子どもが素直に泣いているところを見たときに、うるさいと思うのはもちろんのこと、どこか羨ましいようにも感じてしまう人は多いのではないでしょうか。

子どもが泣いているのを見て羨ましいと感じてしまう人は、普段は泣きたいところでもぐっとこらえてしまう人ということですね。

名きたときに泣けないのは大人だからです。

多くの大人は自分に対して泣くことを許していません。

嫌なことがあったときでも、怒られたときでも、できる限り泣かないように気を付けているのです。

それは社会生活の中では必要なことかもしれませんが、時には思いきり泣きたい思うこともあるのではないでしょうか。

ここでは、泣ける人の精神的な強さや、なぜ泣くことが必要なのか、現代の大人が避けがちな「泣ける」ということについてご説明します。

泣いている子どもが羨ましく思えるほどにストレスが溜まっている状態の人は、ぜひ読んで、泣くということに対するハードルを下げてあげてくださいね。

️泣きたいとき、泣ける状況で涙を流せますか?

あなたは、泣きたい時には素直に涙を流すことができるでしょうか。

また、泣けるような状況で素直に涙を流すことができるでしょうか。

そう聞かれたときに、はいと答えることができる人間は意外と強い人間なのかもしれません。

涙というのは年を経るにしたがって、だんだんと出てこなくなってくるものです。

涙腺が弱くなるような年代になるまで、青年期から壮年期の人間は、だんだんと泣けなくなってきます。

人生で色々な経験を積んできているからこそ、そう簡単に泣くことができなくなるのです。

自分で、泣かないというように決めている人もいるかもしれませんね。

泣きたいときや、泣けるような状況であっても、涙を流さないことを自分に課しているという人もいるのです。

自分に課しているそれは、「弱い人間になりたくない」という気持ちが背景にあるでしょう。

「泣く=弱い」という考えは誤り

子どもころのことを考えると、泣くというのは弱いことの象徴のように思われているでしょう。

または、幼さの象徴のように思っている方もいるかもしれません。

泣くという行為こそが弱いことの象徴なので、できる限り弱さを隠すために、泣かない精神的な強さを身に着けるようになるのです。

ですが、これは実は誤りです。

確かに子供のころには泣くということが弱さの象徴のようだったかもしれませんが、大人になってしまうと、泣かないということが強さの象徴ではありません。

むしろ、きちんと泣きたいときに泣くことができない弱さを持っているような人のようにも思われてしまいます。

泣くということは、大人にはとてもハードルが高い行為です。

それを、自分の心のままに行うことができる人は、逆に精神的に強いところを持っている人とということになるのです。

️泣くのは弱さじゃない!泣ける人が精神的に強い理由

なぜ、泣くことが弱さではないと言い切ることができるのでしょうか。

子どもの内には涙をこらえることができる人間の方が強かったものですが、それは大人になるとどのように変化を遂げるのでしょうか。

思いきり心のままに泣けるという人間の精神的な強さの理由について見てみることにしましょう。

自分は避けてしまっている、もしくは、もう既に難しくなっている「思いきり泣くこと」ができる人間の強さを理解することができれば、泣くことに対してもポジティブな気持ちになることができるでしょう。

泣くことを弱さだと思っている方は、特にここで、泣くことの強さについて理解してみてくださいね。

1、泣けるほど本気だった


泣くことができるというのは、それに対して本気だったということになります。

大人になると無駄なエネルギーを使うことを避けようとしますから、本気ではないことに対しても泣くのは意味がないと思うでしょう。

泣くというのは体力を使うことだからです。

思いきりエネルギーを使って泣くのなら、それは本気の物事に対してだけですよね。

きちんと泣ける人というのは、泣けるだけの材料があるということになります。

「自分は弱くないから泣かないようにしている」という人も、ふと自分の現在の状態について振り返ってみると、実は「泣けるだけの材料がなかった」ことに気づくのではないでしょうか。

泣けるほどに本気のものは、意外と人間は持っていません。

なくしてしまっても泣くほどのことではない者はありますが、思いきり泣けるほどのものを持っているということは、それだけ、人よりも良い経験をしているということになります。

人よりも、ずっと大事にしているものがあるということだとも言えるかもしれません。

泣けるほどにきちんと本気になることができるというのは、失うことを恐れずに大事なものを作る勇気があるということでもありますから、泣けるということは、その人間の強さを示しているといっても良いでしょう。

2、周囲の評価を気にしない

周囲の評価を気にせずに泣ける人とういうのは、それだけ自分の中にゆるぎないものを持っているということにもなります。

そうでもなければ、周囲の評価を気にせずに生きるのは難しいからです。

周囲の評価は社会的な存在である自分のためには絶対に必要なことですよね。

泣くということは、自分の感情的な部分を表すということでもあり、これは、大人になるととても怖いことになります。

感情的であるというのは、周囲の評価を下げる原因ともなるからです。

それをきちんとできる人間は、周囲の人の声に流されず、そして気にせずに生きていくことができる強さを持っているということになります。

3、恥ずかしさがない

泣くというのは、大人になると意外と恥ずかしくてできなくなるものです。

弱いと思われてしまうからです。

まるで子供のようだと思われてしまう危険性もあります。

周囲の人間から子どものようだと思われてしまうような危険性を顧みずに泣くことができるのは、周囲の人間には流されないという、その人の強さを示しているようでもありますよね。

人間、特に日本人の場合には、周囲の評価を全く気にせずに生きるというのは難しいものです。

ですが、恥ずかしいという気持ちがなく、きちんと泣くことができる人は、周囲からどう思われることも構わないと言っているようなものです。

それは、この社会の中で生きていく上では、とても精神的に強い人だと言えるのではないでしょうか。

4、自分に正直に生きている

大人になってもきちんと泣くことができる人は、自分に正直に生きている人だということもできます。

自分の感情に対して、自分が泣きたいと思ったその気持ちに対して正直に生きているということになるでしょう。

それは、自分のことを大切にしてあげることができる人間であるということも表しています。

最近の人間は、自分のことを大事にしない傾向があります。

社会のことや周囲のことばかりを気にしていて、自分の気持ちを押し殺して生きるようなこともあるでしょう。

ですが、泣ける人間は、きちんと自分の心を大切にすることができる人です。

自分の心を無視しない勇気を持っている人間だということなのです。

5、泣けることがプラスになることを知っている

きちんと泣ける人間は、泣けるということがプラスになることを知っている人でもあります。

きちんと泣くことができるというのは、ある意味で武器にもなるのです。

泣くことで精神的に整理をつけることもできますし。

自分の心を楽にしてあげることもできるのです。

現代には心にストレスをかけている人が多いですが、そんな中で、自分の心を楽にしてあげることができる方法を知っているということは、生活の中では大きなプラスとなるかもしれませんね。

それを簡単にできる人が少ないからこそ、きちんと泣ける人の、その技能が目立つのです。

泣くというのは簡単なことに思えるかもしれませんが、泣くことがプラスになることが分かっていてできる人は、生きる上ではメリットが多いと言えるでしょう。

6、泣けることが健康的にもいいとわかっている

きちんと泣ける人は、泣けることが健康にも良いということを知っている人が多いですね。

自分の心に良いというだけではなく、きちんと毒素を出すことができるということを知っていて、定期的にきちんと自分に泣く機会を与えてあげているのです。

泣けるということがメリットのなることを知っていれば、泣くことも怖くはありません。

それでも心を開放するのは難しいかもしれませんが、健康のためにはそれを簡単にできる人こそ、とても精神的に強い人だと言えるかもしれません。

7、感情表現が豊か


感情表現が豊かであるというのも、泣ける人間の強みですね。

人間は、とても人間的な人間に惹かれるものです。

何を考えているのか分からない人は、ミステリアスだと言われることはあっても、親しみを持たれることはありません。

親しみを持ってもらった方が仕事をする上でも、友人を作る上でも楽であることには違いないはずです。

感情表現が豊かであるというのは、とても人間的な人であるという意味にもなります。

人間的で親しみやすく付き合いやすい人間だと思ってもらうことができるのです。

8、素直で正直物

きちんと泣ける人は、素直で正直者ということもできるでしょう。

自分の心に嘘を吐くことができない人間なのです。

これは周りから見ていても、とても良いメリットだと言えるでしょう。

素直で正直者は、誠実で嘘をつけないというところが人間的に好かれる要因になるのです。

一筋縄でいかない人間は、確かに生きる上では色々な戦略を持っているかもしれませんが、人と付き合う上では敬遠されてしまうこともあります。

自分一人で生きていくことができれば良いのですが、現代ではそう言うわけにもいきません。

多くの人間から好かれるような特徴を持っているということは、今の世の中ではとても大切になることですよね。

自分の心に素直になること、正直でいることも簡単なことではないので、それをできる人間はとても強いところがあると言えるかもしれません。

9、変なプライドを持っていない

きちんと泣ける人は、変なプライドを持っていないということもとても良いですね。

プライドが高すぎては、簡単に泣くことができません。

泣いているというだけで負けたような気分になるからです。

泣いているだけでプライドが折れたような気持ちになるのです。

そのため、絶対に涙を見せることはないのです。

ところが、きちんと泣ける人は、そう言ったプライドの高さがありません。

これはプライドがないということではなく、変なプライドの高さがないということなのです。

誇りを持つ必要もないようなところでは、変な誇りをもって生きにくい人生を選ぶのを避けるという、とても賢い人生戦術と言えるでしょう。

10、泣いてる人の気持ちがわかる

泣ける人の強みの一つは、泣いている人の気持ちが分かるというところにあるでしょう。

人間とのコミュニケーションの中では、教案はとても大切なこととなります。

共感するという心の働きがあるからこそ、お互いに理解して良い人間関係を築くことができるのです。

泣ける人間は、その場で泣いている人間の気持ちを理解することができますし、その気持ちに沿ってあげることもできます。

それは、色々な人を理解する上では、とても役に立つ能力のはずです。

こうしたところを持っていて、さらにはそれを活かすことができるような生き方をしている人が、ただの弱い子供っぽい人であるはずがありません。

️泣ける人はキレイ?!涙のポジティブな効果

涙を綺麗に流している人を見ると、綺麗だと感じることもあるでしょう。

確かに、綺麗な女優さんが泣いていると、思わず声をかけてしまいたくなるような綺麗さですよね。

ところが、普通の人が泣いていても綺麗に見えるわけではないと思っている人は多いでしょう。

確かに、泣き顔が綺麗な人というのはなかなかいませんから、泣いていても綺麗に見えることなんてないと思っている人もいるはずです。

ただし、「泣ける人は綺麗だ」というのは嘘の話ではありません。

きちんと泣くことができるような人は、体の内側から綺麗になることができるのです。

精神的な意味ではなく、泣くという行為が人間にとっては、とてもポジティブな意味を持っているということなのです。

ここでは、ネガティブな意味しか持っていないように思われる涙のポジティブな意味について見てみることにしましょう。

これが分かれば、涙に対してのネガティブな気持ちが少し小さくなるかもしれません。

体の毒素を体外へ排出するデトックス効果

涙には、身体の中の毒素を体外に排出するような効果があります。

ダイエットなどに興味がある方はピンとくるかもしれませんが、身体の中に毒素が溜まっていると、身体にとっては全く良いことがありません。

老廃物があると身体にとっても良くありませんし、新陳代謝もうまくいかなくなってしまいます。

何だかむくんでいるような気がする、身体に毒素が溜まっているような感じで、身体の中の流れが滞ってしまっているような気がするというときに一度思いきり泣いてしまえば、それだけで、身体の中の毒素が少し排出されるでしょう。

いわば、涙にはデトックス効果があるということになるのです。

泣くと肌がきれいになる

身体の中の毒素を出すことができるということは、きちんと身体の中の老廃物を出すことができるということです。

老廃物を出すというのは、肌にとってはとても大切なことだと言えるでしょう。

老廃物が溜まってしまっている状態ではニキビもできやすくなりますし、肌がくすんだように見えてしまうでしょう。

きちんと新陳代謝が行われていると、健康的に肌が生まれ変わっていくので、くすみのない艶のある肌になるのです。

そういった美肌を作るためにも、一度思いきり泣いてみるということも大切なのです。

もし、最近肌の調子が悪いということがあれば、それはもしかすると、「泣き不足」ということなのかもしれませんね。

リラックスできる

涙を思い切り流すと、リラックスできるようになるという効果もあります。

これは、涙にはホルモンが含まれているからです。

泣いてしまうことで、きちんと神経やホルモンのバランスを取りやすくなるので、泣いた後には身体がリラックス状態に入ります。

最近常にピリピリしてしまっているというようなことがあれば、それは泣いていないからかもしれません。

一度、思いきり泣いてしまえば、意外とホルモンバランスが整ってリラックスできるようになるかもしれません。

気持ちの整理が早く行える

泣くというのは、精神的に気持ちの整理を行うために必要だということもあります。

泣いてしまうことで、それで自分の中でけじめをつけることができるのです。

泣くのを堪えていると、自分の中に色々な気持ちが溜まってしまいます。

自分の心に区切りをつけることができずに、だらだらと先に進まなければいけないのは、生活をしていく上ではとてもつらいことでしょう。

一度きちんと泣いてしまうことで、それで気持ちの整理を行うことができるようになります。

一度、起こってしまったことを自分の中で終わらせることができるのです。

気持ちの整理をつけなければいけないようなときは、大抵はとてもつらいことが起こったときのはずです。

そういったときには、涙を堪えようとせずに外に出してしまった方が、気持ちが楽になって先に進みやすくなるかもしれません。

️泣ければいいっていう問題でもない

泣けば身体にとっても精神にとっても良いことがあるとは言っても、ただ意味もなく泣くのが良いことであるというわけではありません。

目を刺激して出てくる涙で泣くようなことをしたとしても、それには全く意味がないのです。

泣ければよいというわけではないのなら、どのような涙を流せば良いのでしょうか。

ここでは、涙の種類について見てみることにしましょう。

3種類の涙

まず、人間には3種類の涙があると言われています。

3種類の涙はそれぞれ働きが違いますから、どれも全部同じだと思っていると間違いなのです。

玉ねぎを切っているときに涙が出るので、それでストレス発散ができていると考えるのは間違いだということですね。

心を洗ってくれるような涙として必要なのはどの種類の涙なのでしょうか。

①基礎分泌の涙

人間は常に涙を流している状態であるといえます。

これを基礎分泌の涙と言い、目が乾かないように常に潤っている状態だと考えると良いでしょう。

この涙は一定量で決まっていますし、全て吸収されてしまいますから、ぽろぽろとこぼれてしまうことはありませんし、普段は意識されることもないはずです。

ただ、ドライアイになった時などに乾いてしまうのは、この基礎分泌の涙とかかわりがあります。

最も、これは意識されることもなく、さらには、あふれ出てくるようなものでもないので「泣ける」ときの涙とは全く違うものだと考えると良いかもしれませんね。

②反射性の涙

反射性の涙は、目を守るために流れる涙のことです。

目に何かゴミが入ってしまったときには涙がぽろぽろと零れてくるはずです。

これは反射的に流れており、涙の成分もほぼ水に近いものです。

玉ねぎを切ったときに涙が出てくるのは、この反射の涙の関係です。

この涙を流すときには、特に悲しいことがあったというわけではなく、精神的な背景は特にありません。

ただ目を守ろうとして流れているだけなので、危険な状態が去ってしまえば涙が止まるでしょう。

その代わりに、泣き終わってもすっきりするというようなことも起こりません。

③情動性の涙

とても悲しいことがあったとき、または感動してしまったときなど、感情的に高ぶるようなことがあったときに流れる涙は「情動性の涙」と言って、反射性の涙とは全く異なるものです。

含まれている成分もプロラクチンというものであり、ほぼ水のような反射性のものとは異なります。

この涙に含まれるプロラクチンはホルモンの一種で母乳にも含まれていると言われています。

舐めると少し塩っぽい感じがする涙は、この情動性の涙なので、自分の涙の味で自分が「感情的に高ぶっているのかどうか」ということが分かるのではないでしょうか。

精神的に強い人の涙は「情動性の涙」

精神的に強い人が流す涙が、「情動性の涙」と呼ばれるもので、これが人間にとっては必要な涙だと言えます。

何かに感動しているとき、本当に悲しいと思ったときに出てくる涙で、精神的に強い人、あまり泣かない人は、こういったタイプの涙はできる限り出さないように堪えることができます。

精神的な意味での涙という役割なので、精神的に強くなることができれば、自然とこの涙を堪えることができるのです。

ところが、ストレスを発散するような効果を持っているのもこの涙です。

きちんとストレスを発散するためには、そして気持ちを安定させるためには、情動性の涙を流していなければいけません。

玉ねぎで泣いているような涙をカウントできないのは、そもそも涙の種類が全く違うからなのです。

️泣ける人も泣けない人も実践してみて!涙を流す方法

時には泣くことも大切だというのは、上述の通りです。

泣くということが体も心もすっきりさせてくれることがあるからです。

いつでも自分の中に淀んだものをためているよりは、きちんとしっかりと泣けるところで泣いておいた方が良いのです。

思いっきり泣いてみたいなと思う方は、ぜひ以下の方法を試してみてください。

感動する映画や漫画の作品を鑑賞する

一番単純な方法ではありますが、感動する映画や漫画の作品を鑑賞することで、涙が出るようなシチュエーションを作ることができます。

最近の映画や漫画には「この夏一番泣ける!」というようなキャッチコピーがついているものもありますから、それらを見てみるというのが一番簡単で手軽な方法だと言えるかもしれません。

ただし、そういったキャッチコピーがついているというだけでナナメに見てしまい、全然泣けないということもあります。

単純に泣けるという話を探すのも良いですが、しっとりした映画やひそかに有名な映画などを見てみるのも良いかもしれません。

あまり話題になっていない映画のひそかな場面が自分の心に刺さるという経験をすることもあるかもしれません。

感動する映画や漫画を探して色々なものを読むのも、自分の心に栄養を与えることができて良いものですよ。

感動する話を聞く

感動する話を聞くというのも良いかもしれません。

感動する話というのはそこかしこに転がっていますから、そういった話をインターネットなどで調べてみるのも悪くはないでしょう。

ただし、あまりにも感動の話が安売りされてしまっている感もありますので、それでは泣けないという大人もたくさんいます。

もし、それらで泣けないというようなことがあるのなら、ドキュメンタリーを見てみるなど、純粋な気持ちで感動することができる話を探すようにしてください。

最も、「泣こう!」と気合を入れすぎると、構えすぎて泣けないという場合がほとんどです。

「この話を読んでなければラッキー」くらいに思って、何か自分の心の栄養になりそうなものを探してみるというのが一番です。

相手の気持ちになって考える

相手の気持ちになって考えるような癖をつけるのも、涙を流すためには必要なことだと言えるのではないでしょうか。

自分のために泣くのは難しいとしても、人の気持ちに寄り添うことができれば、自然と涙が出てくることもあります。

同情の気持ちを自分の中に作り出すのです。

普段は泣けないという人は、ビジネスなどの時に必要になるので、相手の気持ちと自分の気持ちを完全に独立させようとしているのではないでしょうか。

冷静な判断の時には、人の気持ちを考えることが仇になるということもあるのです。

ところが、何かに対して泣こうとする場合には、そういったスイッチを切ってしまっていることが弊害になることもあります。

泣きたいと思ったときには、人の気持ちにも自分の気持ちをシンクロさせて考えるようなことをすることで、思いきり泣くことができるかもしれませんね。

常に本気になって行動する

泣ける人というのは、常に本気になって行動しているところがあります。

少しでも人生を斜に構えて見てしまっている状態、手を抜いて暮らしているような状態だと、本気で泣くことはできないでしょう。

自分の感情を100%動かすことで、涙は自然と出てくるようになります。

ただ、冷静に生きようと思っているような気持ちがあったり、どこかにストッパーを持っていしまっているような状態では、泣けるほど本気になることはできないでしょう。

時には、失敗を恐れずに常に本気になって行動するということも大切です。

そうして自分の感情のままに動くことで、心が動きやすくなり、自然と泣くこともできるようになるかもしれません。

️まとめ

いかがでしたか?
涙を流すという行為に否定的である人は少なくありません。

自分が弱くなったような気がして、泣くのを堪えてしまう人はたくさんいますよね。

ただでさえ、大人になると泣いてしまうような機会はなくなりますし、大人だから泣いてはいけないという気持ちになる人もたくさんいるでしょう。

ですが、泣いている人が弱いと思うのは間違いです。

ここまでも見てきたように、泣くということは身体にとって良いこともありますし、精神的な弱さばかりを表しているわけではありません。

時にはきちんと泣いてみることも大切なのです。

大人になって涙をこらえるばかりなので、いつの間にか泣けなくなってしまっている自分に気づくかもしれません。

それは、生きていく上で必要なスキルであったとしても、ある意味では自分の身体や精神を追い込む要因となっている可能性があります。

時には思いきり心のままに泣いてみることで、気持ちがすっきりするでしょう。

きちんと「泣ける自分」を認めてあげることも必要で、そんな「泣ける自分」と上手く付き合っていくことも、大人が上手に生きていく上では必要なのかもしれませんね。