ぽちゃ子はぽっちゃりしている女子の略です。

少なくとも痩せている女子ではありません。

ぽちゃ子と似たような言葉にはマシュマロ系女子やぷに子などがあります。

さて、ぽちゃ子がモテるための方法をご紹介しますが、ぽちゃ子というのは元々モテる素材を持っています。

それを存分に活かしきるためにはどうしたらいいのかを見て行きましょう。

目指せ!モテるぽちゃ子女子

ぽちゃ子はモテる素養を持っているのですがモテないぽちゃ子もいます。

その違いを知ることでモテ力をアップさせていきましょう。

まずはぽちゃ子の定義から確認します。

ぽちゃ子の定義

似たような言葉が多いので定義を明確に分けるためにマシュマロ系女子、テディさん、ぷに子について見てみましょう。

マシュマロ系女子とテディさんは「lafarfa(ラ・ファーファ)」というぽっちゃり女子向けのファッション誌が名づけ親で、その記事では身長158cm、体重85kgのモデルさんが担当していました。

マシュマロ系とテディさんはわりと大きめで、ぽっちゃりというには迫力があります。

また、ぷに子は「CanCam」で生まれた言葉ですが身長155cmで体重52~64kgを指しています。

しかしこれはかなり幅が広く、64kgともなると標準体重から11kgオーバーでBMIも25を超えることから、ぽっちゃりというよりは肥満気味です。

ちなみにBMIの標準は22で。

18.5~25未満であれば標準範囲内です。

55キロ以上60キロ未満

「ぽっちゃり」と呼んでいい範囲はどの程度か、女性の平均身長158cmで考えたとき55キロ以上60キロ未満と回答する人が男女ともに最も多いという結果がありました。

BIMにすると22.03~24.03で25未満なので標準範囲内です。

男女で差があったのは2位以下で、男性が60キロ以上65キロ未満、50キロ以上55キロ未満と続いたのに対し、女性は50キロ以上55キロ未満、45キロ以上50キロ未満ということで同性の方が厳しいようでした。

女性の場合他者への目というより自分に厳しい結果かもしれません。

ぽちゃ子とデブの境界線

ではBMIが標準範囲内で25に近ければぽちゃ子なのかというとそうではありません。

ぽちゃ子とデブの境界線は体のメリハリがあるかどうかです。

たとえば一般的なメリハリボディがバスト87cm、ウエスト60cm、ヒップ85cmとした場合、いわゆるデブだとバスト90cm、ウエスト100cm、ヒップ90cmという段差がほぼ無い、あるいはお腹が一番大きい体型を指します。

一方ぽちゃ子の場合は段差はハッキリしている必要があるため、バスト100cm、ウエスト80cm、ヒップ95cm程度が望ましいです。

その他にも、二の腕や足がむっちりはしていても肉がたるんでいないこと(パツパツであること)などがぽちゃ子と呼べる状態です。

三段腹、たるんだ手足、首と肩が繋がっている場合はデブになってしまいます。

また、普通の店で買える服のサイズ(L程度)が限度とする場合もあります。

ぽちゃ子が好きな男性は約5割

ぽちゃ子好きの男性は5割といいます。

若い内は痩せている女性を好む男性が多いですが30代になってくるとぽっちゃりの方が好まれる傾向にあり、スタイルより包容力や抱き心地が重視されるようになるからです。

また、古くからぽちゃ子の方が好まれていたことは絵画や彫刻を見ても明らかです。

女神は皆ぽちゃ子ですし、豊かさ、生みの力の象徴とされてきました。

ぽちゃ子が男性からモテる理由は?

5割の男性が好むぽちゃ子ですが、ぽっちゃりしていれば良いわけではありません。

モテるには理由があり、その特徴を網羅したぽちゃ子を想定しての返答であるため、ぽちゃ子全員が5割の男性に好まれるわけではないのです。

ではどんな特徴があれば良いのか具体的に見ていきましょう。

触ると気持ちよさそう


男の人の多くは“おっぱい”と“お尻”が大好きです。

自分にもあるのに女性とは形や触り心地揉み心地が全く違うので、異性として最も意識しやすい部位だからです。

最近は貧乳好きの人もいますが、その理由は「それをコンプレックスに思って恥じらうのが可愛い」や「他の男性が寄ってくるリスクが少ない」など心理的なものが多く、「貧乳といっても男よりはあるでしょ」という意見も多かったので本音としてはあった方がいいようです。

お尻も同様ですが胸と比べると大きさよりも形重視です。

男性の筋肉質で硬い感触と比べると女性は柔らかくムチムチしたイメージがあります。

つまり、男性は揉み心地の良い弾力のある肉感が大好きなのです。

ぽちゃ子はその肉感が見た目からしてわかりやすいからモテます。

セルライトの固まったお肉ではなく弾力とハリ、柔らかさがぽっちゃり感のポイントです。

性格が良さそう

ガリガリやマッチョだとストイックで神経質そうな印象を与え、デブだと自己管理が全くできないという印象です。

一方でぽちゃ子は自己管理はほどほどにできるけれども、甘いところがあってこその肉付きなので丁度良く見えることから、他人にもストイックさを求めないという印象につながります。

それが結果として愛嬌や性格の良さとして認識されるのです。

優しそう

ふっくらしている人は優しそうに見えます。

また、そう見えるだけでなく、ぽちゃ子の要素でもある胸の大きさは科学的にも性格に関係しているといわれています。

胸が大きい人はエストロゲンというホルモンの分泌が多いとされていて、このエストロゲンは精神の安定や愛情の深さに関係しているからです。

ただし、痩せた時に胸までしぼむ場合はただ太っていて胸にも肉がついているだけなのでエストロゲンは関係ありません。

胸やおしりがでかそう

ぽちゃ子だと胸のカップ数は上がらなくなります。

たとえばトップバスト85cmでもアンダーバストが65ならEカップになりますが、アンダーバストが75cmならAカップになるので胸だけでなく背中やお腹の肉付きも良いぽちゃ子はカップ数自体はそれほどでもないということになります。

しかし男性からするとそういった厳密なカップ数は全く関係ありません。

華奢な人のEカップよりぽちゃ子のCカップの方が見た目の迫力があるからです。

何故男性が胸やお尻に興味を示すのか、人類の進化に関する面白い説があったのでご紹介しておきます。

人類の祖先、猿の時代はまだ4足歩行だったのでオスの視線に入るのは胸よりもお尻でした。

本能的に安産型のメスを求めるためお尻が大きい個体に魅力を感じていたそうです。

しかし2足歩行になると視線に入るのはお尻よりも胸になっていきます。

視界に入りづらくなったので、メスはお尻だけではオスをゲットできなくなってきたことから、性別の違う個体であることをアピールするために胸を大きく進化させました。

この進化の過程で男性は胸やお尻の大きさで異性の魅力を感じるようになったという説です。

包容力、抱き心地が良さそう

男性の多くは、程度の差こそあれマザコン気質なんだそうです。

これも人類の歴史を考えれば合点がいきます。

男性は狩や戦によって生き抜いてきましたが、女性は集落で子供を育てながら男性の帰りを待つ、集落を守るという役割をもっていました。

戦いで疲れ切った男性は集落に戻ったときには安心感を求めていて、母性にあふれた女性を好む傾向があったそうです。

土偶なども大体ぽちゃ子体型をしていることから見てもそれがよくわかります。

これは大昔も今もそんなに変わっていません。

ぽちゃ子の方が母性が感じられるので包容力があると認識しやすく、実際に抱いてみた時のもっちり感がやみつきになります。

ぽちゃ子と付き合う前まではスレンダータイプを好んでいた男性も、いざ付き合ってみるとぽちゃ子の虜になるという人が少なくありません。

育ちが良さそう


スナックやカップラーメンなどの偏食によって太っている人は、ぽっちゃりというよりダルンダルン、パンパン、ドッシリ、といった体型になります。

ぽっちゃりというのは肌質もキメ細かい状態で、ある程度のハリや弾力がなければいけないことを考えると、バランスの良い食事を十分以上に食べているということを示しています。

要するに、ぽっちゃり感は食の豊かさの顕れですから、育ちが良さそうという考え方も頷けます。

また、ぽっちゃりする理由の1つに「出されたものは完食する」というポリシーを持っている場合も、食事への考え方がしっかりしているので育ちが良さそうと思えるようです。

モテるぽちゃ子になるための10個のテクニック

体型だけぽちゃ子でもモテることはありません。

絶世の美女でも性格がすこぶる悪くて不潔だったらモテないのと同じように努力すべき点がいくつかあります。

小技を効かせたテクニックも含めて10個の項目を確認していきましょう。

笑顔を大事にする

ぽちゃ子かどうかに関わらず笑顔の女子はモテます。

しかめっ面をしているより断然話しかけやすいですし、ぽちゃ子ならより一層優しげな雰囲気を醸し出すことができるので男性の心を掴みやすいです。

ただ女性が思うよりも男性は女性の表情に敏感に反応するので、目の奥からしっかり笑えないと意味がありません。

たまに、口角は綺麗に上がった笑顔なのに目が死んでいる女性がいます。

怖いので、無理に笑えという話ではありません。

嫌なことよりも嬉しいことや楽しいことに目を向けて、表情筋が笑顔になりやすい癖をつけておくといいでしょう。

清潔感をキープする

ぽちゃ子とデブの境目は清潔感に尽きるといっても過言ではありません。

男性の場合も恰幅がよくてもモテているのは清潔感のある人です。

「太っている+不潔=油ギッシュ、臭いそう」となり、ベタベタした感じが露骨に出てしまいます。

痩せている人以上に清潔感には気を配った方がいいでしょう。

清潔感のポイントはいくつかあります。

まず、髪は地肌から綺麗にしましょう。

季節によってシャンプーを使い分けるなどして油分を調整すると見た目が綺麗になります。

あまりサッパリさせすぎても髪がパサパサになってしまうので、油分を取り去ろうとして男性向けのクールタイプを使うのはおすすめできません。

髪が長いならなおさらです。

制汗剤の使用もかかせません。

脂肪が多めだとそれを支えるために筋肉量も多くなっているため、体が熱を持ちやすく発汗しやすくなっています。

服に汗ジミがあるとどうしても清潔感からは遠くなってしまうのでインナーも使いましょう。

Tシャツを直に着るよりぴったりめのインナーを着用するほうが汗が蒸発されて涼しいという効果もあります。

また、体臭をごまかすための香水も、付け方を間違えると返って悪臭を放つ要因になるので、香水を使用するならしっかり勉強するか、それが面倒なら髪に香りの良いアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)を使用しましょう。

体毛や顔の毛については体質なので、あまり過度に剃ったりすると肌荒れしてしまう恐れがありますが、あまりに生え放題なのはいただけません。

スキンケアも大切です。

色白は七難隠すというのはまさにその通りで、肌荒れまみれの美人より色白の普通顔の方がモテます。

体型にあったファッションを楽しむ

おしゃれは本来自分がなりたいイメージで好きなものを着ればいいのですが、モテを考えると体型を活かすことが求められます。

これはどんな体型でも同じなのでぽちゃ子に限ったことではありません。

ぽちゃ子がNGの服はゆったりシルエット全般です。

ぽちゃ子はデブではありませんから、体型を覆う服は基本的にNGとなります。

とくにストレートな形状のワンピースは回避しましょう。

胸が大きい分、そこを頂点として太いラインのままストンと落ちてしまうので寸胴体型に見えてしまいます。

ワンピースを着たいときはベルトでウエストをマークする方が良いでしょう。

また、全体を膨張色で仕上げるのも向いていません。

せっかくの胸とお尻の肉付きのメリハリがあるので、それを見せるために締め色を投入すると上手くいきます。

また、ワイドパンツなどゆったりシルエットが好きなら、上の服までゆったりめにしないなど全身でのバランスを考慮することがポイントとなります。

【ぽっちゃりコーデは、こちらの記事もチェック!】

明るさ

ぽちゃ子がミステリアスな雰囲気を纏うのは無理難題です。

占い師みたいになります。

男性がぽちゃ子にもとめるのは、優しい雰囲気、明るく励ましてくれそうな元気さ、食べっぷりの良さ、安心感です。

また、スレンダーな人が無口ならクールになりますが、ぽちゃ子が無口だと卑屈な感じが出てしまいます。

これは「コンプレックス抱えてそうだな」という、あまり良くない印象を与えてしまうからです。

体型に合った服を着るなど、ぽっちゃりを全く気にせず開き直っているわけではないけれども、コンプレックスというほど卑屈にもなっていないという姿が丁度いいので、明るく振舞うようにしましょう。

食事を楽しむ

ダイエットに注力する女性は男性からすると魅力的ではないようです。

また、ダイエットを意識した野菜ばかりのメニューに付き合わされるのではないかと考えると付き合いたいとは思えませんし、その前の段階でデートに誘う店を考えるのが面倒くさいのでモテません。

また、ダイエットに必死の女性を見ると、男性の多くは「誰のためにダイエットしてるの?」と思ってしまいます。

ぽちゃ子はその肉感の良さでモテているのに、ダイエットされたのでは好意を寄せている男性からすると、自分以外の誰かが痩せている女性が好きなんだろうと考えてしまうわけです。

髪型を変えた女性に対して「フラれたの?」というセクハラおじさんも似たようなもので、男性の多くは女性が姿を変えると男が関係していると考えるものなのです。

一方、楽しく食事ができる女性は好まれます。

連れて行ったレストランや居酒屋、カフェなどで美味しそうに食べてくれるのは嬉しいですし、次も誘いやすいです。

料理好きの男性であれば、こんなに美味しそうに食べてくれるなら今度家に招待してみようかなと考えることもあります。

料理するのも好きなぽちゃ子なら気が合うでしょう。

男性が好きなのは作るのも食べるのも大好きなのに、巨大化していない、まさにぽちゃ子程度の女性です。

体型があらわになるぴったり服でアピール

メリハリボディを活かすならぴったりめの、体型があらわになる服でアピールするのが吉です。

かといって露出を高めにするとビッチ感が出るので、一夜のアバンチュールを楽しみたいというだけなら否定しませんが、本気モテするなら露出はしない方がいいでしょう。

ぴったりながらも肌自体は隠されている方がむしろセクシーだったりします。

そうはいっても肉感を隠したいという女性は、女性誌の水着特集と男性向けのグラビア画像を比べてみてください。

見るべきはモデルの腰回りです。

女性誌の場合、腰回りの肉感はほとんどなく、ショーツの紐と肌の段差がありません。

一方、男性向けのグラビアモデルの場合は「くいこみ」があります。

腰回りやお腹に多少余分な肉があるくらいの方が男性は好きであるということが、これだけでもわかるはずです。

バキバキに締まった筋肉質の体より、多少お腹や腰に脂肪がある方が男性を惹きつけるのでぴったりめの服を着てみましょう。

男性に安心感を与える

男性は多少なりマザコンであるというのは先述の通りで、若い内はノリと勢いのあるギャル系を好む人が多いですが、働き盛りの年齢になると、男性は女性に対して安心感や癒しを求め始めます。

また、食事を楽しむという項目でも軽く触れましたが、美意識が高い女性を相手にすると男性は疲れてしまう傾向にあります。

食事のみならず、自分の体形まで気を遣わなければならないのではないかと常に緊張を強いられるからです。

その点、ぽちゃ子は見た目の安心感は既にばっちりです。

後は中身を追いつかせればいいだけなので痩せている人に比べて一歩リードしています。

安心感を与えるためには、明るさだけでなく落ち着きが肝心です。

優しく相手の話を聞けることや、発言する時も否定から入らないなどのテクニックがあります。

また、常にカリカリしているのではなく、精神的、時間的な余裕を持っている雰囲気を醸し出しましょう。

可愛いぽちゃ子鉄則のヘアスタイル

ぽちゃ子がやってはいけないヘアスタイルから確認しておきましょう。

まず1番NGは金髪、奇抜なヘアカラーです。

ぽっちゃりであることを自覚した上にあからさまに開き直っているというか、男性の視線なんておかまいなしという見た目になるのでモテ路線からはずれてコメディアンまっしぐらです。

モテたいならやめましょう。

次はベリーショートです。

そもそもベリーショートは特定の男性のみに刺さる髪型で、モテとはかけ離れています。

ましてやぽちゃ子がベリーショートだとクールさもプラスできないので、ただ太った男の子感が出ます。

また、ぽちゃ子は顔もふっくら気味だったりするので、ベリーショートだと顔の面積が強調されてしまい、髪をのっけたように見えます。

続いて、スーパーロングもNGです。

ストレートのスーパーロングでぽちゃ子だと、それはもう完全にオタフクですし、パーマや癖っ毛だと髪のボリュームのせいで顎から肩までのシルエットが一直線になり、ぽちゃ子を超えてデブに見えてしまいます。

セミロング

ミディアム~セミロングが無難です。

注意点としてはボリュームを大きくしないこと。

細めのスパイラルパーマなどはあてず、くびれミディという首あたりでくびれを作るザックリカールくらいが丁度いいです。

これによって首回りの細さを出しつつ、肩の肉感のイメージは分散できます。

小顔効果を出したいなら内巻きのセミロングでも構いません。

ヘアカラーは清潔感を保つ意味も含めてあまり明るすぎない色にしてツヤをキープしましょう。

セミロングならヘアアレンジも容易です。

こだわり抜いたメイク

ゴリゴリのメイクをしましょうということではありません。

女性に人気の整形メイクもハイライトやシャドウなどを入れすぎると、男性から見れば「道化師かな?」と思うレベルだったりします。

それに、整形メイクはあくまで陰影によって見た目をごまかしているので、写真では盛れますがリアルだと横顔を見た時の不自然さが際立ちます。

こだわり抜いたメイクとは、自分の顔のパーツを最大限可愛く見せるというものです。

極端なアイラインではなくても、まつげの間を埋めるような丁寧なインラインを入れれば目力をアップさせることができます。

アイシャドウもグラデーションをつくれば自然な目元のツヤ感を出すことができるでしょう。

ぽちゃ子のメイクで最も力を入れたいのはベースメイクです。

できるだけ、思わず触れたくなるようなモチモチ肌を演出したいので、肌色が均一になるようにカラーコントロールをするのがおすすめです。

赤味の気になる部分にはグリーン、くまにはオレンジやピンクなど下地で色をコントロールしてからファンデーションを重ねていきます。

Tゾーンは薄めにして自然なツヤ感を出すのがコツです。

スポーツ万能というギャップ

ギャップ萌えというものです。

ぽちゃ子がクールというギャップはモテになりませが、スポーツ万能というギャップは最高に好印象です。

大人であればスポーツしている姿を見せる機会はまずないですが、咄嗟の動きが俊敏だったり、デートに連れまわしても疲れる様子もなく楽しんでくれると魅力的です。

また、会社員でも部活動だったり、ボーリングを楽しむ程度のことはありますから、その時に「実はスポーツ万能」ということがわかると記憶に残りやすいので、意識される確率が上がります。

モテる芸能人ぽちゃ子はこの人!

モテるぽちゃ子になるためのテクニックはわかりましたが、理想とするイメージがあるとわかりやすいのでモテるぽちゃ子芸能人の方々チェックしてみましょう。

深田恭子

モテるぽちゃ子といえば深田恭子さんです。

ただ、数字で見ると全然ぽちゃ子ではありません。

スリーサイズは公表されていませんが、世の中の解析班によればバスト85~87cm、ウエスト62cm、ヒップ86~88cmだそうです。

身長は163cmで、何年も前にやや太っていた頃は体重が70kg近くあったのではないかと噂されているものの、現在は40kg台といわれています。

43kgとする説もありましたが、さすがに身長163cmで43kgはちょっと漫画の読み過ぎというか、二次元の女の子の数値です。

もしその数値であれば深田恭子さんのような健康的な美しさは出せるはずがありません。

痩せていることでも有名なハリセンボンの箕輪はるかさんでも身長160cmで体重は48kgあります。

数字を見る限りぽちゃ子ではなく、むしろ理想的なモデル体型であるにもかかわらず「ぽちゃ子枠」なのは、数年前のふくよかだったときのイメージ以上に、豊満な胸やふっくらした頬や二の腕、ムチムチの太ももという印象が強いからです。

話し方も柔らかくおっとりしていて、色白で清楚というぽちゃ子がモテる要素を兼ね備えたモデル体型という深田恭子さんは最強です。

筧美和子

身長164cmで体重は非公開になっています。

スリーサイズは89・60・85だそうです。

もともと豊満な胸の持ち主で水着グラビアが大人気でしたが、デビュー時よりは腰回りの肉付きがふっくらして、その食い込み加減が色気を増しています。

痩せてればいいというわけではないということが非常にわかりやすいケースです。

安めぐみ

身長は158cmでテレビ番組で体重52kgとしていました。

現在は結婚してお母さんにもなっているのでメディアへの露出はほとんどありませんが、全盛期のスリーサイズは85・60・85とのことです。

おっとり女子人気の火付け役で、グラビアモデルのウエストが50cm台が乱立する中で60cm台でメリハリボディを実現し、むっちりした二の腕や太ももが男性から高い支持を獲得。

結婚発表時には悲鳴が上がりました。

磯山さやか

身長は155cmで体重は65kg程度ということです。

バラエティ番組でデビュー時のスリーサイズを詐称していたことを公表し、本当はバスト88cm、ウエスト63cmだったと告白しています。

また、ぽっちゃり加速後のダイエット企画で計測が行われ、ウエストが76cmあったことが発覚しています。

ぽっちゃり美女の代名詞と言ってもいい存在で、バラエティ番組でいじられることもしばしばですが、骨自体は細く目が大きいことと明るい性格で可愛い印象がブレていません。

水卜麻美

身長158cm、体重はダイエット成功時が55kgでしたが、リバウンドして60kg台に戻ったと言われています。

スリーサイズはアナウンサーなので公表していません。

調べたところ86・67・89が通説となっていました。

おいしそうにご飯を食べる姿が人気で、アナウンサーながら食レポで大活躍しています。

また、柔らかな雰囲気を持つ一方でアフレコなど声の仕事に対してストイックな姿勢を持っているのでギャップに萌える人が多いようです。

柳原加奈子

スリーサイズは105・89・102だそうです。

身長は153cmでピーク時の体重は78kg、ダイエットをして現在は65kgとのことでした。

ちょっと「ぽちゃ子」よりはオーバー気味の体格ですが、大きな目と肌のキメ細やかさ、清潔感、明るい性格など総合で見ると太っているというよりはぽっちゃりと形容する方が合っています。

とはいえ、身長153cmの標準体重は約51kgですから10kg以上オーバーをぽっちゃりと呼ぶのは、ぽっちゃり気味の女性陣だけで男性からするとぽっちゃりの領域は出ていると考えるのが一般的のようです。

渡辺直美

身長は157cmと平均的ながら、スリーサイズが130・115・120、体重は103kgという圧巻のボディです。

さすがに「ぽちゃ子」のカテゴリではありませんが、自分の体形を活かしたファッションやおしゃれなメイク、明るい性格が揃っているので魅力的な女性といえます。

ただ、ここまでの迫力ボディを求める男性はごく限られているので男性からのモテという視点では微妙です。

好む男性の母数は少ないといえます。

渡辺直美さんほどのユーモアやポジティブさを持っていないとモテるのは難しく、言い換えれば、それほどの内面を持っているなら見た目がどうであろうとモテるということです。

ブルゾンちえみ

身長155cm、体重62kgでスリーサイズは不明でしたがバラエティ番組でGカップであることを公表していました。

中高生の頃は陸上部で体重40kgでスタイル抜群でしたが1年半で70kgまで増大してしまったとのことです。

しかしブルゾンちえみさんは顔がふっくらしていて胸が大きいので太めに見えるだけで、スリーサイズのメリハリはバッチリです。

とくに24時間マラソン挑戦前後は62kgを下回り腕も足も細くなっていたので、理想的なぽちゃ子スタイルでした。

今日からかわいいぽちゃ子を目指そう

大丈夫です、ぽちゃ子はかわいいです。

ただし、それに甘んじてされに増量したり、開き直ってガサツになるのはいけません。

素材を存分に活かしたテクニックを取り入れて、さらにかわいいぽちゃ子を目指しましょう。