何か買い物をする際、必ず気になるのが価格です。

その価格が安いのか・高いのかによって買いたいという気持ちも変わって来ることでしょう。

もちろん、安い方がだれもが気軽に購入することが出来ます。

その為、ついつい安いものばかりを購入しようとしてしまうかもしれません。

ですが、価格だけがそのものの価値ではありません。

例え購入価格が高かったとしても、その製品がそれだけの価値があるものだとすればそれに対してお金を払う事にいやだと感じる人はそう多くはないはずです。

だからこそ、そのものの価値をきちんと見極めることが重要です。

安いからと言って全てを購入していては、結局お金はなくなってしまいます。

安くていいものもあれば、安いせいでダメな物もあるのです。

だからこそ、自分が購入してようとしている物はどちらなのかということをしっかりと見極めることが重要です。

そこで今回は、安い物のメリットやデメリットについて考えて見たいと思います。

人はついつい目先の利益を意識してしまいます。

そのせいで、実際には必要としていないのにもかかわらず『安いから』という理由で購入してしまうこともあるかもしれません。

けれど、必要ない物は安くても結局必要ないのです。

そのメリハリをきちんとつけることが出来るかどうかが重要なのでしょう。

例え結果が同じだったとしても、メリット・デメリットを意識して考えることによって、その後の自分が納得することが出来るかどうかが変わってきます。

まずは、先入観を捨て、色々な考え方を手に入れていく事が必要でしょう。

️安いには何か理由があるの?メリット・デメリットを考察

商品には必ず価格が設定されています。

その価格が無ければ、幾ら出したら購入することが出来るかわからなくなってしまうからです。

価格を決めるのは、販売先です。

仕入れやその商品が完成するまでにいくらかかったのかを考え、そこに利益を追加する事によって価格を決めているのです。

だからこそ、価格には多少のばらつきがります。

例え同じ商品だったとしても、お店によて価格が違うのはそういうわけなのです・

その中で、安く販売されている物があったら多くの人が飛びつく事でしょう。

今すぐに購入したほうが良い物ではなかったとしても、価格によって気持ちが変わるかもしれません。

ですが、安い事には必ず理由があるはずです。

まったく同じ標品が、明らかに安く売られていることはごくごくまれです。

必ず、安くなるには何らかの理由がるはずなのです。

その理由に気が付かずに購入してしまうと、後から公開する事にもなりかねません。

重要なのは、理解したうえで購入する事なのです。

だからこそ。

これからご紹介させていただく、安くなるメリット・デメリットをしっかりと考え、自分の中で納得が良く方を選択してください。

どんどん安くで手にはいるものが増えている!

昔の日本は、物のない時代というものもありました。

だからこそ、少ない物資を大切に使用していかなければならないという気持ちがあったはずです。

ですが。

時代が変わる事によって、その精神も少しずつ少なくなって着ました。

例えば、100円均一の登場もその一つです。

100円均一など、昔では考えられない制度ではないでしょうか。

洋服なども、ファストファッションと呼ばれる物が登場したこともあり、それらを活用する事によって、より安く購入する事が出来るようになります。

その結果、どんどん安い価格で手に入る物が増えてきました。

それは悪い事ではないはずです。

お金持ちの人だけが、自分の好きな物を購入することが出来た世界から、今では多くの人が自分の願いを叶える事が出来る社会へと変化しているという事なのですから。

ですが、それが当たり前になりつつある事もまた事実です。

安い事が当たり前になってしまっているからこそ、その価格の素晴らしさに気が付いていないのです。

安いという感覚がなくなってしまっているのです。

安く手に入る物は、どうして大切にすることが出来ない傾向がります。

そのせいで、多くの物を気軽に購入しすぐに捨ててしまうという事もあるかもしれません。

そうならないようにする事が大切です。

️「安い」のメリット・デメリット

人は単純な生き物です。

『安い』というだけで興味がありたり、買いに行きたくなってしまう事もあります。

『セール開始』などと言われれば心がウキウキしてしまうこともあるかもしれません。

それだけ『安い』というワードは人の心を動かす力があるのでしょう。

だからこそ、企業もこぞって『安い』という事をアピールします。

ですが、安いだけで全てが解決するのでしょうか。

安い=いいものとはならないはずです。

例え、安かったとしてもその商品がまったく使い物にならないようなものであれば、結局お金を捨ててしまう事になるでしょう。

だからこそ、安いものばかりを評価の基準にしていてはダメなのです。

物事には、必ずメリットとデメリットがあります。

その両方を意識する事によって、その後の自分がどちらを重視して考えるかも決まって来るはずです。

例えデメリットがあったとしても、その部分を納得しているならそれでいいでしょう。

まずは、納得することが必要です。

安いのメリット

まず、安い事に対するメリットを考えて見たいと思います。

『安い』と聞いてすぐにデメリットと感じる人はいないはずです。

おそらく多くの人が、まずはメリットを意識するはずです。

それだけ『安い』という事はメリットを感じる事なのです。

その部分だけに魅力を感じて、購入意欲が沸く人も沢山いるはずです。

だからこそ、多くの販売者が安い事を最大のアピールポイントにすることも少なくありません。

ですが、その『安い』という言葉も真実かどうかはわかりません。

もしかしたら、そう思わせているだけで実際には安くないという事だってあり得るのです。

だからこそ、私たちはその提示された情報が正しいかどうかを見極める事が重要です。

とにかく低価格でものが手に入る


安い事のメリットで一番大きくあげることが出来るのは、低価格で物を手に入れることが出来るということです。

それ以上に安い事に対するメリットはないでしょう。

同じ金額を支1払っても、1つしか手に入れることが出来ない場合と2つ手に入れる事が出来る場合どちらが魅力的でしょうか。

あえて考えずとも、わかることなのではないでしょうか。

お金は無限に手に入る物ではありません。

上限は違えど、必ず終わりがあります。

だからこそ、その上限に行くまでのお金をいかに有効に使用することが出来るかどうかという事が大切なのです。

一つでも多くの物を手に入れることが出来るようになれば、それだけお金の使い道も広がるというものです。

中には品質が高いものもある

安い商品を購入する場合、どうしても心のどこかで『安いんだから仕方がない』『すぐに壊れることもあるかもしれない』と商品の性能事態を軽視する傾向かあります。

値段は正直です。

安い物はそれだけのものということも多々あります。

ですが、最近では様々な商品が登場して安くともいいものが沢山手に入る時代になりつつあります。

昔は、安い= 悪いものと思われることも多々ありました。

ですが、最近ではそうとも言い切れなくなってきました。

消費者も安いけれど、より質の高い物を求めるように泣てきているのです。

だからこそ、ただ安いだけではだれも興味をもってはくれません。

安いにもかかわらず、それ以上の付加価値を感じることが出来るものを人は求めているのです。

大量に購入できる

安い物は、沢山購入することが出来ます。

1000円の商品は1つしか購入することが出来なくとも、100円の商品は同じ金額で10個購入することが出来ます。

そのお陰で、本当に必要な個数を手に入れることが出来るようになりました。

本当は10個欲しいけれど、お金がなく1個で我慢していた人も本当に欲しい数だけ購入することが出来るようになったのです。

我慢も時には必要です。

ですが、我慢ばかりも良くないはずです。

より豊かな生活を求める為にも、時には本当に必要な物を手に入れることが大事な事もあります。

とはいえ、お金がなければどうすることも出来ません。

そんな時も、価格が安い事によって救われる部分が多々ある事でしょう。

手軽に手に入る

価格が安いと、比較的簡単に購入することが出来ます。

我慢してお金を稼ぐ必要もなく、自分の中にある手持ちで気軽に購入することが出来るのです。

その為、わざわざ色々な事を悩まずに購入することが出来るのです。

家計を守る主婦の方の場合には、家族の事を考えてなかなか購入することが出来ない場合もあるでしょう。

つい自分が欲しい物が後回しになってしまい、なかなか買う事が出来ない倍もあります。

そのせいでストレスがたまったりイライラしたりすることもあります。

我慢をしたり、節約を心がけることも確かに必要です。

ですが、我慢のしすぎも良くはありません。

時には思い切り買いたい物を購入するべきです。

気軽に手に入る商品が多くんなればなる程、自分の欲しい物を我慢することも少なくなって行きます。

その結果、好きな物をより楽しみながら購入することが出来るようになる事でしょう。

悩まず即決できる

金額が高い商品を購入する時は、誰しも悩むはずです。

よほどのお金持ちでもない限り、車や家を購入する際に、すぐに決断することが出来る人など居ないでしょう。

金額は違えど、考え方は同じ事です。

自分の中で少しでも『高い』と感じる場合は、それを購入する事に躊躇してしまう事も多々あることでしょう。

ですが、商品が安い場合そんなことを考える必要もありません。

購入する前に、色々考えたり悩んだりする事はいやなことだとも言い切れないでしょう。

奏する事によって、沢山の事を学ぶことが出来るようになるからです。

しかし一方で、悩むだけ悩んで購入することが出来ない事は、一種のストレスになるはずです。

買いたいけれどお金がないという思いは気持ちをイライラさせてしまう事もあります。

金額が安い事によって、悩まず即決出来る事はとてもいいことです。

そのおかげで無駄に悩む事も減らすことが出来るからです。

ですが、そのせいで何でも感でも気軽に購入する事は、あまりいいことだとは言えないでしょう。

本当に必要な物を安いからこそ、悩まずに購入することが出来るということが、大きなメリットなのです。

デメリット

それではここからは『安い』事に対するデメリットを考えて行きましょう。

安い=いいことだという考え方が根強い人にとって、安い事をデメリットと考える事事態が理解出来ないかもしれません。

ですが、その理由をきちんと理解する事によって、その先の事を考えることが出来るようになるかもしれません。

物事には、必ずメリットとデメリットがります。

メリットだけしかないと言うことは、本来あり得ないはずです。

だからこそ、そのデメリットなのがまず何なのかを知ることが大切です。

人によってそれをデメリットと感じない事もるかもしれません。

感じないのであれば、それはそれでいいのです。

一番の問題なのは、そのデメリットが最大の問題であった場合それを購入した事事態を後悔してしまう事になるからです。

せっかくお金を出して購入したのにも関わらず、購入した事を後悔する事はとても残念な事のはずです。

だからこそ、そうなってしまわない為にもまずはデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

すぐ壊れたりすることがある


安いということは、それだけコストがかかっていないということがります。

だからこそ、パット見同じように見える商品も、使用している材料などの差がありすぐに壊れてしま事もあるかもしれません。

安いことには、必ず理由があるのです。

単純に、使用している材料の質を下げて値下げを狙っている場合、その商品の質が落ちてしまう事は仕方がない事です。

人によっては、それを承知で買っている場合も多々あります。

『この時だけつかえればいい』『今シーズンだけのものだから』そんな風に思えば、例えすぐに壊れてしまったとしても問題はないでしょう。

自分がそれでいいと思って購入しているのであれば、それで良いのです。

ですが、それが違った場合はどうでしょうか。

自分の思っていた以上にアッという間に壊れてしまった場合、購入したことをすぐに後悔することになるはずです。

最近では、安いからと言って悪ものばかりがあるわけではありません。

きちんと作られれいる物も沢山あります。

ですが、それでも安いという事には代わりがありません。

その安い理由の中に、質の低下があるのであればそれは仕方がない事なのでしょう。

壊れることが嫌な場合には、安い物を購入するのではなく、きちんとした製品を購入したほうが良い場合も多々あります。