人には様々な気持ちを持って行動をしている事が多いのではないかと思います。

この感情で動くというような事が無ければ基本的には動くというような事もできないでしょうし、ましてや自分の限界というようなものに当たってしまうという可能性もあるという事です。

そんな限界までの行動をした際に、かつてない程の行動力を持つようにもなるような事があるのではないかと思います。

それがいわゆる「潜在意識」と呼ばれるようなものです。

基本的にはこの事は自覚されていない意識としてその意味を持っていますが、誰もがこの潜在意識というものを持っているものではないかと思います。

例えばですが、辛いときに更にその事を限界までやり続けていたら、自分はいつの間にかこの様なことをしていたというような事があるのではないかと思います。

その1つが体力であったり身体に関係をしてくるような事なのではないかと思うのです。

身体というのは人それぞれ違うので、いつ疲れてしまうのか、いつ身体が限界に来るのかというような事は分からないものなのではないかと思います。

そんな時にこの潜在意識というようなものを解放することによって、様々な考えや行動、更には体力を上げるというような事ができるのではないかと思います。

これに似たような言葉を普段の皆さんは使っているのではないかと思います。

何も考えていないのについ動いてしまうというような事はありませんか?実はこれ「無意識」と同じような意味なのです。

簡単に言えば潜在意識のことを無意識とも言うという事になります。

無意識に行動をする、無意識に言ってしまったというような事はありませんか?

例えば相手に言わないようにしようと思っていた言葉を、つい口が開いてしまい言ってしまったというような事もあったのではないかと思います。

無意識というのはこの様なことを言い、皆さんも経験があるのではないかと思います。

今回はそんな潜在意識についてお話をしていけたらと思います。

潜在意識を駆使することで理想の自分へと生まれ変わるような事もできるのです!ではどの様なことがあるのか詳しく見てみたいと思います。

皆さんは普段から潜在意識をどの様にして感じていますか?

潜在意識とは?

そもそも潜在意識というのはどの様なことを言うのでしょうか?皆さんはどの様なときに潜在意識を感じることがあるのでしょうか?

言うのであればこれは無意識に近いようなものなのです。

無意識と聞くと馴染みのあるものになりますよね。

意味としては自分が意識していないことを行動してしまうというような事です。

例えば無意識に行動をしたりというのが良い例です。

寝て起きた後というのは意識がもうろうとしていますよね。

そんな時にいつの間にかこうしていたというような事もあったのではないかと思います。

そんな事を無意識と言いますが、これは潜在意識のことを言うのです。

しかし潜在意識というのは違うような意味で親しまれていることも多いです。

潜在意識というようなのは簡単に言えば眠っている力というような意味でもあります。

よく「潜在意識を解放する!」といようなマンガやアニメなどは見たことありませんか?その様な意味でも使われることが多いのです。

なので潜んでいる力という事になりますね。

読み方「せんざいいしき」

読み方というのは「せんざいいしき」という風に読みます。

せんざいいしきという読み方というのは「潜在」という意味と「意識」という意味が合わせってこの様に読むのです。

意味

どの様な意味があるのでしょうか?基本的にはこの潜在意識というのは先ほど読み方で言った2つのことが合わさった読み方となっています。

例えば潜在意識であれば「潜在」と「意識」その2つが合わさった意味ですが、潜在というのは表面の内に潜んでいるという事になります。

言うのであれば隠れている意識という事になりますよね。

潜在という意味は内に潜んでいる、つまり自分自身の中にまだ眠っている力があるというような事になります。

マンガやアニメではキャラクターが強くなったりするような事でも使われる言葉ですが、潜在意識というのはではどの様な意味になると思いますか?

簡単に言えば潜在意識というのは、自覚がされていない意識というような事になるのです。

無意識に近いようなものを感じますよね。

無意識というのは先ほどからも言っているよういつの間にか行動をしていたりするというような事があると思います。

精神分析などで、活動はしているが自覚されない意識

精神分析などで活動はしているけれど自覚をされていない意識として使われることが多いです。

これを更に簡単に説明をしたいと思います。

人というのは行動をする時にはまず考えるという事をしますよね。

考えてから行動をする、といったことを顕在意識という風に言います。

顕在意識というのは普段考えたり決断をしたりするような事を言い、意識というのは2つあるという事を覚えておきましょう。

そしてその様なことが無いこと、つまり考えることがなくつい言ってしまったというような事が潜在意識になるのです。

例えば言おうと思っていないことをつい言ってしまったというような事がありますよね。

いわゆる口が滑ってしまったというような状態です。

秘密にしておこうと会話をしていたら、ふと出てしまった言葉でバレてしまった!なんていうような事もありますよね。

意識をしているのとは違った発言が出てしまう、この様なことを潜在意識という事になるのです。

なので精神分析というようなのは、基本的に考えていたり、決断をしたり、というような部分という事です。

そして活動はしているが自覚をしていないというのは、まさについ言ってしまった、口が滑ってしまったというような部分に当たるのではないかと思います。

基本的にはこの様なことと言うのは、無意識として使われることが多いですが、全てが潜在意識になるという事を覚えておくようにしましょう。

潜在意識を駆使し理想の自分になる7個の方法


ではそんな潜在敷きを駆使して理想の自分になる7個の方法についていくつかお教えしたいと思います。

基本的にこの様な考えというのは様々あると思いますが、潜在意識を駆使するというのは具体的にどの様なことをすれば良いのでしょうか?いろいろな考えというものがあるのではないかと思います。

例えば潜在意識を信じることがスタートにもなるのです。

潜在意識を駆使して自分の理想になるというのはとても難しいことでもあります。

どの様になりたいのか、理想の自分というのはどの様なことなのかをひたすらに信じ続けたり考えるというような事が必要になるのです。

特にこの様なことというのは無意識に最初は出ているので、その時にならないと分からないような事にもなります。

ですが潜在意識を駆使して使いこなせるようになれば願いや理想などを叶えることができるのではないかとも思うのです。

最初は難しいでしょうが、一気に変わろうとするのではなく、少しずつ変えていくように心がけてみてはいかがでしょうか?

ではどの様なことが理想の自分となる方法なのか、詳しく見てみたいと思います。

1.潜在意識を信じること

潜在意識をまずは信じるという事から始まります。

ようは考えて行動をするという事が大事になるのですが、潜在意識というものがそもそもあるのか?というような疑問を持つ人もいますよね。

無意識というものがあっても潜在意識というのはどの様なものなのかと考える際に、潜在意識を信じるというような事ができなければ理想の自分に近付くというような事ができなくなってしまいます。

潜在意識というのは誰にでもあることなので、まずはそれを頭に入れておくことが必要になるのです。

そして潜在意識を信じるという事は、それほど自分はまだ力が眠っているという自覚があるという事になります。

まだこの様になれるのではないか?この様にすることができるのではないか?それはあらゆる所で起こったりもするのではないかと思います。

理想の自分になるというのはとても難しいことですが、それを意識するというのはとても大事な事になるのです。

とにかく信じ続けることがスタート

とにかく信じ続けることがスタートとなります。

このスタートラインに立つことができなければ、潜在意識というのはいつまでたっても無意識のままで終わってしまうのではないかと思うのです。

ふと目覚めるというような事がありますよね。

こうする事ができるのではないか、この様に行動をすることができるのではないか、というようなとにかく信じ続けるというような事は人を動かす上で大事な事になるのです。

なので信じ続ければ続けるほど、じょじょに潜在意識を解放していけるのではないかとも思います。

途中で諦めないよう強く誓う

途中で諦めないように強く誓うというような事もあるでしょう。

基本的に途中で諦めるというような事をしてしまうと、自分と向き合うというような事はできません。

潜在意識がまだあるという自覚を持つようにするには、諦めないように誓うというような事が大事になります。

ただここで大事なことは強く思いすぎるというのもよくないという事です。

人というのは常に考えたりするというような顕在意識もあるので、そちらを疎かにしていしまうと、様々なことを無意識で行動するようになり、取り返しのつかないような事にもなってしまいますよね。

その様なことではなく、大事なのはバランスを整えつつも潜在意識を出すというような事なのです。

しかしながら何時までたってもできないという人もいます。

何故ならこれは直ぐにできるというようなものではないからなのです。

言うのであれば時間が多くかかるものとなっているので、途中で諦めてしまうというような人もいるのではないかと思います。

そうではなく、先ずは諦めずに強く誓うというような事が大事になるので覚えておくようにしましょう!

2.理想の自分を考える


理想の自分を考えることも大事になります。

理想の自分とはどの様な人なのか、皆さんも考えたことがありますよね?

例えばこの様な人になりたい!というような目標があっても、その目標になりたいと思うだけで行動はしないという人も多いのではないかと思います。

基本的には考えることは大事であっても行動に移さなければ意味が無いですよね。

潜在意識も同じような事が言えるのです。

理想の自分を考えて、それを具体的に表すことができるのかどうかという事も重要になり、とことん考えてどの様なことなのかを一度自分と向き合う必要があるという事です。

とことん考えてみよう

とことん考える必要があるでしょう。

言うのであれば考えることをしなければこの潜在意識と向き合うことができずに、理想の自分にもなることができなくなってしまいます。

これはよく自分はどの様な人になりたいか?というような問に対して「わからない」というような人がいます。

これは自分自身と向き合っていないのと同時に、基本的に自分の理想に興味を持てないというような人達が多いからです。

理想というのは望むことがない完全なものというような意味があります。

この意味というのはいわゆる、夢であったり、妄想というような事にも近いような意味になってしまいます。

その理想の自分について考えないという事は、将来はどうでもいいと考えているのと同じになるという事になるのです。

その様な考えを持ってしまうと、いざ自分のことを考えても何もわからないという状態になり、理想へと近付くこともできなくなってしまいます。

なので潜在意識というものを出して限りなく理想へと近付くためには、まずはとことん考えるというような事から始めないといけないという事になるのです。

具体的に

大雑把に考えたり軽く考える、というような事ではなく具体的に考える必要があります。

言うのであれば「この様な人になりたい」というような軽い考えですよね。

「○○のような○○な人になりたい」というような事であれば具体的な考えになるのではないかと思います。

具体的に考えている、つまり理想像がハッキリしているという人はこの潜在意識を駆使することができ、更には自分自身をも成長できるのではないかと思います。

具体的に考えることが苦手だという人は、先ずは考えることを学び、具体性を持つようにする事から始めてみてはいかがでしょうか?

言うのであれば、具体的というのは細かくというような意味なので、理由などを説明する際に細かく説明をするというような事をすることで、具体的な思考を持つことができるのではないかと思います。

近くにいる魅力的な人も参考に

また自分の理想に近付きたいというような事であれば、潜在意識を駆使することも大事ですが、その魅力的な人を参考にするという事も大切です。

言うのであれば「この様な人になりたい」というようなのは実は自分の身近にいるような人なのではありませんか?芸能人の人でも良いでしょう。

近くにいればいるほど、その人と接することができると思いますが、そのような人というのはどの様な魅力があると思いますか?実際に会って話すと尚更分かるような魅力というのもたくさんありますよね。

その様な人を参考にして是非自分に吸収をするというような事もオススメします。

そうする事で潜在意識を引き出す際の鍵にもなるので、是非参考にするような人をどんどん見つけていきましょう!

3.理想の自分になっていい

理想の自分になっていいというような考えをすることが大事になります。

よく否定的な人であったりネガティブな人というのは「どうせ自分にはできないよ」というような言い方をしてしまいがちです。

実はこの様な考え方というのは本当にそうなってしまうような事になり、マイナスがマイナスを呼ぶ悪循環へと変わっていくのです。

そこで大事なことは理想の自分になっていいとポジティブな考えを持つことです。

言うのであれば否定的な考えをせずに「僕でもイケメンになれる!」「私でも可愛くなれる!」というような意識を持つという事が大事になります。

理想の自分の1つでもある、美男美女になりたいというような人も多いですが、本当にその様になりたいという人はどんどんその様になっていくので、周りからも驚かれることがあるのではないかとも思います。

理想の自分になっていいと受け入れる必要もあるという事です。

無理と思わない

先ほどから言っているように無理だと思うと何時までたっても理想の自分にはなれなくなってしまいます。

特に潜在意識などを駆使したいと思うのであれば、尚更無理とは思わないようにしましょう。

時間がどれだけかかっても、いずれはできるぞというような気持ちを持つことが何よりも大事になるのではないかと思います。

無理と思ってしまったらそこで終わりなので、強い思いを持つことをオススメします。

4.理想の自分に近づく

ここで大事なことは理想の自分に近づくように考えることですが、今の自分と何が違うのかという事を考える必要があります。

無意識にするような行動、つまり潜在意識というのは基本的には自分の理想に近づければ近付くほど、いずれ限界というものが見えてきます。

その際にはどこまで自分を伸ばすことができるのか、大きな変化というようなものが必要なのかという事を考えなくてはいけません。

理想の自分にいざ近付いた際には、その現状の延長線上にあるのかどうかという事を考える必要もあります。

簡単に言うと、今後自分はどの様な変化をするのか、というようなものがあるのかどうかという事です。

仮に変わらないというような事であれば、それまでという事になりますが、その先に変わるようなものがあるとなれば、それは自分の理想へと近付いている証拠でもあるという事です。

潜在意識というのは無意識に行ってしまう行動の1つですが、その行動がより自分の理想のための行動をしていくのではないかと思います。

現状の延長線上にそれはあるのか

現状の延長線上にその変化というものがあるのか、というのはとても大事な事になります。

意味もなくその様にしてしまうと、自分というものを忘れてしまうような可能性があるからです。

言うのであれば自分の理想とは違うようなものが見えたりするのであれば、それは間違いだという事にも繋がりますよね。

変化が必要なのか

変化が必要なのかどうなのかという事はとても大事なことになります。

例えば人はその変化を求めて行動をしたりもするので、潜在意識で行動をするというような事も多くあるのです。

しかしながら、その変化が必要なのか?というような疑問を持つこともあります。

変化をしてどの様になるのかという事が大事になるのではないかと思うのです。

それはどんな変化なのか

どんな変化を求めているのか、というような事も重要になります。

理想の自分に近づくには変化も必要となりますが、今とはどの様な変化があるのか、仮にそうなった場合は自分自身はどの様になるのか、というような考えもしなくてはいけないという事です。

基本的にはこの様な考え方をする際には、潜在意識を活用しようとして理想の自分へと近付く途中で考えてしまうような事になります。

しかしそれをハッキリしなければ違った理想へとなってしまいますので、どんな変化なのかを考える必要もあるという事になります。

5.潜在意識を刺激しすぎない

潜在意識を刺激しすぎないという事も大事になるでしょう。

潜在意識というのは先ほども言ったように、いつの間にか行動をしていた、言ってしまっていたというような行動の1つです。

潜在意識を刺激しすぎてしまうとどの様なことになってしまうのでしょうか?

言うのであれば、自分がしていないつもりの事をしてしまうというような事にもなってしまうのです。

例えば言ってしまうと怒られるような事をつい言ってしまうというのは、刺激をしすぎてしまったからというような事もあるのではないかと思います。

よく口が滑るという人、意識がもうろうとしている中で行動をしていてそれを忘れてしまうというような人、覚えていない人というのはその潜在意識を刺激しすぎている可能性があるという事なのです。

大きな変化には反発も

この様な変化にはときには反発をすることも大事になります。

全てが潜在意識で動いていれば顕在意識が無いという事になり、考えないで行動をする、直感を頼りにしてしまうというような行動ばかりになってしまいますよね。

時には直感であったり、潜在意識で行動をするというような事も大事ですが、理想に近づくには顕在意識をもしっかりと持つ必要があるのです。

あくまでも駆使をするといっても、大きな変化などに対しては反発をしても良いという事になります。

してはいけない事をしている!といような事は直ぐハッと我にかえることが多いですよね。

ドラマなどではその様なものがあるのではないかと思います。

大きな変化には反発もする、というような事はとても大事な事なのです。

少しずつできる範囲で続けるのがコツ

大きく変化をしようとせずに、できる範囲で続けることが大事になります。

例えば美男子になりたい、というような男性がいたとしていきなり、同じように生活をしたり行動をするというのはとても難しいですよね。

しかも潜在意識を駆使するとなれば、どの様なことをするのかと不安になる人もいます。

なのでまずはできる範囲で少しずつ続けるというのがコツになります。

どんな事でもいきなり大きなことに挑戦をするのではなく、できる範囲で自分がすべき事を明確にすることが大事なのではないかと思います。

無理をすると理想からかけ離れてしまうので、十分に注意をするようにしましょう。

6.必ず達成するともう一度誓う

必ず達成するともう1度誓うことでも理想の自分へと近付くことができます。

必ず達成するというのは基本的には「目標」ですよね。

今自分自身が変われるような事は何なのかと目標を考えるというのも1つの理想へと近付くために必要なことです。

それを決して諦めないというような事が大事になるので覚えておくようにしましょう。

やると決める

どういう事かと言うと「やると決める」という事が大事になるのです。

よく「○○だと思う」という事や「しようと思う、なろうと思う」というのは目標にするにしてもその意思がとても弱いですよね。

思うというのは基本的に「できないかもしれないけどがんばる」というような意味になり、折角の目標なのに自信が無いというのと同じになってしまいます。

しかしながら「やると決める」というのは決断の表れでもありますよね。

決断を持つというのはとても大事なことなのでしっかりとやると決めるように行動を移しましょう!

続けると決める

続けると決めるという事も大事になるのではないかと思います。

潜在意識を駆使して理想の自分になるというのは簡単に言うかもしれませんが、実は難しいことです。

これを達成できたというような人は本当に一部の人なのではないかと思います。

何故なら今もなお、その様になりたいという人が多く、現在進行形で潜在意識を駆使しようとしている人達が頑張っているからなのです。

続けると決めるのであれば最後までというのがこの潜在意識を活用する唯一の特徴と言えるのではないかと思います。

理想の自分に近付くのであれば、最後まで続けるように努力をしましょう!

7.潜在意識を味方に

今までのことをふまえて、潜在意識を味方にするというのはとても大事なことなのです。

特に先ほども言っている通り、少しずつ変わるというような事が必要になります。

また潜在意識を駆使するというのは難しいことなので、少しずつ時間をかけるというような事が何よりも大事になるのです。

潜在意識をも駆使することができれば、無意識に自分の理想への行動をすることができたり、何より夢などに近付くことができるので、自分自身も楽しくなるのではないかと思います。

暗いような人生だったというような人も、是非潜在意識を味方にすることで人生というものが大きく変わるかもしれませんよ?

一気には変われない

一気には変われないという事を覚えておくようにしましょう。

1ヶ月や半年で変えることができたのであれば、誰でも苦労というものはしないと思います。

少しずつ自分自身というものを変えて理想に近付いてみてはいかがでしょうか?

一気に変わろうとしない

何よりも一気に変わろうとしない事が大事です。

よく目標などを立てる際に大きな目標を持って行動をすることは良いですが、その目標が漠然としすぎるせいで、あまり達成できていないというような人も多く見かけます。

例えばお金持ちになりたいというような目標があれば、先ずはいくらまで貯金をする!というような目標を立てるという事が大事になるのです。

一気に変わろうとすればよりその目標が大きくなり、いつまでたっても進歩というものが見えなくなってしまいます。

しかしながら小さい目標を立てることで、一気に変わろうとはせずにじょじょに変わるというような事が大事になるのです。

コツコツ変化することが鍵

一気に変わらないという事はコツコツと変化をするというような事が大事になるでしょう。

言うのであればコツコツと目標を立てて行動をするという事です。

潜在意識というのは基本的に大きく変わることがなく、じょじょに行動などが変わっていくものです。

仮に大きく変えようとしてしまうと、潜在意識をコントロールできなくなり、理想の自分への行動とはかけ離れた行動をするのではないかと思います。

なのでコツコツと変化をするというような事が大事になるのではないかと思います。

潜在意識をコントロールしよう(まとめ)

いかがでしたか?

潜在意識というのはいわゆる無意識に近いようなものですが、それを駆使することで自分の理想へと近付くことができるのです。

それは無意識に自分の理想へと行動をすることができるからと同時に、眠っている力に気付くこともできるからなのです。

自分はこの様なことができる、これに気付ける人も少ないですよね。

自分自身と大きく向き合わなければこの様なことは感じないのです。

潜在意識を刺激しすぎるという事だけには注意をして、是非コントロールをしましょう!

そうする事で自分の理想へと近付くこともできるのではないかと思います。

何よりも自分の理想へと生まれ変わることができれば、先ほども言ったように人生というものが大きく変わってきます。

その人生を楽しく過ごしたいと思うのであれば、是非潜在意識を駆使してみてはいかがでしょうか?

皆さんにも必ずこの潜在意識が眠っているので、それをコントロールしてみてください!

【潜在意識をプラスに変えるためのテクニックは、こちらの記事もチェック!】