みなさんは普段買い物などでお金を使う時、どのような事を基準に選んでいるでしょうか。

人によってものに対する価値観は様々ではありますが、できるだけ出費を抑えたいとなると、つい安いものに目がいってしまうものですよね。

安く済ませる事ができればその分、お金も浮くので他の事にも使えますし、得したなあと感じる人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、何でもそのような考え方でお金を使っていても本当に損していないと言えるのでしょうか。

今回はそんな「安物買いの銭失い」から得られる教訓についてまとめてみました。

安物買いの銭失いの意味

日本には古くから「安物買いの銭失い」ということわざがありますが、一度くらいは聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

この安物買いの銭失いということわざの意味についてですが、他より安い値段のものはそれだけ品質が良いとは言えず、買ってはみたものの使っている内にだんだん気に入らなくなったり、使い物にならなくなって結局新しいものを買い替える事になるという意味なのだそうです。

こうして考えると、同じような経験をして、ちゃんと計算をしたら結果的にお金を損している事がある人も多いのではないでしょうか。

勿論、それでも買った本人が気に入れば問題無いのですが、お金を使う時には後悔をしないよう、もっと慎重に考えるべきといういましめでもあるのかも知れませんね。

安いものは長持ちせずかえって高くつく

昔から安いものは人の目につき、それだけの理由でもよく売れるものですよね。

しかしながら、上の記事でもご紹介し通り、安いものはそれだけ品質が良くなかったりするケースが多いのもの事実です。

現在ではファッションや日用品なども、一流ブランド品と比べて随分安い価格で購入するショップも多く、100円ショップなどでも豊富な種類の商品が並んでいるのも珍しくありません。

そのような商品を見る度に、つい手が出てしまいがちですが、安いものは長持ちせずかえって高くついてしまうもの。

せっかく安く買う事ができた商品でも、使い物にならなければ損してしまいます。

自分にも心当たりがある人は、自分が安く買ったものを思い出してみましょう。

現在でも満足して使っているものは幾つくらいあるのか考えてみるのも良いかも知れませんね。

安くても良いものが買える現代

現在では私たちの生活に必要なものが以前と比べて、安くても良いものが買える時代となりました。

このような時代となった背景にはデフレの影響があるとも世間ではよく言われていますが、現在でも消費者に対して「安く、良いものを提供する」という姿勢の企業は多く存在しています。

消費者側としてはとてもありがたい事ではあるのですが、安くても良いものが買える事が本当に良い事ばかりなのでしょうか。

世の中のあらゆるものには表と裏というものが存在しているものです。

安いものにもデメリットとなるものがあるという事はしっかりと覚えておきましょうね。

安く質が良くても高いものにはかなわない

街中をぶらぶらとショッピングをしていたり、インターネットでネットショップを閲覧していると、中にはとても安い値段の商品が見つかったりするものですよね。

そんな時、ついその安い値段につられてしまい、それほど必要では無いものでも買ってしまう経験がある人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、幾ら安くて質が良い商品でも、それなりに高い値段の商品にはかないません。

有名な高級ブランドなどの商品の中には、ブランドの名前だけでも値打ちがあるものも世の中には多く存在していますが、それだけ多くの人から支持されているだけあって、商品一つ一つを手に取ってみるとやっぱり高品質である事も分かりますよね。

安いものばかりを衝動買いしてしまう癖がある人は要注意です。

安さだけを重視して買うのはおすすめ出来ない

昨今ではどこへ行っても色々なものが安く買える事が珍しくなくなりましたよね。

そのような時代の中で、更に他よりも安く売って集客を伸ばそうと考える企業も多く存在しています。

私たちが普段目にしている商品の中には、数年前と比べると随分安く手に入るものもありますし、アウトレットなどに行けば思いがけない掘り出し物を見つける事だってできますよね。

私たち消費者にとっては、とてもありがたい存在ではありますが、安さばかりを重視して買うというのはあまりおすすめ出来ません。

その理由として、安い商品は一般的にいずれも質が悪いという事が挙げられます。

一見、綺麗で丈夫に見える商品でも、購入した後にその質の悪さに気付く事はよくある事です。

使い捨てのものであればまだ良いですが、衣類や生活家電など、毎日使うものであった場合は徐々にその商品のアラが見つかり、修理が必要だったり、新しいものを買い直す必要も出てくるかも知れません。

また、安い商品はその破格の値段によって、つい不要なものまで買ってしまう事も少なくありません。

安物買いの銭失いから得られる7個の教訓


安物買いの銭失いの意味についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

改めて言葉の意味を知る事によって、自分では得していると思っていた買い物も、実際は損をしている事の方が多いと感じられるようになった人も多いのではないかと思います。

しかしながら、そんな安物買いの銭失いをしてしまっている人でも、その経験から得られる教訓がたくさんあるというのも事実です。

ここからは具体的のどのような教訓を得られるのかについてご紹介しますので是非チェックしてみて下さいね。

1、安いものは品質が悪い

上の記事でもご紹介した通り、なんといっても安いものは品質が悪いというのはつきものです。

せっかく安く買った商品でも、品質が悪ければ使い物にならず、かえってお金がかかってしまうという事をしっかりと教訓として覚えておくようにしましょうね。

世の中にはあらゆる商品がありますが、余りにも相場よりも安い商品を見つけたら、その安さの理由についても考えるようにしましょう。

その商品に使用されている素材や生産国などが明確に記載されていない場合は特に注意が必要です。

また、購入した商品によっては必ずしも返品や返金ができないケースもあります。

安さだけにとらわれて、後悔しないようにできるのもそんな教訓のおかげかも知れませんね。

期待にそぐわない結果になる

幾ら値段が安い商品を購入したからといっても、せっかくお金を出して買った商品なのですから、色々と使い道を考えたり、何かと期待をしてしまうのは当然の事ですよね。

しかしながら、品質が悪い商品であれば、それだけ期待にそぐわない結果になってしまうというのも事実です。

商品を購入する前は安くて良い品を買う事ができたと思っていても、後になって自分が思っていたイメージと違っていたら、やっぱり買って損をしたな・・・と思ってしまいますよね。

そんな残念な気持ちにならない為にも、安物買いの銭失いはしない方が良いのです。

2、大切に使わなくなる

自分のお金で買ったお気に入りのものって愛着がありますよね。

みなさんも自分の身の回りにも、いつも大切に使っているものが一つくらいはあるのではないでしょうか。

それとは反対に、自分のお金で買ったものでも、安売りや特価品などで買ったものとなると、雑に扱ってしまいがちですよね。

普段はそんな意識をしていなくても、どこか心の片隅に「どうせ安物だったから」という気持ちがあるのかも知れませんね。

このように、安物買いの銭失いにはものを大切に使わなくなるという教訓も得られるのです。

みなさんも心当たりが無いか、自分の身の回りや、最近購入したものなどを思い返してみて下さいね。

いらないものとして溜まっていく

そんないつも雑に扱われている可愛そうな商品たちですが、やがて要らないものとして溜まってしまうというのもよくある事ですよね。

普段から安いものを見るとついたくさん買ってしまうという人は、一度自分の身の回りをチェックしてみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、不要なものが随分と溜まってしまっているかも知れませんよ。

今後、何か買い物をする時は安さにつられてついたくさん買ってしまわないよう、十分注意しましょう。

多少値が張っても、品質が良いものであるほど丈夫で長持ちしますし、長い間使い続けられるので、また新しいものを買いたいと思う事は自然と少なくなってくるはずです。

3、無駄に捨てるものが増える

安物買いをしている人は無駄に捨てるものが増えてしまいがちという事をご存知でしょうか。

それもそのはず、つい安さにつられて買ったものの多くは、やっぱり品質もそれなりである場合が殆どです。

その為、数回使用しただけで使い物にならなくなってしまった・・・なんて事も少なくありません。

元々、安いお金で買ったものという事もあり、修理してまで使おうとは考えにくいですよね。

そうなると、結局は処分するという方法しかありません。

それとは反対に、普段から安い値段のものを買わない人は、そのような不用品が溜まってしまう事はあまりありませんし、部屋も整然としているものです。

最近では断捨離ブームも起こり、不用品を上手く処分する事ができない人でも分かり易い書籍や、ブログなどもたくさんあるので、気になる人は是非チェックしてみて下さいね。

必要最低限のものだけ買うようにする

誰だって少しでも安いと感じれば「今買わなきゃ勿体ない」という心理状態になってしまうものですよね。

しかしながらその結果として、不要なものが溜まってしまい、お金の無駄遣いになってしまう事になります。

もしかしたら、違うものでも似たような風合いであったり、以前も同じようなものを安さにつられて買ってしまったという経験はありませんか。

よくよく考えてみればあの時に買う必要は無かったものというのは案外たくさんあるものです。

自分にも心当たりがあるという人は、今後は買い物をする時に「本当に今自分に必要か」と問いかけるクセをつけるようにしましょう。

不要なものであると判断した場合は、購入をやめておけば必要最低限のものだけにお金を使えるようになるはずですよ。

4、余計なものを買ってしまう


待ちに待った給料日がやってくると、以前から欲しかったものをつい買ってしまいたくなるものですよね。

それが今の自分にとって必要なものであればお金を使っても良いのかも知れませんが、本当にそれって今絶対に必要なものだと言えるでしょうか。

現在では街へショッピングに出掛けなくても、ネットショップの通信販売やオークションやフリーマーケットのアプリが手軽に利用できるようになりましたよね。

その手軽さと、様々なジャンルの商品もいつでも簡単に探せるのはとても便利ではありますが、それがかえって不要なものまで買ってしまう原因になっている可能性があります。

何でも色々な商品を見つける事ができてしまう為、元々欲しくは無かったものまで情報としてインプットされ、少しでも気になるとついクリックしてしまうという経験がある人も多いのではないでしょうか。

「安いから少しくらいたくさん買っても大丈夫」と思っていると、たちまち不要なもので溢れてしまうかもしれませんよ。

このように、余計なものまで買ってしまうというのも、安物買いの銭失いの教訓の一つです。

掃除や片付けが大変になる

これまで安さにつられて買ってしまった商品は幾つくらいあるでしょうか。

もしかしたら、数えきれないくらい買った事があるという人もいるかも知れませんね。

普段からこまめに整理できていれば良いのですが、安いからという理由で次から次へと買ってしまうと、その後の部屋の掃除や片付けが大変になってしまいます。

要らなくなったから処分するといっても、買ったものの量や大きさによっては、手間とお金がかかってしまいかねません。

こんな事になるなら最初からたくさん買うべきじゃなかった・・・と後悔しない為にも、安物買いの銭失いから教訓を学んでおきましょう。

5、本物の価値を理解出来なくなる

現在、私たちの周りにはあらゆるもので溢れています。

昔は少なかった種類のものでも、豊富な種類の中から選べるようになった事は消費者にとっては良い事ではあるのですが、その反面、ものを見る目を養わなければならなくなったというのも事実です。

それだけ世の間かには様々なものが存在していますが、似たようなものでも品質が異なればその価値も変わってくるものですよね。

安物買い銭失いにはそんな本物の価値を理解出来なくなってしまうという教訓も込められています。

本物は心を豊かにする

例えば、高級なブランドの商品などは、その品質の高さから「本物」や「一流」などと言われる事がありますよね。

それも、長年多くの人たちから愛されている老舗であれば、ブランドとしても知名度が高いのも信頼されている証拠と言えるのではないでしょうか。

勿論、世の中の全ての商品が高級でなければ本物とは言えないというわけではありませんが、職人たちの手によって精巧に作り上げられたものには、やっぱり心が込められていると感じるものです。

そして、そのような商品を手にすればきっと大事に扱いますし、日々の生活も明るく過ごせそうな気持ちにもなってしまいますよね。

このように、本物と呼ばれるものには人の心を豊かにするという魅力もあるのです。

もう、安物や他のものでは満足できないと感じてしまうのも不思議ではありませんよね。

本物とよばれるものとは、それ程価値があるものであり、中にはそれだけで一生ものとなるものだって見つかるかも知れません。

6、安物・値引きはお得じゃない

これから自分が欲しいと思っているものを購入しようと考えた時、やっぱり値段が気になりますよね。

それも高額な商品となれば尚更です。

ショップのセールの広告などもつい目に入ってしまいますし、インターネットで欲しい商品を探している時に、定価よりもかなり値引きをされているのを見たら、思わずクリックしてしまうという人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、驚くような安さの商品を見つけた時も、即購入してしまわないように注意しましょう。

安物や値引きの商品などには必ず理由があるはずですよ。

販売している側の立場からすれば、当然たくさんの商品を買ってほしいと考えているのは当然の事ですが、必ずしもその商品の値段について説明をしているとは限りません。

たくさんの人が目に止まるよう、価格を大々的に宣伝したり、少々大げさな紹介をしている事も少なくありません。

購入した後に、やっぱり買わなければ良かったという事にならないよう、安い値段の理由についても慎重に考えるようにしましょう。

安物や値引き商品とはほとんどの場合、お得では無く、つい買ってしまいたくなるような売り方をしているものだという事を忘れないようにしましょう。

都合よくB級品は店先に並ばない

ブランド物や衣類やアクセサリー、家電製品なども最近ではアウトレットで通常よりも安い値段で購入するができるのも珍しくありませんよね。

アウトレットでは大量生産で売れ残ってしまった商品や、展示品として並んでいた商品なども扱っています。

いわゆる訳あり品と呼ばれるような商品ですが、アウトレットで売られている商品の中にはその他にも外観や箱が傷ついてしまっている為にB級品として販売されている事があります。

このようなB級品はいずれも安い値段で売られている事が多く、一見お買い得のようにも思えますよね。

商品によっては、少々外観が傷ついていたり、型落ちのものであっても全く気にならないというケースもあります。

しかしながら、私たちがよく目にしているようなB級品の多くはそれほど都合よく店先には並んでいない事の方が多いようです。

その為、B級品だけど安いからお買い得とは限らないという事も覚えておきましょう。

7、買った事を後悔する

「SALE中」や「◯◯%引き」などと表記されている商品を見ると、今買えばきっと得する!と感じてしまうものですよね。

しかしながら、ただ値段が安いからという理由だけで買ってしまうと、後になって「やっぱり買わなければ良かった」と後悔してしまうというのもよくある事です。

安さにつられてつい何でも買ってしまう癖がついてしまっている人は十分注意しましょう。

それに、幾らその商品が安いからと言っても、安物ばかりを買っていればそれなりに高くつきます。

自分にも心当たりがあるという人は、これまでに購入したものを振り返ってみましょう。

結局使わずにしまっていたり、捨ててしまっているものが見つかるかも知れませんよ。

自己嫌悪に陥ってしまう

せっかくお買い得だと思ってお金を出したのに、やっぱり必要なかったと後悔してしまうような買い物はできるだけしたくはないですよね。

そのような事が何度も続けば、いつかは自己嫌悪に陥ってしまいかねません。

「どうして自分はいつもこんな事ばかりにお金を使ってしまうのだろう・・・」と悩み、自分を責めてしまうのはとても辛い事ですよね。

しかしながら、そんな経験がある人も心配ばかりする必要はありませんよ。

自己嫌悪に陥ってしまうのは、自分がした事を頭の中でしっかりと理解している証拠でもあります。

その為、今後同じような事をしないように気を付ければ良いのです。

どうせ自分には無理だと決めつけず、これを機に安物買いをしないという強い気持ちを持つようにしてみてはいかがでしょうか。

安物買いの銭失いを卒業する方法

これまで安物買いの銭失いの意味や教訓についてご紹介してきましたが、自分にも同じような経験があるという人もいるのではないでしょうか。

そんな自分が嫌で、安物買いはもうしたくない!と思っている人も大丈夫ですよ。

ここからはそんな安物買いの銭失いを卒業できるようになる方法についてご紹介します。

どれも決して難しい事では無いので、是非チェックしてみて下さいね。

「賢い買い物がしたい」の心理が働いてると理解する

安物買いの銭失いにならない為には一体どのようにしたら良いのでしょうか。

ただ単に無駄遣いをしないように節約するという気持ちも必要ではありますが、他にも大切な事がありますよ。

それはあなたが「賢い買い物がしたい」という心理が働いているという事をしっかりと理解する事です。

ここからは具体的にどのようにしたら賢い買い物がしたいという心理を働かせる事ができるのかについてご紹介します。

人は賢い買い物をしたと思い込みたい

誰でも買い物をする時にはできれば損をせずに賢い買い物をしたいと思うはずですよね。

それはごく自然な心理であり、おかしな事ではありません。

しかしながら、そこで注意したいのが売り手側にもなるべくこちらが得をするような販売方法を日々考えているという点です。

そして、その得をするような販売方法の中に「安売り」というものがあります。

それは私たちが賢い買い物をしたと思い込ませるようにしているのです。

これまでに自分が買い物をしたものの中には「店にうっかり騙された・・・」と思ってしまうような経験がある人もいるかと思いますが、売り手側としても商売ですから仕方がありません。

後悔するよりも、今後はうっかり売り手側の言葉や宣伝に惑わされないように、しっかりと自分で見極めができるようにすれば良いのです。

安い買い物=賢い買い物でない

多くの人がつい勘違いしてしまいがちなのが、安い買い物=賢い買い物と思ってしまう事です。

上の記事でもご紹介した通り、安い商品が必ずしも良い商品とは言い切れません。

売り手側があの手この手で多くの人に買ってもらえるような誘惑があったとしても、常に冷静に判断できるよう心構えをしておきましょう。

本当に今ここでこの商品を買う事が自分にとって後悔をしない賢い買い物となるのか、もしかしたら訳あり商品なのではないかなど、少しでも気がかりな事があれば、何もその時に慌てて買う必要は無いのかも知れませんよ。

今後は、ただ安い商品が賢い買い物であるという考え方は忘れてしまいましょう。

品質に比べて安い値段のものを買う

それでは安い商品は全て損となるから買わない方が方が良いのでしょうか。

とは言え、中にはとてもこの値段とは思えないような商品が世の中には存在しているというのも事実です。

そんな商品に出会った時はよく吟味した上で購入するのは悪い事ではありません。

それも、普段からよく使うものや、一日の中で長時間使用するものであれば自分にとってメリットとなる可能性が高いでしょう。

安物買いをした商品のほとんどは、普段からあまり使用する事が無いものなのに、つい大量に買ってしまうケースだったりするものです。

その結果、使う機会が無く、捨ててしまったり長い間保管したままとなってしまうのです。

賢い買い物をしたいのであれば、商品の品質に着目するようにしましょう。

要は量よりも質を重視できるようになれば、きっとあなたにとってプラスとなる買い物ができるようになるはずですよ。

安物買いの銭失いをしない為に

安物買いの銭失いをしてしまわないようにするには、一体どのような事に注意すれば良いのでしょうか。

安売りしているものを見つけてしまうと、つい衝動買いしてしまうという人は今後も心配になってしまいますよね。

そんな、安売りの誘惑に負けてしまわないように、安物買いの銭失いをしない為に知っておいた方が良い事についてご紹介しますので、忘れてしまわないようにしっかりと覚えておきましょうね。

失敗したくないものはネットで買わない

最近では店頭まで直接商品をチェックをしに行かなくても、インターネットでのショッピングサイトやオークションサイト等が豊富にありますよね。

実際に、そのようなショッピングサイトやオークションサイトを利用しているという人も多いのではないでしょうか。

それも、洋服や化粧品等といったファッションやコスメの他にも、現在では食料品や日用品等、あらゆるジャンルの商品がネット上で毎日取引されています。

しかしながら、そのような書品の中には、買って後悔してしまうケースも少なくないようです。

トラブルの原因は様々ですが、やっぱり自分の目で実際に商品をチェックできないという点も、ネットでの購入では珍しくありません。

例えば、洋服を選ぶ際に生地の色味やサイズ等はやっぱり気になるものですよね。

ネットの画像でちゃんとチェックをしたつもりでも、実際に届いた洋服がイメージと違っていたり、似合わなかったら失敗したと思ってしまうのも仕方がありません。

特に、オークションサイトを利用する場合、個人での取引になるケースが殆どの為、返金やクレームも受け付けてもらえない可能性があるので十分注意しましょう。

ネットで商品を購入する場合は、しっかりとその商品の価格と自分の予算に見合ったものを購入するか、購入するのを迷ってしまうようであれば、いっそ諦めるというのも一つの手段です。

店頭でどんなものか確認してから買う

お目当ての商品をしっかりとチェックしたい時は、やっぱり実際に店頭まで行って確認してから買うのがベストです。

店頭へ行く事ができれば、実際に商品に触れる事ができますし、洋服やアクセサリーなども試着をする事ができるのでサイズ違いという心配もありません。

自分の目で確認し、納得がいく商品であれば買った後も失敗したとは思わないはずですよね。

特に高価な商品であればなおさらです。

少々面倒ではあっても、後々の事を考えれば店頭に行って確認をしてから買う事をおすすめします。

安いからとネットばかり使わない

ネットで販売されている商品を見た事があるという人の中には「どれも安い!」と感じた事があるのではないでしょうか。

実際に、目を引いてしまうくらい、安い商品がネットでは豊富に販売されていますよね。

あれもこれも簡単に色々な商品を検索できるので、見ているだけであっという間に時間が経ってしまうくらいです。

しかしながら、ただ見ているだけなら良いのですが、何でも安いからというだけでカートに入れてしまっていた・・・なんていう経験がある人もいるのではないでしょうか。

確かに安ければ幾つも商品を買いたくなってしまいたくなってしまうものですが、そもそもその商品たちは全て必要なものだったでしょうか。

元々はもっと別の商品を探していたのではなかったでしょうか。

購入をクリックする前に、今一度自分に問いかけてみましょう。

ただ安いからと言ってネットで購入した商品で部屋の中が溢れてしまわないよう、日頃から注意する癖をつけておきましょう。

ルールを決めて買い物する事が大事

これまで安物買いの銭失いについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

現在は昔と違い、ネットを利用して色々な商品を買う事ができるようになりました。

その便利さと安さ故に、つい要らないものまで余分に買ってしまうという人も少なくありません。

これを機に、安物買いの銭失いを卒業してみませんか。

その為には自分のルールを決めて買い物をする事がとても大事です。

今回ご紹介した記事を是非実践してみて下さいね。