お気に入りの曲を聴くとストレスから解放されて、自分らしい時間を過ごすことができます。

場所をあまり気にせずに曲を楽しむときには、イヤホンが大活躍しますね。

実はこのイヤホンには種類があり、それぞれの種類ごとに特徴があります。

今回はその中から、最近人気が上昇しているインナーイヤー型イヤホンを紹介します。

インナーイヤー型イヤホンは色々なメーカーから発売されています。

今回はその中から特におすすめのイヤホンを6種、紹介してゆきます。

どのイヤホンも優れた性能を持つ、メーカーが自信をもって送り出した製品です。

きっとこの中に、あなたにピッタリのイヤホンがあることでしょう。

それではインナーイヤー型イヤホンについて、詳しくお伝えしてゆきます。

インナーイヤー型イヤホンとは?

そもそもインナーイヤー型イヤホンとは、どのようなものなのでしょうか?順を追って説明してゆきます。

イヤホンには大きく分けてインナーイヤー型イヤホンとカナル型イヤホンの二種類のイヤホンがあります。

インナーイヤー型イヤホンは、耳にイヤホンを乗せて装着します。

耳の中まではイヤホンを入れずに、装着感はゆるめです。

そのため開放型とも呼ばれています。

それに対してカナル型イヤホンは、密閉型と呼ばれており、耳の穴の奥までイヤホンを入れて装着します。

装着部はインナーイヤー型イヤホンに比べて小さく、耳の穴にフィットするような作りになっています。

このように、インナーイヤー型イヤホンは、装着時に耳の穴を密閉しない、開放感のある作りが特徴です。

インナーイヤー型イヤホンのメリット

インナーイヤー型イヤホンには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

インナーイヤー型イヤホンは、かつてはイヤホンの主流を占める製品でした。

しかし、密閉していない分音漏れがしやすく、電車内などで他人の迷惑になるケースがありました。

そのため、耳を密閉して音漏れを防ぐカナル型イヤホンが普及してからは、使用者が減り生産数も減っています。

しかし、インナーイヤー型イヤホンは耳の穴を密閉しない、ゆるい装着感のためカナル型イヤホンを装着すると耳が疲れてしまう人におすすめです。

また、外部の音も聞き取りやすいので、安全面でも優れているといえます。

音質は、密閉されていない分音の空間の広がりを感じることができます。

ただし、直接身体に振動が伝わる低音の再生には弱いという面もあります。

低音をあまり重視しない音楽の再生や、長時間耳の疲労を気にせずにラジオを聴きたいときなどにおすすめです。

最近では音漏れの改善技術や、低音の再生技術も進歩しているので、以前のインナーイヤー型イヤホンよりも向上した機能を楽しむことができます。

屋外でのイヤホンの使用が多い人や、耳の穴を密閉したくない人は、インナーイヤー型イヤホンの使用が良いでしょう。

インナーイヤー型イヤホンのおすすめランキング6選


それではこの章では、インナーイヤー型イヤホンのおすすめランキング6選を紹介します。

それぞれのイヤホンに優れた点があるので、どのような機能を重視するかで使用するイヤホンが決まります。

こちらで紹介する情報が、最適なイヤホン選びの参考になれば幸いです。

それでは、おすすめのインナーイヤー型イヤホンを紹介してゆきます。

1.ゼンハイザーイヤホン MX475

ゼンハイザーが提供する、長年の愛用者も多数いる定番のインナーイヤー型イヤホンシリーズです。

様々なジャンルの曲が聴きやすい、軽量設計のイヤホンです。

低音がしっかり鳴る

MX475は、インナーイヤー型イヤホンが苦手とする低音の再生を改善しています。

そのため、インナーイヤー型イヤホンとしては低音がしっかりと鳴るように設計されています。

開放感のあるサウンド

インナーイヤー型イヤホンの特徴である、音の広がりを感じる開放感あるサウンドが楽しめます。

ユーザーによっては、奥行きのある音が聴けると好評です。

装着時の疲れのないフィット感

耳の穴を密閉しないので、装着時の疲れのないフィット感が特徴です。

また、専用のイヤーパッドを使用すれば、耳に優しい着け心地のまま、フィット感を向上させることができます。

2.オーディオテクニカイヤホン ATH-C505

ヘッドホンやスピーカーなど、プロも愛用する製品を世に送り出しているオーディオテクニカのインナーイヤー型イヤホンです。

大手通販サイトでも人気があり、多くの人が購入している実績があります。

バランスのよい音

オーディオテクニカの優れた技術を採用した、バランスのよいクリアな音が特徴のイヤホンです。

コストパフォーマンスに優れお値段以上の音が楽しめると、リピーターや愛用者が多くいるイヤホンです。

コードの長さ調節可能

巻き取りホルダーが付属しているので、コードの長さを調節可能です。

そのため自分にベストな長さに調節して、音楽を楽しめます。

巻き取りホルダーで持ち運びが便利

巻き取りホルダーにコードを収納すれば、絡まりを防止してコンパクトに持ち運びができます。

そのため、外出先で音楽を楽しみたい人におすすめです。

3.ジェイブイシーイヤホン HP-F240

JVC提供のインナーイヤー型イヤホンです。

カラフルなデザインと、2,000円以下で高音質な音源が楽しめる人気のイヤホンです。

耳に優しいエアクッション

HP-F240の特徴は、装着部に使用するクッションに、空気を挟み込んだシリコンを使用していることです。

そのためフワッとした着け心地で、耳に優しい構造になっています。

長時間でもストレスフリー

エアクッション構造のおかげで長時間の使用でも耳が痛みにくく、ストレスフリーな環境で音楽を楽しめます。

カラーバリエーションが豊富

カラーバリエーションが豊富で、全8色の中からお好きなカラーのイヤホンを選べます。

あなたのファッションに合わせて、お気に入りのカラーを選びましょう。

4.フィリップスマイク付きインナーイヤーヘッドホン SHE4205

フィリップスのインナーイヤー型イヤホンです。

誰にでも似合うシンプルかつ洗練されたデザインと、高機能が融合したイヤホンです。

スマホ用マイク付きリモコン装備

SHE4205は、スマホ通話用のマイクとリモコンが装備されています。

そのため、着信があった際は、ボタン一つで通話に切り替えることができ、そのままイヤホンを装着したまま通話が可能です。

また、リモコンでは音楽の再生や一時停止も操作できます。

力強いサウンド

空気の振動を増やす独自の技術が力強いサウンドを生みだします。

深みのある低音を聴きたい人にもおすすめです。

デザインがおしゃれ

光沢感があるおしゃれなデザインも特徴です。

さりげなく耳元を演出してくれる、美しいデザインです。

5.ワンモア E1008

1MORE(ワンモア)提供のインナーイヤー型イヤホンです。

価格は1万円前後と高価ですが、それに見合う優れたサウンドを提供します。

デザイン性にも優れた逸品です。

航空用金属を採用

ドライバーには、航空用チタンを採用したチタンダイナミックドライバーを採用しています。

そのため、インナーイヤー型イヤホンにも関わらず、ダイナミックな低音の再生を実現いしています。

華やかで豊かな高音質

高音域は積層構造のセラミックドライバーを採用、華やかで豊かな高音質で再生します。

斬新なデザイン

未来を感じさせる、メタリックで斬新なデザインが特徴です。

また、人間工学を元に設計されており、装着感が心地よいことも特徴です。

6.ヤザワインナーイヤー型イヤホン TS103BK

安価なインナーイヤー型イヤホンをお探しの方におすすめのイヤホンです。

スペアとしての購入にもおすすめな、コストパフォーマンスに優れたイヤホンです。

安価なのに高スペック

このイヤホンは1000円以下で購入できるにも関わらず、高スペックな仕様が魅力です。

とにかく価格重視の人には最適な品といえるでしょう。

コードが3m

このイヤホンは、コードの長さが3mもあります。

そのため屋内で使用する際に、広い範囲での使用が可能です。

テレビ視聴用にも使用可能

3mのコードの長さを活かして、テレビの視聴も可能です。

目に優しい距離を保ちつつ、イヤホンを使用してテレビの視聴が楽しめます。

インナー型イヤホンが適している人


ここでは、インナーイヤー型イヤホンの使用が適している人についてお伝えします。

1.楽に聴きたい

インナーイヤー型イヤホンの大きな特徴は、耳を密閉しないため楽に音楽が聴けることです。

そのため、楽に聴きたい人はカナル型イヤホンではなく、インナーイヤー型イヤホンの使用をおすすめします。

きつめの装着感が苦手な人

カナル型イヤホンの装着感がきつめに感じ、苦手な人にはインナーイヤー型イヤホンの使用がおすすめです。

インナーイヤー型イヤホンは装着感がゆるく開放感があるので、ストレスなくイヤホンの使用を楽しめるでしょう。

閉塞感が嫌な人

耳を密閉すると、外部の音が聞き取りにくくなります。

そのため、人によっては閉塞感を感じてしまう場合があります。

この閉塞感が嫌な人にも、インナーイヤー型イヤホンの使用をおすすめします。

開放感があるインナーイヤー型イヤホンを使用すれば、閉塞感を感じずに音楽を楽しめるでしょう。

2.周囲に人がいない環境

周囲に人がいない環境でイヤホンを使用したい人にも、インナーイヤー型イヤホンは適しているといえます。

過去に電車内でのイヤホンからの音漏れが社会問題になったことがありましたが、音漏れがするイヤホンは、大部分が開放型であるインナーイヤー型イヤホンでした。

そのため、音漏れによる迷惑を防ぐためには、周囲に人がいない環境でイヤホンを使用する人に、インナーイヤー型イヤホンの使用は適しているといえます。

例えば、自然環境の中や自分しかいない職場、海辺などでの使用が良いでしょう。

インナーイヤー型イヤホンの特徴を把握して、上手に使用するようにしましょう。

遮音性が低い

インナーイヤー型イヤホンはカナル型イヤホンに比べ、遮音性が低いという特徴があります。

その特徴のおかげで音の広がりが感じられるメリットもあるのですが、音漏れがしやすいというデメリットもあります。

最も、最近のインナーイヤー型イヤホンは遮音性を高めたものも販売されており、大音量で聴かなければ音漏れになりにくいイヤホンもあります。

音漏れにならない程度の音量で楽しめば、周囲に人がいても問題ないこともあります。

使用するインナーイヤー型イヤホンの性能に合わせて、周りに迷惑がかからないように使用しましょう。

空気感を感じ取りたい人

インナーイヤー型イヤホンは耳が密閉されないため、空気感を感じ取りたい人におすすめです。

適度なゆるみがあるインナーイヤー型イヤホンは、外の空気や音の広がりを感じ取れるので、空気感が感じやすいのです。

カナル型イヤホンの密閉された状態では、音源に集中しやすいというメリットがありますが、閉塞感も感じやすくなります。

どちらが好みかは人それぞれですが、空気感を感じ取りたい人にはインナーイヤー型イヤホンをおすすめします。

自分に合ったイヤホンを(まとめ)

いかがでしたでしょうか?一口にインナーイヤー型イヤホンといっても、それぞれの種類ごとに特徴があります。

自分が求める音や機能が得られるよう、自分に合ったイヤホンを使用することが大切です。

また、音漏れがしやすいというインナーイヤー型イヤホンのデメリットも、イヤホンの種類により程度に差があります。

周囲に迷惑をかけずに、トラブルを避けるためにも、自分に合ったイヤホンを見つけるようにしましょう。

そのためには、イヤホンの情報を集め、可能であれば購入前に試しに使用してみると良いでしょう。

大手通販サイトなどで閲覧できるレビューも参考になります。

好意的なレビューが多い製品は、信頼できる製品といえます。

また、カタログだけでは分からない、実際の使用者の意見も見られるのでよい参考になります。

あなたに合ったお気に入りのイヤホンが見つかれば、きっと素敵な音楽との時間を演出してくれるでしょう。

自分に合うイヤホンを使用して、心地よいミュージックライフをお楽しみください。