ドラスティックという言葉は聞いたことはありますか?

働いている人でも働いている環境や状況によっては聞いたことの無い言葉かもしれません。

逆にドラスティックを聞いた事のある人は頻繁に職場で使っている言葉になりますよね。

でもそのドラスティックの意味本当に分かっていますか?

️ドラスティックってなに?

ドラスティックってなに?って聞かれた時に明確に答えられる人って案外少ないです。

一番多い答えは何それ知らない?って言う人ですね。

使わない人は本当に使うことの無い言葉ですからね。

では使ったことのある人に対してドラスティックってなに?そう聞いた場合にはどう答えるのでしょうか?

一番多い答えは、ドラスティックはドラスティックでしょって答え。

ん~正解と言えば正解ですよね。

だってのままなんですから。

でもこう答える人ってその意味実は分かっていないんですよね。

何となくの雰囲気だけで使っているんです。

今は使うことが出来ても数年後にこのビジネス用語を使わなくなった時には意味が分からなくなってしまいお仕事ができなくなってしまうなんてことも…あるかもしれませんよ。

ビジネス用語は日々うまれては消えていきます。

生きた言葉ですよね。

日本的に言ったら流行語みたいなものです。

その時に流行った言葉はみんながこぞって使いますが流行(ブーム)が終われば全く使わなくなりますよね。

例えばリスペクトなんかは一時期お仕事でもプライベートでも頻繁に使われていましたが最近では全く効きませんよね。

聞いた場合にはあ~流行ったよネなんて昔の人扱いされてしまいます。

もっと言ったらオバタリアンなんて言葉知っていますか?

知っている人は結構年齢が言っているのかお仕事の関係などで知っている人ですね。

ビジネスシーンで見かける言葉


ドラスティックはビジネスシーンでよく耳にする言葉になります。

勘違いして認識している人はその意味を劇的な感じが思い浮かぶと思います。

実際にそう思って仕事している人もいるぐらいです。

日本では何となくのカタカナのビジネス用語が好きなんですよね。

その意味も何となくで理解して例えばドラスティック以外で言ったらコンプライアンスやガバナンスなんかもそうですよね。

この辺の経済用語なら一般の人も聞いた事があると思います。

最近ではメディアなどでも多く使われている言葉ですからね。

この言葉でさえもコンプライアンスの意味って何?って聞いた場合にコンプライアンスはコンプライアンスでしょなんて答える人も多いです。

実際には分かっていないんですよね…何だかガッカリです。

少し難しいビジネス用語も覚えよう

ビジネス用語とは先にも少し出てきたようにカタカナで言われる海外などのビジネスシーンで頻繁に使われている言葉のことですね。

日本語で言うよりもカタカナで言った方が何だかできる人の様に思えるんですよね日本人は。

その為カタカナのビジネス用語を多用するのです。

確かに海外の企業とのやり取りではビジネス用語は頻繁に出てきますのでそのまま活用している企業もあります。

そうでない会社でも格好いいからと取り入れる企業も多いですね。

この為生きた経済用語としてビジネス用語は知っておくべき言葉になります。

その意味を正しく認識して浸かっている人と何となくで使っている人とではその仕事に大きな差が生じます。

正しくビジネス用語の意味を知って最適な場面で的確に使うことが出来たら一流の仲間入りもできますね。

聞いたことの無いビジネス用語もその意味を理解して正しく使えるようにしましょう。

️ドラスティックの意味


ドラスティックの意味って結局なんなの?
そう思いますよね。

多くの人は先にも少しお伝えしたように劇的な様子が思い浮かんでいる言葉になります。

でも実際の意味は少し違います。

間違った認識をしている人はドラスティックではなくてドラマティックやドメスティックと言った言葉と混同してしまっている人ですね。

英語表記では「drastic」ですね。

意味合いとしては次の意味となります。

過激な

過激なという意味があります。

普通とは違う過激な様子を表す形容詞がこの言葉の語源ですね。

ビジネスの場ではチョットした変化では無くて過激な変化、徹底的な変化を求める時に使う言葉ですね。

思い切った

思い切ったという意味もあります。

思い切った変化や思い切った改革と言った意味となります。

根本的な

根本的なという意味もあります。

根本的な改革によって見直すときに使います。

簡単な改革では無くて根本的な改革ですね。

徹底的な

徹底的なという意味もドラスティックにはあります。

徹底的にかえることです。

少しだけかえる場合では無くて徹底的な改革をする際に活用します。

凄まじく

凄まじくというよりも思い切ったの方が意味合いとしては正しいですね。

形容詞として凄まじくという意味も多少なりともありますね。

度を越している

度を越していると解釈もできますが徹底的なの方が正しいですね。

イメージとしては正しいイメージとなります。

受け取り方によってはこのような受け取り方をしてしまうため悪い印象をあたえる可能性があります。

良い意味にも悪い意味でもとらえることのできる言葉になります。

気を付けなければいけない言葉でもありますね。

とても激しい

とても激しいという意味でもとらえられます。

激しいというのは良い意味でも悪い意味でも受け取り手の感じ方次第で変わってしまいます。

使い方を間違えてしまうとトラブルの原因となってしまいます。

格好良いからと多用してはいけない言葉ですね。

社内の身内だけで使うようにした方が良い言葉になりますね。

社外で使用したり知らない人に使う言葉ではありませんよ。

ドラスティックの意味をまとめると

ドラスティックの意味をまとめると思い切ったや抜本的なという形容詞ですね。

英語本来の意味と同じ活用方法ですね。

英語同様に言い方のニュアンスや使う場面によって良い意味にも悪い意味にもなってしまいます。

使う場合には注意が必要なビジネス用語です。

というよりビジネス用語としては常用しない方が良い言葉なのかもしれません。

特に英語圏での使用は避けた方が良いです。

ビジネス用語としてではなく本来の英語の意味そのものを受け止めてトラブルの原因となってしまいます。

️ドラスティックを使う場面

ドラスティックを使う場合にはその場面の見極めが非常に重要です。

使い方や使う相手を間違えてしまうとトラブルの原因となってしまいます。

ビジネス用語として専門の言葉でないため本来の形容詞の意味としてとらえられてしまいます。

トラブルにならないように使い場面の見極めは正しく行って下さい。

非常に大きな変化

使い方としては非常に大きな変化があった時がドラスティックをつかう場面となります。

例えばこんな場面に遭遇した時にはドラスティックをつかうことがあります。

◯◯の業界において非常に大きな変化があったという場合ですね。

この場合にドラスティックを使いたいなと思う場合はこのような言い方にかえます。

◯◯業界でドラスティックな変化がみられた。

なんて使って下さい。

最初の言い方よりも仕事ができそうな感じはしますよね。

何となくでドラスティックをつかうのでは無くてその本当の意味を知ったうえでドラスティックに置き換えるという方法での活用法が良いです。

大きな変化のあった場合にはさまざまな場面で使うことのできる言葉ですね。

ただ、個人や人に対して使うことはさけましょう。

受け取った相手の感じ方によってはとっても嫌な気持ちにさせてしまいます。

トラブルの原因をわざわざ作る必要はありませんね。

大きな変化が大きな場所で起こった場合がドラスティックをつかう場面としては良いです。

個人的な変化や小さな市場の変化などでは使わないで下さい。

個人ではなく社員全体に対しての使用や市場全体に対してなど大きな場面での使用が良いです。

社員の意識にドラスティックな変化があった。

などや、以前は田畑しかなかった場所がドラスティックな変化によってビルが建ち並んでいる。

と言ったように大きな変化が大きな場所であった場合に用いると失敗や誤解されること無く使うことができます。

誰もが驚くような行動

誰もが驚くような行動や発想を考えついた場合に良い意味として使う場合にはドラすt十区を使っても良いですね。

例えばこの様な場合ですね。

企画案を出した際にこの企画は誰も思いつかない革新的な企画ですね。

なんて場合にはドラスティックを使うことができます。

この企画はドラスティックですね。

などと使うことができます。

ただ、この場合は個人に向けてのドラスティックになると受け取る相手の感じ方次第で誰も考えつかない良い企画ととらえることもできますが逆に突拍子も無い非常識な企画ととらえられてしまう可能性もあります。

ドラスティックという言葉には受け取る相手によってその意味が良い意味としても悪い意味としても受け取ることの出来る言葉になります。

この為個人へ向けてドラスティックを使う場合には細心の注意が必要となります。

という事は企画案を出してその企画が斬新で素晴らしいという意味で使う場合でも企画を個人で提案した場合では無くて部署単位やチームで考えた場合に使用する方が良いですね。

さらにはドラスティックという言葉を使った後に企画が良いものだということを伝える事が非常に重要です。

良い意味でドラスティックを使ったことが分かるように相手に伝えることが出来るのかどうなのかがドラスティックを使う場合には重要な事になりますよ。

かなり危険な状態

かなり危険な状態の場合にもドラスティックは使うことができます。

例えばわが社の現在の情勢は非常に危険な状態にあります。

なんて時にドラスティックに置き換えて言うことができます。

わが社の情勢は現在ドラスティックです。

なんて言いかえることができます。

非常に危険で切羽詰まった状態をドラスティックで表現することができます。

鬼気迫る状況です気を引き締めていきましょうという場面で使用することができますね。

他にも◯◯はドラスティックな展開だったなんて言うこともできます。

ドラスティックの本来の意味が分かっていたら今まで使っていた言葉をドラスティック置き換えることで仕事ができる人間と思わせることは出来ますね。

ただし、その使い方や使う場面を間違えてしまうと相手に嫌な思いをさせてトラブルの原因を作ってしまうことにもなります。

使う場合には注意して使いましょう。

根本を覆す程の決定事項

根本を覆す程の驚くような決定事項があった場合にもドラスティックを使うことができます。

例えば、会社全体の意識を変えるためには常識では考えつかない様な根本を覆すような決定事項が必要です。

という場合には会社組織の意識改革にはドラスティックな改革が必要です。

と言ったようにドラスティックを使うことができます。

他には驚きの変化があった場合にも使うことができます。

ソ連はドラスティックな形で崩壊した。

など根本を覆されるような決定事項があった場合に使うことができますね。

この場合でも相手に対して不快な思いをさせてしまう可能性がありますので使う場合には誤解されないように注意しなければいけません。

️ドラスティックの由来

ドラスティックの由来は英語のドラスティックが由来となっています。

英語の意味が分かれば使い方が分かりますね。

また、ドラスティックとしてのビジネス用語ではギリシャ語の「積極的な様子」と言う意味が語源になっているという説もあります。

こちらの方がビジネス用語としては正しい使い方になります。

ギリシャ語では抜本的ななどの意味はありませんが積極的な様子からゼロからものごとをはじめる際にも使うことができます。

では今回は多くの人が使っているであろう意味の英語の意味をもう少し詳しくご紹介しますね。

本来のビジネス用語の語源とは違うのですが多くの人がこちらの意味としてドラスティックを使用していますので覚えておいて損はありません。

英語「drastic」から

英語のdrasticがドラスティックの語源となります。

徹底的で強烈な様子のことを意味する言葉ですね。

drasticは大学受験などにも頻繁に出てくる形容詞ですので大学受験を経験している人は一度は聞いた事のある英語ではないでしょうか。

「抜本的な」や「思い切った、徹底的な」などの形容詞ですね。

英語のドラスティックの意味

英語のドラスティックには根本的な手段や徹底的ななどの意味があります。

他にも治療や変化などが猛烈な変化や劇的な治療などの意味がありますね。

例えば「drasticmedicine」というと劇物という意味ですね。

「drasticremedy」では荒療治なんて意味になります。

ビジネス用語としては英語圏での使用は避けた方が良いビジネス用語ですね。

ということは…気づきましたか?
ドラスティックというビジネス用語は日本でギリシャ語のドラスティックを語源にできたビジネス用語なのです。

海外で使ってしまうと誤解を招いてしまう事になってしまったり、恥ずかしい事になってしまうかもしれません。

場合によっては悪い意味にとらえられて上手くいく商談も上手くいかなくなってしまうなんてこともありえます。

英語圏でのドラスティックという言葉は使わない方が良いですね。

貴方の思っている意味でとらえてもらえなくて思ってもいない悪い意味でとらえられてしまいます。

個人に対して使用した場合には過激な人などととらえられてしまい関係性を悪化させてしまうかもしれませんよ。

集団に対して使用した場合にも過激な集団ととらえられてしまうかもしれません。

迷惑に思われていたんだ…なんて思われるかもしれませんね。

英語が語源だから英語圏で使われているビジネス用語と思って使ってしまってはとんでもないことになってしまいます。

他の今使っているビジネス用語も日本独自のモノなのか世界的に使用しているビジネス用語なのかも把握する必要がありますね。

日本独自のビジネス用語、場合によっては会社独自のビジネス用語を普段頻繁に使用しているからと言って世界的に通用するビジネス用語だと勘違いしないようにしなければいけません。

他の人からしたら何言ってるの?変な人なんて思われても仕方ありませんよ。

場合によっては大変失礼な言葉を使っている企業さんもいるようです。

企業間の小さなコミュニティーでは通用しているビジネス用語でも大きなコミュニティーになったとたんに通用しないビジネス用語になってしまう可能もあります。

通用しない場合にそんな事も知らないの?なんて優位に立ってしまう人もいますが…もしかしたら通用しない恥ずかしいビジネス用語を使っているのはあなたたちなのかもしれません。

自分達の間だけで通用しているだけの言葉かもしれません。

閉ざされた業界内でしか通用しない常識を世界の常識と思ってはいけません。

これは相手のことを思って、考えてビジネスをすることで防げる誤解です。

相手のことを考えてお仕事をこなしている人は間違った言葉を使うことなく相手が使っている言葉やビジネス用語、専門用語で対応することができます。

相手に合わせることは私達日本人は得意なはずです。

ワビサビや遠慮の文化、相手の気持ちをさっする文化、言葉のニュアンスの変化で空気を読む力などとても優れています。

自分達の得意分野で勝負することも時には必要ですがその見極めを的確に判断して今最もベストな言葉でお仕事をスマートにこなしましょう。

️ドラスティックの使い方

ドラスティックを使い場合の具体的な使い方をご紹介しますね。

誤解されないで間違えないように使いましょう。

ドラスティックな改革を実行する

ドラスティックな改革を実行するなんて使い方は自社で使う場合には良い使い方ですね。

改革をする場合に今以上に沢山努力をして誰でもできる様な簡単な改革では無くて改革そのものを改革してしまうような根本的な劇的変化のある改革を実行する場合に使用することができます。

改革をするって言うだけでは何の変化も見込めない場合に「もっとドラスティックな改革を実行しないとダメだ」なんて使うことができます。

改革に携わる人の意識改革も同時に出来てしまう便利なビジネス用語になりますよ。

ドラスティックな改革なんて言い方も格好良いですよね。

自社内で使う言葉としてはその意味も勘違いされることは少ないですので最適な使い方です。

ドラスティックな展開を見せる

ドラスティックな展開を見せるという使い方はその展開が何なのかによります。

他社や自社以外の展開の場合には相手に誤解されないように使用しなければいけませんね。

また、ドラスティックな展開という言葉はドラマティックな展開と混同して使用してしまう可能性のある言葉です。

受け取った相手からしてもドラスティックよりもドラマティックとして受け取る可能性もあります。

劇的な展開(ドラマティック)ではない場合に使用しましょう。

使い方が難しいなと思った場合には無理に使う必要はありません。

その意味さえ分かっていれば大丈夫です。

ドラスティックな方針の変更

ドラスティックな方針の変更という使い方も自社内で使用する場合には良いかもしれませんが他社間での使用は避けた方が良いですね。

特に英語圏のビジネスでは使わない方が良いです。

誤解されてしまい悪い意味で受け取られてしまう危険性があります。

抜本的な方針の変更をする際に抜本的なをドラスティックに変換して言う言い方が最も適切な使い方になります。

分からない場合や使い方が不安な場合には無理に使う言葉ではありません。

誤解されるような使い方をするぐらいなら誰にでもわかる言葉で的確に相手に伝えた方がビジネスがうまくいきますよ。

言葉には言霊が宿るとも言います。

自分が発する言葉には責任もって発言することが必要です。

その為にも自分が発する言葉の意味を知っていなければいけませんね。

意味が分かっていればどの場所のどの場面で使用する言葉なのか分かると思います。

格好良いからと使うのではなく相手が分かる言葉で自分の言いたいこと、伝えたいことを相手に伝えられる言葉が一番の最適な言葉になります。

自分が使う言葉には責任もって今どの言葉が最適なのかの見極めがビジネスで成功するカギですね。

やるならドラスティックにやろう

やるならドラスティックにやろうなんて言葉は保守的になりすぎている場合の景気付けとして使うと良いですね。

ただ何も考えずに作業をこなすのではなくどうせやるのなら徹底的にやろうという場合に使う事ができます。

もう一度根本的なことからゼロから考えてやろうなんて時に使うと良いですね。

あいつはドラスティックな人だ

あいつはドラスティックな人だという言葉は非常に難しい言葉になります。

相手がどのように受け取るのかによって良い意味にも悪い意味にもなってしまう言葉になります。

自分が思っている意味とは全く逆の意味として相手に伝わってしまう可能性があります。

いい意味では「徹底的に取り組む人だ」や「思い切りのいい人だ」などですが悪い意味として受け取ってしまうと。

「あいつはとっても過激な人だ」「あいつは強烈な人だ」「あいつは攻撃的な人だ」「あいつは強烈な変化をする人だから気を付けないと」などさまざまな意味で受け取りことも出来てしまいます。

個人に向けて使う言葉ではありません。

悪い意味としてとらえられても良い場合は使っても良いかもしれませんが、逆にあなたが少し常識のない人と思われてしまう危険性もあります。

使い方を合間違えて勘違いされないように使用しましょう。

ドラスティックな挑戦を試みる

何かに挑戦する際に使う事はできますが使い方を間違えると恥ずかしい事になる場合もあります。

例えば初めて挑戦する際には使う事はできません。

何度かやったことのあることに再度挑戦する際にドラスティックな挑戦を試みるなんて使うことは出来ます。

一度やったことがありやり方などは知っているのですが同じやり方では無くて根本的に元からやり方を変えて挑戦してみようという場合に使うことができます。

同じ事の繰り返しではだめな時や変化の見られない時にドラスティックな挑戦が必要などと使ってゼロから挑戦してはじめてのことをやってみようという意味で使えますね。

ドラスティックはその英語の意味の豊富さから良い意味にも悪い意味としても使えてしまいます。

という事は自分が思っている意味とは真逆の意味として相手に伝わる可能性がある言葉になりますね。

勘違いされない様な言葉で適切な場面で使う事ができるようにしましょう。

️些細なことや小さなことには使わない

些細な変化や事柄に対してはドラスティックは全く逆の意味になります。

簡単に言ってしまえば大きな変化や大きなことに対して使う形容詞ですね。

簡単に使う言葉ではないので注意

ここまで読んだ人はもうお分かりかと思いますが、ドラスティックはその意味によって良い意味にも悪い意味としても両方の意味があります。

あなたが使っている意味と受け取った相手が思った意味との相違が生じてしまう可能性が大いにある言葉です。

そんな意味で行ったのでは無くても一度相手がそのように思ってしまってはいくら言葉w撤回しても言った事実は変わりありません。

そんな意味では無いと否定をしても相手はドラスティックを受け取った時点ですでに嫌な思いや気持ちを抱いています。

その事実は後から否定や撤回をしても消えませんね。

あなたが相手に対して不快な思いをさせてしまった事実も変わりありません。

今後一緒にお仕事をしようと思っている人はこの言葉によってその関係性が悪化してしまいいくら撤回や否定をしたとしてもライバル企業やライバル相手と接戦になった際の決め手となってしまいます。

あの人には嫌な思いをさせられたからな…なんてね。

自分はビジネス用語としてデキル人間ですアピールをしたつもりでもただ、相手を不快にさせているだけなのかもしれません。

不快に思った人はその場でそんないい方しなくてもという人はその場で気付いて撤回やそんな意味で言ったのでは無くてこういう意味で言ったんですよと言いなおしをすることができますが、不快な思いをした時点でもう話しすらしたくなくなる人も多くいます。

この場合には自分的にはビジネスができる人とアピールできたなと満足していますが実際には真逆で相手に不快な思いをさせた失礼な人と思われているのかもしれません。

相手の気持ちは相手から言って頂くか自分で相手の気持ちになって察するしかありません。

一度口に出してしまった言葉はいくら否定しても事実は変わらないことを覚えておいてください。

口は災いの元とも言いますが、相手を褒めて上機嫌にさせることもできます。

貴方の言葉には言霊が必ず宿っています。

発する言葉全てに自分自身が責任持てるように考えながら発言するようにして下さい。

一度考えることで冷静になりその場での適切な言葉使いが分かるようになります。

普段は普通に話している相手でも時と場合によっては敬語で話すことが最適な場合もあります。

逆に普段敬語で話している人に対して敬語を使わずに話すことが最適な場面も多く存在しています。

日本的に言ったら自分の会社や人のことを遜った言い方で表現する時もありますよね。

その場その場で最適な言葉選びができる人になりましょう。

ドラスティックもただ、格好いいから、できる人に見られたいからと言って使うととんでもないトラブルとなってしまいます。

相手が嫌な意味で受け取った場合に否定する時に使う言葉がありますよね。

その言葉こそが今その場面では最適な言葉だったのではないですか?
最適な言葉が分かっているにもかかわらず格好つけてドラスティックなんて無理して使わなくて良いですね。

相手が分かりやすい言葉で話をすることが一番良いですね。

ただ、ビジネス用語の意味は多くの意味を覚えておきましょう。

実際に自分が使う事が無くても相手が使った場合にはこんな意味で使っているんだなと分かっている場合と分からない場合とでは大きな違いが生じます。

意味が分かった上で分かりやすい言葉で話すことのできる人こそが本当の意味でビジネスの出来る人です。

誤解のない言葉を選んでトラブルにならないようにしましょう。

️ドラスティックの意味を覚えておこう

ドラスティックは語源こそギリシャ語の積極的な様子が語源となりますが日本では英語のドラスティックの意味として使われることが多いです。

その意味から良い意味にも悪い意味としても受け取ることが出来てしまいます。

日本以外でも英語圏では同様の事態になってしまいます。

この為英語圏での使用は避けたい言葉になります。

という事は普段もあまり使わない方が良い言葉ってことですね。

大きな変化や大きな事柄について使う場合には誤解されにくく使いやすい言葉になります。

適切な場所の見極めがとっても重要ですね。

ちなみにドラスティックの意味からその反対の意味として使える言葉はコンサバティブですね。

コンサバってファッション好きな人なら聞いた事はありますよね。

モードやコンサバなどファッション業界では多く飛び交っている言葉ですがこのコンサバは簡単に言うと保守的なという意味となります。

ドラスティックの劇的な過激な強烈な変化などと逆の意味ですね。

ビジネス用語やそれぞれの業界内で多用している言葉は非常に多くあります。

今使っているその言葉の意味本当に分かっていますか?

分かって使っているのと何となくで使っている人ではかなりのさがありますよ。

分からない言葉は何となくで使わないでその意味を知ったうえで適切な場面で使えるようにしましょう。