太っているみんな集まれー!

おデブのみなさん、毎日楽しく過ごしていますか?

自分、デブだからと暗くなったり、ひねくれていたんじゃせっかくの人生が台無しですよ。

デブで何が悪いのか、デブが何をしたのか?ダイエットはいったん置いといて、おデブの良いとこ悪いとこ一緒に考えてみませんか。

おデブを見直すことで新たな世界が見えてくるかもしれませんよ。

おデブのあなたも、そうじゃないあなたもデブという生命体を一緒に楽しんじゃいましょう。

一見、マイナスイメージな「デブ」

太っているが故に見た目で決め付けられてしまうことはたくさんあります。

例えば、おデブはこんな風に見られています。

暗い、運動が苦手そう、ご両親もおデブそう、不潔そう、優しくしてあげないとすぐにキレそう、信念がなさそう。

などなど、あらゆるイメージで見られていたりします。

所詮人は見た目なのか…とおデブの方は深いため息を何度もついてきたことでしょう。

でもこれはあくまでもイメージです。

人の勝手な考えなのであまり深く考えて傷つく必要はありません。

人は何故か、自分と違う種類の人間を見ると悪いイメージで見たりするものなのです。

それよりも自分は自分をどう思って生きているかなのが大事なんですよ。

デブは個性です!!

デブならデブでいいのです。

私は私、これが私の個性なのよ!と堂々と生きていけばいいのです。

誰かの「デブ」という言葉に傷ついてしまうのはデブに後ろめたい気持ちがあるからです。

痩せたけりゃ痩せればいいし、痩せたくないというならそのままでいればよい話なのです。

そもそも人の姿をどうこう言う方がおかしいのです。

言っていいのは親兄弟だけです。

デブに限らず人にはそれぞれの個性があります。

髪の毛が薄い人、ブスな人、口が大きい人、貧乏な人、ケチな人、みんな個性を持っています。

自分のどの部分を「個性です」と言うかは自分の自由です。

個性だと言ってもいいし、言い方を変えて「チャームポイント」と言ってもいいんですよ。

デブと言われる芸能人

今やおデブさんは、お茶の間の人気者。

テレビを点けたらおデブを見ない日はありません。

食レポにお笑い、通販番組、ありとあらゆるジャンルで活躍してますよね。

ここでちょっと代表的なおデブな芸能人を紹介しましょう。

デブ界の美女!渡辺直美

身長157cm、体重95㎏、バストはHカップの彼女がブレイクし始めたのは2010年くらいの頃、

今ではすっかりおなじみのビヨンセの口パクをやってのけて一躍有名に。

今では日本だけではなくニューヨークのライブハウスで圧巻のパフォーマンスを魅せつけています。

チケットもすぐにソウルドアウトでニューヨークの他にもロサンゼルス、台湾などでも公演している。

そんな彼女、普段はどんな生活をしているかというと、食生活は自炊はいっさいしないで外食か出前がほとんど。

そう聞くとなるほど、デブるわけだと納得してしまいます。

自宅のお部屋も汚部屋のようで、週一で業者を呼んで掃除をしてもらっているそうです。

そこらへんもナルホド、想像通りというかなんというか。

しかし彼女、こう見えてモテるんですよ。

デブっていうのはさておき美人ですよね。

目鼻立ちがハッキリしているし、なんといっても性格が明るい!

彼女、いたる所でナンパされて日本人だけじゃなくイタリア人にも声をかけられたようですよ。

人はおデブ好きを「デブ専」だなんていいますが、彼女の魅力はおデブな体型だけでなく内側から溢れる魅力が外側に出ている人と言えます。

愛嬌のあるデブ!森三中

大島美幸、村上知子、黒澤かずこのお笑い三人グループ”森三中”は「世界の果てまでイッテQ!」や「ヒルナンデス」など、

バラエティ番組を見れば彼女たちが出ている番組ばかりで、女性でだけど身体を張った撮影が視聴者のみんなに大人気です。

ここで彼女たちの体重を教えちゃいます。

大島美幸、身長166cm、現在の体重は70㎏ちょっとだとか…。

彼女、ここ何年かで体重の変動が大きくあるんですよ。

まず2013年に24時間テレビのチャリティマラソンに大抜擢された時の体重がなんと88.4㎏。

そのままじゃ走れないので減量して71.7㎏まで減量。

しかし翌年、映画「福福荘の福ちゃん」で主人公の男性を演じるために10キロ増やしたのです。

せっかく71.7まで落として今まで見たこともないくらいスリムな彼女に感動していたのに…。

しかしさすがです、この福ちゃんを演じた大島さん、10キロ増やして、丸坊坊主にした甲斐があってかしっかりと「男性」でした。

役者?魂といいましょうか、この10キロは無駄じゃなかったと思います。

それから妊活のために再びダイエットで5キロ減らして、妊娠。

しかし担当の医者からは4キロまでしか増やしてはいけないといわれたそうです。

それから無事に出産して母乳で与えていたせいかそれほど増えずにただ今、70キロちょっとだそうです。

つまりマラソンの時より少し増えたくらいですね。

村上知子、身長146センチ、体重52.7キロ。

テレビに出てきた時からポッチャリとしたイメージはありましたが、彼女なんとダイエットして63.6キロから54.7キロまで減量したのです。

今はポッチャリからややポチャと言ったところでしょうか。

昔、「黄金伝説」の企画で一ヶ月一万円で生活するコーナーでは節約料理を上手に作り、彼女はただのおデブではないなとみなさんに印象付けていました。

現在は結婚して子供もいて幸せそうなややポッチャさんです。

黒澤かずこ、身長157キロ、体重72キロ。

謎の歌詞に謎のリズムでセクシーに歌う姿はミステリアスなポッチャリさんです。

72キロと本人は言っておりますが、見た感じもう少しありそうな…そんな感じもします。

そんな彼女、まだ芸能界入りした時は58キロだったんですよ。

段々とポッチャリ道を歩んでいったのですが、もともとが可愛いせいかおデブでも結構かわいい。

ポチャ好きにはたまらないタイプの女性なのではないでしょうか。

芸能界のご意見番!マツコ・デラックス

テレビをつければ、彼女を見ない日はないですよね。

チャンネルを変えても彼女がデデーンと画面いっぱいにいますし、CMでもピザ屋やお米、デンタルリンス、洗剤、電化製品などなど。

CMの女王と言っても過言ではありません。

そしてバラエティ番組でも、ズバズバいうキレのいい物の言い方で、でもどこか愛情がある人物。

おデブなのでそうみえるのでしょうか。

そんなマツコ・デラックスさんはいつからおデブだったのかというと、もう17歳あたりから100キロはあったようです。

あとは増える一方で現在は150キロ!でもこう見えて彼女、お肉はあまり好きではないそうです。

じゃあ何を食べてそんな体重になったの?って話ですが、実は彼女は大の炭水化物好きなのです。

なんと一人でご飯を三合食べてしまうとか!これは肉を食べなくても炭水化物だけでも太りますよね、納得。

でも、この貫禄だから「ご意見番」と呼ばれているのもあるし、彼女の内側にある知性と合間ってそう見えるのかもしれませんね。

「まいう~」でおなじみ!石塚英彦

子供もお年よりも、美味しいものを食べたら「まいう~」と言ってしまうのが当たり前になったこのフレーズ、生みの親はもちろんこの人、石塚英彦さん。

彼の食レポは本当に美味しそうに食べますよね。

それを見ちゃうと、そのお店に行って食べたくなります。

それくらい彼の「まいう~」宣伝効果は抜群です。

そんな石塚さん、ただ今の体重はなんと125キロ。

けれど、あのスマイルに温厚そうな性格はおデブだから似合うってもんじゃないでしょうか。

…と、言いたいところなのですが、彼は実は性格が良くないとの噂がたっておりまして。

どんな性格かといいますと、噂では…カメラの回っていないところでは毒舌だそうで、いつも文句を言っているとのことです。

裏表のあるデブだなんてなんか怖いですね。

ごくせん俳優!脇知弘

仲間由紀恵が出演していた人気ドラマ「ごくせん」に、不良性ととして出演していました。

松本潤や小栗旬がキレのある不良として出ている中、脇知弘の役どころは、同じ不良でもポッチャリとしてて愛嬌の塊といった感じ。

ラーメン屋の息子となっている。

ラーメン食べて太ったんだなと視聴者を簡単に想像させるようなキャラ設定になっている。

ドラマの話を単調にしないために所々に出てきては、皆を笑わせて話のアクセントとなっている。

そんな脇知弘の現在の体重は122キロ。

もともとプロレスが大好きで、持ち前の体重も生かすためなのかプロレスに出たり。

俳優業だけでなく声優もこなしている。

マルチにいろんな仕事をこなしている彼はまさに「動けるデブ」といったところではないでしょうか。

おデブ系アイドル!Pottya

一昔前なら考えられませんでしたが、なななんと、ポッチャリ系アイドルが存在しているのです。

その名も「Pottya」しかも、人気だったりするんです。

みなさん、彼女たちの動画見たことありますか。

かなり激しい動きでうたを歌っていますよ。

そんな彼女たちは一体何キロなの?って思いますよね。

大木梨渚、身長158センチ 体重58キロ。

犬童舞子身長162キロ 体重64キロ。

大橋ミチ子、身長167キロ 体重87キロ。

橋本一愛、身長156キロ 体重70キロ。

本多加奈子、身長156センチ 体重64キロ。

どうでしょう、こうして数字だけみるとそんなデブデブしてはいませんよね。

まさにポッチャリといったところです。

みなさんはポッチャリとデブの境目ってわかりますか?分からない人は彼女たちを参考にするといいかもしれませんね。

彼女たちには鉄の掟があり、今の体重を現状維持できなければグループを辞めてもらうという決まりがあるそうです。

つまりポッチャリをキープしろってことですね。

素晴らしいぽっちゃり魂です。

ぽっちゃり好きな男性にはたまらないアイドルグループですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

デブのいいところ

おデブのみなさんは、自分がおデブでいることの良いところって考えた事はありますか。

普通は悪いところばかりをあげてしまいますが、いいところだってたくさんあるんですよ。

なんだかいい人に見える

これですよね。

おデブで顔がキツイ人ってそんなにいないし、もしそうだったとしても少しだけニコっとしたつもりが、ホッペタの肉がグイっと持ち上がって結構いいスマイルになるんですよ。

それに実際にいい人が多いんですよ。

何でかと言うと、みんなに「デブデブ」といじめられてきたせいか、人の痛みが分かる人間なので、他の人にツンケンしたり意地悪なことはしないんですよ。

たまには性格の悪いデブもいますが、大抵はクマのプーさんみたいにおっとりとした人が多いです。

それがいいのです。

おデブだろうがなんだろうが、性格がよければいいのです。

これでおデブだわ、性格悪いわだったら救いようがありませんがね。

誰からも愛される

おデブは性格がおっとりしている人が多いし、攻撃的な人もあまりいない。

同性同士のライバルにも成りえる可能性も低い。

そのせいでしょうか、誰からも愛されます。

その他にも、美味しそうに物を食べる、笑顔が可愛い、一緒にいて落ち着く、愛嬌がある、肌がきれい、胸が大きい、わりと打たれ強い。

などなど、こうして愛される理由を並べてみると、ん?もしかして女性のおデブさんてキャラとして愛されているだけじゃなくて、

異性として見ても「いい女」なんじゃなない?って思いませんか。

だって、こんだけ良い条件をそろえた女性って中々いませんよ。

外見の好き嫌いはあるのでしょうが、こんだけ中身がいいのだから、外側は妥協したほうがいいのではないでしょうか。

世の中の男性諸君、いまいちどおデブちゃんを見直してみようじゃありませんか。

キャラが立つ


コイツ、キャラ立ってんなー。

とその人の姿を思い起こせば、おデブだったり、ポッチャリだんだったなんてことも少なくありません。

不思議です、もしこれで普通に痩せている人がキャラが立つ様な事をしたら、以外にイラっとすることがあるんです。

しかし、おデブなら安心して心おきなく笑ってしまうんですよね。

嫌味の一言についてもそうです。

おデブなら「ふはは」と笑って流せるのですが、痩せている普通の人に言われると「かっちーん」と来たりするもんです。

どんなにキャラが立っても、愛されてしまうのはおデブのなせる業かもしれませんね。

歌が上手い人が多い

おデブあるあるの一つに、「歌が上手い」があります。

おデブと歌、何か関係あるの?って不思議に思いますが、体型に秘密があるようです。

体型の大きいと声を出したときに身体を通して振動し、身体の外に大きく響き渡るという仕組みです。

もちろん、太っているだけでは歌は上手になれません。

声の出し方、声の振るわせ方、強弱など勉強する事がある声楽ですが、痩せているよりは声が大きく出る事に有利と言ったところでしょうか。

見た目通りの力持ち

気が優しくて力持ち♪ってのは、昔の野球アニメ「ドカベン」のオープニングですが、おデブはまさにこれですよね。

おデブでお肉がたくさん付いているに、重いものも持てないヘナチョコだったらガッカリします。

ところでおデブといえばお相撲さんですが、お相撲さんてただのデブじゃないんですよ。

横綱の体脂肪を見てみますと、白鵬は25%、日馬富士は23%、幕下力士になりますが隆の富士は8.7%!あんなに身体が大きいのに。

つまり筋肉が多いということになります。

ただのデブならただ愛嬌のある男性で終わりますが、腕っ節が強くて、表情にも「自分鍛えています!」って感じが出ていたら絶対モテそうですよね。

脂肪がある分、寒さに強い


エアコンが利いている室内で、みんなカーディガンや何か一枚羽織っているのに一人涼しい顔でいるおデブ。

マイナスの極寒の地でもちょっと歩いたら汗をかくデブ。

デブは寒さに強い、どうしてか。

それは脂肪のコートを着ているからです。

体脂肪そのものが保温や防寒効果がありますし、体重が多いと基礎代謝が高いので暑がりになります。

よって寒さに強いのです。

でも反対に脂肪が多いから「寒がり」って人もいるんですよ。

基礎代謝が高い人なら暑がりなのですが、基礎代謝が低いと脂肪は熱の伝わりが低いためになかなか身体があたたまらないのです。

おデブの人はこんな経験はありませんか。

サウナに入っても肉のつきが少ない場所は汗をかいて熱いのに、脂肪が多いお腹だけヒンヤリしてるってことが。

やはりこれも脂肪が厚いために熱が外に出て行かず、表面が冷たいままになるのです。

特に女性の脂肪は冷え性の原因になるので、新陳代謝を高くするためには運動をして筋肉をつけましょう。

ダイエットしやすい


たまに特別番組でダイエット特集をやっていたりしますよね。

「あの日にかえりたい」とか「ダイエットヴィレッジ」だとか。

見ていると、トレーナー監修の元でダイエットをしているせいか彼らの体重はすぐに落ちますよね。

もちろん停滞期もあるけれども、すんなりと落ちる体重には感動するくらいです。

太っている人の方が痩せやすいの?痩せている人は体重が落としにくいの?って思っちゃいますよね。

実はこれにはカラクリがあるんです。

おデブは脂肪がたっぷり付いているので、体重が落ちる数字の幅がたくさんあるのです。

そして、ダイエットをしている時は今までの不摂生を止めただけで体重がスルスルと落ちていくのに対して、

痩せている人はもともと生活習慣がキチンとしているので、それ以上正す事もできないし、脂肪があまりないため、1キロを落とすのが時間がかかるのです。

なので、おデブだってダイエットを続けていけば停滞期にもなるし、平均体重になれば痩せている人と同じく体重を落とすのが難しくなってきます。

デブの悪いところ

今までデブの良いところをたくさん書き込んできましたが、やっぱりごめんなさい。

悪いところも当然あるわけでして。

でも、でもですよ!これはおデブを愛するが故に目に付いてしまうことなんです。

だから怒らないで聞いてあげてください。

やっぱり見た目が気になる

自分と違う形をしているせいでしょうか、やっぱり気になってついつい見てしまう。

あんまりデブいとジーーっとみてしまいますし、さらにおデブなのに奇抜なファッションをしていたらジーっと見るどころかガン見しちゃいます。

人間見た目じゃないと言っても、あんまり目立つと気になってしまいます。

ところが当のおデブはというと、二つのタイプに分かれていまして、どうどうと人目をまったくきにしていない感じのおデブと、

なんとなく自分のおデブを自覚してちょっと恥かしそうにしているおデブと。

人目を気にしないおデブは人生楽しそうです。

食べたいもの食べて、自分はコレでいいのだ!と堂々としている。

まるでアナと雪の女王の例の歌詞のような人生を送っているんだろうなと想像しちゃいます。

たぶん、少しも寒くないのでしょう。

一方、目を気にしているおデブは「自分なんて」と自己肯定が低いタイプが多いです。

そんなことないよ^^と励ましても「ううん、私なんて!」と言葉がまた返ってくる。

でもそう言いながらムシャムシャ食べていたりする。

やっぱりおデブって人目を気にしていないのかな?と思ってしまいますね。

自己管理ができない

おデブは自己管理が出来ていません。

もし出来ていたらとっくにダイエットに成功しているはずですからね。

そもそも自己管理とはなんでしょうか。

それは自分で自分をコントロールできる力の事です。

目の前のケーキを食べてはならないと律する力、面倒くさがらないで運動をしようと動き出す力、自分はおデブだから今晩のおかずはカロリーオフの物を作れる力。

自分がこうなりたい、こうしなきゃと思っている事に自分の意識をそちらに向けて行動が出来る人の事なのです。

おデブは残念ながらそのような意識をあまり持ち合わせていません。

自己管理があまりできないせいか、先の事を見通す力も低いです。

このまま太っていけばどうなるかというのもあまりわかっていません。

人によっては「うーん、わかってはいるんだけどねぇ」と言っている人がいますが、わかっていません。

だって、分かっていたらダイエットするはずですからね。

とはいえ、肥満は「生活習慣病」ですから、習慣を変えればいいのです。

おデブな生活習慣を改善するだけで、驚くほどにすんなり体重が落ちたりします。

「自分はおデブだから」と悲しい気持ちになっているのなら、生活習慣を見直してみましょう。

健康面に問題発生

肥満は万病の元です。

「おデブ」と言ってしまえば何となく明るい雰囲気ですが、「肥満」と発音すれば病気の名前なわけでして。

この肥満がもたらす病気とはなにか、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病。

これらは代表的なものですよね。

これでだけはありませんよ。

体重が重いために膝に負担がかかり、間接が痛む病気です。

若いうちは感じなかった痛みも年を重ねるごとに間接のクッションが磨り減り痛さがまします。

この病気は予防するのが一番です。

今のうちに体重を減らしておくとよいでしょう。

その他にも、肥満で顎周りに肉がつき寝ている最中に喉がしまり無呼吸になり夜中に目が覚めたり、浅い眠りになってしまうことがあります。

みなさん聞いた事があるとおもいますが「睡眠時無呼吸症候群」です。

眠りが浅くて十分に睡眠ができずに昼間に眠くなり、自動車などを運転している人は居眠り運転などをしてしまい、重大な事故を引き起こす原因になります。

おデブはけして人に迷惑はかけません。

でも、それが引き金で自分が事故を起こしてしまったら、病気で周りに迷惑や心配を掛けてしまったら悲しいですよね。

痩せている人も太っている人も健康診断は小まめにして、自分を見つめなおしてみましょう。

汗っかき

涙は止められるけど、汗ってどう精神統一したって出てきますよね。

これがおデブなら、滝のように出てきちゃいます。

みんな涼しい顔しているのに、一人だけタオルハンカチで汗をフキフキして恥かしいって思いしたことがありませんか。

手の平にびっしょり汗をかいて、突然の握手の機会に戸惑ってしまったり、あるあるですよね。

おデブは何をしててもしてなくても、汗をかいちゃうから本人は困ってます。

だってご飯食べているだけでも汗が出てきてしまうのですからね。

熱いラーメンとかならなおさらです。

しかもこの汗はかいた後に拭いたり、シャワーで流さないと臭くなってしまいます。

汗っかきのおデブさんは、小まめに体をキレイにしておきましょうね。

細い道が通れない

これもあるあるですねよね。

ラーメン屋の狭い厨房など、人が二人くらいしか通れない場所ならどちらかが壁にべったりくっついて道を作らなければ成りません。

屋内だけでなく、街にはいろんな細い道があります。

あっちから人がくるー!と思ったらおデブは先に道の脇に待機して、人がすれ違ってくれるのをジッと待ちます。

たまには堂々と真ん中を歩き、歩く人達をなぎ倒していくおデブもいますが、

そんな光景をみると映画インディージョーンズに出てくる、でっかくて丸い石が迫ってくるのを思い出しちゃいますね。

逃げ遅れたら潰されてしまいます。

服のサイズがない

服のサイズはあまり多くは望めません。

…っていうのが一昔のおデブのファッション事情でしたが、今はおデブに優しい時代になりましたよ。

しまむらにいけば「大きいサイズ」のコーナーがあって3L、5Lは当たり前にあります。

礼服もサイズが豊富になりました。

ありがたい世の中です。

72キロくらいのおデブさんなら、余裕で服を選びたい放題ですよ。

サイズが豊富でたくさんあるから、あれ?もしかして自分て本当はおデブじゃないんじゃないの??って思ってしまうくらいです。

身長がが157cmくらいの身長があれば70キロちょい越えでも、結構服はあります。

デザインによってはLLくらいで済むのではないのでしょうか。

あとゴムのスカートもイケます。

諦めないで探してみてください。

きっとピッタリの服が見つかりますよ。

おデブさんにおすすめのファッションブランド

大きいサイズは、しまむらだけではありませんよ。

今や通販でも買えますし、ネットショッピングでもいろんなサイトがあります。

痩せたら可愛い服を買うわと言っているあなた、ちょっと見てみてください。

すぐにでも欲しくなるような大きいサイズの服がたくさんありますよ。

かわいくてサイズが豊富な「clette」

cletteと書いて、クレットと読みます。

若いぽっちゃり女性向のファッション通販会社で、LLからサイズがあり、デザインもダサいものはありません。

おデブファッション特有の「ダブっ」とした服ばかりでなく、身体の線に沿ったデザインもありあります。

インナーもサイズが豊富で、ブラジャーなんかはGサイズまであるからビックリです。

クレットは若いポッチャリ女性の味方ですね。

渡辺直美さんプロデュース「PUNYUS」

PUNYUSは渡邊直美さんがプロデュースするファッションブランド。

ネットだけでなく、店舗が6つもありとても人気なんです。

ブランドのコンセプトは「女の子の持つ感情を表現する」で、デザインもキャラクターも可愛くてでもけして甘すぎないファッション。

サイズも豊富で普通サイズから6Lまであります。

同じおデブでも、ファッションに差をつけたいのならPUNYUSとってもおススメです。

通販でショッピング「Nissen」

我ら庶民の味方ニッセン!安くてデザインも豊富。

それだけでもありがたいのに、なんとニッセンはおデブのためのファッションカタログも出してくださいました。

その名も「スマイルランド」。

ニッセンのカタログと一緒に付いて来るのですが、 女の子らしいデザインはもちろん、インナーも豊富!サイズはHの105まであるのです。

これはおデブに優しすぎー!ありがたい話ですよね。

それとおデブの皆さんはダイエットをしたい、プールでウォーキングがいいって聞くけど、私にはサイズが…と嘆いてませんか?

大丈夫、任せてください!ニッセンならなんと10Lまであるんですよね。

こりゃぁ今すぐ買って、プールでエクササイズするしかありません。

ニッセンて素晴らしい、さすが通販の老舗です。

おしゃれの参考に!おデブさん専用ファッション雑誌

あなたの読んでいるファッション雑誌は何ですか「VOGUE」?それとも「25ans」?

お洒落な普通体型の女性はそれらの雑誌を読みますが。

お洒落なおデブは、おデブ専用のファッション雑誌を読むんです。

「la farfa」(ラ・ファーファ)

la fafaはおデブさん御用達のお洒落な雑誌。

表紙はもちろん美人の「ぽっちゃりモデルさん」。

雑誌の内容は、一週間着まわしテク、トレンド水着スタイル、整形超え、ヘア&メイクテク、モテカワワンピの着まわしテク、などなど。

これはポチャってなくても読みたくなる内容ですよね。

自分はおデブだからファッションなんてと思わずに、ラ・ファーファのような雑誌を読んで、愛されデブを研究するのもいいですね。

デブでもかわいいはつくれる!

おデブでもいいんです。

おデブがすきだって言う人もたくさんいます。

おデブにしか出せない可愛さって言うのは絶対にあるはずだし、それを武器に恋愛だってできちゃう。

おデブ好き専門のキャバクラもありますし、メイド喫茶もある。

たぶん時代の流れとともに人の価値観が変わってきたのではないでしょうか。

現代はギスギスした人間関係の中で心が疲弊して、癒しを求める人でいっぱいです。

そこにふくよかで、おっとりした優しい女性がいたらどうでしょう。

その場がいっきに和みますよね。

これこそがおデブの本当の底力なのです。

可愛いさとは外側のファッションや顔の造りだけではありません。

内面からあふれ出る美しさなのです。

心がまっすぐでひねくれていなければ、おデブとかは関係ありません。

あなたの内側にある優しさや人を思いやる心で、自分だけの「可愛い」を作っちゃいましょ!