女性にとって髪は命と言われるほど大事なものですよね。

男性も髪型で印象はかなり変わりますが、それでも女性ほどではありません。

男性は単発の人が多いので、長髪の人を見るとこだわりが強い人なのだと思うことがあるくらいで、それを考えると、女性の方が多様な髪形をしているので、髪型によってそこから受ける印象も違って楽しいところがありますね。

ですが、女性にしてみれば、そう簡単に楽しいとは言い切れないところがあるでしょう。

なぜなら、女性にとっては髪型一つで自分の内面まで想像されてしまうというのですから、慎重に選ばなければいけないところなのです。

自分のアイデンティティを表すものでもありますし、それによって人から受ける印象も変わると思えば慎重にならざるを得ないのは当たり前でしょう。

それでは、女性の髪型はどのようにして決めれば良いのでしょうか。

どのような髪形をしていると、どのような印象を与えることができるのでしょうか。

きちんと知っていれば、自分の作りたいイメージを出すこともできるでしょう。

自分の作りたいイメージに合わせて髪型を作ることができるように、一度女性の髪型と出したいイメージ、髪型から出てくるイメージについてきちんと調べてみることにしましょう。

女性だからこそ、ヘアスタイルを楽しもう!

女性だからと言ってヘアスタイルに興味がある人ばかりではありません。

ヘアスタイルは決まらなければ、全体の印象が悪くなってしまいますし、自分に似合うようなヘアスタイルを見つけるのは面倒くさいものでもあります。

その面倒くささが嫌で、適当にヘアスタイルを決めてしまっているという人もいるでしょう。

逆に凝りすぎて、どのような髪型が自分に一番合っているのか分からなくなってしまったという人もいるかもしれませんね。

やっているうちにどんどん面倒くさくなってきて、最後には適当な髪型に落ち着くというのも女性のあるあるかもしれません。

ですが、せっかく女性に生まれたのですから、ヘアスタイルを楽しむというのはとても良いことなのではないでしょうか。

魅力的な髪型を作って「女性であることを精一杯楽しむ」というのは、女性でなければできないことなのです。

ここでは、多種多様な髪型がいったいどのような印象になるのかということについて見てみることにしましょう。

髪型が人に与える印象について知っていると、自分に合うヘアスタイルを選びやすくなるかもしれません。

髪は女性の命?!


古くから髪の毛は女性の命と言われてきました。

実際に、女性にとって髪はとても大切なものです。

男性よりもずっと減明けにこだわっていますし、ロングにしていてもショートにしていても受け入れられるというのは良いところですよね。

もちろん、女性は髪型にこだわりがあるからこそ、面倒くさい思いもたくさんしているはずです。

その人の髪質によってできない髪型もありますし、顔の形によっても自分に合う髪型が変わりますから、自分に合ったものを見つけるのは意外と大変です。

メイクも考えなければいけませんし、ずっと同じ髪型をしていると飽きてきますから、ベストな髪型を見つけたからと言ってずっとそれでいれば良いというものではないのです。

自分の年齢によってできないヘアスタイルもあると考えると、女性にとって髪の毛は命でありつつ、手のかかる子どものようでもあるのではないでしょうか。

忙しくて面倒くさい時などは髪型を考えるのがとにかく面倒くさくて嫌だということもあるはずです。

少し美容室に行かずにいると紙の質も悪くなりますし、大変すぎてどうでも良くなってきたということも女子にとっては「あるある」な状態です。

それでも、うまく付き合っていれば、それだけの結果を出してくれるのがヘアスタイルなのです。

女性にとって命とも言われる髪の毛を放ったらかしにしているのはもったいないですよね。

髪を見ればその人の内面までわかる?

髪の毛はその人にとってはアイデンティティの一つです。

髪型を見ただけで誰か分かるということもあるかもしれませんね。

変えただけで一瞬、誰か分からなくなるということもあるでしょう。

それを考えると、髪型はその人の内面の印象までも決めるものだといえるのではないでしょうか。

髪の毛を見ただけで何となく分かってしまう、もしくは想像されてしまう要素について見てみることにしましょう。

これを考えると「どうせ髪の毛一つで何が変わるわけでもないんだから」と言ってヘアスタイルを適当に終わらせようとしてしまっている人の気持ちも変わるかもしれません。

性格が分かる

まず、髪の毛を見て分かる、もしくは想像されてしまうのはその人の性格です。

その人の性格が良いものであるのか、どのような性格認証を持っているものなのかなどについて全て分かってしまうのです。

もちろん、それが必ずしも正しいものではないというのは明らかです。

自分の持っている第一印象が全然違うということもよくあるでしょう。

ですが、やはり印象というのは強い力を持っています。

印象がその人とのかかわりを決めてしまうこともありますし、その後のその人との関係性を変えてしまうということもあるでしょう。

だからこそ、自分が演出したい「こういう性格の人間である」というヘアスタイルを考える必要があるのです。

もちろん、それは自分の演出したい性格でも構いませんし、本当の性格に近いものでも構いません。

ヘアスタイル、ヘアアレンジを変えるだけで自分のなりたい性格、演出したい性格に近づくことができるのだったら、それは悪いことではないですよね。

「この人はこういう人だ」と扱ってもらうことができれば、実際に自分の言動もそちら寄りに変わっていくものですから、自分のなりたい性格に合わせた印象を作り出すことも大切なことかもしれません。

整理整頓が得意か否かが分かる

整理整頓が得意か否か仲間でも想像されてしまうということもあります。

ヘアスタイルがあまりに適当であったり、また、不器用なヘアアレンジであったりすると、あまりに不器用な印象になってしまうのです。

不器用だと思われてしまったり、適当な性格だと思われてしまうと、そこから部屋の印象まで決められてしまうのだから恐ろしいですよね。

本当は苦手なのはヘアスタイルを考えること、ヘアアレンジをすることであるのに、部屋の綺麗さまで決められてしまうというのですから、適当にヘアアレンジをしていてはいけないのだなということが分かるのではないでしょうか。

流行に敏感か分かる


これは当たり前かもしれませんが、流行に敏感かどうかということがすぐに分かってしまいます。

メイクやファッションと同様に、流行に敏感かどうかというのは、ヘアスタイルにも顕著に表れることになります。

流行の髪型をしている人を見ると、きちんと流行を追っているようなオシャレな人間だということが想像されるのではないでしょうか。

逆に、いつでも適当なヘアアレンジをしている人、昔流行していたヘアアレンジから全く変わっていない人を見ると、流行には気を遣わないタイプなのだということを見破られてしまいます。

昔はおしゃれだった髪型、一番自分に合っているとは思っていても古い髪型というのは、何となく「おしゃれに無頓着です」ということを主張しているようになってしまうので、それなりに髪型の流行についても知っておく必要があるかもしれませんね。

もちろん、流行を何でも追っているということが必ずしも良いことではないのは当たり前ですが、それでもあまりに時代に遅れているようなことがあれば、少し恥ずかしい気持ちになりますよね。

まして「非オシャレ民」扱いされてしまうというのは絶対に嫌だという女性は少なくありません。

髪の長さで性格の特徴が分かる

髪の長さにもこだわりがある女性は多いですよね。

絶対にショートにはしたくないという女性もいれば、ロングヘアは面倒くさいから嫌だという人もいます。

ヘアアレンジはある程度変えることができますが、女性にとっては髪の長さを変えるというのはとても勇気があることなのです。

ロングの人がショートにするのは大決断ということになりますし、逆にショートの人が面倒くさい思いを堪えてロングにするまで耐えるというのも、なかなか簡単に決められることではありません。

一度変えてしまうと、しばらくはその長さから変えることができませんから、当然のように慎重になるものです。

そんな慎重な考えのもとに髪の長さを変えるのですから、当然、選んだヘアスタイルにはその人の考えや性格の特徴が表れています。

ここでは、髪の長さごとに違う性格の特徴について見てみることにしましょう。

ロングヘアの女性の特徴

まずはロングヘアの女性の特徴についてです。

ロングヘアの定義としては、肩甲骨より長いくらいの髪の長さだと考えると良いでしょう。

正確に言えば、ロングミディアム、セミロングなど色々な長さの分類があるので、ロングヘアと言っても一つのカテゴリに入れるのがおかしいくらいに髪の毛の長さが違うこともあります。

ですが、ここでは肩甲骨を越えるくらいの髪の長さと定義しましょう。

肩甲骨を越えるあたり、完全に肩をカバーしてしまうような髪の長さの場合には、維持するのも大変ですし、ある程度はヘアケアにも気を遣わなければみっともなくなってしまいますね。

ヘアアレンジをするにも長すぎる、夏には熱すぎるというような欠点もありますが、やはり女性らしさを出すことができますし、優雅な印象を出すこともできます。

色っぽさも出てきますよね。

このロングヘアを選ぶ女性にはいったいどのような性格の特徴があるのでしょうか。

プライドが高め

ロングヘアの女性はプライドが高めであるという印象を抱かれることがあるのではないでしょうか。

女性としてのこだわりをきちんと持って生きているということになりますから、きちんと自分らしく生きるということを知っており、そのこだわりにかけるプライドなどが高いと思われてしまいがちです。

自分の美や、自分のこだわりに対する誇りをきちんと持っているということは、ちょっと冷たい印象を持たれることもあるかもしれません。

自分に対する意識が強い人のように思われることもあるでしょう。

こだわりが強い

こだわりが強いというのがロングヘアの女性の特徴だといえるのではないでしょうか。

なぜかというと、ロングヘアというのはやはりこだわりがなければ伸ばすことができない長さだからです。

男性から考えてみるとセミロングでもロングヘアでも変わりがないように思われるかもしれませんが、それは全く違います。

肩甲骨を越えるあたりまで伸ばすというのは簡単なことではないのです。

伸ばし続けているうちにだんだんとイライラもしてきますし、髪の質を保つのも難しい状態になるはずです。

きちんとこだわりを持って伸ばしていなければ伸ばしきれない長さにするというのですから、きちんと自分の意思を持って伸ばしていることには違いありません。

ただちょっと伸ばすだけならミディアムヘアで十分なものだからです。

さらに、ヘアケア用品やヘアアレンジなどにもこだわりを持っているかもしれません。

自分が決めたことに対しては、きちんとこだわりを持って進めることができる人がロングヘアを選ぶのではないでしょうか。

ブランドや流行ものが好き

ブランドや流行のものが好きそうな性格であるという印象を持っている人もいるかもしれません。

それは、やはりきちんとこだわりを持っておしゃれを選んでいる人だという性格に対するイメージがあるからではないでしょうか。

きちんとオシャレのことを考えている人、女性らしくいようとしてくれる人ということなら、ブランドや流行をきちんと考えているだろうということが分かりますよね。

ブランドについては完全に偏見ではありますが、それは「おしゃれに敏感=ブランド物」という方式が成り立っているように感じるからでしょう。

女性らしい印象のあるロングヘアの女性は、やはりきちんとオシャレに敏感だというイメージができてしまうものなのです。

冷静で落ち着いている

ロングヘアの女性は冷静で落ち着いているという印象を持たれることもあります。

ロングヘアには優雅な印象がありますし、そういったところが落ち着いているように思われる原因なのです。

女性らしいというと、やはりはつらつとしているというよりはそれなりの落ち着きを持ったしとやかな女性ということになるでしょう。

女性からしてみれば、髪の毛を伸ばすのは意外と大変なものなので、それをしキレる女性であると言ことはあまり色々なものにイライラせずに落ち着いていられる女性であるという印象が強くなるでしょう。

実際に冷静であるかどうかということは分からないかもしれませんが、それでもやはり、お風呂上りに面倒くさいヘアケアなどもできるということは、それだけきちんと余裕をもって生きているということになります。

そんな余裕を出すことができるということは、冷静で落ち着いて生きているからだということになるでしょう。

落ち着きを持ったちょっと年上の綺麗なお姉さん的なポジションになりたいのなら、髪を長く伸ばすというのはありかもしれませんね。

ミディアムヘアの女性の特徴

ミディアムヘアの女性についても見てみることにしましょう。

ミディアムヘアの定義は、ここでは肩にかかるくらいの髪型から、肩甲骨を越えないくらいの長さと考えると良いのではないでしょうか。

ショートカットとも言えない、ロングヘアとも言えないような長さの女性のヘアスタイルがミディアムヘアということになります。

この長さの人は意外と女性の中では多いのではないでしょうか。

長すぎず、短すぎずという髪の長さはアレンジもしやすいですし、扱いやすい髪の長さでもあります。

何となくこの長さにしているという女性も少なくはないでしょう。

このミディアムヘアにしている女性はいったいどのように性格に特徴があるのでしょうか。

明るく元気

ミディアムヘアの女性は、明るく元気という印象を持たれるのが一番かもしれません。

ヘアアレンジの種類にもよりますが、少なくともロングヘアのような優雅さのある長さではないので、どちらかというと明るさを持った元気な女性というイメージになるのではないでしょうか。

外ハネなどを入れていると、余計にそういった明るさを演出することができるでしょう。

最近ではゆるふわ巻きなども流行していますから、必ずしも明るく元気というだけの女性に見栄らることはないかもしれませんが、やはりロングヘアの女性と比べると明るくて親しみを持ちやすい女性に思われていることには違いありません。

少し子供っぽい面もある

ミディアムヘアにしている女性は、どこか少し子供っぽい印象もあるように思われますね。

子どもっぽい印象というのは、やはり、中途半端な長さの髪型から来るものでしょう。

ショートカットにするほどには勇気がないけれど、ロングヘアにするほどには長さに耐えられないというようなところが、何となく子供っぽいように思われるのかもしれません。

実際に女の子の場合にはミディアムヘアくらいが便利で楽なので、それくらいの長さにしている印象があります。

大人の女性になって自分で自由に髪の長さを決められるようになってから、ロングやショートにするという子が多いので、それも相まって子供っぽい印象を持たれてしまうのかもしれません。

最も、ミディアムヘアはヘアアレンジが容易にできますから、その印象次第では子供っぽいと言われることはないでしょう。

行動力がある

何となく行動力が合ってさばさばした女性のように思われることが多いのではないでしょうか。

なぜなら、伸ばしきることもせず、ショートにすることもしないあたりに、どこか「これで良いか」「これくらいがちょうど良い」と明るく言い切ってしまえるような性格の男っぽさも感じるからです。

もう少し我慢して伸ばしていれば、女性としての優雅さを演出することもできるような長さになるのに、それを待ちきれずに中途半端な長さにしているとことろから「自分の行動の邪魔になるような髪の長さにはしたくない」という心の声が表れているようにも思えます。

最も、それでもショートにしないというところに、女心が表れているようで可愛らしさも垣間見える長さということになりそうですね。

ショートヘアの女性の特徴

最後にショートヘアの女性の特徴について見てみることにしましょう。

ショートヘアの定義としては、肩につかないくらいの髪の長さということにすると良いのではないでしょうか。

もちろん、ショートヘアの中にはベリーショートやボブなども含まれていますが、その中でも自分の身体につかないくらいの長さであれば、それはショートヘアという分類になりますね。

このショートヘアの女性の場合にはいったいどのような性格の特徴を持っているのでしょうか。

自分にとても自信がある

まず、ショートカットの女性の場合には、自分にとても自信があるように思われます。

自分の美に対しても自信を持っているように思われるのです。

女性としては短すぎるようなヘアスタイルは、自分の外見の欠点もすべてさらけ出しているようなものとなります。

髪が長ければ何となく顔にいん絵を出すこともできますし、その髪の流れで視線を流すこともできるので、欠点から目を逸らしてもらうこともできます。

ですが、それをせずに自分の欠点をきちんとさらけ出しているような状態になってしまうのがショートカットです。

自分の顔に陰影を作ることもできませんし、ありのままの自分を出すことにもなります。

また、男性っぽく見られてしまうような不安があってしかるべき中でショートカットにしているということは、相当に自分に自信があるのではないかということになるはずです。

ポジティブな思考回路

ショートカットははつらつな印象を与えることもあります。

そういったところから、ポジティブな思考回路を持っていそうだと思われることが多いのではないでしょうか。

ショートカットの女性でも陰りのある人はいますが、どちらかというと明るくてさばさばした女性の性格を想像する人が多いのです。

それは、ショートカットにスポーツ系の女性の姿を見ているからではないでしょうか。

明るく問題に向かって等身大でぶつかっていきそうだという想像が生まれるのがショートカットの女性なのです。

ポジティブな思考回路で明るく何でも励ましてくれそうな人だという想像をされるので、自分をそういった女性に見てほしいと思っている方は、思い切って元気いっぱいのショートカットにするのも良いかもしれませんね。

人付き合いが上手

上述のように、スポーツ系の女性だという印象を持たれることも多く、そういったところからも人付き合いが上手なように思われることがあります。

さらに言えば、ショートカットの女性には女性独特のドロドロしたところがないように見えるので、そこからも人に好かれそうな女性に見えるのです。

さばさばした女性の方が人付き合いが上手に見えるものですが、ショートカットというところがまさにそれを演出するのです。

そういった印象を持たれると話しかけやすくなって、人とのコミュニケーションが楽になるという面もあるかもしれません。

あまり人と関わるのが得意ではない、話しかけるよりは話しかけられる方が好きだという人は、ショートカットにして自分の印象を作り出してみるというのも良いかもしれません。

レディース髪型におすすめな6個のスタイル

女性におすすめなヘアスタイルはいくつもありますが、やはり自分の作りたい印象に合わせて作るというのが一番なのではないでしょうか。

その中でも女性におすすめのいくつかのヘアスタイルを集めました。

次にどのような髪型にしようか迷っているという方は、ぜひ以下のヘアスタイルが自分に合うかどうか試してみると良いのではないでしょうか。

ミディアムボブ

ボブは女性らしいところもありつつ、少しミステリアスな印象を出すことができるヘアスタイルです。

ミディアムヘアの明るさを避けたいと思っている方は、ぜひミディアムボブにしてみると良いでしょう。

ミディアムボブであれば、元気すぎず、女性らしい優雅さなどを出すこともできますよ。

ヘアスタイルも決まりやすいですし、かといって、アレンジも難しい長さではありませんから、いつもと違うミディアムの長さに挑戦したいと思っている方にはお勧めです。

ショートボブ

完全なショートカットにしてしまうのは不安という方もいますよね。

全く紙が顔に掛からないとそれはそれで不安ということもあるでしょう。

そう言ったときにはショートボブにするのがおすすめです。

ただのショートカットよりも女性らしさがありますし、溌溂なだけではなく、女性らしさを残すことができるのです。

ヘアスタイルを決めるのもそれほど難しくはありませんから、忙しい中でショートに挑戦したいと思っている人などはぜひ、ショートボブを試してみてください。

【ショートボブにするメリットは、こちらの記事もチェック!】

ゆる巻きロング

最近ではゆる巻きが流行していますよね。

ロングというとどこか重い印象になってしまうヘアスタイルですが、ゆる巻きにすることで軽さを演出することもできます。

また、優雅なだけのヘアスタイルから、少し隙を生み出すようなゆる巻きをすることで、親しみを持ちやすい髪型になるのではないでしょうか。

ロングヘアはプライドが高いように思われてしまうこともありますし、そういった印象を脱却していた思っている方、それでもロングの長さは保ちたいと思っている方は、ぜひゆる巻きを試してみてください。

ただし、巻き方を間違えると全盛期の透け版のようになってしまう可能性がありますので、自分にとって一番に似合う巻き方がどれであるのかと言うことをきちんと研究してみてくださいね。

ツヤツヤストレート

何となく色々な長さやヘアアレンジがとても流行しているので、逆にストレートヘアだと何もしていないような気分になるという言うこともあるのではないでしょうか。

何もしていないように思われるのが嫌で、ストレートヘアにするのが嫌だという人もいるでしょう。

ですが、ストレートも女性としての美しさを演出することができる良い髪型であることには違いありません。

ただし、何もしていないと思われるのが嫌なのなら、つやつやのストレートにすることが大切です。

きちんとつやつやにして、ヘアケアには気を遣っているのだということを示すと良いのではないでしょうか。

つやつやであればストレートヘアも逆に目立って良いかもしれません。

前下がりボブ

前下がりのボブもおすすめですよ。

ボブのヘアスタイルには憧れているけれど、本当に似合うのか不安という方がいるのなら、そのときには前下がりのボブにしてあげることで、ボブ特有のヘアスタイル感を減らすことができます。

「おかっぱ」のようになることが不安なら、前下がりのボブにしてあげることで、今っぽさを出してあげると良いでしょう。

ベビーショート

思い切ってショートにしたいと思っている方は、ベビーショートにしてあげるのも良いかもしれません。

思い切った髪型であることには違いがありませんし、どうせショートにするのなら、それくらいしてしまっても良いかもしれません。

中途半端にするよりは「心機一転」という気持ちになることができるでしょう。

自分の新しい面を見ることもできるかもしれません。

髪型で印象はガラッと変わる♪

いかがでしたか?

ヘアスタイルを変えるとガラッと印象を変えることができますよね。

女性がヘアスタイルを大幅に変えることで、感じる印象が全く異なるということもあるのではないでしょうか。

その人が持っているような地震や魅力さえも変わったように感じることもあるかもしれません。

それくらい、人の髪型が印象に与える影響は大きいのです。

アイデンティティの一つであるとも言えるかもしれません。

アイデンティティを左右するほどのものであるのなら、髪型で損をして言うこともあるかもしれませんし、逆に髪型で得をするということもあるかもしれません。

きちんとヘアスタイルの持っている影響について知っているのなら、それに合わせたヘアスタイルを選ぶことができますよね。

ヘアスタイルを変えると印象もがらっと変えることができます。

印象だけではなく気分も変えることができますよね。

ちょっと自分を変えたいと思っているとき、周囲に与える影響も変えたいと思っているとき、ヘアスタイルを利用して見ると良いのではないでしょうか。

女性はヘアスタイルに左右されて面倒くさいように感じるかもしれませんが、逆に言えば、ヘアスタイルによって印象さえも変えることができるのですから、女性は特をしているといえるかもしれません。

うまく自分の髪と付き合っていくことができると良いですね。