職場や学校のクラスなどで気になる子が出来ても、始めはどの様に声をかけて良いか分からないこともあると思います。

また今までは異性の友達として接していた子に恋心が芽生えてくることもあります。

そんな時は勇気を出して相手をデートに誘ってみましょう。

もちろん相手との現時点での距離や関係で誘い方は変わって来ます。

でもデートに誘うことで気になる子ともっと親しくなる可能性が高まります。

初めてのデートが上手くいけばその後に交際が始めるかも知れません。

ここでは気になるあの子をデートに誘うための効果的な誘い方についてお伝えしてゆきます。

デートの誘い方を学んで、気になるあの子を誘おう!

気になるあの子との初めてのデート。

そこにたどり着くには効果的なデートの誘い方を身に付ける必要があります。

一番大切なことはあなたの気持ちがどれだけ相手を思っているかですが、

スマートな誘い方を学べば、あなたの気持ちが空回りすることなくしっかりと相手に伝わり、腫れて念願の気になるあの子とのデートに漕ぎつけるでしょう。

楽しいデートも最初は相手を誘うところから始まります。

もちろんデートの誘いが100%成功するとは限りませんが、誘わないといつまでも今の関係のまま何も変わりません。

そして効果的なデートの誘い方を学ぶことで相手のOKをもらえる確率が高まります。

ここでは17のデートの誘い方のテクニックをお伝えします。

しっかり学んで気になるあの子をデートに誘いましょう!

デートの誘い文句9パターン

まずはデートの誘い文句を9パターンお伝えします。

相手の性格に合わせて誘い文句は変えるべきです。

自分の性格を変えてまで誘い方を演出する必要はありませんが、相手が好印象を持つ誘い文句を使うことは効果的です。

あまり強引な誘い方が好きではない相手にはソフトに、反対に強気なタイプが好きな子には押し気味の誘い方をしてみましょう。

そのためには気になる子の性格を知っておく必要があります。

すでに友達の間柄でしたら分かりやすいかも知れません。

また、職場の同僚などであまり話したことがない相手の場合は、まずは相手を知り、自分のことも相手に知ってもらうことから始めるとよいでしょう。

気になる異性に対して落ち着いて接することは難しいと思いますが、なるべく落ち着いた気持ちでお互いを知ってゆくところから始めましょう。

そして普通に話せるようになったらデートに誘えばよいのです。

それでは具体的にデートの誘い文句について9つのパターンでお伝えします。

気になる相手に効果的と思える誘い文句を選んでみてください。

①「チケット2枚あるんだけど…」

定番ですが効果的な誘い文句が映画やライブのチケットがあるから一緒に行かない?と誘う方法です。

ただし、この場合誘い方に2パターンあります。

相手との距離がまだ大分ありそうな場合は、チケットがたまたま2枚余っているという状況で誘ったことのするのです。

より自然に相手を誘うことが出来ます。

もちろん相手も自分を誘ってくれるということは、自分に興味があるから誘ってくれたのだと分かるのですが、自然な誘い方のためにOKが出しやすいのです。

そして相手との距離があまりなく、十分親しくて脈ありと感じている時は、相手のためにチケットを取ったことにしましょう。

相手を選んで誘っているという自分の気持ちが伝わります。

この流れでOKをもらった場合はかなりデートの成功率も高いといえるでしょう。

相手もあなたの誘いに分かって付いてきてくれているので、相手もあなたに興味があるといえるからです。

②「このお店予約しといたから」と強引に

あなたに自信があり、相手が強気な態度が好みの場合は、「このお店を予約したから」と強引に誘ってみてもよいでしょう。

人間関係で強引な展開はあまり好まれないことが多いのですが、恋愛やデートの誘いに関しては時としてドラマのような展開もありな場合があります。

密かに相手もあなたを気にしている場合や、ドラマのような恋愛を夢見ている相手には強引なデートの誘い方がよいこともあります。

OKをもらえたら予約をしたお店に行くまでや帰りの段取りも考えて演出をしてゆきましょう。

③「1回でいいからデートして!」と直球に

女性のタイプによってはストレートな表現を好む場合もあります。

そんな女性を誘う場合は「1回でいいからデートして!」と直球に誘ってみましょう。

潔いあなたの態度の好感を持ち、OKしてくれる可能性があります。

また、あなたが積極的な性格であまり計画をして誘うことが得意ではない場合、ムリをして計画を立てる必要はありません。

ムリをして計画を立てても自分らしくない場合はいずれボロが出てしまいますし、本人も自分らしくないと窮屈さを感じてしまいます。

そんな場合もストレートな表現で気になる子を誘ってみましょう。

直球勝負の方が案外うまくいくこともあるのです。

相手のタイプと自分の性格に合った誘い方をしてみましょう。

④「休みが取れたからどこかいかない?」と忙しさアピール

忙しさをアピールしながら誘うことも意外と効果的です。

「休みが取れたからどこか行かない?」などと普段は忙しいのに休みが出来たから誘いました、というアピールをしてみるのです。

この誘い方のメリットは、しっかり仕事や勉強をしているイメージを相手に与える効果と、

たまの休みなのに私を誘ってくれた、と相手にありがたみを感じさせる効果があります。

実際あなたは相手のために時間を作ってデートをするのですから、その気持ちはしっかりと相手に伝わることでしょう。

忙しさをアピールする言葉には他にも「〇日は仕事を休んで空けてあるから一緒に〇〇へ行こう」などもあり、色々と応用して使ってみましょう。

⑤「プレゼント選び手伝って!」と口実をつくる

ちょっとストレートに誘うことに抵抗がある方や、デートに誘いたい相手がストレートな表現が苦手な場合は口実を作って誘ってみましょう。

題にある様に「プレゼント選び手伝って!」という誘い方や、「〇〇のお店に試しに行きたいんだけど、一緒に来てくれる?」などデートの誘いと一見分からない誘い方をするのです。

ハードルとしては低くなりますので、OKをもらえる可能性も高まります。

ただし、OKをもらってデートに行ける場合も最初は自然な会話を心掛けましょう。

いきなり恋人の様に接しようとすると、相手は引いてしまうかも知れません。

口実通りの設定の中で仲良くなることを心掛け、徐々に打ち解けてゆくようにします。

相手も段田あなたのことが分かるようになり、心を開いてくれるでしょう。

この誘い方の場合、初めてのデートはそこまでで十分です。

次回からもっと距離を縮めてゆけば良いのです。

⑥「◯日と◯日どっちかあけれる?」選択肢を与える

あえて二択で迫る方法もあります。

日にち二択で指定して選んでもらうのです。

これには心理的なトリックが隠されています。

二択で考えている際、すでに誘いをOKする前提で話が進んでいるからです。

誘われた相手は無意識に最初からあなたと予定を作る前提でどちらかの日で空けられるかを考えます。

そのため断られる可能性が低くなるのです。

他にも応用が利くテクニックですが、ポイントは最初から目的の物事をする前提で二択にすることです。

デートの誘い以外にも色々と使えますので工夫してみてください。

⑦「今度奢らせて!」ギブアンドテイク手法を使う

何かを相手にしてもらい、その報酬として食事を奢るなどの理由を作り誘う方法もあります。

仕事であえて気になる子に手伝ってもらったり、学校で勉強を教えてもらってそのお礼をする口実を作るのです。

仕事や勉強の時間に相手と親しくなれる可能性もあります。

奢るという行為も、その前に奢るための理由も出来るので自然に誘うことが出来ます。

このギブアンドテイク手法は同性の先輩後輩などの関係ではよくあることですが、異性をデートに誘うことにも使えるのです。

相手に何かしてもらうところから始めるので時間が掛かりますが、お互いをより知るための機会だと思い楽しみながらおこないましょう。

⑧「相談があるから話聞いて!」と相談ごとを持ちかける

デートをしたい相手に相談事を持ちかけることも効果的です。

実際に相手の得意な分野や興味があることで相談をしてみるのです。

相談をすることで相手の性格もより分かるようになりますし、相手との距離も縮まりやすくなります。

優しい性格の相手であれば親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

このテクニックと⑦の奢るテクニックを併用しても効果的です。

初めに相談をして聞いてもらい、そのお礼として食事などを奢るのです。

自然な流れで誘うことが出来るでしょう。

⑨「人気のレストランの予約がとれた」と貴重な機会をもちかける

「人気のあるレストランの予約がとれた」「人気バンドのチケットがとれた」などの貴重な機会は相手のOKをもらう良い理由になります。

特に予約がとれたレストランやチケットがとれたバンドが誘う相手の好きなお店やバンドの場合、効果はテキメンです。

ただしデートであなたを相手に印象づけるには、レストランの食事や相手の好きなバンドに負けないくらいのあなたの魅力が必要になります。

また実際に貴重な機会を提供しなくてはいけませんのでやや難しい誘い方といえますが、

相手の好みが分かっている場合は比較的OKが出やすい誘い文句になります。

シンプルな誘い方

ここまでは比較的凝った誘い文句や性格別に絞り込んだ誘い方についてお話してきました。

自分に合う誘い文句は見つかりましたでしょうか?ここからは誰にでも出来るシンプルな誘い方についてお伝えしてゆきます。

あまり心理的な工夫が得意でなかったり、性に合わない場合はこれからお伝えするシンプルな誘い方をしてみましょう。

デートへの誘いは大切な最初のステップですが、緊張し過ぎるとその緊張が相手に伝わってしまい上手くいかなくなることがあります。

その様な傾向がある方は気楽に誘ってみましょう。

かえってその方が良い場合もあります。

それでは代表的なシンプルな誘い方を4つお伝えします。

①「◯◯にご飯いこー」と行き先を告げる

一番簡単な方法は「〇〇にご飯いこー」などと日常の延長で誘う方法です。

食事は誰でもしますので誘いやすいですし、相手も誘いに乗りやすいのでOKがもらいやすい誘い方になります。

2人だけでの誘いが難しい場合は、最初は複数でも大丈夫です。

慣れてきたら改めて2人きりでの食事に誘えばよいのです。

食事以外でも行き先を告げるだけの誘い方なら簡単なので誰にでも出来るでしょう。

また断られても次の機会に誘いやすい方法でもあります。

喜楽に誘いたい方におすすめの方法です。

②「ごちそうするからデートして」

初めからデートとして申し込む方法もあります。

題にある様に「ごちそうするからデートして」という誘い方をするのです。

誘う本人に普段からユーモアのセンスがある場合、より効果的に誘うことが出来るでしょう。

決して真面目な感じや上から目線で言うのではなく、ユーモアな雰囲気で言ってみましょう。

そうすれば相手もOKを出しやすいですし、断られたとしてもダメージが残りにくいです。

クールに迫る方法も魅力的ですが、ユーモアたっぷりに誘う方法も魅力的に映るものです。

③「飲みに行こう!」

シンプルに「飲みに行こう!」と誘う方法はいかがでしょうか?

いきなりお酒の席に誘われると抵抗を感じる相手もいますので、その場合は最初は仲間内の複数で行くか、食事の誘いなどお酒の席ではない場所へ誘いましょう。

そしてお互いの距離が縮まってきたら飲みに誘えばよいのです。

最もその頃には恋人として交際が始まっているかも知れません。

④「〇〇祝わせて!」

誰でも誕生日や記念日を祝ってもらえると嬉しいものです。

気になる子の誕生日や卒業記念などの記念の日を祝うという理由で誘うとOKがもらいやすいです。

素直に嬉しいでしょうし、自分の記念の日を覚えてくれている感動もあり、誘われた相手はあなたに好感を持つことでしょう。

実際に相手の誕生日にデートが出来ればその後の二人の関係も急速に縮まるでしょう。

元々誕生日は家族や恋人など大切な人と過ごす日であるからです。

相手の記念日や誕生日を覚えておき、お祝いをする理由で誘ってみましょう。

自然にデートを誘いたいとき


更により自然にデートに誘いたい場合はどの様に誘えばよいのでしょうか?

相手により色々なパターンが考えられますが、ポイントはいつもの会話の流れのまま誘うことです。

そして相手に関係することや共通の話題をネタにしてみるのです。

ここでは自然にデートに誘うための代表的な4つのパターンをお話します。

これらのパターンを使用するか、応用してみてください。

①地元を案内してもらう

相手の地元に行ける場合や、相手の地元に住んでいる場合はその地元を案内してもらう様にお願いしてみましょう。

生まれ育った故郷が好きな子や、地元愛が強い子は進んで案内をしてくれるでしょう。

相手の得意な話題も地元であれば沢山出てくるでしょうから話も弾むはずです。

相手が得意になって地元を紹介している内に、お互いの仲も良くなってゆくでしょう。

この様に地元を紹介してもらうなど、相手の得意な分野を紹介してもらう様な誘い方は上手くいく確率が高まります。

②お世話になったからご馳走するよ

一緒に何かを成し遂げたことがあったり、何か相手にしてもらったことがある場合、自然とデートに誘うことが出来ます。

お世話になったから御馳走すると理由が作れるからです。

相手の方も誘いに乗りやすいのでおすすめの方法です。

それまでのお互いの関係の延長での誘いですのでとても自然です。

更に深い仲になるには時間が必要ですが、まずは2人だけの時間を作り距離を縮めてゆきましょう。

③この前行きたいって言ってたところに行こう!

普段の会話の中で気になる子が行きたいと言っていた場所を覚えておくこともよい誘うための機会を与えてくれます。

行きたい場所、憧れの場所は誰でもそこへ行ければ嬉しいものです。

誘いたい相手の行きたい場所を覚えておき、誘ってみましょう。

以前の会話でその行きたい場所の話題で盛り上がっていれば、自然と誘うことが出来るでしょう。

④おみやげを渡すと口実をつくる

あなたがどこかに旅行に行ってきた後などに、おみやげを渡すから会いましょう、と口実を作ることも出来ます。

会社や学校で直接渡すことも出来るのですが、それではその先のデートに繋がりませんので、

「会社で私忘れちゃったから〇〇で会えない?」などと理由をつけて会う機会を作りましょう。

実際におみやげを渡すので自然な流れで誘うことが出来ます。

【必見】デートに誘うときの注意点!

ここまでにデートに誘う時の誘い文句や効果的な誘い方についてお話してきました。

この章では相手をデートに誘う時の注意点についてお伝えしてゆきます。

相手に警戒されたりタイミングを逃して失敗しない様にこれらの注意点を参考にしてみてください。

ポイントは自分本位にならずに相手の気持ちを分かりながら誘うことです。

この基本のポイントを押さえながらここでお伝えする注意点を守って誘うようにすれば、成功する確率も高まります。

よく覚えて実践してみてください。

適切な連絡頻度


まずは普段から適切な連絡頻度を守ることにしましょう。

あまりにも頻繁に連絡を取り過ぎるとかえって逆効果です。

もちろん深夜のラインや電話もよくありません。

常識の範囲で連絡を取ることで相手の信頼を得ることが出来ます。

また相手のラインのコメントの内容や会話の内容などから、今はもっと話したがっているな、とか、今はもう話を止めたがっているな、などと適格の判断する様にしましょう。

相手の望む対応が取れればデートに誘うことも難しくなくなるでしょう。

誘うタイミングを気をつける

デートに誘うタイミングも気を付けるポイントです。

相手が具合が悪そうな時や、仕事や勉強で忙しそうな時はデートに誘わずに相手を気遣う姿勢も大切です。

その様な心配りが出来れば相手の信用を得ることが出来るので、結果としてデートに誘った際にOKをもらえる可能性が高まります。

独りよがりにならずに相手の状態を考慮した誘い方が大切になります。

臨機応変な対応を心掛ける

いざデートの当日になって、相手の体調が悪くなりデートを断られてしまっても、そこで諦める必要はありません。

確かに断られたことはショックですが、本当に体調が悪いのでしたら仕方ありません。

この話は例え話ですが、この様な状況になり予定通りに行かなくても臨機応変に対応する様にしましょう。

前向きに捉えて考え直すのです。

この場合は体調を崩した相手を気遣い、ラインなどでお見舞いのコメントを送る様にしましょう。

相手もあなたの優しさを知る良い機会になるでしょう。

また、もし体調不良が断るための嘘だとしても、ラインで相手を気遣うあなたの純粋な優しさに、相手は考えを変えて次回のデートにOKを出してくれるかも知れません。

一度上手くいかなくても臨機応変な対応を心掛けて次の機会に活かすようにしましょう。

不慣れな場所に誘わない

デート先に不慣れな場所を選ぶことは控えましょう。

自分自身も良く知らない場所でのデートは余裕が持てないため焦ることになりがちです。

相手との会話や相手自信に集中出来る様に、慣れた場所でのデートをおすすめします。

お互いが行ったことがない場所へのデートは交際が始まり、お互いにすっかり心を開いた関係になってからにしましょう。

まずは慣れた場所や詳しい場所でのデートで相手に集中出来る様にすることです。

初デートはランチがオススメ

初デートはランチがオススメです。

昼間ということで安心感もありますし、仕事の合間でも行けるので比較的簡単に誘いを受けることが出来るからです。

また誘う側としても自然と誘えるので誘いやすい方法です。

周りに他のお客さんもいるので静か過ぎることもなく、時間も短めなので会話が途切れることもあまりないでしょう。

日常の中のひと時をデートに利用できるランチタイムは初デートにおすすめです。

デートに誘うまでの期間は長すぎず短すぎず

デートに誘いたいお目当ての人がいる場合は、初めてのデートに誘うまでの期間に気をつけましょう。

相手にも寄りますが、長すぎず短すぎず、適度な期間を置いて誘うことが大切です。

具体的にはすでに相手も自分に好意を示している場合はすぐにでも誘うべきですし、

相手との距離がまだある場合は何かのお礼をするタイミングや、ラインなどを交換してある程度チャットで盛り上がれるようになったタイミングが良いでしょう。

あまり早すぎても警戒されてしまう可能性がありますし、遅すぎると相手の気持ちが覚めてしまうことも考えられます。

丁度良いタイミングを見極めて誘うようにしましょう。

相手のことを知っておく

デートに誘う前に相手のことを良く知っておくことも大切です。

事前に相手の好きな物や行きたい場所、好きなアーティストや出身地、友人関係などよく知っておくとデートに誘う際やデート中の会話の役に立ちます。

そして知り得た情報を元に相手を喜ばすことが出来ればデートの誘いも簡単に出来るでしょうし、デートも上手くいくことでしょう。

話のネタを持っておく!

デートに誘う前に話のネタをたくさん持っておくようにしましょう。

会話が途切れない様にすることはもちろんですが、相手を知り、自分も知ってもらうためのせっかくのチャンスなので色々な話題を持っておくべきです。

特に相手の興味があることについてのネタはしっかり持つようにしましょう。

素敵な場所を選ぶことも大切ですが、自分自身の魅力を上げる努力も必要です。

引き際を心得る

気になる子をデートに誘い、めでたく相手のOKを得て初めてのデートまで漕ぎ着けた場合、どうしても一秒でも長く相手といたいと思ってしまうと思います。

相手も同じ気持ちであれば問題ないのですが、まだ相手はあなたほど燃え上がっておらず、

冷静な場合はそこで気持ちの上でギャップが生じてしまい、そのデートで終わってしまう可能性が出てきます。

せっかくデートまで出来たのですからその関係をもっと発展させたいものです。

そのためにはもっと一緒にいたい気持ちを抑えて、相手の気持ちも考えて引き際を心得ることが大切です。

初デートでは楽しい会話が出来れば満足として、段々とデートの回数を重ねるごとに距離を縮めてゆき、デートの時間も長くすればよいのです。

はやる気持ちは抑えて長く交際が続くようにしましょう。

デート後のケアも忘れずに

デートの誘いが成功し、初デートも大成功!その様な時はデートの後の相手へのケアも大切です。

デートの規模にもよりますが、ラインなどSNSでも構わないので、デートに来てくれたお礼や楽しかったことの感想などを相手に伝えましょう。

小さな気づかいが次のデートへと関係を繋いでくれるのです。

ランチなど小規模のデートでも、「昨日は付き合ってくれてありがと!」などとお礼の言葉をかけてあげると相手も喜びます。

相手への気づかいが出来れば、次回のデートも誘いやすくなりますし、相手からお誘いを受けることになるかも知れません。

デートに誘う前からデート中、デートの後のケアまでセットで考えておきましょう。

自然な感じでデートに誘おう


ここまで、デートの誘い方や誘い文句、そしてデートに誘う際の注意点についてお伝えしてきました。

どれも効果的なのですが、自分の性格や誘う相手の性格によって一番効果的な方法は変わって来ます。

また、複数の方法を組み合わせて使うこともありですので、良い方法を組み合わせてみてください。

片思いでもお互いに興味を持っていても、まずはどちらかがデートに誘わないと発展するはずの恋も発展出来ません。

最初の誘いは勇気が入るかも知れませんが、その勇気が2人の大きな幸せに繋がるかも知れないのです。

また、万が一デートの誘いが失敗に終わっても、そこから得た学びを新たに素敵な人が表れた際に活かせばよいのです。

私達日本人は比較的シャイな民族なので、ドラマのような誘い方をされると引いてしまう場合は多いと思います。

もちろんロマンチックな誘い方に憧れて、その様な誘い方が好きな方もいるでしょう。

もしあなたがデートに誘おうとしている人がその様なタイプだと分かっていれば、ロマンチックな誘い方をするべきです。

しかし、一般的には日本人は自然な感じでデートに誘われた方が受け入れやすいのです。

特別にロマンティストではない限り、自然な感じでデートに誘ってみましょう。

相手も自然な対応の方がOKを出しやすいのです。

そして初めてのデートでは、おすすめの場所でも書いたように、ランチや軽い会話が出来るカフェなどがよいでしょう。

時間もあまり長くなくて大丈夫です。

むしろ少し物足りない、もう少し一緒にいたいな、と感じるくらいが次回に繋がるので良いのです。

お互いが今までよりお互いを知ることが出来る会話をすることが出来れば成功といえます。

そしてデートを重ねることで段々と距離を縮めてゆき、どちらかが告白をして正式に恋人として交際をスタートさせれば良いのです。

焦らずに順を追い、自然な流れでステップを楽しむことが大切です。

そしてあなた自身も相手も自然な感じでいられるような関係がベストです。

人には相性がありますので、ムリに自分を作る必要はありません。

お互いが自然でいられるためにも、自然な流れでデートに誘えるようにしましょう。

もちろん気持ちの上では誘う相手に対する恋心や情熱があってよいです。

むしろそれらがあるためにデートが成立するのです。

大切なことはあなたの恋心や情熱が空回りしない様に気を付けることです。

相手の気持ちに合わせてあなたの気持ちも出すようにして、お互いがお互いに恋心を十分に抱き始めたら次のステップです。

告白をして正式なカップルになるのです。

ちゃんとした恋人同士になれば、もっと気持ちも素直に出せますし、恋愛感情ももっと出せるデートが出来るようになります。

そこまでいくためにも、最初のデートの誘いが必要です。

そして相手と両思いが確実な場合や、相手がロマンティストではない限り、自然な感じで誘うことが大切です。

初めてのデートの誘いには勇気が入りますが、その勇気と自然な感じのあなたの態度があれば、

きっと誘われる相手もあなたの誘い方に好感を抱き、デートをOKしてくれるはずです。

ここまでお話しして来たことを参考に、気になるあの子との素敵な未来のための第一歩を踏み出してみてください。

この記事を読んだ皆のコメント

気になってた人にチケット余ってるからと誘われたことがあるけど嬉しかった。
その後なかなかお誘いがないんだけど、今度は自分から誘ってみようかな…。