いざ会社を退職することが決まったっていう時にその挨拶をどうしようかと悩んでいる人は必見です。

退職する理由は様々ですよね。

しかしどんな理由があるにしても退職する事実はみんな一緒ですね。

ではその最後のあいさつによってあなたの最後の印象が決まります。

今までがどうであれ退職する際の挨拶であなたの最後の印象が変わります。

あの人感じ悪かったよねとなるのかあの人スゴク感じの良い人だったよねとなるのかは退職の挨拶次第といっても過言ではありませんよ。

円満退社を心がけよう!退職挨拶の方法

退職をすると決まった場合には円満退社になる方が良いですよね。

立つ鳥あとを濁さずなんて言いますよね。

最後は感じよく退社できるように挨拶の仕方やタイミングなど間違えないようにしましょう。

お仕事の邪魔をしてしまってはいけませんし、何も挨拶無しなんて言うのも円満退社とは言えませんね。

円満退社をするためにはどうしたら良いのかこれからご紹介していきますね。

退職挨拶はしっかりとしておこう!理由は?


退職挨拶は何となくや全くしないというのは大人としてはあり得ませんよ。

常識ある大人なら退職挨拶はしっかりとして下さい。

今までの事やこれからの事など何でも良いのですが、なかなか何を話したら良いのか分からない人もいるかと思います。

そんな人にも分かりやすく退職挨拶をご紹介していきます。

これさえ分かれば退職挨拶は悩みませんね。

悔いなく終われる

退職挨拶をすると感じ良く終われるだけでは無くて自分自身も悔いなくお仕事を終わらせることができます。

自分自身がスッキリした気持ちで退職したいのならば退職挨拶は必ずしなければいけませんね。

悔いなく退職することが出来れば次のお仕事を始める場合などにもスッキリした気持ちではじめることができます。

退職した後の自分のためにも退職挨拶は必要ですね。

相手も気持ちよく終われる


自分自身のためだけでは無くて今までの仕事の仲間など他の人の為にも退職挨拶はした方が良いです。

退職挨拶を正しく感じ良くすることで残っている人も退職した人に対して感じの良いイメージが残る為気持ち良くその後もお仕事を続けることができます。

退職時に挨拶も無く逃げるように辞めていく人もいますよね。

そんな人に対してはあまり良いイメージを持ちませんね。

自分自身の為でもありますが同時に他の人に対しても気持ち良くお仕事を続けてもらうためにも退職挨拶は上手に行うべきですね。

辞めたあとにも良い関係を作り上げたい場合にはなおさらですね。

退職挨拶で気をつけることは?

と色挨拶をする場合には気を付けなければいけないことがあります。

簡単に言ってしまえば自分の事よりも相手のことを考える気持ち、思いやりが大切なのです。

相手のことを考える事ができれば間違った挨拶はしないですみますよ。

ゆっくり、はきはき、丁寧を心がける

退職挨拶をする際にはゆっくりとはきはきした口調で丁寧な言い方を心掛けて下さい。

いつもはフランクでフレンドリーな職場でも退職の挨拶の時は丁寧な口調で相手に自分の思いや気持ちが伝わるようにゆっくり、はきはきと話しましょう。

お仕事を辞める場合にはさまざまな理由があると思います。

個人的な理由から家族や会社、定年など色々な理由がありますよね。

その中には少し気まずい理由も当然ありますよね。

色々な理由があるとは思いますが退職挨拶の際にそのことを引きずってしまいうつむいてモゴモゴと何言っているのか分からない挨拶ではやっぱりねなんて退職後にも悪いうわさが立ってしまうことにもなりかねません。

ゆっくり、はきはき、丁寧なあいさつができればその後に悪いうわさや評判は無くなります。

むしろ良い印象を与えることができます。

円満退職の為には退職理由はどうであれ退職挨拶を感じ良く行うことができれば感じの良い印象を残してお互いに良い印象を持って退職することができます。

もう辞めるお仕事なのだからどうでも良いや…なんて思っていませんか?
意外と世間は狭くてどこでどうつながるのか分かりませんよ。

悪い印象は少なく良い印象を増やした方が今後の人生においてもプラスになる事間違いなしです。

退職挨拶が正しくできれば人前でのあいさつすることに自信もついて他の挨拶も同様に正しく失敗なくこなすことができます。

視線にも気を遣う

視線にもできたら気を使えると良いですね。

大勢の前でお話をする機会がある人は分かっているともいますが手前の人から一番遠くの人まで全てを見渡しながら話すことが一番良い方法となります。

しかし人前で話す機会が無い人は中々上手くはいきません。

そうなると恥ずかしくなってしまい、うつむいてしまい姿勢が悪くなってしまいます。

うつむいて姿勢が悪くなると言葉もまごついてしまいドンドン声が小さくなって聞き取り辛い挨拶となってしまいます。

相手に気を使わせてしまう事になってしまいますね。

慣れている人では手前の人をいじりながら遠くの人にも視線をおくってそつなくこなせますがなかなか慣れていないと難しいです。

この場合には一番遠くの人を見るように視線を遠くにします。

こうすることで遠くにいる人にもしっかりと気持ちが伝わり遠くを見ることで姿勢も良くなりハキハキとした挨拶になります。

視線を特にすることでさらに人の顔も認識し辛く緊張感も少しは和らぎます。

他にはニコニコしている人やうなずいてくれる人に向けて話すと緊張感も和らぎ上手に話をすることができます。

ニコニコしている人や話しやすい人に向けて話すことで自分もニコニコとした笑顔に自然となってしまいます。

笑顔の人の話しとムスッとした顔の人では同じ話をしていても大きく印象が変わりますよね。

当然笑顔の人の方が良い印象を受けます。

姿勢も同様で背中が曲がって縮こまった人よりも胸を張って姿勢の良い人の話の方が信用できますよね。

視線一つで正しい姿勢と笑顔を自然と作ることが出来るのです。

人前で話すことに慣れていない人は一番遠くの人を見るようにしましょう。

長さは1〜2分

退職挨拶の時間も意外と重要です。

基本的にはたんてきに短くまとめて話すことが良いです。

あまり長々と話してしまうと良い印象を与えません。

他の人がお仕事中であればなおさらです。

お仕事をしなければいけないのに長々と話されては迷惑となってしまう可能性もあります。

短くまとめなければいけませんね。

長さで言ったら1~2分程度が理想的です。

1~2分というと文字数的にどの程度なのか分かりませんよね。

みんなの前で話す際には事前に何を話すのか文章にしますよね。

その際の文字数の目安として1分間のスピーチで300文字程度になります。

300文字から700文字程度の文章を作り1分~2分におさまるように練習して下さい。

700文字程度で2分前後にならない場合は話す速度が適切ではありません。

文字数を目安にして挨拶の時間を整えて下さいね。

目安があると練習もしやすいと思います。

まずは文章を考えて多くても700文字におさまるように作成しましょう。

その文章を読んで始まりから終わりまでのタイムを計り2分程度にまとまる最適な話す速度を身体に覚えさせてください。

この速度が人が話を聞き入れやすい話す速度になります。

速くても遅くても相手は聞き取り難く良い印象を受けません。

プレゼンなどでも同様ですので300文字程度で1分になる話す速度を身に着けると良いですね。

退職挨拶、どんなことを話せばいい?

退職の挨拶はいったいどんなことを話したら良いのか分からない人もいますよね。

今回はどんな内容のお話をしたら良いのか具体的にご紹介します。

退職する日付

まずは基本の退職する日付が必要ですね。

退職挨拶をする場合退職するその日に挨拶をする場合と事前に挨拶を済ませてしまう場合があります。

この為、退職をする日付を最初の挨拶で話すことが必要ですね。

退職挨拶したのにまだいるなんて思われないためにも退職する日付は必ず言いましょう。

例文としては簡単ですね。

一番最初の挨拶として

「皆様私の為にお忙しいところ失礼いたします。
○○○○です。(自分の名前を言うと良いですね)
この度、〇月〇日に退職をさせて頂くことになりました。」

などと最初に挨拶をしましょう。

この後に続くお話の内容は次の内容です。

退職理由が明確であれば

退職にあたって退職する理由が明確なものや人に話しても差し支えの無い退職理由の場合はその退職する理由を言うと好印象を与えることができます。

理由なく退職となると色々な憶測やあらぬウワサも立つ可能性があります。

残っている人に対して良い印象をあたえるためにも退職理由が明確で話しても良い内容であればその退職理由をお話しましょう。

例文としては

「退職の理由としては、私の年齢が定年退職の時期となり退職をさせて頂くことになりました。
この○年間皆様から受け賜わりましたご厚意に厚くお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。」

などですね。

定年退職以外の場合にはこんな言葉を付け加えると良いですね。

退職理由としては更なる自分磨きと挑戦の為退職をさせて頂くことになりました。

この○年間、皆様から受け賜わりましたご指導ご鞭撻につきまして本当にありがとうございます。

これからの糧として今後も頑張って行きます。

本当にありがとうございました。

などですね。

少しだけいつもより丁寧な口調で話すと良いです。

感謝の気持ち

感謝の気持ちを伝えると好印象を与えることができます。

会社そのものへの感謝や上司、部下などの社員に対してまたは個人に対しての感謝でも良いです。

感謝されて嫌な気持ちになる人はいません。

ただ、間違えてはいけないのが感謝と思って言ったことが実は単なる嫌味だったなんてケースもあります。

一度文章を作成して声に出して読んでみておかしくないのか、嫌味になっていないか確認してください。

誰かほかに呼んでくれる人や聞かせる人がいる場合には事前におかしくないのか確認してもらうと良いですね。

嫌な気持ちにならないお話なら良いのですが、稀に自分の伝えたかった意味とは違う意味で受け取られてしまう言葉もあります。

誤解のない言葉を選んでお話しましょう。

また、この感謝の言葉は退職挨拶の最後に言うと良いですね。

途中で感謝の気持ちを言うのも当然ありなのですが、最後に感謝の気持ちを伝えることで相手には感謝の気持ちが強く印象に残ります。

という事は良い印象を残すことができますね。

感謝の気持ちは最後にお話すると覚えておいてください。

途中で話をしてしまった場合は急にやめてしまうとおかしくなりますのでそのまま続けて下さい。

そして最後にこの言葉で締めて下さい。

最後になりますが、会社のご発展と皆様のますますのご活躍を陰ながらお祈りをいたします。

またどこかでお目にかかることが御座いましたら、今まで同様にお気軽にお声掛けをして頂けたらなと思います。

今まで本当にありがとうございました。

など感謝の気持ちと思いやりの気持ちを伝えて締めくくりましょう。

退職する職場での思い出のエピソード

退職する職場での思い出やエピソードを退職挨拶に入れると一体感がうまれて残っている人も「あ~そんなこともあったよね」なんて同感を得ることができます。

同じ気持ちを共有することで感情移入や良い印象を与えることができます。

最初の挨拶と最後の締めの間に印象深い思いで話をすると良いですね。

ただ、注意しなければいけない事は思いで話に花が咲いてしまい話が長くなってしまう事です。

あまり長くなってしまいますと退職挨拶としては適しません。

最初にお伝えしたスピーチ時間2分前後を目安として退職挨拶として下さい。

文章の文字数の参考もあります。

参考文字数に収まる内容としてその文章全てを言い終わる時間を調整して下さい。

文字数と時間があえばその口調での話しスピードが最適なスピードとなります。

速すぎても遅すぎてもダメですよ。

最適な話すスピードを身につけて下さい。

この話すスピードを覚えるとさまざまな場面で役に立ちます。

抑揚もつけやすくなりますよ。

職場へのエール

職場へのエールを退職挨拶に付け加えると良いかもしれませんね。

ただ、このエールを送る場合は職場に在籍年数によっては言わない方が良いです。

長年勤めあげた職場に対しては今後も頑張って下さいや応援していますと言ったエールを送るのも良いです。

言い方などによっては残っている人に対して失礼になる可能性があります。

辞める人に言われたくないなど思う人もいるからですね。

エールを送る場合は注意する必要がありますね。

退職挨拶をメールで送る時に気をつけること

退職挨拶を直接スピーチすることが出来ない人もいますよね。

直接お話をする事ができない倍もありますよね。

その様な場合にはメールやお手紙で退職挨拶をしても良いです。

メールなどの挨拶はどのようにしたら良いのか具体的な例を交えてご紹介しますね。

送るタイミング

退職挨拶のメールを送るタイミングとしてはどのタイミングが良いのでしょうか?

退職すると決めた時?それとも退職をする最終日やその前日?いつ退職挨拶のメールを送るのが最適なのでしょうか?

退職挨拶のメールを送るタイミングとして最適なタイミングとは退職すると決めて職場で一緒に働いている人に対して自分が退職するという情報が職場でオープンな情報として扱われるようになってからです。

情報がオープンになってから退職をする最終出社日までの間でしたらどのタイミングでも大丈夫です。

取引先などへの退職挨拶も同じタイミングでメールをしましょう。

一番良いのは直接会っての退職挨拶となりますが、直接会うことができない場合にはメールでの退職挨拶でも大丈夫です。

取引先への退職挨拶メールには必ず後任の担当の紹介や引継ぎを必ずして下さい。

退職をするから後の事は知りませんと何もしないのは常識ある大人の行動ではありません。

常識ある大人としての行動をして下さい。

自分自身のためでもありますし残っている職場や取引先の為でもあります。

退職後も円満な関係性ができると尚良いですね。

社内

退職挨拶のメールを送るタイミングは分かりましたね。

では具体的な内容についてもご紹介していきますね。

社内メールで複数の人に当てたメールの場合と個人あてのメールとでは少しあいさつ文が異なります。

今回は複数の人へ送る際のメールの例文をご紹介しますね。

件名:退職のご報告(ご自分の所属部署や役職などと名前も記載します)
本文:今までお世話になった皆様へ
所属部署と役職、名前を記載します。

本来であれば皆様に直接お会いしてご挨拶をするべきところ本メールでのご挨拶大変失礼いたします。

私事では御座いますが、〇月〇日をもって退職することになりました。

在職中は皆様に大変お世話になりました。

皆様からの叱咤激励のおかげでご迷惑をかけながらも今までやってくることができました。

~この後に具体的な内容があれば記載して下さい~
○○の規格の際のアドバイスは非常に丁寧に教えて頂き自分自身の糧となり今現在でも迷った際の指針となっています。

今後も在職中に得た経験を活かして頑張っていきます。

重ねて皆様には本当に感謝を申し上げます。

今まで本当にありがとうございました。

末筆ながら、今後の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

最後に自分のお名前を記載して下さい。

こんな感じの文面で退職挨拶メールをして頂けたら大丈夫ですね。

分量的にもこの程度の分量が理想的です。

メールの分量が長すぎてしまいますと、PCの画面内で内容全てを表示することができず確認作業や読む時間を相手にとらせてしまいます。

場合によっては迷惑行為と受け取られる可能性もあります。

人によっては多くのお仕事を抱えていてこの忙しい時に…なんて事にもなりかねません。

一目で内容と伝えたいことが分かるようにまとめて下さい。

社外

退職をする場合には退職挨拶を社内の人だけで済ませてしまうのは大人の行動としては少し乏しいです。

社外でお仕事上関係性のある人にも社内同様に退職挨拶をして下さい。

詳しい理由などを言う必要はありませんがお仕事を辞めることを必ず伝える必要があります。

退職理由はおめでたい理由以外は一身上の都合で大丈夫です。

今後もお付き合いをしていく人には辞めた後の勤め先などを連絡しても良いですが、基本的にはしなくて大丈夫です。

個人的に仲の良い人には個人的な連絡先を伝えても良いですね。

例文もご紹介しますね。

件名:退職のご報告(会社名と自分の名前も記載しましょう)
本文:○○会社○○部○○様
お世話になっております。

自分の会社と名前を記載して下さい。

私事で恐縮なのですが、〇月〇日付を持ちまして(自分の会社の名前)を退職させて頂くことになりました。

突然のご連絡となりましたことお詫び申し上げます。

在職中は大変お世話になりましたこと重ねてお礼申し上げます。

今後は貴社への後任担当は○○がさせて頂きます。

着任のご挨拶を○○本人よりさせて頂きますのでよろしくおお願いいたします。

末筆ながら貴社のますますのご繁栄心よりお祈り申し上げます。

という感じの文面を心掛けて頂ければ良いですね。

いつ退職するのか後任は誰なのか具体的に記載して下さい。

お礼と感謝の気持ちも忘れないで下さいね。

一斉送信の宛先は「Bcc」を活用

Bccは皆さん知っていますか?
使っている人は多いと思いますが使ったことが無いって言う人もいますよね。

Bccとは(BlindCarbonCopy)ブラインドカーボンコピーと言う一斉送信の際に他の受信者にメールアドレスが分からない方法での一斉送信の方法です。

同じ一斉送信の方法でもCC(CarbonCopy)カーボンコピーという受信者が他のメールアドレスを見ることの出来る一斉送信方法があります。

このCCの場合は受信者同士が知り合いなど受信者にめーりアドレスが知られても問題の無い場合に活用する一斉送信方法ですね。

どちらの一斉送信もメール確認は必要ですが返信する必要のない送信方法となります。

返信が必要な場合はTOを使う方法がありますね。

このTOの場合はメール確認後に返信などの対応をする必要がある場合に活用できます。

BCCは相手に他のメールアドレスを知られないで対応もメールの確認だけという送信方法となり便利ではありますが実は少し問題点もあります。

メールを送る人が大量にいる場合には注意が必要なのです。

数件程度ならば大丈夫なのですが、1つのIPアドレスから一斉配信で大量のメールを送信してしまいますと受信元のプロバイダなどによりこのメールは大量配信している迷惑メール業者の迷惑メールだと判断されてしまいブロックされてしまいます。

近年迷惑メール業者が増加したことに伴いプロバイダなどの迷惑メール対策は強化されています。

一斉送信(大量送信)に特化した配信システムを組み込んでいない場合には注意しなければいけませんね。

さらに一度でも迷惑メールとして扱われてしまいますとそのIPアドレスは迷惑業者とプロバイダなのにより判断され内容が迷惑メールではなくて、いくらクリーンな内容だとしてもメールサーバーそのものが迷惑メール業者のサーバーとして扱われるようになってしまうのです。

このようになってしまいますと通常業務のメールなど他のメール全てが迷惑メールとして扱われるようになってしまいメール自体が相手に届き難い環境になってしまいます。

こうなってしまっては通常業務にも支障が出てしまいますよね。

BCCは便利な反面注意しなければいけない送信方法だという事も覚えておいてくださいね。

社外への人に送る退社挨拶メール

社外の人へ送る退職挨拶メールの注意事項や必須項目は何?
コレに注意して頂ければ大丈夫ですね。

退職する日付

退職する日付は必ず伝える必要があります。

退職するというだけではいつ退職をするのか分からず受け取った相手は困惑するだけになってしまいます。

必ず退職する具体的な日付を伝えて下さい。

という事は退職する具体的な日付が決まってから退職挨拶を送るようにして下さいね。

先に報告しなければと退職する具体的な日付が決まっていない状態で退職メールをしてはいけません。

具体的な日付が決まってから報告メールしましょう。

退職する日までは会社に所属していますので退職挨拶メールを送る際には自分汚上司などの許可を得てから送るようにして下さいね。

退職理由

社外への退職挨拶メールの場合退職理由を記載するのかどうか悩みますよね。

この退職理由についてはさきの社外あてに送る退職挨拶メールの例文でもご紹介しましたが、退職理由がおめでたい時にはその退職理由を記載しても良いですね。

それ以外の場合や退職理由を言いたくない場合には全て一身上の都合でという退職理由で大丈夫です。

退職理由を全く記載しないのは相手に対して失礼に当たりますので必ず退職理由として記載するようにして下さい。

寿退社などおめでたい場合はそのまま退職理由を記載。

言いたくない場合などは一身上の都合でと記載して下さいね。

感謝の気持ち

退職挨拶の基本はこの感謝の気持ちを相手に伝えることが一番の理由です。

という事はただ、有難う御座いましたと記載するよりももう少し具体的な内容があると相手に感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

相手にどんなことをされたのか自分にどんな影響を与えて頂いたのかなど自分にとってプラスになった具体的な内容を感謝の言葉と共に記載すると良いですね。

後任となる担当者の紹介・連絡先

自分が退職した後のことも考えて双方の迷惑とならないように自分の後任となる担当者の紹介は必ずして下さい。

具体的なことは例文に記載してありますのでご確認下さい。

社外社内問わず退職挨拶の愛には愚痴などネガティブな内容は絶対に言わないようにして下さい。

今後一緒にお仕事をする可能性や何か他の事でもご一緒する機会があるかもしれません。

その際に気持ち良くご一緒できるように円満退職が望まれます。

双方が気持ち良く終われる退職挨拶が一番良いです。

【番外編!】退社日最終日にすること

最終退社日(出社日)に何をするべきか具体的にご紹介しすね。

忘れ物をしたと退職したにもかかわらず取りに行くなんて
間抜けな状態にならないようにしましょう。

立つ鳥跡を濁さずですよ。

業務の引き継ぎ

自分が抱えている業務がまだ残っている場合には必ずその業務の引継ぎをして下さい。

引継ぎが行われないまま退職をしてしまいますと退職後にあの人中途半端でやめていったね。

なんて悪い印象を残すことになってしまいます。

必ず抱えている案件や業務内容は引継ぎを完璧にしてから退職して下さいね。

会社の備品の返却

退職する場合には必ず会社の備品や会社支給のモノは返却をして下さい。

返却をしないまま退職をしてしまい後から会社から返却して下さいと返却催促の連絡をされる間抜けな事はしないで下さいね。

会社にとっても辞めた人へ連絡して返却を求める業務は不必要な余分な業務となります。

大切な時間を割くことになってしまい退職してからも迷惑をかけた人と悪い印象を与えてしまいます。

退職挨拶も完璧で円満退社になってもこ子を疎かにしてしまうと再gの印象が悪くなってしま悪い印象しか残りません。

では具体的には何を返却しなければいけないのか一例を紹介します。

IDカード・名札など

会社のIDカードや名札などは返却することが必要な場合が多いです。

会社の情報やIDにより社内へ事由に入れる状況のまま退職してしまっては企業スパイとして思われても仕方ありませんね。

会社によってはIDや名札の返却はしなくても大丈夫という会社も会います。

そういった会社では個別IDで退職した人のIDを使用不可に出来る為返却の必要がありません。

自分の会社の管理体制が分からない場合には退職時に返却することが常識的にも良いですね。

デスク周りの整理整頓

自分が使用していたデスクとデスクまわりの整理整頓は必ずして下さい。

自分の退職した後には誰かがそのデスクを使う事になります。

その事を考えて自分汚私物はすべて処分するか持ち帰るようにして下さい。

コレは便利だから置いておこうなんて考えないで下さいね。

自分にとっては便利かもしれませんが他の人からしたら邪魔なだけかもしれません。

自分が最初にデスクを使う事になった状態の何にもない状態を心掛けて自分汚私物などは何もない状態にして下さいね。

退職挨拶はしっかり!印象に残るように!(まとめ)

退職挨拶はしっかりおこない、良い印象をお互いに残すことが出来る挨拶を心掛けることが重要です。

人前で丁寧な言葉ではっきりと相手に伝えるのは慣れていないと非常に恥ずかしく難しい事でもあります。

しかし誰にでもはじめてのことはあります。

退職挨拶も日本では転職する状況が他の国に比べて極端に少ないです。

終身雇用なんて言ってはじめに働いた会社で最後まで転職しないで働くことを美徳としています。

この事についてはまた別の機会にお話させて頂きますがこの状況の為退職挨拶を何度も経験するなんて機会がありません。

当然初めての人が多いです。

はじめての事は不安で心配事も多くなります。

しかし人前で話す機会と考えると意外と多い事に気付くはずです。

例えば小学校などでも授業中の発表など人前で話す機会ですよね。

他にも働いている人のほとんどは人前で発言をしてきた経験があるはずです。

そう考えればはじめての事ではないですよね。

人間経験を積むことによって良い意味でナレが生じます。

このナレによってこの後に起こるであろう予想が付きやすくなり安心感が増してことがうまくいくようになるのです。

退職挨拶を上手にこなすためには退職挨拶という事では無くてお仕事や学校などで言うプレゼンやディベート、会議など何でも良いです人前で発表をする機会と思って下さい。

企画のテーマが退職でその挨拶をすると思ってみると案外うまくいきますよ。

退職挨拶を上手くこなすことが出来れば今後人前で話すことがあった場合でも上手くこなすことができます。

不意に結婚式の挨拶を頼まれたとしても緊張することなくこなすことができるようにもなりますよ。

少しの考え方の違いで良くも悪くもなってしまいます。

自分が得意なことに置き換えて話す機会と思えば相手のことを思って自分の気持ちを的確に伝えることができます。

退職する場合には円満退社をしてお互いに気持ち良く終わりたいですね。

最後に最近では退職することは悪い事や嫌なことでは無いという考えが多くなってきています。

退職では無くて卒業と考えているからなんですよね。

卒業するなんて考えたらまた違った挨拶になるかもしれませんね。