うちは貧乏だから、親がそう言っているのを聞いて、貧乏、貧しいと言った感じに育ってきた方が結構多くいると思われます。

しかし、本当に貧乏なのでしょうか?

よく、貧乏と聞くとお金に困っている方のことを差すような感じがしますが、果たしてそれが正解だと思いますか?実は、必ずしも正解と言えることはないです。

なぜなら、人によってお金の捉え方が違うのです。

1万円が手元に会った時に嬉しいと思う方もいれば、缶ジュースが欲しいのに1万円しかなくて、缶ジュースが買えないということもあり、必ずしも大金を持っていれば幸せと言うことではありません。

要は金銭感覚の問題なのです。

実は、お金持ちの方と貧しい人との違いはこの金銭感覚やお金の使い方だけでなく、日常生活にも差があるのです。

よく、あそこの家は金持ちだからうちとは違うと特別視する方はいますが、これが大きな勘違いです。

生まれた時はみんな同じです。

そこから生きていく中で金持ちになる習慣を身につけたから金持ちなのです。

そこで今回こちらの記事では、貧しい人が無意識に意識していることなど、金持ちの方との違いに関する情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、貧しい人の思考を持つのを防ぎましょう。

貧乏は悪くありません。

貧乏を続けることが悪いのです。

貧しい人が無意識にしていること7個

早速ですが、貧しい人と金持ちの人では金銭感覚だけでなく、行動や思考も違ってくるのです。

普段、日常的に同じ部類の人と交流することが多いので、どんな行動や思考が貧しい人が行っていることなのかわからない人が多いと思います。

そこでここからは貧しい人が無意識に行っていることを説明致します。

大きくピックアップして、7個ありますので、ぜひ、しっかり理解しましょう。

いきなりすべてをマスターするのは難しいので、まずはあなたにとって身近なことから理解していきましょう。

大切なのは、気づくことです。

説明などをいくら聞いても気づかない人は気づきません。

まずは、柔軟になって何でも受け止めるようにして、貧しい人が無意識に行っている行動や思考をインプットしましょう。

そして、あなた自らアウトプットできれば、問題ありませんよ。

1.安物を買う


バブルがはじけて、不景気と騒がれるようになって誕生したのが100均などの手軽に日用品を購入することができるショップなどです。

わかりやすくて買いやすい、100円なので、お得感があるというような感じになって購入される方が増えましたが、裏を返せば、100円以上の物を買うのが難しい人が増えたことであり、不景気によって収入が減ったので、消費活動が低下していたので、1個単位で買いやすい値段として100円があり、100均なるものが誕生したのです。

また、物を多く仕入れて、安く売るショップなど、とにかく、低所得者向けの販売方法が近年の日本では、流行っています。

値段は大切ですが、値段に気を取られ過ぎて、本質を見抜けなくなってきているのが問題です。

貧しい人は物を値段で判断してしまうので、安物を購入する傾向が強いのです。

セール品が好き

最近、広告で多いのが季節限定などと謳ったセール品です。

セールと聞くと安く感じてお得なものと言った感じで飛びつく方は多いですが、裏を返せば売れ残りで、何とかしてでも売らないといけないと言った感じの商品が多いのです。

要は金持ちが買わなくなった商品の売れ残りを低所得者に買わせる手法であり、廃棄処理に近い形なのです。

貧しい人は物を値段で見てしまう癖があるので、元値よりかなり安くなっているとお得と思って買ってしまうのですが、その頃にはもう価値が下がった物になってしまっている可能性もあるのです。

セール品と聞こえはいいものですが、中身をちゃんと確認して購入しないと、セールと言うキーワードに踊らされて、購入しても結局は使わなかったということも良くある話です。

2.無料のものは必ずもらう

タウンワーク、ホットペッパーなど、近年では無料でもらえるものが増えてきていますが、これこそ貧しい人をターゲットにしたものです。

値段で判断でしてしまうため、ご自身に必要がないものでも、無料ならと言った感じにいただいてしまうのが、貧しい人の考え方です。

さらにそのような無料の物が増えているのは、日本の経済が衰退している証拠でもあります。

貧しいだけでなく、物の価値を見ることができなくなってきてしまっている危険性もあるのです。

ただ、今は無料でも流行りだせば有料化されることもあります。

例えば、携帯電話はその例です。

昔は機種代は無料のものがざらにあり、通話料さえ気にすればよかったのに、最近は機種にも価値をつけてお金を取ろうとしていて、携帯会社にとっては、良い利益になっています。

フリーペーパー誌

タウンワークなどの求人誌やホットペッパーのクーポン誌など、フリーペーパーは増えてきています。

もはや広告代だけで稼ごうという策略ですが、果たしてこのまま続くかは不明です。

最近では歩合制のような感じで広告代を請求する広告代理店もあり、携帯電話のようにいろいろな部分に価値をつけて、お金を搾取するのではないでしょうか。

また、無料であり、なおかつみんなの目にも触れやすい所などに置いてあるので、手軽にゲットできることなども、貧しい人にとっては魅力になってしまうのです。

貧しい人は、行動力がお金持ちの人に比べて低く、遠くまでいってゲットしようというような考えを持ちません。

そのため、自分の行動範囲の中でゲット出来るのであれば、なおかつ無料なら、ゲットしようと考えてしまうのです。

おそらくフリーペーパーもそのような方たちを狙っているのだと思います。

必ずしも必要ではない物も

無料となればご自身にとって必要のないものももらってしまうのが、貧しい人の考え方です。

もらったあとに結局使わずにいて、なおかつ立ちが悪いと捨てずにいて、家が不必要なものだらけになってしまうことがあります。

貧しい人は金持ちの人に比べて行動力が著しく低いので、無料でもらったものなどは処分せずに貯め込んでしまうのです。

そのため、循環するといった行動や思考にならないので、お金も入ってこず、貧しい人になってしまうのです。

最近何かと断舎利がブームになっているのはそのためです。

不必要な物をためこむと引き寄せの法則によって不必要なものを引きよせてしまうのです。

なぜなら、あなたの行動がそうなっているので、潜在意識がそのように働くのです。

ゲットすべきものはあなたにとって必要なものにしましょう。

3.すぐ買う

欲しい物があるとすぐに買ってしまう癖は、貧しい人の習慣と言えます。

一方お金持ちの方はご自身にとって本当に必要なものかどうか購入する前に考えますし、購入した後でも自分にとってどう必要なのかを見極めるのです。

貧しい人は、ただ購入してしまうだけなので、お金が逃げてしまうのです。

一時期流行った爆買いが良い例です。

とにかく良い物とプッシュされた製品を価値を見いださず、ご自身にとって本当に必要かどうかわからずに勢いで購入してしまう。

まさに意味のない消費です。

このように貧しい人は意味のない消費をする傾向が強いです。

とにかく、CMなどの広告宣伝で強くプッシュされた新製品などをすぐに買ってしまう癖が強いのは危険です。

ただ、新製品に飛びつくのは金持ちの方も一緒です。

要は、ご自身にとって必要かどうかの判断ができるかどうかです。

欲しければ買う

とにかく欲しいと思ったら購入してしまう。

まさに貧しい人の発想です。

要はものの価値を見ていない証拠でもあります。

物の価値をしっかり見て、この部分があるのなら自分にとっても必要なものだというふうに考えることなく飛びついてしまうのが行けないのです。

要は、余裕を持った行動ができていないのでそうなってしまうのです。

頭より先に行動ができることは良いことですが、なんでもかんでもそれでは良くありません。

結局購入してから使わずに後悔するといったパターンが多いです。

この差は何から生まれるのかと言いますと、頭の強い、弱いです。

頭の良し悪しとは違います。

咄嗟のことでも冷静に向きあえるかどうかなど、余裕を持った行動ができるかどうかです。

収入以上の支出も

結局、何でもほしいと思ったものを購入してしまう癖があるので、収入以上に支出が多い人が多いので貧しくなってしまうのです。

なぜ、そうなってしまうのかと言うと、計画性のなさがそうなってしまうのです。

消費活動にも計画は必要です。

むしろ、消費活動こそ、計画性が必要になってきます。

計画なしに消費活動を行ってしまうタイプの方のほとんどが意味のない借金を抱えてしまい、最悪の場合、自己破産に陥ってしまうのです。

そうなって意味がありません。

消費活動にはしっかり計画を立てましょう。

まずは、家計簿などをつけるのが得策です。

そんなの面倒くさいと言う方がいらっしゃいますが、面倒くさいが崩壊を招くのです。

また、貧しい人の思考には面倒くさいが多いのです。

4.カードをよく使う


支払いに便利な所謂クレジットカードですが、CMでもうるさく使い過ぎには注意をしましょうと言われていますが、使いすぎて困っている方も多くいらっしゃいます。

なぜあれほど言っているのに使い過ぎが起きてしまうのかと言いますと、これは、支払いが便利なのと、一度使ってしまうとやめられなくなってしまうのです。

なんとなく、どうにかなるだろうと安心感を持って使ってしまう方が多いです。

請求が来た時に青ざめてしまうパターンがこのパターンです。

クレジットカードに限らず、便利なの物には裏があります。

その裏の部分をしっかり把握しておかないとこのようになってしまうのです。

また、立ちの悪い会社では、そのような方を狙ってクレジットカードを勧誘してくる会社もいらっしゃるので気をつけましょう。

持ち合わせがなくても平気で買う

便利な部分が災いしてか、持ち合わせがなくても平気で使ってしまいます。

要は現金を持たないので、お金の有り難さを感じなくなってしまうので、使いすぎてしまうのです。

また、クレジットカードを持つと、なぜか自分が金持ちになったかのような錯覚に襲われるので、そうなってしまうのです。

日本の場合、クレジットカードが作れる確率が世界でも稀に高く、誰でも作れてしまう状況なので、貧しい人でも平気でクレジットカードを持ってしまうのです。

そのため、自己破産される方が多いのです。

他国の場合、クレジットカードはもちろんですが、銀行でさえも口座を作るのに審査が必要になってくる場合があります。

このように実は、日本事態が貧しい人を作りだそうとしている環境にあるのです。

貧しい人を増やせば、必然と働かないといけなくなるからです。

5.ローンを平気で組む

貧しい人はローンを平気で組みます。

しかし、これにはからくりがあり、ローンを組みやすい環境が日本にあるからです。

車、家、などの大きなものだけでなく、実はほとんどのものにローンを組めるのが日本なのです。

つまり、月々に細々と払っていくのが主流になっているのです。

しかし、これはあまりよくありません。

ほとんどのセレブは一括で払いますし、また、ローンを組むとしても限られたものにしかローンを組みません。

貧しい人は今払えないから何でもかんでもローンを組んでしまって、気づいた頃にはローン地獄に陥っている可能性もあるのです。

これは、ある意味計画性のなさを表しています。

計画性を持たないでローンを組んでしまうとあとで自分に返ってくるだけです。

今払えないならローンにするのではなく、購入しなければ良いだけです。

大きな買い物もあまり深く考えない

貧しい人はものの価値をわかっていない方が多いので、例え大きい買い物でも深く考えずに買ってしまいます。

所謂、営業マンのいい餌食になってしまっているのです。

良い良いとプッシュされて購入してみたら、そんなに長く持たずにすぐに手放さないといけないような状況になったりと、物の価値を見れないことで損をするのはあなた自身ですよ。

大きい物を買う時もそうですが、何でも買うときは一旦考える癖をつけるのが大切です。

要は、余裕を持つことが大切です。

気持ちだけはやまって購入してしまってあとから後悔しても意味がありません。

購入するならしっかり物の価値を見て、本質を見抜くようにしましょう。

これまではプッシュされて買ってきたかもしれませんが、これからはこちらからプルして物の価値を見て購入することが大切です。

欲しいという気持ちが優先

ローンを平気で組んでしまう原因に大きく影響しているのが、欲しいと思う気持ちです。

気持ちを抑えきれずにローンを組んでしまう人が多いです。

所謂メンタルが弱い人です。

メンタルが弱いと自分の気持ちをコントロールできないので、気持ちに支配された形になってしまい、気持ちの思うがままに動いてしまうのです。

貧しい人の多くはこのメンタルの部分が弱いせいでそうなってしまっている可能性があります。

欲しいと言う気持ちを持つこと事体は悪いことではありません。

持ったあとにうまく気持ちをコントロールすることが大切なのです。

気持ちをコントロールできずにいると、衝動買いや爆買いに繋がってしまうのです。

消費に関わる経済は、実は行動学が大きく影響していると言われています。

行動に関わるのがメンタルです。

つまり、メンタルが消費に大きく影響するのです。

6.必要かどうかを考えない

物を購入する時などに本当にご自身にとって必要なものか考えないのが、貧しい人の考え方です。

要は欲しいと思えば必要なくても買ってしまうのが貧しい人の考え方なのです。

これは所謂、お金の価値に気付いていない証拠でもあります。

お金の価値に気付いているのであれば、必要なものしか購入しません。

なぜなら、お金はその人が使って喜ぶことに使われてこそ価値になるからです。

ちゃんとした価値のある使い方をしてくれない人のもとへはお金は集まりません。

必要でもないものを買ってしまうと、後悔するのはあなたであり、喜ばれる使い方をしていないので、お金もあなたのもとへは寄ってこないですよ。

ぜひ、本当にあなたにとって必要なものだけにお金を使用するようにしましょう。

なくては困るものよりあったら便利なもの

購入される時に人はなくて困るもの、もしくはあったら便利なものを購入する傾向にありますが、貧しい人はなくて困るものという考えのもとで消費活動をされている傾向があります。

なぜなら、自分が損をしたくないと言う気持ちが強いからです。

要は自分目線でしか物事を考えていないのです。

そのため、相手が喜ぶことよりも自分が喜ぶことの方にお金を使う割合が大きいのです。

なくては困るものはあっても困るものです。

つまり、なくても大丈夫なのです。

それよりも購入される時に、これを買うことでこうなったらいいな。

こんなことに便利だなと言う感じに想像されると、購入することが楽しくなりますよ。

消費活動は相手の喜びの数が大きいほど、活性化すると言われています。

7.同じものを何個も持っている

特に意味はないが同じものを何個も持っていて、使い道なども特に変わらない。

そのような、無駄な買い物をする傾向が高い人は貧しい人の行動にそっくりです。

何も考えていないので、もはや無意識に動いていると言った感じになっていると思います。

なぜ、そんなにも同じものを持ってしまうのかと言いますと、これは流行った時に衝動買いをしてしまうパターンと、多く持っていても困らないと考えているので、大量に買ってしまうのです。

結局、購入したあとに意味がなかったと気づくのは、あなた自身ですよ。

何個も同じものを購入してしまうのは、何も考えず、気持ちに支配されたまま購入してしまっている証拠です。

または、購入したことを忘れてしまって購入しているケースもありますので、注意しましょう。

持っているものを把握できていない

何個も購入してしまう傾向で、持っている物の個数を把握できずに同じものを購入してしまうケースもありますが、ある意味これは末期症状と言っても過言ではありません。

要は、何も考えずに消費活動をしていることはあきらかですし、自分の行動をも把握できていないことになります。

ある意味、お金だけでなく、自分自身の行動をも把握できていないので、消費活動以外にも、支障をきたしている可能性があります。

このような人はお金だけでなく、人をも引き寄せない危険性を潜んでいます。

たかが、同じものと思っている人もいらっしゃるそうでしょうが、侮れません。

いっぱいあっても困らないと思って購入していても、数を増やすだけで何の意味も持たないものは複数持っていても意味はありません。

まずは、自分の行動から見直しましょう。

貧乏人とお金持ちの違い

ここまでの説明で貧しい人の思考と行動について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

もしかしたら7個のうちにどれかを既に行ってしまっていたと言う方もいらっしゃったのではないでしょうか?

しかし、それは仕方がありません。

特に日本は、世界の中で唯一お金の勉強をしていない国なので、生まれた瞬間にお金の知識を身につけるのは育った環境になってしまいます。

ただ、どんな環境に育ってもお金に関して気づくか気遣ないかはあなた次第です。

故に生まれた環境を攻めてはいけません。

どなたにでもチャンスはあるのです。

何度も言いますように貧乏が悪いのではありません。

貧乏を続けることが悪いのです。

そこでここからはお金持ちと貧しい人の違いをご紹介します。

差は金銭感覚や稼ぎだけではないのです。

行動や思考を変えるだけで貧しい人から脱却できますよ。

ぜひ、参考にしてくださいませ。

1.物を大事にしない

貧しい人は物を大事にしない傾向が強いです。

なぜなら、長期的スパンで考えて物を購入していないのと、物の価値に気付いていないからです。

安物を購入してしまう傾向が実はこの物を大事にしない傾向へ繋がっています。

要は安物だから壊れると思っているのです。

しかし、安物だから壊れると言う考えは正しくありません。

安物でもしっかり丁寧に感謝の気持ちを持って使用すると、長持ちします。

要は安物を理由に壊れてしまったという姿勢にしているのが良くないのです。

物はどんなものでも大切に扱いましょう。

物にも思いや気持ちはありますよ。

お金持ちはいい物を長く使う

お金持ちの方は高級な物を使用しているから、丈夫な物を使っているというように思えますが、それだけではありません。

ちゃんと物に対して気持ちを込めて使用しているので長く持つのです。

つまり、高級だからと言うだけが理由にはならないのです。

特に大型製品などの購入のサイクルが少ないのは、思いを持って使用しているからです。

仮に貧しい人が高級な物を持ってしまうと、普段持ったことがないものなので、変にプレッシャーを感じてしまう可能性もあります。

要は、物はその人にあった物しか持たないのです。

どんなものでもちゃんと使用しているとそのうち高級なものがあなたのもとへ引き寄せます。

2.節約はしているが

貧しい人はとにかくケチです。

しかも、節約と言う言葉を盾にしてケチを徹底しています。

節約と言うと聞こえはいいですが、見方の問題で、ケチと捉えられても仕方がありません。

ちなみに節約もケチも労力を使うものなので、決しておススメ出来ることではありません。

また、立ちが悪いと支払う義務があるものを支払わなかったりするので、相当なものです。

一時期流行った年金未納や給食費の未納などは、まさにこの典型です。

節約しているだけでは先へは進めませんよ。

お金持ちはお金を出すべきところではしっかりと出す

お金持ちはお金は循環するものと捉えているので、出すべきものにはしっかりお金を出しています。

貧しい人は貯金に価値を見いだしますが、お金持ちは消費に価値を見いだすのです。

ただ、消費と言ってもただの消費ではありません。

相手やみんなが喜ぶことに消費することに価値を見いだすのです。

お金は循環するものということに気づいたからこそお金持ちなのです。

なぜなら、お金は誰のものでもありません。

常にあなたの働いたことへの価値とありがとうと対比されるものです。

故にお金は循環しないといけないのです。

3.身の丈に合った生活をしている

お金持ちはというよりもお金のことをしっかり勉強した人は、身の丈に合った生活をしています。

変にお金持ちぶってブランド物で身を飾る人はいますが、まさに金持ちぶった貧乏人のことを言います。

このような人を黄金の服を着た豚と言っていました。

身の丈にあった生活をしないとストレスをため込むのはあなた自身です。

変に金持ちぶるよりもしっかりとした金持ちを目指すようにしましょう。

金持ちぶっても、周囲にすぐにばれますよ。

お金持ちは消費癖がない

お金持ちはお金の使い方こそ豪快ですが、消費癖が凄いかと言えばそんなことはありません。

豪快に使うのと、消費癖が凄いのは別問題です。

お金持ちはお金の本質に気づいているからこそ、無駄な消費はしないのです。

むしろ、自分や相手に必要なことに消費します。

それがたまに豪快に使うので、そのように見えてしまうのです。

貧しい人はどうでもいい事にお金を消費してしまうのでお金が寄ってこないのです。

よく、貧しい人は投資は良くないと言いますが、食事や読書のために購入する本は自己投資です。

知らないところで投資を行っていることに気づいていないのです。

お金持ちはお金がしっかり貯まる

お金持ちはお金がしっかり貯まるようにお金を循環させています。

要は、必要な分だけもしくは、貯金する額を決めているので、しっかり貯まるのです。

貧しい人の貯金は無計画なので、貯めても途中で使ったり、一気に使いこんでしまうこともあるので、良くありません。

貯金にも計画が必要なのです。

その辺りはしっかり肝に銘じましょう。

お金はタダ使うものでも、ただ貯めるものでもありません。

感謝との引き換えに使うものです。

4.お金についての考え方

金持ちと貧しい人のお金に対する考え方は凄く差があります。

お金は人によって捉え方や考え方が違うのですが、それに気づくのが大変なのです。

なぜなら、お金の消費活動は生まれた家族から見て学ぶので、親がケチだと、お金はそういうものだと思いこんでしまい、お金に対して嫌な思いを持ってしまう人もいます。

また、貯金することに価値があると思いこんでしまってひたすら貯金してしまう人もいます。

しかし、いくら貯金したってお金持ちになれるかはその人次第です。

ここからはお金の考え方をご紹介します。

お金持ちは運用を考える

まず、お金持ちの方は手にしたお金で運用を考えます。

生活や投資などあらゆる手段を考えて最善の運用方法を考えます。

つまり、お金をしっかり価値のある使い方をしているのです。

そのため、無駄なことや物への消費はしないのです。

ちゃんとご自身に必要なことや相手が喜ぶことに使用します。

貧乏人は浪費を考える

一方の貧乏人は、とにかく無計画に消費活動を行います。

そのため、お金が手元に残らないのです。

残らないだけならまだマシですが、借金を残してしまったら意味がありません。

貧しい人はお金に愛されない体質でどこかお金を悪い物のように見てしまっている傾向があります。

お金で人生が終わったと言う方はいますが、それはお金のせいではありません。

お金に埋もれてしまったあなたが悪いのです。

【浪費癖を治すため方法は、こちらの記事もチェック!】

5.一時の感情に左右されない

お金持ちは意外と冷静です。

豪快にお金を使う時も実は考えて使っているのです。

一方の貧しい人は一喜一憂していて、その時の感情に流されてしまいます。

前文でも説明しましたが、メンタルの弱い人ほど、消費癖が激しいです。

気持ちをコントロールすることができず、衝動買いをしてしまう人が多いのです。

感情を持つことは悪いことではありませんが、感情に流されてはいけませんよ。

お金持ちは我慢できる

お金持ちは我慢できる体質の人ですが、裏を返せば、メンタルの強い人です。

所謂、感情をコントロールすることができる人たちです。

そのため、欲しいと思っても本当に自分自身に必要な物かどうかを判断することができます。

だから、無駄な消費をしないのです。

見える世界を変えていこう

ココまでの説明で同じお金と言うものでも見えている世界が違うことが分かったでしょうか?

人間は自分の見たものでしか物事を判断しない癖を持っています。

ある意味恐ろしい癖でもあるのです。

広く世界を見ることが行動を取る癖にもなるので、広く世界を見るようにしましょう。

行動してこそ、経済が発展するのです。