40代になってイメージチェンジをしたい、年齢に合わせて見た目を整えたいと考えている人は少なくありません。

大人の女性として深みが増す40代は、20代・30代の頃よりもまた一つ上のステージに向けて新しい魅力を発掘していきたい頃合いです。

40代になると、生活や体にも変化が表れるので、若い頃との違いを身をもって感じることも多いでしょう。

女性はいつまでも美しく、綺麗でありたいと願うものですが、変に若作りをするのはNG。

自分では大きな変化を感じていない人もいるかもしれませんが、実際30代と40代の違いは大きく、周囲からの見られ方も異なります。

「まだ40代だから」…と、見栄を張って若者に対抗しても、なかなか勝ち目はありません。

逆に「もう40代だから」…と、どこか自堕落になり美意識を欠いてしまう人もいますが、いつまでも自分らしく女性であることを楽しむことを忘れてはいけません。

そこで必要になるのは、上手に年齢に適応していく努力。

年齢に見合った変化を加えていくことで、より洗練された美しさを手に入れることができますよ、

一皮むけた大人の女性として良い年齢の重ね方をしていくために、まずは見た目からスタイルを変化させてみましょう。

今回は、40代の髪型のボブスタイルについて紹介していきます。

40代女性にボブが大人気!

40代になったことをキッカケに、自分の在り方やスタイルを見直そうと思った時に、変化を与えやすいのはやはり見た目です。

洋服選びで利用するファッションブランドも徐々に変化していきますが、髪型やメイクをそのままにファッションだけを変化させてはアンバランスになってしまいます。

スタイルを変えるときは、メイク・髪型・ファッションの3つをバランス良く整えていくことが重要!中でも、勇気がいるのが“髪型”の変化ですよね。

ファッションやメイクはお試しをしながら、自分に合うものを見極められますが、髪型のイメージチェンジはそう簡単に手直しがきくものではありませんので、大きな変化をするのが怖い…という人も少なくないと思います

「自分にはどんな髪型が似合うのだろう」「40代女性に人気の髪型はなんだろう」と考えている人に、ぜひおすすめしたいのが“ボブ”!

ボブのヘアスタイルは40代女性に圧倒的人気の髪型です。

顔立ちや輪郭によって、似合う髪型は人ぞれぞれですがボブは意外と多くの人にマッチするスタイルです。

年齢を重ねると、髪が細くなり少なくなってしまうこともあるので、これまでと似合う髪型も変化してきます。

それに、肌のハリ・ツヤも変わってくるので、髪型選びを間違えると、年齢以上に老けて見えてしまったり、暗く貧相な印象に見えたりしてしまいます。

若いころは、髪にボリュームとツヤがあり、ロングヘアこそが女性らしさであると思っている時代もあったでしょう。

しかし40代女性として、上品さと女性らしさを兼ね備えた、大人の色気や落ち着いた雰囲気を演出するにもボブのようなスッキリとした髪型がおすすめです。

一口にボブといっても、全体のシルエットやアレンジにはさまざまなスタイルがあるので、清潔感のある軽やかな色気を出したい人も、ゴージャスでありながら女性らしい優しい印象になりたい人にもピッタリ!ボブだからこそ、よりひきたつ魅力がたくさんあるんです。

ボブってどんな髪型?


髪型の“ボブ”は、よく耳にする言葉ですが、実際どんな髪型がボブなのか明確に把握できていますか?なんとなく、短めのヘアスタイルというイメージがあるかもしれませんが、ボブにはさまざまな種類があります。

ボブの定義は、皆さんがよく知る通り、まず一つ目に「短いこと」。

肩につかないくらいの長さで、毛先が顔回りに収まるくらいのイメージです。

良く知ったところで例をあげるとするならば、サザエさんのわかめちゃんやちびまる子ちゃんのような髪型です。

丸みがあり、フェイスラインに沿ったような形が一般的ですね。

さらに掘り下げていくと、グラデーションボブ・レイヤーボブ・ショートボブといった違いがあるのですが、カット技術の話になるので今回は割愛します。

髪をカットする手法によって、髪型の雰囲気は違ってくるので、同じボブでも、それぞれのイメージは異なるでしょう。

ボリューム感やレイヤーの入れ方次第で、その人にあった変化をつけられるのがボブの魅力ですね。

ボブが人気の理由とは?

ボブのヘアスタイルは40代の女性だけでなく、幅広い年代の女性から人気の髪型です。

その中でも特に40代以上の女性に選ばれることが多い髪型であることには、いくつかの理由があります。

これを知ったら、ボブにしたくなること間違いなし!

軽やかで明るい印象になる

ボブは髪が短くスッキリとするので、ロングヘアに比べて頭がとても軽くなります。

質量的な意味合いだけでなく、その人自体の印象も軽やかなイメージになるので、とても明るく爽やかな雰囲気になれますよ。

髪が長いと、色やボリュームによって、どこか暗い印象になってしまうことがあります。

髪色が暗い人や毛先が広がりやすい人は、髪全体が重く感じられてしまうのです。

それに比べてボブの長さだと、顔まわりにボリュームが集中するので、とてもコンパクト。

動きが軽く感じられ、ふんわりとした柔らかな印象になります。

髪が薄くなってきたことを隠せる

髪が短いボブのスタイルは、髪が軽いので自然でふんわりとしたシルエットを作りやすいのも特徴のひとつ。

「髪が少なくなってきた」「トップがふんわりしない…」…このような悩みを抱えている人はボブにすることで、髪の印象を変えることが可能です。

年齢を重ねると、髪が細くなったり、毛量が少なくなる傾向があり、髪が薄くなったな…と感じる人も少なくないでしょう。

女性の場合、ホルモン関係で男性ほど極端に髪が減ることはありませんが、頭頂部あたりの髪が薄くなって頭皮が見えてしまったり、毛がやせ細って全体的な毛量が少なくなってしまう人も多いんです。

髪のボリュームがなくなってしまうと、途端に見た目年齢が上がるので、髪の変化に伴って、髪にボリュームを持たせて、シルエットが美しく見えるような髪型を模索中の人もいるでしょう。

その点、ボブのスタイルは生え際がペタンとせず、ナチュラルに髪の流れを整えられるのがメリット。

ロングヘアだと、髪の質量が多く重さがあるので、生え際やトップの部分にボリュームを出すのが難しいのですが、ボブの場合は髪が軽いので重さの問題解消。

さらに、ボブの場合は基本的に髪にレイヤーが入っているため、内側の髪の長さと外側の髪の長さに緩急があります。

内側の短い髪は、ワックスを揉みこんだり、ブローをすることでボリュームの調整しやすく、全体的なシルエットを整えやすいですよ。

セットに時間がかからない

ボブの利点は、セットのしやすさだけでなく、セットにかかる時間にもあります。

髪が短いということは、乾かす時間も短く、セットをする範囲も少なく済みます。

ロングヘアの人は、髪を乾かすだけで15~20分程度かかり、さらにセットをするとなると30分以上の長丁場になることもしばしば…。

忙しい朝や時間のない時には、結構これがストレスになってしまうんですよね。

しかし、髪が短いボブならば、タオルドライをしておけば化粧をしているうちに自然乾燥でほとんど水気がなくなり、数分ドライヤーを当てるだけで乾かしきることができます。

この時間短縮は、なにげない日常生活の中でとても有利なメリットです。

ロングヘアからボブやショートヘアになった人は、髪のセットにかかる時間が大きく削減されることに喜びを感じて、髪を短く保ち続けることも多いようです。

とてもお洒落に見える

ボブやショートなど、髪が短い女性の印象を聞いてみると「お洒落」というイメージがよく挙げられます。

髪の長短は好みの問題なので、長さでお洒落の善し悪しが決まるわけではありませんが、短いヘアスタイルというだけでお洒落上級者に見えるということも確かにあるようです。

その理由として考えられるのは、ボブにすることによって全体的なスタイルの見え方が変化するからでしょう。

短い髪型は、とてもコンパクトでスッキリとしているため、小顔効果がありスタイルアップして見えるといわれています。

首・肩・デコルテが髪で隠されず、肌の露出が増えることで、顔まわりのラインがはっきり見えるのも、印象の違いでしょう。

ロングヘアよりも、顔と体の境目が明確なので等身が高く見えるようになります。

デコルテやうなじは女性らしさや色気を演出できる部位なので、そこが露になるだけでお洒落に見えるものです。

同じ服を着ていても、首元や洋服が髪で隠れないので、これまでと見え方が変わってきます。

ピアスやネックレスといったアクセサリーの類も、髪が短いと肌に映えるので、隠れていた時よりもグッとひきたって、目がいくようになります。

そうすると、ファッションのポイントをおさえたセンスの良い人に見えるので、お洒落な印象に見えるのでしょう。

アレンジしやすい

髪が短いと、ヘアスタイルのアレンジがしやすいのもポイントです。

ボブくらいの長さならば、髪の基本的なセットまで時間がかからないことにプラスして、アレンジをする際にもまとまりやすく手間もかかりません。

アイロンやコテでニュアンスを付ける場合も、少量のワックスで簡単にアレンジできますよ。

前髪やパーマのスタイリング次第でヘアアレンジの方法はたくさんあるので、いろいろ試してみたいですよね。

ベーシックなボブにしておけば、外ハネ風にしたり、ウェーブにしてみたりと、楽しみ方はさまざまです。

短いからこそできるスタイルも多いので、挑戦してみてください。

若く見える

ボブは、髪を短くして軽やかな印象に見せることで明るい印象になるうえ、年齢による髪の悩みも隠してくれます。

ボブをキープするために、伸びた毛先を定期的にカットするようにすると、健康的な髪質を維持し、髪のツヤやハリを維持することも可能。

抜け感・小顔効果・大人っぽさ・手軽さなど、さまざまなメリットがあるボブスタイルは、総合して若さを演出することができるのです。

肌のくすみやシワなど、肌のトラブルを髪で隠そうとして、ロングヘアにする人もいますが、髪により顔に影ができて、逆に目立ちやすくなることも…。

実際、ロングヘアの時よりも、髪を短くした方が、若々しく見える人も多いんです。

ボブのおすすめスタイル


いかがでしょうか。

ボブの魅力やメリットをいくつか取り上げて紹介しましたが、自分の悩みや求めるスタイルとマッチングする項目はありましたか?

ボブに興味を持ってくれた人達のために、ここからは、ボブの中でもおすすめのスタイルをピックアップして紹介します。

ボブは髪のカット方法やアレンジによって、違った雰囲気を作れるので、自分に合うスタイルを見つけてみてください。

ショートボブ

ベーシックなショートボブは、40~50代の女性に広く好まれているスタイルです。

顔の形を問わず、幅広い人に似合いやすい髪型なので、挑戦しやすいですよ。

ショートボブは小顔に見える鉄板スタイルでもあります。

頭のフォルムを“ひし形”にすることで、顔回りをスッキリと見せて、フェイスラインを引き立たせることができるのです。

毛量に悩みがある人も、ショートならば髪が重さに負けることなく、ふんわりとしたセットを作ることが可能。

顔回りにボリュームを持たせるようにパーマをあてると、より上品でエレガントな印象になりますよ。

逆に女性らしさが増す

ショートと聞くと、どこか女性らしさとはかけ離れたイメージがあるかもしれません。

ボーイッシュな雰囲気になってしまうか不安な人もいるかもしれませんが、ショートのスッキリとした清潔感は、女性の華やかさをより引き出してくれます。

エアリー感のある柔らかい印象のボブは、ナチュラルでありながら、女性らしさを感じさせる大人かわいいスタイルを作り出してくれます。

米倉涼子

ショートボブが似合う女優さんといえば、米倉涼子さんですよね。

フェイスラインに沿って丸みのあるラインを描くショートボブは、大人のできる女性という印象が強いと思います。

米倉涼子さんは、40~50代女性が参考にしたい髪型において常に上位にランクイン。

米倉涼子さんのかっこよさと美しさを兼ね備えたセクシーな姿に憧れる女性も多いんでしょう。

米倉涼子さん風の髪型のポイントは『丸みのあるボブ』『やや前下がり』『襟足は短め』『前髪は長め』『大人の余裕』という部分です。

顔の横の髪にボリュームを持たせ、厚みを出すことで髪の形をひし形にしているんですね。

ボブにしてみたいけど、フェイスラインは隠したい…という人は、前さがりのショートボブがおすすめです。

スッキリとした顔立ちの人にも似合うスタイルですよ。

ナチュラルボブ

髪を肩につかない長さで整え、全体的に丸みを持たせたナチュラルボブ。

顎先が隠れる程度の長さで、ふんわりとしたシルエットは内巻き気味になり、女性らしいラインがつくれます。

毛足が長めのボブなので、表面にツヤが出て、フェミニンな印象に仕上げることも可能。

ワンカールになるようにグラデーションを入れてカットしてもらうことで、スタイリングがしやすくなります。

手櫛だけでいろいろなニュアンスを出せる

ナチュラルボブは、セットが簡単なのもおすすめポイント。

毛先にパーマをかけてもらえば、毛先を顔側に向けて乾かしていくだけでスタイルが決まります。

柔らかいソフトワックスを毛先に少量もみこんで、束にならないようちらしてあげれば空気を含んだ優しい印象のスタイリングが完成です!

大島優子

ナチュラルボブのお手本になるタレントの一人は元AKBの大島優子さん。

現役アイドル時代も、肩につくかつかないかのボブスタイルでいる時期が多かったですね。

ロングの時期もありましたが、大島優子さんのボブが好き!…というファンはとても多いんです。

大島優子さん風の髪型のポイントは、『肩につかない長さ』『前髪は短めで横に流す』『アレンジを楽しむ』『ラフなかわいらしさ』という部分です。

大島優子さんくらいのボブは、毛足のまとまりがつきにくく、まとまりにくいデメリットがあります。

肩についてしまうと、髪に癖がつきやすくなってしまうので、髪につかない長さで整えるのが重要。

長さがあるので、外ハネやウェーブにするなどアレンジの幅が広いので、いろいろなスタイルを楽しみたい人におすすめ。

大人かわいい印象を作りたい人にはうってつけですが、セットに時間をかけたくないズボラな人にはあまり向かない長さです。

マッシュボブ

最近のトレンドヘアとして徐々に人気を高めているマッシュボブ。

少し個性的ですが、この髪型は大人の女性に似合うお洒落スタイルのひとつ。

マッシュルームのように頭頂部から耳にかけて丸みを持たせるカット方法で、襟足部分をシャープにまとめているスタイルです。

トップにボリュームを持たせ、耳下のフェイスラインは露出させるのが定番。

前髪もトップの髪の長さと合わせて短めにカットする人が多いですね。

マッシュボブは、マッシュルームさながらの丸みを持つシルエットも大変かわいいですが、パーマをあててくしゃっとしたニュアンスをつけたり、重めなマッシュにすると、こなれ感が出てお洒落度がグっとアップします。

若々しく見える

フェイスラインが見えるコンパクトなマッシュボブは、明るく活発なイメージになり若々しく見えるメリットがあります。

マッシュは髪にボリューム感があるように見えるので、黒のままだと重く暗い印象になってしまうかもしれませんので、少し透明感のあるブラウンにするのがおすすめです。

髪色を少し明るいブラウンにして、ゆるふわなパーマをかけてみると、大人っぽいカジュアルなスタイルになります。

無造作感がお洒落に見える髪型なので、スタイリングもあまりざっくりとでOK。

長澤まさみ

ボブスタイル人気の火付け役となった女優、長澤まさみさん。

長澤まさみさんの髪型は丸みのあるマッシュボブです。

ショート気味のボブですが、トップから耳までの髪にボリュームを持たせて、耳下のフェイスラインを露出させているのが特徴になっています。

長澤まさみさん風の髪型のポイントは、『トップにボリューム感のあるマッシュ』『耳にかからない長さ』『サイドはふんわり』『前髪は軽めに』という部分です。

トップからサイドにかけての髪と前髪を、耳にかろうじてかかるくらいの長さにあしてサイドにボリュームを出すことで、小顔効果が狙えますよ。

エラが気になる人など、フェイスラインを隠したいと考えている人には不向きです。

ロングボブ

海外のアーティストの間でも人気になっているロングボブは、最先端のお洒落スタイル。

肩下5㎝mまたは肩上2㎝程度という絶妙な長さのボブスタイルのことを指します。

若者の間では、ざっくりとした切りっぱなしのスタイルが流行していますね

ボブというと、おおよそ顎下から鎖骨あたりまでの長さが定番ですが、ロングボブは毛足が短すぎないことから、髪を結ぶこともできる長さとなっており、髪を乾かすのもロングより手間がかからずらくちん。

アレンジがしやすく、ケアが簡単という点から、40~50代の人からも人気が高い髪型になりました。

長さがあるのでハーフアップやラフなお団子スタイルもできます。

ロングには飽きたけど、ショート程のボブにはしたくない…という人から指示を集めています。

「ロブ」とも呼ばれている

ロングボブは「ロブ」という愛称でも親しまれており、日本国内だけならず、世界中で注目を集めているヘアスタイルです。

ロングボブは、長さやシルエットを工夫することで、オリジナリティの高いスタイルを実現することができるため、人と同じにはなりたくない!…という女性たちに人気です。

内巻き・外ハネ・ウェーブなど、その日の気分によってアレンジを楽しみたい方には特におすすめ。

上戸彩

大人の女性が憧れるボブスタイルの女優といえばこの人、上戸彩さん。

上戸彩さんは、ショートボブやミディアムボブなどさまざまなボブスタイルの変化を楽しんでいますね。

最近では、流行のロブスタイルを取り入れています。

最近の上戸彩さん風の髪型のポイントは、『前髪長めのボブスタイル』『肩上2㎝』『ラフなワンカール』『ワンランク上のおしゃれ』という部分です。

大人っぽくもあり可愛らしくもある、上戸彩さんの肩上ボブは、前髪を長めにしてサイドの髪と一緒にサラリと流すことによって女性らしさがアップ!ワンカールのパーマをかけておけば乾かすだけで簡単にセットできる長さです。

レトロボブ

レトロボブは、ちょっと懐かしい雰囲気の丸みのあるボブです。

シンプルでありながら、女性らしい毛先の丸みが人気の秘訣。

極端に言ってしまうと、おかっぱに丸みをつけたような状態です。

しかし、毛先を顔側に向けて丸くカールさせることで、かわいらしさが生まれます。

顔の面積を少なく見せられるので小顔効果も期待できます。

毛先にボリュームを集めて、重さをだしたワンカールにすることで台形のようなシルエットを作るのも人気です。

アレンジ方法によっては、ちょっとモードなお洒落感やかわいらしさを演出することも可能。

全体的な内巻きカールとあわせて前髪にもカールをつけて柔らかい印象にするのがポイントです。

ツヤツヤストレートの髪の質感が命

レトロボブは、髪表面のツヤ感とまとまりが大切になるヘアスタイルです。

ナチュラルかつクラシックなスタイルなので、大人の女性にも似合います。

毛先に動きを出したい時は、束感を出すようにワックスを全体に揉みこんでからドライヤーをすると質感を保ちながら綺麗にまとめられますよ。

“レトロ”と言っても今をときめく流行のスタイルなので古めかしさはありません。

前髪を短めにすると、今時のトレンド感が出ますが、大人っぽさを出したい時は全体の長さを合わせた長めの前髪がおすすめです。

広瀬すず

レトロボブ姿が似合う女優といえば真っ先に思い浮かぶのが、広瀬すずさんでしょう。

顎ラインに揃えられたローレイヤーのヘアスタイルが広瀬すずさんのかわいらしさを引き立てていますよね。

広瀬すずさん風の髪型のポイントは、『髪のツヤ』『輪郭に沿った丸いライン』『重めの前髪』という部分です。

顎までのラインの髪型にすることでフェイスラインが引き締まって見えるので小顔効果が得られて、全身のバランスも整います。

ワンレンボブ

ワンレンボブは、ワンレングスのボブスタイルです。

レイヤーをいれずに、全体の髪を同じ長さに整えている髪型なので、基本的に前髪が長く、後ろ髪が同じ長さになっているスタイルを想像する人が多いでしょう。

ワンレンボブは、肩の上で整えられた髪型で、お洒落でクールな印象が強いようです。

前髪が長いので大人っぽさが出る

ワンレンボブは前髪が長く全体的にサラリとしたまとまりのあるスタイルなので、ボブの中でも大人っぽい雰囲気になる髪型です。

前髪があるボブよりも、落ち着いた印象で、色気のあるスタイルになるため、40代の女性にもピッタリです。

ストレートできっちりまとめると、大人でかっこいい雰囲気になりますが、ふんわりワンカールにすると一気にフェミニンでレディな仕上がりになったり、ウェーブにすると、女性らしく華やかな印象になったりとさまざまなアレンジが楽しめます。

ワンレンボブは、全体的に毛足が長いので、ニュアンスをつけやすい髪型でもありますよ。

水原希子

TVや雑誌で活躍しているの水原希子さんは、ワンレンボブでクールな印象のモデルさんです。

大人かわいいスタイルで、女性からみても好感が持てる髪型ですよね。

水原希子さん風の髪型のポイントは、『肩上の前下がりボブ』『分け目は7:3』『シックでラフな大人スタイル』という部分です。

ざっくりとしたストレートでモードな雰囲気の時もあれば、内側にカールをつけてふんわりとした雰囲気をまとっていることもあります。

ニュアンスの変化一つで、全体のスタイルが変わってくるので、その日のファッションや気分に合わせて変化をつけてみるのがおすすめです。

分け目を変えるだけでも、印象が大きく違いますよ。

前髪の癖が強い人なんかも、ワンレングスにすれば、気にならなくなります。

ボブスタイルをもっとお洒落に!

人とは違うワンランク上のボブスタイルを楽しみたい人は、ちょっとしたアクセントをプラスしてみましょう。

40代だからと、消極的になっていてはもったいないですよ。

ちょっとしたヘアアレンジで、周りとの差が開きます。

インナーカラー

ボブスタイルは、髪が短いためロングヘアほどヘアアレンジのレパートリーがありません。

いつもの髪型にマンネリ化を感じている人は、髪のアクセントとして、インナーカラーを入れてみるのがおすすめです。

髪の下に隠れる部分だけをカラーリングすることで、派手になりすぎず、大人かわいいスタイルが完成します。

地毛よりもちょっとだけ明るい色合いを入れてみたり、髪のサイド部分や毛先だけに色を入れてみるのもいいですね。

程よい抜け感で、お洒落感がアップします。

濡れ髪風アレンジ

ウェットな質感の濡れ髪風のスタイリングは、ボブヘアとの相性もバツグン。

髪全体にツヤを与えながら、程よい束感を作ってくれるので、色っぽい大人のおフェロスタイルが作れます。

専用のワックスで全体を揉みこむだけで簡単にウェットな質感になり、しっとりとしたアンニュイなセクシーさが演出できるので、不器用な方も挑戦しやすいですよ。

重軽ミックス

ボブはダウンヘアにしておくことが多いので、何もしない状態でもお洒落な雰囲気を作れるスタイリングができたら嬉しいですよね。

そんな時におすすめなのが、程よく重さと軽さの両方をミックスさせた重軽ミックス。

毛先を重めにして、前髪は軽めに。

前髪は重めにして、毛先は軽めに。

…など、全体のバランス感に緩急をつけることで、印象がガラリと変わります。

最近話題になっている透け前髪をうまく取り入れると完成度がアップしますよ。

まとめ

最近は、有名な女優さんも多くがボブスタイルを取り入れ、多くの人がボブの魅力をひしひしと感じていることでしょう。

40代になってからも、大人としての落ち着きと女性らしいかわいらしさを両立させていきたい人にとって、ボブスタイルは新しい可能性を示してくれるきっかけになるでしょう。

顔や輪郭の形によって、また洋服の好みなどによって、似合うボブスタイルはそれぞれ異なりますので自分に合う素敵なヘアスタイルを見つけてみてくださいね。

これまでとは違う新しい自分の魅力を発見できるはずです。