職場で1人は物凄く威圧してくる人っていませんか?

こちらが何もしたわけではないのに、異様に攻撃的な人間っているんですよね。

気の弱い人だと精神的に辛くなってしまい、心が壊れてしまう人も少なくありません。

何せ相手は自分の弱いところを突いてくる腐った人間なのですから。

攻撃的な人間はどんな事をしてくるのか、そしてその対処方法についてお答えしましょう。

これから新社会人になる皆様へ、参考にしていただけたらと思います。

怖すぎる!なぜか攻撃的な人の特徴

攻撃的な人間の特徴として、基本的には病んでいる、もしくは傲慢な人間だと思って下さい。

私昔パワーハラスメントを受けて、ターゲットにされた事があります。

年配の女性は特に更年期障害を患っている可能性もあるので、ある種病気で感情を押さえられない人間もいるのです。

攻撃的な人間は自分が正しいと信じて疑わない人間なので、相手に正しい答えを指摘されても素直に信じられません。

弱者には強く出るので、攻撃を受けているのであればそれら舐められていると判断した方が良いでしょう。

どんな攻撃をされるの?具体的に教えて!

パワーハラスメントとは具体的にどんなものか、私や他の人の実体験を元にお伝えさせて頂きましょう。

攻撃の仕方は全て小中学生のいじめの延長戦だと思って下さい。

どれも陰湿でやり方が汚いです。

精神的にどれも苦痛を伴うものではありますぎ、そのままで震えていたら何も始まりません。

やられたらやり返すくらいの気持ちを持って下さいね。

とにかくあたりが強い


ターゲットにされている人に対して、とにかくあたりが強いのです。

何をするにしても感じが悪く、他の人との態度が違うためキツイ印象を受けます。

とにかく威圧してくるので、びっくりしちゃうんですよね。

威圧するようにバンバンものに当たったりするので、萎縮してしまいノイローゼになってしまう人もたくさんいます。

最初はなれなくてびくびくすると思うのですが、そこで負けないで下さい。

私は最初歯科助手として勤めていたのですが、そこの先生がとにかく威圧的で嫌な先生でした。

すぐに怒鳴りつけて感じが悪く、淹れたお茶が美味しくないと目の前で捨てられた事もあります。

当時二十歳そこそこの子供がそんなに出来るわけないですよね。

出来ないだの何だの言われたら洒落になりません。

別に自分が悪くなければ、ぶちギレても構いませんよ。

他者から怒られる事って確かにある時もありますが、そもそも怒るという行為は無駄な事ですからね
当たりが強くても、自分が正しいと思ったら言い返してやりましょう!

無視される

挨拶とか普通に言っても無視されてしまうケースはあります。

プライベートなら支障はありませんが、仕事での無視はありえません。

今現在私も職場の若い子に1人無視されており、その子と一緒に入るのが本気で苦痛でなりません。

挨拶をしても聞こえてないのか無視なので、わざとにっこりして相手の目の前で挨拶をしています。

若干うざい感はありますが、挨拶すら出来ない人間は人として礼儀がなってないと思いますね。

別に若い子だからという訳ではなく、年上でも関係なくやっています。

無視をされて困るのは自分ではなく、相手ですからね。

何かしらあったらその人のせいにすれば問題ありません。

大抵のケースは助言を求めようとして何も言ってくれなかったから失敗したのが多いです。

他の人にその事を伝え、そして失敗の敬意を攻撃的な人物にもはっきりと言いましょう!

影で文句を言われる


陰口はどこにでもあるものです。

人から好かれる方が少ないくらいですよ。

聞いたら嫌な気持ちになるのはなるのですがら陰口って本当にわるいものでしょうか?

もしかしたら自分では普通と思っている事が、そうでもなかったりする場合があるものです。

私も思い込みが強い人間なのでちょっとした事が悪口に聞こえる場合もありますよ。

自分に聞こえるように言うのであれば、完全に嫌味でしか無いですね。

基本的には自分のいない所で影口を言うのが定石です。

攻撃的な人はわざわざ自分に聞こえるように言ってくるので、凄くタチが悪いですね。

陰口は結構気にしてしまうものなので、きにしない方が良いとは言えません。

聞けるようであれば、相手の陰口に聞き耳を立てておきましょう。

そうする事で自分の悪い部分を知る事が出来ます。

癖になっている部分を直す事で、相手からの陰口を減らす事が可能です。

仕事ではなく自分の人格を否定するような陰口であれば、相手への反論材料にもなります。

上司にこんな事を言われたと事細かに言う事が出来るので、辛いですが覚えておいて下さい。

あるある〜!攻撃的な人の特徴8個

攻撃的な人間の特徴は、普通の人以上に傲慢だと思って下さい。

傲慢は七つの大罪の1つとして有名な罪なのですが、基本的に人間は傲慢な生き物です。

しかし傲慢な事は誰にもある事ですが、傲慢が過ぎると罪になります。

何故なら自分より弱い人間を見ると、人はいじめたくなるものですからね。

子供の頃誰かをいじめていた人ほど、大人になってもロクな人間はいません。

攻撃的な人間に対して出来る限り関わらない方が良いです。

何故なら自分は正しいと思っている腐った精神の人間ですからね。

1、自己中心的

自己中心的な人間は自分が正しいと思っています。

自分が正しいという思い込みが強いため、相手の話しを聞いてはくれません。

よく人の話を遮ったり、自分の自慢話しかしない人っていますよね。

そのような人は全て自己中心的な人間という認識をもっておきましょう。

自分が大好きなので、他者が自分より勝っているのが許せないという考えを持っています。

勝ち負けを想定するのは勝手ですが、性格と意地が悪い人だと露骨な嫌がらせと嫌味を言ってくる事も多いです。

しかし大半自己中心的な人物の能力はそこまで凄いものではありません。

何せ過信をしている上に視野が狭い状態なので、ケアレスミスや大きなミスをしてしまうのです。

実際そこまで大した人間でないので気にする必要ないですよ。

【自己中な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

2、自分に自信がない

攻撃的な人間は自己中心的ではありますが、自分に自信がありません。

何故なら攻撃的な人間ほど、心の中は不安定なのです。

自分に自信がない癖に訳の分からない過信をするので、非常にタチが悪いんですよ。

自信が無いなら無いで大人しくしておけばよいのに、負けず嫌いでもあるので人から見下されたくないと思っています。

実は自分に自信がない人間は、親からの愛情をちゃんともらっていないなど、家庭環境が最悪な状態で育った人間でもあるのです。

私自身も自分に自信なんてありません。

昔は人に対して凄く攻撃的でした。

実際親の愛情をちゃんともらって育っていないまま成長したため、何をするにも不安で不安で仕方がないのです。

自分の身は自分で守らないといけないという環境で育ってきたため、他者を攻撃する事しかしりません。

やり方としては完全に間違っているとは思いますよ。

私もそうでしたが誰か自分の事を認めてくれる存在がいないと、自分に自信を持つ事は出来ないですね。

本当に1人で良い、誰かに救ってもらえたら変わります。

3、人に心を開いていない

もしあなたなら簡単に他者に対して心を開く事が出来ますか?

誰も自分を助けてくれない中で、他者に対して心を開く事は難しいものです。

辛い家庭環境で育った分、誰にも心を開く事が出来なくなるのは無理もない事ですね。

人は上手く行っていない時、ネガティブな事しか考えれません。

特に幼い頃ちゃんとした家庭環境で育った事がない人間からすれば、毎日が絶望なのです。

私も幼い頃は誰にも心を開く事が出来ませんでした。

中学時代はもっと酷く、人が普通に接してくれていても自分の事をバカにしていると思い込んでいたくらいです。

高校で親友と出会い、人に心を開くようになりました。

親友と出会わなければ、私は今も他者を信じる事が出来ていないでしょう。

私は救われましたが、大人になっても心を開くことが出来ない人間はたくさんいます。

同情を覚えるかもしれませんが、他者に心を開く事が出来ない人間はその程度の人間なので気にしなくても構いませんよ。

どんな境遇であれ、気持ちを強く持っている物が勝ちます。

ダークサイドに落ちるのは簡単ですが、堕落したままでなく這い上がる底力がなければ、良い環境で育っても一緒かもしれません。

4、精神的に自立していない

自立とは他の者からの助力や支配を受けずに、自分の力で生きる事を指します。

これは普通の環境で育った人間でも同じ事ですよ。

特に親や誰かに頼ってしまっていたり、恋愛やお酒などに依存してしまう人はとても多いです。

特に女性は恋愛に依存してしまう傾向がありますからね。

ぬくもりを求めるなら恋愛に依存するのが一番かもしれませんが、その末路はロクでもないです。

私の同級生にも家庭環境に恵まれない人がいました。

その人は精神的に自立していないです。

どのように精神的に自立していないかというと、男性にだらしがないんですよ。

10代の頃にデキ婚をし、早々に離婚しています。

そして現在別の男性といい関係になっていますが、その相手は昔私や他の人をいじめていた最低のクソ野郎です。

その相手も同級生同様にデキ婚し、早々に離婚している状態ですからね。

類は類を呼ぶのか精神的に自立していない人間は、結婚しても離婚をする確率が高いと思って下さい。

そして負のループを招き、子供が不幸になっていくという仕組みです。

その中で生まれた人間が私になるのですが、子供の立場として言わせていただければ、精神的に自立していない人間は世帯を持たないで下さい。

迷惑が一番かかるのは、立場の弱い子供です。

大人になってから子供に責められても、何も文句は言えませんからね。

それでも世帯を持つようであれば、覚悟をしておきましょう。

感情をコントロールできていない

男性は感情をコントロール出来ますが、女性は感情的なので感情をコントロールする事が出来ない人もたくさんいます。

人間良い時ばかりではないですからね。

しかし訓練次第で感情はコントロール出来ます。

攻撃的な人は気分屋でもあるため、感情をコントロール出来ない人が多いです。

感情に任せて気分が変わるので、他者からすれば良い迷惑でしかありません。

ただ感情をコントロール出来ない人間は、本能でしか生きられない馬鹿者と思っておきましょう。

感情がセーブできないというのは、ストレスが溜まりまくっている状態である事、肉体的にも精神的にも疲れが溜まっている状態なのです。

全てに対して余裕がないのですね。

誰だっていつも上手く行っている訳ではありませんし、辛い時も苦しい時もあります。

しかしだからと言って感情に身を任せて良いことは1つも無いです。

周りが嫌な思いをしてしまうので、結果的に周りを不幸にさせてしまうだけになってしまいます。

ただストレスだけの問題ではなく、更年期障害だったり生理前などのホルモンバランスの乱れによって攻撃的になりやすいケースもありますよ。

5、自分の支配下に置きたい

何事も上手く行っている時は、他者を自分の手駒に置きたいという考えをもつものです。

特に上の立場にいる人間は、部下を自分の言う事を聞くようにしたいという気持ちを強く抱くようになります。

自分の支配下に置きたいという、魔王並みの考えを持ってしまうのです。

そのため自分の意にそぐわないような事を少しでもすると、烈火のごとく怒鳴り散らすかもしれません。

支配欲の強い人間は普通にコミュニケーションを築くことはまず不可能です。

何故なら支配欲によって束縛、乱暴な行為を働きかねないからですね。

男性が女性に行うドメスティック・バイオレンスが、支配欲の行動とも言われています。

ただドメスティック・バイオレンスは男性に多いとされていますが、女性の場合は精神的に相手を追い詰めるようなやり方をすると思って下さい。

ただこの傾向が強い人は相手を否定するやり方は絶対に止めておいた方が良いです。

激情して何をしでかすかわかったものではありません。

完全否定するのではなく、やんわりと軌道修正する方が正解かもしれません。

6、自分をとにかく守りたい

人は都合が悪い時、自分は悪くないと思ってしまう事があります。

失敗してミスしてしまった時、他者のせいにしたくなる時ってありませんか?
誰でも失敗を認めるのは辛いものです。

失敗を隠したい時ってありますよね。

しかし攻撃的な人間は自分の非を絶対に認める事をしません。

それどころか往生際が悪すぎる抵抗を見せます。

自分の失敗を誰かになすりつけようとしてくると思って下さい。

責任転換しようとしているので酷い話です。

誰かのせいにしたいと心の中だけで思うのであればまだマシですが、実際にするのはアウトでしかありません。

よくニュースで見ている犯人とおなじですね。

そこまで酷いことをしていなくても、やっている事は悪人と同じですよ。

7、情緒不安定

情緒不安定な時は精神状態が狂ってしまっている状態です。

そんな時正常な判断が出来る人はほぼほぼいないと思って下さい。

情緒不安定が原因で攻撃的になっているケースは、実はいちばん多いのです。

仕事のミスが重なっていたり、忙しくて上手く行っていない状態なので、心がとても疲れてしまっています。

攻撃的にはなりやすいのですが、反面きつく言うと泣かれてしまうかもしれません。

人間そんなに情緒が安定している時の方が少ないんですけどね。

ただ他のケースとは異なり、情緒不安定の人の場合は穏やかに話す事で気持ちが落ち着いてくれるかもしれません。

【情緒不安定な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

8、攻撃できない人には攻撃しない

攻撃出来ない人とはどういう意味か?
これは相手が自分よりも強い事を表しています。

相手の方が仕事や能力が優れていたり、自分以上に攻撃的、もしくは反撃されそうな人物には攻撃が出来ません。

攻撃しない、のではなく出来ないという見方をして下さい。

攻撃的な人間の考え方は弱肉強食、すなわち長いものには巻かれろという考えを持っています。

そのため、自分より優位に立っている人間にはへーこらしますよ。

かなり人を見ているので、攻撃しても反撃される事ないと思われないようにして下さいね。

攻撃的な人との付き合い方と対処法

攻撃的な人との付き合い方はそこまで難しいものではありませんが、我慢絶対にしないで下さいね。

困った時は周りの人に相談したり、上司にお願いして対処してもらいましょう!
今は昔と違ってパワハラなど色んなハラスメントには厳しい環境になっていますので、恐れる事はありませんよ。

攻撃されたとしても落ち込んだり、泣いたりするよう反応だけは絶対に見せてはいけません。

そうでないと調子に乗ってエスカレートしてくるので、弱い部分は上手く隠して下さい。

一番効果的なのが相手に言い返せる度胸を身につけるですね。

攻撃されても無視する

無視というよりスルーですね。

相手がギャーギャー言ってくる事に対して、全く聞いていなかったという風に返答すると効果がありますよ。

聞こえてるだろと言われても、全くもって興味がなかったから聞いていなかったという言い方をすれば相手もぐぅの音はでないでしょう。

実際仕事や重要なやりとり以外は相手にする必要がありません。

そもそもその人と仲良くなる意味はないですよね?

仕事での場合は自分が仕事しに来ているので、その人に嫌われようが何をしようが関係はないです。

慣れない内は反応したい気持ちはあるかもしれませんが、面白がってエスカレートしてしまうので止めて下さい。

昔私が上司からパワハラを受けていた時に、耐えてはいたのですが面白がられてしまい、泣き顔が見たいという風に言われ酷くエスカレートした事があります。

最終的に私が本気でぶちギレて、大喧嘩になりましたからね。

パワハラとして告白する

私が医療事務をしていた時は、結構上司がちゃんと見てくれる場所だったので、パワハラとして普通に告発されていました。

実際に自分が情緒不安定だった時、他の人に攻撃をしてしまった事があります。

その時上司からこっぴどく怒られましたからね。

ただその時の事は現在でもネタにされる事があり、一時マウンティング女子とまであだ名されていた事もあるほどです。

誰にでもという訳ではなく、本当に仕事があまり出来ない人によく怒っていた記憶があります。

こちらとしては他者をいじめて面白がっていた訳ではなく、その人のせいで結構自分にとばっちりが来ていた事もあり、悪い人ではないのですが仕事に対してあまり熱意がない人でしした。

その人とよく組まされる事があったので、私が切れていたという経緯です。

ただ言い方が非常にキツかったため、当人や目撃していた他の人達から上司にパワハラと告発されてしまいました。

関西圏特有なのか、どんな嫌な事があっても最終的には笑い話にされて終わります。

ただずっと引きずられてしまうため、何か行動を起こす前に上司から攻撃的になるなよと、口を酸っぱくして言われていました。

私は他の人達のお陰で改心しましたが、ある意味では良い恥さらしになりますので、パワーハラスメントをしている人は気をつけましょう。

関西圏ではめちゃくちゃネタにされますよ!

ストレスを解消できるようにする

ストレスを上手く発散出来ていますか?

人間はガス抜きが必要な生き物です。

確かに攻撃を受けていると気持ちが落ち込んでしまうのは無理もない話しですよね。

しかしストレスを溜め込んでいても、自分が辛い思いをするだけです。

ストレスを溜めすぎてしまうと身体的にも、精神的にも悪影響が出てきます。

攻撃的な人間のせいでうつ病になってしまったり、体調不良になってしまったという人は少なくありません。

現実的に自殺を考えてしまっている人もいるくらいですよ!

真面目な性格の人ほどストレスが解消できていないケースが非常に多いので危険ですね。

ストレス解消は何でも良いのです。

スポーツだったり、ゲームやアニメ、お買い物だったり何でも構いません。

自分にあったストレス解消法を見つけ、上手くやっていきましょう。

攻撃的な人より立場的に上になる

かなり難易度が高い方法かもしれませんが、手っ取り早いのは攻撃的な人間よりも立場的に上になってしまえば手を出す事は出来ません。

攻撃的な人間の本質は弱肉強食ですからね。

強いものに逆らう事は出来ないので、過去にいじめていた相手でも立場が逆転してしまえば攻撃してくる事はないでしょう。

プライベートでも仕事でもそれは同じ事です。

もし相手を見返したい!という気持ちがあるのであれば、それを糧に頑張ってみてはいかがでしょう?

今は他者を自分を見てくれている人が多い時代です。

頑張ってもどうせ無理という考えに負けず、無理しない程度に必死で頑張ってみるのも良いかもしれませんよ。

もし自分が立場が上になった時、相手は物凄く屈辱的な気持ちになるでしょうからね。

負けん気の強い人であれば、相手の屈辱的な様を想像して頑張るのも1つの手です。

哀れな人だと思って見守る

攻撃的な人間は実際に哀れな人間です。

実際家庭環境に恵まれなかった、誰からも愛情をもらった事がない、自分の存在意識が低すぎていますからね。

確かに話を聞く限りでは哀れかもしれませんが、だからといって同情する必要はありません。

単純に哀れなやつだと思っておけば良いでしょう。

どんな環境であれ、自分を悲観したまま行動も何もしていない人間はくずでしかないからです。

現在恵まれている環境で育った人間の方が、残念ながら少ないかもしれません。

私も恵まれた環境では育っていませんが、親友や姉そして友達や旦那のお陰で何とかなっています。

同条件の中、腐っていくまま終わる人間は何をしても変わらないと思って下さい。

哀れな人間だと思って生ぬるく見守りましょう。

攻撃的な人が攻撃できないタイプも紹介

攻撃的な人が攻撃出来ないタイプとはどんな人か、ピックアップしていきましょう。

ざっくり言うと両極端なひとですね。

とにかく明るい人、反対に自分以上に攻撃的な人間には攻撃しないようです。

ただこのような人達はかなり特殊であると言っても過言ではないので、中々いません。

まだ強いて前者のようなとにかく明るい人であれば、なれるかもしれませんね。

無邪気でいつもポジティブな人

無邪気でいつもポジティブな人は、陽のオーラを放っています。

攻撃的な人間は常に負のオーラを放っているため、無邪気でポジティブな人の前に立つと負けてしまうのです。

己の醜さを自覚してしまうというものですね。

もし攻撃してきたとしても、ポジティブな人間は一々しょうもない嫌味を気にする事が全く無いので意味が無いというのもあります。

良い言い方をすればスルースキルが高いという事なのかもしれません。

周りにたくさんの味方がいるから

ポジティブな人間の周りにはいつも人がたくさんいます。

そういう人には攻撃的な人間はちょっかいをかける事はありません。

何故なら周りにたくさんの人がいるという事は、攻撃的な人間にとって味方がいないからです。

確実に孤立する事は目に見えていますからね。

攻撃的な人間は基本的にチキン、ぶっちゃけ臆病者です。

大勢の人間に立ち向かう勇気もありませんし、自分自身が悪いと分かっているので、その末路が目に見えているというのもあります。

わざわざ負け戦をするほど愚か者ではないのでしょう。

冷酷な人

冷酷な人というのは聞こえが悪いかもしれませんが、ドライな人という言い方の方がまだ分かりやすいかもしれませんね。

冷酷な人間は基本的に思いやりがないというより、義理や人情などでは動く事がありません。

私の旦那がある意味ではかなり冷酷な人間です。

誰かが瀕死になっている時や困っている状態の時、顔色を全くかえませんからね。

その後の事も冷静に考えているので、ある意味恐ろしい人間と言っても過言ではないです。

現実的と言ってしまえばそうかもしれませんが、冷酷な人間というのは冗談が通じません。

攻撃的な人間が攻撃した場合、反対にネチネチと攻撃してエグい思いをしてしまうので、下手に手を出すと恐ろしい目をみてしまうのです。

冷酷な人間は頭が良い人物が多いため、知能指数と教養のない攻撃的な人間は決して敵う事はありません。

何故なら法的な手段を持ち出そうとするからです。

頭の切れが言い分、人を言い負かす事には長けており、逆らうと恐ろしい目を見るでしょう。

こういう人間は攻撃的な人間よりも後始末が最強に悪いですからね。

より攻撃的な人

自分以上に攻撃的な人間にも手を出す事はありません。

何故なら面倒くさい、そして怖いからです。

攻撃的な人間は人を恫喝したり、嫌な目に合わせようとはしますが、自分以上に攻撃的な人間には触れないようにしています。

より攻撃的な人間は普通の攻撃的な人間以上に、態度が悪く人に恐怖を与えるのです。

実は攻撃的な人間はガーッと怒鳴り散らされたり、大きな音を立てられるのが得意ではありません。

これは過去のトラウマを思い出してしまうため、恐怖状態に陥ってしまうからですね。

ただ攻撃的な人間ならともかく、力の強い人間や武道をやっている人間も絶対に関わろうとはしないでしょう。

精神的にも肉体的にも苦痛を味わいたくないですからね。

ただ攻撃的な人間同士が一緒にいると、その攻撃的な人物も自分の行いに気づく事が出来るので、ある意味ではいい薬となるでしょう。

️攻撃的な人…あまり近寄らない方がいいかも

基本的に攻撃的な人間にはあまり近寄らない事をおすすめします。

ただ全員が全員悪い訳ではありません。

単純に伝え方が下手という人もいますからね。

仕事以外で攻撃的な人物とは関わらないようにすれば、上手く行きますよ!

ただどうしても関わらないといけないという時は、相手の前で普通にしていて後で上司に報告しましょう。

上司から注意してもらうのが一番効果があります。

自分が言っても意味がないと悲観せず、立ち向かいましょう!

だって自分は何にも悪いことしていないのに、攻撃されるなんておかしな話ですよね。