みなさんは、自分のお金を計画的に利用していますか?

計画的に利用しないことから、給料日前になるとお財布がすっからかん、給料まで後2週間もあるのに全然お金がない・・・というような経験したことがある方もいるのではないでしょうか。

そう!それは浪費癖というものです。

浪費癖があると、緊急時にお金がなかったり、万が一の場合に自分だけでなく周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。

今回はそんな浪費癖を治すたい方必見の情報をご紹介していきます。

️4個の方法で浪費しがちな性格を治そう!

浪費癖には様々なパターンが存在します。

例えば、単純に無計画にあるお金をその場で使ってしまう人、毎月計画を立てているけど、目の前の誘惑に負けてしまい、結局お金を使ってしまう人など様々です。

今回は、どなたでも実践できる浪費癖を治す方法について4個の方法に分けてご紹介していこうと思います。

この記事を読んで、あなたも浪費癖とおさらばしてお金の心配とは無縁の生活を送りませんか?

ではご紹介していきましょう。

️1.家計簿をつけよう

何にお金を使っているのかが一目瞭然

最もオーソドックスな方法で、一度は誰もが試したことがあるのではないでしょうか。

まず大切なのは「家計簿」をつけることです。

家計簿をつけることによって、自分が毎月何にどれだけのお金を使っているのか、一目でわかるようになります。

例えば、あなたは先月の光熱費がいくらかかっているのかすぐに答えることができますか?

その先月の光熱費から、今月どれぐらい光熱費が上がっているのか把握していますか?

浪費癖をする人の特徴として、自分が何にどれだけお金を使ったか把握しておらず、いざ必要なお金と直面した時に、必要なお金がない!というパターンです。

自分がどれだけのお金を出費しているか把握しないと、必要なお金もわかりませんし、どこにどう浪費しているのかそもそもわかりませんよね。

人間の傾向として、入ってきたお金を数えるのはいいですが、使ったお金を書いたり把握するのはとても嫌がるものです。

しかし、まずは自分の生活スタイルを家計簿で見直してみましょう。

必ず浪費癖を直すヒントが得られるはずです。

最近便利なおすすめ家計簿アプリ


家計簿を書くのはいいけど、毎回家計簿を開いて書き込むのは面倒だし、時間がないという方必見!

最近では家計簿アプリという大変便利なアプリが存在します。

スマートフォンを所持している方なら、まずGoogle Playストアで「家計簿」と検索してみてください。

驚く程の数の家計簿アプリが出てきます♪
たくさんのアプリがあるだけに、機能も様々です。

例えばレシートを読み取ってくれるタイプ、銀行口座と直結しているタイプ、ただ単純の項目に沿って入力していくタイプなど、内容は多岐に渡ります。

家計簿アプリを使えば、外出先や仕事の休憩中でも手軽に入力することができ、一目で出費を確認することが出来るため、外出先で「これが欲しい!」と思うことがあっても、一呼吸おいて家計簿アプリと相談してみるのもいいかもしれません。

続いては、そんなたくさんの種類がある家計簿アプリで「どれを使ったらいいの?」という方の為に、特徴と出来ることをご紹介していきましょう。

マネーフォワード

まずは「マネーフォワード」というアプリです。

横文字でちょっと難しいそうな名前ですが、とっても簡単で色々な機能が備わっています。

利用者は450万人以上で、家計簿の検索アプリで堂々の第1位を獲得しており、まさに家計簿アプリの王道といったところでしょう。

では実際どんなアプリなの?というところですが、一言でいうと簡単に資産と支出の状況がわかるサービスです。

少しわかり辛かったですが、銀行口座やクレジットカード、楽天やアマゾンなどのネットショッピング系、携帯電話のキャリアIDを事前に登録し、アプリと連携しておくことにより、あなたが何もしなくても勝手に収入と支出、資産状況をいつでも確認できるようにしてくれる優れものです。

特徴としては、自動で入力してくれる為、入力漏れや間違いがないというところですね。

ということは、嫌でも自分が使っているお金や残金が一瞬でわかってしまい、誰でも目の当たりにすると意識してしまうものですよね。

また、口座を登録しておくことにより資産管理も出来ますので、たくさん口座を持っていて、自分の資産がわからない!という方にもおすすめです♪

最初の登録の手間だけで、本当にめんどくさがりな方にもおすすめですね♪

Zaim

続いては「Zaim」という家計簿アプリです。

先ほどのマネーフォワードとは違い、こちらはレシートを読み取り撮影することで、簡単に入力が出来るものです。

家計簿をつけたことがある方なら誰もが感じたことがある、どの項目にどれを書いていいのか迷う!、結局計算しなくてはいけないので面倒という手間を省いてくれます♪

一言でレシートを読み取ってくれるといっても、ただ単純に画像を読み取るだけではありません。

支出の合計金額はもちろんのこと、レシートの店名、お店の番号、購入した商品の読み込みまでしてくれます♪

これで「消耗品に、、、いくら」というような計算の手間が省けてとっても便利ですね。

そして、驚きの機能も搭載されており、買い物したけど何これ?という経験はありませんか?

そういった方の為に、レシートに記載された店名や住所から店を割り出して、購入したものが、雑貨・食料品など分類を判別してくれる機能があります。

意外と普段何気なく自分が買っているものというのは忘れがちですからね。

そこで気になるレシートの読み取り精度ですが、ビックリするぐらい正確ですよ。

私も試しに10枚ほどレシートの読み取りを試してみましたが、どれも正確で1つもミスが見当たりませんでした。

しかし、あくまで読み取りなので、音声検索で全然別の言葉が出た!というような感じで多少のミスはあるようです。

商品名などの部分でたまに見られるようですが、神経質な方は手打ちで修正もできますので安心ですよ♪

時代の流れとはすごいもので、家計簿も「書く」から「撮る」に変わっているですね。

書き込んだり、計算が面倒という方は是非利用してみてください♪

らくな家計簿

続いては「らくな家計簿」というアプリです。

その名の通り手軽なことがおすすめです♪

どういうところがおすすめなの?という点ですが、「書く」でも「撮る」でもなくなんと「喋る」ことです。

らくな家計簿では、音声認識機能が付いており喋るだけで誰でも簡単に入力することが
できます。

「日付、資産、分類、内容、金額」など希望する項目を好きな順番に喋るだけ♪

それで自動で各項目に振り分けをしてくれます。

項目「資産」の中には、現金・カード・銀行など種類があり、電子マネーやデビットカードなど8種類の項目を追加することができます。

それぞれの方の支払い方法に対応してくれる点は、正確に記録したい方にとってもありがたい機能ですね♪

気になるのは音声認識機能の精度についてです。

なんと驚くほどに精度が高いようですよ。

数字の部分で若干の誤差があるものの(11万を10万1000円など)それでも精度は高いようです。

しかも、普段使いの言葉にも対応しており、「2日」を「ふつか」や「20日」を「はつか」と発音してもちゃんと認識してくれるようです。

喋るアプリでここまで高機能なものはないでしょうから、書くのも撮るのも面倒という方は、是非試してみてくださいね♪

Money tree

家計簿アプリ最後のご紹介は「Money tree」というものです。

銀行口座から利用明細まで全てを管理が出来るのに、とにかく簡単です。

最初の利用登録は少し面倒で、金融機関登録、口座番号、秘密の質問の入力が必要になります。

スマートフォンでは少し操作性が悪く、時間がかかってしまうかもしれません。

しかしながら、最初に一度入力してしまえば、後は自動で反映してくれるのでとっても便利♪

しかも特徴として、様々な金融機関のカテゴリが準備されており、銀行、クレジットカードはもちろん、証券、投信、FX、年金、マイルポイント、Tポイントなど他の家計簿アプリでは手の届かない細かい部分までケアされています。

全ての情報を集約して確認したい、やるからには細かいところまで気にしてみたい!という方におすすめのアプリですね♪

毎日チェックすることで意識を保てる

まず最初のポイントとして、「家計簿」を付けることをご紹介しました。

もちろんただ付けるだけではダメですよ。

毎日チェックして、「あ~昨日は使いすぎちゃってるな」という確認が大事です。

その為にも、どこでも確認できる家計簿アプリがとっても便利です。

移動中でも、休憩中でもどこでも手軽に確認が出来るので時間がない人にもおすすめです。

毎日確認して、自分の収入と支出のバランスを把握することで、浪費癖を直す第一歩となりますので、本気で直したい方は必ずチャレンジしてみましょう♪

️2.便利でも通販は使わない!

簡単すぎて気軽に購入してしまう

続いて2つ目のポイントですが、みなさんは通販サイトというものを利用していますか?

利用している人ならわかると思いますが、手軽で外出しなくても商品が手元に届く便利さが売りで、忙しく一度利用したかたならリピーターになっている人も多いのでは
ないでしょうか。

しかし、これが浪費癖を促進させる一つの要因と言えます。

外出しないでも、仕事の合間でも商品が買えてしまうだけに、ついつい欲しいものをどんどん注文してしまいガチです。

たくさんの商品を注文すると、お金もかかってしまいますし、どれだけの様々なサイトを利用しているといくらぐらいお金を使ったのか、把握するのも大変なものです。

2つ目のポイントでは、通販サイトを利用しることによって起こる、浪費との関係性をご紹介します。

これなんだっけ?=いらないもの!

通販サイトを利用している方なら、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

商品が忘れたごろに届いて、「あれ?こんなもの注文したっけ?」「そもそも何に使うんだっけ?」ということです。

一見、自分が購入したものだからそんなことはないでしょ?と思いガチですが、通販サイトを利用して浪費癖が付いてしまっている人は、実際こういう人が多いです。

通販サイトで見ていると、その時はこれ便利かも!と思って購入するけれど、実際に届いたら全く使わない、パッケージを開けてもいないということもしばしばです。

必要なものはちゃんと家計簿で確認して、自分で外出して購入しにいくことによって浪費を抑える第一歩となりますので、めんどくさがらずまずお店に出向いて買い物をするように心掛けましょう。

酔っ払うと無意識に通販を使う人も…


続いては、酔っ払うと無意識に通販を使ってしまう人についてです。

お酒を飲まない人であれば、理解は難しいでしょうが酔うと人間は判断能力が
著しく低下します。

歩いていて何かにぶつかってしまったり、知らず知らずの内に友人に電話してしまっていたりと、人によって様々ですが翌朝起きて初めて気付くという方もいるようです。

そんな人の中には、酔うと欲しいものを購入してしまう浪費癖が姿を表す人もいるようです。

そういう方は、酔って通販サイトで商品を購入しているので、商品が到着して初めて気がづくということがほとんどです。

酔って通販サイトを利用してしまう方は、普段から自分でもメモを見ないと覚えていないようなパスワードに変更するなど、正常な判断が出来ない時に利用することが難しい状態を自分自身で作りだすことが大切です。

買い物は極力お店で

続いては買い物をする時は極力お店でするということです。

先ほどのいらないものを購入のところでご紹介しましたが、やはり買い物をする時は外出することが大切です。

外出してお店で直接商品を購入するメリットとしては「直接目で見て商品を購入するので、必要かどうか判断できる」「自分が購入しようとしている商品の量をチェックすることができ買いすぎ防止にも繋がる」「通販サイトのラインナップだけでく、お店に並んでいる商品で類似の商品の価格の比較ができる」などが挙げられます。

通販サイトであれば、画像でしか確認していないので、実際に商品が到着して思っていたものとは違い、使い物にならない場合があります。

そういったことを未然に防ぐことも浪費を治すことに繋がりますね。

また、自分で買い物に行っているので、かごに商品を入れていて持ち切れないほど買い物をする人はいませんよね?これも買いすぎ防止=浪費防止に繋がります。

最後に通販サイトで商品を購入していると、いつも同じような商品ばかり目にするでしょう。

しかし、実際にはもっとたくさんの商品が存在します。

実際にお店で見てみると、価格もだいぶ節約でき、機能性もよりいいものを発見できたりします。

また、直接購入しにいっているので、送料がかかることもないのでより無駄な出費を抑えることができますね♪

以上のような理由から、買い物は極力お店で済ますようにしましょう。

使うならクーポンやタイムセールは見逃すな

続いては、使うならクーポン、タイムセールを見逃さないということです。

通販サイトも店舗と同様にクーポンがあったり、タイムセールが実施されていることはご存知ですか?

利用している人でも意外と気が付かないことが多く、知らず知らずの内に損している人も多くいらっしゃるでしょう。

クーポンについてはメールなどで配信されており、「またメルマガか、、、」と開きもせずに気付かない、タイムセールについてはキャンペーンなどのページを開かずいつも決まったルートでWEBショッピングを楽しんでいる為、気付かないという仕組みです。

通販サイトを利用するのであれば、商品を購入する前に一旦立ち止まって、メールなどのクーポンの確認、トップページを見回してセールが実施されていないか、またされているなら自分が購入したいカテゴリの商品が出ているかチェックしてみましょう。

クーポンやタイムセールは侮れないもので、半額になるようなものまでありますので、こういったところでも無駄な出費を抑えることが大切ですよ♪

️3.お金は余分に持たない

財布の中は必要な分だけ!

続いては3つ目のポイントとして挙げられるのが、「お金を余分に持たない」ということです。

最初のポイントとしては、財布の中は必要な分だけ持ち歩くことです。

人間は必要以上のお金を所持していると、ついつい「まだあるから大丈夫!」と感じお金を使いすぎてしまうものです。

もちろん現金だけでなく、銀行のキャッシュカードについてもそうですよ。

最近ではコンビニでもどこでもお金を卸すことができるので、現金を持ち歩かなくてもその場でお金を卸してしまっては意味がないですからね。

しかし、車がエンストしたり、急遽必要となる出費もあるので、これはこの時の為のものと決めて、別の財布に入れておくなど緊急時の対応も忘れないでくださいね。

クレジットカードもなるべく使わない

続いては、クレジットカードもなるべく利用しないということです。

多くの方が所持しているクレジットカードですが、これが最も浪費を行う危険性が高いと言えるかもしれません。

クレジットカードというのは、実際に現金がなくても買い物が出来てしまうので、「ボーナスで払えばいいか」「給料日にまた払ってクレジットカードで買い物すれば大丈夫」など甘い誘惑がみなさんを襲ってくるでしょう。

浪費癖がある人は、そういった誘惑に打ち勝つことが出来ず、ついつい自分のお金ではないクレジットカードで買い物をしてしまう傾向にあります。

万が一、大量の出費が必要になる場合もあるので、クレジットカードを作ることがダメではありませんが、普段から持ち歩くことはやめるようにしましょう。

銀行から多めに降ろさない

続いては、銀行から多めに卸さないことです。

浪費癖がある人の特徴として、何かをする時に必ず必要経費より多めに現金を卸して所持している傾向にあります。

本人は「何かあったらいけないから」「もし必要になったら、また卸すのに手数料が無駄になっちゃう」など何かと理由をつけて多めに卸すものです。

しかし、これは絶対にしてはダメです。

みなさんもうわかってきていると思いますが、人間手元に現金があれば使ってしまうんです。

外出先では、たくさんの魅力的な商品が並んでいるので、あれも欲しいこれも欲しいという状態になることは容易に想像できるでしょう。

浪費癖がある人は特にですが、外出する前に買い物リストを作成して、家計簿などから値段を確認し、必要なお金を計算して準備するようにしましょう。

本当に必要か?改めて考え治す

続いては、本当に必要か?改めて考え治すことです。

浪費をする人の特徴として、「これがあったら便利かも?」「「何かに使えるかもしれない!」といった想像をする方が多いようです。

しかし、その状況は本当に発生して、その時あなたが購入しようとしている商品は本当に使えますか?

まず使えないことが多いでしょう。

なぜなら、その状況は今まで起こらなかったからその商品を購入していないですし、実際に起こっていない状況を想像して商品を購入しても、効果がわからないからです。

この項目を見るとよくわかるかもしれませんが、浪費癖というのは何かにお金を使いたいということなんですね。

大切なのは、商品を購入する前に一度立ち止まり、自分がその商品を使っている姿を想像してみてください。

おのずと答えは出てくると思いますよ♪

️4.ストレス発散の方法を変える

浪費でストレス発散してませんか?

最後の4つ目のポイントは、「浪費でストレス発散」をしていないかということです。

ストレス発散方法は人によって様々ですが、中には浪費することでストレス発散をする人も多数いらっしゃるようです。

あれが欲しい!これも欲しい!という欲求を満たしていくことにより、精神的ストレスが緩和されるというものです。

あなたは、イライラした時にふらっと買い物に出たりしていませんか?

もしそういった行動があるなら要注意です。

ストレスの発散方法というのは様々な方法がありますので、浪費以外の方法を探してみてください。

では、細かい項目と内容を見ていきましょう。

お金のかからない運動

まず最初のポイントとしては、お金がかからない運動をするということです。

体を動かすことは、身体的にも精神的にもリフレッシュすることができ、健康管理にも大変有効な方法です。

しかも、なんといっても資本は自分の体なのでお金もかからないので、浪費を抑えることが出来て、一石二鳥ですね♪

例えばですが、ジョギング、ウォーキング、バドミントンなど色々な運動が挙げられます。

ジョギングやウォーキングであれば、その四季の風景も楽しむことが出来てより効果的だと思いますよ♪

みなさんも健康的に浪費癖を直してみませんか?

カラオケは安い時間に

続いてはカラオケでストレスを発散することについてです。

みなさんも経験がある人が多いと思いますが、ストレスが溜まった時に思いっきり声を出してカラオケで楽しむことで、かなりのストレス発散になりますよね?

もちろんその方法は私も賛成です♪
しかし、利用する時間やタイミングが重要です。

みなさんもご存知のように、カラオケは平日、休日、時間帯などにより料金が変わってきます。

その安い時間を狙って利用することで、浪費をかなり抑えることができます。

もし都合がつくのであれば、平日昼間などであれば休日と比較して半額程度の料金でカラオケを楽しむことが出来る場所もあるようです。

サービスはお店によって様々で、それぞれ安い時間帯の設定があると思います。

自分が行っているカラオケ屋さんの、HPを一度チェックしてみてください。

意外と知らなかった料金設定が発見できるかもしれませんよ♪

映画はレンタルで

続いては、映画鑑賞が趣味の方についてです。

ストレスの発散方法として、自分の好きな映画鑑賞に没頭するという方も少なくないようです。

最近では映画館も夜遅くまで営業していますからね。

しかし、映画館の料金というのは決して安いものではありません。

一人当たり1000円前後の料金がかかってくると思います。

しかし、これをレンタルに変更するとどうでしょう。

旧作であれば、100円以下、新作でも300円前後など、3分の1程度の料金に抑えることができます。

少しDVDとして貸し出しされるまでの期間がありますが、そこはぐっとこらえて我慢することで、浪費が抑えられ、もっとたくさんの商品をレンタルする余裕も生まれてくるので頑張って誘惑に打ち勝ちましょう♪
どうしてもすぐに見たい!という映画があり、映画館に行く場合は、割引デーやクーポンなどの情報をチェックして、少しでも安く映画鑑賞ができるようにしましょう。

スイーツはコンビニで

続いて、スイーツを購入する場所についてです。

みなさんはスイーツを購入する場合、どこで購入していますか?

お菓子屋さんやケーキ屋さん、デパートなどで購入していませんか?

これをコンビニスイーツに変えるだけで、かなり出費を抑えることができます。

例えばケーキ屋さんで購入すると400円程度のものが、コンビニでは半額の200円程で販売されていたりします。

しかも、侮るなかれ最近のコンビニスイーツはとっても美味しいんです♪

季節限定の商品がこまめに発売されたりと、ラインナップも飽きることがありません。

味のクオリティも大変高く、一度試してみてください。

本当においしくてビックリしますよ♪

美味しいものを手軽に購入して、同時に節約もしちゃいましょう♪

カフェは安いところで

続いては、カフェに行く時はなるべく安いとこでということです。

少し難しい項目ですが、カフェに行くということはそれなりのクオリティを求めて行っている方がほとんどだと思います。

しかし、カフェにもたくさんの種類やサービスがあり、自分がお気に入り以外の店舗を探してみるのも一つの楽しみ方といえます。

コーヒー1杯の値段でもかなりの差が出て、高いところであれば倍ぐらいの値段となることもあるでしょう。

もちろん店舗の雰囲気なども大切なので、気になった店があればHPで値段をチェックして一度実際に行ってみることが大切です。

ウォーキングをしながら、隠れたカフェを探すというのもいいかもしれません♪

ただ単純にカフェに行くということではなく、リサーチも楽しみ方の一つですので、より安くてお気に入りのお店を探してみましょう♪

外食は制限回数を決める

続いては、外食は制限回数を決めることです。

ついつい手軽で美味しく食事が出来る外食で、食事を済ませてしまいガチです。

しかし、外食1回当たりの金額は一人当たり1000円~1500円ほどで自炊をするのに比べると1当たり2倍~3倍の料金がかかってしまいます。

便利で手軽だからといって、外食ばかりしていると浪費癖がいつまでたっても治りませんよね。

自分へのご褒美として、この日とこの日という風に外食の回数を決めることが大切です。

日程を決めておくと、その日に向けて普段から頑張ることも出来るので是非回数を決めて節約しながら外食を楽しみましょう♪

️治したい浪費グセ…

浪費癖を治したいけど治せない、、、と感じている方も多いのではないでしょうか?

いままで様々なポイントを挙げさせていただきました。

浪費癖というのは、癖というだけあって一朝一夕で治すのは正直難しいと思います。

しかし、気を付ければ自分の意識の持ちようですので、必ず治すことが出来ます。

ポイントを1つ1つ実践していき、自分にあった方法を取り入れながら、治したい浪費癖とおさらばしましょう♪

️浪費グセのデメリット

貯金ができない


浪費癖のデメリットとして最も挙げられるものが「貯金」が出来ないということです。

貯金が出来ないと様々な弊害をもたらします。

例えば、自分や家族が病気になってしまい、多額のお金が必要になった場合、急遽自動車が壊れて、買い替えなければならない場合、自分が病気で一定期間働けなくなってしまった場合、などたくさんのリスクがあります。

こういったリスクを未然に防ぐことが出来ないことから、浪費癖で貯金が出来ないというのは、今後の生活事態を脅かす、恐ろしいデメリットと言えます。

無駄なものが増える

浪費癖の内容として挙げさせていただいた中に、いらないものを購入してしまうというポイントをご紹介しました。

もちろん、いらないものを購入してしまうと無駄なものが自宅の中で増えてきてしまいます。

そうなることによって、自分の生活スペースが圧迫されたり、必要なものが必要な時に見つからないなど、余計ストレスを感じてしまうことでしょう。

そうならない為にも、紹介したポイントを実践して、必要なものだけのすっきりとした自宅で有意義な時間が過ごせるようにしましょう。

急な出費に対応できない

続いてのデメリットは、急な出費に対応できないということです。

デメリットの最初のポイントでご紹介しましたが、これは貯金ができないと密接な関係にあります。

貯金が出来ない=急な出費に対応できないということになり、生活費、病院代など様々なリスクに対応が出来なくなります。

そうならない為にも、浪費癖は早い段階から治しておくことが重要です。

結婚生活で嫌がられる

続いてのデメリットは、結婚生活で嫌がられるということです。

自分一人ではあまり感じなかった部分かもしれませんが、パートナーがいると話は全く違ってきます。

あなた一人だけでなく、パートナーの生活まで脅かしてしまう可能性が出てくるからです。

パートナーも必要な時に必要なものが買えない、不必要なものの片付けなどストレスを感じる点が多々あるでしょう。

自分だけでなく、大切なパートナーにまで浪費癖で嫌な思いをさせない為にも、今から努力して浪費癖を治しておきましょう。

️浪費グセを治してお金は有意義に使おう!

最後に、浪費癖があると自分やパートナーの生活や欲しいものが購入できないなど様々な制限がされることでしょう。

しかし、浪費癖を治すポイントを実践して、例えば食事の回数を制限してみた場合はどうでしょう。

それを3ヶ月続けるだけで、いつもよりワンランク高い食事が3ヶ月に1度食べにいける計算になりますよね。

今までは、浪費癖があった為に出来なかったことというのは、考えている以上にたくさんあります。

1つ1つのポイントを実践して、浪費癖を治しお金を使い方を有意義なものとして自分の生活スタイルをワンランク上の生活のしてみてはいかがでしょうか?