判断力というのはとても重要なものになります。

例えばどんな事でもそうですが、どんな場面でも取捨選択というものがあり、決断をしなくてはいけない時もあります。

欲しいものが2つあってそのどちらかを買わないといけなかったり、内定を貰っている会社がいくつかありその中から1つだけを選ばないといけないなんていう事もあるでしょう。

様々な所で取捨選択をしますが、その時に欠かせないものが判断力です。

判断力というのは簡単に言うと、こちらの場合はこのようになる、どちらを取れば良いのかなどの決断力にも繋がることが多いです。

言うのであれば優柔不断では無い人という言い方の方が解りやすいかもしれません。

どんな事でも判断力をついているとどんな事でも臨機応変にこなすことができ、物事を有利に進めることができるようになるでしょう。

判断力というものは人それぞれですが、皆さんはどれくらいの判断力というものがありますか?

普通の人であれば、良い悪いというような決まりを守ることができますよね。

これをしてはいけない、これはやってはいけない事など、この様なことも判断力の1つに含まれることでしょう。

ですが自分の好き勝手に動く人や視野が狭く理解力が無い人、平然と失敗をしても反省をしない人、自分ではなく相手のことを気にしてしまうような人というのは判断力が無い人が多いです。

良し悪しという見分けは解ると思いますが、最近ではしてはいけない事を平然とする人も多いですよね。

そして注意などをされても反感をしたり、自分は間違っていないというような反省をしない人も多く、判断力に欠ける人というのは多くいます。

ニュースなどにもあったりしますが、やってはいけない事を当然のようにしてしまいニュースになるなんていうような事もありますよね。

特にインターネットの中ではこの様なことも多く、個人情報を流出させてしまったり、誹謗中傷などをして事件にもなったりというような事が多いです。

その様な人達ばかりでは、この先の事も全て上手くいくというような事がなく、失敗をしたり、同じようなことの繰り返しをしてしまうことでしょう。

成功をしない人というのは、この判断力も大きく欠けており、自分の意見は持っているものの、反感をしたりこうだからというような理屈のように物事を捉える人も多いのです。

判断力をつけるには、トレーニングをしたり実際に考えて行動をすることが必要になるのです。

今回はそんな判断力をつけるにはどの様なことをすれば良いのか詳しく見てみたいと思います。

実際に判断力が無い人というのは実は多いのです。

思い当たる節もあるのではないですか?

どうして私には判断力がないの?

判断力があるか?という問に対してどの様に感じたのかは人それぞれだと思います。

自分は判断力がある方だと思う人であったり、私には判断力が無いかもしれないと思う人もいるでしょう。

そしてその根拠というようなものはありますか?

判断力がある理由と無い理由というのは必ずあるはずなのです。

思い出せないという事であれば身近な生活から見つけることもできると思います。

特に「なぜ私には判断力がないのだろう?」と思う人も多いはずです。

感情的になったり人の言うことを直ぐに聞いてしまうというような人は判断力が欠けてしまっている可能性もあります。

ですがこれは裏を返せば人のことを信じて感情が豊かであるというプラスな思考にも捉えることができますよね。

どうして判断力がないのだろう?という考えも必要かもしれませんが「どうしたら判断力がつくのだろう?」という思考に変えてみると良いかもしれません。

ですが判断力が無いのには理由というものが必ずありますよね。

そのエピソードなどを思い出すとまた新たな考えが出てくるかもしれません。

そもそも判断力とは?

そもそも判断力というのはどの様なことを言うと思いますか?

判断をするという行為は例えばAとBがありそのどちらが正しいかという問があるとして、正解の方を選ぶことができれば判断力があると言えるのではないでしょうか?

しかしこの様に問いに対して判断力というものもありますが、別の判断力というのがありますよね。

判断をつけるという事は、その事に対して決断をすると似ています。

問のようにどちらかが必ず間違っているという事はありません。

その時にどちらの選択をするかで人生なども大きく左右することになります。

あの時にあのようにしておけば良かったと後々で悔やむことを後悔と言いますよね。

人は後悔が多い分成長をするものです。

ですが判断力があると、その様な後悔をせずに常に前向きに行動をすることができるのではないかと思います。

よく失敗をするのを恐れてしまうという人もいますが、判断力が無い状態になるとその様になってしまうのです。

判断力がある人というのは例え失敗をしても、前向きに捉える人が多く、次に頑張ろう!という人が多いのも事実です。

事業などや仕事を成功している人はこの様な前向きな人も多いですが、同時に判断力もちゃんとあるという事になるのです。

判断力というものは誰でも持っているものですが、判断力が欠けてしまうと後悔をすることが多いです。

なので判断力のある人が羨ましいと思う人もいるかもしれません。

判断力がある人とない人の差というのは必ず特徴がありますし、鍛えることでも判断力を付けることができるので、まだ諦めたりするのは早いのではないかと思います。

判断力がない人の特徴とは?

判断力がない人の特徴というのはどの様なものがあると思いますか?

例えば考えないことが多いという事であったり、視野が狭いというのがあるでしょう。

特に視野が狭いという事に関しては他の事でも言えることであり、どんな事でも視野を広く持とうという言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。

判断力のある人というのは視野を広く持つので選択肢に幅が大きく、1つや2つではなく、様々な考えが思い浮かぶのです。

逆に判断力が無い人というのは視野を狭く持ってしまいがちなので、選択肢が1つや2つだけで終わってしまうことが多いです。

なので考えないことが多いというのはここに結びついてしまうのです。

そして失敗をしても反省しないという人もいるでしょう。

積極的なのも良いですが、失敗をしたのであれば次はしないようにするという事が大事です。

しかしながらこの反省をしないという状態であると、また同じような事をしてしまいがちです。

他にも様々な特徴があるのですが、詳しく見てみたいと思います。

1、考えないことが多い

先ほど言った考えないことが多いというのは、言うのであれば考えていないという事にもなります。

選択肢が1つか2つしかないという人は、更に頭の引き出しを開ける必要があるのではないでしょうか?考えないという事は頭を普段から使っていないという事になります。

直感も大事ですが考えるという事は特に大事です。

物事の判断力というのは考えてから導き出るものなので、考えないことが多いとなると、常に直感を信じて行動をしているという事になります。

大事なのは考えすぎない、直感に頼り過ぎないというバランスだと思います。

判断力をいきなりつけようとして考えるという事もせず、適材適所に考えてみてはいかがでしょうか?

そうする事で、判断力などもついていくのではないかと思います。

考えないことが多い人というのは判断力がない人の代表的な特徴と言っても良いでしょう。

皆さんはいつも判断力があると思いますか?

2、視野がせまく、井の中の蛙状態

視野が狭いというのも判断力がない人の特徴です。

これは視野が狭いという事は、他の視点から見ることができないという事です。

詳しく言うと、1つの問題に対して1つの観点からしか見ることができないという事です。

視野が狭いと考えもどんどん狭くなっていきますよね。

頭の引き出しと言うのは多くありますが、それでも数が無限にあるという訳でもありません。

無限に近いほどある人は判断力がとてもあり、どのような困難なことでも乗り越えることができるのではないかと思います。

ですが視野が狭く、井の中の蛙状態になってしまうと、様々な選択肢というものが直ぐに出てくるという事がありません。

なので視野が狭いと判断力がない状態という事になるのです。

仮に判断力がある人というのはどの様な状況下でも答えを出して自分なりの道を進みます。

視野が狭い状態になる前に、まずはその物ごとを広く考えてみてはいかがでしょうか?

3、計画性を立てられない

計画性を立てられない人も実は判断力がない人という事になるのです。

計画性というのはスケジュールなどを立てたりして行動をするという事ですが、物事には順序というものがあります。

その順序を組み立てて物事を進めるという事になります。

いきなり完成!というようなプログラムであったりゲームや料理、趣味などありませんよね。

音楽などもそうでしょう。

まずは歌詞か曲を作ってその後にどちらかを作る、そしてコードなども重要になるので、コード進行がおかしいとそれは曲として言えなくなると思います。

計画性というのはこの様な順序や段階を踏むことを言うのです。

計画性を立てられない人というのは行き当たりばったりな人が多いでしょう。

行き当たりばったりという性格も楽しいかもしれませんが、判断力などをつけたい場合には、時には踏みとどまって考えてみてはいかがでしょうか?

計画性を必ず立てるという事はしなくても良いかもしれませんが、どの様にしたら自分は楽しいか、充実できるのかという事を考えて仕事やプライベートを過ごしてみても良いかもしれません。

4、失敗しても反省しない


失敗しても反省しないという事もあるかもしれません。

この様な人も実は判断力がない人の特徴になるのです!失敗をするということは何かの手違えであったり間違えであったりと誰でもあるような事です。

しかし判断力のある人というのは基本的に同じ失敗をしません。

なので同じような事をおこさないという事にも繋がります。

ですが、失敗をしても反省をしないとなると、また同じような失敗を起こしてしまう可能性が高くなりますよね。

人というのは二度ある事は三度あるというように、同じことをまたしてしまうことが多く、その差というのはいわゆるその失敗をどの様に受け止めているのかという事になるのです。

軽い形であれば大丈夫ですが、仕事などで同じ失敗をしてしまった場合は、悔しいと思いますよね。

また同じことをしてしまったと悔やむ人もいるのではないでしょうか?よく反省をしていても治らないという人は見方を変えると良いかもしれません。

「どうして失敗をしたのか?」ではなく「どういう状態で失敗をすることが多いのだろう?」という風に考え方を1つ変えるだけでも違ってくると思います。

判断力もガッツリとつくようにもなるので、失敗をしても反省しないという事がないようにしましょう。

5、人やメディアの意見をすぐ鵜呑みにする


人やメディアの意見をすぐ鵜呑みにするという事もあると思います。

例えば友達の言っている事を何でも信じてしまうという人がいますよね。

それはとても良いことですが、同時にジョークで言っていることも通じないというような事になると思います。

人やメディアの意見をすぐ鵜呑みにするという事は何でも信じてしまいがちです。

よくあるのがネットでの嘘情報に踊らされるというような事があるのではないかと思います。

今ではSNSなども流行っており、TwitterやFacebookなども多くありますが、その中で正確な情報を伝えているという人は少ないのではないかとも思います。

インターネットというのは基本的に嘘の情報で溢れています。

もちろん正しい情報もありますが、その見極めというものをできないとインターネットというものはできないのではないかと思います。

鵜呑みにするという事はその事を信じてしまうという事です。

人を信じるのは確かに良いことですが、この様にネットでの情報を全て信じてしまうと、嘘や詐欺などにもはまってしまうのではないかと思います。

人やメディアの意見をすぐ鵜呑みにする場合は、何でも信じてしまうのでその影響により判断力がないという事になるのです。

「これは嘘だ、これは本当だ」というような事ができるようになると判断力がある人という事になるのではないかと思います。

6、できるだけ損や失敗をしたくない

できるだけ損や失敗をしたくないという考えからも判断力というものが失ってくるのです。

これは意外に思う人も多いかもしれませんが、損や失敗をしたくないという考えというのは誰でもあると思います。

特に損に関しては得を取りたくなるものですよね。

ですがこの様に考えて行動をするというのは一見良いことにも思えますが、それだけではいけないのです。

仮にそれを避けて動いてしまうと、大事な時に失敗や損をしてしまうことになってしまいます。

人というのは完璧ではないので、時には損をして失敗をすると思います。

その際に反省をしてどの様に思うのかで人は変わっていくのではないかと思います。

判断力をつける場合は損や失敗をしてその後に反省をするかどうかでも決まるでしょう。

7、目先のことしか考えていない

目先のことしか考えていないという人も判断力がない人になってしまいます。

先のことを考えずに行動をすることもあるかもしれませんが、判断というのは一度考えて決めることでもあるのです。

目先のことしか考えて行動をしない場合は取り返しのつかない事があるのではないかと思います。

言うのであれば、目先のことしか考えていないという人は、今が良ければ良いという考えの人が多いです。

そこで判断力が問われます。

今がよくてもこの先は大丈夫なのだろうか?

というような判断力が必要になるので、目先のことしか考えていない場合はこの判断力というものが欠けているという事になるのです。

8、理解力がない

理解力がない人も判断力に欠けている特徴があります。

言うのであれば理解力がないという事は、その物ごとに関しては何も解らないという状態になりますよね。

なので何をどうする?というような事が解らないという事にもなるので、判断力がどうしても追いつかなくなってしまいます。

理解力があれば、判断をつけることも多々あるので、とても良いのですが、理解力が無ければ何もすることができないというお手上げ状態になる可能性が高いという事です。

なのでこの様な理解力がない人というのは基本的に判断力がない特徴にもなるという事です。

9、過去のことをいつまでも引きずる

また判断力がない人の特徴の1つには過去のことをいつまでも引きずるような人が多いです。

言うのであれば、過去のことを引きずり、ずっとその事にしがみついているというような人は判断力が欠けている可能性があるのです。

過去の事というのは考えてもしょうがないことであり、後悔へと変わります。

ですがその際に後悔をしたからこそ、どの様にするのかと判断をすることがとても大切になるのです。

ですがそこまで頭が回らない、その過去のことをひたすら引きずってしまうというような人は基本的に判断力が無いという事になってしまうのではないでしょうか。

決断力がないのには明確な原因があった!

決断力がないのには明確な原因があるのです!

例えばですが判断力というのは先ほどからも言っているように、自分が何をすべきか解っている状態にいることが多いという事です。

つまり、この様なことになった時にどの様に今自分はすべきなのかを考えることができるのが判断力があるという事になります。

ではない原因というのはどの様な事になるのかと言うと、その逆を考えれば良いのです。

つまり、自分が今何をすべきか解っていなかったり、他人や周りのことばかり気にしているというような人が多いという事になります。

何より考えることを辞めてしまうので人任せにしてしまうというような人も原因の1つなのです。

ではどの様なものがあるのか更に詳しく見てみたいと思います。

自分が今何をするべきかわかっていない

自分が今何をすべきかわかっていないというような人もいるでしょう。

例えば「目の前で大変なことをがあり、自分は呆然としていた」というような事になっていたとしたら、自分が今何をするべきかわかっていない状態になっているという事です。

自分で考えてもどうすれば良いのかわからない!といような事は多々あるのではないかと思います。

その時というのはどうしても判断力が鈍くなってしまいますよね。

その様な原因があるからこそ、決断力というものが無いのではないかと思います。

他人や周りのことをばかりを気にしている

決断をする際には必ずどの様なことでも決めなくてはいけません。

これは誰でもそうですが、判断をするという事は何度も言うように決断をすることになりますよね。

例えばですが周りのことばかり気にしてしまうというような人は多いのではないかと思います。

その様な人は基本的に自分のことより周りのことを意識してしまいがちなので、他人や周りのことばかり気にしてしまうとどうしても判断力というものが落ちてしまい、物事の決断をすることができなくなってしまいます。

過去に何かしらのトラウマがある

過去に何かしらのトラウマがあるという人も判断力が無い原因にもなっています。

言うのであればそのトラウマを克服することができれば、判断をつけることができ決断をすることができるという事です。

例えば「夜に1人になった時は怖い思いをした」というようなトラウマがあった場合、その時になってしまうと何も考えられなくなってしまいますよね。

頭が真っ白な状態になるのではないかと思います。

過去のトラウマというものは、なかなか拭うことができず、ずっと脳裏に残っていることが多いのではないでしょうか?

この様な傾向があるという人も実は判断が鈍る原因にもなるのです。

言うのであればまた同じような事が起こるのではないかという可能性を考えてしまうという事になります。

心配性な傾向がある

これはいわゆる心配性な傾向があるという事になりますよね。

心配性というのは、必要以上にその事について考えてしまうというような傾向があります。

言うのであれば、トラウマというのは誰でも心配するものです。

しかしながら、トラウマ以外のこと。

例えば「あのすれ違った老人は大丈夫だろうか?」という事であったり「あの人は座りこんでいるけれど何かあったのだろうか?」というような心配性になったりすることで決断力が無くなってしまうのです。

これは自分自身のことより相手のことで頭が一杯になり、どうしてもと考えてしまうからおこってしまうことです。

人任せにする傾向がある

人任せにする傾向があるという事もあるでしょう。

例えば人任せにしてしまうとどうしても自分で考えるというような判断であったり、決断が無くなってしまいますよね。

人に任せるというような人は基本的に自分で考えるというような事が嫌いであり、何でも人任せにするような傾向があるのです。

その様な人も実は判断力がどんどん無くなってしまい、決断をすることができなくなるというような人が多いのではないかと思います。

判断力を鍛えるとっておきの方法とは?

ではそんな判断力を鍛えるとっておきの方法というものがあります!

例えば思考トレーニングというものは大事なことであり、考える力を取り戻してくれます。

また積極的になるというような事が重要で、どんな事に対しても興味を持って取り組んだり、自分で考えて行動をするというような事も鍛える方法の1つです。

言うのであれば責任を負うような行動をするという事です。

他にも様々なトレーニング方法があるので実際に見てみたいと思います。

1、思考のトレーニングを行う

思考トレーニングを行うという事があるでしょう。

例えば思考トレーニングというのは基本的に、考えることをするトレーニングです。

どんな事でも良いので考えてこの様になった場合はどの様にする?というようなことをひたすら考えてみてはどうでしょうか?

一番いけない事は、心配性になってしまったり、判断力がつかないような考えをすることなので、気楽に取り組むと良いかもしれません。

2、とりあえずやってみる精神

とりあえずやってみるというような精神はとても重要です。

言うのであれば判断力がつくという事は自分で決断をすることができるという事で、とりあえずやってみようという気持ちも沸かすことができます。

どんな事でもそうですがこれは積極的な気持ち、いわゆるポジティブさがあるからこそできる考えです。

なのでとりあえずやってみようかなと思うことはとても大事な判断力をつけることができるので、実際にしてみてはいかがでしょうか?

3、いろんなことに興味を持って取り組む

いろんなことに関して興味を持って取り組むというような事もあるでしょう。

例えば、先ほど言った積極性に関わることですが、いろんなことに興味を持つということは、様々な考え方ができるようになるという事です。

その際に例えばこれはどの様にすれば良いのだろうという事や、これはこの様にすれば良いのか?というような判断がつくようになり、興味に詳しくなれば一石二鳥ですよね。

興味を持って様々な物に取り組むというのはいわゆる自分を成長させるためのものでもあるのです。

なので、是非これも実践をして、判断力をつけてみてはいかがでしょうか?

4、自分で考えて行動してみる

自分で考えて行動してみるという事も重要になるでしょう。

例えば自分で考えて行動をするというのは、判断力をつけさせると同時に責任を負うという重大さも気付くことができるのではないかと思います。

自分で考える場合というのは判断をつけるものであり、それを実践していくという事が何よりも大事になります。

責任を負う練習をしてみる

同時にこれは責任を負う練習をすることもできるという事です。

例えばですが、どの様な事にも責任というものは必ずきてしまいます。

仕事に関してもそうですし、自分が生きていく責任というようなものもありますよね。

そんな責任を負う練習をしてみると、また判断力などが上がっていくのではないかと思います。

判断力や決断力というのは、様々な考えがあるからこそできるものであり、かつ責任を負うからこそ決断というものをすることができるのです。

なので、変に考えたり悔やむくらいであれば、自信を持ってその決断をするというようなことをオススメします。

5、多くの知識を身につけよう

多くの知識を身につけるというような事も大切になるでしょう。

例えば多くの知識を身に着けるというのは簡単に言えば、引き出しを多く持つという事です。

引き出しを多く持つ

引き出しを多く持つというのは、例えばどんな事があっても自分は何とかしてみせるというような気持ちで、いざ難しい問題を解こうとしても知識が足らないと意味がないですよね。

知識というのは豊富にあり、その引き出しを多く持つことで問題を解くことができるのではないかと思います。

言うのであれば、その問題に対して考えることができなければ引き出しが少ないという事になるのです。

引き出しを多く持つという事はとても重要なことであり、判断力や決断力はもちろんの事、知識を蓄えることができるので、多くの知識を吸収する必要があるのではないかと思います。

判断力を身に付けたい人が読む本

判断力を身に付けたいという気持ちや、まだよく解らないという人に対してオススメの本があります!その2冊について紹介をしたいと思います。

問題解決力を劇的に上げる 判断力の基本

これはビジネスでありながら判断力を鍛えたいという人にオススメの本です。

どういう時に判断力を使うのか、どういう時に大事になるのかなどを細かく説明をしてくれる1冊となっています。

驚異のイノベーション

かの有名なスティーブジョブズの仕事で活用をしてきたものであったり、どの様な仕事の進め方をしたのかというものが解る本です。

判断力や自分を最大限に生かしたい!という人にオススメの1冊となっています。

まとめ

いかがでしたか?

判断力というものは鍛えることでつくものであり、同時に決断力も上がるのではないかと思います。

よく曖昧にしてきたという人や、いつも判断が遅れてしまうという人は、その判断力を1度鍛えてみてはいかがでしょうか?

そうする事で、一段と自分に磨きがかかるのではないかと思います!