モテる服装してきたのにモテない!

合コンやちょっとしたパーティーで、気合を入れておしゃれしてきたはずなのに今イチモテない。

今日の私はかなりイケテルはずなのに。

ファッション雑誌は自分の今の年齢が読むとされるものから、ちょっと立ち読みするには気恥ずかしさを覚えるうんと若い世代のもの、

そして10年後にはこの雑誌を見ることになるだろうとおもわれるものまで網羅して研究を重ね、

何年務めても、たいして上がらないボーナスをはたいて買った服とブーツをクローゼットの前の大鏡の前に広げ、

一人ファッションショーを繰り広げ、この日のために準備万端、整えたはずなのに。

自分よりずっとダサく見えるあの子は結構イケメンと話がはずんで、ラインの交換なんてしてる!

なんて経験のあるあなた、もしかしたら何か大きな勘違いしていたのかもしれませんよ。

そして男性はそもそもどういった服装をすれば女性からモテやすくなるのかということそのものを知らない人が多すぎます。

男性と女性ではモテる服装に違いがある

男性が見ていいなと思う女性の服と女性が思う、これは男受けするだろうと思う服には違いがあります。

しかもその違いはかなり大きいものだと知る必要があります。

女性が思うモテ服は男性に好かれない

ひとことでいうと、女性が思うモテ服は男性に好かれません。

がんばればがんばるほどモテないということになる可能性すらあります。

男性は女性の服に興味があるのではありません。

露骨な言い方をすれば、洋服の下に隠れている肉体に興味があるのです。

女性は流行に敏感で、今流行っているからという理由でおしゃれに飛びつきますが、

一般的な男性は女性が今流行りの洋服を着ているということなどにはあまり興味がありません。

まったく時代おくれ、錯誤では困りますが、流行りのものを着ているからおしゃれだと思ってしまう勘違いをまず知らなくてはいけません。

男性が好む女性のおしゃれの基本は清潔感、健康的な色気が感じられるかどうかです。

その2点を守った上で、自分のキャラクターを上手く活かしながら自分がどうやったら魅力的に見えるかどうかを考えてみましょう。

もちろんその逆パターンも

また男性が思う女性から見てイケてるだろうと思うおしゃれも、大きな勘違いをもたらしていることが多いものです。

ただし、一般的に男性は女性に気にいられたいからということで自分が着る服のことをあれこれ考えたり

執着したりするということが女性ほどないので、勘違いしていたとしてもその痛手は少ないようです。

女性が好む男性のおしゃれの基本は清潔感と安心感が感じられるかどうかです。

ファッション業界などに身を置いている男性であれば話は別ですが、

まあそういった男性は異性からあなたのファッションは勘違いよ、といわれようがあまり気にしないでしょうし、

逆に、この感性をわからない女性ならということで相手にしないかもしれません。

ここではそういったファッションのことはさほど詳しくわからないけれど、という男性についてお話していると思ってくださいね。

実は異性からモテない服装

以外にも異性からモテない服装というのがあります。

女性から見るといかにも男性が好きそうな洋服なのに実は違うということはとても多いのです。

おしゃれで一番大切なのは何だと思いますか?それはTPOです。

時と場所と目的に合ったおしゃれをすることが一番大切です。

自分が着たい服を着るということはとても大切ですが、それはTPOに合っているという土台の元であるべきです。

男性も女性も、おしゃれを通してその人が社会や人とどう関わろうとしているのかということを肌で感じます。

言葉や表情、しぐさと同じように、着ている洋服からその人となりを判断しているといっても過言ではありません。

TPOを無視した装いをしているということは時と場所と目的に気をつかわない人間ですといっているようなものです。

そして周りからあまりにも浮いた装いをしているということは自分は周りから浮いた存在であることを受け入れ、そう在りたいといっているということです。

もちろん個性的な人が好きという人もいますし、誰になんといわれようと、どんなに自分が周りから浮いていようと、

そんな自分が好きという人もいるでしょうが、一般的には周りと調和した服装のほうが得をすることが多いと知りましょう。

男性ウケしない女性の服装

男性ウケしない女性の服装はというと、ひと言でいうと、いかにも男性ウケしようと頑張っている感満載のものです。

洋服で異性を惹きつけようという下心がわかってしまうおしゃれをしてしまうとアウトです。

ここでひとつ大きな問題なのは、かといって洋服なんて何を着てもたいして変わらない、人間は中身よ!なんていう人はもっとアウト!という事実なのです。

どうすればいいの!といわれそうですがそれが事実です。

人の思惑というのはどんなに隠そうとしても表面ににじみ出てくるものなので、

着ているもので惹きつけようとすることも、着るものなんてどうでもいいという考えも、

人には伝わってしまうものだということをまず理解したうえで、そのどちらでもない道を模索しながら計算しながら、

自らを奮い立たせてくれて、かつ自身の魅力を十分に発揮でき、そして愛されるおしゃれをしたいものです。

露出し過ぎな服装

まずやってはいけないのが露出し過ぎるということです。

露出しすぎる洋服というのはいくら西洋文化を取り入れ、オープンになっているとはいえ、今現在の日本人の気質、体型、そして何より気候風土に合わないのです。

これから数百年もすれば食べるものや、温暖化の影響などで日本人の気質や体型、気候風土もどんどん変化して、違ってくるかもしれませんが、今現在ではやはり無理があります。

露出し過ぎることで日本女性の魅力が半減してしまいます。

露出し過ぎな服装は、「ねえ私を見て見て」といっているようなもので、そうされると逆に見たくなくなるのです。

ただの遊び相手なら好まれるでしょうが、自分の彼女や奥さんにしたいとは思われないでしょう。

短すぎるスカートやショートパンツ

いくら脚がきれいであろうがヒップラインに自信があろうが短すぎるスカートやショートパンツは異性にひかれてしまします。

ぱっと目につくので、異性だけでなく同性の注目を浴びはしますが、それは魅力的だから見られるというのではなく、驚きの目で見られるのです。

それを自分の魅力のせいだと勘違いしてはいけません。

男性に目のやり場に困ると言われては失敗なのです。

モコモコし過ぎなコート

露出しすぎはいけないのですが、その逆のモコモコで体を覆うのも不人気です。

モコモコのセーターにほどよく体のラインが出る程度のすっきりした短すぎないタイトミニスカートという組み合わせなら異性の受けはよいようですが、

モコモココートとなると清潔感がまったく感じられない、ぬいぐるみにしか見えない、と男性は嫌います。

露出し過ぎは嫌われますが、女性のボディーラインの存在をまったく消し去ることも同じように男性の気持ちをゲンナリさせてしまいます。

ハイウエストパンツ

流行りのハイウエストパンツも不人気です。

色気がない、腹巻を巻いているのか?履く意味がわからないという意見さえあります。

流行っているからといって取り入れてしまうと男性から嫌われてしまいかねません。

アニマル柄の服

女性の魅力は千差万別です。

そして男性の好みもいろいろありますが、どんな好みの男性であれ、清潔感があるというのは譲れない条件だといいます。

そして男性は清楚な女性というのに弱いのです。

アニマル柄というのは女性の清潔感や清楚な感じを消し去ってしまいます。

小物などにアニマル柄を一部加えてインパクトを出す分には好意的ですが、アニマル柄の洋服は男性にとっては彼女にぜったい着て欲しくないもののひとつだということです。

ガウチョパンツ

2年くらい前から流行っているガウチョパンツも男性には不人気です。

女性からみるととてもおしゃれに見えるのですが、男性の言い分としては、ものすごくスタイルのいいモデル体型の人であれば着こなせるだろうけれど、

一般的な日本女性にはバランスが悪く見えて、無理があるおしゃれなような気がする、ということです。

スカートなら女性らしいと感じるのに、同じようなラインでありながらそれが実はズボンのようになっているということに幻滅するそうです。

レザージャケット

レザージャケットというのもガウチョパンツに通じるものがあるようです。

ものすごくかっこよくモデルのように着こなせるのであればOKだけれど、

一般体型の女性、少しくらいスタイルがいい女性であっても自分が連れて歩く女性にはあまり着て欲しくないという声が圧倒的です。

日本の男性の多くはハードボイルドはあまりお好みではないのです。

女性ウケしない男性の服装

それでは女性ウケしない男性の服装はどういったものでしょうか?

一般的な女性は男性があまりにおしゃれに凝る人であったなら、それに合わせて自分もおしゃれにとても気を使わなくてはいけなくなるような気がするものです。

がんばりすぎる必要はありません。

女性の場合とまったく同じで、おしゃれで異性を惹きつけるという気持ちがあまりにミエミエだと女性は引いてしまいます。

ナルシスト系は好かれません。

かといっておしゃれにあまりに無頓着なのもいただけないというところも同じです。

とにかく一番気をつけることは清潔感です。

ベースに清潔感があるうえで、女性に受けない、避けたい男性の服装、女性に好まれる男性の服装をみてみましょう。

胸元を開けている服装

男性が胸元を開けた服を着るということは、その下、つまり大胸筋を見せたいという気持ちが見え隠れします。

どんなに胸板の厚いマッチョな男性が好みであったとしても、女性は大胸筋そのものを公然の場で見たいとは思いません。

洋服の上からでもマッチョかスリムか、ぶよぶよかなどはじゅうぶんわかります。

肉体を強調する服装は避けましょう。

個性が強すぎる服装

着ている服はその人の個性の現れと考えてみると、あまりに個性の強すぎる服装をしているということは着ている本人の個性も強いと思われます。

周りから好奇の目で見られることにも耐えられないでしょうし、女性は個性的すぎる装いの男性は好きではありません。

その根底には女性は安心感を男性に求めているということがあるのです。

ダメージがありすぎるダメージジーンズ

おしゃれには清潔感がとても大切です。

その清潔感を感じさせないもののひとつにダメージがありすぎるダメージジーンズがあります。

人はダメージを与えられたものを見ると哀れみを感じますよね。

 「 わーすごく傷んでいる 」と思ってしまうのです。

ほどよいダメージジーンズであれば味になるかもしれませんが、行き過ぎはいけません。

先が尖っている靴

女性が嫌う男性の装いの中に先が尖っている靴があります。

ホストさんがよく履いているような先が尖った靴は、意識高い系男性に見えるのです。

おしゃれ度が高すぎるというかチャラく見えたり、俺ってイケテル?と言わんばかりに見えてイヤという声が圧倒的です。

近頃では尖っていて、なおかつ反り返っているタイプの靴も人気のようですが、女性にはとても不人気です。

人は尖ったものを見るより丸いものをみるほうが安心感を感じるものです。

ファッション誌を意識し過ぎている服装

ファッション誌に出てくるモデルが着ているような服装は一般受けしないのです。

おしゃれにまったく興味がないというのも困りものだとは思っていても、

ファッションのことにあまりに興味がある男性は、となりで自分はどんな洋服を着ていればいいのか不安になるという声が圧倒的です。

ダサいのは嫌いだといいながら、ファッション誌を意識しすぎた服装はナルシストのようでイヤ、

おしゃれにうつつを抜かす暇があったら仕事を一生懸命しろと思ってしまう、というのが女性の本音です。

スキニージーンズ

スキニージーンズなど、脚のラインがくっきり、はっきり見えるものははいて欲しくないと女性は思っています。

脚が細い男性がはくと、自分より細いから一緒に歩きたくないとか、細すぎて頼りなさそうと言い、

逆に太い人がはくとみっともない、筋肉質だとムチムチしてイヤラシイし気持ち悪いなど、どちらにしても嫌いという声が圧倒的です。

日本男性は膝から下が短く、O脚の人も多いので、そういった欠点をさりげなくカバーしてくれるスリムすぎないジーンズやパンツをチョイスしてください。

ボトムイン

いまやボトムインはダサいということと同義語です。

どのようなファッションをしようともボトムインだけは避けなければいけません。

注意しなくてはいけないのは、家でリラックスするときやパジャマの上着をインにすることも避けてください。

外で会う時はしていなくても彼女が家に遊びに来たときにゲンナリされるということも避けなくてはいけません。

モテる服装が知りたい!


モテる服装が知りたい!という方のために、まずぜったい避けたほうがいい服装を先に書きましたが、

それではこれはウケるというおしゃれアイテムは何でしょうか?

具体的なアイテムは確かにありますが、その前に、そのアイテムがなぜ異性にウケるのかを考えてみたほうがよいのです。

ある特定のアイテムが異性ウケするからといってそればかり着るというのも少々無理があります。

根底にどうしてそれが嫌われるのかウケるのかということがわかっていればアレンジしやすいですし、異性ウケを狙っているということも前面に出て来にくいのです。

そういったことを注意しながら自分に一番似合った洋服を身につけましょう。

本当に男性ウケする服装

本当に男性ウケする服装はどういったものでしょうか?

ざっくりいうと清潔感のある、普通っぽさを残しながらほんの少しおしゃれな感じ、そして意識していないのだけれどどこか色気を感じるというものが男性は好きなのです。

清潔感があることは前面に出ても少しも嫌われないのですが、おしゃれすぎることと、お色気だけは前面に出すぎると逆効果です。

さりげなくというのが必要です。

それではどういったアイテムをチョイスすればさりげなく清潔でおしゃれで色気を発揮できるのかみてみましょう。

白のワンピース

白のワンピースというのは好まれます。

男性の永遠の憧れの女性像だともいえます。

清楚、色気、など男性が女性に求めているものが白いワンピースにはあります。

ただしセクシーになりすぎないように。

上から下までピタッとしていてボディラインが見えすぎるのはよくありません。

白自体がとてもインパクトのある色です。

その上、ワンピースそのものも女性らしさを強調するアイテムですので、ボディラインを強調しすぎるワンピースはいけません。

見せ場トは一つに絞りましょう。

例えばロング丈にして脚は見せず、女性らしさを表す部分はバストラインのみにするとか、

ネックラインは隠して、ひざ下スレスレのスカート丈で脚を見せるとか、とにかく女性らしさのアピールポイントをひとつに絞る引き算のおしゃれが必要です。

また下着のラインが出るのはもってのほかです。

清潔感をモットーに着こなしましょう。

ナチュラル素材の服

麻やコットン、シルク、カシミヤなどナチュラル素材のものを身につけましょう。

化繊には化繊のオーラがありナチュラル素材にはナチュラル素材のオーラがあります。

もちろん化繊には化繊の良さはありますが、ナチュラル素材の洋服は寒い冬には温かく、暑い夏には涼しく感じますし、肌触りなどの着心地の良さで安心感が増します。

そんなささいなことと思われるかもしれませんが、そういったことが着ている人の表情のやわらかさにつながるのです。

夏にアイロンのかかった真っ白なコットンシャツはとてもセクシーです。

嫌いだという男性はいません。

そしてぜひナチュラル素材のものを選択して欲しいのはストールやショールです。

顔周りにナチュラル素材で、しかも少し上質なものを持ってくるだけであなたの女性としてのグレードが一段上がること間違いなしです。

適度な長さのスカート

女性には人それぞれ、自分の脚が一番きれいに見えるスカート丈があります。

どんな丈でも問題なしという人もいるでしょうが、そういった恵まれた人でも、男性に好まれるスカート丈は適度な長さがあるものです。

私の脚はこんなにきれいなのよという見え透いたアピールは必要ありません。

軽い女性に見えてしまって損をします。

また長すぎるものも重く見えてしまい好まれません。

女性の脚の存在を消し去るのはもったいなすぎます。

フレアーにしろタイトにしろ膝が隠れるくらいの適度な長さのスカートのほうが男性ウケがいいようです。

ピッタリとしたボトム

男性が好きなのは清潔感と同時に健康的な色気です。

だらしなく見えるダボダボ、ブカブカのボトムよりピッタリとしたボトムのほうが人気です。

スカートでもパンツスタイルでも、ウエストからヒップ、太もものラインをいやらしくない程度に強調されているものは効果的です。

ただし清潔感を損なわないように決して下着のラインが出るようなことのないようにしなければいけません。

薄すぎる素材のものはいやらしく見えすぎるので、ある程度の厚みのある生地で白色のタイトスカートなどははどんな男性からも好まれます。

パステルカラーの服

男性は女性の肉体の存在感と色に反応します。

男性が女性に着て欲しい色はずばりパステルカラーです。

顔をパッと明るく見せてくれる効果があるパステルカラーは日本女性に似合います。

色白の女性が黒を着るととても素敵ですが、顔色が悪い人だと黒は沈んで見えます。

また原色も男性には敬遠されがちです。

男性ウケを狙うなら女性らしいやわらかさを感じさせるパステルカラーです。

春になるとパステルカラーが流行るようですが、秋から冬にかけての時期こそパステルカラーを身につけて明るい装いをしたほうが女性はモテます。

部分透けの服

スケスケの服は嫌われますが、部分透けは好まれます。

数年前から流行っている袖の部分だけがレース使いになっているカットソーや首周りのみシースルーになっているブラウスなど。

見えそうで見えないドキドキ感があると男性には好評です。

揺れる髪型

短ければ揺れる服

髪形はセミロングやロングヘアに軍配が上がると思いきや、男性にアンケートをとると似合っていればとくにこだわらないという返答も多いのです。

ただしベリーショートはやはり好まれません。

ポイントは揺れ感です。

男性は自分は揺れるものを身につけるということがほとんどありません。

なので女性の揺れ感に弱いといわれています。

揺れる髪形が好まれます。

もしショートカットがとても似合っているのなら、洋服に揺れ感を取り入れてみましょう。

揺れる服というとロングスカートを思い浮かべがちですが、もちろんAラインのワンピースや、揺れるフレアースカートも素敵ですが、

そでの部分がドレープになったカットソーやウエスト部分にリボンをあしらったブラウスなど、トップスにどこか一か所に揺れるものを取り入れてみるのも効果的です。

ただし、フリルは不人気です。

ここでもやり過ぎは禁物です。

A子さんは男性は揺れるものが好きだと聞き、フワフワのヘアスタイルにもかかわらず、揺れる大きなパールのピアス、手首のところにフリルをあしらったカットソーにフレアースカートという装いでやって来ました。

あきらかにやり過ぎで逆効果でした。

ヒールはローヒールで

脚を細く見せてくれて、背も高くなるからとハイヒールばかりを履く女性がいますが、男性から見るとこれもまた逆効果のようです。

がんばり過ぎに見える、ハイヒールを履いてきれいに歩いている女性を見たことがない、などの意見があります。

確かにひざが出てへっぴり腰で歩く姿は滑稽です。

グラマラスラインのブーティーなども男性はあまり好みません。

ハイヒールは特別なパーティーの時だけにして、普段はヒールはぜひローヒールを履きましょう。

そして実はパーティーのときもローヒールのほうが素敵に装えることが多いのです。

本当に女性ウケする服装

本当に女性ウケする服装はどういったものでしょうか?

男性にウケない女性の服装と同じ理論で、がんばり過ぎ、いかにもモテを狙っているというものが好まれないこと、不潔感のあるものは嫌われるのは当然です。

具体的にあげてみましょう。

普通

だけど落ち着いて清潔感がある。普通という言葉はとても尊いです。

女性が好む男性のおしゃれの基本は「普通」ということです。

落ち着いた感じを与え清潔感があることが重要です。

難しく考える必要はありません。

不潔感とチャラチャラした感じを与えないようにすること、信頼できる雰囲気を醸し出せるといいですね。

ボーダー柄の服

女性は男性の服装にはカジュアルさスポーティーさを求めています。

なのでボーダー柄は春夏秋冬、どの季節でも人気です。

ボーダーは濃い色の面積が大きいとシャープに見えます。

逆だとカジュアル度が高くなります。

好みに合っていて自分に似合うボーダー柄を探してみましょう。

ジレベストをカジュアルに着こなす

ジレベストはモードっぽく着ず、カジュアルに着こなすと女性からの高感度がUPします。

ベストの一番下のボタンははずすというのが基本です。

シャツとジレベストにジーンズやチノパンの組み合わせが人気です。

柄物のシャツ

チェックやストライプなどのカジュアルシャツはスポーティーなさわやかさを演出できて女性からの人気が高いようです。

男性は女性ほどアクセサリーで遊べないので柄物のシャツで遊びを演出できます。

スーツ


スーツ姿の男性は実際より2割、3割ハンサムに見えるともいわれています。

すっきりとスーツを着こなすことができれば女性の見る目が違ってくるでしょう。

スーツが似合うと仕事もできそうに見られます。

スーツは着まわしをしなくてもよいアイテムです。

むしろカジュアルよりおしゃれしやすいともいえます。

購入の時におしゃれな女性定員さんのアドバイスが受けられるといいですね。

ハットやストール

似合っているハットや上質のストールをさりげなく取り入れている男性も高感度が高いようですが、がんばり過ぎはいけません。

そして安物のストールも避けてください。

無理をして高価すぎるものブランド物を身につける必要はありませんが、安物っぽく見られるものはやめましょう。

体型に合ったジーンズ


体型に合ったジーンズは永遠のモテアイテムです。

ジーンズが似合う男性が嫌いだという女性はいません。

ジーンズはメーカーやタイプによって驚くほど体型が違って見えるものです。

おしゃれな彼女と買い物に行くか、定員さんの意見を聞いて、自分の体型にあった、一番かっこよく見えるラインのジーンズを探してみて下さい。

だたしダメージが過ぎたものとピッタリしすぎるものはバツです。

小物か服の色・柄かにピンクを入れる

男性が小物か服の色や柄の一部にピンクを取り入れると女性から好意的に見られるといいます。

あくまでさりげなく、ほんの少し取り入れてみてください。

ネクタイの柄の中に少しピンクが入っているというのがおすすめです。

女性はピンク色が好きなものです。

そんな女性の気持ちと親和性が生まれるのでしょうか。

ゴルフ場では男性がピンクや赤のゴルフウエアを身につけているのをよく見ます。

男性も本当はそういった色のものを見つつけてみたいという欲求があるようです。

ただ海外では男性がピンク色を身につけるとゲイだとアピールしているように思われる国もあるようです。

スニーカーor先の尖っていないブーツ

女性が男性に履いて欲しい靴はスニーカーか先の尖っていないブーツです。

あまりにもおしゃれに凝る男性は女性から敬遠される傾向があるのですが、スニーカーに凝る男性はなぜか好意的に見られるようです。

また先の尖った靴は敬遠されます。

ブーツの先は丸みを帯びたものにしましょう。

そしてあまりにヒールの高すぎるものはシークレットブーツ効果を狙っていると思われるかもしれません。

小さめのアクセサリー

ブレスレットやペンダントなど女性の男性のアクセサリーへ評価はあまり高くありません。

主張し過ぎるものは避けましょう。

小さめの物の方が女性ウケがよいようです。

女性はナルシストの男性を嫌います。

女性にモテたいのであればアクセサリーに凝る必要はありません。

服を変えてモテる自分になってみませんか

たかが服、されど服です。

モテたいならまず見た目からです。

見た目を良くすることでまず自分に自信が持てます。

その自信が余裕や優しさある表情につながります。

自分はモテないと嘆くくらいなら着る服を変えてモテる自分になってみませんか。

男性も女性も異性に求めるのは案外「普通さ」 なのです。

女性は自分のチャームポイントをさりげなくアピールできるものを身につけ男性は女性に安心感を与えるおしゃれをしてください。

おしゃれは引き算ということはよくいわれます。

モテ服と聞くと、がんばらないとできないおしゃれのように思われるかもしれませんが、そうではなくモテ服こそ引き算思考で成功します。

【モテファッションについてはこちらの記事もチェック!】