嫉妬が原因で喧嘩になったりするカップルは多いのではないでしょうか?
しかし嫉妬も行き過ぎると止められなくなり、どんどんエスカレートしていきます。

彼氏の嫉妬は時に怖いことも・・・

嫉妬はお互いを縛り付け、自分たちのだけの世界に引きこもっていってしまいます。

人との関わりをなくしていくということは、将来の可能性をつぶしていくだけでなく、周りが見えないことでさらに相手に求めることが強くなっていきます。

ちょっとしたことでも思い通りにならないと怒られたり、下手をすれば暴力をふるわれる可能性も。

そうなってしまっては親や友達、また近隣の住民にまでたくさんの人に迷惑をかけるはめになりかねません。

それだけで済むならまだいいですが、下手するとお互いの人生を台無しにしかねません。

嫉妬深い人でも付き合う相手との相性によって嫉妬深くなるケースと、誰と付き合っても嫉妬深いタイプがいます。

前者はあなた次第で良好な関係になれる場合もありますが、後者なら出来る限り気付いた時点で離れることをオススメしたいです。

嫉妬深い彼氏の特徴


嫉妬深い人には共通する行動があります。

私の彼氏当てはまるかもと思ったら
ひどくならないうちに対処していきましょう。

いちいちメールでこちらの様子を確認させる

朝起きたら「おはよう」からはじまって「今日は○○にいってくるよ」とメールでうってくる彼氏は一見すると可愛いのですが裏男返せば逆に相手に同じことを送ってきてほしいと求めている心理が見えます。

「私は今日は○○に行ってから○○に行ってくるね」と返して来てほしいのです。

そしてそれを日課のように毎日送っているのであれば、もう報告するのが当たり前になってしまいます。

報告するのが当たり前になるということは、もし送らない日があったらどうなるのか・・・

なぜ送って来なかったのかと疑われるようになります。

誰かと会っていたから送ってこなかったんだろうとか怒り出した時にはもうダメなサイクルに入ってきていると思って下さい。

「どこに行ってたか」「何をしてたか」うるさい


仕事帰りに駅でばったり友達に会って喋っていたら彼氏の電話に気付かなかった。

上司に話しかけられて、彼氏からの電話にでにくかった。

疲れがたまっていて休日に昼まで寝ていた。

など様々な理由で電話に出れなかったり、メールを返せない時ってありますよね?

でも嫉妬深い彼氏にとってはそんな事情は知ったことではりません。

仕事で忙しかったとか言えば「トイレに行くヒマくらいあるだろ?」とか
疲れて寝ていたと言えば「昨日の夜はどこかにいったのか?何時に寝たんだ?」とか
とにかく嫉妬深い彼氏は時間の隙を探してきます。

全部の時間を自分が把握していないと嫌なのです。

聞かれたことに事細かに説明しなければ納得してくません。

まだ自分が納得する返答をするまで電話を切ってくれないなんてことになってきます。

友人関係にも目を光らせる

嫉妬深い彼の怖い所は周りにまで目を光らせているところです。

たとえばあなたを仲良しの友人AさんやBさん、また同僚のCさん上司、兄弟など、あなたと関わりのある人たちを全部調べていくのです。

まずはあなたとどういう関係なのか、そしてその人たちがどんな人物なのか、写真等も事細かにチェックしてあなたと一緒に写っている物がないかなどを探ります。

こうやってあなたの周りの相関図を作って行くのです。

Facebookは友達でなければ観れないことが多いですが、インスタグラムやTwitterなどはフォローワーを増やしたくて後悔にしている人が多いのが現状です。

フォローはせずに観に行くことは簡単です。

あなたの周りのSNSを常にチェックしているといっても過言ではないかもしれません。

男と話しをしていただけでも大激怒

道でばったり同級生や仕事関係の人に会ったとします。

たとえその人が子連れでも、また奥さんと一緒に出かけている途中だとしても、
男性と会話すること自体許せないのです。

「本当はあーゆー男が好きなのか?」「あんな気持ち悪いやつのどこがいい?」
「セクハラされているのか?」「家まで注意しにいってやる」など訳の分からないことを言ってきたりすることも・・・もうここまできたらお手上げですよね。

周りに迷惑もかけたくないし、外で大声出されたりするのも恥ずかしいし、どうにかその場を納めようと機嫌をとっていく・・・もうこれこそが悪循環を生んでゆく。

抜けられない負のサイクルの完成です。

見慣れぬアクセサリーは徹底的に疑う

嫉妬深い彼は常にあなたの持ち物やアクセサリーなど、とにかく物を執拗に観察しています。

あなたの髪型や化粧などはいまいち気付いてくれないのに、見たことないアクセサリーにはすぐ反応するはずです。

それは彼があなたのことを所有物として見ているからです。

だから他人があなたに与えるもの全てが嫌なのです。

俺の物に触るな、喋りかけるなといった感じですね。

アクセサリーは犬の首輪のように所有者を示すものとして認識しているのに近いでしょう。

だからもし昔女友達にもらった物や自分で買った物だとしても、それを説明しなければ疑われてしまうでしょう。

でも毎回いちいち説明するのもめんどくさいし、むしろ疑われて機嫌悪くなられるのも嫌だしと気にするうちに、アクセサリーつけるのをやめてしまったり、自分のしたいファッションを諦めてしまったりします。

こーして平和主義の女性や優しい女性ほど、どんどん諦めたり、合わせたりして彼好みの女性になっていってしますのです。

なぜそんなに嫉妬深いの?性格から考える

嫉妬深い人の特徴として自信のなさや、寂しさが考えられます。

誰かに理解されたい、愛されたいなど自分を受け入れてほしかったり認められたかったりする気持ちが間違った形になって現れてしまったのが嫉妬です。

理想と現実のギャップが大きいほど、嫉妬はエスカレートしていきます。

つまり愛してほしいのに愛されていないと感じると無理矢理愛させようと束縛するのです。

彼女の世界に自分しかいないように閉じ込めていきます。

優しい人ほど、我慢してしまう傾向があるので、周りに迷惑かけないようにとか、彼の機嫌を伺ったりと、どんどん彼の言いなりになっていきます。

そしてもちろん息苦しくなっていくとともに、彼への愛は冷め、逃げたいと思うようになるのです。

そして離れたいと思えば思うほど彼の逃がさないと言わんばかりに閉じ込めようとしてきます。

怖くて逃げられないのはこの状態に陥っているかもしれませんね。

人に裏切られた過去を持つ


そもそも彼はなぜそこまで嫉妬深い人間になってしまったのでしょうか。

そこには深い闇があるかもしれません。

先ほども述べたように、嫉妬深い人は愛に飢えていたり、自信のない人が多いように感じます。

表向きは態度が大きく堂々としていたり、はっきり物を言う人、またキツイくらい意見を言う人、自分が正しいという態度を示す人は自信に満ちているようにみえます。

しかし自信の有る人ほど心に余裕があり、キツイ物の言い方はしないものです。

嫉妬深い人に多い心の闇とは、「人に裏切られた」経験をしているケースが多いです。

信じていた彼女が実は親友と浮気していたとか、幼い頃受けた体罰や、両親の離婚等、なんらかの事情で家に居場所がなく自分が邪魔者ではないかと感じながら育ったとか。

愛情を受けずに育ったり、愛した人から裏切られたり、ひどく傷ついた経験をしていたりします。

また嫉妬深い人は感情の表現がへたなことも考えられます。

本当はこんなことをしたらさらに嫌われるかもしれない。

とわかっていても止められない人もいるのです。

DVを繰り返す人の心理状況にも近いものがありますね。

傷つけて、後悔してを繰り返す。

嫉妬深い人は自分で感情をコントロールできなかったり表現できなかったりと、複雑な心境の持ち主の場合があります。

あるいは苦労知らず


前者とは全く違うケースもあります。