男女平等の社会が当たり前になりつつある現代で、結婚しないといけないという理由はひとつもない。

まして女性のキャリアウーマンも増えてきて社会進出も多い。

結婚しても仕事をやめたくない、子供を産んでも社会復帰したいという女性は非常に多いですよね?

だからこそ育休なるものも大手の企業では取り入れています。

とは言え、やっぱり結婚は女性の夢!女に生まれたら出産して子育てをしたい。

仕事は結婚までの腰掛と思う女性もいる。

どっちが必ずしも幸せになるなんてことは誰にも言えない。

結婚しても楽しいと思える方もいれば、つまらないと感じる人もいる。

キャリアウーマンがカッコイイと思われても会社は一生守ってくれるワケでもない。

これは非常に難しい問題ですよね。

今の時代、結婚しない女もいる?

今の時代どちらかというと結婚を望んでいない女子の方が多いかもしれませんね。

せっかく就職難を乗り越えて企業に就職して結婚で退職することはもったいない。

結婚しても勤務を継続できるように社会全体も動きつつありますが、

やはり結婚してしまえば現実、周囲の風あたりは強いもの。

仕事を終えて夕飯や家事をこなすことは想像している以上に大変です。

これは、やっぱり結婚した相手の理解がないと成立しないことですよね!

結婚することよりも仕事そのものが楽しくなってきた女性も多いでしょう。

結婚と言えば年齢的にも20代後半や30代近い。

となると仕事もある程度、責任ある内容を負かされる頃でもあり、収入も上がって余裕ができるころです。

そんなときに結婚するとなる少し勇気がいることかも知れませんね。

男性は結婚することでプラスになることが多いでしょうし、生活そのものも大きくは変わりません。

しかし女性としては苗字が変わることと同じく、生活が大きく変わります。

ここのギャップが結婚についてイマイチ踏み出すことができないのかも知れません。

女子が結婚しない理由

女子が結婚しない理由のひとつに結婚に夢がもてないことでしょう。

職場を見てもコレという相手がいない。

職場に異性がいない場合であればプライベートで婚活するしかありません。

婚活といっても時間や金額はソコソコかかるもの。

そこまでして結婚相手を見つけるパワーがないのです。

もともと一人の生活が長い方も結婚に夢がもてない原因です。

パートナーと2人で過ごすことよりも1人で過ごすほうがラク!

特に若い年齢層の男女は特定の相手を見つけるように1人を好みます。

恋愛をする楽しさよりも「メンドクサイ」「つまらない」をイメージしてしまう。

恋愛をすることこの楽しさをイメージすることができないのです。

恋愛そのものを幸せと思わなければ、そこから先は進むことが出ません。

まずは結婚しない前に男性を好きになること。

恋愛を楽しむことが大事です。

いい相手がいない

一般的な理由として一番多いのが「いい相手がない」ことでしょう。

これは自分で一生懸命に探しても相手は見つけることができません!

例えば女子友が「アノ人、いい人じゃない?」と勧めたとしても、自分自身が「いい相手」と思わなければ恋に進むことができないのです。

それでは「いい相手」の条件とは何でしょう?

それは個人で求める相手も変わってきますよね、とにかく家族や子供に優しい男性、容姿がカッコイイ男性など様々ですが、

正直、夢を描きすぎて求めるものが大きすぎることも、いい相手を見つけることができない理由かもしれません。

大好きなアニメやマンガ、ゲームに没頭するばかりに、どこかでリアルじゃないことを求めているのかも知れませんよ。

生身の人間は情けないこともモチロンあり、思い通りに行かないもの。

自分自身が少し妥協することで「いい相手」は見つけることができるのかもしれません。

男性がいない

派遣登録をして勤務している方は女だらけの職場にいる方も多い、自分の周囲には男性そのものが全くいない!

また、年齢層も50代以上の既婚者のオジさんしかいない!という女性もいます。

それでは結婚相手なんてできるワケがない。

周囲に男性がいないとしても、そんなことを理由に辞めることができない。

このような職場にいると、どうしても女子力は低下してしまいます。

ノーメイクやファッションも地味なパンツが多くなってきてませんか?

自分から出会いを見つけようと思っているかが大事ですよね。

本気で恋をしたい、結婚をしたいのであれば職場や周囲に男性がいなくても、自分から探しに行くことはできるはずですよね。

心のどこかで「男性がいない」を理由にしてるだけかも知れない。

男性なんかいなくても、今はそれなりにラクと思えるからこそ、あえて男性がいる場所に行かない。

恋愛自体に興味がもてない

恋愛自体に興味がもてない男女は非常に多くなってきました、その理由に過去にイヤな思い出が残っていること。

また、自分の両親や身近な結婚した友達を見て結婚に興味がなくなる。

結婚したことによって幸せな話をするよりも相手のグチが多い姿を見ていると、何が良くて結婚を決めたのだろうと思いますよね。

特に女性は結婚すると束縛される方も多くなります、

久しぶりに女子友同士で集まろうとしても「夜はマズイ、旦那が機嫌悪くなる」なんていう人もいますよね。

そうすると結婚すると好きなことも制限されてしまうと思ってしまう。

恋愛中も彼氏との約束を一番にしなきゃいけないとなると面倒ですよね、

女性自身に趣味などがあれば趣味の時間を大事にしたい。

恋愛は束縛されるイメージが強いからこそ、制限をかけられたくない。

自分ペースでいたい・・・その気持ちから恋愛自体に興味がないのでしょう。

仕事一筋でいきたい

仕事を任されるようになると仕事は楽しいと感じます。

仕事が楽しいと感じることは時間もなくなるということ、だからこそ、限られた時間の中で仕事に集中したいこともありますよね。

彼氏や旦那様がいると、そう簡単に自分ペースでは進めない。

また仕事をバリバリにこなすようなキャリアウーマンほど、ダメな「かまってちゃん」彼氏が側にいることも多い。

結婚をするよりも仕事一筋でいきたいという女性も多いですよね、

実際、結婚に夢を持っていない方は自分でマンション購入うする方もいます。

今の世の中、男性にゴハンを食べさせてもらう、そんな感覚はなくなったのです。

実際問題、女性が外で働き、男性が家事をこなす主夫が増えています。

イクメンも一種の働く女性を応援してるからこそですよね。

家庭にトラウマがある

育ってきた家庭環境に問題があると結婚に夢がもてません。

例えばお父さんとお母さんがケンカばかりしていた環境で育っていると、結婚しても意味ないとか思いますよね。

本来、夫婦は協力し合って行くものですが、

古い家庭では、亭主関白のお父さんに逆らうことを一切しないお母さんの姿を見ていると「なんで文句ヒトツ言わないのだろう」と思うもの。

また、離婚をしてから母親が楽しそうな顔を見ると、結婚なんてしない方がいいとも感じる方もいます。

とくに思春期に感じたことは大人になっても忘れることができない。

仲良い夫婦関係の両親を見て育ってきた子供は「自分の親のような夫婦になりたい」と思うものですが、

その逆であれば結婚に夢をもてないことは当たり前かもしれませんね。

また、好きな人ができても「私も母親のような人生を歩んでしまう気がする」という、固定観念に縛られて前に進めることができない方もいます。

女性が結婚しないことによるメリット

結婚をしないことによるデメリットとメリットは当然あると思いますが、メリットと言えば、やっぱり束縛をされないことですね。

どうしても結婚すると子供がいようといまいと自分の思い通りに100%なりません。

多少の束縛であれば良いのかも知れませんが、独身生活が長いと男女共に結婚に対する憧れが少なくなっていきます。

「このまま自由でいるのもいいかも・・・」そんな風に思うようになるのです。

自由な時間に趣味や夢に打ち込むこともできます。

また金銭面でも大きな差があるでしょう、結婚することは家族になること。

それは金銭的にもいえることで個々に使える割合が極端に少なくなります。

独身生活であれば、自分で稼いだお金は自分で管理して自分の為に使うことができます。

「私は自分のペースを乱されたくない」と思っている方や、社会的にも仕事が充実している方は特に結婚に対してデメリットを感じ、

結婚しないことによるメリットの役割の方が大きくなるでは?

家庭に束縛されることがない

だいたい、既婚者の友達を飲み会に誘っても「ごめん、夜は出かけられないの。

旦那さん帰ってくるから」や「子供の世話があるから」と返ってきます。

旦那さんが帰宅しても「今日、〇〇と飲みに行ってくる」と言えばいいのでは?

結婚していない女性達は思いますよね。

むしろ、そんなことも許してくれない旦那さんって最低と思うはず。

でも、世の中の旦那さんは極端に「行くな!」とは言わないまでも、機嫌は良くないもの。

むしろ、専業主婦であれば飲み食いするお金も旦那さんの稼ぎになります。

「いいよ、たまには行ってきな」なんて優しい言葉をかけてくれても、結局は旦那さんの夕飯の用意をしたり、飲んだ後の帰宅時間を気にしてしまうもの。

一方、結婚していない女性は誰に遠慮する必要がない!朝帰りだろうと、高級な店に行こうと全ては自分の管理の元です。

束縛されないことが結婚しない女性の一番のポイントではないでしょうか?

お金がたくさん使える

ある程度、仕事も落ち着いている結婚していない女性であれば、自分で稼いだ金は自分の為に使うことができます。

とくに一人暮らしじゃなく、実家住まいであれば尚更ですよね。

GWは海外旅行に行ったり、女子会をリッチな場所で開いたりすることができます。

結婚している女性はパートやアルバイトをしている方も多いですが、そんなにリッチな生活はできません。

とくに子供がいれば学費だとか住宅ローンの少しでも足しになるように、働いていることが多いです。

専業主婦であれば基本的には旦那さんの収入ですよね。

そのお金をたくさん使うなんてことは出来ない。

結婚している女性と結婚していない女性が同じ同窓会で集まったときに、差がでてしまいます。

お金を自由に自分の為に使える結婚していない女性は服装や化粧品も、お金をかけることができます。

やっぱり結婚している女性は何処か家庭を感じる容姿に変わっていることも多い。

残念ですが、そこは大きな差をうんでしまうポイントかもしれませんね!

趣味や夢に打ち込める

結婚していないということは仕事を終えたら自由時間です。

自分の為だけに時間を使うことができます。

その時間でカラダを動かすジムに行きボディを鍛えたり、また趣味の勉強会に参加することもできます。

寝るまでの間、自分の趣味の為に時間を使えるのです。

パソコンを長時間していても誰にも文句を言われることがありません。

これは結婚していない女性にとって何よりもストレス発散できる時間ですよね!

一方、結婚していると自分の時間は、ほぼ持てないと思った方がいいですね。

特にお子さんがいればホッとできる時間は子供が寝てくれた後です、しかし、結局は時間に追われて寝落ちしてしまうもの。

旦那さんが仕事に行っている時間であれば、状況によっては自分の時間になることもできますが、それはわずかな自由時間。

結局は分刻みで趣味の時間も使わないといけないのです。

趣味や夢に打ち込めることで人はストレス発散することができイキイキとした生活をできるのではないでしょうか?