あなたは人付き合いに疲れてしまってはいませんか?

人付き合いの疲れは病気のように薬で治るものではないので、対処に悩んでいる人も多いものです。

中には何が原因で人付き合いに疲れてしまっているか分からない人もいると思います。

今回は人付き合いによる疲れの原因と、その対処法について詳しくお伝えします。

原因を明らかにして、正しい対処法を実践すれば、疲れも改善されるでしょう。

あなたも人付き合いで疲れる理由を理解し、対処法を見つけ、より充実した人生を歩むようにしましょう。

人付き合いに疲れてしまった…

社会で生きていくと様々な人と過ごすことになります。

中には忙しさと人間関係の煩わしさに翻弄されて、疲れてしまう人もいるでしょう。

その人間関係が一時的なものであれば、ストレスも軽いもので済みますが、長い間続いてしまうと疲れ切ってしまう危険性が出てきます。

自分の親や上司、同僚やクラスメイトなど、長い時間一緒に過ごす関係にある相手にストレスを感じると危険です。

中にはトラブルから事件に発展してしまうケースもあります。

そのような事にならないようにするためにも、人付き合いの疲れを早めに解消して、健全な心身を維持する必要があります。

毎日人と関わることで無意識にストレスが溜まっていく

人間関係が原因の疲れは、徐々に心身に影響を及ぼしていきます。

毎日感じているストレスが、無意識に溜まっていき、ある日許容量を超える日がやってきてしまいます。

ストレスが許容量を超えると、脱毛症や無気力、うつ病や癇癪などの症状となって表れてきます。

そのような症状を未然に防ぐには、日々無自覚に溜まるストレスに気づき、その原因に対して対策をする必要があります。

人付き合いに疲れる理由


なぜ人付き合いに疲れてしまうのでしょうか?

確かに多くの人が、人間関係が原因でストレスを抱えています。

明らかな嫌がらせを受けている人や、犯罪に巻き込まれている人は当然ですが、中には相手が一般的な善人でも疲れてしまう人がいます。

世間では相性の悪さなどとされますが、この章では詳細に分析して、なぜ人付き合いで疲れてしまうのかを考えていきます。

あなたもここでお伝えする原因の中に思い当たるものがあれば、その原因に合わせた解決策を実践することで人付き合いの疲れから解放されるようにしていきましょう。

それでは人付き合いに疲れる理由についてお伝えします。

1.人に合わせる

日本人の多くが他人に合わせることを経験していると思います。

本当は違う選択がしたくても、周りの空気や強い主張をする人の意見を優先してしまう経験は、日本人なら誰でもあるのではないでしょうか?

人に合わせるということは、良い意味もあります。

良い意味では人の気持ちを気遣える、協調性を発揮するなどの効果を発揮します。

しかし、物事には限度があるので、人に合わせすぎると本音を我慢している状態が続くので、いずれ疲れてしまいます。

自分の負担が増える

人に合わせていると、徐々に自分の負担が増えてしまいます。

本当はやりたくないことをする機会が増えてしまうため、我慢することが多くなります。

その結果、自分の精神的な負担が増えて疲れを感じてしまいます。

中には行きたくない研修などに人に合わせて参加し、時間的にも経済的にも負担がかかる場合もあるでしょう。

このようなことが重なると、人付き合いに疲れてしまいます。

ペースが乱れる

人には自分のペースがあります。

他人のペースや、会社のリズムに合わせる必要もありますが、相手に合わせてばかりいると、いつしか自分のペースが乱され、疲れを感じます。

このことは、集団で行うスポーツを例にすると分かりやすいでしょう。

強くて仲の良いチームは、チームとしての協調性がありながら、個々の能力が活かされて高いパフォーマンスを発揮します。

これは選手個人のペースが保たれているので、チームとしても上手く機能しているのです。

反対に個人のペースが保てないチームでは、いくら強い選手が揃っていても高いパフォーマンスは発揮できません。

2.評価が気になる

人は出世や給料に関係する評価が気になる生き物です。

それ自体は悪いことではなく、むしろモチベーションアップにつながるため、良いことともいえます。

しかし、評価を気にし過ぎるとそれはストレスになり、評価を与える側の態度を必要以上に気にし始めることにつながるため、疲れを感じさせてしまいます。

自分はどう見られているか

一度評価が気になると、自分は相手にどう見られているかが気になりだします。

本来評価は仕事の結果や能力の高さ、組織への貢献度などで決められるので、相手にどう見られているかを気にし過ぎてもあまり関係ありません。

むしろ気にし過ぎは集中力が散漫になり、パフォーマンスを低下させてしまいます。

良い評価を得るには、評価を気にし過ぎずに仕事に集中することが大切です。

周りの目を意識してしまう

組織の中で評価が気になると、周りの目を意識してしまいがちです。

同僚が皆ライバルに見えて、相手を信じられなくなる場合もあります。

そうなると、職場の人間関係はストレスがあるものになり、疲れの原因となります。

3.人が苦手

人付き合いで疲れを感じる人の中には、そもそも他人が苦手という人もいます。

子供の頃のトラウマや、孤独な人生を送ってきた人は、他人に恐怖や不信感を抱いてしまう場合があります。

また、他人と接したくても、どのようにして接して良いか分からない人もいます。

そのような人たちは、他人と良い人間関係が築けず、苦手意識が先行してしまいます。

その結果、人付き合いに疲れてしまうのです。

あまり接してこなかった

孤独な人は、今までの人生であまり人と接してこなかったケースが多い傾向にあります。

そのため、経験値として同世代の一般的な人と差が生じているのです。

一般的な人から見ると、普通の会話ができないために、奇異に映ってしまう場合があり、ますます孤独になってしまいます。

しかし、意識して会話のスキルを磨くことで改善するケースも多くあります。

4.トラウマがある

心の傷であるトラウマは、同じような状況に陥ると恐怖感をもたらします。

トラウマは多かれ少なかれ多くの人がもっています。

しかし、人付き合いに疲れてしまう人は、過去に他人との関係で生じたトラウマがあります。

過去に傷ついた経験が忘れられない

人間関係のトラウマがある人は、過去に人間関係で傷ついた経験が、どうしても忘れられません。

一人で解決が難しい場合は、専門のカウンセラーなどのカウンセリングを受ける必要があります。

また、無理をして人付き合いをせずに、最小限の人間関係で生活することも考慮に入れましょう。

5.いい人を演じてしまう

ついついいい人を演じてしまう人も、内心では大きなストレスを感じているものです。

確かにある程度いい人でいることは、現代社会を生き抜くために必要なことでしょう。

しかし、いい人を演じ続けていると、本音の自分や本当にやりたいことを我慢し続けることになります。

その結果、いつしか人付き合いそのものがお億劫になり、疲れを感じてしまうのです。

特に営業職やサービス業など、他人との関わりが強い職種についている人がいい人を演じがちです。

いい人を演じ過ぎて疲れてしまわないように注意が必要です。

素の自分を出せない

素の自分を出せる人は輝いています。

本音を隠す必要がないので人付き合いも疲れることなく続けられます。

もちろんそのような人でも、人付き合いで疲れを感じることはありますが、素の自分を出している人は、疲れているときは正直にそのことを相手に伝えます。

そのため無理をして付き合うことがないので、疲れが溜まりにくいのです。

なるべくでも素の自分を出すことを心掛けると、人付き合いの疲れが軽減できるでしょう。

6.偽っている人を見た時

自分が巣の自分を出していても、自分を偽っている人が周りにいると、その人の影響を受けて疲れてしまう場合もあります。

自分を偽っている人は、中々本音で付き合ってくれないので何を考えているか分かりにくい面があります。

そんな人と一緒にいると、意思の疎通が上手くいかないので疲れてしまうのです。

人付き合いの疲れを改善するには、自分の接し方以外にも、付き合う人の接し方も考慮に入れる必要があります。

人付き合いに疲れた時の4個の対処法

この章では、人付き合いの疲れを感じた時に効果的な対処法を紹介します。

人付き合いは人間として生きていく上で外すことができない大切なものです。

もし一切の人付き合いを止めるとなると、引きこもりになるしかないでしょう。

最近ではネットの広告収入などで収入が得られるので、それでも生きて行けるかも知れませんが、健全な生活を送るには人付き合いが必要です。

ここでお伝えする対処法を実践して、人付き合いでの疲れを改善し、健全な社会生活を送りましょう。

1.人間関係を見直す

人付き合いの疲れの原因はあなたの人間関係です。

まずはその根本を見直しましょう。

あなたの周りに、疲れを感じされる相手がいれば、その相手のどんな部分が嫌なのかを分析します。

そして、分析に応じた対策を実行に移すのです。

例えば、強引な誘いに断れないでいるのであれば、少し勇気を出して断ってみるなど自分の本音を通してみるのです。

もちろん、相手を見ながら、相手に合わせた対応の仕方をする必要があります。

付き合わないで良い関係であれば、いっそのこと連絡を絶つことも有効な場合もあります。

極力友好な人間関係だけで過ごす工夫をしてみましょう。

無理していないか

無理をして付き合いを続けることは、心身に良くありません。

また、相手にも悪い影響を与えてしまうことも考えられます。

無理はせずに人間関係を築くことが大切です。

理想は友人のような本音で語り合える関係です。

2.一人の時間も作ろう


人間時には一人の時間も必要です。

一人になれると人間関係の疲れがリセットされて、また人付き合いを楽しむ余裕が生まれてきます。

普段大勢の人と関わる人は、意識して一人になれる時間を作りましょう。

今流行りの瞑想などもおすすめです。

瞑想は大きな効果を発揮する可能性を秘めていますが、危険も伴う場合があるため、信頼できる指導者や教本などを参考にしましょう。

趣味に打ち込む

趣味に打ち込むことも有効です。

趣味に没頭すると、時を忘れて満足のいく時間を過ごせます。

その充実した時間が日ごろの人付き合いの疲れを癒してくれるのです。

また、趣味でつながった人間関係は良好な人間関係であることが多く、楽しい時間を趣味仲間と過ごすことも癒しを生むでしょう。

【一人でもできるおすすめの趣味は、こちらの記事もチェック!】

3.万人に好かれるのは不可能

人間誰でも合う人と合わない人がいるものです。

どんな人気者でも、その人を好ましく思わない人がいるものです。

ですから、万人に好かれようとせずに、多少嫌われても良いくらいの気持ちでいる方が、かえって人付き合いの疲れを感じずに済みます。

嫌われてもいい

嫌われてもいいという思いは、一見マイナス思考のような気がしますが、実はそれだけ心に余裕を持たせる思考であるため、ストレスに強くなる心の持ちようといえるのです。

実はその方が人に嫌われずにいられる可能性が高まります。

4.期待しすぎない

人付き合いの疲れを改善するには、他人に対して期待し過ぎないことです。

あまり大きな期待をすると、現実とのギャップから苦しむことになります。

例えば、恋愛結婚よりもお見合い結婚の方が離婚率が低いというデータがありますが、これはお見合い結婚も法が期待をし過ぎないからといわれています。

人間関係は無理をせず期待をし過ぎず、楽しむくらいが丁度良いのです。

【期待しないことのメリットは、こちらの記事もチェック!】

相手に求めすぎない

恋人や家族など大切な人には、つい理想像を求めすぎてしまう場合があります。

しかし、求めすぎは相手を疲れさせますし、いつか幻滅してしまう可能性があります。

自分も完ぺきではないのであれば、相手にも完璧さを求めすぎることは止めるようにしましょう。

笑顔でいられるように

いかがでしたでしょうか?

人付き合いの疲れは、誰もが程度の差こそあれ感じるものです。

しかし、人付き合いが得意な人は、その疲れを残さずに解消する術を持っています。

あなたも人付き合いの疲れを残さずに、解消することで自分を癒し、健全な社会生活を営んでいきましょう。