コンセンサスという言葉を聞いても、何のことなのか良く分かりませんよね。

コンセンサスが必要だとか、コンセンサスを得てきてくださいなんて会話をビジネスの世界では、まるで日常会話のように使用しているという方も少なくはないでしょう。

しかし社会人になりたての頃、新人の方にとっては、コンセンサスと言っても、意味がしっかりと分かっているという方も少なくはないでしょう。

その為、「そんなことも知らないのかというような事を言われて頭に来る」という方も少なくは無居ですよね。

そこで今回は、このコンセンサスについてご紹介します。

️コンセンサスの意味、知ってる?

そもそもコンセンサスの意味って皆さん理解できていて、使用しているでしょうか。

というのも、上司や先輩がコンセンサスという言葉を使っているのが、なんだか業界人みたいでカッコイイと言った事で、使用しているという方もきっと少なくは無いはずです。

ですから使って見たものの、実際にはニュアンスが若干違っていたり、全く違う意味で使ってしまうという事がおこったりと、なかなかカッコ悪い姿を回りの人たちに見せてしまう事になってしまうのです。

しかし間違っていても人は基本的には教えてくれませんので、自分でしっかりとコンセンサスの言葉の意味を知って居るあという事が大切になると言えるでしょう。

そんな中、みななさんはコンセンサスの意味をしっているのでしょうか。

多すぎるビジネス用語

コンセンサスについて良く分からないと言いう事の原因の一つとして揚げられるのには、ビジネス用語が多すぎるという事が挙げられます。

昔はそんなに多く無かった横文字のビジネス用語ですが、今ではビジネスのグローバル化によって、多くなってきているように思えます。

そしてそんなビジネス用語は、一つの言葉に多くの意味がある言葉であったり、本来の意味とは違った使われ方をされるようになってきているのです。

その為少しでも、しっかりとした意味を知っておく必要があると言えるのです。

一つ一つしっかり覚えていこう

そんな多様化していくビジネス用語の一つである、コンセンサスには多くの意味があります。

その為、コンセンサスという言葉を一つとっても、しっかりと言葉の意味を知っておく必要があると言えるでしょう。

そこでコンセンサスの持つ言葉を一つずつご紹介しますので、しっかりと覚えて活きましょう。

️コンセンサスの意味


コンセンサスの持つ意味年て一番馴染みがあるのは、「コンセンサスを得てきてください」と言ったような、合意もしくは同意を得るというような意味ではないでしょうか。

しかし、これでは余りに漠然としすぎている為、しっかりとしたコンセンサスの意味を覚えておかなくては、先にご説明したような恥をかいてしまうシチュエーションになってしまう事があると言えるでしょう。

そこで、コンセンサスという言葉(ビジネス用語)が使われる際に、意味として使われる言葉の意味を一つずつ見ていきましょう。

意見の一致

基本的に、コンセンサスというと、意見の一致という表現で使われる事があるのですが、多数決や同意という言葉と違うのが、その場にい全ての人の意見の一致、つまり全会一致を取る場合に「コンセンサスを取る」と使います。

この全会一致というのは、その場にいる全ての人から反対意見など、全く異論が出ないという状況を作る為に、根回しが必要になるという事もあるようなのです。

複数人の合意

全会一致という場合に使う事の多い、コンセンサスという言葉ですが、中には全会一致が不要な会議もありますよね。

しかし、単なる多数決では反対意見が多く存在してしまうという事になってしまう為、コンセンサスを取る場合には、多数決よりも複数の人がいう場合には、しっかりと合意してもらう事が必要になるのです。

その為、相互了承という形の合意の事をコンセンサスというという様におぼ終えておくと、変な使い方をしないで済むでしょう。

また、一致に近い言葉の合意という意味でも使用される事があるようですから、しっかりと使い分けることが大切だと言えるのです。

同意すること

コンセンサスは基本的に、意見の一致や合意というものを刺す言葉です。

ですから、同意を得るというような意味では使用される事は少ないのです。

というのも、複数の同意を得る場合に使用される多数決ですが、これは意見やプレゼンが会議で可決をしたとしても、反対意見も勿論居ることになってしまう為コンセンサスを取るという使い方ではなく、コンセントということばを使います。

ですので、コンセンサスは、反対意見が残るというような場合には使わない物だという事を知っておきましょう。

また、多数決等での合意や契約書への調印などは、合意となりますので、単なるアグリーメント(agreement)とは根本的に違いますので、コンセンサスという言葉は使わない様にしましょう。

了承を得る

相手を了承させるといった意味でも使用する事があります。

というのも、両省という言葉には、招致する、聞き入れる、承諾するという意味があり、一般的に反対の意見が存在せず、しっかりと納得をしたうえでの合意に近い意味を指す為です。

例えば、今回の会議でコンセンサスを得ると言う場合には、基本的には、意見の一致や合意が必要なものです。

しかし、この合意を得るといった場合には、どうしても納得や聞き入れてもらわなければ、コンセンサスを得ることができず、直接の合意や意見の一致と言ったものではなく、心理的な了承を貰う意味でも利用される養です。

また、大勢の合意や意見の一致と言った意味の言葉であるコンセンサスを、上司からの了承が必要な場合において、コンセンサスという言葉を使う事は少なく、後輩や先輩の前で使用してしまうと、恥ずかしい思いをしてしまう可能性がある為、注意が必要だと言えるでしょう。

根回し

ビジネスの場面や、社内で使われる会話で多いのは、大勢の意見の一致や合意を得たいという意味での使われ方というよりも、どちらかというと根回しをしてほしいという意味で使われることが多いからです。

特に会議があり何か重要な、プレゼンをして企画を通したいという場合に、使われることが多く、上司からの命令やアドバイスという場面でコンセンサスという言葉を使用している場面が多いようです。

確かに、全会一致の合意などを、短時間の会議宙に取るとなると大変ですし、もしかすると無理だという可能性の方が大きいのではないでしょうか。

その為、会議よりも先んじて、上層部や会議に出席する人たちから承諾や合意を得ておく必要があるのです。

ですが、突然「会議に備えてコンセンサスを取ってきてほしい」と言われても、なかなかむずかしい物です。

しかしその大役を任されたという事は、それだけ力を認められて居るという事ですので、面倒だと思わずに、頑張って根回しをしてみると良いでしょう。

合意のための準備的ニュアンス

根回しの意味で使われるコンセンサスは、つまり合意を得るための、準備ということになり有すよね。

ですので、このコンセンサス都は合意の為の準備をすると言う意味を持っています。

例えば、良い意見や良いプレゼン、プロジェクトがあるにも関わらず、反対の意見が多くなりそうな場合には、多くの合意を得るために、前もって準備、つまり根回しが必要になるのです。

その為「コンセンサスを取る」という言葉の中には、議決によってコンセンサスを取るもしくはコンセンサスを得たという使い方と、コンセンサスを事前に取っておいてくれと言ったような、違ったニュアンスで使用される事があるようです。

ですからコンセンサスという言葉を使う際、もしくは理解する上で、このような違った使い方があるという事をしっかりと理解しておきましょう。

コンセンサスをまとめると

ここまでコンセンサスについてご紹介してきましたが、コンセンサスについてご理解頂けたでしょうか。

説明ばかりで良く分からないという方も少なくは無いですよね。

ですからここで一度コンセンサスについてまとめてみましょう。

コンセンサスは、簡単にいうと大勢の人や、複数任での合意や意見の一致を指すために使われる言葉です。

ですから、一人の人に対して合意を得たり、意見の一致を求める際には、コンセンサスという言葉は使いません。

また、複数人の合意や意見の一致、もしくは大多数の意見の一致や合意という意味がある言葉の為、多数決などの過半数を指すような意味の言葉では無く「ほぼ全員」という意味で使う言葉なのです。

また、大勢の意見の一致や大多数の合意を得るために行う根回しについて利用される事も多く、しっかりと勘がが得て使わなければならない言葉なのです。

また、この根回しも一人に行われる物では無く、会議などでしっかりと意見や企画を通すために必要な人全てもしくは、ほぼ全員に対して御壊れる事が多いようです。

ですので簡単にいうと、大勢の意見や合意を得る事とそれを得るために行われる行為の事と言えるでしょう。

️コンセンサスの語源

最近ではビジネスのシーンで良く使われる様になったコンセンサスという言葉は、勿論日本語ではありませんので、外来語であることは間違い倍ですよね。

英語なのかのいうと、英語ではない様にも感じますし、どのような言葉が言語になっているのか良く分かりませんし、言語道理の意味としてしっかりと使用されているのかという事も気になりませんか。

そんなコンセンサスの言語についてご紹介しますので、しっかりと言語に近い使われ方がされているのかどうかという事を考えてみてはいかがでしょうか。

ラテン語の「consensus」から

コンセンサスの語源は、ラテン語の「consensus」からだと言われています。

語源は分かっても、その意味は?と思っているという方も少なくは無いですよね。

そもそも、ビジネス用語に関わらず、ラテン語が語源になっている言葉とという物は多い様です。

そんなラテン語がコンセンサスも語源なのですが、このラテン語のおコンセンサスという言葉の元々の意味をご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

というのも、コンセンサスという言葉が広く使われるうちに、コンセンサスの本当の意味ではない事が使われている可能性があると言えるのです。

ですから、コンセンサスについて考えるに当たっては、しっかりとコンセンサスという言葉の元々の意味を汁という事は大切な事だと言えるでしょう。

意味は「お互いが同様に感じる」

コンセンサスの言語であるラテン語のコンセンサスという言葉の意味は「お互いが同様に感じる」という物です。

例えば、何か一つの事象について、話手などと同じような事を感じているという場合に、使うらしいのですが、本来の意味は少々幅が広い意味で使われているようですね。

というのも、現在使われているコンセンサスという言葉は、大勢を対象とする際に使われる言葉であるため、本来の意味とは少し違うというよりも。

範囲が狭まった言葉であるというイメージが持てるのではないでしょうか。

ですがそんなコンセンサスという言葉ですが、突き詰めて考えると、同じ言葉にも思えるという方も少なくはないでしょう。

語源とほぼ同じ意味

ビジネスの分野で、合意や大多数の意見の一致というような意味で使われたり、根回しや合意を得るための前段階というような意味で使われているコンセンサスという言葉ですが、元々の言語である、ラテン語のコンセンサスと意味はほぼほぼ同じだと言えるでしょう。

確かに前述したように、元々のコンセンサスはお互いが同様に感じるというような意味で使用されますので、複数煮んでなくても、使用する事とはできると言えるでしょう。

そんな中、現在ビジネスにおいて使われているコンセンサスは、大多数という複数の人の意見や感情が必要になる為、やや違う様にも感じてしまいがちですが、人が多いか少ないかという部分に焦点を充てなければ、言っている事は同じだと言えるでしょう。

確かに、根回しという言葉の意味は持っていないとしても、意見の一致という面では、ほぼ同様の意味を持つ言葉だと言えるのです。

️コンセンサスの例文


コンセンサスの意味や言語についてご紹介ができたところで、コンセンサスという言葉を実際に使用する際にどのように使えばいいかという事をご紹介したいと思います。

というのも、言葉というのは、意味が分かると分かっただけ、本来の使い方ができなくなってしまうという事がありますし、いざ使ってみたら、なんだかニュアンスが違ったと後で後悔をしてしまい、結果使わなくなってしまうという事がある為です。

また使わないと、どうしても意味がどのような意味で使われているのかという事も、把握できなくなってしまいますので、むずかしくても使用するという事はとても大切な事だと言えるでしょう。

そこで、日常のビジネスシーンにおいて使用される、コンセンサスを使った例文をご紹介しますので、是非使ってみてはいかがでしょうか。

コンセンサスをとる

コンセンサスをとるという場合には、ある一つの大きな組織もしくは、複数人で構成されている組織において、合意を取り付ける際などに使用されることが多いようです。

良く言えば採決を取り付けるような感じのニュアンスで使われる事が多く見受けられますが、中には根回しをしておくという様な意味でコンセンサスという言葉を利用するという事が多いようです。

ですから、ビジネスのシーンおいて、混戦すという言葉を使う場合には、採決もしくは根回しという意味が含まれる為注意しましょう。

コンセンサスを取りますという様な場合には、採決の場合が多く、コンセンサスを取り付けるとなるgと根回しというような意味合いが強くなるのす。

ですからこの同じような違った表現は使用する際には注意をする様にしましょう。

コンセンサスを図る

「コンセンサスを図る」という使い方をする際には、そこに根回しの事実が或る場合だと知っておきましょう。

というのも、合意を得ることがコンセンサスだと簡単に説明する場合に、その合意を得るためにする根回しもコンセンサスだとビジネスでは言っています。

そうなると、便宜を図るなどと同じような使われ方をされても良いような言葉があっても良いはずですよね。

それが「コンセンサスを図る」という言葉なのです。

これは、企てるとかそういう事では無く、全会一致の合意を得るために、根回し活動を尽力するという意味で使います。

「コンセンサスを図ってみます」というと、「根回し活動を一生懸命にやってみます。」と言った意味になりますので、会社でこのような会話がされていた場合には、何か会社に動きがあるかもしれませんので、注意が必要だと言えるでしょう。

コンセンサスを得る

コンセンサスを得るという言葉は、基本的に「コンセンサスを取る」という言葉と、同じ意味で使われることが多く、決議によって物事を決定する際に、複数の人や大多数の意見の一致を得るというような意味に使われることが多いようです。

コンセンサスを得たという様な使い方をすると言う方もいらっしゃるかもしらませんが、大多数の合意をえることができたという様な意味で使う分には間違いはありませんので、自信を持って使用してみると良いでしょう。

コンセンサスを得る努力となると、やはり根回しというような意味になってしまいますので、そのようなニュアンスで上司から言われた場合には、根回しをしろという事だと考え動くことが大切だと言えるでしょう。

コンセンサス方式

コンセンサス方式というと、おそらく知っている肩であれば、ピンとくるのが、国連の決議方法ではないでしょうか。

このコンセンサス方式という物は、投票などによる所謂多数決による決議という意味では無く「議長提案について明確な反対意見が表明されなかった」という事によって、決議を成立させる、もしくは決議が成立するという物です。

これは、基本的には総論で合意されている物の各論で反対がある場合に、反対国と賛成国明確に分かってしまう為に衝突を避ける為に考案された物であるため、普段のビジネスシーンにおいて用いる場合には、全ての意見の一致である全会一致と一部反対がある大多数の一致の意味が混同している事がある為、しっかりと慎重に理解する事が大切だと言えるのです。

ですから、「コンセンサス方式によって」という様な話になった際には、しっかりと相手の言葉や文章を読み判断する事が必要だと言えるでしょう。

コンセンサスが必要

また、ビジネスの場において、「コンセンサスが必要だよ」なんて事を言われるというシチュエーションもありますよね。

例えば「その案件を、こなすには◯◯部のコンセンサスが必要だよ」なんて言われると、「ん?」と思うという方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にこの使い方で合っています。

というのも、注目すべきはコンセンサスが大多数もしくは複数の人の合意という部分なのですが、部署というのは基本的に一人で回せるものではありませんから、少なくてもそこには2人以上の人の意識という物があるといえるのです。

その為、部署への合意や了承を得るという場合にコンセンサスを利用するという「こともある為覚えておくと良いでしょう。

またコンセンサスを必要とする場合に、コンセンサスを得る必要が或る団体が他社であったり自社であったりする場合もありますので、多くの意識や人が所属する場合にはその、機関の承諾をコンセンサスと言いますので間違えない様にしたいものですね。

️株のコンセンサス

株式の世界でも実は、コンセンサスという言葉を使う事があります。

この場合のコンセンサスは、複数の合意という意味でもなければ、意見の一致と言ったような意味でもありません。

また、先に出てきたような根回しと言った意味を持つ物でも無いのです。

というのも、株式の分野において使用されるコンセンサスという言葉には、基本的に人の意識という物は余り含まれていることが無く、その為本来のコンセンサスの意味とは違った意味を持つ同じ言葉で合って別の言葉のような物になったのだと言えるでしょう。

そこで株式におけるコンセンサスがどのような物なのか?という事を考える為に、株式の世界で使われるコンセンサスという言葉には、どのような意味があるのかという事についてご紹介しましょう。

株式の現場では、いったいどのような意味でコンセンサスという言葉が使用されて居るのでしょうか。

株ではまた異なる意味を持つ

株式において使われるコンセンサスという言葉は、大多数の合意や意見の一致というような物ではないと言えます。

というのも、基本的に株式の変動という物には人の意識はあるものの、その株価の変動によっては多くの人たちの意思や合意という物は全く関与する事ができないからなのです。

ですから、株式の分野において使用されるコンセンサスとは、元々のラテン語のコンセンサスとも意味が異なるものだと言えるのです。

そんな株式の世界で使われるコンセンサスという言葉には、どのような意味があるのでしょか、株式で使われるコンセンサスの意味によっては、ビジネスシーンで間違えてしまっては不味い事になってしまう可能性もありますので、しっかりとビジネスシーンで使われるコンセンサスの意味の違いを知っておくという事は大切だと言えるでしょう。

そこで、株の分野で使用されるコンセンサスについてもご紹介していきましょう。

株のコンセンサスの意味

株式において使われるコンセンサスという物は、平均した見解でかつ、大勢の人々が納得できる物の事を言います。

大勢の人の納得ではありますが、ビジネスで使われるコンセンサスやラテン語の元々のコンセンサスという言葉とは違うとされるのが、合意や意見の一致と言ったものではなく、多くの人たちが納得する見解ですから、意見もしくは見通しというものだという点です。

というのも見通しや個人もしくは数名のアナリスト達の意見に合意する必要も無く、たんに大勢の人たちが「なるほど」と思ってしまうと良いわけです。

その為元々の意味や使い方とは若干のずれが出てしまうわけなのですが、大勢に受け入れられる物であるという事には違いが無いのではと思う人たちもいらっしゃるのかもしれませんんね。

ちなみに、株の業界で使うコンセンサスは発表された時点では正しいのか正しくないのか分からないという事があります。

これは株価が常に変動していたり、業績の悪い企業であっても業績が突然良くなって株価が上がるなどの事があるからです。

その為、株でのコンセンサスは、アナリストたちが株の購入や売却という物を考える為の見解と言っても良いのかもしれませんね。

アナリスト達による業績予想の平均

アナリスト達による業績予想の平均が、コンセンサスだとお話ししましたが、自分自身の見解がコンセンサス道理なのか違うのかというように、判断をするための一つの道具だと思って良いでしょう。

というのも、アナリストはこのコンセンサスを日々チェックしており、それによって自分の見解が正しいのかどうかをチェックしているからです。

しかし、コンセンサス通の見解ができていると安心できるかというと層では内容で、安心するあなりとも居れば不安になるアナリストも居るらしいのです。

そんなアナリストたちは、もう一度自分の見解を洗い直し、違った見解を出すようなのですが、基本的には多くのアナリストたちが納得しているコンセンサスの方が正しいことが多いのですが、稀にアナリストたちの突拍子もない見解が正しいという事があるため、株の世界でのコンセンサスは余りあてにならないと思う方も少なくはありません。

しかし、個人投資家の方たちはこのような、アナリスト達の突拍子もないような話を信じるよりも、しっかりとコンセンサスをチェックしていた方が、間違いなく安心して投資を行えると言えるでしょう。

IFISコンセンサス

アナリストたちの業績予想の事を、一般的に株の世界ではコンセンサスと言います。

そんなコンセンサスも多くの投資家たちから指示されると、コンセンサスとなってしまう為、実はかなり曖昧である場合や、危険な場合という物があります。

そんなコンセンサスをまとめ、一人だけのコンセンサスではなく複数のアナリストの予想を反映して、更新頻度を高くし最新の業績予測の同行を知る古賀ができる物を、IFIS(アイフィス)が運用しています。

このIFISが算出し、反映しているコンセンサスを、IFISコンセンサスと言い、アナリストレポートが機関投資科向けに発行されて居るという事から、主に機関投資家の間で広く利用されていました。

しかし一方で、個人投資家の間では、まだまだ認知をされ始めた段階に過ぎず、使い方すら十分に理解されていないという傾向にあるようです。

アイフィスジャパンによる算出

このアナリストたちの見解であるコンセンサスをまとめアイフィスが算出しているのがIFISコンセンサスなのですが、アイフィスジャパンのコンセンサス算出はどのようにして行われているのでしょうか。

基本的にアイフィスジャパンがコンセンサスを算出数歳の方法としては、アイフィスジャパンが主要証券会社アナリストの最新業績予想を集計し、独自のポリシーに基づいて算出するという方法を取っている養です。

この差出方法に使用されるのは業績予想の平均値であり、売上高や経常利益などを項目ごとに算出していきます。

その為、アナリスト個人が提示しているコンセンサスよりも、多くのアナリストの意見を集めているという点では、この方法で算出されているIFISコンセンサスの方が圧倒的に信頼できる物ではないでしょうか。

コンセンサス予想などと使われる

一人のコンセンサスだけではなく、IFISコンセンサスのように多くのアナリストたちの業績予想を平均して算出されているコンセンサスの事を、コンセンサス予想などと言われています。

このコンセンサス予想はその時点における証券アナリスト、エコノミスト、その他の市場参加者の期待値を示しているのですが、その為会社の公表利益がコンセンサス予想とかけ離れた場合には、株価が大きく変動をしてしまうという事になってしまうのです。

基本的に、コンセンサスというとビジネスの場において、全会一致などという場合に使用する言葉だという事はお話ししたかと思います。

しかし、このコンセンサス予想などで用いられるコンセンサスは、多くの意見などをすり合わせて出された意見では無く、あくまでもアナリストなどの株式投資に関わる人たちの予測や見解を平均して出されている物だという事なので、基本的には間違っている事もある為、本当に問題がないのかという事をしっかりと考えて動く必要はあると言えるでしょう。

️ビジネスでのコンセンサスを覚えておこう

このようにコンセンサスという言葉には色々な意味があるようです

多くの意味を持つ言葉ですから、多くの使用するタイミングがあるという事です。

その為、言葉の意味を知っていなければ、コンセンサスの意味をはき違えてしまう事があり、相手の言葉の意味を理解できずに使えないやつだと思われてしまう事があるかもしれません。

また、言葉の意味を理解したからと言って、他人のコンセンサスという言葉の使いどころが間違っているという場合には、その間違いを私的するという事はしない方が良いと言えるでしょう。

例えば、先輩社員が「今回のプロジェクトに向けて、まずは部長のコンセンサスを取る事が大切だ!」なんて言っている場面に出くわしても、「部長の意見は複数の人の合意や了承ではないから、コンセンサスとは言いません。」なんて事絶対に言わない様にしましょう。

どや顔をしながら言おう物ならば、明日からめちゃくちゃ嫌な奴なんて風に噂背れてしまうかもしれませんよ。