生きていれば様々な人と関わるようになりますが、あなたは相手の印象をどのような部分から判断していますか?

おそらく、人によって判断する部分は違うと思いますが、たいていの場合は相手の外見から判断を行う場合が多いと思います。

なぜならば、外見は相手と話をする前から気づける唯一のポイントであり、内面については相手と話をしてから初めて気づくことができるポイントになるからです。

そして、人の印象は見た目が7割という言葉があるように、見た目は印象を形成する上で非常に大きな要因になりえると考えられます。

あなたも相手の見た目によって印象を形成した経験が少なからず、少しはあると思います。

自分自身にとって魅力的な見た目をしているような人がいれば、当然周りの人とは違った印象を持つはずですし、見た目によって先入観を持ったりすることはあるはずです。

なので、見た目は非常に重要な要因であり、常に高い関心を持つことが大切であると考えられます。

そして、見た目の中で非常に大きな影響を与える部分を考えてみると、それはやはり顔であるといえます。

また、これまでにたくさんの人と出会ってきた方ならわかると思いますが、人の顔に関してはいくつかのタイプに分けることができるようになります。

今回は、そんな顔のタイプの中でも大きく分けることができる縄文顔と弥生顔をテーマにして、それぞれの顔の特徴についてご紹介していきたいと思います。

それぞれのタイプの特徴だけではなく、芸能人の顔なども絡めながら、詳しくご紹介していきたい思いますので、区別する参考にしてみてください。

縄文顔と弥生顔って知ってる?

あなたは縄文顔と弥生顔という言葉を聞いたことがありますか?

おそらくたいていの方は一度くらいは聞いたことがある言葉だと思います。

縄文顔と弥生顔というのは、その名前の通り顔の系統を表しているような言葉であり、縄文と弥生は日本の歴史の時代を表している言葉としても知られています。

これまでにたくさんの人と出会ってきた人ならわかると思いますが、人の顔というものは千差万別ですがいくつかの系統に分けることができます。

例えば、細かい顔のパーツが違っても同じような系統の顔だなぁ…と感じた経験がある方は多いと思います。

もっと簡単に言えば、顔の濃さという表現で表せばなんとなく理解しやすくなるかもしれませんね。

そして、先ほどもお伝えした通り、顔の印象というものは相手に与える印象の中では特に大きな印象を与えるようになります。

話をする前の段階では、その印象が相手に与える印象のすべてになってしまいますので、自分の印象はどのようなものなのか把握しておいたほうが良いはずです。

それも含めて、縄文顔と弥生顔では、どのような印象をもたれるのか、そしてどのような特徴があるのかということをご紹介していきたいと思います。

また、それぞれの顔によって性格などの細かい特徴の変化が伝えられていますので、その点も加味した上で触れていきたいと思います。

芸能人からみる縄文顔の5個の特徴


縄文顔と弥生顔について考える上で、今回は縄文顔の特徴を持っている芸能人をまとめてご紹介していきたいと思います。

芸能人といえばテレビで活躍していたり認知度が高い人物なので、だれもが知っている存在でもあります。

なので、今活躍している芸能人の中でも特に縄文顔の特徴を持っている人をピックアップしてご紹介していきますので、縄文顔の特徴を理解するきっかけとして考えてみてください。

1.縄文顔は顔が濃い

まずはじめにご紹介する縄文顔の特徴としては「縄文顔は顔が濃い」ということが挙げられます。

人の顔を例える上で、濃いという言葉を使って表現したりすることはよくあると思います。

そもそも、濃いとは一般的にどのような意味で用いられているのかと考えると、濃いとは目鼻立ちがくっきりしていることだと考えることができます。

誰もが知っている通り、人の顔は様々なパーツによって形成されています。

例えば、目や鼻や口、そして耳などが存在して顔は形成されていますよね。

その目鼻などがくっきりしているような特徴を持っている場合、一般的には顔が濃いという表現が用いられるようになっています。

目鼻立ちがくっきりしている場合、当然ながら堀が深いような顔つきになり、特徴的な顔つきになることが考えられます。

これは人の顔を考える上で大きな特徴につながり、より強い印象として形成されるようになります。

別名ソース顔とも呼ばれており、これこそが縄文顔の大きな特徴であると考えることができます。

2.パパイヤ鈴木さん

縄文顔の芸能人を考えた時に、該当する芸能人としては「パパイヤ鈴木さん」が該当すると考えることができます。

パパイヤ鈴木さんはダンサーや振付師、そしてタレントとして活動を行っている芸能人であり、かなり個性的な見た目をしていることでも知られています。

パパイヤ鈴木さんを想像していただければ、すぐに縄文顔の特徴は理解できると思いますが、とにかく濃い顔立ちをしています。

まず顔の特徴を考えた時に目と鼻が大きな特徴を持っており、とても大きくいわゆる堀が深いような顔立ちであることが考えられます。

ぱっちりとした目に大きな鼻、そして色が濃く体毛などがかなり濃いことでも知られています。

まさに縄文顔の特徴を持っている代表的な芸能人であると考えられます。

色が黒く、唇が厚い

次にご紹介する縄文顔の特徴としては「色が黒く、唇が厚い」ということが挙げられます。

元々縄文人はどちらかといえば南方系として知られており、その反対に弥生人は北方系として知られています。

なので、縄文人は暖かい場所に住んでいるという特徴を持っていました。

そして、世界の国々を考えてみると暖かい場所に住んでいる人は様々な特徴を持っていることが多いと考えられます。

その中の一つに色が黒く、唇が厚いような姿を連想することができます。

例えば、暑い国に住んでいる人を想像してみると、どちらかといえば色黒で唇が厚く、髪の毛がチリチリした人を想像したりしませんか?

これは住んでいる場所の温度の関係で受けている外見的な特徴や影響であり、縄文人は南方系なのでこれらの特徴が該当しています。

暑い国に住めば当然太陽の日差しは強くなりますし、髪の毛は肌を守るために波状系の髪質を備えるようになります。

なので、縄文人には色が黒く、唇が厚いという特徴がみられるようになっているのです。

3.北村一輝さん

次にご紹介する縄文顔の芸能人としては「北村一輝さん」が該当すると考えることができます。

北村一輝さんは日本を代表する俳優として知られており、様々なテレビドラマや映画ので活躍している存在であるといえます。

北村一輝さんの外見を考えてみると、まさに縄文人の特徴を備えていることがすぐにわかるはずです。

北村一輝さんの顔を考えてみるとまず特徴的なのは顔の濃さであり、くっきりとした眉毛にぱっちりとした目力のある瞳が特徴的です。

顔のパーツ自体もある程度大きめな存在感のある特徴を持っており、体毛自体もある程度濃い顔立ちであることがわかります。

なので、縄文顔の特徴を持っている芸能人であると考えることができます。

エラが張り、体毛が濃い

次にご紹介する縄文顔の特徴としては「エラが張り、体毛が濃い」ということが挙げられます。

縄文人は弥生人と違って顔の骨格が四角くしっかりしている特徴を持っており、どちらかといえばゴツゴツとした印象を持っている人種としても知られています。

なのでどちらかといえばエラが張っており、体毛自体がある程度濃い特徴も持っていると考えられています。

そもそも、顔の骨格に関しては食文化などの影響もある程度関係しているといわれています。

弥生人と違い、縄文人は狩りなどをおこなってきた人種であるため、当然食べるものなども肉食などが多かったと言われています。

なので、骨格がある程度ごつごつとした形になりやすく、体毛などは気温の変化によるものであると考えられています。

例えば、寒い地域にいる人は体毛が少ないのは、体毛が多いとそれが氷柱になってしまうので、あまり多くないという特徴を持っています。

なので、逆に言えば暖かい地域は日差しから体を守るために体毛が進化していると考えられます。

また、顔に関しても、出っ張った顔は寒さの影響を強く受けてしまうのに対し、熱に対しては強い特徴を持っています。

なので黒人はある程度似たような顔つきであったりすることなどが多いのです。

それを踏まえて考えてみると、エラが張り、体毛が濃いのは縄文人の大きな特徴であり、自然とそうなるべき特徴であったと考えることができるのです。

4.山田孝之さん

次にご紹介する縄文顔の芸能人としては「山田孝之さん」が該当すると考えることができます。

山田孝之さんは俳優であり、様々のテレビドラマや映画などに出演している人気の芸能人です。

山田孝之さんの特徴を考えてみると、一番目に付くのはとても濃いい体毛であると考えることができます。

山田孝之さんはかなり体毛が濃く、ひげに関してはほっぺたからも生えてきたりするなど、想像以上に濃い体毛が特徴的です。

また、顔自体も縄文顔の特徴を大きく持っており、ぱっちりとした目や厚い唇などもその特徴を持っています。

骨格自体もそれなりにごつごつとした印象を持っており、まさに縄文顔の特徴を持っている男性であると考えられます。

眉毛や髭が濃い

次にご紹介する縄文顔の特徴としては「眉毛や髭が濃い」ということが挙げられます。

これに関しては先ほどお伝えした通り、縄文人が住んできた環境によって大きく影響を受けていると考えることができます。

縄文人は南方系の人種であり、暑い場所で暮らしてきた過去を持っています。

なので、暑い場所に住んでいたということは当然ながら強い日差しがあった場所であると考えられます。

強い日差しから体を守るためには、紫外線から身を守る必要性があり、体毛が進化しなければいけないような状況であったと考えられます。

なので、縄文人は弥生人と比べて体毛が濃く、眉毛やひげなどがかなり濃いという特徴が備わっています。

5.宮川大輔さん

次にご紹介する縄文顔の芸能人としては「宮川大輔さん」が該当すると考えることができます。

宮川大輔さんはお笑いタレントとして活躍している芸能人にあり、今ではテレビで見ないことがないほど活躍をしていることでも知られています。

宮川大輔さんの特徴といえば、黒縁のメガネですが黒縁のメガネからのぞく顔を考えてみると、縄文人の特徴を持っている顔だと考えられます。

まず宮川大輔さんの顔で特徴的なのはバッチリとしている目です。

メガネをかけているということもありますが、メガネから覗く人にはかなりぱっちりとしており、唇なども厚くごつごつとした骨格をしていることもわかります。

色もどちらかといえば黒く、眉毛などもしっかりと生えているので、まさに縄文人の特徴が垣間見られるような特徴を持っています。

大きな二重の目、耳が大きい

次にご紹介する縄文顔の特徴としては「大きな二重の目、耳が大きい」ということが挙げられます。

なぜ縄文顔の特徴として大きな二重の目と大きな耳が挙げられるのかと言いますと、これも住んできた環境によると考えることができます。

先ほどもお伝えした通り寒い場所に関してはどちらかといえば体の下の部分に脂肪を貯める必要性があります。

それと逆に、暖かい場所においては皮下脂肪をためる必要性はなく、むしろ出っ張っているほうが外の影響から身を守れる傾向にあります。

なので、目に関しても二重の目になることで出っ張った顔になり、日差しから身を守れるようになりますし、耳も小さくなるよりも大きく出っ張ったほうが都合が良いのです。

なので、南方系である縄文人は大きな二重の目、耳が大きいという特徴を持っていると考えることができます。

芸能人からみる弥生顔の4個の特徴


ここまでは縄文顔の特徴について詳しくご紹介していきました。

ある程度縄文顔の特徴について把握いただいたところで、ここからは反対に弥生顔の特徴についてご紹介していきたいと思います。

弥生顔はまさに縄文顔の反対に位置するような顔であると考えることができます。

縄文顔の特徴を考えながら、弥生顔の特徴について考えていただくと、より理解しやすくなると思いますので、思い返しながら弥生顔の特徴について考えてみてください。

1.弥生顔は顔が薄い

まずはじめにご紹介する弥生顔の特徴としては「弥生顔は顔が薄い」ということが挙げられます。

先ほどもご紹介した通り、縄文顔は顔が濃いい特徴を持っているのに対し、弥生顔が比較的薄めの顔立ちであることが特徴的となっています。

なので、いわゆる塩顔系男子やしょうゆ顔というものは弥生顔に位置されていると考えることができます。

薄い顔という区分は言い換えてみれば、顔がのっぺりした、あまり出っ張っていない顔であり、顔のパーツ自体があまり大きくないことが特徴的だといえます。

では、なぜ弥生顔は薄い顔が特徴的なのかと言いますと、もともと弥生人は北方系の人種であるといわれています。

なので、顔が出っ張ってしまうと寒さによる影響を受けてしまいやすくなってしまいますので、顔が出っ張らない特徴を備えていったと考えることができます。

なので、縄文顔とは違い、比較的薄い顔立ちになりやすいと考えることができます。

2.及川光博さん

薄い顔が特徴的な弥生顔の芸能人を考えてみると「及川光博さん」が挙げられます。

及川光博さんはミュージシャンであり、シンガーソングライターであり、俳優としても活躍している芸能人です。

及川光博さんの顔を想像していただくと、まず特徴的なのは切れ長の目であり、色白で薄い顔立ちなのが特徴的であると考えることができます。

あまり濃くない、薄い顔立ちであり、まさに弥生人の特徴を備えているような顔立ちであるということがすぐにわかります。

なので、及川光博さんは弥生顔であると判断をすることができます。

色白で切れ長の目、鼻が低い

次にご紹介する弥生顔の特徴としては「色白で切れ長の目、鼻が低い」ということが挙げられます。

なぜこれらの特徴があるのかというと、縄文人と同様にこれまでの生活環境の影響を受けているからだと考えられます。

例えば、色白であるということはあまり紫外線の影響を受けていないということが挙げられます。

これはもともと北方系であり、寒い地域で過ごしてきた環境が影響しているといえます。

そして、切れ長の目は、もともと寒い地域で影響を受けなくするために、露出面積を少なくし、皮下脂肪を蓄えた結果、切れ長の一重が定着していったという影響があります。

そして、鼻が低いことも、露出を防ぎ鼻の粘膜にダメージを受けなくするための進化していった結果であると考えることができます。

3.羽生結弦さん

色白で切れ長の目、鼻が低いことが特徴的な弥生顔の芸能人を考えてみると「羽生結弦さん」が挙げられます。

羽生結弦さんはフィギュアスケート選手として知られており、オリンピックで連続優勝を達成するなど今まさに注目されている選手です。

オリンピック選手の中でもとてもイケメンであることで知られており、女性のファンが多いことでも知られています。

羽生結弦選手の顔を考えた時に特徴的なのは、やはり切れ長の目であり、クールでセクシーな印象を持っているといえます。

色白であり、切れ長の目や低い鼻はまさに弥生人の特徴そのものであることから、代表的な弥生顔の芸能人であるといえます。

唇が薄く、髭が薄い

次にご紹介する弥生顔の特徴としては「唇が薄く、髭が薄い」ということが挙げられます。

これに関しても、これまでの生活環境の影響を大きく受けた結果であると考えることができます。

寒い地域で過ごしてきた弥生人は、出っ張った顔は環境に適していないので、どうしても顔のパールなどは内側に引っ込む特徴を持っています。

その結果、熱い地域に住んでいる人と違い、唇などは表面積が少なくなり、薄い唇になる特徴を持っています。

そして、紫外線により影響自体が少ないので、体毛である髭なども生えてくる必要性がないので、薄くなる特徴を兼ね備えています。

なので、唇が薄いことや、髭が薄いことも弥生顔の大きな特徴であると考えることができます。

4.星野源さん

唇が薄く、髭が薄いことが特徴的な弥生顔の芸能人を考えてみると「星野源さん」が挙げられます。

星野源さんはアーティストや俳優として活動しており、マルチな才能を持っている芸能人です。

星野源さんの特徴といえば、やはり薄い唇であり、色白できれいな肌も特徴的となっています。

目自体もどちらかといえば細目であり、全体的に顔のパーツが小さいことから、弥生顔であると考えることができます。

まさに今をときめく塩顔系イケメン男子として位置づけることができます。

縄文顔と弥生顔の性格の特徴

ここまでは縄文顔と弥生顔の顔の特徴について詳しくご紹介していきました。

ある程度縄文顔と弥生顔の顔の特徴について理解いただけたところで、ここからは縄文顔と弥生顔の性格の特徴についてご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介したように縄文顔と弥生顔に関しては全く正反対の顔つきをしているということがおわかりいただけたと思います。

なぜこの二つの顔に関しては全く系統が違うのかということを考えてみると、元々縄文人は現在でいうバイカル湖、そして弥生人は長江を起源とする人種とされています。

なので、もともとの出生自体が違うので、当然その場の環境によって顔つきなども変わってくるため、顔に変化が現れているということが大きな理由になっています。

そして、当然ながら生まれる場所が違うということはそれぞれの生まれてきた環境によってその性格などは左右されるようになっています。

当然ながらと今と昔では環境が違いますので、性格が大きく異なるということはなかなかないと思います。

しかしながら、当時の時代ではそれぞれの性格などは大きく異なっていましたので、今回はそれぞれの性格の違いを簡単にご紹介していきたいと思います。

縄文顔の性格の特徴

まずはじめに縄文顔の性格の特徴についてご紹介していきたいと思います。

元々縄文人は先ほどご紹介したように現在でいうバイカル湖を起源とする人種として知られています。

そして、今現在の日本人に関しては実に75%が縄文人と弥生人の混血であると言われており、若干縄文人の血のほうが多く流れていると考えることができます。

では、縄文人はどのような環境で生きてきて、どのような生活を送っていたのか、詳しくご紹介していきます。

少数精鋭を好む

元々縄文人の祖先は狩猟採集を生業としており、今の時代とは違って主に狩りなどをして生活を送っていました。

狩りなどを行い、その日に必要な食糧などをその日に仕入れてくるというような生活スタイルが基本的であったと言われています。

なので、このように狩りをするということから縄文人の生活の背景や性格などもある程度想像をすることができるようになります。

例えば、今の時代でもハンティングなどを行ったりしているような人種などは、世界を考えてみればまだ多く存在しています。

日本人に関しても狩りなどを趣味として行っているような人はいると思いますので、実際にもし自分が狩猟をするということを踏まえながら想像してみてください。

おそらく、狩りをするのであれば、少数で気配を消して、生き物などを見つけたり、狩猟したりする姿を想像すると思います。

なぜならば、集団で行動すれば動物に気配を感じられてしまい、逃げられてしまうので、狩りが成功する確率が低くなってしまうからです。

なので、縄文人はどちらかといえば、少数精鋭で行動をすることを普段から行っており、あまり集団で行動したりするような生活などは行っていませんでした。

なので、縄文人はどちらかといえば集団での生活というものに対してあまり好まず、少人数で過ごすことのほうが適正が高いと考えられています。

これが性格にも表れており、あまり集団で何かをしたりすることよりも、少数の人数で行動をするほうが安心感を感じるという性格につながっています。

実際に、あまりにも多い人数で集まったりするのがあまり好きではないと感じる人などはかなり多いと思います。

なので、集団的な生活に対してストレスを感じる人は縄文人の性格が強い可能性があると考えることができます。

おおらか

その他の縄文顔の性格の特徴を考えてみると、おおらかな性格をしているということがひとつの特徴として考えることができます。

これはなぜなのかと言いますと、先ほどもお伝えした通り縄文人はその日必要な食料をその日のうちに入手しようとする生活スタイルを送っています。

なので、極端なことを話すとお腹が減ったから狩りに出る、採取をする、というような考え方で行動を行っています。

なので、基本的に縄文人は場当たり的な考え方を持っていると考えることができます。

そして、当然ながら狩りを行って毎回狩りが成功するというわけではありませんし、採取に関してもうまく採取ができないような場合などがありますよね。

なので、どちらかといえば失敗に対してあまり厳しく咎められたりするようなことがなく、失敗してもなんとかなるというおおらかな考え方をしている場合が多いです。

なので、結果的に縄文人はおおらかな性格をしている特徴を持っていると考えることができます。

行動派

そのほかの縄文顔の特徴を考えてみると、行動派な一面を持っていると考えることができます。

なぜ縄文人が行動派な特徴を持っているのかと言いますと、縄文人は先ほどもお伝えした通り狩りを行って生活を送っていました。

つまり、狩りを行わないと毎日の生活自体が成りたたくなってしまいますし、生きるためには行動を起こさないといけない生活スタイルとなっています。

なので、常に行動をするという選択を行ってきている過去を持つため、縄文人は行動派な一面を持っていると考えることができます。

弥生顔の性格の特徴

次に弥生顔の性格の特徴についてご紹介していきたいと思います。

元々弥生人に関しては長江を起源とする人種として知られており、弥生人は日本人の典型的な姿として認知されています。

なので、これまでの日本において美しい女性を想像する場合、一般的には弥生顔が想像されることがとても多かったことでも知られています。

そして、現代においても弥生顔の男性は女性からとても人気が高いといわれており、いわゆる塩顔系男子として認知されています。

では、弥生顔の性格の特徴にはどのような特徴が存在しているのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

集団行動を好む

まずはじめにご紹介する弥生顔の性格の特徴の一つとしては「集団行動を好む」ということが挙げられます。

なぜ弥生顔の人は集団行動を好む性格なのかと考えると、縄文人と同じようにこれまでの生活様式に強い影響を受けているからだと考えることができます。

では、どのような生活様式だったのかといいますと、弥生人は農耕生活を営む生活様式だったといわれています。

縄文人が生活するために狩りを行っていたのと同じように、弥生人は自分たちが生活をするために農業などを行って生活をしていました。

農業に関しては、個人で行うよりもリーダーを決めて、リーダーの指示に従って行動をするほうがよい効率的で作業がスムーズに進む傾向にあります。

つまり、農業中心とした生活様式の弥生人に関しては単独行動を行うよりも集団で行動を行うことに慣れている過去を持っています。

なので、弥生人は単独行動よりも集団行動を好む性格になりやすい傾向があると考えることができます。

失敗に厳しい

次にご紹介する弥生顔の性格の特徴の一つとしては「失敗に厳しい」ということが挙げられます。

なぜ弥生顔の性格の特徴として、失敗に厳しい性格をしているのかと考えると、これもこれまでの生活様式が大きく関係していると考えることができます。

先ほどもお伝えした通り、弥生人は生活様式として農業を行ってきた背景を持っています。

そして、農業に関しては狩りと違い、ちょっとした失敗が大きな打撃を受けてしまう可能性が高いです。

なぜならば、狩りに失敗すればその日の食料が得られないだけですが、農業に失敗してしまうと食料が一気に減ってしまう可能性が生まれてしまうからです。

現代においても農業を生業としている人たちが収穫に打撃を受けてしまうと自分たちの収入がなくなってしまう状況が生まれていますよね。

それと同じように、昔の人は農業によって食料を得ていましたので、農業に失敗してしまうと生きていくために必要な食料がなくなってしまうようになります。

食料がなくなってしまえば、当然生きていくことができないため、農業におけるちょっとした失敗は大きな失敗につながってしまうようになるのです。

なので、農業を生業としてきた弥生人にとって、失敗は絶対に許されるものではないため、失敗に対して厳しい性格をしている人が多くなっています。

なので、弥生人は失敗に対して厳しいという性格をしていると考えることができます。

計画的

次にご紹介する弥生顔の性格の特徴の一つとしては「計画的」ということが挙げられます。

なぜ弥生顔の性格の特徴として、計画的な性格が挙げられるのかというと、これも農業が大きく関係しています。

農業という仕事を考えてみると、狩りとは違って長期的な仕事であると考えることができます。

狩りはすぐに終わってしまうのに対して、農業は長期的に物事を考えて、様々な行動を行ったりする必要性があります。

長い時間をかけて、作物を育たせ、ある程度作物が成長した段階で収穫を行っていますので、すぐに得られるようなものではないのです。

なので、長期的な目線で考え、計画的に行っていかないとすべてがうまくいかなくなってしまう可能性があるといえます。

なので、弥生人は慎重であり、計画的な考え方をしてきたことから計画的な性格をしていると考えることができます。

まさに弥生人と縄文人は全く考え方や行動などが違う人種であると考えることができます。

あなたは縄文?弥生?どっち(まとめ)

今回は縄文顔と弥生顔という言葉をテーマにして、それぞれの顔の特徴についてご紹介していきました。

縄文顔と弥生顔の特徴を把握していただくと、それぞれの存在が対照的な存在であり、対照的な特徴を持っているということはお分かりいただけたと思います。

しかしながら、どちらにもそれぞれ異なった魅力が存在しており、違うからこそ感じられる魅力というものはたくさん存在しています。

今回ご紹介した特徴を踏まえて、自分はどちらの系統の顔立ちなのか、どういう魅力があるのか確認してみてください。

また、自分だけではなく、自分自身の周りの人の特徴などを踏まえながら、だれがどういう系統の顔なのか、この機会に考えてみると面白いと思いますよ。