皆さんは、自分のことを肉食女子だと思いますか?

それとも草食女子だと思いますか?

人は、生体的には雑食なので、あらゆるものを取り入れられるカラダになっています。

状況に適応して進化してくる過程で、人はさまざまな環境に合わせて柔軟に応じる術を手に入れました。

これは、現代社会でもまだ続いていること。

人は、置かれた環境によって、性格も考え方も全く違った生き物になります。

肉食系になるか、草食系になるかも、すべてはその人の生き方次第ということです。

ちなみに、ここでいう肉食系と草食系は、食に関する好みではなく、恋愛における行動パターンに対するものです。

恋愛の方法や、好きになる相手のタイプは、人それぞれ違います。

人の恋愛観は、正に百人十色。

だからこそ一筋縄ではいかないのです。

最近流行り?!肉食系女子の実態

最近では肉食系女子という新しい言葉が流行っています。

肉食系の女子とは一体どういうことでしょうか。

肉食系女子とは?

肉食獣というと、狼やライオンのような雄々しくて強い動物をイメージするでしょう。

一般的な女の子を動物に例えるならば、猫や兎など、小さくてフワフワとした可愛い小動物を挙げる人が多いと思います。

…しかし、一見可愛らしい女子達も、中身が見た目通りと限りません。

最近では見た目は小動物なのに、内面に肉食系のスピリットを秘めた『肉食系女子』が増殖中!

ここで言う肉食系は、見た目的なものではなく、精神的な部分のことを指しています。

肉食獣は、食物連鎖の頂点で、獰猛に獲物を狩るハンターです。

獲物を見つけたら、地の果てまで追い詰めるような勢いで一目散に飛びかかり、一度捕まえたら、食らいついて離しません。

ここまで言えば、何となくお察しいただけるでしょう。

肉食系女子とは、好いている男性に対して積極的な狩る側の女子達のことです。

とある歌詞のフレーズに「男はみんな狼なのよ、気をつけなさい」と言うような比喩表現があります。

これまで、恋愛において狩る側として表現されるのは圧倒的に男性でした。

日本の女性たちは、男性を一歩後ろから見守るようなお淑やかで上品な大和撫子であれと教えられて来ているので、世界的に見ても恋愛的な方面に初心で消極的な人が多いらしい。

そこが日本人女性の良いところでもありますが、最近の女子は「待っているだけじゃ恋愛は始まらない!」と行動的になる人が増えているそうですよ。

その理由は、肉食系の男子が減少しているから。

最新では草食系男子と言う言葉が流行するくらい、ギラギラとした肉食系男子の文化が衰退しました。

肉食系男子が減ってしまったことで、小動物だった女子達が痺れを切らしているのでしょう。

かつての食物連鎖のヒエラルキーが崩れて、今では小動物だった女子達がまるで肉食獣のように虎視眈々と獲物を狩りにいく時代です。

肉食系女子の20個の特徴

肉食系とは言ったものの、現実では実際に相手に食ってかかるわけではありません。

肉食系女子の特徴は、肉食獣のように、“本能的な行動”をするということです。

肉食獣が獲物をロックオンした時の反応の早さや、攻撃的な姿勢は、頭で考えているのではなく、本能に突き動かされた衝動的なもの。

肉食系女子の行動も、基本的に本能の赴くまま!

食べたい時に食べる。

眠いときに寝る。

逃げるから追う。

動物がサバンナでノビノビと暮らしているように、アレコレ考えて行動するのではなく、自分のベクトルが指し示すままに、自由気ままな生き方をする人が多いんですよ。

では、実際に肉食系女子の具体的な特徴をチェックしていってみましょう。

1:自分から積極的に話しかける

肉食系女子は、何事においても積極的。

初めて会う人に話しかけたりすることも躊躇いがありません。

人類皆兄弟だと言わんばかりのフランクさは、人当たりが良いと言われることもあれば、図々しいと言われることもあるでしょう。

歯に衣着せぬ物言いで、素直に気持ちを伝えるタイプが多いので、裏表がなく分かりやすい性格をしている人も多いと言われています。

それもこれも、肉食系たる特徴のひとつ。

無駄な我慢をせず、思いついたら本能的に即実行するからこそ、初対面の人にも物怖じせず、話しかけたり仲良くなったりすることができるのです。

頭でいろいろと考えて、言葉を選んだり、言うか言わざるか悩んだりしていると、話しかけるタイミングを失ってしまうこともあるでしょう。

肉食系女子はチャンスを逃さず、ものにする機動力を備えています。

2:何事も楽観的

本能に従って行動することが多い肉食系女子は、余り小難しいことを考えて頭を悩ませたりしません。

どんなことも、何とかなるだろう、と楽観的に考えているので、思い立ったら即行動です。

頭の中でゴチャゴチャ考えるのではなく、あまりにも直感的に動くので、自分自身の行動原理やパターンを正確に把握していない人が多いのです。

その人の言動について動機や思いなんかをを聞いてみても、「何となく」というような非常にアバウトな回答が返ってくるこがしばしば。

本人的にも、説明できない衝動的な行動パターンがあるのでしょう。

肉食系女子は、こうした特徴から「楽観的な人だ」と言われるタイプが多いようですね。

筋道立てて、順序よくコツコツ進めていく論理的なタイプではないため、時には危なっかしい人だと思われることもあります。

何を考えているか、イマイチ分からずに見ているとハラハラするので、心臓に悪いです。

3:行動力がある

肉食系女子は積極性があり、思い立ったら深く考えずに即行動を起こすためアクションがとんでもなく早い!

「いつの間に?」と思うほど、行動が早いので、知らないうちに、リードを縮めていることが多いのです。

肉食獣は、俊敏なので、そう簡単に捕まりませんよね。

肉食獣は、オンとオフの切り替えが激しく、ゆっくり微睡んでいる時間と、狩りモードの様子が全然違います。

やる気になったら一気に行動力が高まるので、獲物との距離をスグに縮めることができるんです。

この行動力は、仕事やプライベートなどあらゆる所で発揮されるものですが、「興味の対象」でなければ本領は発揮されません。

その人にとって価値のあるものか、そうでないかによって、本気のスイッチが入るかどうか決まります。

スイッチがオフの状態と本気モードの時のギャップが大きいので、驚かれることもあるでしょう。

4:自分に自信がある

肉食系女子は、自分に自信を持っている人が大半です。

自分のいい所をしっかり知っていて、どんなところが強みなのかを把握している人は、ここぞという時に強い人です。

肉食獣も、牙や爪、脚力、聴力、嗅覚など、さまざまな武器を持っています。

凄いところは、武器そのものではなく、それぞれの使い所を弁えて、臨機応変に使い分けできることでしょう。

肉食系女子も同じように、状況や相手によって有効な手段を見極め、虎視眈々と獲物を捉える機会を狙っているのです。

それに自分に自信を持っている人は、堂々としていて魅力的に見えるものです。

自信は見た目や行動に現れるため、周りを引き付けるオーラとして人々の目に映るでしょう。

5:恋愛において切り替えが早い

肉食系女子は、恋多き女です。

積極性や行動力は、もちろんの事ながら恋愛面にも影響するので、好きになった人には猪突猛進。

恋を成就させるために自らアプローチしていくタイプでもあります。

好きになる相手も直感的に選ぶことが多いので、割と惚れやすい人が多いのも特徴のひとつ。

好きな人がいない時期がほとんど無いくらい、恋愛に関して前向きです。

もしも、フラれたり、恋人と別れることになっても、クヨクヨせずさっぱり見切りをつけます。

次の恋へと進んでいく切り替えの早さは、ターゲットを切り替える肉食獣さながらの鋭さです。

6:好奇心旺盛


好奇心が旺盛で、色々なことに興味が移りゆく気の多さも肉食系女子の特徴です。

動物が玩具を見つけて目を輝かせているように、何か新しい興味対象を見つけた時の反応たるや、それはもう凄まじいもの。

興味を持ったものに対して、スグに食いついていく姿は、実にアクティブでエネルギッシュ。

その対象が人であれ、モノであれ、少しでも気になったらまずは自分の目と肌で確認してみないと気が済まない質です。

肉食系女子のお天馬な一面は、周りの人を巻き込んで振り回してしまうことも少なくありません。

しかし、好奇心旺盛な反面、飽きやすい所があり、1度興味が失せたものには、見向きもしません。

スグに手を出すスピード感と引き際の潔さは、恋愛の切り替えの早さにも通ずるものがありますね。

7:フットワークが軽い

肉食系女子は、良くも悪くも非常に身軽です。

行動的で、興味の幅が広いとなると、気になることができると一直線。

周りの制止も振り切って、我が道を突き進んでいってしまいます。

良くいえばチャレンジ精神が旺盛でフットワークが軽い人なのですが、見方によっては常にフラフラしていて、集中力のない人に見えてしまう可能性もあります。

恋愛においても経験が豊富で、切り替えが早いことから、気が多く軽いタイプの女性だと思われることがあるでしょう。

本人的には、自分の感情の赴くままに行動しているだけなので悪気はなく、どの時も至極真っ当に真剣。

どんな経験も恋愛も、何一つ無駄なことだとは思っておらず、楽しい思い出になっていることでしょう。

勢いはあれど、どの行動も直感的に行なっているので、相手を弄んだり、誑かしたいわけではありませんよ。

8:1人行動も平気

肉食系女子は、一般的な女子のイメージの枠にはハマらない部分が多々あります。

例えば、1人行動に抵抗がないというところ。

女子は大概、グループ行動を好み、どこに行くにしても複数名で固まっていることが多いですよね。

しかし、肉食系女子と呼ばれる女子たちは、グループ行動じゃなくても全然大丈夫。

女子は集団心理が強いため、みんなで同じことをして共感し合うことで安心感を得ることが多いのですが、肉食系女子は、自分の意志が最優先で自立したタイプが多いので一人での行動も何のその。

周囲に依存せず、自分で自分の行動をコントロールしています。

おひとり様での食事なんかも抵抗なくできる人が多い印象です。

9:ボディタッチが多い

肉食系女子は、男女問わず非常に近い距離感で接する人が多いようです。

フレンドリーで積極的に周囲とコミュニケーションをはかるので、性別や年齢を問わず、幅広い人と仲良くできます。

仲良くなった人には、気兼ねなく接するタイプなのでボディタッチや接触が多く、異性からするとドキッとする瞬間もあるでしょう。

もちろん、好意をアピールするために下心を込めてやっている人もいますが、割となんの思惑も無しに、自然にボディタッチをしている人もいます。

そういう人は、単なるスキンシップの一つとして捉えているので、いやらしさはなく、とてもナチュラルです。

10:彼氏が途切れない

肉食系女子は恋愛ごとに関して、とてもアンテナが高く敏感です。

獲物を狙うハンターのごとく、つねに新しい出会いを探し求めているので、彼氏が途切れることなく、常に恋愛中という人が大多数。

好きな人を追い求めて、自分のモノにするために自らドンドン行動する姿勢は肉食系女子の最たる特徴です。

ハンティングをすることを楽しんでいるので、追われる恋愛より追う恋愛が圧倒的に多いでしょう。

1度ターゲットを見定めたら、どんなカタチであれ決着がつくまで根気強く狙い続けます。

恋愛モードに入った肉食系女子は、普段の数倍積極的で行動的。

持ちうるスキルを総動員させて、相手をあの手この手で仕留めにいきます。

しかし、いざ、捕まえて追われる立場になると冷めてしまうところが難点ですね。

11:自分から告白することが多い


肉食系女子の恋愛は自ら追いかけて、主導権を握りたがるので、告白も自分からすることが大半です。

欲求に素直従って行動するため、駆け引きを楽しむような繊細な恋愛ではなく、ストレートに気持ちをぶつける潔い恋愛をします。

好きな人ができたら、自分の気持ちを隠そうとしないので、恋をしたら一目見て分かると思いますよ。

12:男を落とすテクニックを持っている

自分に自信があり、自分の魅力を上手く活用することのできる肉食系女子は、男性を落とすテクニックにも長けています。

日本人女性らしい慎ましやかな姿よりも、海外的な積極的な恋愛アピールをするので、日本男児としては新鮮で刺激的な体験です。

日本の女性は、物静かで落ち着いたタイプが多いので、自信満々に迫ってくる積極的な女性がいたら、男性的には非常に喜ばしいことですよね。

積極的に自分に構ってくれて、一生懸命に追いかけてくるところや、言葉をストレートに伝えてくれるところ、ボディタッチが多いところなど。

肉食系女子の行動には、男心を刺さるポイントをいくつも押さえています。

13:恋愛経験が豊富

いつも彼氏がたえない恋多き肉食系女子は、同世代の間でも恋愛の幅や経験も豊富です。

好奇心が旺盛なことから、あらゆるタイプの人に興味を持つため、彼氏に選ぶ男性の系統も実にさまざま。

人には相性や好きなタイプがあるものですが、肉食系女子はそんなのお構い無し。

とりあえず、直感的に「面白そう!」「気になる!」と思ったら、すぐその人に夢中になってしまいます。

私達はこれまでの経験から、苦手なタイプの人をカテゴリー分けしてしまいがち。

あまり知らないうちに、勝手に人のことを判断して部別するのは良くないことだと分かってはいても、自分を守ろうとして保守的になってしまうんです。

しかし、肉食系女子は、守りに入りません。

偏見を持たず、好戦的な態度で向かっていくので、はなから好き嫌いを分けずにいろんなタイプの人と接点を持つので恋愛相手の幅も手広いです。

いつも同じようなタイプと付き合う人よりも、圧倒的に豊富な経験値を持っていますよ。

14:友達より恋愛を重視する

肉食系女子は友情よりも、圧倒的に恋愛を重んじる恋愛体質が多い傾向です。

本能的に行動する肉食系女子は、周りのことをかえりみず、自分のしたいように自由に生きています。

ですので、なにか夢中なことができると、他のことを投げ打ってでも、やりたいことを貫き通すスタイル。

恋愛のこととなると、特に一本集中型なので、友人関係はさておき、恋愛を一番に考えて行動するようになります。

彼氏ができると急に付き合いが悪くなったり、話の話題の大半が恋愛関係になったりするでしょう。

15:下ネタにも引かない

下ネタにも怯まない、強かさと堂々さは経験豊富な肉食系女子ならでは。

特に男女間で交わされる下ネタトークの際に、なんの躊躇もせずサラリと答えてしまったり、自ら下ネタ発言をすることもあります。

通常、男女の会話で下ネタはハードルが高いものですが、何事にも素直にハッキリ発言する肉食系女子には、余り下ネタを恥ずかしいと思う気持ちは無さそう。

16:夜のスキンシップも積極的

肉食系女子の積極性は、夜の恋人同士の営みでも発揮されます。

本能的な欲望に忠実な肉食系女子は、性欲が強く、その欲求に大半素直に従います。

恋人同士でイチャイチャしたり、スキンシップをとるのも好きで、彼氏は頻繁に求められることにでしょう。

17:連絡は自分からするのが当たり前

行動は派の肉食系女子は、恋愛におけるリード権をしっかりと掌握して、自らのペースにグイグイ引き込んでいきます。

連絡も非常にマメで、自分から積極的に連絡を入れるので、相手側は愛されている実感が大きいでしょう。

連絡が多いと、気持ちが重いと思われたり、鬱陶しいと思われる可能性を心配したりしますが、肉食系女子は気持ちの赴くまま行動していくので、逆に清々しいくらい。

無駄な悩みに頭を悩ませず、恋愛を心から楽しむことができます。

18:友達の好きな人でも関係ない

肉食系女子は恋愛脳なので、友情<恋愛の法則は徹底されています。

好きな人については、それが例え友人の好きな人や恋人だとしてもお構い無しに恋愛を優先。

略奪愛もなんのその、欲しいものは多少強引にでも手に入れるのが肉食系女子スタイルのようです。

19:意思が強い

自分の気持ちに素直に行動する肉食系女子は、意思が強く、その人なりの信念を持っていることが多いです。

一度コレと決めたら、周りの意見を聞き入れず、自分自身が納得するまでやり通す頑固な一面も持っています。

20:飲み会など楽しいことが大好き

肉食系女子はひとが集まる飲み会や、フェスのような盛り上がるコンテンツが大好き。

彼氏がいようと、いなかろうと関係なく、常に刺激的な新しい出会いを求めて目を光らせているのです。

みんなでワイワイ過ごしたり、はしゃいだりすることに楽しさを感じるので、飲み会や集まりへの参加率は高く、友人関係のコミュニティも手広いですよ。

相性の良い男性タイプは?

肉食系女子は、好きになる男性のタイプに細かな制限やこだわりはありません。

本能的にビビっときたら、それが始まりの合図になります。

積極的でスキンシップ好きの肉食系女子は、相性の良い男性のタイプにどんな人が良いのか考えてみました。

理系男子

理系で細かいことまできっちりしている男子は、仕事でもプライベートでも、常に気を張り詰めていることが多いので、肉食系女子のおおらかで自由な一面に惹かれることがあるでしょう。

頭で考えるタイプお本能で考えるタイプなので正反対ですが、全く異なる属性だからこそ新鮮。

意見が相違して、喧嘩しそうなイメージがありますが、自分と180度違う考えともなれば「そんな考えがあるんだなぁ」と、受け入れやすくなります。

もちろん人によっては反発しあう事もあると思いますが、全く違うタイプだからこそ、お互いにない部分に惹かれ合い、それぞれ補い合っていくことに面白さを感じるでしょう。

【理系男子の特徴は、こちらの記事もチェック!】

優柔不断男子

人の意見に左右されてしまう優柔不断な男子は、行動的でハッキリした性格の肉食系女子を頼れる存在として尊敬します。

肉食系女子は直感を信じて、物事をサクサク進めていくので、ゴチャゴチャ悩んだりしません。

考え方をまとめたり、行動するのが早いので、優柔不断な人がとは真逆。

何をするにも、答えを出すまでに時間がかかってしまう優柔不断男子は、決断力があり、常にリードしてくれる肉食系女子に頼りがち。

1人だとなかなか答えを出せない男子は、周りから「早く決めて!」「はっきりして!」と言われてしまうことも多いのですが、肉食系女子はスグ答えを出して「これでどう?」と決めてくれるので、相性が良いと言えますね。

弟系男子

甘えたがりの弟系男子は、積極的で姉御肌基質の肉食系女子の強かさと頼りがいのある所に惹かれます。

周りと群れず、我が道タイプの肉食系女子は、女の子らしさと言うよりもかっこよさが強いため、強めのお姉さん系女子を好む弟系男子にはピッタリなんです!

肉食男子

肉食系女子にはやはり肉食男子がベストマッチ。

恋をすると情熱的になる肉食系同士、同じ熱量で互いを思い合うことができます。

肉食系は愛情表現やスキンシップも頻繁なので、時には相手に鬱陶しいと思われたりすることもありますが、同じような感性を持つ相手なら物足りなさを感じることもなく、欲しいものをしっかり補い合うことができます。

まとめ

肉食系女子の生態について、よくお分かりいただけましたか?

肉食系女子は、恋愛離れしている現代の若者にとって、見習うべき点が沢山あるように思います。

恋愛をしなくても、SNSやゲームなど、人と繋がる手段が多様化したことで、人は目の前の人との関係を少し軽んじているように思います。

肉食系女子は、楽しいことがごまんとある世界だからこそ、恋愛も趣味も仕事も、何事にも積極的に取り組み、自分の世界を充実させようとしているのでしょう。

こうした欲張りさと、ハングリー精神は、非常に大切なことです。

肉食系女子を見習って、刺激的な日々を楽しみましょう!