今現在働いている人やこれから働こうと思っている人、自分に向いている仕事って何なんだろう?

自分がやりたい仕事って本当は何なんだろう?

なんて考えたりはしませんか?

自分に向いている仕事って何?なんて考えてことはありますか?

今回は、自分に向いている仕事診断をご紹介をしていきますね。

今の仕事、自分に向いていると思いますか?

今のお仕事は自分に向いているお仕事だと思いますか?

そんなこと考えたことないっていう人は案外今のそのお仕事は向いているかもしれませんね。

向いているのかどうかなんて考えてことないって言う人は今のお仕事に対してそこまで重大な不安要素や不満が無いのです。

不満や不安が無い為たんたんと今のお仕事をこなせているんですよね。

いや、むしろ今のお仕事が楽しいとまで思っているかもしれませんね。

お仕事をしていて楽しいと思えるお仕事はあなたにとって向いているお仕事です。

逆に楽しくないお仕事は向いてないお仕事になっちゃいますね。

今のお仕事をしていると将来に不安があるなんて思っているお仕事は向いていません。

不満があるお仕事も同様ですよね。

不満でも色々なしゅういがあり単にその仕事が嫌な場合と自分はもっとできて評価されるべきなのにされないお仕事など、不満な内容は様々です。

嫌だなと思うお仕事が向いていないお仕事と言えますね。

ではなぜそのように思ってしまうのでしょうか?

仕事には向き、不向きがある

仕事には向き、不向きがあります。

この向いているお仕事なのか向いてないお仕事なのかで不満や嫌内なってしまう要素がうまれてしまうのです。

しかし、自分に向いているお仕事なのかどうなのかどうして調べたら良いのか分かりませんよね。

自分がそのお仕事に向いているのかどうか判断するためにはどうしたら良いのか判断基準をご紹介していきますね。

自分と照らし合わせて考えてみてください。

あれ当てはまっているかもと思うことがあればその対策が必要になるかもしれません

性格による

自分に向いている仕事なのか判断するためには自分の性格を知ることが重要です。

自分自身の性格によって向いている仕事かどうかの判断は出来ます。

せっかちな性格?おっとり系?自分自身の性格に合ったお仕事を見つけることでお仕事を楽しく有意義にすることができます。

細かい作業が苦手な人が細かい作業ばかりをするお仕事に就いてしまえば当然毎日のお仕事で多大なストレスを抱えてしまいますよね。

大きなものを取り扱うお仕事や他のお仕事に変わることでこの問題は解決できます。

しかし、自分自身の性格ってなかなか自分では判断し難い事でもありますよね。

その場合には人に私ってどういう性格だと思う?なんて聞いてみるのも良いですね。

自分では思ってもいない性格だったなんてことがあるかもしれません。

自分が思ってもいない性格と言われた場合には私そんな性格じゃないなんて否定するのでは無くて一度受け入れましょう。

人は自分が思っているよりも自分のことを見てくれています。

人が思う性格はまわりの人が印象を受けている性格となります。

自分で半そんなことは無いと思っていても実際にその性格と印象を受けている事ですのでまぎれもない事実です。

その性格を考慮してお仕事選びの参考にすると毎日楽しくお仕事をすることが出来るようになりますよ。

また、他人から聞くことによって知った性格が自分では気に入らないと思った場合には…実はかえることができるんです。

性格は生まれ持ったものだから変えられないなんて思っていませんか?

性格は帰ることができますよ。

性格を変えたい場合には性格を変えるために順番に行動をしていくだけなのです。

簡単な方法として、

・言葉使いを変える
・言葉使いが変わることで行動が変わる
・行動が変わることでまわりの人の対応が変わる
・まわりの人の対応が変わることで自分自身もかわる
・自分自身が変わることで性格もかわる

という事なんですね。

順番に行動することで自然と世書くなんてかえることができます。

運命を変える方法にも似ていますよね。

家族の状況による

自分の家族の状況によって今のお仕事が向いているのかどうか判断することができます。

家族の状況によって向いている仕事が変わるって…どういう事?なんて思われる人もいるかと思います。

家族を持っている人は家族の為に働いているなんて人も多いと思います。

という事は当然家族の状況が変わることでお仕事の勤務時間や給料場所などさまざまな面で変化を求められますよね。

という事は家族の生活スタイルやリズムに合ったお仕事なら最適な向いているお仕事になりますよね。

例えば子供がいる場合にはその子供の成長によって学校などさまざまな状況の変化によってもお仕事の状況が変わりますね。

高校などで遠くの学校へ行くとなった場合に一緒にその場所へ行くことになるかもしれません。

そういった場合には新しい場所でのお仕事が向いているお仕事になりますよね。

今までのお仕事のままでは勤務時間がかかりすぎてお仕事をしている状況ではなくなってしまう可能性もあります。

他にも家族の状況によって向いているお仕事となる条件が変わってきます。

今までは向いているお仕事だったお仕事でも状況に変化によって向いていないお仕事となってしまう事だってあります。

今の家族の状況に合ったお仕事が向いているお仕事ですね。

自分だけでは無くてその周りの環境の変化によっても向いているとされるお仕事は変化する場合があります。

さまざまな状況の変化に対応できるように考えることも重要ですね。

自分で気付けない場合も多い

向いているお仕事なのか向いていないお仕事なのかは実際自分で判断をする事は実際には難しいです。

他人だからこそ分かることも多いです。

自分では判断できない場合には他人にどんな仕事が向いていると思う?なんて聞いてみるのも良いですね。

時にはその判断を人に委ねてみるのも良いですよ。

自分では気が付かない良い所や悪いところが見つかるかもしれません。

思いがけないところで自分に向いているお仕事に巡り合えてそのお仕事が天職になるなんてこともありますよ。

自分では分からなかった新たなお仕事に目覚めてしまうかもしれません。

逆に自分にはこのお仕事が向いていると思っていたお仕事は真逆で向いていないお仕事だったなんてことも人に聞くことで客観視できて判断することができます。

他人に聞くことは何も恥ずかしい事ではありません。

人に聞いてみて素直に一度その考えを受け入れてみて下さい。

新しい発見がそこには必ずあるはずです。

向いていない仕事に就くとどうなる?

向いているお仕事と向いているお仕事があるのですが実際に向いていないお仕事に就いてしまうとどうなってしまうのでしょうか?

向いていないお仕事は言いかえれば嫌だなと思ってしているお仕事になります。

毎日嫌だなと思いながらしているお仕事ではどんな状況になるのかは想像できますね。

そんな向いていないお仕事に就いてしまった場合に生じるデメリットをご紹介していきます。

こんな問題や気持ちを抱えた人はそのお仕事は向いていないお仕事となりますね。

毎日ストレスでいっぱい

向いていない仕事に就いてしまった場合には毎日のお仕事がストレスでいっぱいな毎日となってしまいます。

向いていないお仕事ではなかなか自分の思い通りに事が運ばなくてもどかしくストレスとなってしまうのです。

向いていないお仕事ですので結果もなかなか出ませんのでお仕事自体も嫌になってしまいます。

毎日のお仕事がうまくいかなくてストレスを抱えてばかりでは大変ですよね。

そうならないためにも自分に向いているお仕事に就くことが大切ですね。

なかなか成果が出せない

自分に向いていないお仕事の場合にはお仕事の成果をなかなか出すことができません。

自分に向いていないお仕事では自分が思っているような結果にはならないのです。

向いている仕事に就いているのか向いていない仕事に就いてしまったのかをこの結果がなかなか出ないことで判断をすることができます。

今のお仕事で結果を出せずに苦労している人はもしかしたらそのお仕事は向いていないのかもしれませんね。

お仕事が楽しくなく成果も出ない場合には一度考えてみる事も検討してみると良いですね。

毎日成果が出なくてイライラした毎日では気持ちもすさんでしまいプライベートにも影響が出てしまいますよ。

どんどん自信を失っていく


向いていないお仕事の場合お仕事をしていても楽しく無くて当然成果も出すことができません。

どれだけ頑張っても成果を出すことが出来ないとどんどん自信が無くなってしまいます。

成果が出なくて自信を失ってしまうともう仕事自体が嫌になってしまいますね。

最近お仕事に対して自信が無くなってしまったなんて人はそのお仕事は向いていないかもしれませんね。

収入がいつまでも増えない

向いていないお仕事に就いてしまった場合は収入がいつまでも増えない状況となってしまいます。

向いていない仕事の場合思うように成果を出すことができない為いつまでたっても収入を増やすことができません。

収入が全く増えないという場合には今のお仕事は向いていないと思っても良いかもしれませんね。

周囲に八つ当たりしてしまう

向いていないお仕事の場合にはお仕事が思い通りにいかなくて周囲に八つ当たりをしてしまいます。

自分でも気が付かない内に周囲を巻き込んで八つ当たりをしてしまっている可能性もあります。

自分自身で最近、周囲に八つ当たりをしてしまっているなと気が付く人は良いのですが自分でも気が付かない内に周囲に八つ当たりをしている可能性があります。

自分では判断できない場合には人に聞いてみるのも良いですね。

最近、私イライラしてる?周囲にもしかしたら八つ当たりしてしまってる?なんて聞いてみて下さい。

最近周囲に八つ当たりが多いよなんて言われたらそのお仕事向いていないお仕事の可能性が高いですね。

タイプ別に向いている仕事を紹介

向いていないお仕事のことばかり考えても仕方ありませんね。

向いているお仕事はいったい何なのか自分に合ったお仕事、向いているお仕事を見つける為の方法をご紹介しますね。

人と話をするのが好きな人

人とお話をするのが好きな人っていますよね。

そんな人にはこんなお仕事が向いていますよ。

営業職

営業職はその仕事柄、人とお話をして契約を結ばなければいけません。

人と話すのが苦手な人には向いていないお仕事ですが人と話すのが好きな人にとっては向いているお仕事になります。

人と話してどれだけ商品が素晴らしいのかなど人に伝えられることができます。

当然成果も出やすくやりがいのある仕事になりますね。

人にも頼られる頼もしい存在にだってなることができますよ。

人と話すことが好きって言う人は営業職を考えてみると良いですね。

接客業

接客業も人と話すことが好きな人に向いているお仕事です。

接客というほどですので人と人との商売となります。

という事は人とお話をするのは当然のことですね。

楽しくお話をすることが出来れば成績も良くなりますよね。

人と楽しくお話をすることが出来る人は接客業がおすすめです。

接客業でもとっても多くの業種があります。

アパレル関係や食品関係、飲食店など色々な業種があります。

人と話をするのが好きって言う人は必ず自分にあった業種が見つかるはずです。

人間関係を築くのが苦手な人

人間関係を築くことが苦手な人はいますよね。

人と何かをする事が苦手で自分のペースで何事も進めたいって言う人は次のお仕事が向いていますよ。

作家・ライター


人間関係を構築するためには人と接して一緒に何かをしなければいけませんしかしその作業が苦手な人はいますよね。

そんな人には作家さんやライターのお仕事が向いていますよ。

作家さんやライターさんのお仕事の場合求められるクオリティーのものを提供することさえできればお仕事として成り立ちます。

また、作家さんなどクリエイティブなお仕事の場合は人に左右されることなく自分独自の感性でその作品を仕上げることが可能ですね。

他人に気をつかって面白みのない作品になることなく自分独自の感性を貫くことのできる才能は作家さんにとっては天性の才能となります。

人とのかかわり合いが苦手だという人は作家さんなどのクリエイティブなお仕事はおすすめですね。

写真家

写真家も人と関わり合いが苦手な人にはお勧めなお仕事となります。

自分とカメラ一つでそのお仕事を成り立たせることも可能です。

自分の好きな感性で好きな写真を好きなだけ取ることができます。

人に左右されないで独自の視点で切り取った写真は何ものにも代えられないあなただけの特別な才能となります。

その才能が認められて大きなお仕事を任されるようになると一人ではこなせなくはなりますが自分のまわりのスタッフなど自分に合った人だけをそろえることができます。

人間関係を築くことが苦手な人でも自分の好きな人だけの環境を作ることができますね。

人間関係の構築が苦手な人は写真家を目指すのもおすすめですよ。

芸術家

人との関係を築くのが苦手な人は芸術家にも向いていますよ。

基本的にはモノづくりをするようなクリエイティブなお仕事に向いているのです。

何ものにも染まらない独自の感性を生かす事の出来るお仕事が向いているんですよね。

芸術家もその中の一つで人に影響されないという持って生まれた才能によって作り出すことのできる芸術作品は何ものにも変えることの出来ない作品を作り出すことができます。

人とのかかわり合いが苦手だからこそ人の顔色を窺ってこうなのかな?ああなのかな?

と考えてしまうことなく自分が思ったままの作品を自信を持って仕上げる事ができるのです。

その作品が人に認められるのかどうかはその作品の発表時期によるものかもしれませんね。

一度人に認めてもらえさえすれば一気に人気作家になんてこともあり得ますよ。

人と関係を気付くことが苦手だから働くことが苦手なんて思っている人、そんなことありませんよ。

持って生まれた才能を活かす事の出来るお仕事は沢山あります。

自分に向いた仕事がきっとみつかるはずです。

クリエイティブなお仕事を探してみましょう。

人に指示したり管理するのが得意な人

人に指示をしてその状況を管理して上手にコントロールすることが出来るって言う人にはこんなお仕事が向いていますよ。

経営者

経営者としての素質が十分にあります。

人のことを上手に支持して気持ち良くお仕事をさせることの出来る素質を持っている人は経営者にはとても向いています。

経営者といってもさまざまな経営者があります何を経営するのかはあなた次第ですよ。

自分の得意分野での経営手腕を発揮して下さい。

監督業(現場監督・プロデューサーなど)

監督などのクリエーターとしてのお仕事にも人に指示を出して管理する事にたけた人は向いています。

自分が思い描いた内容を的確に皆に伝えて良い作品を作ることが可能です。

芸術家などの一人で作品を作り上げるクリエーターとは違いみんなと協力して作品を作り上げる監督やプロデューサーにはこのタイプの人ですね。

作品を作り上げるために多くの人に対して明確で的確な指示だしをすることが出来るこのタイプの人は監督などの立場になってお仕事をするだけで現場の雰囲気も良く作品も良い作品を作り上げることができますね。

監督業といってもさまざまな監督やプロデューサーのお仕事があります。

自分がやりたいと思う監督業に就くことでその能力を発揮することができますね。

管理業務が得意な人は監督業やプロデューサーを目指してみるのも良いですね。

数字に強い人

数字に強く数字的なことや計算が得意な人はこんなお仕事が向いていますよ。

経理

経理などのお仕事は数字の強い人が向いているお仕事となります。

経理のお仕事は会社の要となるお仕事となります。

数字に強く無ければできないお仕事となります。

間違えてしまっては大変な事態となってしまいますよね。

必ず間違えない数字に強い人材が必要な経理は数字の強い人には向いている仕事です。

税理士

数字に強い人は税理士にも向いています。

会社や個人からの依頼で税務処理などをおこなう税理士はその計算に絶対的正確さが必要となります。

数字に強い人が向いているというより数字に強い人で無いとそのお仕事をこなすことは出来ませんね。

税務処理はお仕事をするうえで必ず必要なお仕事となります。

どこへ行ってもお仕事はあります。

数字に強い人は税理士を目指してみるのもアリですね。

税理士は絶対的信頼を得てお仕事をしている職業です。

とてもやりがいもあり依頼者に感謝されるお仕事でもありますよ。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは生涯の人生設計を依頼者様と共に考えていくお仕事です。

数字に強く明確な将来設計を組み立てることの出来る人に向いているお仕事です。

生涯設計を共に考え何が必要で何が火膣要出ないのか明確な取捨選択を行えるスキルも必要です。

その理由を依頼者様へ理解してもらう上で数字による明確な説明が必要となります。

目に見える数字を軸に生涯設計を行えることで今後どのように人生を過ごしていくことが有意義なのかもわかるようになります。

人生設計を組み立てる事が得意な人には向いている職業ですね。

誰かの役に立ちたい人

誰かの役に立ちたいと思っている人考えている人、誰かの役に立っている人はこんなお仕事が向いていますよ。

介護職

介護職は誰かの役に立ちたいと思っている人には最適なお仕事になります。

介護職は人の役に立つお仕事なのですがその反面とても大変なお仕事にはなります。

大変なだけやりがいはあるのですが、介護職はモノをお相手にお仕事をするのではありませんよね。

どのような対応をするのか予想することができない人に対してその場その場で的確に判断をしなければいけないのです。

この為予想だにしない行動をとられてしまい驚きのおあまり怒ってしまうなんてことも…
人の役に立つどころか怒ってしまっては逆になってしまいますよね。

相手のことを思いやる気持ちがあれば予想外の展開にも即座に対応して相手のことを心配することができます。

例えばご飯をこぼしてしまった際に「何でそんなことをするの?」なんて怒ってしまっていては介護職には正直向いていませんね。

介護職に向いている人がとる対応は「どうしたの?何か気に入らなかった?」や「ごめんね掴み難かった?お箸じゃなくてスプーンにする?」なんてこぼしたことに対してそれを責めるのでは無くてこぼさないようにするにはどうしたら良いのかな?
と考えます。

他にも「熱くなかった?怪我はしていない?」なんてこぼしたことを怒ることはしないで相手の身体への気遣いをするのです。

こぼしたことに対して怒っている人は相手のことを思って言っているなんて言う人もいますが、実は自分がやりやすい環境を作りたいだけで相手の事なんて何も考えていないのです。

こぼされるとそれを片付けなければいけない手間が増えるなど自分の仕事が増える事に対して懸念があるだけでこぼした人に対してはしっかり食べろ!なんて思っているだけなんですね。

介護職はその職業柄、介護が必要な人に対して介護をするお仕事になります。

介護される側も本当は動きたいのに思うように動けず仕方なく介護を受けている人もいます。

自分ではなかなかできないのですが実際には自分で今まで通りこなしたいと思っているのです。

その自分で何とかしようとする思いが先走ってしまい失敗をしてしまい結果迷惑をかけてしまうかもしれません。

この迷惑な結果だけを見たら「もう!何やってるの?」ってなるのですが、相手のことを思いやり理解する気持ちを持っている人は「良くここまで頑張って出来たね、あと少しで自分でも出来そうですね」なんて自分でやろうとチャレンジしたことに対して褒める事をします。

人間褒められることで成長して次は頑張ろうと思うのです。

さらに良い介護士さんは「次は失敗しないように私も見ててあげるから一緒にいる時に一緒に頑張りましょうね」なんて言うのです。

そうすることで自分で勝手にして失敗することなく一緒にいる時にチャレンジして怪我やトラブルを未然に防ぐ事ができるのです。

さらにはお互いの信頼関係も出来て一石二鳥なんですよね。

同じ行動でもその際の言葉使いや対応によって人対人ではその結果などが大きく違ってきます。

人の役に立ちたいと漠然と思っているだけならば介護職はハッキリ言います。

向いていないかもしれません。

その思いだけで何とかなるような甘い仕事ではありません。

ものを売るだけならば何とでもなるのですが人と人との接し方によってお仕事のクオリティーが大きく変わる介護職は相手の気持ちを理解して支えてあげられる力が絶対的に必要です。

中にはお仕事として作業として介護職を行っている人もいます。

感情的にならずに良い時も悪い時も同じ対応で淡々と作業をこなすという点では良いのかもしれません。

しかし、本当に良い介護とは相手の気持ちを理解して何を相手が求めているのかを考える違らが絶対的に必要となります。

より良い介護職を求めるのであれば自分自身がまずは成長して相手の気持ちを理解できる人間になる必要がありますね。

感情的になって怒ってしまうようでは介護職は務まりませんよ。

保育士

保育士は誰かの役に立ちたいと思っている人にはむいているお仕事になります。

保育士は子供の面倒を見る仕事と思っていませんか?

実際のお仕事は子供のお世話をしたりするお仕事なのですが、本当の役割としては子供のお母さんやお父さんがお仕事をしている間にお世話をしている親御さんの為のお仕事でもあるのです。

家でお世話をする事ができない人や自分の時間を作るためなど様々な理由で保育園に預けます。

大切なお子さんを預かっているためとても重要なお仕事になりますね。

人の役に立ちたいと思っている人にとっては多くの人の役に立つ保育士のお仕事は向いていますね。

ただ、子供相手だからと安易な考えでお仕事をしようと思っている人は注意して下さい。

子供相手ですので予想外のトラブルも多いです。

予想できない事でも即座に対応する能力と親御さんと協力できる能力が無いと上手くお仕事はこなすことができません。

人のお世話をするという事は責任も同時に追うという事です。

責任感のある人で無いと務まりませんね。

人の役に立つためには責任感のある人で無いとできないお仕事ですね。

教師

教師のお仕事も人の役に立ちたい人に向いているお仕事ですね。

教師というお仕事で思い浮かべるのは学校の教師ですよね。

学校の教師以外でもさまざまな教師はいます。

教育者としてさまざまな分野で活躍することが出来る職業ですね。

各種専門分野を教えるお仕事になります。

人の役に立つことはもちろんですが人に何かを教えることが好きな人、教えることが出来る人でなければいけませんね。

人に何かを教えるという事はその教えることに対して理解をしていないと教えることができません。

逆を言えば人に教えることの出来る人はしっかりと自分で理解をしているという事ですね。

自分が物事を理解しているのかを確認する際に人に教えることが出来るのかどうかで確認することもできますね。

自分の性格や個性を活かそう

自分の個性や性格を理解することで自分に向いている仕事かどうか確認することができます。

向いている仕事かどうなのかを確認するためには今のお仕事で結果が出ているのか楽しいのかでも判断することができます。

性格や個性で向いているお仕事か向いていないお仕事なのか判断する事はできますが一番自分が向いているお仕事は自分がやりたいお仕事楽しいと思えるお仕事ですね。

お仕事をしている時に嫌だなと毎日思いながらしていると辛いだけですね。

毎日のお仕事が楽しい事がいちばんですね。