世の中にはたくさんの人がいます。

学生の頃は、自分と環境が似ている人と一緒にいる機会が多かったはずです。

だからこそ、さほど大きな違いもなくすんなりと仲良くなる事が出来るでしょう。

ですが、大人になり社会に出るとそうも言っていられません。

自分と全く違った環境の人と付き合っていかなければならないこともあるでしょう。

『会社が一緒』『お母さんだから』『近所に住んでいるから』様々な理由によって、かかわりが出来た人の場合、裏を返せばそのつながり以外全く接点がないという事もあるでしょう。

その結果、うまく関係を作っていくことが出来ない場合もあるでしょう。

全ての人間と仲良く・いい関係を作っていくことは無理です。

どんなに努力しても、埋めることが出来ない関係というものもあるでしょう。

そこに固執してもいいことはありません。

自分が出来る範囲で頑張ればいいのです。

ですが、中には、多くの人から嫌われてしまう人という人もいます。

ある特定の人に嫌われているのであれば相性が合わないという一言で片づけることが出来ます。

ですが、不特定多数の人に嫌われてる場合、それは相手ではなく自分に問題があるのかもしれません。

自分の周りの人に嫌われているという状況は、決していい状況とは言えません。

いざ何か起きたとしても助けてくれる人がいないという事にもなりかねません。

さまざまな事態が円滑に運ばないといったことにもつながるかもしれません。

だからこそ、なぜ嫌われているのかという事に気が付くことが大切です。

自分の性格とは意外とわからないものです。

自分では悪気のない行為だったとしても、そのせいで周りの人に迷惑をかけている場合もあるかもしれないのです。

だからこそ、その現実を知る事によって、それを改めることが出来るかも知れません。

気が付かずに過ごしていると、気が付いた時にはもうすっかり周りの人から嫌われているなんてことにもなりかねません。

そうなってしまわないためにも、まずは自分の悪いところに気が付くべきでしょう。

いくつ当てはまる?嫌われどチェックリスト

まずは、嫌われやすい人の特徴についてご紹介させていただきます。

これからご紹介させていただきく項目に、あなたはいくつ当てはまるでしょうか。

自分では絶対大丈夫だと思っている人も、意外と高い確率で当てはまってしまうかもしれません。

その場合、自分自身が気が付いていないだけど、すでに多くの人から嫌われているなんてこともあるかもしれないのです。

チェックをすることによって、自分自身の問題点を冷静に判断することが出来るはずです。

まずは、気軽な気持ちでチェックを実施してみてください。

「でも」「だけど」「だって」が口癖

「でも」「だけど」「だって」は、基本的に否定の言葉です。

だからこそ、この否定の言葉が口癖の人の場合には、常に相手の意見を否定しているという事が考えられます。

意見を言い合う場などの場合には、互いの意見を聞くことも大切です。

時には言い合いのようになってしまう事もあるかもしれません。

その際には、「でも」「だけど」「だって」という言葉がでてしまう事だってあるでしょう。

しかし、問題なのは、その言葉が日常的に出てしまうという事なのです。

不必要なほどに、会話の中に「でも」「だけど」「だって」と入ってくる場合には聞いている方も嫌な気持ちになってきます。

どんな話をしていても、否定されるばかりなら、会話をしたくないとさえ思ってしまう事もあるでしょう。

口癖は自分では気が付かないものです。

だからこそ、自分自身でも気が付いていない場合もあるかも知れません。

ですが、言われている方は確実に耳に残り嫌な気持ちになっているはずです。

そんな会話を続けていれば、嫌われてしまう事も容易に想像できるでしょう。

ゴシップネタが大好き!


『人の不幸は蜜の味』なんて言葉もあるほど、人は他人の噂話が好きなものです。

特にゴシップとよばれるようなネタにはついつい食いついてしまいます。

だからこそ、毎日毎日多くのワイドショーが放送されているのでしょう。

ですが、何事もやりすぎてはいけません。

たとえ興味があったとしても亜足を突っ込みすぎてはいけない場合もあるのです。

というのも、芸能人のように架空の存在のようい遠い関係の人の話をする際にはさほど気にはなりませんが、実際に知り合いの場合噂話をしすぎてしまうとその人自身の人権にかかわる場合もあります。

それがきっかけでいじめに発展してしまう事だってあるかもしれないのです。

人のことばかり噂話をしていると、最初は楽しんで聞いていた人も嫌な気持ちになる場合もあります。

楽しく話しているのはあなただけで、すでに周りの人が引いているという事も。

また、あなたが話す事によって、自分の同じように言われるのだと心配になる人だっているはずです。

それあがきっかけで嫌われることもあります。

人に自分のことを自慢するのが楽しい!

自分自身がすごいと思った事は誰かに自慢したいものです。

『どう??』『すごいでしょ??』なんてい思う事だってもちろんあるはずです。

ですが、それを実際に言う人はなかなかいません。

言いたい気持ちがあったとしても、そこを言わないのが大人というものですから。

ですが、世の中にはそれを思わず言ってしまう人もいるのです。

自慢話は、聞いていて楽しいものではあありません。

自分が自慢しているつもりがなかったとしても、それを聞いている人が自慢だと感じてしまえばそうれはもう自慢話なのです。

そうなった場合、どんな話し方をしたところで自慢話をしたという事実は簡単に変わるものではありません。

人に話をする事は難しいことです。

結果的に全く悪意がない場合でも、相手から反感をかってしまう場合もあるからです。

だからこそ、さっきまで普通に話をしていた人が急に冷たくなってしまった場合には、何か問題のある発言をしてしまったのかもしれません。

その時は改めて自分の発言を見直してみましょう。

考え方はどちらかというとネガティブ

ネガティブな人は、一緒に居るとこちらまでネガティブな気持ちになってしまいます。

そのせいで嫌な気持ちになることだってあるかもしれません。

だからこそ、そうならないようにする為には、自分のネガティブな発言を改善するしかないでしょう。

一緒に居ていつもネガティブな発言しかしない人と、明るく前向きな発言をする人とではどちらが一緒に居て楽しいでしょうか。

そのことをもう一度改めて考える事によっても自分の発言を見直すきっかけに
なるはずです。

人の評価や反応が気になる


人からの評価が気になることは、人間として当然の心理です。

出来る事なら、どんな人からも行為をもってほしいはずですから。

ですが、その評価をあまりにも気にするあまり自分の気持ちが全く出せなくなってしまっては意味がありません。

相手の顔色ばかりを見ている人は、ついつい自分の意見を我慢しがちです。

他人の意見を尊重しているのですから、それで問題になることもないようなきもします。

ですが、実際には自分の気持ちを我慢ばかりされていると相手はイライラしてくるものです。

『言いたいことがあるならはっきりしてよ』そんな風に思われることだってあるのです。

日本人は、つい自分の気持ちを我慢してしまう傾向があります。

ですが、その我慢によって相手からイライラされてしまうという事を忘れてはいけません。

周囲に自分の嫌いな人が多い

類は友を呼ぶという言葉があります。

その言葉からもわかるように、タイプが似ている人間はついつい集まってしまうものなのです。

それだけ、無意識に惹かれあってしまうものなのでしょう。

周囲に自分の嫌いな人が多い場合もそれと同じことです。

嫌われやすいタイプの輪の中に行けば、そうしたって標的になりやすいものです。

自ら嫌われに行っているようなものでしょう。

そんな輪の中にいたとしても、いい事は何もないはずです。

わざわざ嫌われに行く必要もないはずなので、そんな人たちとの関係は思い切って切ってしまう事もおすすめです。

イライラや不機嫌さが態度に出がち

人は疲れたりイライラすると、ついつい態度に出てしまうものです。

それは、当たり前のことです。

ドどんなにしっかりしている人も、多かれすくなかれその傾向はあるはずです。

ですが、それがあまりにも出すぎてしまうと周りの人は迷惑します。

自分自身では、さほど出しているつもりがなかったとしても一緒にいる人にイライラされたりすれば、周りの人は居づらい気持ちになったり気をっ使ったりすることもあるでしょう。

そんな相手は、一緒に居るだけで疲れます。

時々ならまだしも、それが頻繁に起これば嫌になることは考えなくともわかるものです。

子供のころは、多少わがままに動いたとしても周りの人がフォローしてくれたこともあったでしょう。

ですが、大人になれは誰もフォローなどしてくれません。

にもかかわらず同じ行動をとれば嫌われるのは当たり前なのです。

行動を始めるのに気になるのは人からの評価

人からの評価がきになる人の中には、評価されなければ動かないという人もいます。

つまりは、人の顔をみて行動を決めているという事なのです。

世あたり上手な人に多くみられる性格で、そう動くことによって目上の人に好かれることもあるかもしれません。

ですが、そんな行動は必ず誰かにばれています。

例え直接的に怒られることはなかったとしても、必ずまわりまわって自分のもとに返ってくるはずです。

いつの間にか、その行動が噂になり周りの人から嫌われているなんてこともあるかも知れません。

そうならないようにする為にも、自分の行動は多くの人から見られているという事を忘れずに。

誰とでもすぐに仲良くなれる

誰とでも仲良くなれるという事は、一見特技のような気もします。

実際、悪い事だと考える人は少ないかもしれません。

ですが、中にはそれが嫌われる理由になる人もいるのです。

というのも、誰とでも仲良くなる事が出来る人の中には、八方美人と呼ばれる人もいるからです。

八方美人とは、誰にでもいい顔をしてしまう人のことを指します。

最初は性格のいい子だと感じてい人も、いつの間にかその適当な正確に引いてしまうのです。

その場しのぎの話ばかりで、心がこもっていない。

結局何も考えていないなんてことも多々あります。

そういったことは、いずればれるものなのです。

言いたいことは我慢しないで言う

はっきりと自分の思っていることを相手に伝えることは、悪いことではありません。

ですが、それが理由となり他人から嫌われてしまう事があることも覚えておいてください。

自分の意見を持つことは素晴らしいことですが、それを伝えれば反感があることも必須です。

出る釘は打たれるとい言葉があるように、目立つ行動をとればそれだけ周りからの反感が来ることは避けられません。

自分の意見を言うという事は、それだけの結果が来るという事を覚えておきましょう。

権力に立ち向かっていく

ドラマの主人公のように、権力に立ち向かう事が出来たらどれだけかっこいいだろう。

そんな風に思ったことがある人は、きっと沢山いるはずです。

そのまっすぐな正義感に憧れて自分もそんあ風になってみたいと思う事もあるかもしれません。

ですが、現実はそう簡単な事ではありません。

ドラマのように権力に立ち向かってみたとき、味方になってくれる人はどれほどいるでしょうか。

実際には周りの人から疎まれることもあるかもしれません。

『わざわざ問題を大きくするな』思われ、はじまれることだってあるはずです。

大きな組織になればなるほど、権力の力は絶大です。

ドラマのようにみんなで立ち向かう事などそう簡単に出来るものではないのです。

自分の正義感だけを理由にして周りの人を巻き込むような行動をとれば嫌がられることもあるでしょう。

自分は器用貧乏だと感じる

器用貧乏だという事は結局何も秀でていないという事です。

何をやっても上手だけれど、一番になるほどのことでもない。

そんな場合、きっと周りの人からやっかまれたりすることもあるものです。

どか一番の実力になるほどのものがあれば評価されることはあっても、どれもそれなりだからこそ、ついつい標的になってしまうものなのです。

友達を作るのが苦手

人間関係は難しいものです。

コミュニケーションが苦手な人にとっては、友達を作ること自体が難しいと感じてしまい、その手前でやめてしまう事もあるかもしれません。

ですが、そうした行動をとることによって周りの人との壁が出来てしまう事もあるでしょう。

自分では苦手だからと他人との距離をとってるつもりでも、ほかの人からみると嫌われているように感じる事もあります。

自分のことを嫌いな人と仲良くしようと思うような人はそう多くはないはずです。

ほとんどの人が嫌われているのなら、こちらも嫌いと思ってしまう事でしょう。

そんな気持ちの擦れ違いによって、結果的に嫌われることもあります。