女の子にモテたいけど「どうせ女子はイケメンにしか興味無いんだろ?」なんて卑屈な事を考えてはいませんか?

そもそも、イケメンの定義とは何なのでしょう?生まれ持ってのもの?自分で身に付けられるもの?

イケメンになるにはどうしたらいいかを様々な角度から検証しつつモテない男が努力でモテる7個の方法をご紹介します。

モテたい男子必見ですよ。

️そもそもイケメンって何?

そもそもイケメンとは「イケてる面(メン)」として容姿端麗な男性を表す言葉として生まれた俗語です。

要するに見た目のカッコイイ男性という事ですよね。

しかし、現代の解釈では内面的に紳士的な男性の事をイケメンと呼ぶ場合もありますし、逆にイケメン過ぎるとモテないなんて噂も聞きますよね。

実際、女性は本当にイケメンが好きなのでしょうか?

イケメンを前にすると緊張してしまう女性は意外と多い

あまりにも容姿の整ったイケメンを前にすると緊張してしまったり、「自分とは不釣り合いだ」として恋愛にすら発展しない事も多いのだそうです。

男性からすればイケメンなら必ずモテると思いがちですが、実はそうでもないイケメンが世の中には溢れているようですね。

後天的イケメンの方がモテる?

元々容姿端麗な男性を先天的イケメンとすると、自分磨きの末にイケメンと呼ばれるようになった男性を後天的イケメンと言えますね。

実は、女性にモテるのは主にこの後天的イケメンの方が圧倒的に多いのです。

遠巻きに女子に囲まれてきた先天的イケメンよりも、後天的イケメンの方が身近で女子と接する機会も多く、よく気が付いて女心をより理解してくれる人が多いのも理由の一つですね。

主に、先天的イケメンは女性によって「観賞用」であり、実際に付き合うのなら後天的イケメンが良いと思っている女性は少なくないのです。

️モテない男でもイケメンになる7個の方法

ここからはモテない男でもイケメンになる7個の方法をご紹介していきます。

男性からすると「イケメン」と呼ばれるようになるには芸能人ばりの容姿が必要不可欠の様に思えますが、意外と女子の「恋人にしたいイケメン」はハードルがそこまで高く無いのも特徴です。

女性は夢見がちな分「芸能人であるイケメン」と「現実世界にいるイケメン」をしっかり分けて考えている人が多いのです。

今までモテた事の無いという方でも、自分の魅せ方をしっかり理解すれば簡単にイケメンになる事は可能なのです。

自分に似合うヘアスタイルを見つける


モテない男性の一番大きな要因は容姿です。

それは、素顔等の事ではなく身だしなみに近いものの事をさしますね。

特に、ヘアスタイルは男性の印象を大きく変えてくれる効果があります。

自分に似合うヘアスタイルを見つける事はイケメンへの一番の近道と言えるでしょう。

美容室に行く

近頃、男性でも美容室を利用する人が一般的になってきましたよね。

イケメンになる為に自分に似合うヘアスタイルを探すならば、断然美容室に行くのがおすすめです。

特に、女性の美容師さんを指名してカットして貰うと女性好みのヘアスタイルになりやすいとも言われています。

普段理容室に行っていたり、自分でカットしたりしている人はこの機会に美容室デビューをしてみましょう。

髪型で雰囲気イケメンになれる

近頃は中性的でやや長めのヘアスタイルも流行しており、そういった髪型が自分にハマると簡単に「雰囲気イケメン」になる事ができます。

雰囲気イケメンとは、パっと見た感じおしゃれでイケメンっぽく見える男性の事を言います。

まずは、見た目で女性の目に止まる事が有効なので、マッシュ系のヘアスタイルが似合う方は是非とも雰囲気イケメンを目指すのがおすすめです。

自分のこだわりを捨てる

折角髪型を変えるならば、美容師さんに丸投げしてしまうのがおすすめです。

モテない男性はマイナスのこだわりを強く持っている場合が多く、そのこだわりが似合わない髪型を作る大きな要因となっている事も少なくありません。

前髪を長く残しておきたい、耳を全部出したくない、黒髪のままが良いなど自分のこだわりを一度全て捨てて美容師さんにただ一言「似合う髪型にして下さい」とオーダーすれば、新しい貴方に産まれ変れる可能性が大きくなりますよ。

きめ細かいきれいな肌を目指す


女性でも肌が綺麗な人はそれだけで美人に見えますよね。

男性もそれと同じで、パーツは悪くないのにニキビ肌やオイリー肌が原因でイケメンに見えないという人も少なくありません。

近年は男性用スキンケア製品も数多く販売されるようになり、男性のスキンケアにも着目されるようになりました。

男性だからと手入れを怠らず、きめ細かいきれいな肌を目指すのがイケメンに近付く一歩でもあります。

肌がきれいなだけでも好印象

今までと何も変わらなくでも肌がきれいになるだけで清潔感が感じられて好印象になります。

周りを見て見ても、清潔感のある男性は肌が綺麗だとは思いませんか?女性はある程度までならメイクなどでフォローする事ができますが、男性はそうはいきませんよね。

男性こそ、肌のきれいさで第一印象が大きく変わってしまうものなのです。

まずは洗顔、保湿の見直しを

男性は、洗顔のみのお手入れで終わっている人も少なくありませんよね。

しかし、最近は男性用化粧水のバリエーション豊富に展開されている事から、男性の保湿について大きく注目を集めている事が見てとれます。

まずは、洗顔後、化粧水で保湿、その後にクリームなどで保護する事を始めてみましょう。

オイリー肌に悩む人は、その大半が「隠れ乾燥肌」である為に過剰な皮脂分泌をしてしまっているので、特に保湿と保護を徹底してケアすると肌が見違えるように綺麗になりますよ。

何から手を付けて良いのか迷うなら皮膚科も有り

どんな洗顔を使うべき?どんな化粧水を使うべき?と迷ってしまうなら「肌荒れを治したい」という事で皮膚科に行くのもありです。

近頃、皮膚科でもスキンケア製品を取り扱う病院も多くなってきました。

少々値段は張りますが、医療用で上質な製品である事が多い上に薬と併用して使う事で大きな効果が期待できます。

特に肌荒れが酷い人や、どうして良いのか分からない人は皮膚科に相談に行ってみましょう。

ファッションセンスを磨く

髪型と同じく、ファッションも自分に似合うスタイルを見つけるのが重要です。

特に、近頃はどんなファッションでも広く受け入れられやすい風潮にあるので「流行のもの」よりも「自分に似合うもの」をメインに考えるようにしましょう。

元々ファッションに疎い人は、ファッション誌を読んだり、実際にショップで店員さんにフルコーディネートをお願いしてみるのも良いでしょう。

ファッションセンスは経験を積む事で磨く事が出来ますので、恥ずかしいという気持ちを押さえてまずは様々なファッションを試してみるのも良いでしょう。

モテる人服装をマネしてみよう

様々なファッションを試してみるという上で、モテる人のファッションをマネしてみるのはとても参考になりやすいです。

特に、体形の似てる人を選んで真似してみるのが良いでしょう。

モテる人は自分に似合う物や自分をより良く見せる物を良く知っています。

そういう感性を学べるので積極的にモテる人の服装を真似してみましょう。

足元は常にきれいに

特に、オシャレに見える人というのは靴に拘ります。

スニーカーやブーツ等、ファッションごとに様々な形の靴を履きこなす人程オシャレである事が多いですね。

まだ、ファッションセンスを磨き始めたばかりの頃に、そこまでこだわるのは難しいかもしれませんがせめて靴は常に綺麗な状態にしておく事を心がけましょう。

泥まみれのスニーカーや、汚れが浮いた艶の無い革靴は絶対的にNGです。

帽子を上手に取り入れるとオシャレに見える

ニット帽やハット、キャップなどオシャレな人は上手にファッションに帽子を取り入れています。

帽子を取り入れるだけで、雰囲気イケメンになれるといっても過言ではありません。

ただし、帽子に関しては似合う形とそうでない形が極端なので、ショップ店員さんに相談して自分にはどのタイプの帽子が似合うのか見繕って貰うのが良いかもしれませんね。

また、帽子のおしゃれな被り方も教えて貰ってしっかりと活用していくようにしましょう。

清潔感を意識する

ファッションにしても佇まいにしても、兎に角清潔感を意識しましょう。

清潔感のある男性を嫌いな女性は居ないと言っても過言では無い程に、清潔感とは最強の切り札でもあるのです。

身だしなみを整えて、爽やかな自分を演出する事で「真面目」「誠実」「紳士的」など良い印象を与える事ができるのです。

また、逆も然りでどれだけ容姿が整ったイケメンだとしても清潔感の無い男性に女性は惹かれません。

モテない男性がイケメンになる為には切っても切り離せない要素が「清潔感」なのです。

しわのないシャツ

シャツを着る時にはしっかりとアイロンのかかったものを着用しましょう。

アイロンがかかってピシッと締まったシャツを着ている人と、皺がついてヨレヨレのシャツを着ている人とでは印象の差は歴然です。

また、冬場はニット製品の毛玉や、ペットを飼っている人は洋服にペットの毛がついて居ないか等もチェックしておくのが良いですね。

ヒゲのお手入れ

良くも悪くもなりうるヒゲはしっかりとお手入れをしているならば多少残しておいてもOKです。

ワイルドな印象を与えられるという点でも、似合う場合はしっかりとお手入れをしておくのが良いですね。

また、剃る場合は剃り残しの無い様にしておく事が重要です。

一番印象が悪いのは、無精ヒゲと剃り残しです。

また、ヒゲの濃い人で青髭になってしまう人は髭剃りを携帯しておくのも良いかもしれませんね。

香水で体臭を防ぐ

爽やかな香りのする男性に魅力を感じる女性は意外と多い物です。

女性は感性で恋愛をする人が少なくないので、視覚以外の五感を刺激する意味でも香りで誘惑するのは効果的だとも言われていますね。

特に汗をかきやすい人は香水や制汗スプレーなどで体臭を防ぐようにしましょう。

特に近年は「スメルハラスメント」なんて言葉がある位に、女性は男性の匂いに敏感になっています。

清潔感のある万人受けする香りを、ほんの僅か香る程度身に付けるのが良いです。

指先を整える

女性の中で意外と多いのが「手フェチ」です。

女性は男性の手を見て「素敵だ」と思う事が多々あります。

伸びきった爪や、汚れがたまって黒くなった爪は清潔感がなく問題外です。

また、ゴツゴツした男らしい手は印象が良くても、ガサガサした触り心地の悪い手はあまり印象が良くありませんん。

男性でも、しっかりと爪を整えたりハンドクリームを塗って指先のケアをする事で「モテ手」になる事ができます。

眉毛を整える

顔の印象を大きく変えるのは眉毛です。

全くお手入れをしていないボサボサ眉毛は勿論の事、過剰に剃り過ぎて細くりすぎた眉毛もあまり女性ウケが良くありません。

普段あまりパッとしない印象の人でも、眉毛を綺麗に整えるだけで見違えるようにイケメンになる事も少なくありませんよ。

美容院でやってもらおう

近頃、大抵の美容院で「眉毛カット」のサービスが用意されています。

有料の場合もあれば無料の場合もありますね。

実は眉毛を左右対称に整えるのは中々難しいものです。

髪を切りに行った際に、美容室で整えて貰うのが失敗も少なく一番無難な方法と言えますね。

美容室で整えて貰った後は、瞼などに生えて来る分だけを安全カミソリなどで落として形をキープし、また美容室に行った際に整えてもらうようにすれば整った眉毛をキープする事ができますよ。

カラーをしている人は眉毛のカラーリングもおすすめ

ヘアカラーをしているのに、眉毛だけ黒いとどうしても古臭い印象や垢ぬけない印象になってしまいがちです。

ヘアカラーをする場合は、それに合わせて眉毛もカラーリングすると見違える様にスッキリした印象になります。

ただし、眉毛のカラーリングは薬剤が目に入る危険性等もあるので十分に注意して行う必要があります。

体を鍛える

女性の求めるイケメンの体形は大抵の場合「細マッチョ」です。

見た目はスラリとしているのに、腹筋が割れているような体型に憧れる女性はとても多いです。

そこまでは難しいとしても、細くて頼りない印象よりもある程度鍛えられている方が魅力的であるのは間違いありませんね。

ゴリゴリすぎない、程よい筋肉

ボヨンとお腹が出ている肥満体型よりかは、しっかりと筋肉がついて引き締まっている方が良いものの、あまりにもゴリゴリ過ぎると女性はちょっと威圧感を感じてしまう事があります。

何事も程よくが一番なので。

筋トレをする場合は全身を均一にトレーニングする事を意識しましょう。

上半身や下半身など重点的に筋肉がついてしまうと、どうしてもゴリゴリに見えてしまうので注意が必要ですね。

【細マッチョになるには、こちらの記事もチェック!】

笑顔の練習をする

イケメンに限らず、笑顔が素敵な男性は周りの心を射止めます。

特にモテを意識した際には、イケメンならば多少の不愛想でも許されるかもしれませんがモテない男性が不愛想な状態でモテたいというのは言語道断です。

更に、モテない男性の中には自分は笑顔をしているつもりだけど印象が良くないという方も少なくないのではないでしょうか?しっかりと好感の持てる笑顔の練習を行う必要がありますね。

モテる男は笑顔が素敵

イケメンでも、そうでなくてもモテる人は大抵笑顔が素敵です。

笑顔が上手な人は人に愛されるし、人を引き付ける効果もありますよね。

男女関係のみならず、友人関係、会社での部下や上司との関係等を良くしたいという場合にでも素敵な笑顔を作れるというのは最強の武器になるのです。

左右対称な笑顔を意識する

笑顔を作っているのに印象が悪いという人は、左右非対称の笑顔になっている場合が多いです。

口角の高さが違ったり、目の細め方が違うなど左右非対称になってしまった笑顔は「作り笑い」「卑屈」「意地悪」など返って悪い影響を与えてしまいます。

しっかりと鏡を見て、自分の笑顔が左右対象であるかを確認して練習する事が必要です。

️イケメンになると何が変わる?

実際、イケメンになるとどんなメリットがあるのか考えた事がありますか?

大抵の人は「人気者になれる」や「女性にモテる」などのメリットを連想しがちですが、その他にもイケメンになるとこんなメリットがあるそうです。

女性からモテる

これはモテない男性がイケメンになりたいと思う理由ナンバー1のメリットです。

イケメンになると女性からモテるようになります。

モテない男性の中には、自分からアタックするものの相手にして貰えない場合と、女性と会話すらままならない状態の方とが居ますよね。

イケメンになると、女性の方から貴方とお近付きになりたいと歩みよってきてくれるようになるのです。

これこそが、モテない男性がイケメンになりたいと思う最も大きなメリットである事は間違いないでしょう。

好きな女性と付き合える可能性も高くなる

イケメンになると自然と自分の選択肢が増えます。

その中には意中の女性が含まれる事もあるでしょう。

イケメンになれば好きな女性と付き合える可能性も自然と大きくなるのです。

実際に、好きな女性に好意を持って貰う為にイケメンを目指す人も少なくありません。

レベルの高い女性と付き合える

容姿が美しかったり、能力の高い女性は、自分と同等かそれ以上のレベルの男性を求める傾向にあります、イケメンになると、そういう女性のお眼鏡に止まる事もあるでしょう。

レベルの高い女性とお知り合いになったり、はたまた付き合える事になると自分自身の向上にも繋がりメリットは更に大きくなるとも言えますね。

仕事でチャンスが増える

仕事をするにあたって能力が一番重要な仕事があれば、印象が重要な仕事があります。

接客や営業など多くの人と関わる仕事はイケメンであればある程チャンスが回ってきやすいと言えます、また、技術職においても能力が同じなのであればイケメンを選ぶという場合も少なくありません、少なくとも身だしなみすら整えられない人間に、正確で堅実な仕事を求める人は少ないという事です。

イケメンは自己管理能力・アピール力が強い

これまでも解説してきた通り、いくら生まれつき美形に生まれていても清潔感が無かったりファッションセンスが無かったりすると「イケメン」とは認定されません。

イケメンとは、自分を清潔感ある状態に維持管理できる他、自分の良い部分をキチンと理解してそれをアピールできる事ができる人です。

それを仕事に生かせたならイケメンに敵う者など居ないのではないでしょうか?

第一印象が良くなる

イケメンになると、第一印象が格段に良くんなります。

人は見た目で8割人を判断すると言われています。

内面の良さは後から知り得るものであって、初対面では何も分かりません。

見た目の清潔感やおしゃれさ等で「この人の事をもっと知りたい」「もっと仲良くなりたい」と思う事から内面を知っていくのでイケメンは人に好かれやすいとも言えます。

イケメンだからこそ内面も大事

容姿から入って好感を持った所で、内面がろくでもない性格や感性をしていると相手は必要以上にがっかりしています。

イケメンであるからこそ「きっと素敵な人に違いない」という期待を持って接してくる為です。

イケメンであるからこそ、内面でのハードルが上がっている事を意識して相手をがっかりさせてしまわない様に心がけましょう。

好きなファッション・メイクが楽しめる

イケメンになると自分の好きなファッションを楽しめるようになります。

顔やスタイルなどの容姿はファッションに必要不可欠な要素です。

どれ程素敵な服を着ていたとしても、ボサボサのヘアスタイルや、たるみきったお腹はファッションの価値を大きく下げてしまいますよね。

イケメンになれば、ある程度のファッションは何でも似合いやすくなるでしょう。

自分好みのファッションを楽しむ事ができますよ。

️外見だけじゃない!本物のイケメンは中身もイケメン

前項でも少し出てきたように、イケメンは中身に対してハードルが上がります。

それは、一般的にイケメンと言われる人が内面的にも素晴らしい人が多いからと言えます。

外見は内面の鏡という様に、紳士さや親切さ中身がイケメンだと、それに連動して外見もイケメンになってくるものなのか?と思う程です。

また、外見がある程度まで整えば、中身のイケメンさから段々と容姿までイケメンに見えてくるという報告もあります。

外見と共に、中身もそれに伴うイケメンになりましょう。

口から発する言葉がきれい

丁寧な日本語や綺麗な言葉は、その人の品性を表します。

正しい場面で正しい日本語を使える人は知性を感じさせます。

また、安易に下ネタなどに走らずユーモアのある言葉を選んで会話できる人は、コミュニケーション能力の高さを感じますね。

この様に、口から発する言葉が綺麗である人はそれだけでイメージが良いものとされます。

ある程度くだけた口調で親密になるのも良いですが、汚い言葉や他人を侮蔑するような言葉は使わないように心がけましょう。

一人称を使い分けよう

基本的に男性が社会で使う一人称は「私」「僕」「俺」の3つが定番です。

社外の人と会話する時や尊敬語を使うような相手には「私」社内において上司などと会話する時には「私」もしくは「僕」後輩やプライベートな時間では「俺」と言う事が多いのではないでしょうか?

特に「私」「僕」と「俺」をオンオフの切り替えのように使い分けている事にときめく女性は多い様で「いつも僕って言っている会社の同僚が、プライベートで俺って言っているのに何だかときめいてしまう」なんて声もありました。

感情表現豊か

モテない男性や、冴えない人は男女問わず感情表現が苦手である事が多いです。

喜怒哀楽の違いが他人の目から見て分からず「あの人は何を考えているのか分からない」なんて評される事も少なくありませんよね。

中身もイケメンになる事を目指すなら、喜怒哀楽はハッキリと表現して感情表現豊かな人間になりましょう。

感情表現豊かな人は周りの目から見ても、今の感情が読み取りやすく人間味が溢れて親近感がもてるでしょう。

マイナスな感情はあまり出し過ぎない

感情表現豊かなのは良い事ですが、マイナスの感情を表に出し過ぎると悪い影響を与えてしまいます。

怒りや悲しみの感情はなるべく抑えてプラスの感情である喜びや楽しみを表現するように心がけましょう。

いくら感情表現が豊かだからといって、気に食わない事があったからといって烈火の如く怒り狂う人とは一線を置きたくなるものです。

優しく、落ち着きのある口調

早口な人は神経質な印象、遅い人はのんびり屋な印象があるように同じ言葉を話していても話し方や話すスピード一つでその印象は大きく変わってきます。

特に、人に好感を持たせるには優しく、落ち着きのある口調で会話する事を意識するのが良いでしょう。

優しい口調は語尾に「ね」「よ」をつける

優しい口調を意識する時には、語尾に「ね」と「よ」を付ける事を意識しましょう。

たったこれだけで印象は大きく変わってきます。

「コレしといて」と頼まれるのと「コレしといてね」と頼まれるのでは「ね」がついて居るだけで口調が柔らかくなります。

また、「この書類の提出期限は明日だから」と言われるのと「この書類の提出期限は明日だよ」と言われるのも言葉の柔らかさが全く変わってきます。

「ね」と「よ」は自然と言葉の威圧感を消してくれるので意識して使うように心がけましょう。

声の高い人は特にゆっくりとした口調を意識しよう

声ばかりは努力してもどうにもならない所ですよね。

しかし、声が普通より高い人が早口で話してしまうとますます神経質で高飛車なイメージも付きかねませんし。

声が高いと普通に話していても早く聞こえてしまうものです。

自分の声が人より高いな、と思う人は余計にゆっくりと話す事を意識するのが良いでしょう。

責任感がある

責任感があり、リーダーシップの取れる人は、それだけでも十分に素敵です。

内面の素晴らしさが容姿に反映されるのは特に責任感の強い人である事が多いですね。

特に容姿に自信の無い人程、自分に対してや他人に対して、また仕事や趣味に対して責任感を持つ様にするとその中身を「素敵だ」と称してくれる人が現れるでしょう。

仕事もプライベートも充実してる

責任感を持って行動をしていると、仕事関係や友人関係も円満になりやすいです。

責任感がある人には信用が集まります。

人から信用されるというのは魅力の現れです。

大抵のイケメンが仕事もプライベートも充実しているのはそういった理由があるのです。

女性のことをよく理解している

女性から「イケメン」と評されるには、女性のことをよく理解している必要があります。

どれだけイケメンと周りにもてはやされていても女心が分からずデリカシーを持たなければ「残念なイケメン」と不名誉な印象を持たれて女性からモテる事もないでしょう。

こればかりは如何に女性との付き合いの中で経験を積んでいくかによります。

女友達や会社の女性同僚などを良く観察したり話を聞いてみるのも良いかもしれませんね。

ポジティブな言葉が多い

イケメンとは男女問わず好かれる人が多いです。

その理由の一つにポジティブな言葉が多い事があります。

人は周りの言葉にとても影響を受けやすいものです。

誰かがポジティブな言葉を発していると自然と自分もポジティブになれるものなのです。

誠実で真面目

身近なイケメンを見ていると、男女共に友人が多い人が多くないでしょうか?

中身も伴っているイケメンは誠実で真面目な人が多く、そういう人には人が集まってくるので他人の目から見てもとても分かり易いものです。

中身もイケメンになるのならば、どんな人にでも誠実に真面目に向き合える器の大きさが必要であるという事ですね。

差別をする人は嫌われる

自分の容姿に胡坐をかいて「美人だから親切にする」「不細工だから関心を持たない」と人の容姿であからさまに態度を変える人は、いくら外見が整っていても信用がなくなり嫌われてしまいます。

自分が「イケメン」という容姿で判断されるからこそ、人の事は容姿で判断しない心の広い誠実な人物像こそが周囲の求める「イケメン像」である事を意識しましょう。

️外見も内面もイケメンを目指そう

真のイケメンとは外見も内面も伴ってこそという事をご理解頂けたでしょうか?

更に、外見のイケメンさには生まれ持った容姿よりも、自分の努力で整えられる部分が大きい事もお忘れなく。

さぁ、今こそモテない男を卒業して外見内面共にイケメンに生まれ変わりましょう。