「お給料日まであと10日もあるのにお金がない!」「急な出費でお金が足りない!」こんな風に困った時、今すぐお金が欲しい~!と思いますよね。

ある程度の期間の余裕があれば、アルバイトを始めるのも良いでしょう。

しかし、どうしても数日中にお金が必要な時には、今からアルバイトを始めても到底間に合いません。

ではどうすれば良いのでしょうか?今すぐにお金を稼ぎたい人へ、26個のおすすめをご紹介します。

️お金を稼ぐ方法!26個

今すぐにお金が必要な事情が出来たとき、大抵の人は貯金を下ろしたり、クレジットを使ったりします。

しかし、貯えがまったくなく、クレジットもすでに限度額いっぱいに利用している場合は、どうすれば良いのでしょうか。

金融会社に借りるのも一つの手段です。

しかし、ローンでは利息がかかりますし、審査を通すのも一苦労です。

かといって他に方法がない・・。

いえいえ、実は他にも今すぐお金を稼ぐ方法はたくさんあります。

具体的にはどんな方法があるのかを一つずつご紹介していきます。

️今すぐお金が欲しいなら…?


今すぐにお金が欲しいと思ったら、まずは面接から始めなければならないアルバイトは除外します。

次に、即日から働ける仕事に応募するという方法があります。

男性であれば体力を使う仕事や、一日限りの仕事は探せばあるかもしれません。

また、女性でも例えば水商売のように、飲み屋の体験入店などに行けば一日で高収入を得ることが出来るかもしれません。

しかし、始めようと思った時間が遅いと、どうしても働ける時間が少なくなってしまいます。

また、身分証を用意したり、履歴書を用意したりするのも手間ですよね。

では、他の方法にはどんなものがあるでしょうか?例えばあなたの身の回りにあるものや、使っていないものなどはありますか?もしかしたら、意外なものがお金になるかもしれませんよ。

モノを売る

今すぐにお金を稼ぐ方法で、一番手っ取り早くてしかも時間もそうかからずに、体力も使わないものといえば、「モノを売る」ことですよね。

あなたの身の回りにあるもので、何かしら必ずお金に変えられるものがあるはずです。

以前に購入した限定モノや、今はもう出回っていない貴重なもの、またはブランドのものなど、さまざまなものが売ってみたら中々良いお金に変身するかもしれません。

プレミアが付いているものであれば、もしかすると購入時の定価よりも高く売れるかもしれません。

また、あまりお金にならなさそうだと思ったら、とにかく数を売ることでお金の足しにしましょう。

身の回りの整理も出来て、一石二鳥かもしれませんね。

1.ゲームを売る

ゲームをするのが好きな人は、自然と自分の手元にたくさんのゲーム機やゲームソフトが集まっていると思います。

その中から、思い切って売れるものを探してみてはどうでしょうか。

もちろん、思い入れがあるゲームや、自分が今夢中になっているものは「売るリスト」から除外するか、最終手段として残しておくと良いでしょう。

過去にクリアしてもうやらなくなったゲームや、興味がなくなってしまったゲームなど、自分が普段触らないゲームからどんどん売っていきましょう。

ゲームは中古でも人気のジャンルですので、古くても需要があるゲームはそこそこの値段で売れます。

また、最新作でクリアしてしまい、もうやらないであろうゲームは早い時期に売れば定価に近い値段か、定価の半額ほどで売れることも多いです。

また、マイナーなゲームは一見買い取り価格が低そうですが、どの店でも手に入らないような珍しいものであれば、案外高額な値がつくこともあります。

ゲームを売る場合には、まずインターネットなどで自分が売ろうと思うゲームの相場を調べてみると良いでしょう。

相場を調べたら、次に近所の買い取り店へ持って行き、査定してもらいます。

店の査定で相場と同じ程度の額であれば店で売っても良いですし、ネットオークションの方が高く売れそうな場合には、店でなく個人的にオークションに出品して売りましょう。

2.洋服を売る

洋服は、基本的にはネットオークションかリサイクルショップで売ります。

ネットオークションの場合は、いつ買い手が付くかも分からず、またオークションの期間も数日程度かかるため、今すぐにお金に変えたいという人は、リサイクルショップに持って行くことをおすすめします。

売りたい洋服がブランドものや限定品であれば、それなりの金額で買い取ってもらえると思います。

しかし、特に珍しいブランドでもなく、ある程度の年数を着古した洋服であれば、かなり買い取り金額は低いと思いましょう。

最低価格が10円の場合もざらにあります。

洋服を売る場合には、限定モノやブランド品でもない限りは、あまり高額で買い取ってもらうことは出来ません。

数百円でもいいから欲しい!という人は、とにかく数を売って足しにしましょう。

3.DVDを売る

DVDは話題作や最新作ほど、それなりの額で買い取ってもらうことが出来ます。

ただし、どれだけ名作や話題作でも、当たり前にレンタルショップに置いてあるものや、動画サイトなどで誰でも簡単に観ることが出来るような作品の場合には、買い取り価格は数百円程度にしかなりません。

よく、レンタルショップの中古DVDの販売コーナーに売られているのを目にしますが、そこに置いてある作品も多くは100円や200円程度で販売されています。

販売額がそれだけ安いということは、売る時にはタダ同然の覚悟もしなければなりません。

もし限定版やプレミアものであれば、数百円よりは高く買い取ってもらえますが、その作品も需要の有り無しで金額が左右されますので注意が必要です。

DVDを売ろうと思ったら、ゲーム同様にまずはネットで相場を調べてみましょう。

4.漫画や本を売る

漫画や本を売る時には、時間があれば予め何件かブックオフなどのお店を回って自分が売りたい作品がすでに置いてあるかどうか、置いてあればいくらで売られているかをチェックしておきましょう。

古本屋の多くは、たくさん同じ本が置いてあればあるほどどんどんその価値は下がっていきます。

例え新作の本でも、すでに店に10冊置いてあれば、あまり高額で買い取ってもらうことは出来ないでしょう。

反対に、例え本自体が年季の入ったものでも、その本屋に一冊も置かれておらず、状態も綺麗であればそれなりの値段で買い取ってもらえます。

本屋では本の希少性を重視して値段をつけていますので、需要があって、その上目当ての本屋には置かれていない本や漫画だと想像以上の金額で買い取ってもらえるかもしれません。

しかし、どれだけ希少性があっても、定価と同等の金額は期待してはいけません。

どんなに高くてもせいぜい定価の半額程度と考えておきましょう。

とはいえ、絶版本などで余程の希少価値のある本はまた別です。

5.リサイクルショップへ家電や家具を売る

ゲームやDVD、本などに比べると、家電や家具はもう少し高値で買い取ってもらえる可能性が高いです。

家電の場合、型がとても古く、需要もほとんどないものであれば買い取り価格が千円もいかないことも多いです。

しかし、まだ新しく状態も良いものであれば、数千円程度の価値にはなります。

仮に最新のエアコンや冷蔵庫などで、ほとんど使っていないものであれば、ものによっては数万円で買い取ってもらうことも出来るでしょう。

また、家具も需要や綺麗さによって買い取り価格が大幅に前後します。

数千円程度にしかならないと思っていたものが、売ってみたら数万円にもなったという話もあれば、数万円くらいはいくと思っていたのに、査定の結果数千円だった、ということもよくあります。

何にせよ、期待し過ぎるのはぬか喜びになった時に辛いので止めておきましょう。

6.業者にブランド品を売る

財布やバッグなど、ブランド品を売りたいと思ったら、オークションよりも業者に売ることをおすすめします。

ネットオークションでは偽物も多く出回っていますし、値切られることもよくあります。

業者に売ればきちんと査定をしてくれるので、幾つかの業者を回って査定してもらうのも良いでしょう。

査定の際に、「他の店でも査定してもらう」と一言伝えておけば、業者がそのブランド品を欲しいと思えばそれなりの良い金額を出してくれます。

もしそのブランド品を手に入れた経緯が貰い物やタダ同然であれば惜しくはないでしょうが、自分で努力して購入したものであれば、査定の金額はあなたにとってはそこまで高額ではないかもしれません。

しかし、よほど酷い業者でない限りは、提示された金額でしか残念ながら買い取りはしてもらえないでしょう。

7.フリマアプリでなんでも売る

最近では「メルカリ」や「フリル」などのフリマアプリを利用して、自分の不要なものを出品して売る方法が流行っています。

値段の設定が自分で出来るため、写真を撮ってアプリに載せ、上手くいけば提示した金額で不要なものを売ることが出来ます。

服だけでなく靴やバッグ、帽子など何でも売ることが出来ますが、反面商品を出品してから実際に自分の元にお金が届くまでに、ある程度の時間がかかってしまいます。

また、フリマアプリでは購入者とのメールのやり取りなどのコミュニケーションが必要だったり、値切りの交渉があったり、そもそもフリマアプリを利用しようと思ったらまずは登録をするところから始めなければなりません。

いつでもどこでも自分の不要なものを売ることが出来るのは確かに便利ですが、「とにかく今すぐお金が欲しい」「短時間でさっさと売りたい」と考えている人には不向きかもしれません。

また、アプリを介してのやり取りとはいえ、折角出品しても購入者が土壇場でキャンセルをすることもあり、さまざまなトラブルのリスクもありますので、時間がある時にゆっくり出品する余裕のある人以外にはあまりおすすめは出来ません。

8.ネットオークションは高めに売れる?

「ヤフオク」などのネットオークションでは、フリマアプリ同様に値段設定が自分で出来るため、中には高額で商品を売ることも可能です。

人によって、「ヤフオク」や「メルカリ」などを介して転売の仕事をしている人もいます。

本当に欲しいと思う人がいれば、ある程度の値段でも購入してくれます。

フリマアプリ同様に、落札されるまでに多少時間がかかるデメリットもありますが、場合によっては店に売るよりも高く買い取ってくれることもあります。

️安定して稼ぎたいなら…?

今すぐにお金が欲しい!という場合には、先に挙げたようにリサイクルショップで売ったり、オークションに出品したりという方法がおすすめです。

しかし、一度売ってしまえば手元には何も売るものが残らず、その場限りの収入でしかありません。

もしも安定して稼ぎたいと考えているのなら、アルバイトや派遣の仕事を始めてみるのも良いかもしれません。

ある程度体力を使ったり、お給料が入るまで少し時間がかかるかもしれませんが、確実に一定の金額を稼ぐことが出来ます。

アルバイトを始める

アルバイトは、正社員と比べて大きな責任もありませんし、短期間のみ働くことも可能です。

もしも明日までにお金が必要だと思ったら、今日一日のみのド短期のお仕事もたくさん募集されていますので、ネットや求人情報誌などで探してみましょう。

また、仕事の内容によっては、家にいながらお金を稼ぐことも可能です。

どんな方法があるのかをご紹介していきます。

9.短期バイトで集中的に稼ぐ

3日間だけ、1週間だけの短期のバイトであれば、短い期間で集中してお金を稼ぐことが出来ます。

例えば一日の労働時間が8時間で、時給が千円だとすると、3日間だけ働いても2万4千円は稼ぐことが出来ます。

「今月あとちょっとだけお金が足りない!」という時にはピッタリの仕事です。

また、同じ短期間でも、ゴールデンウィークや夏休み、もしくは正月休みの時期のみ募集しているアルバイトもたくさんあります。

高校生や大学生であれば、学校が休みの時期にさくっと収入を得ることが出来ておすすめです。

短期バイトの多くは最初に登録や面接がありますが、それさえ通れば後はさっと働いて直ぐに収入を得ることが出来ます。

10.隙間時間で長期のバイト

普段メインの仕事をしていて、それでももう少しお金が欲しい、という人の場合は、隙間時間に出来るバイトがおすすめです。

例えばスマホを使ってアンケートでポイントを地道に溜めていく仕事や、週に一日、数時間だけホールの掃除の仕事をするなどといった仕事もあります。

隙間時間を使った仕事はたくさんありますが、最も簡単で直ぐにでも出来るのが、スマホを使った仕事です。

アンケートに答えたり、サイトに「いいね」を押したり、一度にもらえる金額は少ないですが、積もり積もればそれなりの収入にはなります。

誰でも簡単に出来る仕事ですので、ちょっとした空き時間を有効活用したい、という人にはおすすめの手段です。

11.好きな時に働く!派遣バイト

派遣のバイトは、一度登録さえしてしまえば、いつでもどこでも仕事をすることが出来ます。

最初は都市部などの登録説明会に出なければなりませんが、登録を終えたら、あとはいつ仕事をしようがあなたの自由です。