幸せとはなんなのでしょうか。

きっとその基準は人によって違うはずです。

お金を持つことが幸せだと感じるい人もいれば、自分が大切だと感じる人と一緒に居る事がしあわせだと感じる人もいる事でしょう。

その価値は人いよって決められるものではありません。

自分が決めるものなのです。

だからこそ、どこに基準は自分次第であり人からとやかく言われる筋合いなどないでしょう。

ですが、それでも願いはただ一つです。

『幸せになりたい』という思いだけです。

幸せになりたいという気持ちがある場合、どんな行動をしたらいいのでしょうか。

ただやみくもに行動したとしてもその願いがかなうとは限りません。

きちんとしたプロセスを踏まなければ、実現することが出来ないことも多々あるはずです。

だからこそ、私たちは幸せになるための方法を知らなければなりません。

そんな時、参考にして欲しいのがすでに幸せになっている人の行動です。

どんなジンクツよりも、実際に幸せになっている人の考えを聞いたり行動を実践することが一番の方法です。

そのやり方を知る事によって理想を現実にする事ができるはずです。

まずはその方法を知る事が大切です。

即実行したい!幸せな人が実践しているシンプルな習慣27個

ここからは、幸せな人が実践している方法についてご紹介させて頂きます。

その方法は、難しい方法では無く簡単でシンプルなものばかりです。

だからこそ、誰でも実現させる事が出来るはずです。

どんなに良い方法であったとしても、それを実践する事が出来なければ意味が無いでしょう。

まずは、やってみる事が大切です。

そうする事によって結果はついてきてくれるはずですから。

幸せになりたいけれど、どうしたら良いかわからない。

そんな人はまず、これからご紹介する方法を実践してみて下さい。

1:生活の中で常に感謝している

人生を生きていく中で、私達は一体どれ程の人と関わって生きていくのでしょうか。

恐らく、数えきれないほどの多くの方と関わっていく事になるでしょう。

その中には良い出会いもあれば嫌な出会いもあるかもしれません。

その全ての出会いがあったからこそ、今の自分がいると言う事を忘れてはいけません。

人々に感謝をすると言う事は、日々の暮らしに感謝すると言う事にもなります。

だからこそ、生活の中で感謝する事を忘れてはいけないのです。

自分の生活がある事を感謝して過ごす事が出来れば、それだけでも心が清らかとなり、自分の生活を幸せに感じる事が出来事でしょう。

例え同じ生活をしてたとしても、気持ち一つで感じ方は全く違う物になる事でしょう。

2:運動して汗をかく


気持ちを元気にさせる為には、体も元気で無ければなりません。

心身共に活力があるからこそ、日々の暮らしの中で幸せを感じる事が出来るのでしょう。

だからこそ、心も体も元気になる事を考えて行動してみましょう。

心を元気にさせる事は難しいこともあります。

ですが、体を元気にする事は心を元気にするよりもずっと簡単な筈です。

適度に運動して質の良い睡眠を取る。

それだけでも体は元気になっていきます。

また、運動して汗をかくことはリフレッシュにも繋がります。

上手くいかない出来事に対してイライラしたり、悶々としている気持ちを抱えている時でも、運動をして気持ちよく汗をかけば『まっいっか』と気持ちを変える事も出来るのです。

人間の体と心は繋がっています。

どちらが悪くても行けません。

両方とも盛り上げていく為にも、どうしたら良いのかを考え行動していく事が幸せな生活に繋がるでしょう。

3:他人のためにお金を使う

お金は大切です。

だからこそ、出来るだけ自分の手元に置いておきたいと思うものです。

人にあげるなんてとんでもない。

大切なお金だからこそ、自分の手元に置いておきたいと躍起になる事もあり得ます。

ですか、お金は貯めているばかりでは本当の力を発揮する事は出来ません。

大切な事は使う事です。

お金の価値は、その物では無く使う事によって得られる対価にある筈です。

だからこそ、対価を得ずにお金だけを確保して置いても意味がありません。

更に、そのお金を他人に使う事はとても良いことです。

自分の利益の為では無く他人の為に使用する事は、一見自分には全く価値が無いように感じてしまうかもしれません。

ですが、その時使ったお金によってその人との信頼関係が作られる場合もあります。

多くの人の支持を集める人は、それだけ多くの人への奉仕をしていると言う事なのかもしれません。

自分の事ばかり考えている人は、大抵の場合嫌われるものです。

本当の意味で人から支持され、幸せな日々を過ごす事が出来るようになる為には、自分の事だけでは無く他人の心を信じて過ごす事が大切です。

4:自分にとってプラスな人と絡む

人間には様々なタイプが居ます。

その中で自分にとって、有意義な存在になるかどうかはとても大切な問題です。

というのもたとえ多くの人とのつながりを持っていたとしてもその人たちが全くあなたにとって意味のない人たちだった場合、一緒に居ても意味がないからです。

人の価値を、プラスになるかどうかで決める事はいい事ではないかもしれません。

ですが、結果的にそうなっていた場合はどうでしょうか。

自分でわざわざ選んだわけではないにしろ、気が付いた時には自分の周りにいる人は自分にとってプラスになる人たちばかりだった。

そんな人たちと多くつながることが出来ている人は幸せなはずです。

一人ではできないことも、仲間の力を借りる事によって出来るようになる事はたくさんあります。

それだけ自分の周りにいる人たちには素晴らしい価値があるのです。

だからこそ、私たちはその価値をしっかりと感じて自分にとってより良い相手と過ごす事を目指す事が大切なのでしょう。

5:ポジティブ思考でいること

病は気からという言葉があるように、気持ちはさまざまな面で私たちに効果を発揮します。

明るい気持ちでいれば、それだけ明るい日々を過ごす事が出来るようになるでしょう。

だからこそ、毎日ポジティブに物事を考える事が出来る人はとても恵まれている人なのかもしれません。

例え同じ状況にあったとしてもそれを幸せととらえるか不幸ととらえるかによって、人生は大きく変わってくるはずです。

同じ出来事を体感しているのであれば、それを幸せと感じる事が出来る方がはるかに高く幸せな時間を得る事が出来ていると言えるでしょう。

実際には絶望的な状況だったとしてもむりくりにでも、ポジティブな思考を意識する事によって自分で自分を錯覚させることが出来るようになります。

実は自分はいい人生を歩んでいるんだと感じることだって出来るようになるはずです。

だからこそ、まずは無理にでもポジティブに考えるくせをつけましょう。

6:元気に動ける睡眠をとる


睡眠は健康の源です。

最近では、小さな子供のうちから夜更かしをしてしまう事が問題となっています。

夜きちんとした睡眠を確保することが出来ないと、思考回路が回らなくなったりイライラしてしまう事があります。

常にぼーとしてしまい、日々を思いきり過ごす事が出来なくなってしまうでしょう。

元気に一日を過ごす為には、それだけのパワーが必要です。

沢山食事を取る事や運動をすることも大切なことではありますが、日々の疲れを癒し明日の活力を満たす為には十分に休息する事。

つまりは睡眠をしっかりと確保することが大切です。

必要な睡眠の時間は人によって違うものです。

例えほかの人から十分寝ているといわれても、あなたがまだ眠いと感じるのであれば、それは睡眠が足りていない証拠です。

しっかりと睡眠の時間を確保するようにしてください。

7:表面的ではない中身のある会話を心がける

大人になればなるほど、どうしても表面的な付き合いが多くなります。

仕事など、必要に迫られた関係の場合、自分が好きでもない人と付き合いを重ねていかねばなりません。

そのせいで、中身のない会話を繰り返すことも多々あるでしょう。

ですが、それをしていた所で何も身にはなりません。

どうせ会話をしなければならないのであれば、そこに意味を感じるような話をしましょう。

相手に興味がなかったとしても、意外なところで共通点を感じる事が出来るかもしれません。

最初からあきらめてしまえば、その事にすら気が付かずに過ぎ去ってしまう事だってあるでしょう。

人とのつながりが増えるという事は、自分の人生がより豊かになるという事でもあります。

そのことにどれだけ早く気が付くことが出来るかどうかという事が大切な事なのでしょう。

8:他人が困っていたら助ける

困っている人が居たら助けてあげる。

それは当たり前の事なのかもしれません。

ですが、それを実際にする事が出来る人はどれだけいるでしょうか。

まして、自分の利益に全くならなかったり自分に害があることだってあるかもしれないのです。

だからこそ、頭では分かっていてもなかなか出来るようにはならないのです。

ですが、それなのにもかかわらず他人を助ける事が出来る人はきっと心が豊かな人なのでしょう。

自分のことなど後回しで他人のことを考える事が出来る人なのかもしれません。

それは、人としてとても価値のある事です。

そんな素晴らしい心を持っている人は、幸せな時間を過ごす事が出来るでしょう。

他人を助けることは、全く自分のためにならないような気もします。

ですが、実際にはその親切がいつかあなたを助けてくれる力になるこ事もあるかもしれません。

9:幸せになる努力を徹底する

幸せになりたいと思うのなら、まずは幸せになる努力をすることが大切です。

『幸せになりたい』『誰か幸せにしてくれないかな』と思っていても、自分の人生は変わりません。

変える事が出来るのは自分自身だけなのですから。

だからこそ、幸せになりたいのであれば努力をしましょう。

その努力は、大きなものである必要はありません。

小さなことの積み重ねだっていいのです。

自分の人生を幸せなものにしたいと思う気持ちがあるのであれば、その気持ちにしたがって努力をしましょう。

その努力を続けることによって、いつかその努力が実を結ぶ時がやってくることでしょう。

例え結果が伴わない努力だったとしてもそれをしたという事実が大切なのです。

他人からどう思われるかなど気にする必要はありません。

自分が必要だと思う努力を続けていきましょう。

10:自己成長の観念を持っている

人間はいくつになっても成長していく事が出来ます。

ですが、その成長は勝手にしていくものではありません。

自分が成長したいと思う事が大切なのです。

『いつか成長出来るかな』などとのんきなことを考えているような人は、きっと一生成長することはないのです。

人間はいくつになっても成長することが出来ますが、努力しない人はいくつになっても成長することが出来ないのです。

自分を成長させたいと願うのなら、その気持ちを常にもって行動していきましょう。

自分の心がけ一つで世界は大きく変わるはずです。

自分自身が出来ることを一つづつ考えていく事が大切でしょう。

11:人と比較しない

人間に平等などあり得ません。

さまざまな違いがあり、その違いを感じる事によって他人をうらやんだり妬んだりしてしまう事もあるかもしれません。

それは、人間であれば当然のことだともいえるでしょう。

ですが、それをしていても何も成長する事はできません。

羨ましいと感じる心をばねに努力することが出来るのでれば、まだ光も見えますがただただ他人をうらやんでいるような人はその後何も得る事が出来ません。

比較する心は決して綺麗なものではないでしょう。

その場合、その心があるだけで周りの人を困らせたり相手に嫌な思いをさせてしまう事があるかもしれません。

また。

自分自身が疲れてしまう事だってあるはずです。

そうなってしまわない為にも妬む気持ちを封印することが大切です。

12:「嫌なもの」には近づかない

『嫌なもの』の中にはいろいろなものが含まれています。

人間関係のようなものもあれば、実際の場所もあるかもしれません。

何にせよ、自分が嫌だと思うものには近づかないようにする事が大切です。

それは、実際に近づかないという事はもちろんですが精神的に近づかないという事も含まれています。

というのも、長く生きていればいるほど自分の意思では変える事が出来ない問題もあります。

例え嫌だとしても拘わらなければならないことだってあるかも知れまえん。

そんな時、仕方なくかかわることもあるでしょう。

ですが大事なのは、自分の気持ちをそちらに向けないという事です。

自分の気持ちをコントロールすることが出来るのは自分だけです。

だからこそ、その気持ちをしっかりと持っていればいいのです。

そうする事によって、気持ちだけでも近づくことを拒否することが出来るようになるでしょう。

13:人に頼ってばかりいない

自分の事は自分でやる。

当たり前のことですが、甘え癖がついている人の場合にはそれが出来ないことも多々あります。

他人にやって貰う事が当たり前で自分で努力することを忘れているのです。

それは一見幸せなようにも見えるでしょう。

なんでも他人から与えられる人生は、楽そうだとかじることだってあるはずです。

ですが、それが楽かどうかはわかりません。

もしかしたら、満たされない日々を過ごしている事だってあるのです。

自分の人生は本来自分で決めるものです。

それによってストレスを感じることもあるかもしれませんが、何もない人生と比べれば高い幸福感を感じることだって出来るでしょう。

ですが、なんでも間でも他人にやって貰う人生は後悔もない代わりに達成感を感じることも出来ないのです。

自分で努力したからこそ、出来たときに高い幸福感を感じる事が出来るのです。

だからこそその気持ちを忘れてはいけません。