大人になるとご自愛くださいなんて言われた経験がある人も多いのではありませんか?

このご自愛くださいの意味って何となくでしか分かっていない人も多いですよね。

今回は、このご自愛について詳しくご紹介していきます。

「ご自愛」って何?使い方は?

ご自愛って何?使われた時はあるのだけれどいざ自分が使おうと思うと、どんな時にどういった場面で使ったら良いのか分かりませんよね。

目上の人に対して使う言葉?

それとも自分よりも下の人に向けた言葉なの?

丁寧な言葉?特殊な言葉?

ん~日本語って難しい。

なんて思いますよね。

ご自愛くださいを的確な場所で、その意味が分かって使えるようになれば素敵な日本語を使いこなすことができますね。

それではこれからご自愛について学んでいきましょう。

「ご自愛」の意味

そもそもご自愛の意味って何?

漢字から察するに自分を愛するってことなのかな?

って思っている人は多いですよね。

その通りです。

呼んで字の如く自分のことを愛しんで下さいという事なのです。

ではもう少し詳しくご説明していきますね。

自分で自分の身を大切にする

漢字の通り「自分で自分を愛しんで大切にする」という意味がご自愛くださいにはあります。

ご自愛のごは丁寧語のごですね。

ご自愛の自は自分自身、いわば自分の身体のことですね。

ご自愛の愛は愛しむ、愛する、大切にするという意味となります。

合わせて丁寧な言い方で自分自身の身体を労わって大切にして下さいという意味になります。

ステキな日本語ですね。

利益ばかりを図ること

利益ばかりを図ることとご自愛くださいを勘違いする人も多いですが、少し違いますね。

ご自愛くださいは自分自身の身体を愛しんで大切にして下さいという意味です。

利益ばかりを図る意味の自愛とは違いますよ。

この場合は自愛というだけになりいわゆるエゴイズムですね。

自分が大好きで自分の思い通りに全てのことを運ぶことを自愛という事があります。

自分が全て、自己中心的な意味と同じですね。

利己主義や自愛主義なんて言い方もしますね。

倫理的観点からしたら、自己愛はその性質上自分自身を守るための自己防衛本能や自己保存のために、自分自身の幸福を求める自然な行為の事ともされています。

自分を愛して自分の幸福のために行動する、当たり前のことですよね。

しかしこの自己愛が強すぎると他人を犠牲にしてまで自分の幸福を追求する過剰な行動になってしまいます。

この様な場合には自己愛(自愛)は迷惑な行動になってしまいますよね。

言葉の不足やニュアンスによってこんな意味にもなってしまいますので注意が必要ですね。

ご自愛くださいという言葉で自愛だけではその意味は違うものになってしまいますよ。

日本語って難しいですね。

「ご自愛」をカンタンに説明すると・・・

ご自愛をカンタンに説明すると…そのままですよね。

自分を愛して下さいってことですね。

これって実はお身体の事だけでは無くてこんな事にもつながるのは知っていましたか?

自分自身を愛することを学ぶことが出来ると…

恋愛も上手くいくのです!

今まで恋愛がうまくいかないという人は、自分自身のことがあまり好きではないのではないですか?

自分の容姿(顔や体型など)に不満がある、給料に不満がある、センスに不満があるなど自分自身に対して不満やコンプレックスばかりを抱えていませんか?

そんな自分自身のことを愛することができなくて自分自身を嫌っている人が恋愛(他人を愛する)なんて難しいですよ。

何故かって?

自分自身は産まれてきてから一番近くで一緒にいる存在ですよね。

自分なのですから当たり前ですね。

ではその一番近くにいて何でも分かっている自分は良いところも悪いところも自分んでは分かっていますよね。

そんな自分自身を好きになれない様では他の人を好きになることなんて出来ません。

たとえ好きになったとしても、それは表面上のことで自分の思い描いた理想と少しでも違った場合にはすぐに気持ちが冷めてしまうのです。

これでは長続きはしませんよね。

自分自身の嫌な所良い所全てひっくるめて、自分自身を愛することが出来れば自分自身ん位自信がついて堂々と恋愛もできるのです。

相手の好きな面以外の嫌いな面もひっくるめて好きになることも出来るんですよね。

という事は自分自身こそご自愛が必要なのかもしれませんね。

「ご自愛」の適切な使い方

ご自愛くださいって言う言葉はどういった場面で使うのが世間一般の適切な使い方なのでしょうか?

今回は具体例を出してご紹介していきますね。

例文1:暑中見舞い


暑中見舞いなどの冒頭や結びの言葉として、ご自愛くださいと使用することは非常に丁寧で気遣いができる人だなと思われますよ。

ご自愛というのはお身体を労わって下さいねという意味でしたよね。

という事は季節の変わり目などの体調を崩しやすい時などに使用する言葉として最適なのです。

例文もいくつかご紹介しますね。

簡単な挨拶状としての暑中見舞いの場合には

『暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか、まだまだ暑い日が続きそうですのでご自愛ください。』

などあまり難しい言葉や丁寧すぎない言葉の結びに「ご自愛ください」と付けると気遣いの出来る人だなと思われますね。

もっと丁寧な言い方で目上の人へ暑中見舞いを届ける場合には短めな

『酷暑の折、くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。』

など短い文面で丁寧な文調を心掛けて下さい。

長々と書いてしまうよりも目上の人へ当てる場合には短く丁寧な言葉が最適です。

特に気を付ける言葉として文末の言葉ですね。

お祈りしますではなくてお祈りいたしますとして下さい。

普段の言葉使いとしての目上の人へお願いする場合と同じですね。

『これお願いします。』ではなくて、『お願いいたします。』ですね。

この少しの違いが、「あ、この子できる子だな」と思わせるのか「言葉使いができない子なんだな」と思われるのかの違いとなります。

日本語は同じ意味の言葉でもさまざまな言い方があります。

丁寧語、尊敬語、謙遜語などさまざまな言葉をその場その時で使い分けることが必要です。

全て同じ対応をしていては社会人としてはまだまだですね。

例え同じ人に対して話す場合でも社内で二人だけで話をする場合他の人がいる場合、他社の人を前にして話す場合、他社へ出向いた場合など同じ人に対しての話し方でも使い分けることが出来たら立派な社会人として認めてもらうことができます。

なによりそういった人は仕事の出来る人ですので出世も早いですよね。

日本は他の国に比べて言葉の数が非常に多いです。

その為普段使わない様な言葉や大和言葉など、TPOに合わせて使うことが出来たら社会人としてだけではなく日本人としてもすてきで誇らしいですね。

ご自愛くださいもとても素敵な言葉となります。

適切な場面で適切に使うことができるようになりたいですね。

それでは暑中見舞いの全体の構成についてもご紹介しますね。

まずは冒頭のあいさつとして暑中お見舞い申し上げますと書いて下さい。

少し大きめに冒頭に記載するようにして下さい。

年賀状でいうところのあけましておめでとうや謹賀新年と同じですね。

次に時候の挨拶として記載をします。

相手を気遣う言葉を使用すると良いですね。

ココでご自愛くださいと言ってもかまいません。

次に自分自身の近況報告を記載して下さい。

具体的に書くと良いですね。

最後に結びの言葉として相手を気遣う言葉を記載しましょう。

この部分で結びの言葉としてご自愛くださいと記載するのが使用方法として一般的な方法となります。

文面の最後に日付を記載します。

この時に何年何月何日と言ったように、具体的な記載した正確な日付は書いてはいけません。

平成何年盛夏など季節感のある言葉で日付を記載して下さい。

全体を通した例文もご紹介しますね。

『暑中お見舞い申し上げます。

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

昨年にも増し暑さが厳しく疲れも感じる時期となります。

まだまだ暑さが続きますのでくれぐれもご自愛ください。

平成何年盛夏』

などと書けると良いですね。

さらに目上の人へお届けする場合にはもう少し丁寧な言葉で綴ると良いです。

例文としては

『暑中お見舞い申し上げます。

酷暑の折ご健勝のことと存じております。

あらためて暑中のご挨拶に伺おうと思っていた折あまりの酷暑に筆を執りました。

〇〇様くれぐれもご自愛くださいますよう家族共々お祈りいたしております。

(お祈り申し上げております)

平成何年盛夏』

と丁寧な言葉で相手を気遣う内容の文章が最適ですね。

個人名を入れることであなただけの為に筆を執った文章ですよと伝えることもできます。

相手の名前が分かっている場合には個人名を入れるとより良い文章になりますよ。

例文2:残暑見舞い


残暑見舞いも季節の変わり目となりますよね。

体調を崩しやすい時期です。

ご自愛くださいと使う時期として最適な時期となりますね。

例文もご紹介していきます。

残暑が厳しく秋を感じるには少し先になりそうです、どうぞご自愛くださいませ。

など季節感と共に結びの言葉として使うと良いですね。

目上の人に対してはやはり短い文面で伝える方が良いです。

残暑厳しき折ご自愛くださいますようお祈りいたします。

など短い文面で丁寧に伝えることが最適です。

友達や同僚などには

『まだまだ暑い日が続きますね秋を早く感じたい今日この頃です、○○さんも体調をくずさないようにご自愛くださいね。』

など季節感と個人名を入れるとより親近感が沸くお手紙となります。

個人名を入れた文面は私だけにあてたお手紙で大量に印刷したものではないんだなと感じてくれます。

特に親しい人に向けては良い方法ですね。

目上の人に対してのお手紙でも、○○様と個人名を記載すると個別に書いたお手紙だと分かりとても良いお手紙となります。

多くの場合は形式上の定型文で文章を作成するかと思いますが、個人的にオリジナルな文章を心掛けるとその思いは相手により伝わる素敵な文章となります。

一般的な残暑見舞いの構成もご紹介しますね。

まず最初に冒頭のあいさつを書きます。

定型文としては残暑見舞いを申し上げますなどですね。

年賀状でいうところのあけましておめでとうございますの部分です。

次に時候の挨拶を書きます。

お手紙を出す時期に合った最適な言葉で綴って下さい。

次に書いている人の近況報告やお中元を頂いた場合などではお礼の言葉を記載します。

この部分は具体的に記載すると思いが伝わり良いです。

次に相手に対しての気遣いを記載します。

体調を気遣うご自愛をここで記載すると良いですね。

最後に日付を記載するのですがここで重要な事は記載した具体的な日付は書かないことです。

例えば何年何月何日といったように書いてはいけません。

平成何年立秋などその季節に合った言葉で表現して下さい。

全てを通した文面もご紹介しますね。

『残暑見舞いを申し上げます。

残暑が残り疲れも出る頃でしょうがいかがお過ごしでしょうか。

私は家族とのんびり過ごしてリフレッシュすることが出来ました。

秋を感じるにはまだ先のようです○○様もどうかご自愛ください。

平成何年立秋』

なんて書けたら良いですね。

もっと丁寧場合にはこんな感じで書くと良いですよ。

『残暑見舞いを申し上げます。

残暑厳しき折お健やかにお過ごしでしょうか。

その節は大変お世話になり家族共々感謝いたしております。

秋風を感じる頃はまだ先になりそうです、くれぐれもご自愛ください。

平成何年晩夏』

など少し丁寧な言葉使いができると良いですよ。

お世話になった人に対してはその感謝の気持ちも伝えることが出来たら良いですね。

最近ではお手紙を出すことも少なくなってきました。

こんな時代だからこそ丁寧な言葉で綴ったお手紙を出すのは良いですね。

「ご自愛」の間違った使い方

ご自愛くださいという言葉はとても良い言葉なので最適な場所では使いたい言葉なのですが、間違って使ってしまうととても恥ずかしい事になってしまいます。

せっかく素敵な言葉を使おうと思っているのに残念な結果になってしまいます。

そんな残念な思いをしないためにも間違った使い方も覚えておきましょう。

お体を〜

ご自愛くださいという言葉には先に説明をさせて頂きました意味のところでご紹介しましたが自分自身を愛しむという意味でしたよね。

という事は「お体をご自愛ください」となると、お体を自分の身体を愛しんで下さいとなってしまいます。

お体が重複してしまうんですよね。

日本語って難しいですね。

「お体を」を付ける場合には「お体をご自愛ください」では無くて「お体に気を付けてご自愛ください」や「体調をくずさないようにご自愛ください」など少し言葉をたして下さい。

たったこれだけで「お体を」をつけても大丈夫な文章となります。

少しの言葉不足や言葉過多によってその意味がおかしくなってしまうのです。

普段使い慣れていない言葉の場合は特にこのような事が起きてしまいます。

いわばつけなくて良い部分を付けてしまう蛇足と同じですね。

その意味が分かっていれば防げる間違いとなります。

ご自愛くださいの意味を理解して間違った使い方はしないで正しい使い方で素敵な日本語を使えると良いですね。

体調を崩している人にはNG

体調を崩している人に対しては一般的にはNGとされる場合が多いです。

既に体調を崩している人に対して身体を愛しむというのは酷な話だという考えですね。

しかし現在では、その意味合いから体調を崩している大変な時期だからこそ、自分の身体を愛しんで大切にして下さいねという意味で良いとされています。

昔の考えでは体調を崩している人に対して言う言葉ではないとされていたのですが、現在では体調を崩しているからこそお体を大切にして愛しむ必要があるといういみでご自愛くださいと使うことも多いです。

しかしながら、昔の考えのままの人に対してご自愛くださいと言ってしまっては非常識な人だなと思われてしまいます。

この意味合いがどう相手に伝わるのかも考えて使わなければいけませんね。

今の常識では使用するには最適な言葉でも昔の考えを持ったままの人に対しては、非常識な言葉となる現在その意味の移り変わりの時期でもあります。

不安な場合はご自愛くださいではなくて体調を崩されて大変な時期かと思いますが、くれぐれもお体を大事になさってくださいなど他の言葉で伝える方が良いかもしれませんね。

常識と思っている事でも場所や時代など色々な条件によっては、非常識となってしまう事はとっても多くあります。

自分の中では常識と持っていても相手にとっては非常識なんてことも多いです。

例えば日本では常識な事でも海外では非常識となってしまうことも多くありますよね。

一つ例をあげますね。

日本ではタクシーを止める際に手をあげてタクシーをとめますよね。

この方法…実はドイツなどでは非常識な行為なのです。

相手に対して手のひらを見せつけるのは最大の侮辱行為となってしまいます。

中指を立てるアレと一緒と思って下さい。

タクシーをとめようと前に出ていきなりそんなことをされたらどう思うのでしょうか?

想像してみて下さい。

恐ろしいですよね。

日本では常識だと思って何も考えずにしている事でもところ変われば非常識となります。

じゃぁタクシーなどをとめる場合にはどうしたら良いの?なんて思いました?
簡単な事ですよ。

ヒッチハイクって聞いたことありますよね。

あの場合どうして車をとめますか?某動画サイトなどの「いいね」のボタンのあのサインですよね。

グーに親指を立てたあのポーズで良いんですよ。

な~んだなんて思いました?これが世界常識だったんですね。

貴方の常識は実は非常識な事は多いかもしれませんね。

日本国内でも仕事の業界内での常識が他では非常識など本当に沢山の常識と非常識に囲まれています。

考えが凝り固まって一つの考えだけにならないように別の見方ができる柔軟な考えを持てるようになりましょう。

「ご自愛」と「ご慈愛」の違い

ご自愛とご慈愛は発音として話す場合には同じ発音ですよね。

日本語はこの同音異語が多く存在しています。

例えば果物の柿、海の牡蠣、文章で使う下記、季節の夏季など同じかきでも多くの同音異語がありますよね。

かきの場合はその意味は明確なものですがご慈愛とご自愛ではその意味がイマイチ分からないって言う人もいますよね。

この間違いは誤変換では済まない場合もある間違いとなります。

受け取る相手によってはなんて図々しい人だや困惑してしまうことにもなってしまいますよ。

気をつけてほしいのは「ご慈愛」

ご自愛の誤変換でご慈愛になってしまう事は、続けて書いてから変換する場合には誤変換する可能性は低いのですが、全くないというわけではありませんね。

最近ではスマーフォンやパソコンで書くことも多く変換した際に最適な返還になるように学習してくれますので、そこまで誤変換による間違いはありませんが手書きの場合には注意が必要ですね。

ご慈愛になってしまうと、その意味から大きな誤解を生むことになってしまう危険性があります。

どういう意味なのかご慈愛についてご説明をしますね。

意味

ご慈愛とは慈悲深い愛情という意味ですね。

寵愛を受けるなどと似た意味ですね。

宗教的な意味合いでも良く使われる言葉でどうかご慈悲をなんて聞いたことありませんか?

キリスト教でいうところのキリストからの純粋な愛という意味が慈愛となります。

という事はご慈愛くださいと記載してしまいますと…

とんでもないことになってしまうのは想像できますよね。

本当のご自愛くださいのくださいは丁寧語としてのくださいですよね。

しかしご慈愛くださいのくださいは欲しいですという意味となってしまうのです。

同じくださいでも丁寧な言い方としての自分自身のことを愛しんで下さいね、という意味と慈悲深い愛情を私に下さいという意味とで大きな違いが生じてしまいます。

相手を思う気持ちで書いたつもりがご慈愛くださいと記載してしまうと、自分が相手から慈悲深い愛情を欲しているという意味としてとらえる言葉となってしまいます。

受け取った相手からしたら困惑してしまいますよね。

あなたと距離を置きたくなってしまうかもしれません。

同音異語によってとんでもない間違いが生じてしまうのです。

気を付けなければいけないですね。

全く違う意味となって図々しい催促する意味となってしまいます。

とっても恥ずかしい間違いですね。

間違えないように必ず最終確認をしましょう。

「ご慈愛」の使い方

慈愛とは一般的にはキリストからの純粋な愛という事ですが、他でいうところの純粋な愛とは一般的には自分の子供を愛しみながら愛する気持ちのことですね。

わが子のような愛情を与える際や受ける際に慈愛という言葉を使います。

自分を愛することを知れば相手も気持ちが分かり慈愛の手を差し伸べることが出来るなどと使いますね。

禅語としての慈愛であれば愛とは求めて欲するものでは無くて、慈しむ心からしか愛はうまれない慈愛からしか愛はうまれないとされています。

慈愛というよりも愛についての言葉ですね。

愛とは愛されることを指すのではなく愛することを言います。

愛して欲しいと思うのは自分が相手を愛しているから思う気持ちなのです。

自分自身が愛していない人に対しては愛して欲しいとは思いません。

愛が冷めるというのは自分が相手を愛する気持ちよりも自分自身を愛する気持ちが勝ってしまった場合に愛が冷めてしまうのです。

慈愛の心が愛の全てなんて使いますね。

この愛についてはとっても深いお話となりますのでまた別の機会にでもお話させて頂きますね。

慈愛というのは純粋で尊い愛のことですね。

という事は通常ではあまり使用しない言葉と言っても良いですね。

宗教色が強い言葉になります。

「ご自愛」の返信の仕方

ご自愛くださいと言われた場合にどう変身したら良いのか分からないって言う人もいますよね。

基本的には自分が受け取った文章から感じたことを返信したら良いのですが今回は定型文などをご紹介しますね。

おすすめの返信例を紹介

ご自愛くださいと言われた場合の返信にさいてきな例文をご紹介しますね。

ご自愛くださいと自分の身体の事を労わって気を遣って頂いたので「お気遣いいただき感謝いたします、○○様もお体にお気をつけてお過ごしください」などが良いですね。

気を遣って頂き嬉しいですという思いを文章にして伝えて相手のことも一緒に気遣いができると良いですね。

他には「温かいお心遣いに心が温まりました○○様もどうぞご自愛ください」なども良いですね。

少し丁寧な言葉では「○○様もご健康にはくれぐれもご留意ください」なども良いですよ。

他には体調の心遣いに対して感謝の気持ちを伝える文章も良いですね。

「お気遣いのお言葉を頂きとても嬉しく思います」など感謝や心遣いの嬉しさを相手に伝えることが出来たら心が温まりますよね。

基本的には自分が言われたら嬉しいなと思う言葉で感謝の気持ちを伝えることが出来たらOKです。

自分の言葉で感謝の気持ちを伝えましょう。

「ご自愛」は英語で何ていう?

ご自愛は英語で言うと…ん~難しいですね。

英語では日本語の様に沢山の言い回しは無いのです。

良く使う言葉で似た意味の言葉では「Takecare」などが同じような意味になりますね。

別れ際などにTakecareなんて使ったりはします。

日本的に丁寧な言い回しを付け加えるのであれば「Pleasetakecareofyourself」なのかな。

でも実際にはこんな面倒な言い方は使いませんね…。

話している時にこんなことを言われたら、ん?何?どうした?って少し困惑してしまいますね。

日本人からのお手紙などで書く時に丁寧に「Pleasetakecareofyourself」なんて書くとお~と思うかもしれませんね。

英語で暑中お見舞いを出す場合の全体の例文をご紹介しますね。

『Allowmetogivemysummergreetings.

Howhaveyoubeensincethen?

Allofmyfamilyisdoinggreat.

Ihopeyouarealsoenjoyingsummer.

Pleasetakecareofyourself,andIwillseeyousoon.』

って感じですかね。

日本的なお手紙ですので英語の文面を意識する事も大切なのですが、日本的な美徳を意識して日本を感じ取っていただくことがおすすめです。

意味としては

『暑中お見舞い申し上げます。

いかがお過ごしですか?

私共家族はみんな元気で過ごしています。

あなたもこの夏を楽しんでいると良いのですが。

くれぐれもご自愛ください、またお会いしましょう。』

なんて意味ですね。

自分の近況報告をもう少し詳しく伝えても良いですし、夏の季節感を出しても良いですね。

また会いたいですなどと具体的な内容を記載することが英語での文章では重要です。

日本ではあいまいな言い方を美徳としますが、あいまいな言い方ですと英語ではどうしたいの?って思われてハッキリして欲しいと思われます。

いったい何が言いたい手紙なの?と思われてしまい困惑してしまいます。

英語でのお手紙の場合は具体的な内容を心掛けましょう。

「ご自愛」の正しい使い方を学んで、正しく活用しよう!(まとめ)

ご自愛くださいというのはとても素敵な言葉で目上の人にもどんな人に対しても使える素敵な言葉ですね。

ただ、誤変換などでご慈愛となってしまいますと…とんでもないことになってしまいますね。

間違えないように最終確認は必ずしましょう。

また、間違った使い方として余分な言葉をたしてしまう場合や言葉が少ない場合にも注意が必要でしたね。

ご自愛の意味そのものの理解があればおかしな文章になっていないか確認することができます。

一度文章を書いてから自分で読み返しておかしくないか確認するようにもしたいですね。

他にはNGに受け取られてしまう場合がありましたね。

体調を崩している人に対してご自愛くださいというのは昔の常識ではNGとされていました。

現在では相手のことを気遣うとても良い言葉として認識されるようにはなっていますが、全ての人に浸透しているかというと…

そうではありませんね。

ネットなどでもNGの意味合いが強いように感じます。

ご自愛の意味を調べる方法として現在ではネットなどで調べる事が多いと思います。

ネットの情報も正解の情報も多いのですが間違った情報も残念なことに意外と多く存在しています。

自分自身で見極めて取捨選択をして正しい情報をくみ取る必要があります。

自分自身で納得できる情報を信用して下さいね。

ご自愛って言葉とっても素敵な言葉です。

活用する機会がありましたらぜひ活用してみて下さい。

お互いに心温まる言葉ですよ。