大学生の頃は、アルバイト代も乏しく何かと制限されてしまう学生という肩書きが嫌でしょうがないです。

内定が決まっていないと入れないコミュニティ、社会人でないとできない契約、たった1年の差でも、学生と社会人は天と地ほども違うと感じますよね。

そんな学生からしたら待ちきれない社会人ですが、学生の頃とは違う悩みにぶつかる人が多いのです。

それが、友達ができないということ。

学生の頃はあんなに毎日遊び歩いて、家族よりも友達と過ごす時間の方が長かったはず。

それなのに、社会人になると途端に友達ができずに一人の時間が増える。

そんな人が後を絶ちません。

その大きな要因の一つに、自分の属するコミュニティが遊び相手から仕事仲間に変わったという点が挙げられます。

今までは、自分の生活のメインとなるコミュニティが大学やバイトなどの「友達」だった一方で、社会人となると途端に一線を引いた仕事仲間になるのです。

そのため、どこで友達を作ったらいいか分からない、友達はもういらないと思う人が増えてしまうのです。

でも、やはり社会人になっても友達は欲しいですよね。

一生一人で遊ばずに暮らしていくのは辛いです。

今回は、友達ができない社会人のために、その代表的な原因と社会人でも友達を作る方法をご紹介いたします!

友達ができない社会人必見!

社会人になってから友達ができないという人はたくさんいます。

周りの人は、働き始めてからも友達が多くて充実しているように見えるかもしれません。

インスタグラム、ツイッターなどを見ると、同期や先輩たちと楽しそうですよね。

しかし、隣の芝生は青く見えるというのは事実。

誰しもSNSには楽しいことしか載せませんし、そこには少なからず「自分は楽しんでいる」ということをアピールしたいという承認欲求が隠れています。

楽しそうに見える人たちも、実際は同期と一線の壁があったり先輩に使われていたりと、必ずしも友達と呼べる関係ではないのです。

ですので、周りが楽しそうだからといって焦ることはありません。

自分がダメだから友達ができないと思い込まずに、積極的に友達をつくる努力をしましょう!

社会人になっても友達は必要

では、そもそも社会人になってから友達は必要なのか?そう疑問に思う人も多いかもしれません。

ここで覚えておいて頂きたいのが、社会人とは、会社に勤めて毎日スーツで通勤している人のことだけではありません。

それは、俗に言う「サラリーマン」という人々です。

会社に勤めていると、朝から晩まで働いているから友だちなんてできない!と感じる人もいるでしょう。

そして、そんな人々は他の職業の人が時間を有効的に使って新しいコミュニティで友達を作っているのを見て、「遊んでる人はいいなあ」と思うかもしれません。

しかしもちろん、会社に勤めていないだけで他の人も立派な社会人であり、自分で稼いで自分で生きているのです。

遊んでいるように見えても、それは取引相手と打ち合わせをして、気を使ったり接待したり、やっていることは会社員と変わらないのです。

どんな職業であろうと、仕事の時間とオフの時間があるのです。

そして、そのオフの時間を充実させるために、友達は必要なのです。

仕事の愚痴を聞いてもらったり恋の悩みを相談したり、心の拠り所となる存在は、絶対に必要なのです。

友達ができない理由は9個!当てはまったら要注意

社会人になってから友達ができなくなってしまった方は多いですよね。

友達ができない原因は本当にそれぞれです。

そして、その原因次第では、一生友達を作ることが難しい時もあります。

社会人になってから友達ができないことを、他人のせいにはしていませんか?

会社の人は合わないから、地元にしか興味ないから、なんて言いわけしていると、ずっと友達なんてできませんよ!

自分が本当はなぜ友達ができないのか、本当の原因を知って改善していきましょう!

仕事が忙しすぎる

社会人で友達ができない理由、単純に仕事が忙しすぎて遊んでいる暇もないということが挙げられます。

仕事が忙しくなると、土日も構わず会社位行ったり顧客から無茶なお願いをされたりして、プライベートの時間を削られてしまうのです。

生きるために必死な一人暮らしさんや家族を養う人々は、どうしても仕事第一で生きていくことになります。

クビにされたら困るので、言われたことはなんでもやらなければいけませんし、休日出勤を断るなんてことはできません。

そんな仕事中心の生活を送っていて遊びにすら行けないのであれば、友達ができるはずはありません。

誰かに誘われたとしても、もかしたらまた仕事の連絡が入るかもしれない、この客は逃せない、なんて考えているうちに、誘ってくれる人もいなくなってしまうのです。

そんな生活をしていたら、誰であろうと新しい友達を作るのは難しいでしょう。

できるだけ仕事をコンパクトに終わらせられるように頑張ってみたり、普段の勤務態度を良くして休みをもらえるように試してみましょう。

一人の時間を楽しみすぎている


一人の時間を楽しみすぎている人も、なかなか友達ができない典型的なパターンです。

毎日毎日仕事三昧で休みが滅多にない社会人にとって、たった1日の休みでさえ非常に大切なものです。

その時間を、ついゆっくり寝てしまったり溜まっていたドラマを一気に観たりしてしまい、気づけば人と遊ぶということをしていないのです。

社社会人になると、学生の頃に適当にやっていたアルバイトとは比にもならない責任の重さが仕事に課せられます。

そして労力や頭を使う頻度もかなり多くなり、精神的にも体力的にもとても疲れます。

その疲れはどんどん溜まり、休みになってようやく満足のいく睡眠をとれて、家でゆっくりくつろぐことができるのです。

そうなれば、家の外にわざわざ出て他人と話す必要なんてないと思ってしまうのですね。

こういう人は、気づかぬうちにずーっと一人の時間を楽しんでいて、ふとした時に、そういや友達いないなあと気づく方が多いです。

一人でばかり遊んでいたなと思う人は、この際1日だけ新しい人々と触れ合ってみてはいかがでしょうか。

人間関係に疲れている

社会人で友達ができない人で非常に良く聞く理由が、人間関係に疲れているというパターンです。

学生は、学年が上がるごとに否応なしにも新しい出会いがたくさんありますが、社会人はそんなことはありません。

自分から動かなければ友達はできませんし、新しいコミュニティを見つけることすらできないのです。

社会人と学生の生活では、大きく異なる部分があります。

学生が、自分の生活のメインとなるコミュニティが学校のような友達ができる場所なのに対して、社会人はお金を稼ぎに行く仕事場が自分のほとんどの時間を過ごす場所となります。

そんな社会人が、もう新しく深い人間関係作りをするのをやめようと思ってしまうと、友達ができる可能性なんてなくなってしまうのです。

今まで散々友達を作って喧嘩して仲直りしてなんてことを繰り返してきた人なら尚更、もう一度その工程を繰り返すのは面倒だと考えるのですね。

友達作りをもう一度、浅いところからでも挑戦してみると、そのまま仲の良い友達になれるかもしれません。

まずは、動いてみることが第一歩となりますよ。

家庭を優先にしている

社会人であり家庭をすでに持っているという方。

そんな方は、やはり新しくコミュニティを見つけて入るなんてことはなかなかできないのが現状です。

家族がいるとなると、やはり仕事を早く終わらせて一刻も早く自分の家族に会いたいと思いますよね。

そして、待っているご飯を食べてゆっくり休みたいはずです。

一人暮らしの頃は、仕事から帰っても誰も居ないしご飯もない。

洗濯物も溜まり放題、、そんな生活ですよね。

そこに家族ができた喜びはとても大きいはずです。

1ヶ月に1度ぐらいは飲み会で潰れる週末があっても良いですし、誰かと買い物に行ったり旅行に行ったりしても良いのです。

毎日の家族サービスがしっかりしていれば、絶対にこのバランスは取れるはずです。

家族のことを一番に考えながら、自分のプライベートの時間も持つようにして、一層仲の良い家族を目指しましょう。

貯金を増やしたいから友達と遊ばない


どうしても貯金をしなければいけないという人も、なかなか友達ができない、遊ぶことができないのではないでしょうか。

社会人になると、家のことや身の回りのことすべてを自分のお金でやりくりしなければいけません。

普通のサラリーマンであれば、とても高級な暮らしができるようなお金は手元に残りませんよね。

そんなかつかつの生活を送っている中で、どうしても貯金しなければいけない時がきます。

車を買う、家を引っ越すなど、何か大きな出費に備えなければいけない人は、まず飲み代や遊び代を節約するはずです。

そうしているうちに、周りも呼んでも来ない人は誘わないでおこうと考え、友達を作る機会を失ってしまうのです。

貯金を増やさなければいけない時は、節約は必須です。

しかし、誰にも会わずにかつかつの生活をずっと送っていると、徐々に心が寂しくなってしまい、仕事の愚痴を吐くこともできず散財することもできず、ストレスだけが溜まってしまいます。

貯金も無理せず貯めていくようにして、少しぐらいは外の世界に出てお金を使わずに遊ぶという方法もありかもしれませんよ。

コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低い人は、自分から動くことが求められる社会では友達を作りにくいかもしれません。

社会人になると、周りに勝手に出会いが現れて勝手に友達ができるという環境はありません。

よく、社会人になってからやたらと合コンに参加している人がいますよね。

あれは、今までは簡単に異性と出会えていたのに、社会になった途端出会いがないことに気づいて、自分から出会いを求めに行っているのです。

これは友達についても一緒で、社会に出た途端出会いが全くなくなってしまうので、自ら合コンに参加して友達を作りにいく人もいるのだとか。

合コンなどで場を盛り上げられる人ですら、自分から動いて出会い探しに行かないと新しい友達ができない社会で、コミュニケーション能力を養っていない人が勝手に友達ができるというのは、かなり難しいことなのです。

コミュニケーション能力は、少しの勇気で得ることができます。

学生の頃は全然人と話せなかったという人でも、社会に出れば周りは自分を知らない人ばかりです。

そして、みんな仕事をしているせいか学生よりも大人な対応でさまざまな人を受け入れてくれます。

少しの勇気を出して、コミュニケーション能力を身につけて友達をたくさんつくってくださいね!

ケチな性格をしている

先程貯金しなければいけない人は、遊びを節約するとお伝えしました。

これのもっと上級者がケチな人です。

ケチな人は、何か貯金しないといけない用事がないとしても、自分のお金を出すのを極端に嫌います。

その結果、友達を作る機会が減ってしまい一人の時間が増えてしまうのです。

もともとすごくケチな人っていますよね。

学生の頃から、絶対にすべて割り勘で自分は絶対に後輩にも奢らないという人は意外といます。

そういう人たちは、社会人になるとより一層そのケチさに磨きがかかるのです。

自分で毎日必死に働いて、そのお金で自分が生きていくための食料や服を買うのです。

さらに、スーツのクリーニングやジムなど学生の頃はかからなかった費用がたくさん増えていくのです。

そうなると、ケチな人はもっともっとケチになり、次第に誰かと会うこともやめてしまうのです。

もし友達を作ろうと思うのであれば、人との遊びも良い投資だと思って、少し豪快でいこうぐらいの気持ちで出かけてみてはいかがでしょうか。

性格が暗い

性格が暗いと、どうしても友達が出来づらいという事実があります。

明るい性格の人には周りが集まりますが、暗い人のところには人は集まりません。

負の空気は感染すると言いますが、プラスの空気も同様だと言われています。

つまり、明るい人と一緒にいれば、自分も気分が滅いらずに明るくなれるのです。

逆に、ずっと四六時中下を向いているような暗い人の近くにいれば、自分まで気分が滅入ってしまってやる気が損なわれてしまうのです。

社会人は、基本的にみんなそこまで深い友達ができるとは思っていないので、無難な人のところに集まる特徴があります。

浅く広くを目指す社会人にとって、一緒にいて楽しそうと一目でわかる人、つまり明るい人と友達になろうと思うのですね。

もちろんそんな人ばかりではありませんが、暗い雰囲気の人が友達を作りにくいのは事実なのです。

とはいっても、いきなり明るい性格に変わるなんてこともできませんよ。

20年以上暗い性格で生きてきたのに、いきなり社会人になって変わろうとすれば、それこそストレスになってしまいます。

まずは、自分も明るい人に話しかけてみることをおすすめします。

自分とタイプの違う人と話をするのは非常に緊張するものですが、一度話してみると案外ふつうに話せたりもします。

性格を無理に変えようとせず、いろいろな人と話す努力をしてみましょう!

具体的にどう友達を作ればいいのかわからない

学生時代にはふつうに出来ていた友達作り。

それが社会人になると途端に難しく感じてしまい、どうやって友達を作れば良いか分からないという方。

こんな方も多いようですね。

小・中学生の頃はクラスが同じであればみんな友達です。

高校になれば部活や習い事、大学になればサークルやアルバイトなど、どこででも友達を作ることができました。

しかし、社会人になった瞬間、会社というコミュニティ以外にどうやって人に会えばいいのか、どうやって新しい集まりを見つけられるのかが分からずに、友達が出来ないまま年を重ねていってしまう人が多いのです。

実際、この理由で友達が出来ていない社会人は非常に多く、自分が今までどうやって友達を作ってきたか分からないのです。

毎日仕事関係の人とばかり顔を合わせていては、本当の友達との距離感もつかめなくなってしまいます。

かといって、職場の中に本当の友達を見つけらるかというと、その可能性はほぼゼロに等しいでしょう。

そうやって悩んでいるうちに、新しい友達を作ることを諦めてしまって、地元の昔の友達ばかりと遊んでしまうのです。

もし新しい友達をつくりたいと思うのであれば、やはり仕事以外の例えば同業の飲み会やオフ会などに参加するなど、一歩ずつ動いてみるようにしましょう。

社会人が友達を作るための10個のステップ

社会人になってから友達ができない理由は、人それぞれ違いましたね。

特に、今の日働きすぎだと言われているほどに、労働時間が極端に長いです。

そんな常識が成り立っている国で、大人になってからも友達を作るのはやはり難しいかもしれません。

しかし、実際はほんの少しの勇気だけで友達は作れてしまうのです。

学生時代を思い出して、難しく考えずに人と接してみるようにしてください。

社会人も学生も同じ人間ですので、やることは同じのはずです。

では、そんな勇気の出し方ですが、具体的には何をすればいいのでしょうか?

一つずつ細かくご紹介いたします!

1、友達の友達と繋がろう

友達の友達と繋がるようにしましょう。

自分の友達であればどんな人か知っていますし、その友達が紹介してくれるというのであれば、変な人ではないはずです。

よく恋人が欲しい人が、友達からだれか異性を紹介してもらおうとします。

あれは、知らない異性は怖いけれども、自分の信用する友達であれば、自分に変な人を紹介する心配がないからです。

これは普通の友達になっても同じです。

むしろ、恋愛よりもハードルは低く、すぐに仲良くなれる場合が多いです。

共通の友人を慕っているということは、初対面の二人もきっとすぐに理解し合えるからです。

一度、周りの信用できる友達に頼んで、遊びの会に呼んでもらうなどしてみましょう。

一気に多くの友達を作れるかもしれませんよ。

2、他人に興味を持ってみる

他に興味を持ってみるようにしましょう。

人と深く関わらない理由の一つに、相手に興味がなくて関わる気が起きないというのがあります。

自分が何の感情も抱かないような相手に対しては、好きも嫌いもなくただいるだけの存在として認識してしまいます。

そこへ、一度無理やりにでも興味を持ってみてください。

例えば、この人の趣味は何だろうとか、このひとに恋人はいるのか、顔はいけているのかなど。

考え始めると、自分が相手のことをどれほど知らないのかを痛感します。

そして、これらを話題にして相手に話しかけてみるだけで、じゃあ今度飲みに行こうなんて話につながります。

興味を持ってくれる相手に対して、嫌悪感を抱くような人はそうそういません。

話しかけてくれたことが嬉しくて、きっと相手もたくさん話してくれるはずです。

3、習い事を始める

習い事を始めてみるのも、友達を作る上で非常におススメです。

社会人に人気な習い事として、女性は料理教室やヨガ、茶道なんかが人気です。

小さい頃に習うには限界がありますし、どれも自分を磨くのにとても適した習い事ですので、友達も作れて自分磨きもできるのです。

男性に人気なのは、こちらも料理教室が非常に人気であり、他にはゴルフクラブやスポーツチームなどが一般的です。

料理をする男性は増えていますし、男性専用の料理教室なんかもあります。

また、女性との出逢いも期待できる習い事ということもあり、非常に人気なのですね。

もしすこしでも暇ができれば、初めてのことに挑戦してみるのもいいかもしれませんよ!

【おすすめの習い事は、こちらの記事もチェック!】

4、アプリやネットを使う

アプリやネットを使って人と出会うのもありでしょう。

今はほとんど全ての人がスマートフォンを持っている時代で、ネット上で知り合ったといっても昔ほど危ないという意識はありません。

ネットなんかだと、検索すれば色々な掲示板が出てきて、自分の趣味を語り合ったり教えあったりということが、日々行われています。

もちろん、変な危ない掲示板なんかもありますが、実はあれはかなり少数なのです。

ニュースやテレビに出てしまうのが自殺サイトや危ない掲示板ですのでそういった印象が強いですが、普通のネット使用者にとっては話をできる癒しの場でもあるのです。

地域の掲示板を使用する

特に、地域の掲示板なんかは、就職のために地元から出てきた人にとってはとても便利なものです。

今自分が住んでいる地域でどのような社会人サークルがあるかなんかも見ることができます。

また、募集しているクラブチームや、新しく始まった教室なんかお情報も載っていますので、怪しくなくすぐに参加することができるのです。

自分の住んでいる地域となれば、交通費がかかることもありませんし、友達ができればすぐに遊びに行くことができるのでとてもおすすめです。

また、そこでできた友達と一緒に地域の他のコミュニティに参加すれば心強いですし、もっと多くの友達を作ることもできます。

一人ではなかなか行動できないことも、近くの友達が一人いるだけで勇気が出てどんどん参加しようという気になれます。

地域の掲示板は是非一度確認してみてくださいね。

異性同士の友達を探せるアプリを使おう!

また、いわゆる出会い系アプリなんかも友達を作るにはいいツールとなります。

出会い系アプリというと、顔も名前も素性が何も分からないような人と会ってデートするという印象が強いかもしれません。

しかし、最近のアプリは全然違うものになってきています。

たとえば「ティンダー」というマッチングアプリはご存知でしょうか?

あのアプリでは、ほとんどの人が顔写真を載せており、プロフィールには自分の趣味やこのアプリの使用目的などを書いています。

出会い系というだけで少し抵抗を持ってしまいますが、実は友達を作るにはいいツールだったりします、しっかり安全だと確認した上でルールを守った使用であれば、とてもおすすめです。

5、友達になれそうな人には積極的に話そう

友達になれそうな人には、積極的に自分から話すようにしましょう。

やはりコミュニティに入ったからといって、勝手に友達が増えていくわけではありません。

自分から話かけるということをしなければ、話をすることはできません。

新しい環境に入った時は、自分が話かけれそうな人に、まずはアクションを起こすようにしましょう。

特に、話しかけやすそうな人は、大抵誰にでも優しく話してくれる人でしょうから、勇気を出して自分から話かけるようにしましょう。

もし友達になれそうだなと思う人がいない場合は、また別のコミュニティを探せばいいだけです。

あまり好きになれないような人と無理やり友達になる必要はありません。

せっかく社会人になって、自分で全て取捨選択できるのですから、自分が一緒にいたいと思えるような友達探しをしてみましょう。

6、昔の友達に連絡を取ってみよう

昔の友達に連絡を取ってみるというのも、友達を増やす手段になります。

小さい頃は良く遊んでいたけど、学校が離れることで次第に会わなくなった友達なんかもおおいのではないでしょうか。

そういった友達に久しぶりに連絡を取ってみましょう。

久しぶりとは言っても元々はお互いを知った仲であった人間同士、気があう可能性は高いのです。

そこからまた仲良くなって、遊びに行く関係に発展するかもしれません。

昔の友達と大人になってから再開するのはとてもワクワクすることです。

どんな仕事をしているのか、どんな恋人がいるのかなど、昔とは違う話題で盛り上がることができるので、また新しい発見があることでしょう。

7、すぐに友達になろうとしない

すぐに友達になろうとせず、じっくり時間をかけて相手を知って行くというのも大事なことです。

友達がいないことに焦って、必死に友達探しをすることはおすすめできません。

焦ってしまうと相手の本当の性格を理解する前に深い仲になってしまう可能性があります。

自分に合わない人と仲良くなってしまっても、今後付き合っていく上でしんどくなるのは目に見えています。

せっかく社会人として新しい世界を進もうとしているのに、友達関係で悩みたくはないですよね。

時間はたくさんあるので、いろんな人と関わりを持って、ゆっくり友達を作っていくようにしましょう。

8、外に出てみよう

まずは外に出ることが大切です。

ネットが発達していると言っても、やはり外で直接接して作る友達は大事な存在となります。

それにはまずは外へ出る習慣をつけるようにしましょう。

外に出ると、居酒屋やアミューズメント施設など遊べる場所がたくさんあります。

大人数で遊んだ方が楽しい場所では、友達の友達を呼んでもらったりすることができます。

そこからまた友達の輪を広げていけば、新しい知り合いはたくさんできるはずです。

自分から友達を誘って外に出るという行動を起こせば、そこからまた新たな世界が見れるかもしれませんよ!

9、新しいタイプの友達を見つけよう

いつも同じタイプの人とつるんでしまいがちな方。

そんな方はあえて新しいタイプの友達を見つけてみるのも、友人の輪を広げるいい機会になります。

いつも仲良くするのは同じような性格、趣味、職業だという方は、その分友達の幅も狭まっていることでしょう。

自分が普段つるまない相手に対しては壁を置いてしまうので、新しい友達がなかなかできません。

社会人になった機会に、全く関わったことのないタイプの友人を見つけることも1つの手です。

初めは戸惑ってしまうかもしれませんが、自分の見たことのない世界を見せてくれる大切な友達になる存在ですよ。

全く違う価値観を持った人がおすすめ

関わったことのない人の中でも、特に自分とは全然価値観の違う人なんかは面白いかもしれません。

今まで友達を取捨選択してきた分、同じ価値観の人間同士が集まっていたかと思います。

そこに全く違う考え方の人が入ることで、自分にも大きな刺激となるはずです。

今まで気にも留めなかったことに興味を持ったり、逆に大切だと思ってたことが実はそんなに大事じゃないと気付けたり、違う価値観に触れることで自分の成長にも繋がります。

新しい友人を作るには、まず新しい価値観を受け入れる心も大切だと言えるでしょう。

10、会社のイベントや飲み会に参加する

最も友達を作りやすいと言えば、実は職場だったりします。

会社の人間は所詮仕事仲間、と思っている方も多いでしょう。

しかし、毎日顔を合わせて色々な話をする機会がある相手とは、仕事以上の仲になれることだってあるのです。

それにはまずは会社のイベントや飲み会に積極的に参加するようにしましょう。

オフィスでは出来ないような砕けた話も、お酒の場では打ち解けて話すことができます。

そこから共通の趣味や共に新たな趣味を始めようとなることもあります。

仕事は仕事だと割り切ることも大切ですが、その中にプライベートでも仲良くできる相手を見つけてみてもいいのではないでしょうか?

仲間がいる方が一層仕事も頑張れますし、すぐに相談できる友達というのは心強いものですよ!

恋人は一瞬、友達は一生

社会人で友達ができない人は世の中にたくさんいます。

特に、プライベートと仕事を分ける日本では、職場に親友がいるなんて人はほとんど皆無でしょう。

そんな社会人でも、一歩踏み出せば友達はすぐに作れるのです!

恋人とは別れがつきものですが、一度できた友達はずっと大切な仲間となります。

ステキな社会人ライフを送るためにも、友達の輪を広げていきましょう!