女性にとって髪はとても大切なポイントですよね。

髪の毛は顔の印象を決める大事な部分だと思います。

モテ髪か非モテ髪かによって、男性からの印象はガラッと変わってしまうかもしれません。

今回は、モテ髪と非モテ髪の違いをご紹介し、男性に愛されるモテ髪型をまとめていきます。

このポイントを押さえて、男性から愛されるモテ髪を手に入れましょう!

女性必見!モテ髪と非モテ髪の違いを徹底調査

モテ髪といっても、一体どんな髪の毛のことを指すのか分からなかったりするのではないでしょうか。

また、モテ髪といっても、人それぞれ自分好みの髪型もあると思います。

流行を取り入れた髪型や流行に捉われない自分らしい髪型など、様々ではないでしょうか。

ただ、モテ髪と非モテ髪の違いは、そこではなかったりします。

髪型よりももっと根本的なところで、モテ髪と非モテ髪が決まってしまっているかも…

そんなことになってしまわないよう、徹底調査していきます。

髪が綺麗な人が結局モテる

モテ髪と非モテ髪、違いは色々ですが、共通して言えることは、綺麗な髪のほうが確実に好印象だということです。

髪の毛がツヤツヤでさらさらの手入れの行き届いた髪であれば、人は自然ときちんとした人だと感じます。

逆に、パサパサで地毛が伸びた髪をしていると、自分にあまり気を使っていないのかなと感じたり、少しだらしないのかもといったマイナスイメージを持たれてしまうこともありえるんです。

モテる女性って、大抵髪のお手入れも行き届いていて、爪や洋服なども気を使っている人が多いと思いませんか?

結局のところ、そういった自分に気を使っている女性のほうが男性からモテるのです。

その人の外見や身だしなみから、人は生活環境や性格を想像します。

なので、その第一印象を少しでも良くするために、髪に気を使ってモテ髪になることがとても大切になってくるのです。

モテ髪と非モテ髪の違い6個


では、モテ髪と非モテ髪の違いにはどんなところがあるんでしょうか?

簡単にモテ髪と非モテ髪といっても、レベルや度合いは様々です。

ここからは具体的な違いをご紹介していきます。

自分がどうか思い返しながら、見ていくのがいいかもしれません。

1、手触りがいいかどうか

髪の毛が痛んでいるかどうかを判断する重要なポイントともいえるのが、手触りだと思います。

女性は男性と距離が近くなってくると、頭を触られる機会も出てくるのではないでしょうか。

そんなときに、見た目がいくら良くても枝毛ばかりだったり引っかかってばかりだと、魅力は半減です。

逆にそこで手触りが良ければ、男性の印象もさらに良くなることだって考えられます。

それに、美容院帰りなどで自分の髪が普段よりもサラサラのツヤツヤだと、つい嬉しくて触ってしまったりしませんか?

男性でなくとも、手触りの良い髪はとても気持ちの良いものなんです。

非モテはパサパサ

モテ髪はツヤツヤつるつる、そしてサラサラのずっと触っていたくなるような髪のことを指します。

その逆で非モテ髪は、パサパサと乾燥していて、指通りが悪かったりします。

切れ毛や枝毛などが多くなってきても、モテ髪とはいえないでしょう。

こまめに美容院に行くようにしたり、トリートメントを定期的に使うようにすることで、ある程度はモテ髪の手触りの良い髪にすることがっできると思います。

2、匂い

モテ髪のポイントは見た目や触り心地だけではありません。

男性は匂いに敏感です。

女性から出されるシャンプーや香水の匂いに気持ちが高まってしまう男性も多いんです。

そのため、男性は髪の匂いをとても気にします。

シャンプーの良い匂いを感じれば、さらにその女性が気になってしまうでしょう。

逆に汗のにおいなどを感じれば、マイナスになってしまうかも。

髪の毛の香りはかなり影響する

男性から好印象を得たいなら、髪の毛の香りをバカにしてはいけません。

「話していて髪の毛の匂いがするタイミングなんてない」と思うかもしれませんが、お手洗いに立ち上がったタイミングや、あなたが髪を何気なく触ったタイミング、ちょっとしたあなたの動きで髪の毛は一瞬ふわっと香ります。

男性はその瞬間が好きなのです。

なので、ヘアコロンでシャンプーの香りなどををあえて付ける人もいるほどです。

3、清潔感

髪の毛に限ったことではありませんが、モテ髪に欠かせないポイントとして、清潔感もとても重要になってきます。

恋人にしたい女性像も恋人にしたい男性像にも、ほぼほぼ決まって『清潔感』という部分が出てきますよね。

なので、髪の毛にももちろん清潔感は必須です。

清潔感を出すには、髪の毛をたくさん洗えばいいわけではありません。

むしろ洗いすぎて頭皮が炎症を起こしてしまったり、回数が多いだけできちんと汚れを落とし切れていなくても、トラブルが起きてしまったりします。

そのため、程よい洗髪回数と洗髪方法が大切です。

頭皮のフケがついているとNG

モテ髪になるためには、頭皮のフケはあってはなりません。

髪の毛からフケが見えただけで、清潔感は地に落ちてしまうと言わざるを得ません。

そのため、頭皮のケアや洗髪はきちんとすることが大切なのです。

髪の毛の匂いや手触りはなかなか難しい人もいますが、清潔感は比較的クリアしやすいといえると思います。

4、髪型が似合っているかどうか


これまでのポイントとは違いますが、あなたに似合っている髪型かどうかも重要になってきます。

どんなに清潔感があってサラサラの髪の毛だったとしても、あなたにぴったりの髪型でないと意味がなくなってしまいますよね。

人にはそれぞれ似合う髪型があります。

輪郭や顔のパーツの特徴によって、ぴったりくる髪型ってありますよね。

丸顔がコンプレックスの女性は縦ラインを意識した髪型がぴったりきますし、エラが張っているのがコンプレックスの女性はサイドを長めにして隠すことでコンプレックスを隠すことができます。

このように、髪型があなたにぴったりかどうかによって、あなた自身の印象やモテ髪になるか非モテ髪になってしまうかが決まってしまうのです。

似合わない髪型は残念……!

髪型によって人の印象は大きく変わります。

男性でも坊主か長髪かによって、同じ男性でも印象は大きく変わってきますよね。

なので、いくら文句なしの髪の毛の状態だったとしても、その髪型が似合っていなければ残念な結果になってしまうかも…

そうならないためにも、自分の顔の特徴を知って、あなたにお似合いの髪型を見つけることは男性に愛されるために必要なポイントです。

【自分に似合う髪型を決めるには、こちらの記事もチェック!】

5、見た目がツヤツヤな髪の毛

ここまでモテ髪と非モテ髪の違いを色々と説明してきたので、分かってきている人もいるかもしれませんが、見た目で判断される部分もとても多いのです。

そのため、見た目がツヤツヤな髪の毛なのも重要なんです。

そして、このツヤツヤな髪の毛、キープするのがなかなか難しいんです。

美容院でブローだけしてきてもらったときにはツヤツヤな髪だったのに、家に帰ってシャンプーしたらツヤが減ってしまったなんて経験ある人もいるのではないでしょうか。

もちろん美容師さんのブローの技術もあると思いますが、家でツヤをキープするためにはトリートメントを適度にすることや、髪の毛が日に焼けてしまわないように気を付けること、ヘアーアイロンなどを使うことも効果的だと思います。

こういった日々の努力によって、ツヤツヤな髪の毛を維持することができるんでしょう。

デートの日だけでなく、日常的に気を使っているかどうか分かってしまう点でもあるので、日々の生活の中からモテ髪になるための努力をしていくことが大切です。

6、ヘアーカラー

日本人だからこその黒髪も綺麗ですが、多くの女性は髪の毛を染めているのではないでしょうか。

一度ヘアーカラーをしてしまうと、伸びたところとの色が変わってしまうので、どうしてもまた染めなくてはなりません。

また、このヘアーカラーの色味も印象に大きく変わってきてしまうのです。

モテ髪といわれる髪の多くは、暗めのブラウン系統の髪の色が多いかもしれません。

もちろん何色にも染めてない自然な黒髪が好きな男性も、明るめの色が好きな男性もいます。

ただ、特定の男性の気を引きたい場合以外は、とりあえず暗めのブラウンに染めることがベターでしょう。

プリンはさすがに萎える

ヘアーカラーの色味よりも気を付けないといけないことが、ヘアーカラーを怠ってしまってプリンになってしまうことです。

どんなカラーだったとしても、根本が伸びてプリンになってしまっていたら、台無しですよね。

プリンになってしまっているだけで、身だしなみに気を使っていないと思われてしまったり、だらしないという印象を与えてしまうこともあるんだそうです。

なので、プリンにならないように十分注意しましょう。

また、プリンをなくすためにヘアーカラーをすることで、髪の毛もしばらくツヤが出てサラサラになると思います。

なので、こまめにヘアーカラーをしてプリンにならないように気をつけましょう。

ただ、髪の毛にとってヘアーカラーすることはダメージにもなるので、ヘアケアも怠らないようにすることをおすすめします。

男性に愛されるおすすめの髪型

ここからは男性に愛されるモテ髪のおすすめの髪型をご紹介していきます。

女性人気の髪型と男性人気の髪型は、意外と違ったりするものです。

そこで、男性にモテるための髪型を知り、それを自分好みにアレンジしたり、あなたの好みにぴったりくるものがあれば、試してみるのがおすすめです。

また、ヘアーカラーによっても印象は大きく変わってくると思いますので、参考にしてみてください。

ストレートロング

モテ髪の王道といえば、光沢のあるツヤツヤのストレートロングヘアーでしょう。

ロングの髪の毛は伸ばすにも時間がかかるので、多くのダメージを受けやすく、パサパサな非モテ髪になってしまうことも多いんです。

それに、髪の毛が伸びるだけヘアケアも大変になってきますよね。

しかし、男性の多くはストレートロングに少なからず憧れを抱いているのかもしれません。

そのためには、適度なトリートメントなどのヘアケアももちろんのこと、ドライヤーやヘアアイロンなどの温度などにも気を使うことがおすすめです。

近年では、モテ髪にするためのスタイリング剤なども数多くありますので、色々と試してみるのもいいかもしれませんね。

ただ、黒髪のストレートロングヘアーだと重たいイメージや堅いイメージを与えてしまうことがあるため、多少カラーリングをして抜け感を出すのがいいと思います。

ストレートセミロング

なかなか上手く伸ばせない人には、ストレートセミロングヘアーもおすすめです。

ロングヘアーに比べて女性がお手入れしやすいこともポイントです。

そして長すぎないので、ふわっと空気を入れることができ、可愛らしさや程よい軽やかさを出すこともできます。

ロングヘアーはどうしても重さがでてしまいます。

その分、セミロングヘアーはワンカールをすることで軽やかさを出すこともできますし、ツヤや重さを出したいときにはストレートにするなど、レパートリーも様々です。

また、意外とヘアアレンジもしやすいので、セミロングヘアーとロングヘアーを行き来している人も多いかもしれません。

パーマロング

ロングヘアーが好きな男性の中には、ストレートヘアーと巻き髪の半々に人気が分かれるようです。

もちろん好みによるところが大きいですが、普段はストレートヘアーでも、たまにデートのときだけ巻き髪という変化に弱いなんて男性も。

パーマヘアーであれば、最近の流行りとしてはゆるい大きめのカールが人気です。

くせ毛っぽいゆるいパーマのロングヘアーは、ガーリーさや小顔効果も期待できるので、可愛らしさを出したいときやロングヘアーが重たくなってしまったときの変化としてパーマをかけるのも手かもしれません。

ミディアムストレート

長すぎず短すぎずちょうど良い長さのミディアムヘアーも男性から人気があるんです。

長いロングヘアーまで髪の長さは好みじゃないけど、ボブまで短いのもあまり好きじゃないという男性もいます。

そんな男性は、ミディアムストレートが好きなんです。

ミディアムストレートヘアーの良さは、ナチュラルで親近感抜群で、小顔効果も期待できるところかもしれません。

また、カットの仕方によってイメージやスタイルも大きく変わります。

ひし形やAラインなど人それぞれ似合う髪型にできるのも、ミディアムストレートヘアーの特徴でしょう。

そして、清楚さを醸し出すこともできるので、大人な女性を表現するときにもおすすめの髪型かもしれません。

最近人気の外ハネスタイルもミディアムストレートヘアーなら、ぴったりです。

ナチュラルショート

女性人気のほうが高いイメージのショートボブヘアーですが、最近は男性からも人気があるんです。

可愛らしく元気なイメージを表現することもできますし、丸みのあるシルエットによって女性らしさを出すこともできます。

そして、ショートヘアーなので髪の毛のお手入れも簡単なところも魅力的ですよね。

ロングヘアーなどのように痛んでもなかなか切れないこともないので、なかなかヘアケアに時間がかけられない忙しい女性にもおすすめです。

また、やわらかい髪質の女性やくせ毛や硬い髪質の女性も、理想のヘアースタイルになりやすい髪型なので、挑戦しやすい髪型だともいえます。

パーマセミロング

ゆるくかかったパーマヘアーは、上品で女性らしい雰囲気を出すことができます。

ロングヘアーと違ってセミロングのパーマは、重くなりすぎてしまったり、ボリュームが出すぎてしまったりする心配もありません。

また、洋服の系統に悩むこともなく、おしゃれなイメージもあると思います。

パーマのかかったセミロングヘアーの場合、前髪によって可愛らしいガーリーを引き立てることも、大人っぽく仕上げることもできるので、様々な系統に挑戦したいなというときにも、いいかもしれませんね。

ミディアムパーム

男性受けとして万能なのが、ミディアムパームかもしれません。

ゆるふわなパーマをかけることで、上品な大人っぽい印象を与えると同時に、女性らしい甘さも出せるのが、このミディアムパームの強みです。

またパーマのかけ方によって、雰囲気をガラッと変えることもできます。

ポニーテール

男性ウケといえば、この髪型!ともいえるヘアスタイルがポニーテールかもしれませんね。

さっと結ぶだけでもうなじが見えたり、男性は注目します。

男性は揺れるものが好きだとよくいわれていますよね。

なので、ポニーテールが人気だという風にもいわれているんです。

ただ、男性に愛されるモテ髪を目指すのであれば、普通に結ぶだけでは物足りないと感じるはずです。

そんなときは、事前に軽く巻いておくだけでも一気にお出かけ感が出せます。

しっかりめに結ぶと真面目ちゃん感が出てしまったりするので、適度にトップやサイドにくしゅっとルーズ感をプラスすることもおすすめです。

このひと手間ふた手間で、おしゃれポニーテールにぐぐっと格上げしてしまうんです。

また、後れ毛を出したりヘアアクセサリーをつけること、ねじりを加えるだけでも手の込んだヘアアレンジに見えてしまうのも、ポニーテールの魅力かもしれませんね。

男性からの人気も高く、普段ヘアーアレンジをしない人でも成功しやすいポニーテールは、最強アレンジといえるでしょう。

ショートボブ

一見男性人気はないのでは?と思いがちなショートボブですが、実は最近、ボブスタイルが好きな男性が増えているんです。

明るく元気な印象を持たせるショートボブヘアーは、癒しを求める男性に人気が高まっています。

女性としてもドライヤーの時間も短く、あまり手のかかるヘアアレンジをしなくても可愛く仕上がるボブスタイルは、一度経験するとなかなかてばなせなくなる女性もいるんだとか。

ロングヘアーはツヤツヤのさらさらであれば人気は高いですが、長年伸ばしてきた痛みからパサパサのゴワゴワになってしまうと、一気にだらしなさやダサさが出ちゃいますよね。

その点、ショートボブヘアーならひどい寝ぐせでもない限り、外ハネも内巻きも可愛くなります。

そして、そのヘアアレンジの時間もロングヘアーに比べて短い時間で済むのも、ショートボブの魅力でしょう。

お団子ヘア

男ウケ抜群のヘアースタイルといえば、お団子ヘアーも忘れてはいけませんよね。

首元がセクシーに見えたり、動きやすそうなヘアースタイルということから、好きな男性も多いようです。

とはいえ、ピッチリまとめすぎたお団子ヘアーは逆に大人しすぎる印象を与えてしまうことも。

ただ、後れ毛を出したりボリュームを出すことで、一気に垢抜けした印象になれるのです。

また、お団子ヘアーの場合も事前に軽く巻いておくことでボリュームが出やすく、お団子に動きが出るのでこなれ感が出て、一気に男性ウケのお団子ヘアーになっちゃいます。

そして、短い髪の毛でもハーフお団子ヘアーなどスタイルも色々種類があるので、取り入れやすいヘアーアレンジではないでしょうか。

記念日や特別なデートの際は、お団子ヘアーにねじりや編み込みなどを加えるだけで、さらに特別手の込んだヘアースタイルに見えますよ。

ツインテール

学生向けで、大人になってからツインテールしても痛いだけ…と思っている人も多いのではないでしょうか。

実は、大人だからこそしっくりくる大人ツインテールもあるんです。

もちろん若いうちは耳よりも上の位置で元気な可愛らしい女の子を印象付けることもできると思います。

ただ、大人になってから高い位置でただツインテールしても、どうしても痛い印象をもたれてしまいます。

そんなときは、低い位置のツインテールにくるりんぱを加えたり、三つ編みや編み込み、巻き髪をするだけで、大人らしい可愛らしさを出すこともできるはずです。

髪の毛の手入れは念入りに!モテ髪のケアの仕方

最後にモテ髪を手に入れるためのヘアーケアの仕方をご紹介していきます。

このヘアーケアをしっかり続けることで、髪の毛は正常に伸び、ツヤツヤの良い髪を維持することができるのです。

ぜひ正しいヘアーケアを続けて、ツヤツヤのモテ髪を手に入れましょう。

毎日髪の毛は洗おう!

まず第一に髪の毛を毎日洗うことは基本です。

そして、できれば夜シャンプーするほうがおすすめです。

朝シャンという言葉もあり、髪の毛を自然乾燥させている間に化粧ができたりヘアーセットも同時にできるので、効率が良いとは思いますが、髪の毛のことを思うと良い方法ではありません。

髪の毛は夜、寝ている間に伸びます。

昼間の間にホコリや汚れ、垢やフケなど様々なものが髪の毛には付着しています。

そんな汚れは、夜落としてしまったほうがいいに決まってます。

また、汗をかいた日や湿気の多い時期は念入りにシャンプーするのも必要です。

清潔な状態で夜寝ることが、キレイなモテ髪をつくるのには大切なのです。

正しい髪の毛の洗い方

髪の毛はただ毎日洗えばいいわけではありません。

まずは最低1~2分、熱すぎないお湯で指の腹の部分で頭皮を優しくマッサージするように洗いましょう。

このシャンプー前によく洗っておくことで、フケなどの汚れの70%程度は落ちるので、その後のシャンプーの泡立ち方が大きく変わります。

そして、その後はシャンプーです。

シャンプーの泡は髪の毛の保護にとても大きな役割を果たしています。

髪の毛が擦れ合ってしまうとキューティクルが壊れてしまうので、このときにシャンプーの泡が効果的なのです。

シャンプーを手のひらで伸ばしたあと、髪の毛全体にいきわたるように広げ、手のひらと指の腹を使って撫でるように泡立てていきます。

空気を含ませるようにすることがコツです。

その後、頭皮をマッサージしていきましょう。

毛穴の奥の皮脂はなかなか落としにくいので、細かく頭皮を集めるように動かし、毛穴から皮脂をもみ出していくことも大切です。

汚れがひどかったり整髪剤などを使っている場合は、頭皮のマッサージの前に一度洗い流し、再度2度目のシャンプーをすることがおすすめです。

最後にすすぎですが、自分で思っているよりも念入りに時間をかけることが重要なポイントです。

実は頭皮や髪の毛の汚れを落としているのは、シャンプーではなく、その前後のお湯なのです。

そのため、シャンプーよりも長い時間をかけて、すすぎ残しの無いように流していきましょう。

髪の毛はしっかりと乾かすこと

一見、ドライヤーの熱風が髪の毛を傷めると心配になるかもしれませんが、実は自然乾燥させたほうが髪の毛は痛みやすいと言われています

シャンプーをしたあとの髪の毛は水分をたっぷりと含んでいます。

このときのキューティクルは立ち上がり、開いてしまっている状態で、髪の毛などが擦れるとどんどん傷ついていってしまうのです。

なので、自然乾燥で少しでも早く乾かそうと頭を振るのは厳禁。

多くのキューティクルを破壊してしまいます。

髪の毛が乾いていない状態で寝てしまうのも、枕や髪の毛同士の摩擦によってキューティクルは傷つきます。

傷つかなくとも、シャンプー後の開いたキューティクルが乾くタイミングで閉じますが、このタイミングで枕に押さえつけられていると、不自然な状態で固定されてしまうので、これが寝ぐせになるわけです。

そのほかにも雑菌が繁殖しやすくなったり、色々な点で髪の毛は早く乾かすほうが良いのです。

洗い流さないトリートメントでケアする

一度痛んでしまった髪の毛の痛みを修復するには、トリートメントが一番効果的です。

シャンプーできっちり汚れを落としたら、トリートメントでしっかりと保湿し、コーティングすることも大切です。

トリートメントの目的は、髪の毛のへのうるおい補給です。

そのため、地肌にトリートメントが付いてしまわないよう、髪の毛だけに塗るようにすることが大切です。

トリートメントを塗るときに地肌に付いてしまうことで、ニキビや吹き出物などの肌トラブルの原因になってしまうこともあるんです。

トリートメントには、髪の毛を洗っているときに使う洗い流す用のトリートメントと、ドライヤーの熱から髪の毛を守る洗い流さない用のトリートメントがあります。

洗い流さない用のトリートメントには、保湿やドライヤーの熱から髪の毛を守る効果の他に、静電気防止の役割もあります。

洗い流すトリートメントを使う場合

洗い流すトリートメントを使いたい場合は、まず付けすぎないように注意しましょう。

トリートメント剤は毛先をメインに塗っていくことが大切です。

ダメージを受けているのは、生えてきたばかりの髪の毛の根本よりも、毛先のほうが大きいですよね。

シャンプーをしっかりすすいだ後、髪の毛の水分を絞ります。

このときに水分が多いと、トリートメント剤の油分をはじいてしまうので、なるべく水分を絞れるようにしましょう。

そして、適切なトリートメント剤を手のひらに広げ、キューティクルの隙間に浸透させるように塗っていってください。

一通り塗り終わったら、熱いお湯で濡らしてよく絞ったタオルを髪の毛に巻いて蒸すことがおすすめです。

そして、その後5分間蒸らしましょう。

蒸らしたあとは、しっかりとすすぐことが大切です。

髪の毛のためにトリートメントの効果を少しでも残そうと、すすぎをすぐに終わらせてしまう人もいますが、トリートメント剤を残すことは、様々なトラブルの原因になりかねません。

そのため、指が通らなくなる一歩手前程度まですすぐのが目安です。

また、トリートメントの効果を少しでも髪の毛に送りたいがために、5分以上蒸らす人がいますが、5分以上はどんなに蒸らしても効果はでません。

まとめ

今回はモテ髪と非モテ髪の違いと、モテ髪になるための秘訣をまとめてきました。

いかがでしたでしょうか?

女性の髪の毛は、男性よりも様々なスタイルにすることができるので、男性の好みもたくさんありますよね。

ただ、どんなヘアースタイルにするかよりも大切なことは、ヘアーケアに力を入れてサラサラのモテ髪を手に入れることでしょう。

どんなに好みの髪型でも、パサパサの非モテ髪では残念すぎます。

なので、モテ髪のためのヘアーケアの仕方を参考に、男性に愛されるモテ髪を手に入れ、維持しましょう。

そして、ツヤツヤのモテ髪を手に入れたら、男性好みのヘアースタイルに変え、一気にモテ女子の仲間入りができてしまうかも。

それほどまでに女性にとって髪の毛は印象を左右する重要なポイントなのです。

こうしてモテ髪を手に入れ、一つ一つ着実にモテ女子を目指すことが男性に愛される近道になるかもしれませんね。