的なものもあります。

外部から侵入した病原体や、肉体そのものの不快な反応が原因になる場合があるのです。

ここでは生物的ストレスの代表的な原因をお伝えします。

4、ウィルスや細菌

ウィルスや細菌は体内に侵入すると、様々な病気を引き起こします。

中には善玉菌のように、人体に有益なものもありますが、病気を引き起こすウィルスや細菌の侵入は身体にストレスを感じさせます。

病気そのものの症状も辛いですが、ストレスによる気力や免疫力の低下も問題です。

普段から規則正しい生活を心掛け、ウィルスや細菌に負けない身体を維持しましょう。

5、痛み

痛みは強いストレスを生みます。

歯痛や腹痛、頭痛など痛みには色々な種類があります。

本来痛みは身体の危険を知らせるサインです。

しかし、痛みの原因が解消されないとストレスを感じ続けることになり、精神面でより深刻なダメージを受ける場合もあります。

速やかに治療を受け、痛みの原因を取り除くようにしましょう。

6、疾病など

疾病やケガなどは、それ自体が苦しいものですが、さらに心身の自由が制限されるためにストレスがかかります。

また、病気やケガの種類によっては高額な医療費がかかるので、経済的な負担もストレスの原因になります。

このストレスを解消するには適切な治療を受け、早めに治癒させることが必要です。

化学的ストレス

化学的な要因でストレスが発生することもあります。

化学的な物質は、本来自然界に存在しないものがほとんどです。

それらは心身にとって本来は不必要なものです。

そのため、化学的な物質にさらされるとストレスを感じるのです。

ここでは現代人に身近な化学的なストレスの原因についてお伝えします。

7、お酒に含まれるアルコール

アルコールは少量飲む分には血行を促進して、健康を増進する効果が期待できます。

しかし、元々身体に必要な栄養素ではないので、多量に摂取するとストレスの原因になり得ます。

特に、生まれつきアルコールを分解できない体質の人にとっては大きなストレスになります。

そのような人にはアルコールを無理に飲ませないようにしましょう。

8、薬物

薬物は病気の治療に必要な場合がありますが、同時に副作用があるものもあります。

強い作用がある薬は、その分副作用や心身に与えるストレスも強力です。

薬は医師の指示のもと、飲み過ぎないように注意しましょう。

9、大気汚染など

現代では自動車の排気ガスや工場から出る煙などで大気が汚染されています。

また、花粉症の原因になる花粉も大気汚染のひとつと言えるでしょう。

これらの汚染は、心身にストレスを与え、特に病気でもないのに体調不良を引き起こす場合があります。

外出時にはマスクを着用するなどの対策が必要です。

社会的ストレス


忙しく情報が密な現代社会で生きると、その目まぐるしさに圧倒されて、ストレスを感じることがあります。

これは社会的なストレスといえるものですが、真面目な日本人がかかりやすいストレスといえるでしょう。

ここでは代表的な社会的ストレスの原因についてお伝えします。

10、死別

身内や友人との死別は大きなストレスになります。

中にはショックで自身も他界してしまうこともあるくらいショッキングな出来事といえます。

死別によるストレスは避けようにも避けられないものです。

それだけ亡くなった人との絆が強かったということです。

11、結婚

マリッジブルーという言葉をご存知でしょうか?

結婚は幸せな生活のスタートといえますが、中には結婚によって生活が激変することに大きなストレスを感じる人もいます。

現実問題として結婚生活には今までの生活リズムを変える必要があります。

幸せな面ももちろんありますが、変えなくてはならない部分もあることをあらかじめ想定しておく必要もあるでしょう。

想定していれば、対処もしやすくなり、ストレスも軽減されます。

12、昇進

昇進は仕事の幅や収入が増えるので、喜ばしいことです。

しかし、同時に責任も増えるので、人によっては大きなプレッシャーになります。

そのプレッシャーに耐えられないと、大きなストレスに襲われてしまいます。

上司や部下の良いサポートが得られる環境での昇進でしたら、少ないストレスで仕事をすることができるでしょう。

13、転居

転居による生活環境、人間関係の変化はストレスになる場合があります。

特にお隣さんと馴染めない人や、以前の環境に未練がある人はストレスを強く感じるでしょう。

可能であれば事前に転居先の候補を調べ、合いそうな場所を選ぶことがベストです。

それが難しい時は、新しい環境を受け入れる心構えを持つようにしましょう。

14、事故

事故は突然起きます。

一般の人が巻き込まれやすい事故が交通事故です。

事故は加害者にとっても、被害者にとっても大きなストレスになります。

事故による直接のケガや損害以外にも、保険の使用や裁判なども大きな負担となり、ストレスがかかります。

基本ですが、安全運転を心掛けることが大切です。

精神的ストレス

現代人が一番感じやすいストレスが、精神的ストレスかも知れません。

人間関係や過去のトラウマなどが原因で、大きなストレスを感じる人が増えています。

ここでは、特に精神的ストレスの原因になりやすい心の状態についてお伝えします。

15、不安や怒り

不安や怒りは、それ自体が通常の精神状態ではないので、強いストレスを感じさせます。

誰でも不安や怒りを長く感じ続けると、心身に不調が表れてきます。

不安はうつ病などを発症させやすく、怒りは不整脈や脳出血などを併発しやすいといわれています。

それらの恐ろしい病気にかかる前に、心は大きなストレスを感じている場合が多くあります。

ストレスを感じたら、カウンセリングを受けるなど、早めの対処をするようにしましょう。

16、緊張

緊張は心と体が凝り固まった状態です。

適度な緊張は能力を向上させますが、不快に感じるほどの緊張はストレスの原因になります。

特に異常がないのに心身に不調がある人は、この緊張が原因である場合が多くあります。

そのような人は、意識して身体をリラックスさせ緊張を解く習慣をつけると良いでしょう。

17、焦り

焦りは自分自身を追い詰めてしまいます。

焦りは不安を生み、ストレスを発生させます。

そのため焦りを感じたら、現状で何をすべきかを冷静に分析するようにしましょう。

適切な行動ができれば、焦ることなく行動することができるようになります。

ストレスを溜めることで起こりうること

前章でストレスの原因についてお伝えしました。

どの原因のストレスも、溜めてしまうことで心身に悪影響を及ぼします。

深刻な状態に陥ると、社会生活がを送れなくなる可能性もあるので、ここでお伝えするような症状がでる前に、ストレスを解消することをおすすめします。

自律神経のバランスが崩れる


人間の身体は自律神経がバランスをとることで正常に機能します。

睡眠のサイクルや体温調節など、自律神経の働きで一定のリズムを保っているのです。

ストレスを受けると、この自律神経のバランスが崩れてしまいます。

そすうると、一見悪い部分はないように見えて、眠気がとれない、体調が優れないなどの症状が表れてきます。

精神的な病気にかかることがある

ストレスが溜まりすぎると、精神がそのプレッシャーに耐えらえなくなり、精神的な病気にかかることもあります。

うつ病や情緒不安定などはその代表的な例です。

中には自分の人格を守るため、別人格を生みだす多重人格が表れる場合もあります。

身体的な変化も起こる

ストレスが溜まり過ぎると、身体的な変化も起こります。

白髪が増えたり、脱毛が進んでしまう人もいます。

また、顔色も優れなくなり、腹痛や頭痛が起きる場合もあります。

人によっては過食症を併発して肥満になってしまうこともあります。

ストレスの解消が、これらの症状を予防するために必要です。

ストレスの原因がわかったらそれに合ったケアを

いかがでしたでしょうか?

ストレスは知らず知らずのうちにあなたの心身を蝕みます。

しかし、適切なケアをすれば、ストレスは解消され、精神的にも肉体的にもバランスを取り戻し、健康な生活を送ることができます。

ストレスを溜めやすい人は、真面目で休むことが下手な人が多い傾向にあります。

人や社会のために尽くす、素晴らしい人が多いのですが、その分自分の中にストレスを溜めてしまうのです。

そのような人は、自分のことも大切にする習慣を持ちましょう。

自分自身をいたわり、休ませる習慣を持つのです。

趣味に没頭するもよし、大好きな温泉に行くもよし、マッサージで身体をほぐすこともよし、自分が喜ぶ時間を持ちましょう。

ストレスを効果的にケアし、より充実した人生を築いてゆきましょう。