プロポーズは女子の永遠の憧れですよね。

ものごころついたときから、将来は何になるの?お嫁さん!

女性は素敵な男性からプロポーズされることを、ちっちゃな頃から夢見ているのです。

それはほとんどの女性のDNAに組み込まれているかのようです。

すこしオーバーかも知れませんが、本当にそういうものなのです。

よくいわれるのは男性はちっちゃなときに、将来何になるの?と聞かれて、お婿さん!とは決して言わないということ。

本当にそういわれればそうですよね。

プロポーズされるということにこの上ない夢とバラ色の将来を重ね合わせるのが女子というものなのです。

これは男性にはわからない喜びかもしれませんね。

ご参考に!実際にあった感動プロポーズ

愛する女性とこれからの人生をともに歩くために、心に残る感動のプロポーズを女性に捧げて欲しいです。

少しくらいおおげさでもいいじゃないですか!という人には、実際にあったこんな感動のプロポーズをご紹介します。

どうぞご参考に!

出会った場所でプロポーズ

彼とは小学校からの同級生。

小学2年生のときに、同じクラスになりました。

初恋の人と結婚するのは日本中で100人にひとりなんですってね。

先日チラッと見たCMでやってました。

もちろん小学生の頃は愛だ恋だなんて意識なんてしていなかった私たちです。

成人式の会場で共通の仲間とワイワイやっていたときに再会。

そのときからなんだか意気投合して付き合うようになりました。

お互い学生だったので、卒業して、就職をして、仕事にも慣れたころ、私たちのお付き合いは5年になっていました。

ある日のデート、久しぶりのドライブ、お天気も最高でした。

彼が車で成人式が行われた会場に隣接した遊園地に行こうというのです。

遊園地好きの私は大喜びでした。

車を停めていた駐車場へ歩いて戻るとき、成人式が行われた会場の前を通りかかったとき、「俺たちここで久しぶりに再会したよなっ」といったのです。

私は、「うん」と答えただけでした。

そして車に乗って帰る途中で、少し遠回りして帰ろうといいだし、私たちが卒業した小学校の前で車を停めたのです。

「俺たちここで初めて会ったよな」と彼がいったので、私はまた、「うん」と答えただけでした。

なぜか「うん」という言葉しか出てこなかったのです。

するとすぐに彼が「結婚しよう」と一言。

私はただ「うん」としかいえませんでした。

彼もその後何もいいませんでした。

私はただ運転する彼の穏やかで幸せそうな横顔を見続けていました。

2人の思い出のお店でプロポーズ

彼と私が付き合い始めて3年たったころ、ちょうど彼が就職をして初めてのお給料をもらいました。

ちょっといいところでディナーしようといってくれ予約してくれました。

そのときから、私の誕生日や私の就職のお祝いなどのとき、必ずそのイタリアンレストランを予約してくれるようになりました。

決して安くはないレストランなのでしょちゅう行くことはできないけれど、

二人にとっては、何かいいことがあったときに二人っきりで喜びを分かちあう場所になりました。

「ねえ私就職決まったよ!」 「おっそうか!じゃあ、あそこ予約するよ}というような感じでした。

その日は急に彼がそのレストランを指定してきたので、一瞬 「ん?」とは思ったのですが、とくに何も考えず出かけていくと、彼がいきなり指輪を差し出してくれました。

びっくりしてでもとてもうれしかったです。

フラッシュモブでプロポーズ

フラッシュモブってご存じですか?

簡単にいうとインターネットや口コミで、不特定多数の人々が公共の場所や雑踏の中などに通りすがりを装って集まり、

前触れなく突然の集団行動、たとえばダンスや演奏、同じ動作などのパフォーマンスをして終わると解散、立ち去っていくという行動をすることです。

それが、だんだんといままで普通に仕事をしていて踊ったり歌ったりする場面ではない人たちが、

突如として一斉に踊って歌い出すということをするという行為に対しても使われるようになってきました。

ネットで見つけたフラッシュモブプロポーズ!

遠距離恋愛をしている二人。

彼女のお腹の中には赤ちゃんが。

今まで僕のわがままで彼女を困らせたこと、喧嘩もたくさんしたけれど、今日のフラッシュモブプロポーズを絶対成功させるぞ!

ということで、彼女の古くからの友人を遠くから呼び寄せお手伝いしてもらうということです。

彼氏と彼女がレストランのテラス近くに座っていました。

外を歩く人たちがなぜか立ち止りパントマイムのような動作をしたかと思うと身動きしなくなりました。

どこからか子供数人もやってきました。

何も知らない彼女は道行く人たちのパフォーマンスを最初は面白がって、写メをとっています。

と、どこからか外人女性がやってきてマイクを持って歌いだし、道行く人たちのダンスのパフォーマンスも派手になってきました。

あれっ彼氏はどこかへ行ってしまって席には彼女だけ。

とそこへ一人の女性が彼女のところへ駆け寄ってきました。

それは彼女の古くからの友人。

その登場に彼女も、どうして?ここに?という表情。

友人は彼女の手をとって外へ来るように促します。

連れて行かれた外の階段には赤いじゅうたんが敷かれていて、上から彼が降りてきました。

今まで不安にさせたけど結婚してください、ずっと一緒にいてください。

という言葉を聞いているときの彼女の表情もよかったけれど、何より、OKをもらったとき、彼が両手を上につき上げてガッツポーズをした、うれしそうな笑顔が素敵でした。

準備期間は一カ月だそうです。

がんばりましたね!よかったですね。

見ていて涙が出ました。

でもこれって彼女の性格をよく把握していないといけないですね。

好きな人にここまでしてもらえたら嬉しいですが、でもやりすぎと思われるかもしれないですし。

嫌がる女性も結構いると思います。

TDLのシンデレラ城の前でプロポーズ

TDLのシンデレラ城の前でプロポーズする人が増えているそうですね。

彼が花束とガラスの靴を持っての公開プロポーズを見ました。

実は私はシンデレラ姫の童話が大好きで、子供の頃には来る日も来る日も絵本を読んでいました。

なぜだかわからないけれど、あの物語の背景、お姫様のドレス、かぼちゃの馬車、お城、すべてに心ひかれていました。

将来白馬に乗った王子様が迎えに来てくれる、ということを夢見ていたわけではないのですが(心の底では夢見ていたかも)。

そんな私シンデレラ城の前でプロポーズして欲しいかというと、絶対イヤ!です。

シンデレラ姫の物語は自分の心の中の物語なので、それを壊したくないような気持ちです。

自分はいざそこに立つと考えると夢が実現した、ではなく、夢が壊れるような感覚です。

だからといってシンデレラストーリーに憧れていないのではないのですが。

シンデレラストーリーはあくまで自分の生きていくストーリーとして実現させたいのです。

とはいっても彼が必死で考えて、選んでくれたプロポーズ方法なら、きっとうれしいでしょうね。

USJのプロジェクションマッピングでプロポーズ

USJのプロジェクションマッピングでのプロポーズも人気だそうです。

抽選に当たらないとどうしようもないらしいのですが、プロジェクションマッピングで、プロポーズのメッセージを映し出してくれるというもの。

彼女が気づいてくれるかどうか少し心配になりますが、なかなかロマンチックでよさそうです。

普段は照れていえないようなメッセージを伝えることができそうです。

シンデレラ城の前でのプロポーズより個人的にはこちらがいいと思ってしまいます。

ちゃんと結婚式をあげたカップルのほうが離婚率が低いそうです。

プロポーズもちょっと大げさでも必死で考えてしたほうがいいのかもしれませんね。

きっかけがつかめずなんとなく交際が長くなったカップルに起爆剤のような役目を果たすのではないでしょうか?

プロポーズの準備!

プロポーズには準備が必要ですね。

結婚したい!一生に一度のプロポーズですから忘れられないものにしたいですよね。

女性側から見たら、好きな人からのプロポーズだからドラマチックでも素朴でもどちらでもいいという人とできれば感動的なほうがいいという人とがいるみたいです。

どちらにしても一連の流れがあるようですね。

1.スケジュールを決定する

プロポーズしようと決心したときから、プロポーズをする手順を決めないといけないですね。

いつ誘って、どこで会ってとか、どういう話から始めて、どういう流れでプロポーズするなど。

あわてる必要はないと思うんですが、くれぐれも考え過ぎて時間を費やしすぎということだけはしないでくださいね。

女性にとっては結婚前の時間はとても貴重ですから。

2.プロポーズ方法を考える

まず結婚しよう、したいということをどうやって彼女に伝えるかです。

できるだけ彼女に喜んでもらいたいですね。

「結婚しよう」と素直にいうか、比喩をつかうか。

私なら率直にいってほしいかな。

恥ずかしがり屋の女性は、比喩を使って伝えられると、聞き返して確認とらなければいけないプロポーズは照れるんじゃないかなと思うのです。

たとえば今、CMでやってますよね。

青森へ転勤になる男性が、これからは遠距離恋愛になるといいかけた時、女性が、すかさず、「じゃあこれからは一緒にリンゴ食べられるね!」という場面。

女性から男性へのプロポーズと受け取れます。

ドラマだといいんですけど、実際そんなこといわれたら、

「それって、ただ青森でデートするときリンゴ食べられるね」っていってるだけかもしれないし、などと疑り深い私は思ってしまいそうです。

ちょっとひねくれているのでしょうか?

まあ、ひとそれぞれ好みがあるということです。

ただその場合でもちゃんとプロポーズだとわからせてくれればOKですが。

それこそフラッシュモブ形式にするのか、密やかに気持ちを伝えるのか。

3.婚約指輪やプレゼントを考える

プロポーズするとき、したあとの婚約指輪やプレゼントも考えなくてはいけないですね。

この頃では婚約指輪なしという人もいると聞きますが、やっぱり欲しいですよね、女性は。

指輪というものには特別な意味があると思うんです。

なんかこう、縁というものの存在を表現しているような・・・・そういう感じです。

ただ最近では婚約指輪に代わるプレゼントをチョイスする場合も増えてきているそうです。

4.場所やお店の設定