「ここではセオリーが~」「それってセオリーどうなの?」なんて言葉をきいて、またカタカナ言葉かよ!と感じた方もいらっしゃるかもしれないですね。

なかには、その意味をしっかり理解してはいないものの、「もうこれじゃあセオリーどおりにいかないじゃないか!」なんて怒りを露にしている方もいらっしゃるかもしれませんね。

日本語ではないものの、そのカタカナ語である「セオリー」とはいったいどんな意味を持っているのでしょうか?

また、あなた自身はその言葉の意味を理解できずにこの記事を開いてくれたのかもしれませんね。

そのように分からないことを調べようとする、すぐにでもしろうとするという行動力はすばらしいものです!

そんな気持ちを台無しにしないために、この記事では「セオリーとはいったいどんなものなのか」についてお伝えしていきます。

それだけではなく、「セオリー」という言葉をよく使う人の特長、どのように実際にこの言葉を使っていけばいいのか、この言葉を使うことのメリットやデメリットなどをご紹介していきます。

初めて聴いた言葉ってどうしてもすぐに使ってしまいたくなるものですよね。

しかし、世の中にはその気持ちに踊らされて本来の言葉の意味とはまったく違う意味で使ってしまっている人もいるのです。

あなたは、そんな恥ずかしいことをしないようにこの記事でしっかりと「セオリー」という言葉について学んでいきましょう!

確実にこの言葉をマスターできるような構成となっておりますので、この記事を読み終わる頃には必ず「セオリー」という言葉を正しく使えるようになるはずです。

とはいえ、人によってはその言葉を使わないことを選択するかもしれませんが。

「セオリー」を使いこなそう

あなたは、「セオリー」という言葉を聞いたことはありますか?

この記事を開いてくださったということは、その言葉を聴いたものの意味がまったく理解できないだとか「その使い方って間違ってるよ」なんて誰かい指摘されたために学びなおすために、この記事を開いてくれたのかもしれません。

「セオリー」という言葉は、筆者自身はあまり日常生活で使うことはありません。

なぜならば、そんな横文字を使うような機会もありませんし、そんな生活を送っていないからです。

しかし、少しでも意識高いような人たちとお仕事をする機会があったり、さらには帰国子女の方と会話をする機会があったりするとどうしても「セオリー」という言葉を聴く機会が増えてしまうんですよね。

もともと、英語の勉強をしっかりしていてその意味を理解していればいいのですが、英語が苦手で単語ノ暗記などをサボっていた人にとってはその場では「セオリー」と言う言葉の意味を文章や会話の文脈からしか推測することが出来ません。

ほとんどの大人であれば、その推測によって「セオリー」とはここではどんな意味合いを持っているのかについて、なんとなく理解することが出来るんですよね。

でもなかにはまったく違った意味で捉えてしまい、そのまま商談の会話がかみ合わなくなってしまうこともあるでしょう。

あなたは「セオリー」という言葉に対してどのような意味があると思いますか?

または、どんな意味があると思ってこれまでにすごしていましたか?

ぜひそれらを想像しながら、「セオリー」という言葉の正しい情報について知っていきましょう。

そして、その言葉の意味を知るだけではなく、実際に使うときにはどんな使い方をするのが正しいのかまでもしっかり学んでいきましょう。

意味をしっていたとしてもその使い方を間違っていては、そのうちにあなたが恥ずかしい思いをするだけになります。

筆者は、今ではこの言葉はつかいませんが使っていた頃にとても恥ずかしい経験をしました。

あなたにはそんな気持ちにはなってほしくありません。

正々堂々と他人と会話を楽しむために、そして商談などをスムーズに進めるためにも「セオリー」という言葉をしっかり学んでいきましょう!

セオリーとは?

さきほどもご質問しましたが「セオリー」という言葉は、どのような意味を持っていると思いますか?

筆者は、英語が好きだったのでその意味は理解していました。

しかし、その使い方は英文とはちょっと違うために少し間違った使い方をしていたんですよね(どうでもいい)。

そんな使い方を知る前にまずは、この「セオリー」という言葉の意味をしっかり深く理解しておきましょう!

どんな言葉でも物事でもそうですが、その対象とするものに対してしっかりと理解していないとどんなに理解したように感じたとしてもそれは”つもり”でしかありません。

その”理解したつもり”のままでもその言葉を使いこなすことは出来るのですが、なにかしらの応用がかかったときにしっかりと対応することが出来ません。

この「セオリー」という言葉だけではなく、他の言葉でそのような経験をしたことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか。

だからこそ、何かを知る前にはその基礎事項をしっかり確認しておくことが重要になります。

では、「セオリー」とはどんな意味をもっているのか2つの大まかな意味を確認していきましょう。

理論

セオリーは、ほとんどの場合でこの「理論」として使われています。

理論とは、なにか物事の筋道をもって考えるときに必要になる基礎のようなものです。

その理論があるからこそ、なにかを証明することが出来ます。

そのため、理論といっても「これがこの理論」と方法によって決められているものもあれば、臨機応変にかえていくものも存在します。

特に理数系で学んできた方にとっては「理論」というのは、よく理解し、長いお付き合いだったのではないでしょうか。

理論があるからこそ、何かを進めることが出来る。

そして、その理論をもとになにかを応用してトライすることができる。

物事の礎(いしずえ)のようなものです。

方法論

セオリーは、「理論」という意味のほかに「方法論」という言葉を持っています。

これは、「理論」を簡単にした意味合いと思っていただければいいです。

「数学でこの問題を証明しなさい」なんて問題がでたときに、なんらかの理論を使うことになります。

そんなとき「理論」というとどうしても堅苦しくて、なんとなく難しいように感じてしまいますよね。

そもそも理論ってなんだよ、ってそれが物事の基礎的なこと、ベーシックであり、礎なものであるということをしっているのにそれよりも人によっては難しくとらえてしまいます。

特に数理系を苦手としていた人には多い傾向でしょう。

だからといって生活の中で「セオリー」という言葉を避けることは出来ないんですよね。

だったら、「方法論」という意味で覚えるようにしてください。

その方法を使うことによって、数学の問題を証明できる。

その方法論にのっとって、応用することで新しい問題への解決論を考えることが出来る。

そのように考えれば、セオリーという言葉はさほど難しいことばではないのではないでしょうか?

なかには「方法論」という意味で使う人を嫌う人もいますが、理論とほぼかわらないために難しいと少しでも感じるのであればこちらの意味合いで覚えてください。

その方法があるからこそ、新しいことが出来ますよね。

その基礎的な方法を使うからこそ、作り出すことが出来るんです。

マニュアルとも近いニュアンス

これまでにセオリーというのは「理論」「方法論」という意味をもっているとおつたえしました。

しかし、それだけではまったく意味が理解できないという人もいるかもしれません。

さきほどもお伝えしましたが、理論や方法論というのはある物事の基礎となっている部分のことをさしています。

たとえば、飛行機はなぜ飛ぶのでしょうか?

ジェットがあるからなんて答える方もいるかもしれませんね。

それでも不正解ではありません。

しかし、飛行機というのはもともと私たちが毎日目にしている鳥の飛んでいる姿からできたというのはしっていますか?

とある兄弟がそこに着目し、その鳥のように風にのることができれば空をとべると考えたんです。

有名な話ですよね。

要するに、飛行機が飛ぶというのはジェットもそうですが、鳥が空を飛んでいる理論に基づくわけです。

鳥がどのように空をとぶことができているのかその方法をしっかりと理解することが出来たからこそ、応用して飛行機をとばすことができました。

また、もうひとつの例として電話をあげましょう。

昔は、大きな大きな電話が使われていました。

そりゃもう持ち運びなんてありえないくらい!

でもいつしか、現代の私たちが使っているようなスマホというとてもウスくて持ち運びのしやすいものに変わりましたよね。

それって昔の大きな電話がだめだったというわけではなく、その大きな電話で使っていた”電話をつなぐ技術”という方法を応用して小さくして言っただけの話なんです。

要するに、もともとの理論や方法論というのは同じになります。

この飛行機や電話のようになにかもともとの発明のやり方を応用することで、新しく何かを発明するということがよくおこっていました。

現代でもおこっていますし、これからもおこっていくことでしょう。

これを四字熟語では「温故知新」なんていったりもしますね。

・・・こんな話はさておき、この2つの例によってなにかを感じることができましたか?

ずばり、理論や方法論というのは、その道におけるマニュアルともいうことができます。

そのマニュアルがあるからこそ応用して新しくできます。

でもその理論や方法論がなければ、それらは存在していなかったかもしれないですし、その理論どおりに行っていなければ新しいものができていないかもしれないんです。

要するに「セオリー」とは、マニュアルという言葉ととても近いニュアンスをもっていることになります。

ビジネスの場面で良く使われる


あなたは「セオリー」という言葉をどこで耳にしたでしょうか?多くの方がビジネスの場において耳にしたのではないでしょうか。

ずばり、この「セオリー」という言葉は一般的な会話というよりは、多くはビジネスシーンで使われることが多いんですね。

本当に、ビジネスシーンって「そこ日本語緒でいいでしょ!わざわざカタカナじゃなくてもいいでしょ!」ってことが多いですよね~。

意識高い系の人にとっては、気持ちがいいのでしょうがそうではない人にとってはちょっと迷惑な話ですよね(どうでもいい)。

という小言はさておき、ビジネスの場面でよく使われるのでちょっとした理解の食い違いが大きな損を出してしまうなんていうこともあります。

ビジネス界においては、よく使われるからといって意味も知らずに使ってしまっている人もいます。

残念ながら、「セオリー」という言葉の意味をしっかりと理解している人にとっては、なめられていると思っていいでしょう。

そうやってちょっとしたことで相手になめられてしまうことによって、駆け引きが終了してしまい、不利な商談内容になってしまうなんてことになったら嫌ですよね。

だからこそ「セオリーは理論・方法論」と何度でも繰り返し読み上げてください。

何度も声に出しておくことによって、必ずあなたの身につきますし、もうビジンネスシーンにおいて間違えることはないでしょう。

セオリーを良く使う人の特徴


では、そんな少し難しいような、でもよくよく考えればあまり難しくない「セオリー」という言葉をよく使う人というのはどんな性格をしている人なのでしょうか?

ビジネスシーンだからといって、きちんと「理論」と日本語で話す人もいればなんでもかんでもカタカナ語で話そうとしてしまう人っていますよね。

そんな人といればなんだか自分も成長したような気持ちになれるものですが、まぁ人によっては「くどい」と感じてしまうこともあるはず。

でも、どうしてそのようにわざわざ「セオリー」という言葉を使うのでしょうか?

ここでは、「セオリー」という言葉をやたらめったら使う人の性格の特徴についてお伝えします!

もしもビジネスシーンで「セオリー」というカタカナ語を使う人に出会ったのであれば、「こんな性格の持ち主なのか」と相手の心理を先にキャッチできるかもしれません。

カタカナ語が好きな人

もともとカタカナ語がすきでなんでもかんでもカタカナ語にできるものは、カタカナで表現していることも。

「昼ごはん」ではなく「ランチ」、「夕飯」ではなく「ディナー」…なんて「そこ日本語でいいじゃん!」というものでもどうしてもカタカナ語でいってしまいたくなってるんですよね。

それは、英語がスキだったのかもしれないです。

でも多くのカタカナ語を使っている人というのは、「なんだかかっこいい気がするから」とか「仕事が出来る気持ちがするんだよねぇ」なんてどうでもいい理由で使っている人のほうが多いです。

たしかに日本人として、日本人でも英語をペラペラ話している人というのは素敵に感じますし、憧れますよね。

でもだからといって、日本語として会話をしているときにわざわざカタカナ語で話す必要もないのに・・と筆者は思います。

あなたはどうでしょうか?

「セオリー」というカタカナ語は使ったことはなかったけれど、ランチ・ディナー・リサーチ・リバースなんて、日本語で話しても十分に伝わるような言葉をカタカナ語で話していませんか?

それって自分がなんとなくワンランク上の人間になったような気がするからですよね。

しかし、その意識の高さが周りへの弊害になっているかもしれないということを忘れないで下さい。