唐突ですが、皆さんは失恋の経験はありますか?

著者自身はそこまで女性に縁があったわけではありませんが、やはりそれなりに失恋の経験はあります。

著者の場合は、少々女性に対して奥手だったために告白をする以前の問題だったのですが、好意がある事が相手にバレて無視をされたことがあります。

そのような失恋の経験もあり、失恋のショックは分かるつもりです。

失恋するととても辛くて、やけになってしまいます。

また、失恋のショックは、新しい恋愛に発展しやすい可能性も高く、

良い相手だったら良いのですが、普段だったら決して考えられないような相手と付き合うということも考えられます。

失恋のショックから立ち直りたい気持ちは非常にわかりますが、ここは悲しい気持ちをグッとこらえて、新しい出会いに向けて気持ちの整理をしましょう。

その時に、過去の名言たちが、その心を癒してくれます。

(参考:https://gkga.jp/meigen/view/2

失恋したときは、名言が慰めてくれる

全く恋愛感情抱くことができない方以外でしたら、多くの方が失恋の経験があります。

それは、現代人の我々のみならず、過去を生きていた人も同じです。

また、小説、漫画、アニメなどでも失恋のことに関する名言はたくさんあるのです。

失恋した時、やけになって行動をしてはいけません。

勢いで好きでもない方と付き合うと、後にうまくいかないことが出てくる可能性が高いです。

ですので、いろいろな名言を参考にしながら、心の傷を少しずつ癒していきましょう。

時間が最高の良薬です。

そうすることで、また良い出会いを引き寄せることができる可能性があります。

やはり、いつの時代もどの世界にも失恋のことに関する悩みを抱えている方は結構いるものです。

同じ経験をした人の言葉ですので、心の奥底にまで入ってくるのではないでしょうか?

では、各界の偉人や、漫画、アニメの名言を一つ一つ見ていきましょう。

「二度と会いたくない男には」

こちらはリタ・ラドナーという女優の方が残した名言です。

「二度と会いたくない男には」の続きが気になりますね。

こちらは女性向けの名言なのでしょうか?

やはり女優さんだけあって、いろいろな恋愛経験を乗り越えてきたからこそ言える名言ですね。

なかなか煮え切らない男性にこのような事を言ってみましょう。

リタ・ラドナーの名言

『二度と会いたくない男には、こうおっしゃい。 「愛しています。結婚して下さい。子供が欲しいのです」と。 男は車を急発進させて逃げていくでしょう。』

結婚をする覚悟もなく、煮え切らない男性に対してこの言葉を言うと男性は恐れをなして逃げていくという名言です。

確かに、遊び半分に付き合っている女性にこのようなことが言われると恐ろしいものがあります。

でも、本命の女性にこのような事を言われたら、これほどに嬉しいことがありません。

ですので、結婚について語らずのらりくらりとかわす男性の方に、この名言を送ることでその男の心持ちが分かると言うのですね。

確かに、そこまで女性に縁がなかった著者ですので実体験はありませんが、仮に遊び半分の女性にこのように迫られるととても怖いものがあるかもしれません。

この言葉を発することで男性に逃げられたら女性はショックかもしれません。

でも、男はその男性ばかりではありません。

もしかしたらこの言葉を本気でうれしいと受け取ってくれる男性と出会えるかもしれないのです。

その時のために煮え切らない遊び半分の男は切り捨ててしまいましょう。

ウィットの効いたいい言葉です

一見「愛しています」とか「あなたの子供が欲しい」っていうのは非常にストレートで強い愛情表現です。

だけど、この強い愛情表現を「会いたくない男」に言うというのがウィットが効いていますね。

周りの男友達を見ていても遊び半分の女性に本気になられて非常に困っていると言っているヤツは見てきました。

また、色々なネット上の掲示板で調べていても、結婚に対して煮え切らない男にこのようなことを言って、本気度を見ると言うような女性の書き込みもありました。

著者自身は男性だから完璧には理解しがたいところがありますが、

女性は出産できる時期は限定的なので、そのような点からも早く結婚して出産をしたい女性も多いようですね。

そんな真剣な女性に対して遊び半分で付き合うような男は、同性ながら許しがたいものがあります。

そんな時は、この言葉を言って、そんな遊び人の悪い男を締め出してしまいましょう!(実は…、モテない男の僻みでもあります<笑)

「愛することによって失うものは」

上記の名言は、主に女性に向けてのものでしたが、もちろん男性に対しても失恋した時にこそ聞きたい名言があります。

B.d.アンジェリスの名言は、特に男女関係ないのではないでしょうか?

きっと、失恋しても、その経験を決して無駄ではなかったと思えるような素晴らしい名言です。

失恋は深く傷つくと、そのような経験はまるで無駄になってしまったような強い喪失感がありますが、

この名言はそのような辛い過去でさえも経験して良かったのではないかと思わせるほどの非常にプラス思考の名言だと思います。

では、この「愛することによって失うものは…」の続きはどのような名言が隠れているのでしょうか?

B.d.アンジェリスの名言

「愛することによって失うものは何もない。しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。」

失恋すると強い喪失感があって、全てを失ってしまったかのような悲しみがあります。

ですが、後々になって考えてみると愛することによって失うものというのは意外とないことに気がつきます。

確かに、人を好きになったって言う経験はとても貴重なものですよね。

失恋して強い喪失感を抱くと、次に恋愛するのが非常に恐ろしくなります。

だけど、失敗や失恋を恐れて何もしない事は、もちろん傷つくことは全くないけれど、何も得られないということになります。

嫁が見ていたのですが、30代半ばを過ぎても全く女性と縁がなく生きてきた男性が、

ひょんな事から20代半ばの女性を家事代行として雇うことから始まり、契約結婚するというドラマがありましたね。

その彼も、愛することによって失うものの怖さををよく知っているからこそ、女性との接触を避ける生き方をしてきました。

だけど、契約結婚することでその女性と新婚独特の親密感を深める必要が出てきました。

そこで、恋愛をする怖さよりも異性を愛する喜びに目覚めていくというドラマでしたね。

確かに失恋をすれば精神的なショックがとても大きいです。

だけど、それ以上に人を愛する喜びを感じられたのは貴重なのですね。

再起と勇気を促す名言

この名言は失恋をして大きな喪失感を抱いている人が、再起できるような素晴らしい名言ですね。

大きな喪失感を感じているからこそ、失うものの大きさを感じていて、次の恋愛に奥手になってしまう現象は誰にでも起こることです。

だけどこのような名言を聞くと、案外失うものというとそんなにないことに気づかされます。

先ほど引き合いに出したドラマは、最終回は契約結婚から本当に恋愛感情抱いてうまく結婚生活を送れると言うエンディングでした。

そのエンディングを迎える前は、いろいろと夫婦の危機があったのです。

その夫婦の危機を乗り越えることが仮にできなかったとしても、その30代半ばの彼は人を愛する喜びを知ることができて、

傷つく事を恐れて何も行動を起こさなかった頃より明らかに違うのです。

確かに失恋はショックな出来事だけど、失敗したからこそ次にどのようにしたら良いのかを身をもって体験できるのです。

ですので、次の恋愛でも失敗したらどうしようと恐れない勇気も与えてくれますね。

「失恋=大きな喪失感」という固定観念があるからこそ、このような名言を聞くと決してそのような事は無いということに気がつくことができます。

「誰かを愛して誰かを失った人は・・・」


皆さんはイルマーレという映画をご存知でしょうか?

この映画は韓国映画で、イルマーレと言うのは、イタリア語で海っていう意味なんだそうです。

映画のストーリーをかいつまんで説明すると、海辺の別荘に2年前に出された手紙が届くということから話が始まります。

手紙が来ると言うので、当然リアルタイムでのやり取りかと思いきや、

手紙を送ってくれた男性の過ごす時間が、手紙を受け取る女性の現在を生きる時間帯と所々違うことに女性が気づきます。

それは何故かと言うと、未来ではその男性は既に亡くなってしまうのです。

ですので、このような時間のズレが生じているということを気づいた女性が、その男性が亡くなる未来を回避するために色々と行動を起こします。

そんな恋愛に関する映画なのですが、やはり恋愛の映画だけやって失恋で傷ついた心を癒すような名言があります。

映画「イルマーレ」より

「誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい。」

先程の大ヒットしたドラマにも通ずるものがあるけれど、何も経験をしていないより、

例えどんなに傷ついた失恋であっても、そのような経験ができただけでも非常に貴重なのです。

大きく傷つくと「自分はだめな人間なのではないか」と思ってしまうこともあるかもしれません。

だけど、大きく傷ついた経験があるという事はその分人にも優しくなれると思います。

やはり、人間は知識で何か知るよりは実際に自分で経験することでいろいろなことを深く知ることができる一面があります。

ですので、この「何も失っていない人より美しい」っていうのは一理ありますね。

例え最後がどんなに傷つくような結果であったとしても、人を愛するのは非常に貴重なことです。

あなたの失恋は無駄ではない

この名言はあなたの失恋が決して無駄な経験ではなかったということ分かりますね。

どんなに悲しくて忘れ去ってしまいたいような結果になっても、経験したからこそ初めてわかるという事は、やはり人間誰しもあることです。

確かに大きく傷ついて今はそんな気分にはなれないかもしれません。

だけど時が経って、新しい恋人ができ、結婚し子供が生まれたりと時間が経つ毎にその経験は色々と生きてくるのではないでしょうか?

また、次にいい人に出会えた時、このような失敗したからこのようなことを気をつけようということを思えるのです。

失恋はもちろんだけど、いろいろな人間関係の失敗もきっと良い経験になります。

時々調べ物のためにネットの掲示板を見るけれど、人間関係や試練につまずいて悩みを投稿している人に辛口の意見が寄せられることも多々あるようです。

だけど、人間そんなにうまくいくことばかりではないと思いませんか?

そのような掲示板を見ると落ち込んでしまうかもしれないけれど、

案外書き込みをしている人間もそのような人間関係における失敗をしていることだってあり得るのです。

ですので、今は落ち込んで元気になれないのかもしれないけれど、

ゆくゆくは良い経験だったと思えると思ってなるべく精神状態を平静に保つ努力をしてください。

「二人の人間が愛し合えば・・・」

皆さんはヘミングウェイはご存知でしょうか?

フルネームをアーネスト・ヘミングウェイといいます。

この方は、アメリカの小説家であり詩人です。

作品としては、「日はまた昇る(1926年)」や「老人と海(1952年)」などなどいろいろな代表作があります。

1954年にノーベル文学賞を受賞したとても有名な作家です。

20世紀の文芸界に名をはせた人ですので、あまり文学に詳しくない人でも名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか?

やはり小説家や詩人だけあって、この方の名言は大変深いものがあります。

ヘミングウェイの名言は、自分は結婚して子供がいるけれど例え結婚しても安心できないと思わせるような名言です。

このような名言を聞くと、たとえ今のこの世の中で、どんなに仲の良い男女でも別れる日が来るということを感じさせられます。

ヘミングウェイの名言

「二人の人間が愛し合えば、ハッピーエンドはあり得ない。」

確かに例え結婚してずっと一緒にいることを誓いあっても、結婚したからといって必ずうまくいくとは限りません。

そして、例えどんなに仲が良くてももう少し歳をとれば、どちらかが先に亡くなってしまうかもしれません。

どんなに2人の人間が愛し合ったからといってずっと永遠に一緒にいられるわけでは無いということを感じさせられます。

それは、既婚者になった今でも変わりなく、40代が近くなって今はお互いに配偶者の病気などに不安を抱くような状態です。

そのようなことを考えると、ずっと恋愛がうまくいって結婚したからといって、その幸せはずっと続くわけでは無いということをに気づかされますね。

ですので、今回は残念ながら失恋という形でお別れをしてしまったとしても、人間は必ずしも別れを体験するのだということで、少しは励みになるのかもしれません。

そのような点から、失恋した人も結婚生活をしている人も平等に別れがありハッピーエンドではありえないということを感じさせられます。

恋とは非情なものです

人間はどんな形にせよ出会いがあれば別れもあります。

例え縁が切れない親子であっても、生まれたその日から(たいていは親の方が先だけど)どちらかが亡くなるまでいつか別れなくてはいけない必ず来ます。

普段はあまり意識しないですが、身内に不幸があったりすると、そのようなことを実感せざるをえない出来事があります。

親子の縁が切れない関係でさえそうなので、好きという感情だけで結ばれている恋人同士であれば、なおのこと別れの日が近づくリスクはあるのです。

むしろ、もともとは他人同士であったことから、もし愛情がなくなった時点でもう2人は他人同士になってしまいます。

そのような点から、なおのこと恋愛に関してはハッピーエンドはありえないと言われているのです。

恋とは非常に非常のものですね。

恋人の関係が終わって夫婦の関係になっても、あまりに感情の行き違いがあったら離婚という選択肢が出てきます。

もし子供がいれば子供はお父さんだったりお母さんであることには変わりないけれど、夫婦は離婚したら他人になってしまいます。

そのような点からも恋愛関係や人間の心だけで繋がれた感情は非常に脆いものがありますね。

「別れる男に・・・」

次は、男性が残した名言について取り上げていきましょう。

川田康成という作家をご存知でしょうか?

伊豆の踊り子などの名作でご存知の方も多いことでしょう。

大正から昭和にかけて、日本の近代日本文学の頂点に立つと言う位に活躍した作家として非常に有名です。

川端康成もまた1968年にノーベル文学賞を受賞しています。

受賞理由としては、日本人の心に関してとても感受性が優れていて、日本のみならず世界中の人から支持を集めたためだと言われています。

これから彼の残した名言を紹介しますが、男性ながらといっても大変失礼ですが、

とても感受性が強くまるで女性がそういったのではないかと思わせることにロマンティックな名言を残しています。

では、「別れる男に…」の後に続く言葉一体何なのでしょうか?

この有名な小説家の皮と康成さんの名言について見ていきましょう。

川端康成のことば

「別れる男に、花の名を1つ教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。」

やはりどんな関係であれ出会いがあれば必ず別れがあります。

特に恋愛関係は感情のみで結びついている関係なので、もしその感情面ですれ違いがあればそれはそのまま別れを意味します。

確かに、失恋をして辛い思い出があったら忘れ去ってしまいたいかもしれません。

でも、その人の思い出の中に自分がいたと言うことを刻んでおきたいと思いませんか?と言うのが、川端康成の名言なのです。

一見すると「?」と思ってしまうかもしれないけれど、別れる男性に花の名前を1つ教えておくことによって、

毎年その花が咲く頃にその男性があなたを思い出してくれるという名言です。

著者自身はあまり恋愛経験がなく、そのような事は全く思いつきもしなかったけれど、

別れの時に「この花を見たら私を思い出して」と言ってみるもロマンティックでいいかもしれませんね。

なんともロマンチックな名言

確かに、どんな風に別れるかによって、とてもじゃないけどそんなこと言う心理にはなれないこともあるかもしれません。

だけど、別れの理由は本当にそれぞれです。

お互いに好きだけど環境的にどうすることもなく別れるという選択肢が出てくることがあります。

よく見聞きするその状況によると、遠距離恋愛になってしまうのきっかけに別れるケースもあるようです。

確かに遠距離恋愛を無事に実らせることができるケースもあることにはあるのですが、やはりなかなか会えないと距離感からうまくいかない事態が出てくるのです。

そのような時に、初めからお互いに好きな気持ちは変わりないけれど別れを選択する場合があるようです。

お互いに憎しみ合ってるわけではないけれど、どうしても別れないといけない事態になってしまった時は、

このように一つの花を教える事で毎年その花が咲くことに思い出してもらうというのも良いのではないでしょうか?

「忘れたいものは・・・」

村上春樹といえば、日本人であれば知っているであろう有名な作家です。

日本人のみならず、世界中で村上春樹の事はよく知られています。

村上春樹もいろいろな賞を受賞していて、2009年エルサレム賞になど、様々な賞を受賞しています。

そんな村上春樹ですが失恋に関しても名言を残しています。

失恋をすると、そのような嫌な思い出を早く忘れ去ってしまいたいと思ってしまうほどです。

だからこそ、失恋の苦しみから逃れようと他の事に打ち込もうとします。

例えば、趣味や仕事に打ち込んであまりそのようなことを考えないようなすることも考えられますが、無理矢理にでも新しい出会いを求めてしまう事があります。

もちろん、そのようなことをして良い結果になる可能性もあるけれど、特に無理やりに異性との出会いを求めると、自分ばかりではなく相手も傷つけてしまうことになります。

では、村上春樹はどのような名言を言ってるのでしょうか?

その名言について見ていきましょう。

村上春樹の名言

「忘れたいものは絶対に忘れられないんです。」

私たちは失恋を含めて、色々と嫌なことを忘れようとします。

どんなにそのような嫌な記憶を忘れようとしても、結局は嫌なこと忘れたいことというのは絶対に忘れられないと言うのが村上春樹の名言です。

よく、くよくよとすると「そんなしょうもないことでずっと気にしてる」と言われることがあります。

だけど、なんだかんだ言って嫌な事と言うのはなかなか忘れたくても忘れられるものではないのです。

だからこそ、それを踏まえて忘れられないからダメなのだと言うふうに責めるのは良くありません。

どんなに吹っ切れているように見えても、その嫌な記憶自体と言うのは大抵は忘れていないのです。

そもそも人間は、嫌なことを忘れ難いようにできています。

それは何故かと言うと、嫌なことをすぐに忘れてしまうとまた同じような失敗を繰り返してしまうからです。

嫌なことがあった頃からこそ「もう二度とそのような失敗しない!」と思えるのです。

だから、失恋を忘れられずにくよくよする自分を決して責めないでください。

忘れられないからこそ、振り切らなければ

確かに、失恋すると嫌な記憶としてそれが残ります。

確かに忘れられない過去ですよね。

ただ、その忘れられないことを前提として、ゆくゆくは前を向いていかなくてはいけません。

でも、失恋直後はなかなかそのような気持ちにはなれないものです。

そのような状態の時は、無理に前を向こうと努力をしなくても良いです。

泣ける時はできるだけ泣きましょう。

特に男性だと、人前ではなかなか泣けないと思いますが、1人の時にこっそりと涙を流すことで大分すっきりすることがあります。

直後はそうする余裕がなかったとしても最終的には向いて振り切っていくということを目標にしてことが大切です。

そうすればその先に、良い出会いがあることがあります。

…、と言っても、特に男にはそれが難しいんですよね。

よく女性は何かショックなことがあると大泣きして大騒ぎをするけれど、その後けろっとしています。

そんなところも、女は実は強いと言われる所以ですね。

そこは男も見習って行かないとな…と思います。

「失恋って・・・」

宇野千代という作家の方をご存知でしょうか?とても有名な一流作家です。

宇野千代は、大正、昭和、平成にかけて活躍された作家です。

テレビで見たことがありますが、宇野千代を取り上げている特集で「私は死なない気がするんだよね」と言うことを言っていたのを思い出します。

確かに人間はいつか死ぬものですが、そう思えるほどにバイタリティーがあって元気な彼女に驚きました。

作家の他にも、編集者、着物デザイナー、実業家としても活躍していました。

バイタリティーのある彼女ですので、恋愛経験も非常に豊富で多くの有名人と恋愛関係を持っている言われています。

そして恋愛経験が豊富な彼女ですので、それに関する名言をたくさん持っています。

では、この宇野千代の「失恋って・・・」に続く人間は一体何なのか見ていきましょう。

宇野千代の名言

「失恋って、当の本人は苦しい苦しいと言っているけれど、本当は終わった恋をいつまでも思い出して楽しんでいるようなところがあると思う。本当に苦しいなら、一秒でも早く忘れる努力をするはずだから。」

確かに失恋は苦しいです。

でも、人間は本当は過去の終わった恋を楽しんでいるような一面もあるんですね。

「いや!本当に苦しくて1秒でも早く忘れ去りたいんだ!」と思うのかもしれないけれど、その深層心理で実は楽しんでると一面があるというのは考えさせられます。

確かに、失恋は恋をしていないとできないですよね。

中にはなかなか好きな人ができないと悩んでいる人だっている位です。

失恋ができるという事は恋愛ができたと言うことです。

恋愛は大きな幸せをもたらしてくれます。

そんな幸せな時間を過ごすことができたと言うことで、失恋をしたとしても実はそのような幸せが得られたから実は楽しんでいると言うのも言い得て妙です。

人間って不思議ですよね

人間の心理は複雑で不思議なものです。

本当に嫌な事だったら忘れ去ってしまえばいいのに、自分もそうですし他の人もそうですが失恋に関する愚痴と言ったり聞いたりすることはあります。

本当に嫌な事だったら忘れ去ってしまえばいいのに、ついつい引きずってしまうことがあります。

意外と、二度と思い出したくないと思うほどに傷ついた出来事でも、実は自分にとっては甘く良い思い出だったと言うことなのかもしれませんね。

そう考えると失恋はそんなに悪くないのかもしれません。

先ほども言ったように失恋すると言う事は前に恋愛ができたと言うことです。

そのことに対する幸せをかみしめることによって、案外と失恋で傷ついたと思いつつも、幸せだったんだなと気づかされることがあります。

でも、やはり1番の幸せは恋愛中の幸せですよね。

今は難しくても最終的にはそれをつかめるようにがんばりましょう!

「もう二度と会えないなら」

漫画「好きです鈴木くん!!」をご存知でしょうか?

小学館の『Sho-Comi』で2008年から2012年にかけて掲載された漫画です。

単行本は18巻まであります。

やっぱりタイトルだけあって、恋愛系の漫画です。

主人公たちは中学生で、2人の鈴木くんと、2人の女の子が織り成す恋愛系漫画です。

何かそのような漫画だと、とてもキラキラとしたような感じがしますが、主人公の女の子はとても極度の人見知りであったりと等身大のキャラクターです。

そんな人見知りの女の子の周りは、元気ハツラツなバスケ少年だったり、容姿端麗な同級生が脇を固めています。

なんだか現実世界にもよくあるような展開ですよね。

そんな漫画「好きです鈴木くん!!」でも、失恋に関する名言があります。

著者の世代だと、あまり漫画を見る事はありませんが、このような作品を見ると、漫画も色々と深い名言があるのだなと気づかされます。

漫画「好きです鈴木君」の名言

「もう二度と会えないなら、好きな人の最後の思い出に残るのは泣き顔じゃなく笑顔でありたい」

とても深い名言ですね…。

失恋というとショックで泣きながらであったり、罵りあったりしながら別れてしまうことがあります。

でも、二度と会えないということであれば、最後は笑顔でありたいと言われると確かにそうだなと思います。

なかなか難しいものがありますが、心がけるだけでもだいぶ違うかもしれませんね。

そう言われれば確かに最後のほうが鮮やかに印象に残ります。

ですので、別れ際に笑顔でいられれば、その笑顔がその方の記憶として残るのです。

もし、そうできなかったとしても、失恋後に皆の前では笑顔でいられるように努力することで、

もしかしたら相手の方も「惜しい人を振ってしまった」と思うことができるかもしれません。

あまりないケースかもしれませんが、その失恋してしまった相手に復讐を試みるなど、過去に振り回されるのはよくありません。

明るく前を見ることが大切だと気づかされる名言です。

失恋しても明るくいきましょう

失恋直後だと難しいかもしれないけれど、極力明るくいけるようにしましょう。

人も運も明るくしていることで寄ってきます。

また良い出会いがまたあるかもしれません。

…、って言うのは簡単なのですが、やっぱり実際にその立場になるとなかなか失恋して明るく振る舞うのも難しいものがあります。

こういう時に、漫画「好きです鈴木君」の名言を思い出してみましょう。

「恋愛は幸福を殺し・・・」


皆さんはウナムノという方をご存知でしょうか?実は恥ずかしながら著者自身は、初めてこの人を知りました。

調べてみると、どうもスペインの哲学者の方のようです。

この方は1864年に生まれています。

ですので我々が生きるずっと前に生きてきた人です。

代表作としては、みんながよく知っている「ドンキホーテとサンチョの生涯」と言う本を出版しています。

確かにこの方自身はよく知りませんでしたが、ドンキホーテでしたらなんとなくわかります。

著者以外にもそんな方多いのではないかと思われますがいかがでしょうか?

哲学者だけあって、とても深い言葉を残していますね。

では、では、ウナムノという人はどのような名言を残しているのでしょうか?

「恋愛は幸福を殺し・・・」という言葉は何か物騒でこの後に良くない言葉が続きそうですね。

でも、この名言も失恋をした人も元気が出るような言葉だと言うのです。

ウナムノの名言

「恋愛は幸福を殺し、幸福は恋愛を殺す。」

なんとなくわかるようなわからないような…と言う感じの名言ですね。

この名言の意味を解釈すると、恋愛してる時は精神状態が平常ではないと言う意味合いがあるのです。

確かに、恋愛する前は非常に冷静で理性的だった人が恋愛をしたの境に桁が外れたような状態になるというのはよくあることです。

ウナムノは、この恋愛状態のことを異常事態であったり異常行為をしてしまう状態だと言うのです。

「何を言っているんだ!恋愛をしている状態が幸せに決まっているじゃないか!」

と言う声も出てきそうですが、意外にも、出会いは幸福なことをつぶしている可能性があるのです。

また逆に、恋愛以外の幸福な事が恋愛を遠ざけるということも意外にも近くにあるような現象です。

では具体的にそのような現象とは一体どのようなものがあるのでしょうか?

言い得て妙な名言です!

例えば女性だとよくありがちですが、男性とお付き合いを始めるとその男性しか見えなくなって友達との付き合いがおざなりになったりして、

恋愛以外の楽しい事については考えられなくなることがあります。

ですので、意外にも恋愛は幸福を殺しているというのは一理ありますね。

また、幸福が恋愛を殺すと言うのも似たような感じかもしれません。

よくテレビを見ているとお笑い芸人、特に女性の芸人だと、結婚することで面白みがなくなると言われています。

だけど恋愛がうまくいっていない時や、離婚してしまった事は恋愛がなくなったことについては不幸なのかもしれないけれど、

そのことで芸人としての面白みが増す現象があるので、それも言い得て妙なのかもしれません。

後は作家の方の自伝で読んだことがあるのですが、良い恋愛小説が書ける時というのは案外恋愛中ではなく

恋愛をしていない時だと言われたという事が書かれていた気がします。

ですので、恋愛状態ではない時の方が何かを生み出す力があるのかもしれません。

「さり気無く笑ってはいるが・・・」

ドラえもんと言うともう知らない人はいないのではないかと言う位に非常に有名なアニメです。

著者が子供の時からずっとあるような作品で、未だにそのドラえもんが続いています。

そんなとても有名な代々続くアニメですので、非常に有名な名言というのはあるのです。

アニメと言うと子供向けというイメージがあって、失恋に慰めになるような名言は無いと思いがちですが、

意外にもドラえもんの名言が深いものがあって、失恋で落ち込んでいる人の心を癒すような素晴らしい名言があるのです。

この名言は、平気なふりをして傷ついた様子を見せようとしないのび太に対してドラえもんが言った名言です。

ではその名言を見ていきましょう。

漫画「ドラえもん」の名言

「さりげなく笑ってはいるが…、きみの気持ちが、どんなに傷ついたか、僕にはよくわかる」

いつものび太のそばにいて、色々と助けてきたからこそドラえもんはのび太の気持ちが分かるのですね。

なかなか自分の傷ついた事を言葉にしたり態度に表すのは難しいものがあります。

でも、言葉に出さなくても理解してくれる人が居るのは非常にありがたいことですね。

ネットで調べても、この言葉にぐっときたと言う人が非常に多いです。

著者自身はとうにアニメを卒業した世代ではありますが、このような名言があると漫画も悪くないなと思うものです。

思わずワッと泣きたくなってしまう言葉

こんなこと言われると思わずうるっときてしまいます。

ですので、本音を言うと著者は男だからみんながいる前とか、弱みを見せたくない人にそんなこと言われたくないなと思います。

でも、つらくて仕方がない時、1人だったらワッと泣き出してしまっても悪くないと思いませんか?

著者自身も男性なのでわかりますが、あまり人に弱みを見せたくないですよね。

だからこそ、男は失恋をすると抱え込んでしまうところがあります。

でもときにはこんな風に失恋の辛さの荷を下ろすのも悪くないですね。

失恋は誰にでもあること、だから落ち込まないで


失恋は、恋愛経験があれば誰にでもそのような経験をついてきます。

だから落ち込まないで!とは思いますが、それで落ち込まなかった苦労しないよな…と言う気持ちもわかります。

でも、やっぱり失恋した人を励ますような言葉と言うとどうしても落ち込まないでになるんですよね。

結局は、失恋をして辛い経験をしても乗り越えるのは自分自身だったりします。

初めは、失恋してショックで立ち直れなくてもいいと思います。

それほど相手のことが好きだったということですし、そこまで好きだった相手がいたのは悪い経験ではありません。

辛くて自暴自棄になってしまうこともあるかもしれないけど、

その時はこれらの名言たちを聞いて辛いのは自分だけではないんだということで安心するのもいいかもしれません。

そして、ひとしきり落ち込んだら、必ず前を向いて歩いてください。

その先に、良い出会いがあるかもしれません。

そんな気持ちを込めて敢えて言います。

「失恋は誰にでもあることだから落ち込まないで!」と…。