結婚は、一生のうちの大事な分岐点。

絶対に失敗したくありませんよね?

今回は、結婚相手に求める条件を追求していきたいと思います。

あなたは、結婚相手にどのような条件を求めていますか?

「背が高い」「高収入」「カッコイイ」など、人それぞれに結婚相手に求めるものは違いますよね。

しかし、結婚相手の条件って男性はどのように見ているのか気になりませんか?

女性のどの様な仕草や姿、格好などを見て、結婚したいと思うのでしょうか。

男は女のどこを見ている?

「顔に決まってる!」なんて、言われる方も居るのではないでしょうか?

男性は、第一印象で女性を見ている部分があります。

もちろん見た目は大切です。

髪の毛がボサボサだったり、寝癖がひどかったり…はたまた可愛いお洋服に毛玉が沢山付いている…

なんてなれば、いくら可愛い女性でも、男性は引いてしまうかもしれませんね。

また、黄ばんだシャツやヨレヨレの服など、見た目はその人自身を表すモノですので、きちんとしておけば好印象に映ります。

男性は以外と、女性より細かい部分に目がいきます。

きちんとした格好が出来るように注意したいものですね。

また、きちんとした服装の女性には誰しも好印象を持てますので、男女問わず服装にも乱れや汚れなどが無いか、気をつけたいものです。

若さ

若さには勝てない…。

平均的に見れば男性は若い女性を求める傾向にあります。

しかし、それは男性ばかりではありません。

女性も同じように、若い男性に目が行ったり、いいなぁと思う男性が若かったりします。

そういった点からも「若さ」は男女問わず好む傾向にあると言えるかもしれません。

ただ、男性は男性ホルモンの影響からか、いくら歳を重ねても若い女性に目がいってしまったり、若い女性を好む傾向にはあるようです。

ほとんどの男性が「若い女性を求める」、求めてなくても、視線がいってしまったり、気になるようです。

なので、無理をする必要はありませんが、自然な若さを保つことは大切なのかもしれません。

また、「美魔女」は、男性の憧れる女性も多いので、お手本にしてみるのもいいかもしれません。

身なりや振る舞いなど、きちんとされていて上品な方が多く感じませんか?尚且つ見た目が「若い」となれば、男性の求めている女性に近いかもしれません。

やっぱり年下がいいという人が多い

男性は、やはり年下の女性を好む傾向にあるようです。

今では、「年上じゃないとダメ!」という男性もいるようですが、

「主導権を握られていたい」「何でも自由に決めてほしい」「女性に甘えたい」いわゆるひと昔前の草食系男子には年上を好むような傾向も一部あります。

しかし、大多数の男性は年下がいいという方が多いようです。

例えば女性の上司に仕事の事でキツく言われていたり、部活やスポーツを幼女の頃からしていた男性であれば、「年上」イコール「先輩」と思ってしまう事もあるようです。

なんにせよ、年上の女性には気を遣ってしまうのかもしれません。

また、逆に年下の女性を好む傾向の理由としては「自分を建ててくれる」「気を遣わなくていい」「可愛らしさがある」「年下なので、少し失敗しても許してしまう」など意見があるようですね。

このように何処かで、男性は「自分がリードしたい」という側面もあるようです。

男はどうしても外見重視

では、男性は女性の何処を見ているのでしょうか?

やはり、「外見」をよく見ているのです。

パッと目に飛び込んでくる情報をキャッチしやすいところから、男性は女性の外見から入る傾向にあります。

女性は、第一印象も大切にされる方も多いですが、男性のふとした優しさやギャップなどに惹かれる傾向にもあるようです。

その事から、男性と女性では互いに捉えるところが違うようです。

先程もお伝えいたしましたが、やはり男性は「第一印象」が強いようです。

外見を重視してしまい、外見に「苦手だな」「タイプじゃない」など瞬時に見分けているのです。

また、苦手なタイプの女性にはあからさまに顔に「苦手」が出てしまう男性もいるでしょうし、付き合いがあっさりしていたり…男性は結構単純な考えの持ち主かもしれません。

超絶美人は逆に委縮する

さて、ここで疑問になってくるのが「じゃぁ、めちゃくちゃ美人なら男性は文句ないよね?」いえいえ、とんでもございません。

逆に美人過ぎる女性には、癒される事は無く、緊張したり萎縮してしまい、また結婚相手とは程遠く感じてしまうかもしれません。

男性はプライドが高いですから、美人な女性にコケに扱われたり、傷付けられないか怯えてしまう人も中には居るようです。

逆に女性は、イケメンやルックスがいい男性に惹かれやすい傾向にあります。

「その恋が叶わなくとも、せめてファンでいたい…」など、結構芸能人のファンクラブに入会されている女性も多いようです。

このように、男性と女性とは美男美女に対する受け入れ方もやや違うようです。

ルックスに関する男性の意見

やはり、男性は「ルックス」だけでは女性を結婚相手に選ぶことはありません。

いくら外見や見た目を綺麗にしていても、相手の気持ちを考えられない女性や自分のことばかりの女性といても全然たのしくありません。

むしろ、「振り回されて疲れてしまう」と感じる男性も多いかもしれません。

「じゃあ、男性は女性のどんなところを求めているの?」

やはり、「安定」「癒し」「安心感」でしょう。

つまり、激しい恋愛もしたいけど、いつも癒されて、変わらない愛情を感じ、安定した生活を送りたいなど、考えているようです。

仕事から帰ってきて妻が不機嫌だと、疲れて帰って来ても癒されない。

など、男性からはお断りの対象です。

何時も変わらなく、自分を受け入れてくれていると感じるからこそ、その場所にかえりたいと感じるのかもしれません。

家事をしてくれる

結婚相手の条件に欠かせないのがやはり、「家事ができる女性」は外せません。

現代の傾向としては、男性も「イクメン」や「主夫」など、家事に育児に頑張る男性も多いですが、心の奥底には、家事ができる女性を好む傾向にあります。

結婚前に、家事を出来るのか試す男性もいるかもしれません。

やはり、結婚するなら一生その女性と暮らすので、洗濯物が溜まっていたり、ご飯が不味かったり…結局男性がするようでは、

一生気が休まらないかもしれませんよね?誰しもそんなリスクをおかしてまで、結婚したいと思いません。

ある程度、普通に生活出来る家事などは、女性も身につけておくべきでしょう。

やっぱり女性には家事をしてほしい

イクメンや主夫の男性も多い昨今ですが、やはり男性は外で仕事、女性は家事をしっかりこなしてほしいと感じていることは、今も昔もあまり変わりません。

中には、男性も「家事は俺担当、妻は仕事に専念」というご夫婦も居ますが、ほとんどのご夫婦は前者でしょう。

その大きな理由が、やはり女性はゆくゆく出産し子育てをするという流れがまだあるからでしょう。

子育てしながら家事をこなす流れも出来ているのかもしれません。

確かに、産後すぐに働く女性も多いのですが、子どもの子守や子育てでは男性ではなかなかあやしきれなかったり、

「ママじゃないとイヤ!」などと言われてしまったり…確かにママじゃないとダメな部分もあります。

男性も会社で育休などを取得しにくい傾向にあります。

そういった点からも、「イクメン」「主夫」など言われる時代でも女性に育児や家事などをある程度こなして欲しいと思うのかもしれません。

家事は自分でやるという家庭的男子も

かたやその一方で、「家事は自分でやりたい」という男子も増えてきているようです。

つまり、先程の「家事は女性に」と思う反面、家事ができる男性も当たり前になってきているのかもしれません。

女性も社会進出が進んできているため、「男性も女性と同じように家事や育児が出来るようにならないといけない」と、感じてきているのかもしれません。

また、「家庭的男子」の中には潔癖な男子も中にはいるようで、食器の洗い方や洗濯物のたたみ方、ストックの収納などこだわる男子も増えてきているようです。

そんな男性と結婚したら、家事を任せるか男性に合わせた家事をするかになりそうですね。

そうなれば、結婚した女性が疲れてしまいそうですね。

どちらにしても、家事をする男性が増えてきていることは間違いないでしょう。

もちろん、自ら進んで家事をしてくれるような男性は、女性も結婚したくなるでしょう。

女性の家事に関する男性の意見

やはり、男性も家事をすると言っても女性の家事にはやや気になる部分があるようです。

料理や洗濯…「お米を洗う」と言われれば洗剤でお米を洗い出したなんて笑い話のような本当の話もあります。

実家暮らしの女性は、なかなか家事をする事は少ないかもしれません。

ある程度一人暮らしをしている女性なら、家事は嫌でもしないといけませんからね。

そういった面からも、男性はある程度女性が家事ができるのかという部分も、結婚を考える上でよく見ているのかもしれません。

料理の上手さ

やはり、昔からの言われで「胃袋を掴む」が大事でしょう。

ご飯が美味しければ、外食がアホらしくなりますし、早く家へ帰りたくなる男性も多いのではないでしょうか。

また、美味しいモノを食べている時の幸せな時間は女性にとってもとても大切な時間です。

男性の胃袋を掴むだけではなく、自分へのご褒美感覚でお料理を覚えても一石二鳥ではないでしょうか。

また、美味しいお料理を作れるようになれれば、外食へ行った時の研究材料にもなりますし、たまに行く外食なら少し贅沢したディナーでもいいかもしれません。

とにかく話を戻しますと、男性はやはり料理の上手い女性を選ぶ傾向にある事は間違いないでしょう。

今からでも、お料理教室を習うも遅くはないかと思います。

料理のできる人を求める男子多数

これは賛否両論ありますが、まず男性の母親がかなり料理が上手いなら、男性の舌も肥えていますので、お料理が下手な女性は選ばないでしょう。

また、外食でもファストフード、ジャンクフードも含めまして、味付けが濃く美味しいと思えるものも沢山あります。

やはり、家族の健康や旦那様の健康を気遣える奥様というのは、男性の理想でもありますから、お料理の出来る女性はどんな時代にも好まれる傾向にあります。

美味しいご飯があれば、仕事も頑張れる男性も多いと思います。

また、特別な日にお料理を振舞ってもらうのも、男性からすれば嬉しいイベントの一つになるかもしれません。

それくらい、お料理ができるという事はポイントが高い一つかもしれませんね。

「マズメシ嫁」は勘弁

女性に対して失礼なので、せっかく作ったお料理がマズイと言えない…

そんな男性も、いることかと思います。

本当は、厳しいことを言いますと、「ハッキリ不味い」と言われた方が、女性も初めはショックをうけるかもしれませんが、

そのうち「よし!今度は美味しいと言わせるぞ!」と、なる方も中にはいるかもしれません。

ただ、毎回作るお料理が不味いのは、男性にとっても勘弁してほしいところです。

ましてや、結婚となっては毎日その不味いご飯を食べないといけなくなりますし、逆に体が悪くなってしまいそうですよね。

また、家にお客様やお友達を呼ぶことになってもとてもじゃありませんが、不味いご飯は出せるはずもありません。

それに、いつもお客様やお友達にデリバリーや買ってきた物、お取り寄せなどしていれば、お金も嵩みますし、

何より「あそこの家の奥さんは、お料理出来ないんじゃない?」なんて、思われるかもしれません。

そうなれば、「普段何を食べてるの?」「手抜きしてる」なんて悪い噂になってしまうかもしれませんね。

やはり、不味いお料理を作る奥様は、選びたくないものです。

女性の料理に関する男性の意見

女性のお料理に関していえば、ジャンルは特には問わないようですが、何より和食が得意な女性はお料理が出来るように見られる事も多いのではないでしょうか。

もちろん、ハンバーグやパスタなど、手を混んで作るお料理も沢山ありますが、和食は昔ながらの味付けや煮物なども手がかかるお料理が多いように感じます。

やはり、そういった事から和食を作るのが得意な女性はポイントが高いかもしれません。

また、必ず自己流にアレンジしてお料理を作るのではなく、レシピ通り、必ず味見をしてお料理をして欲しいという意見もございます。

ご参考までにいかがでしょうか。

無駄遣いをしない


衝動買い、していませんか?

男性は、実は「無駄」が嫌い。

つまり、デートで行く洋服を選ぶコースなど、男性は顔には出しませんが苦手の一つになっている可能性があります。

また、彼女や女性が「この服似合う?」「こっちと、あっちの服ではどっちがいい?」など、男性は結構どちらでもよかったりするものです。

そんな事より、そういってお付き合いして行く中で沢山服を買いあさったり、着ていない服がどっさりあったり…

そういったところで、結婚を考えた時に、「こんな女性と付き合ったり、結婚すれば、自分のお給料も無駄遣いされるんじゃないか。」と心配になっても無理はありません。

時間の無駄やお金を無駄に使う女性は、男性から選ばれる事はかなり低いと言えるでしょう。

給料を勝手に使われちゃたまらない

ゆくゆく結婚となり、お財布は奥さんが握る事になれば…自分が汗水垂らして働いて稼いだお金を使い込む。

なんてなれば、男性も黙ってはいないかもしれません。

やはり、将来のための貯蓄や将来に備えたガン保険、マイホームを購入するなら頭金やローンも要ります。

また、日々の食費に生活必需品などなど…生活して行くだけでも出費が嵩みます。

なので、お給金を勝手に使われる上に自分のお小遣いが少ないとなれば、男性もいつかは我慢の限界がきてしまうかもしれません。

そうならないためにめ、経済管理が出来る女性は頼もしい姿に見えるかもしれません。

かといってケチすぎるのもダメ

先程、経済管理のしっかり出来る女性は男性からも頼りになる存在と申しました。

その通り、経済管理がしっかり出来る女性は、「ケチ」ではありません。

やりくりが上手なだけで、要るもの、要らないものをきちんと分けて決められたお給金の中で、管理をしていくという事です。

女性からすれば、耳の痛くなる話かもしれませんが、やはりやりくり上手で時々贅沢も出来れば最高ですね。

それが出来てしまうお嫁さんであれば、嫁としても妻としてもかなり経済感覚が優れている女性かと感じます。

それに、やりくりが上手でもケチケチしていれば、男性はもちろん友達すら寄り付かなくなる可能性もありますし、

なにしろ女性に大事な「余裕」がないようにも見えてしまいます。

余裕がある女性は、男性にはもちろん女性にも憧れられる存在になる事はよくあります。

ただ、ケチになる事は、悪い事ではありませんが、ケチな女性ほど貧相に見えてしまうのは筆者だけでしょうか。

女性の経済観念に関する男性の意見

時々、「バーゲンなどで○○万円使いました!」など、聞こえてくる事もありますが、「バーゲンは安いからお得」とは、限りません。

「必要なモノを必要な分だけ買う」これがなかなか出来ない女性が多いのもよく分かります。

しかし、男性は無駄が嫌いなので、バーゲンも無駄に感じてしまうのかもしれません。

また、バーゲンで良いものを買えたとしても「この服、○○円で買ったの。安くない?」など聞かれても、反応に困ってしまう場合もありますね。

確かに、それはお得でラッキーだった!と思う事は嬉しいですが、

それを言わずにバーゲンで安く買ったお洋服をうん万円にみえるようにさらりと着こなしている女性の方が遥かに素敵に見えるのかもしれません。

このように、男性と女性とは経済観念に関する意見も少しズレているのかもしれません。

価値観の一致

なににおいても、「価値観の一致」は結婚において一番大切な事かと思います。

よく、「性格の不一致で別れました。」「趣味に対する価値観が全然違う」など聞いた事、ありませんか?

このように、一緒に生活していく上で価値観の不一致は、たがいのストレスになっている事は間違いないようです。

もともと他人の二人が結婚やお付き合いをしているのだから、少々の性格の不一致なら仕方ないのですが、

経済観念の不一致はどうにもならない部分でもありますので、どちらかの意見に合わせるのか、

生活が安定するように、女性もバリバリ働くのか…意見がそれぞれ分かれるところでもあります。

合わない人とは結婚できない

やはり、どれだけお互い好きであっても「どうしても許せない」「これだけは認めたくない」など合わない部分があるのであれは、それは結婚には相応しくないのかもしれません。

その時は良くてもゆくゆく過ごしてみて、やっぱり無理だった!なんて事にもなりかねません。

誰しも「失敗が見えているのに結婚をしたい。」なんて思いませんよね。

先程も触れましたように、性格の不一致や経済観念の不一致など、どうしても合わせる事が出来ないのであれば、特に男性は結婚を諦める傾向にあると言えます。

やはり、価値観は結婚の一番のポイントになると言えるでしょう。

趣味が共通する人を好む傾向にあり

もともと共通の趣味や遊び、目標をしているカップルであれば、結婚後もさほど別れる事は少ないかと思います。

やりたい事や、同じ方向に進んでいる可能性がありますので、一緒にいて励ます関係になったり、互いに切磋琢磨していい関係性を築いていけるからです。

やはり、全く趣味の合わない相手と過ごしていても、互いに気を使ったり窮屈に感じる事もありますので、

同じ趣味や遊び、目標などがあればより信頼感や親しみを持てる事も多くなりますよね。

さらに絆も深まれば、男性は「結婚するなら、彼女しかいない!」と、強く感じるかもしれません。

趣味、価値観の一致に関する男性の意見

趣味や価値観が一致していれば、話題も増えますし、一緒にいて楽しく感じたり、癒される事もあるかもしれません。

多くの男性は女性に「癒し」を求めている傾向にあります。

もし、結婚した相手と趣味や性格、価値観が一致してなければ、ストレスになってしまう事は分かりきっています。

逆に、家に帰って来ても一緒にいて楽な相手なら、自分のやりたいようにも出来ますし、ストレスもあまりかからないかと思います。

ゆくゆく、長い目で一生を考えた時に、お互いにストレスは出来るだけ無い方がいいですよね?

そういった事も踏まえ、男性は女性に対して、自分と性格や趣味、価値観など合うのかどうか、よく見ているのでしょう。

清潔感


まず、彼女の部屋など突然訪問になった時など、部屋は散らかり放題、靴は脱ぎっぱなし、ご飯の食い散らかしや、ほこりや髪の毛が散乱している…

なんてなれば、100年の恋であっても一瞬で目が覚めてしまう事でしょう。

全てを完璧にするのではなく、人が暮らしている最低限の清潔感が必要であると伝えたいのです。

それは、女性の部屋の話だけではなく、見た目の問題、つまり寝癖がすごい、顔を洗ってない、

いつもスッピンで女性らしさがない、服がシワだらけ、履いている靴も汚い…などなど、ちょっとした姿に引いてしまう男性も多くいる事でしょう。

中には、「忙しいのかな?」「寝癖もかわいじゃん」なんて思ってくれり男性もいるかもしれません。

しかし、ほとんどの男性は第一印象で女性を見ています。

やはり、「清潔感」は、いい印象を相手に与えます。

普段の格好を一度チェックしてみてもいいですね。

汚い女とは付き合えない

女性も同じ意見かと思いますが、「汚い」「不潔」と感じる異性とはお付き合いしたくありませんよね?

お仕事などで汚れてしまう事は、仕方のない事ですが、普段から体臭や、汚い歯、フケが出ている、スカートの裾が茶色くなってる、

などふとした時に感じる「汚さ」これは、不快感にも感じてしまいますので、絶対に清潔にしておく事をお勧めします。

洗濯はきちんとしてあり、いつもいい香りがする、歯もきちんといつも白くて清潔感があり、話す言葉も綺麗に聞こえるなど、男性は女性の汚い部分は出来るだけ見たくないのです。

女性も男性に汚い部分は見せてはいけません。

やはり、女性らしく清潔に保つ事は見た目も大切ですが、その人の生活の様子までヘタをすれば見えてしまいますので、気をつけたいところです。

潔癖症もNG

また、逆に行き過ぎな潔癖症も男性からはNGなようです。

最近、潔癖症は現代人には多くなって来ていると聞きますが、やはりやり過ぎは注意です。

見方によっては、「自分を黴菌のように扱われた」と感じる男性もいますので、ほどほどにしておきましょう。

また、どうしても気になるのであれば、あらかじめ男性に「自分には潔癖症がある」と、一言伝えておく事も大切かもしれません。

潔癖症も、したくてやっているのではない場合もあります。

もし、症状が重いのであればお医者さんに相談する事も大切です。

女性の清潔感に関する男性の意見

清潔感のない女性は、少し性格がガサツに見えたり、荒く感じたり、男っぽく見えてしまうのかもしれません。

男性が求める女性は「癒し」「余裕がある」「清潔感」を重視しているようです。

その中でも、ダントツに清潔感を重視している傾向にあるようです。

肌が透き通るように綺麗な女性は、例えタイプの女性ではなくとも綺麗に見えるという事がわかってきています。

また、清潔感がある女性の第一印象がいい事はお伝えしてきておりますが、清潔感のある香りなどで男性がキュンとくる事もあるようです。

男性の心が知れるサイトはこちら

恋愛tanu.com


http://koitanu.com/otokokokoro/index.php

こちらのサイトでは、恋愛心理や男性心理、はたまた女性が気付いていない女性心理を調べる事が出来ます。

気になる彼の態度や癖などから何を考えているのか調べてみても面白いかもしれません。

女性の美学


http://josei-bigaku.jp/real4672/

こちらは、男性の意見をダイレクトに公表、発表しているサイトです。

男性が結婚についてどの様に感じているのか、女性のどのようなところを見ているのかとても参考になるサイトです。

スゴレン


http://sp.sugoren.com/d/

恋愛コラムの読み放題や占いまで出来てしまう、男性の本音をリアルに集めた恋愛コラム。

会員登録も無料でできます。

男心を知って対策を万全に

さて、ここまでお話をしてまいりましたが、何より大切な事は、今彼氏がいる方もいない方も、いつでも結婚できるように準備をしておきましょう。

その日は突然やって来るかもしれません。

そのために、お料理を習ったり、実家暮らしの女性なら、家事をやってみたり、いまからでもできる事は沢山あります。

また、身なりを整える事も大切です。

伸びっぱなしの髪の毛なら、美容院へ。

肌がブツブツなら生活習慣を見直し、しょくじにも気をつける。

また、虫歯があるなら早く治療へ。

爪が汚いなら、お給料日のご褒美にネイルをしてもらう。

など自分の内面と外面を両方磨いて行くように心がけて下さいね。

また、お金の管理が苦手な女性なら、毎日出来るだけ家計簿をつけたり、一ヶ月にいくらで過ごすと目標を決めてみたり…

あるいは、借金があるのであれば早めに相談して解決する事をお勧めします。

「結婚」を意識している女性であれば、いつでも結婚ができるように準備をしておく事も、大切です。

結婚がバタバタと決まってしまってからでは遅い事もありますので、今からしっかりと準備しておくことをお勧めします。