あなたは素直な人ですか?

素直である事のメリットはたくさんあります。

デメリットな事はそんなにないです。

自分に素直である事こそ、仕事でもプライベートでも充実する事ができます。

あまのじゃくな人や、意地悪な性格の人もいるかと思いますが、自分には足りない所を是非探して下さいませ。

今すぐできる!素直な人になる為の12個のポイント

素直になりたい!と思っている人は、実は多いんですよ。

私の親友の性格があまのじゃくなのですが、彼女はよくわたしを見てあなたが羨ましいと呟いています。

親友とは正反対の性格なので、そう思うのかもしれませんね。

素直じゃない事はデメリットしかありません。

反対に素直な事は良いことばっかりですよ!

これは絶対!ありがとうと感謝の言葉をすぐに言う

感謝の言葉ってちゃんと言えていますか?

人に何かしてもらった時はちゃんと感謝の気持ちを伝えてないとダメですよ。

ありがとうを人から言ってくれた時って、嬉しいですよね。

感謝をしてくれていると思うと気持ちが晴れやかになるでしょう。

反対に感謝の気持ちを伝えない人ってどう思いますか?
嫌な人だなと思いますよね。

人に何かしてあげた時、それを当たり前だと思っている人は、感謝の気持ちを述べる事はありません。

別にお礼を言ってもらいたい訳で親切にしているとは思えませんが、感謝の気持ちがないと何となくその人に親切にしてあげようとは思えないでしょうね。

私だったらその人に直接言うかもしれません。

感謝の気持ちは後々よりも、すぐ伝えましょう。

手が離せない場合は、自分のタイミングで伝えても構いません。

感謝の気持ちを持つという事が重要ですからね。

「ごめんね」を「ありがとう」に変えるだけで劇的な変化

よくありがとうの代わりにごめんと謝る事が多い人っていますよね。

これはちょっと止めて下さい。

その理由は別に謝ってほしいがために、親切にしている訳ではありません。

謝るというのは凄く遠慮しているんだろうなとは思えますが、毎回ごめんと言われたらあまりいい気はしないでしょう。

親切にしたら迷惑だったのかな?と思ってしまうので、あまりよい行動ではないです。

ただ面倒くさがって謝っているケースもあるので、謝れば良いという問題でもありませんよ。

謝るのはいいのですが、その後必ずありがとうと感謝の言葉を伝えると、印象はグッとアップしますよ!

謝るのが癖になってしまっている場合は、謝るのを意識してやめてみるという方法をとって下さい。

1日5回はありがとうを言う


1日最低でも5回はありがとうを言いましょう。

一人暮らしで外にでない人は難しいですが、学校や会社に行った時は言うのを心がけて下さいね。

私自身特に意識した事はありませんでしたが、基本的に誰かと会ったり、仕事している時はよくありがとうというようにしています。

何かしてもらったりする事が多く助けてもらっているので、感謝の気持ちは伝えるようにしていますよ。

自分もですが人からありがとうと言ってもらえる事は多いです。

当たり前のような感覚でしたが、当たり前じゃないんですよね。

面白い本やDVDを見て思いっきり笑う

時々面白い本やDVDを見て、思いっきり笑うようにしましょう。

笑うと感情表現や表情が豊かにもなり、心がすっと晴れやかになります。

私の親友はあまのじゃくではありますが、よく一緒にお笑いの話をする事がありますね。

家に来たときはダウンタウンの笑ってはいけないを見たり、月曜から夜更かしを一緒に見たりしていました。

笑うことって本当に大切ですよ!

DVDであれば今はたくさん面白いものもあります。

私のおすすめの笑えるものは、月曜から夜更かしと世界の果てまでイッテQ!、高田純次さんのDVDやとんねるずさんのみなさんのお陰でしたなどが面白いです。

とんねるずさんのみなさんのお陰でしたは低視聴率で終了していましたが、細かすぎて伝わらないモノマネ大会や2億4千万のモノマネメドレーや、全落ちオープンなどは何回見ても大笑いできます!
YouTubeなどでも面白い部分をアップしてもらっているので、是非見て頂きたいですね。

中々人からおすすめしてもらったものって良いか分かりにくい場合があります。

面白さってそれぞれですからね。

ただ誰が見ても面白い、嫌味がないものというのは重要でしょう。

表情豊かになれる


面白いものを見ていると、表情がとても豊かになります。

私自身素の顔はちょっと怒っているようだと言われる事も多いのですが、人と喋るとそうでもないと言われる事がありがたいですね。

やっぱり印象って凄く大きいですよ!

表情豊かじゃないと怖くありませんか?

あんまり笑わない人って、機嫌が悪いのかなって思ってしまいますね。

表情豊かな人の方が、喋っていて楽しい気がします。

素直な人は表情がころころ変わったりするので、面白いですね。

見ていて飽きないと思います。

悪い言い方をすれば表情が読みやすいというのもありますが、その表情が読みやすい分安心できるのもありますよ。

思っている通りの反応をしてくれるのは、分かりやすくて助かります。

判断がつきやすいので、対処しやすいんですね。

反対に表情が薄すぎる人は、どうしたら良いか分かりにくいので困ります。

怒っているのか笑っているのかという判断が出来ないため、自分のやっている事が自信なくなってしまうのです。

相手に表情を悟ってもらえるというのは、気持ちを察してもらえるという事でもあるので、安心出来る部分でもあります。

欲しい物と要らない物をすぐに判断する

素直な人は欲しい物と要らない物をすぐに判断する事が出来ます。

人は断捨離が出来ない人間です。

断捨離が出来ない人は、部屋の中だけでなく人生でも同じ事が言えます。

物だけではなく、人間関係でも同じだと思って下さいね。

特に恋愛関係に関しては、一番重要な部分となります。

元恋人の事を未練がましく想っていたり、良いようにセックスフレンドとして付き合っているような人間は、そのような判断が出来ていないととらえても良いでしょう。

終わった過去は終わった過去と見切りを付けないと、次の新しい恋に進む事は出来ません。

女性は感情で物事を決めてしまうため、後々後悔する事が多いのですが、焦っている時ではなく冷静な時に判断して下さいね。

自分の気持ちにちゃんと向き合う

自分の気持ちにちゃんと向き合えていますか?
このケースでは感情の事を指している訳ではありません。

あくまでも自分の気持ちです。

自分の気持ちと向き合えず、我慢してしまう人間はたくさんいます。

何故自分の気持ちと向き合う事が重要か?

現代の日本人は嫌な事を嫌とは言えない人間が多いのです。

なあなあにしてしまっている為、それがストレスになってしまっています。

うつ病や精神的に病んでしまった方は、ずっと自分の気持ちを我慢してしまっていたため、心も体も疲れてしまったと言っても過言ではないでしょう。

我慢強いというのは聞こえが良いように聞こえますが、決して良くはありません!

程度によりますがずっと自分の気持ちを無視してしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

自分は何をしたいかというのは冷静な時では判断しにくいのです。

忙しい時に自分の本心が現れるものなんですよ。

定期的に自分の気持ちと向き合う努力をしましょう。

怒る時は我慢をしない

怒る時は決して我慢をしてはいけません。

我慢をしてしまうと、ストレスになってしまいます。

上手く怒る事が出来ない人が多い世の中になっているんですよ。

最近では子供に怒れない親が増えており、子供が野生の猿のようになってしまっている子が多いです。

自分が怒らなければ世の中は上手く行くと考えている人は、大きな間違いであると思ってください。

確かに怒るというのはエネルギーも使いますし、相手も周りもいい顔はしません。

普段怒るのが苦手だという人は、怒り方を間違えてしまっています。

ガーっとブチ切れるのが正しい怒り方ではありません。

自分の気持ちや考えを押し付けてはいけない

素直になる方がよいと言っても、自分の気持ちや考えを押し付けてはいけません。

人の迷惑にならない程度で素直にならないと、ただ単に傲慢もしくは自分勝手としか見てもらえませんよ。

素直になるのと自分勝手になるのとは大きな違いがあります。

基本的には自分の考えを押し付けるのではなく、提案という形が望ましいです。

提案であれば相手にも選択肢を与える事が出来るので、聞いてもらえるでしょう。

自分の気持ちや考えを一方的に押し付けられたとしても、実際にされたらあまりいい気はしないですよね?
必ずしも自分の考えが正しいとは限りません。

もしかしたら間違っている可能性だって考えられますよ。

考えを押し付ける前に1回本当に自分の我を通して良いのか、考えてから行動しましょう。

大事なのは相手が不愉快にならない程度で話すことはです。

「でも」や「えー…」という言葉を使わない

でもやえーという言葉はあまり良い言葉ではありません。

否定的な言葉ですからね。

ただでもは状況によっては流れを変えたり、確認するために使う場合もあるので、一概に悪いとも言えません。

否定的な言葉を言ってしまうと、相手は批判されているとかんがえてしまいます。

特にえー……って言われると、ちょっとカチンときますよね。

反対意見はあるかと思いますが、露骨に嫌がっているのが目に見えて分かるので良い印象は持たれません。

えー……を言ってしまっている人は、なるべく言わないようにしましょう。

素直であれと言っても、露骨に否定をしてしまうのは良くないです。

プライドを持たない

人間はプライドを持っています。

特に男性は優位に立ちたがる人間が多いです。

プライドというのはある程度大切なものかもしれませんが、はっきり言うと必要ありません。

むしろプライドなんか捨てて下さい。

大切なのは自分の信念を持つことです。

プライドが高いと、何をするにしても行動に制限がかかってしまいます。

嫌な言い方をしてしまうと見栄っ張り、傲慢としか言いようがありません。

要は固定概念の塊みたいなものですね。

周りから自分を良く見られたい、こういう考えであるべきだという訳のわからない考え方をしている人がいますが、そんなのは完全に自分の都合なので知ったこっちゃないです。

プライドなんて持っていたら行動が制限されてしまうので、良い仕事なんて出来ません。

よくプライドが勝ってしまって、分からない所を聞くに聞けないという人がいますが、それは絶対によくありませんよ!

分からない場所をそのまま放置したり、当てずっぽうでやってしまうとろくでもない結果が返ってきます。

確認してなんぼなのです!
実はプライドを持っているほど、仕事ができませんからね。

自分の非を認める事すらできない愚か者なのです。

相手を褒める

相手を褒めるいますか?

人を褒めるようにしましょう。

何故相手を褒める方が良いか、ネガティブよりもポジティブ思考でいれるようにという考えですね。

人間は長所と短所どちらを見るかと言われたら、基本的に短所の方に目が行くからです。

中々率先してその人の良い部分に気が付くという事は出来ません。

あなたは人の長所を3つ言える事が出来ますか?
上記の言葉にひやりとした人は、いつも人の悪い所ばかり見ている人なので気を付けましょう。

たまには人の長所を見てあげて下さい。

褒めるというのは、人から信用してもらえる+人から好かれる行為でもあります。

素直な人は相手を褒める事に抵抗はないです。

私もどちらかというと素直な方で、人を褒め
るようにしています。

その人の良い部分を伝えたいという気持ちが強いですね。

人を褒める時に注意してもらう事があります。

社交辞令を口にしないことです!
社交辞令というのは、その人との付き合いを円滑にすすめるための褒め言葉になります。

要するにその場かぎりで繋いでるだけなので、相手を本心から誉めている訳ではありません。

社会人で社交辞令は当たり前だと思っている人、それは大きな間違いだという認識を持って下さいね。

特に接客業や営業をしている人は、社交辞令はやめた方が良いです。

社交辞令って本心じゃないから、何となくお世辞なんだろうなって分かっちゃうんですよ。

相手を褒めるコツとしては、相手の良いところ具体的に誉めましょう。

例としてあなたは綺麗だと言われるよりも、あなたは肌が透き通っていて綺麗だと言われる方が嬉しくありませんか?

正直綺麗だとか可愛いとかの言葉は誰にでも言えます。

私自身社交辞令が嫌いな人間なので、単純に綺麗だと言われても心には響かないですね。

褒める時は相手をよく観察しましょう!

理解と共感の心を持つ

理解と共感の心を持つというのは大切な事ですが、これをするにはまず傾聴が出来るかどうかにもよります。

傾聴というのは、相手の話を熱心に聞くことです。

中々傾聴が出来ない人が多いんですよ。

傾聴ができなければ相手の話に理解と共感が出来ません。

どれほど相手の話に集中して聞いていられるかという所がポイントになります。

傾聴を上手くするコツは、相手の話を遮らない事ですね。

相手の話を少しでも遮ってしまうと、話が理解出来ないままになってしまいます。

口を挟みたくなる気持ちは分かりますが、相手が話をしている時は黙って聞きましょう。

特に女性は共感を得たがる性質があるので、上手くすると女性から好かれる事が出来ます!
相手の話に共感出来るかどうかは、少し難しいかもしれません。

人は自分が実体験した事でないと、理解できない部分があります。

一番良いのは想像をする事ですね。

相手の話を聞いて、もし相手ではなく自分だったらどう思うかという事が重要になってきます。

相手の体験を自分に置き換えて疑似体験を想像する事で、相手の理解と共感を得やすくなりますよ!
理解と共感の心を持つことで、相手に対して自分の考えを押し付ける事もなくなるでしょう。

分からないことはそのままにせず聞く

分からない事はそのままにしてはいけません。

特に医療関係の人間は絶対にやっちゃだめですよ!

人の命に関わるものなので、そのままにしてしまうと患者を死なせてしまう恐れがあります。

私は過去医療事務で働いていました。

なるべく分からない事はすぐに聞くようにしていたのですが、先輩達が忙しそうなのを見てそのまま忘れてしまい、医療事故を引き起こしてしまったのです。

命には別状があるという訳ではありませんでしたが、患者さんが適切な治療を受けれないのは、私自身が困るという訳ではなく病院側の信用問題にまで発展してしまいます。

医療系は1つのミスがとんでもない事になりますが、他の仕事は命に関わる事ではないのでそこまで重要視していない部分も大きいでしょう。

そもそも分からない事をそのままにしてしまう人は危機感が足りない、最悪を想定していないと言われています。

1つの仕事をする際、もし失敗したらどうなるかという事を考えて行動をしなければいけません。

大体はミスしたら怒られてしまういうような安直な考えで終わる人が多いと思います。

それ以上もっと奥の失敗を考えなければ、仕事でミスを連発してしまいますよ!
危機感が足りない人は、いつ仕事を首になったとしてもおかしくはありません。

相手の気持ちを探るようなことはしない

自分に自信がなく人間を信じる事が出来ない人間は、相手の気持ちを探ろうとします。

昔人から嫌われていたり、孤独だった人間はどうしても相手の気持ちを探ろうとするんですよ。

私自身がそうですからね。

下手くそな人は相手に今どう思っているか、顔色を見て聞いてくるような事をします。

露骨に聞かれるとあんまりいい気持ちはしないでしょう。

怒っていないのに怒っている?と何度も聞かれると、ちょっとイラっとしませんか?

当人としては怒らせている訳ではないのですが、言われている側からするといい気はしないです。

私がやっている相手の気持ちの探り方は、人間観察ですね。

相手の表情と当日の体調や機嫌を見たりています。

もっと最低な事を言えば、相手と他の人の会話を聞いたりしていますよ。

会話を聞くと言ってもストーカーのような行為ではなく、自分の目の前で話している事を聞き耳を立てているだけです。

相手側も公共の場で喋っているので、相手側は聞かれても問題はないと思っているはずでしょう。

会話を聞かれたとしても、罪になることはありません。

人の顔色を伺いつつ交渉を持ち込んだりしていたので、自分でも悪い癖だと分かりつつしちゃうんですよね。

疑心暗鬼は禁物

私は人間観察をしたり、人の会話を聞き耳立てていますが、相手の気持ちを疑ったりしてはいないですね。

その為に人間観察を行っているのです。

極端な事を言えば誰でも彼でも信じてしまったら危険な目にあってしまいますよ!
ただ人によっては疑心暗鬼になってしまっている人もいます。

疑心暗鬼とは、本来疑うべき場面ではないのに変に疑ってしまったりl、何でもかんでも怪しいと思ってしまうものです。

いじめやつらい目にあった人間は何かしら心にトラウマを抱えてしまっているので、人を信じる事が怖くなっていると思って下さい。

私も学生時代いじめを受けていた事があり、人の好意を素直に受け取る事が出来ませんでした。

今は素直に好意を受け取るようにしています。

その方が気持ちが楽になるような気がしますよ。

あれやこれやと疑うよりも、楽観的な目で見ていないとしんどくなってしまいます。

見返りを求めない

見返りは求めてはいけません。

昔から私の母が何かをしてもらった時、お礼をしてもらって当たり前という風に考えているようです。

別に当人が思っているくらいなら構わないのですが、子供の私たちにまで見返りを求めろや自分が損してしまっているという風に言っていました。

子供の頃は母の教えに従い人に見返りを要求してしまった事があります。

そのせいで人に嫌な思いをさせてしまった事があり、人から嫌な顔をされた挙句説教をされてしまいました。

それ以降は私は母の考えには従うのはやめましたからね。

今では人に対して見返りを求める考えを持っていません。

別に損とも思っていませんし、見返りが欲しいとも考えなかったので、人に対して親切にするのは当然だと思っています。

見返りを求めてしまうと、とても見苦しく醜いです。

人に何かした時にお礼を言ってもらうのが当たり前という考えはなくしましょう。

お礼を言ってもらえたらラッキー程度に考えるのが、気楽で良いですよ。

見返りが出来ない人はその程度の人と考える方が、ずっと面倒くさくないです。

見返りを求めて行動してしまうと人から嫌われてしまいますし、がめつく浅ましい精神の持ち主だと思われてしまいます。

特に仕事では見返りを求めては絶対にいけませんよ!

自分がこれやってあげたから相手も助けてくれるはずという風に相手任せにしてしまう考えが生まれてしまうので、しょうもないミスが起きてしまいます。

この前助けてあげたし相手も助けてくれるだろうと思っていたなんていう言い訳は通用しません。

あなたはありがとうがすぐ言えますか?

人に何かしてもらった時、ありがとうがすぐに言えますか?
私は言うようにしています。

やっぱり感謝の気持ちはすぐに伝えなければ、相手には伝わりませんからね。

ありがとうがすぐに言えない人は、今日から是非人に何かしてもらった時はありがとうをすぐに言いましょう!

素直な人は表情も豊か

私の仕事先の学生さんで素直な女性がいます。

その方は思っている事が顔に出るので、とても素直な人だと思いますね。

嬉しい時は笑顔ですし、困っている時は眉が下がり複雑そうな顔をしたり、恥ずかしい時は顔を見られたくないという風に照れて顔を隠すような動作を取っています。

素直な人は表情が豊かで、相手側にも感情が伝わる部分が良いです。

嬉しい時はとても嬉しがっているので、素直に可愛いなと思いますよ。

ただデメリットとしては素直すぎるゆえに、嫌な事があった時顔に出てしまう点ですね。

こればかりは意識して感情をセーブするしかないのですが、失敗してしまうとすべての感情が表情に表れにくくなってしまいます。

悪い感情のみを顔に出さないように訓練すればいけますよ!

出来る限り嬉しい事などポジティブな感情は、表情にでてほしいですからね。

その学生さんはその事を伝えるとあまり良い風には思っていませんでしたが、上手く行けば強い武器になります。

反対に感情が分かりにくい人間の方は、人とは付き合いにくいでしょう。

何考えてるか分からないですし、一緒にいても怒っているのか不安になるから嫌です。

素直と聞いたら笑顔が思い浮かぶ

素直な人を連想したら、何となくですがいい笑顔の人物が頭に浮かびます。

私はそのようなイメージを抱きましたが、恐らく普通の人も素直と聞いたら笑顔が思い浮かぶでしょう。

このような連想はとても重要です。

素直と聞いて笑顔が思い浮かぶという事は、良い人物であることを指しています。

反対に根暗な人物をイメージした時、どんよりとしたオーラをまとった無表情そうな人間を思い描くでしょうね。

イメージというのは大切な事です!

客観的に見て素直な人物というのは、良いイメージを持っています。

素直な人になれば、自分も他者からそのように思ってもらえますよ!

自分なんかがなれる訳がないと否定してしまう人もいますが、なれるのです!

人間は可能性を秘めた不思議な生き物ですからね。

自分の可能性を引き出すのは自分しかいません。

自分自身が思い描いた通りの素直な人を目指して下さい!

Happyオーラ放出!素直になるといいことがたくさん!

そもそも素直になればどんな良いことが待っているか?、という疑問をもっている人がいると思います。

素直になるメリットはざっくり言うと人から好かれやすい、ポジティブ思考になるので物事が良い方向へと進む事が可能です。

つまりは良いことずくめであると考えておいて下さい。

特に恋愛が上手く行くそして長続きする秘訣は、素直である事が前提とされています。

嬉しい事は当然ですが、相手に対して素直に嫌な事は嫌と言えないと恋愛は上手く行きません。

よく恋愛で我慢してしまっている女性はたくさんいるようですが、我慢して良かった事ってありましたか?
この質問にドキッとした方は、そうでもなかった事を意味しています。

恋人に嫌われたくないから、自分が好きでない事でも好きと嘘を付く人はいるようですが、それは悪い事だという自覚を持って下さい。

もし自分の立場なら、相手が我慢すれば良いと嘘をついてまで付き合あってほしいとは思わないでしょう。

暗い人と思われたら誰だって嫌なこと

私は暗い人と他者から言われた事はありませんが、もしそう思われていたらいい気はしないですね。

昔姉に陰キャラと言われていた事がありました。

これは私がゲームや漫画やアニメが好きなオタクだったという事もあるのですが、散々陰キャラ扱いをされた事は今でもムカつきます。

誰だって悪い言い方をされれば、あまりいい気はしないでしょう。

しかしほとんど良い風に言ってもらえるような事は滅多にないです。

どっちかと言えば悪い風に言われる事の方が多いですからね。

嫌な風に言われるよりも、どうせなら良い風に思ってもらえる方が嬉しくありませんか?
言っておきますが褒められろと言っている訳ではないですよ。

暗い人と思われないような行動を取ることで、改善は出来ます。

自分に自信を持ち1度しかない人生を明るい色で過ごしていこう!

自分に自信がない人はたくさんいます。

だからこそひねくれたり、人に親切に出来なかったりするのでしょう。

自分に自信を持てとは言いませんが、たまには自分に素直になっても良いんじゃないか?と思うくらいは許されるでしょう。

人間は自分の事を好きな人間はほとんどいません。

どっちかというと自分の事を嫌いな人間の方が圧倒的に多いです。

自分の事を嫌ってどうなるというのでしょう?
他の誰から愛されていない、自分は嫌な奴だから嫌いと思うのは完全に間違いだと思って下さい。

他の誰もが許さなくても、自分の事くらい許してあげてましょうよ。

自分の性質を認める事こそ、更なる成長を促す事が出来るのです。

素直になる事は悪い事ではありません。

我慢している人生なんて面白くないです。

他の誰から言われようと自分の人生、明るく生きたって良いじゃないですか!