涙もろい人って一定数いるのではないでしょうか。

それが自分であったり、友達であったり、パートナーであったり。

そんな人たちは、泣いてはいけない場面でとても苦労しているはずです。

『涙は女の武器』という言葉があったり、『女の涙にだまされるな』と書いてある恋愛の特集があったり、『涙』というのは良くも悪くも周りに影響を及ぼしますよね。

そのため、涙もろい人の中には、泣きたい時でも泣かないように一生懸命に様々な努力をしている人もいるようです。

しかし、泣くこと自体は悪いことではなく、むしろ身体にとっても精神的にもとても良い効果があるのです。

泣きたい時でも泣いちゃいけない、どうする?

つらいことがあったり、悔しかったり悲しかったり、泣く理由には色々とありますが、どうしても泣けない場面もありますよね。

たとえば『家族に心配をかけたくない。』といった思いや『きちんと話し合いたいのに。』といったことなど、涙は時に重荷になってしまうことがあるのも事実なのではないでしょうか。

男性の中には、女性が泣くとため息をついて呆れたり、話を無理やり切り上げたりして、逃げてしまう人もいるでしょう。

男性にとって、女性の涙というのは困るもののようです。

そのため、今回は涙が出てしまいそうになったときにどうにか涙をこらえる方法、そして泣くことで得られる様々な良い効果をご紹介していきます。

ぜひ参考にして、実践してみてください。

泣いてはいけない時も少なからずある

大人になると、泣いてはいけない場面を、誰もが少なからず経験するのではないでしょうか。

映画を観たりテレビを見て感動したりして涙を流すときは、泣いてはいけないタイミングはなかなかないと思います。

しかし、友達や家族、恋人と話し合っている中で、気持ちが高ぶってしまって涙が出てしまったり、自分の意見が分かってもらえなくて悔しくて涙が出てしまったり、傷ついて泣いてしまったり等、原因は様々ですよね。

そして、涙が出るときって悲しいときなどのマイナスの涙だけでなく、嬉しいときや驚いたときに出てしまったりするので、意外と気を付けないといけないときって多いようです。

また、理不尽なことで上司に怒られたときも悔しくて泣いてしまいそうなときもあるでしょう。

恋人と別れたときなども、しばらくの間はちょっとしたことで涙が出てしまいそうになったりすると思います。

そのようなとても多くの場面で役に立つであろう対処法は、知っておきたい人も多いはずです。

ただ、泣くのをいつでも我慢できるようになる必要はありません。

涙を流すことは、とても良いことで本来我慢すべきものではないので、どんな良い効果を涙がもたらすのかも知って、我慢するときは我慢して、思い切り泣いてもいいときには泣けるようになることが、身体にとっても気持ち的にも良い状態かもしれませんね。

泣きたい時に実践すべき対処法

ここからは泣いてはいけないときに涙をこらえるために、試してみるべき方法をまとめていきます。

人によって効果が高いもの、低いものも変わってくると思います。

今回ご紹介する項目も16個あるので、映画を観たときなどの泣いても問題のないときに、どの対処法が自分に効果があるのか試してみるといいでしょう。

ぶっつけ本番で、泣いてはいけないときにやってみてもいいですが、そのときの状況によっては集中できなかったり、話が頭に入ってこないことも考えられるので注意したほうがいいと思います。

また、周りに涙もろかったり、泣きそうになってしまっている人がいたら、こっそりアドバイスしてあげるといいかもしれません。

周りの人が協力してあげられるものもあるようです。

しかし、その気配りにまた感動して、さらに泣かれてしまわないようにも同様に注意する必要があるでしょう。

1:口を開ける

『あ、泣きそう。』と思ったら、まずは口を開けてみてください。

このときに大きく口を開ける必要はありません。

軽く開いているか開いていないか程度で大丈夫です。

一見、口が開いていないと力を入れることが出来ないので、涙をこらえられないと思いますよね。

しかし、人は口を開けている間は集中して物事を考えられなくなってしまうんだとか。

考えることを手放すので、涙はでなくなるんです。

ただ、このときに自分の思っているより口が開いていると、集中してないと取られてしまったり、バカにしてると思われてしまい、相手を不快にさせてしまうことがあるので、口を開く大きさには気を付けたほうがいいかもしれません。

2:上を向く

泣きそうなときに涙がこぼれないように上を向く人っていませんか?

実は、上を向くのは良い方法だといわれているんです。

それは上を向くことにより、目が自然と開くので、涙が乾燥したり蒸発しやすくなるんだそうです。

落ち込んだり泣きそうになると、つい隠したくなってしまい、下を向いてしまう人が多いと思います。

しかし、下を向くとさらに涙が溜まってしまって、気持ちも悲しくなってしまい、逆効果だといえるでしょう。

逆に上を向くことで涙も乾燥します。

さらに、楽しいときや明るいことを考えているとき、人は無意識に上を向きやすくなるんです。

そのため、上を向くと元気が出てきて、明るい気持ちになることもあるはずです。

なので、涙がこぼれそうになったときには、30秒から1分ほど上を向いたり、なるべく上の方を見てみたりすると、効果がでることがあります。

3:深呼吸をする

大きくゆっくりと深呼吸を繰り返すことによって、気持ちが落ち着く効果があります。

泣いたり感情が高ぶったりすると、どうしても呼吸が荒くなってしまいます。

そして、どんどん感情があふれ出てしまうんです。

そんなとき、深呼吸をすると、心拍数を下げることができ、気持ちも落ち着くのだと思います。

泣きそうなときに深呼吸することにより、身体全身に新しい酸素が回るので、気持ちもすっきりするのかもしれませんね。

4:目を瞑る

人の情報は耳と目によるものがほとんどを占めています。

なので、辛いときには一度目を閉じて気持ちを入れ替えてしまうのもいいかもしれません。

ヨガや瞑想なども目を閉じて行いますよね。

目を閉じることには、自分の内側に向き合い、気持ちを落ち着ける効果もあるのだと思います。

しかし、これがその場で起きた物事以外でつらいときには効果が薄いかもしれません。

前日に辛いことがあったり、恋人と別れたばかりだったり、そうした目の前の出来事以外で泣きそうになっている場合、目を閉じることによって、自分の気持ちと対峙してしまい、さらに落ち込んでしまうこともあるようです。

何事も時と場合にもよるとは思いますが、自分の気持ちといま向き合うことが良いことなのか、さらに涙が出てしまうのは、見極める必要があるかもしれません。

5:一人になる


人がいると、さらに追い打ちをかけられたり、優しい言葉が涙を誘ったりした経験って、涙もらい人は比較的多くの人があるのではないでしょうか。

優しくされても厳しくされても、一度泣きそうになってしまうと、どちらもさらに涙が出てしまうキッカケになったりすると思います。

なので、可能であれば出来るだけ早く一人の空間に逃げることをおすすめします。

一人になれれば、少し涙が溢れたとしても、ティッシュペーパーやハンカチで押さえて、周りにバレないで済むこともあるでしょう。

また、一度一人きりになり、自分の気持ちを整理することで、見えてくるものもあるかもしれません。

6:違うことを考える

他のことを考えることが可能なのであれば、目の前の問題をひとまず棚上げしてしまって、別のことを考えてしまうのも手です。

こちらも時と場合により、使えることと更に問題を作ってしまうことがあるため、いまが呈している場なのか考える必要があると思います。

たとえば、話し合いや喧嘩をしていて、違うことを考えることは良いこととはいえないでしょう。

泣きそうだからといって、別のことを考えていると、その場の話は進みませんよね。

そうなると、相手も感情的になり、状況はさらに悪くなってしまうなんてことも。

逆に、仕事をしているときや通勤・通学中など、少しぼーっとしても問題ないときは、一度違うことを考えて、忘れてしまうようにするのも良い方法だといえます。

そうして一度泣きそうになってしまった気持ちから、自分を切り離してあげることで、気分転換になり、それを繰り返すことで少しずつ立ち直ることもあるのではないでしょうか。

くだらなく、楽しいことを考える

違うことを考える際、なるべく楽しいプラスのことを考えるようにすることが大切です。

友達や家族といると、お腹が痛くなるほど笑った経験、ほとんどの人があると思います。

そんな思い出って、あとから思い出しても一人で笑ってしまうほど楽しくなることってありませんか?

学生時代に友達みんなでバカなことをしたり、周りの人のおっちょこちょいな話など、人に話しても面白さは伝わらないけど、その当時のことを思い出すと、楽しい気持ちになるって出来事を準備しておくことも役に立つことがあります。

また、それだけではなかなか涙が引っ込みそうにないときは、そのときのメンバーや当時の写真などを携帯に集めておき、それを見ることで懐かしくなり、気持ちがすっと落ち着くこともあると思います。

7:顔を洗う

もし、化粧やヘアセットなどの問題がなければ、顔を洗ってしまうのもおすすめです。

顔を洗うと、すっきりして気持ちや頭の中まですっきりする効果があります。

このときは、なるべく水やぬるま湯のほうが効果的です。

冷たい水をかけることにより、汗なども引いていきますよね。

『頭を冷やせ』や『顔を洗ってこい』なんて言葉もあることからも、頭の中を落ち着けるのには、顔を洗うことが効果的なんだというのが分かると思います。

8:風呂に入る

何をしても落ち着かない!このままじゃ泣いてしまう!といったときは、いっそのことお風呂に入って、しまいましょう。

これは、外出先では難しいと思います。

家の中にいるときに、どうしても気持ちが落ち込んでしまったときは、気分転換や気を逸らそうと頑張ってもなかなか出来ないでしょう。

でも、家族に心配かけたくなかったり、泣いてるのがバレたくないことってありますよね。

自分の部屋があったとしても、声が漏れて気づかれてしまったり、急に家族が入ってこられてしまったりして、なかなか自分の部屋にいても泣けない人もいるでしょう。

そんなときにはシャワーを浴びて、身体的にも精神的にもリフレッシュさせると、とても良い気分転換になります。

また、どうしても涙が抑えられないときには、思い切り泣いてしまってもいいと思います。

シャワーを浴びていると、声を出して泣いても、意外と水の音がかき消してくれるので、安心して泣くこともできるかもしれません。

9:体を動かす

落ち込んで悶々としていたり、悔しくてむしゃくしゃして堪らないときは、体を動かしてマイナスの気持ちを汗と一緒に流してしまいましょう。

走ったり歩いたりすると、考え事をせずに黙々とできると思います。

また、最近流行っているヨガやエクササイズも思考を無にして、自分の身体と向き合うものですよね。

そうした体を動かすことは、気持ちをリフレッシュさせる効果があるんです。

汗をかいて疲れると、その日寝るのもすっと眠りにつけると思いますし、身体を動かすと気持ちも前向きになったりするそうですよ。

ただ、もともと体を動かすことが苦手だったり、好きではない人は、体を動かすことでストレスを感じ、疲れとともに落ち込んだ気持ちやむしゃくしゃした気持ちになってしまいかねませんので、注意が必要です。

10:好きなものを食べる


大人になると、だんだんと太りやすく痩せにくくなってしまったり、アルコールによってたるんでしまった体型を戻すために、食事制限やダイエットをしている人も多いのではないでしょうか。

そのため、普段は好きなものを我慢してるなんて人も結構いるはずです。

しかし、好きなものを食べると、それだけで幸せになりませんか?

ダイエットや食事制限は少し休憩して、一度好きなものを食べちゃいましょう!

悲しいことやつらいこと、泣きたくなる理由は色々とありますが、そんな思いをしながら頑張っている自分に、少しご褒美をあげるのもいいと思います。

自分を一度甘やかすと歯止めがきかなくなると思い、怖いと感じる人もいるかもしれませんが、その我慢もストレスに繋がり、さらに自分を追い込んでしまうことになることもあるので、頑張りすぎは禁物です。

そして、好きなものを食べて気分転換して、また頑張りましょう。